20代におすすめの医療保険|選び方と必要性
20代は若く、将来の目標を叶えるために学生生活を送っている人もいれば、仕事で毎日忙しく働いている人もいるでしょう。

読者
そんな元気な20代に医療保険なんて必要なのでしょうか?

マガジン編集部
はい、20代には医療保険への加入をおすすめします
本記事では、20代に医療保険をおすすめする理由や必要な人・不要な人の特徴、医療保険のおすすめの探し方などを紹介します。

この記事の要点

  • 1.20代に医療保険をおすすめする理由は、「精神疾患で入院するリスクがあるから」「妊娠・出産で入院することがあるから」「20代という若いうちに加入すれば保険料が安いから」。
  • 2.特に20代で医療保険が必要なのは「急な医療費負担で、家計が苦しくなる人」。
  • 3.20代におすすめの医療保険の選び方は、「保険期間から選ぶ」「入院日数で選ぶ」こと。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

20代男性・女性に医療保険はおすすめ?

読者
そもそも医療保険とは、どのような保険ですか?
医療保険とは?
医療保険とは、病気・ケガのために入院や手術をしたときにかかる医療費を保障するための保険商品のことです

読者
20代は、病気・ケガをするリスクも少ないし、あまり医療保険に加入する必要はないのでは?

マガジン編集部
確かに、20代が病気・ケガをするリスクは高くありません。ただし、20代だからこそ男性・女性に関係なく医療保険への加入をおすすめします。

20代男性・女性に医療保険がおすすめの理由

  • 精神疾患で入院するリスクがあるから
  • 妊娠・出産で入院することがあるから
  • 20代という若いうちに加入すれば保険料が安いから
20代は上の世代に比べて、病気・ケガのリスクが少ないのは事実です。
しかし20代といえど、病気・ケガと無縁であるわけではありません

マガジン編集部
20代は就職や結婚などによる生活環境の変化の機会が多く、それが「精神及び行動の障害」での入院が多い原因の1つと考えられます。

読者
それに女性は、20代で妊娠・出産したいという人も確かに多いですよね。

マガジン編集部
そうです。20代から妊娠・出産を経験する女性が増えてきます。その際に入院をするケースもあるでしょう。
それでも20代は、他の年代に比べて若く健康で、病気・ケガのリスクがあまりありません。
そのため、他の年代に比べて保険料が安くなります。
もちろん商品や保障内容によって異なりますが、1,500円〜3,000円程度の医療保険もあります。

つまり、20代特有の入院リスクに安い保険料で備えられるので、20代の男性・女性に医療保険がおすすめなのです。

20代で医療保険が必要な人・不要な人はこんな人!

20代の人に医療保険の加入をおすすめするとはいえ、すべての人が加入しなければならないわけではありません。

ここでは、20代で医療保険が必要な人と不要な人を具体的に紹介します。

20代で医療保険が必要な人

20代で医療保険が必要な人をひとことでまとめると、「急な医療費の負担で、家計が苦しくなる人」です。

もう少し具体的に言うと、次のような特徴のある人です。

20代で医療保険が必要な人

  • 貯蓄が少ない人

  • 手厚い保障を受けたい人

貯蓄が少ない人

貯蓄が少ない人は、1回の医療費負担で生活に影響が出てしまうため、医療保険への加入がおすすめです。

 

入院や手術をすると、どれくらいの費用がかかりますか?
生命保険文化センターの令和元年度「生活保障に関する調査」によれば、1回の入院の平均日数は15.7日で自己負担費用額は平均20.8万円になるようです。
医療費は、その人の健康状態や病気の種類などによって異なるため、ひとつの目安として参考にしてください。

読者
ちなみに入院1日あたりの費用はいくらくらいですか?

マガジン編集部
同じ調査による結果では、平均2万3,300円になるようです。

読者
思いのほか高額に感じました。

20代は、まだ収入と貯蓄が少ない傾向にあります。

以下のような方は、医療保険への加入が必要といえるでしょう。

注意点

  • いきなり20万円の医療費負担が必要になったときに、支払える貯蓄がない人や生活に不安を感じてしまう人
  • 20万円も支払いたくないと感じた人

\オンライン・訪問どちらも可能/

手厚い保障を受けたい人

医療費は、自分がどのような医療を受けたいかによっても異なります。

マガジン編集部
もちろん、良い医療サービス、つまり手厚い保障を選べば医療費は高くなってしまいます

そのため、手厚い保障を受けたくて、その医療費を自分でまかないきれない人は医療保険が必要といえるでしょう。

読者
手厚い保障には、どのようなものがあるのでしょうか?

手厚い保障には、次のようなものがあります。

手厚い保障の具体例

  • 入院時の個室利用
  • 先進医療
  • 公的医療保険制度適用外の薬や治療
  • 通院時の交通費

    20代で医療保険が不要な人

    読者
    では、どのような人が医療保険が不要なのですか?

    マガジン編集部
    医療保険は、急な入院や手術を受けて医療費を支払っても、生活に影響が出ないほどの十分な貯蓄がある人です。
    たとえ複数回、入院・手術をすることになっても金銭的な心配がない人は、急いで医療保険に入る必要はありません。
    ただし、注意点があります。

     十分な貯蓄がある場合の注意点

    • 先進医療など、公的医療保険制度の対象外となる治療があります。
    • そのような治療は、数百万円が必要になることもあり、貯蓄があったとしても家計の負担になりかねません。
    • 医療保険に入っていれば、高額な医療費にも備えられることを理解しておきましょう。

    また貯蓄があっても、その貯蓄に手をつけたくない人もいるはずです。

    そのような場合は、医療保険を活用するのがいいでしょう。

    マガジン編集部
    ご自身にとって医療保険が必要か否か悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    おすすめの医療保険商品はこれ!

    1.チューリッヒ生命
    「終身医療保険 プレミアム DX」

    チューリッヒ生命の「終身医療保険 プレミアム DX」は、短期入院にも、長期入院にも備えられる一生涯保障の医療保険を探している方におすすめ!

    ここがおすすめ!

    1. カスタマイズして自分にあった保障を選ぶことができます!
    2. お手頃な保険料で備えることができます!
    3. 3大疾病はもちろん、7大疾病にも備えることができます!
    チューリッヒ生命
    「終身医療保険 プレミアム DX」保険料例

    年齢 男性 女性
    30歳 1,557円 1,797円
    35歳 1,802円 1,987円
    40歳 2,142円 2,352円
    50歳 3,152円 3,437円
    60歳 4,722円 5,362円

    保険期間・保険料払込期間:終身
    保障内容:[入院給付日額]5,000円(30日型)[手術特約(Z02)Ⅱ型]適用[7大疾病延長入院特約]付加[ストレス性疾病延長入院特約(Z02)]付加[先進医療特約(Z03)]付加
    ※2020年10月1日現在

    募補01808-20201006

    2.ネオファースト生命
    「ネオdeいりょう」

    ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」は、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病などに幅広く備えたい方におすすめ!

    ここがおすすめ!

    1. 健康状況が所定の基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、基準を満たしていない場合にくらべて、保険料が安くなります!*¹
    2. 主契約(入院保障)以外はオプションのため、お客さまのニーズに合わせてさまざまな特約・特則を組み合わせることができます!*²
    3. がんなどの3大疾病や女性疾病などに幅広く備えることができます!*³

    *¹ 被保険者の年齢が20歳未満の場合、健康状況にかかわらず保険料率は標準保険料率のみとなります。
    *² 特約・特則の組み合わせには一定の制限があります。

    *³ 特約・特則の付加や適用が必要です。

    ネオファースト生命
    「ネオdeいりょう」保険料例

    年齢 男性 女性
    20歳 1,505円 1,845円
    30歳 1,969円 2,166円
    40歳 2,700円 2,484円
    50歳 3,837円 3,260円
    60歳 5,427円 4,447円

    保険期間・保険料払込期間:終身
    保険料払込方法:月払

    保障内容:[主契約:入院給付金日額]5,000円(60日型)[三大疾病支払日数限度無制限特則]適用[手術保障特約(2018)]Ⅰ型(入院4倍)[入院手術給付金額(入院中)]10万円[外来手術給付金額(外来)]2.5万円[先進医療特約]付加[入院一時給付特約]5万円
    ※健康保険料率・標準保険料率の内、健康保険料率の保険料例です。
    ※「先進医療特約」の保険期間・保険料払込期間は10年です。所定の年齢まで10年ごとに更新があります。なお、更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢、および保険料率によって計算されます。したがって更新後の保険料は、更新前の保険料と異なります。更新時の被保険者の年齢が81歳以上となる場合は、保険期間および保険料払込期間を終身として更新します。また、契約年齢が81歳~85歳の場合は終身保障です。

    ※2020/11現在

    近年、上皮内がんの罹患率は増加傾向*⁴にあり、また「心疾患」「脳血管疾患」で入院した際に手術を受ける人も近年増加傾向*⁵にあります。

    「ネオdeいりょう」なら、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病も特約を付加することで、一時金保険料の払込免除などに幅広く備えられるのが魅力です。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    *⁴出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」「高精度地域がん登録のがん罹患データ(1985年~2012年)」
    *⁵出典:厚生労働省「平成20年・23年・26年・29年 患者調査」
    【注意事項】
    ●解説で示した保障について当商品にはないものがあります。
    ●商品の詳細は「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」にて必ずご確認ください。

    (登)B20N1177(2020.12.11)

    医療保険に加入するメリット・デメリット

    続いて、医療保険に加入するメリット・デメリットを紹介します。

    医療保険に加入するメリット

    マガジン編集部
    医療保険に加入するメリットは、大きく分けて次の4点です。

    医療保険に加入するメリット

    • 1. 少額の保険料負担で高額な医療費をまかなえる

    • 2. 公的医療保険制度でまかないきれない支出に備えられる

    • 3. 特約を付加することで保障を充実させることができる

    • 4. 保険料が生命保険料控除や介護保険料控除の対象となる

    少額の保険料負担で高額な医療費をまかなえる

    医療保険に加入すれば、少額の保険料負担で、高額な医療費をまかなえます。

    医療保険では、一度保険料を支払い、保険期間内に給付金対象となる入院等をした場合に、保障を受け取れるのです。

    公的医療保険制度でまかないきれない支出に備えられる

    医療保険の目的は、公的医療保険制度の不足分を補填することです。

    公的医療保険制度を活用しても高額になった医療費や、公的医療保険制度の対象外となっている先進医療や薬を活用したときの医療費を、医療保険でまかなえます。

    特約を付加することで保障を充実させることができる

    医療保険には、次のようなさまざまな特約があります。

     医療保険に付加できる特約

    • 先進医療特約(公的医療保険制度の対象外となっている厚生労働大臣が認めた先進医療を受けたときに、その技術料相当額が支払われる)
    • がん特約(がんになったときに一時金が支払われるなど保障が手厚くなる)
    • 女性疾病特約(女性特有の病気になったときに保障が手厚くなる)
    • 入院一時金特約(入院時に一時金が受け取れる)
    • 保険料払込免除特約(がんや急性心筋梗塞、脳卒中など重い病気になったときに以降の保険料払込が免除される)

    自分が最も気になる保障を、特約として柔軟に備えられるのが医療保険のメリットです。

    保険料が生命保険料控除や介護保険料控除の対象となる

    マガジン編集部
    医療保険の保険料は、生命保険料控除の対象となります。
    生命保険料控除とは?
    生命保険料控除とは、年間に支払った生命保険の保険料をその年の所得額から差し引くことで、所得税住民税を軽減させられる制度のことです。

    生命保険料控除は保険の種類によって、次の3つに分類されます。

    生命保険料控除の種類

    • 一般生命保険料控除
    • 介護医療保険料控除
    • 個人年金保険料控除

    マガジン編集部
    医療保険の保険料は、介護医療保険料控除の対象になります。
    払込保険料額と、控除される金額の関係は次の表のようになっています。
    平成2411日以後に加入した場合(新制度)の所得控除額一覧】
    年間の払込保険料額 所得控除額
    20,000円以下 払込保険料全額
    20,000円超 40,000円以下 (払込保険料×1/2)+10,000円
    40,000円超 80,000円以下 (払込保険料×1/4)+20,000円
    80,000円超 一律40,000円

    控除額は、3種類それぞれの控除枠で上限4万円、3種類合わせて12万円となっています。

    読者
    つまり医療保険の保険料は、所得から最大で4万円を控除できるということですね。

    医療保険に加入するデメリット

    一方の医療保険のデメリットは、次の2つです。

     医療保険に加入するデメリット

    • 1. 病気・ケガがなければ掛け捨てになる
    • 2. 健康状態が悪ければ加入できないことがある

    病気・ケガがなければ掛け捨てになる

    掛け捨て型の医療保険は保険料が掛け捨てです。

    つまり満期保険金などはなく、病気・ケガをしなければ一切の保険金を受け取れません。

    また途中解約しても、解約返戻金はありません

    ただし、万が一の病気・ケガがあれば高額な医療費でもまかなえます。

    読者
    医療保険は、万が一のときの転ばぬ先の杖として、活用するのがいいですね。

    マガジン編集部
    はい。掛け捨ては何もなければ無駄に感じてしまいますが、そもそも保険は万が一のために備えるものだと割り切ることが大切です。

     貯蓄型医療保険の注意点

    • 医療保険にも、満期保険金や解約返戻金を受け取れる貯蓄型医療保険があります。
    • ただし貯蓄型医療保険は、掛け捨てよりも保険料負担が大きくなります。
    • また保険料の半分は、貯蓄のために支払っているので保険料の割に保障内容が不足している恐れがあることに注意してください。

    健康状態が悪ければ加入できないことがある

    医療保険に加入するには、必ず告知医師の診断が必要です。

    その告知や診断の結果によっては、医療保険に加入できない恐れがあることに注意しましょう。

    特に、持病病症歴などがある人は要注意です。

    読者
    健康状態が悪い人は、もう医療保険には加入できないのですか?

    マガジン編集部
    いいえ、そのような人たちでも加入できる保険として「引受基準緩和型保険」があります。
    引受基準緩和型保険とは?
    引受基準緩和型保険とは、持病や入院歴がある人でも加入できるように選択基準を緩和した保険のことです。なかでも無選択型医療保険なら、ほとんどの人が申込できます。
    ただ通常の医療保険よりも、保障が手薄く保険料も高いことに注意しましょう。

    マガジン編集部
    医療保険は、入院や病気をすると加入しにくくなるので、若く健康なうちに加入しておくのがベストです。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    20代におすすめの医療保険の選び方

    読者
    20代が医療保険を選ぶときのおすすめの方法はありますか?

    マガジン編集部
    20代におすすめの医療保険の選び方には、次の2つがあります。

    20代におすすめの医療保険の選び方

    • 1. 保険期間から選ぶ
    • 2. 入院日数で選ぶ

    それぞれについて見ていきましょう。

    保険期間から選ぶ

    医療保険には、保険期間に応じて次の2種類があります。

    保険期間に応じた医療保険の種類

    • 1. 定期医療保険
    • 2. 終身医療保険

    読者
    それぞれの特徴は、どのようになっていますか?
    定期医療保険の特徴は?
    定期医療保険とは、保険期間が10年や20年、60歳までなど一定期間に制限されている医療保険のことです。はじめは保険料が安いですが、更新のたびに保険料が増えていきます。
    終身医療保険の特徴は?
    終身医療保険とは、生涯にわたり保障される医療保険です。定期医療保険より保険料が割高になりますが、更新がなく保険料が変わりません。
    はじめの保険料負担をおさえたいなら定期医療保険、将来的な保険料を少なくおさえたいなら終身医療保険がおすすめです。
    ただ、歳を重ねるほど病気・ケガのリスクは高まるため、医療保険の必要性も高まっていきます。

    マガジン編集部
    最終的にはほとんどの人が医療保険に加入することを考えれば、少し割高でも保険料が変わらない終身医療保険への加入がおすすめです。

    入院日数で選ぶ

    実は近年、平均入院日数が短くなっています。

    平均入院日数は、平成20年の調査では35.6日*1だったのに対し、令和元年度の調査は15.7日*2となっています。

    <平成20年の調査による平均入院日数>

    35.6日
    <令和元年度の調査による平均入院日数>
    15.7日

    マガジン編集部
    入院日数が短くなった背景には、医療の進歩や高齢化による入院患者数の増加などがあるようです。

    従来の「入院〜日目から給付金を支給する」といった医療保険では、給付金が受け取れない恐れがあるのです。

    そのため、入院給付金が1日目から支払われたり、日帰り入院でも保障されたりする医療保険に加入するのがおすすめです。

    読者
    では、長期入院は気にしなくてもいいということでしょうか?

    マガジン編集部
    もちろん長期入院となるリスクもあるため、短期入院を意識しつつ長期入院にも備えることが大切です。
    商品や特約によっては、自分に必要な給付金の支払限度日数が決められたり、支払限度日数を無制限にできたりするので確認してみましょう。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    *1…厚生労働省平成29年「患者調査の概況」
    *2…生命保険文化センター令和元年度「生活保障に関する調査」

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

    読者
    保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
    読者
    専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
    マガジン編集部
    どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
     無料の保険相談所とは
    • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
    • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
    • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

    保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

    1.ほけんのぜんぶ

    おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

    「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

    1. 取扱保険会社数34社
    2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
    3. オンライン保険相談も可能!
    4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
    5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
    6. 安定した企業
    読者
    相談員の質が高そうですね。
    読者
    無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
    取扱保険会社数

    合計:34社 
    (生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

    主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン あり

    2.保険市場

    おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

    保険市場のここがおすすめ!

    1. 取扱保険会は業界最大の84社
    2. オンラインでの相談が可能
    3. 業界のなかで老舗
    4. 東証一部上場企業
    読者
    老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
    取扱保険会社数

    合計:84社 
    (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

    主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン なし

    3.保険無料相談ドットコム

    おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

    保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

    1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
    2. 電話やオンラインでの相談が可能
    3. お客様満足度97.6%!
    取扱保険会社数 合計:22 
    (生命保険:15社 損害保険:7社)
    主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン あり

    無料保険相談所の選び方

    読者
    保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
    マガジン編集部
    数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
    最適な保険相談所の選び方
    • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
    • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
    • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

    1.保険相談をする場所はどこが良いか

    新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
    読者
    リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
    読者
    わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
    マガジン編集部
    カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
    その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
    その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

    2.相談担当者が専門知識を有しているか

    読者
    相談担当者って、どこも同じではないのですか?
    マガジン編集部
    実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
    FP(ファイナンシャルプランナー)とは
    • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
    • 保険
    • 教育資金
    • 年金制度
    • 家計にかかわる金融
    • 不動産
    • 住宅ローン
    • 税制など

    生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

    3.取り扱っている保険会社数の多さ

    無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

    読者
    ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
    マガジン編集部
    取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

    それでもどこにするか迷ったら

    どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

    読者
    しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

    どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

    まとめ

    20代だからこそ抱えている病気やリスクもあることから、20代の人にも医療保険は必要といえるでしょう。

    とはいえ、人によっては保険料の支払いに抵抗感のある人や、どのような種類の医療保険に加入すればいいのか分からない人もいるでしょう。

    まずは本記事で紹介した、医療保険の選び方を参考に、実際に商品をチェックしてみてください。

    マガジン編集部
    どの医療保険が自身にとって最適か迷うという方は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    本コンテンツは商品の概要を説明しています。
    詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
    弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
    おすすめの記事