医療保険とがん保険の違いや併用で重複しないための注意点

医療保険やがん保険は病気やけがのリスクに備えるためにおすすめの保険商品ですが、保障内容は大きく異なります。

読者

医療保険とがん保険はどう違うのでしょうか?併用は可能ですか?

読者
医療保険とがん保険、どちらかに加入するとすれば、どちらを優先すればいいでしょうか?

今回の記事では、医療保険とがん保険の違いや両方を併用した場合の注意点について解説します。

マガジン編集部
保険料を抑えながらがんのリスクに備えるために、医療保険とがん保険を効率的に活用しましょう。

この記事の要点

  • 1.医療保険とがん保険の大きな違いは保障の対象で、医療保険は病気やけがなど幅広い保障があるのに対し、がん保険はがんに限定されています。
  • 2.医療保険とがん保険を併用する場合、がんに対する手厚い保障が得られる一方、保障内容が重複して保険料が高くなります。
  • 3.一般的には医療保険を優先して加入し、がん保障が不足する場合、保障内容の重複を避けながらがん保険の加入を検討してみましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

医療保険とがん保険の違い

医療保険とがん保険の違い

最初に、医療保険とがん保険の保障内容とその特徴についてみていきましょう。

医療保険とがん保険の保障内容の比較

医療保険とがん保険の保障内容を比較すると、一般的には次の通りです。

医療保険 がん保険
保険加入の目的 病気やけがに対する保障 がん(悪性新生物や上皮内新生物)に対する保障
入院給付金の支給対象 病気やけがによる入院 がんによる入院
入院給付金の支給限度日数 上限あり(がん入院に対してのみ無制限の場合もある) 無制限
がん診断給付金 なし(特約として付加できる場合もある) あり(主契約に自動付帯)
先進医療特約 なし(特約として付加できる) あり(主契約に自動付帯)
三大疾病特約

なし(特約として付加できる場合もある)

なし(特約として付加できる場合もある)
がんに特化したその他の保障 ない場合が多い がん保険によって、「放射線治療」「抗がん剤治療」などに対する保障が主契約または特約で付加

医療保険やがん保険は多種多様で、保険会社によって様々な保障が準備されています。

従来はがん保険にしかなかった保障が、医療保険でも特約として付加できるケースもあります。

医療保険の保障内容

がん保険と比較して医療保険の大きな特徴は、保障の対象ががんに限定されず、幅広い病気やけがが保障されることです。

主契約や特約の主な保障内容は次の通りです。(保険会社によって主契約または特約による保障)

①入院給付金

入院給付金は、病気やけがで入院したときに「入院給付日額」と「入院日数」に応じて支給される給付金です。

以前は5日以上入院しないと給付金が支給されないケースもありましたが、最近の医療保険では日帰り入院から保障されるものが主流です。

ただし、1入院当たりの支給限度日数や通算の支給限度日数は保険会社によって異なります。

ポイント

  • 保障の対象となる入院:日帰り入院、1泊2日入院、5日以上の入院 など
  • 1入院当たりの支給限度日数:60日限度、120日限度、180日限度、無制限 など
  • 通算の支給限度日数:700日限度、1,000日限度、1,095日限度 など

②手術給付金

手術給付金は、病気やけがで手術をしたときに「入院給付日額」や「手術の種類」などに応じて支給される給付金です。

手術給付金の金額については、保険会社によって次の通り設定されています。

ポイント

  • 手術の種類などに応じて、入院給付金日額の10倍・20倍・40倍
  • 手術の種類に関わらず、一律の金額(10万円、20万円 など)

 

対象となる手術は「保険会社が指定している88種類」または「公的医療保険に連動している約1,000種類」などです。

③通院給付金

通院給付金は、「通院給付日額」と「通院日数」に応じて支給される給付金です。

対象となる通院は、一般的に入院給付金が支給される入院をして退院した後の通院で、入院の伴わない通院に対しては支給されません

④入院一時金

入院一時金は、入院日数に関わらず「入院基本料」が発生する入院をしたときに支給される給付金です。

ポイント

  • 給付金額は契約時に定められていて、1日の入院でも数十日の入院でも給付金額は一律(10万円、20万円など)です。
  • 入院一時金特約を付加した場合、入院給付金とは別に入院一時金が支給されます。

入院一時金を主契約とし、入院給付金がない商品もあります。

⑤生活習慣病入院特約

生活習慣病入院特約は、生活習慣病で入院をしたときに入院給付金に上乗せして支給される特約です。(手術給付金が受け取れるものもあります。)

マガジン編集部
契約時に入院給付金額と同額で加入し、該当する生活習慣病で入院した場合、支給される入院給付金額や手術給付金額は2倍になります。

⑥がん入院特約

がん入院特約は、がんで入院をしたときに入院給付金に上乗せして支給される特約です。(手術給付金が受け取れるものもあります。)

ポイント

    契約時に入院給付金額と同額で加入した場合、支給される入院給付金額は2倍になります。

    生活習慣病入院特約も付加していた場合、一般の入院給付金とがん入院給付金、生活習慣病入院給付金の3つが同時に支給されます。

    ⑦女性疾病入院特約

    女性疾病入院特約は、女性特有の病気やがんで入院・手術をしたときに、入院給付金に上乗せして支給される特約です。

    がんに対する保障を手厚くしたい場合、男性はがん入院特約、女性は女性疾病入院特約を選択する方法もあります。

    マガジン編集部
    異常分娩など妊娠・出産に関する保障もあり、20代以降女性の付加率が高い特約です。

    ⑧三大成人病特約

    三大成人病特約(または特定疾病特約)は、がんと診断された場合心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になったときに一時金が支給される特約です。

    一時金額は100万円・300万円・500万円など、契約時に選択します。

    ポイント

      三大成人病特約には、死亡した場合にも給付金が支給されるタイプと支給されないタイプがあります。

      ⑨介護保障特約

      介護保障特約は、所定の要介護状態になったときに一時金が支給される特約です。

      三大成人病特約と同様、契約時に選択した一時金額が支給されます。

      マガジン編集部
      所定の要介護状態は、生命保険会社が独自に設定するタイプ公的介護保険制度に連動するタイプがあります。

      ⑩先進医療特約

      先進医療特約は、先進医療を受けたときに自己負担した技術料と同額の給付金が支給される特約です。

      ポイント

        給付金額は1,000万円・2,000万円など、三大成人病特約などと比較して高額であるのが一般的です。

         

        先進医療特約を使うケースは稀ですが、毎月数百円で加入できるため万一のとき手厚い治療が受けられるように特約付加がおすすめです。

        がん保険の保障内容

        がん保険は、保障対象を治療費のかかるがんだけに絞った保険です。

        がん以外の病気やけがは保障しないため、医療保険と比較して保険料は安くがんに対する保障内容は充実しています。

        注意点

          ただし、医療保険と異なり、がん保険には3か月などの免責期間があることを覚えておきましょう。

          がん保険の主な主契約や特約は次の通りです。(保険会社によって主契約または特約による保障)

          ①がん診断給付金

          がん診断給付金は、がんと診断されたときに支給される給付金です。

          ポイント

          • 給付金額は、50万円・100万円・300万円など契約時に選択します。
          • がん診断給付金は1回しか受け取れないタイプや、がんが再発したときに「1年または2年に1回」など複数回受け取れるタイプ、無制限に受け取れるタイプなど様々です。

          入院給付金や手術給付金とは別に支給されるため、がんによる休職時の生活保障などにも活用できます。

          ②がん入院給付金

          がん入院給付金は、がんで入院したときに支給される給付金です。

          ポイント

            1入院当たりの支給限度日数や通算の支給限度日数は無制限であるのが一般的です。

            マガジン編集部
            医療保険についても、がんの入院のみ無制限である商品が増えています。

            ③がん手術給付金

            がん手術給付金は、がんで手術をしたときに支給される給付金です。

            給付金額は、手術の種類などに応じて金額が異なるタイプと手術の種類に関係なく一律のタイプがあります。

            ④がん通院給付金

            がん通院給付金は、がんの治療のために通院したときに支給される給付金です。

            ポイント

              医療保険とは異なり、対象となる通院は入院・退院後の通院に限定されません。

              放射線治療や薬物治療など、入院せずにがんの治療をするケースが増えていることに対応しています。

              ⑤放射線治療給付金

              放射線治療給付金は、放射線治療を受けたときに支給される給付金です。

              給付金額は、入院給付日額の5倍・10倍など保険会社によって異なります。

              マガジン編集部
              最後に支給された給付金の治療日から一定期間内(60日など)に受けた放射線治療は、給付金の対象にならないこともあります。

              ⑥抗がん剤治療給付金

              抗がん剤治療給付金は、抗がん剤やホルモン剤などの薬物療法を受けたときに支給される給付金です。

              ポイント

              • 抗がん剤治療給付金は月ごとに所定の給付金が支給されます。
              • 支給される月数は一定の上限(60月など)があるのが一般的です。

              放射線治療給付金や抗がん剤治療給付金は、入院中の治療だけでなく通院による治療も支給の対象になります。

              ⑦先進医療給付金や三大成人病特約

              先進医療や三大成人病に対する保障は、医療保険と同様です。

              先進医療については、がん保険は主契約に自動付帯され医療保険は特約として任意に付加するのが一般的です。

              また、医療保険の先進医療特約は、がんを含めた病気・けがに対する先進医療をカバーしますが、がん保険の先進医療特約はがんの先進医療に限定されます。

              マガジン編集部
              先進医療保険給付金の上限金額は、がん保険の方が高額であるのが一般的です。
               

              医療保険とがん保険は併用できる?

              これまで、医療保険とがん保険の保障内容と違いについて説明しました。

              ここからは、医療保険とがん保険の併用について解説します。

              医療保険とがん保険は併用できる

              医療保険とがん保険は、同時に両方に加入できます

              マガジン編集部
              同じ保険会社で加入することも、複数の保険会社で別々に加入することも可能です。

              ポイント

              • 実損填補の損害保険と異なり、生命保険では実際にかかった治療費とは関係なく加入時に決めた保険金や給付金が支給されます。
              • がんと診断されて1日入院しただけで、医療保険の入院一時金とがん保険のがん診断給付金が何十万円も支払われることもあります。

              ただし、医療保険とがん保険を併用することで手厚い保障を受けられるなどのメリットがある反面、さまざまなデメリットも存在します。

              医療保険とがん保険を併用するメリット

              医療保険とがん保険を併用する主なメリットは次の通りです。

              医療保険とがん保険を併用するメリット

              • 医療保険に加入しているので、様々な病気やけがのリスクに備えられる
              • がん保険を併用することで、がん以外の病気やけがと比較して手厚い保障を準備できる
              • 医療保険の特約とがん保険の特約の中から、必要な保障を選択できる

              医療保険とがん保険を併用するメリットは、幅広い病気やけがをカバーしながら治療費のかかるがんを手厚く保障できることです。

              医療保険とがん保険を併用するデメリット

              医療保険とがん保険を併用する主なデメリットは次の通りです。

              医療保険とがん保険を併用するデメリット

              • 医療保険とがん保険で保障内容が重複しやすい
              • 複数の保険に加入することで保険料が高くなる保険の管理(加入手続きや給付金請求手続きなど)に手間がかかる

              医療保険とがん保険で保障が重複するのは、がんに対する保障全般と先進医療特約などです。

              保障が重複することで無駄な保険料支払いが生じます。

              今ならプレゼント
              キャンペーン実施中

              FPに相談する(無料)

               

              おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

              読者
              保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
              読者
              専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
              マガジン編集部
              どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
               無料の保険相談所とは
              • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
              • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
              • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

              保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

              1.ほけんのぜんぶ

              おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

              おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

              「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

              1. 取扱保険会社数38社
              2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
              3. オンライン保険相談も可能!
              4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
              5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
              読者
              相談員の質が高そうですね。
              読者
              無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
              取扱保険会社数

              合計:38社 
              (生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

              主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
              対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
              オンライン保険相談 対応可能
              キャンペーン あり
              今ならプレゼント
              キャンペーン実施中

              FPに相談する(無料)

              2.保険マンモス

              おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

              保険マンモスのここがおすすめ!

              1. 相談満足度95%※1
              2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
              3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
              4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度
              読者
              相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができそうですね。
              ※2 保険マンモスが達成した三冠とは
              自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
              取扱保険会社数

              提携先による

              主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
              対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
              オンライン保険相談 提携先による
              キャンペーン あり

              保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

              ※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
              ※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

              3.マネードクター

              おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

              マネードクターのここがおすすめ!

              1. 取扱保険会社数31社 ※1
              2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
              3. 相談満足度92.9% ※3
              4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
              5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
              6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!
              読者
              保険相談窓口として非常に有名な会社ですね!
              読者
              保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるなんて頼りになりますね。
              取扱保険会社数

              合計:31社 ※1
              (生命保険:22社 損害保険:9社)

              主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
              対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
              オンライン保険相談 対応可能
              キャンペーン あり

              マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

              ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

              ※1…2021年10月現在
              ※2…2020年度実績
              ※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

              4.保険市場

              おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

              保険市場のここがおすすめ!

              1. 取扱保険会は業界最大の84社
              2. オンラインでの相談が可能
              3. 業界のなかで老舗
              4. 東証一部上場企業
              読者
              老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
              取扱保険会社数

              合計:84社 
              (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

              主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
              対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
              オンライン保険相談 対応可能
              キャンペーン なし

              5.保険無料相談ドットコム

              おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

              保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

              1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
              2. 電話やオンラインでの相談が可能
              3. お客様満足度97.6%!
              取扱保険会社数 合計:22 
              (生命保険:15社 損害保険:7社)
              主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
              対応地域 一部対応できない地域あり
              オンライン保険相談 対応可能
              キャンペーン あり

              無料保険相談所の選び方

              読者
              保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
              マガジン編集部
              数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
              最適な保険相談所の選び方
              • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
              • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
              • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

              1.保険相談をする場所はどこが良いか

              新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
              読者
              リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
              読者
              わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
              マガジン編集部
              カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
              その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
              その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

              2.相談担当者が専門知識を有しているか

              読者
              相談担当者って、どこも同じではないのですか?
              マガジン編集部
              実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
              FP(ファイナンシャルプランナー)とは
              • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
              • 保険
              • 教育資金
              • 年金制度
              • 家計にかかわる金融
              • 不動産
              • 住宅ローン
              • 税制など

              生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

              3.取り扱っている保険会社数の多さ

              無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

              読者
              ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
              マガジン編集部
              取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

              それでもどこにするか迷ったら

              どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

              読者
              しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

              どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

              おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

              今ならプレゼント
              キャンペーン実施中

              FPに相談する(無料)

              医療保険とがん保険を併用する際の注意点

              医療保険とがん保険を併用する際の注意点

              医療保険とがん保険を併用することは、前述の通りメリットがある一方、デメリットもあります。

              デメリットを減らすために、次の3点に注意して保険選びをしましょう。

              ポイント

              • 注意点①:がんに対して医療保険ではどんな保障があるか?
              • 注意点②:医療保険で足りないがん保障は何なのか?
              • 注意点③:足りないがん保障だけをがん保険でカバーできるか?

              注意点①:がんに対して医療保険ではどんな保障があるか?

              1つ目の注意点は、現在加入している医療保険にはがんに対してどのような保障があるかを確認することです。

              ポイント

              • がんで入院や手術をした場合、医療保険から入院給付金や手術給付金が支給されます。
              • また、生活習慣病入院特約やがん入院特約、女性疾病入院特約を付加すれば、がんの場合、上乗せして入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。
              • また、先進医療特約を付加していれば、がん保険と同様に先進医療を受けた場合に給付を受けられます。

              医療保険の特約内容は充実していて、がんに対する手厚い保障も準備されているため、医療保険の加入状況によってはがん保険が不要であるかもしれません。

              注意点②:医療保険で足りないがん保障は何なのか?

              2つ目の注意点は、医療保険で足りないがん保障は何なのかを確認することです。

              具体的には次の通りです。

              ポイント

              • 先進医療特約が付加されていない
              • 放射線治療や抗がん剤治療など通院治療に対する保障が不十分
              • 治療費は大丈夫だが、がんで休業したときの生活費が不安

              医療保険だけではがんに対して十分な備えができない場合、がん保険の活用を検討してみましょう。

              注意点③:足りない保障だけをがん保険でカバーできるか?

              3つ目の注意点は、医療保険で足りない保障だけをがん保険でカバーできるかを確認することです。

              注意点

                がん保険に加入することで、がんに対する保障は手厚くなりますが、保障内容が重複することもあります。

                例えば、先進医療の保障を得るためだけにがん保険に加入すれば、それ以外の保障は無駄になる可能性があります。

                加入中の医療保険を見直すか、先進医療保険特約を中途付加できれば、無駄を省き保険料を節約できます。

                マガジン編集部
                医療保険を充実させるか、医療保険とがん保険を併用するかは、保障の必要性と保険料のバランスを考慮して検討しましょう。
                今ならプレゼント
                キャンペーン実施中

                FPに相談する(無料)

                医療保険とがん保険、どっちを優先すればいい?

                医療保険とがん保険、どっちを優先すればいい?

                医療保険とがん保険を併用せず、どちらか一方のみに加入する場合、どちらを優先すればいいのでしょう。

                一般的には医療保険を優先

                医療保険とがん保険の一方のみに加入する場合、医療保険を優先するのが一般的です。

                ポイント

                • 病気やけがはがんだけではありません。
                • また、がん以外の病気でも、治療が長期化したり治療費が高額になったりすることもあるからです。

                読者
                幅広い病気やけがを保障する医療保険を優先するのがおすすめなんですね。

                前述の通り、医療保険でもがんに対する一定の保障があり、特約を付加することによってがんの保障を手厚くできます。

                保険料を抑え「がん」に備えたい人はがん保険を優先

                「病気はしないから保険には加入しない」「治療費は貯金で賄う」という人でも、がんに対しては不安を感じる人もいるでしょう。

                ポイント

                • 日本人の死亡原因1位であるがんは、リスクの大きな病気の1つです。
                • 再発して治療が長期化したり、治療のために仕事ができなくなったりするケースも考えられます。

                このような場合は、がん保険を優先するのも選択肢の1つです。

                保障の対象をがんに限定しているため、保険料を抑えることも可能です。

                今ならプレゼント
                キャンペーン実施中

                FPに相談する(無料)

                まとめ

                医療保険とがん保険の大きな違いは保障の対象です。

                医療保険は病気やけがなど幅広い保障があるのに対し、がん保険はがんに限定されています。

                医療保険とがん保険を併用する場合、がんに対する手厚い保障が得られる一方、保障内容が重複して保険料が高くなります。

                一般的には医療保険を優先して加入し、がん保障が不足する場合、保障内容の重複を避けながらがん保険の加入を検討してみましょう。

                マガジン編集部
                もしも保険について悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
                今ならプレゼント
                キャンペーン実施中

                FPに相談する(無料)

                監修者の紹介

                監修者の写真

                監修者岡田行史

                人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

                本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
                本コンテンツは商品の概要を説明しています。
                詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
                弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
                本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
                また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
                おすすめの記事