個人年金保険の返戻率が高い商品の選び方と計算方法

読者
老後資金の準備に個人年金保険が気になるのですが、商品がたくさんありすぎて自分に一番合う商品を選ぶのが困難です。

読者
何を基準に個人年金保険を選べば良いでしょうか?

マガジン編集部
個人年金保険を選ぶ際の参考になるものの一つに「返戻率」があります。

掛け捨ての保険と違って将来に向けて貯蓄していくタイプの保険のため、「将来いくら受け取れるのか」は大切な判断ポイントになります。

今回は、個人年金保険における返戻率について解説します。

この記事の要点

  • 1.個人年金保険は、返戻率が高ければ将来受け取る金額は大きくなる可能性がある。
  • 2.個人年金保険の返戻率も大切ですが、老後資金の準備を考えるなら「安定して運用できる」ことも大切。
  • 3.返戻率、予定利率、リスクなど総合的に比較してする。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

個人年金保険の返戻率とは?

個人年金保険の返戻率とは?

個人年金保険における返戻率とは?
個人年金保険の払込保険料総額に対して、年金総額をどのくらい受け取れるかの割合を示した言葉です。

マガジン編集部
返戻率が高い個人年金保険を選ぶことで、将来的にたくさんの年金を受け取ることができます。

長期間にわたって保険を契約すれば払込保険料が増えて返戻率が上がり、将来の年金受取額が増加する可能性があります。

返戻率は大切な基準

個人年金保険を契約する場合、数ある商品から1つを選ぶ際にチェックすべきポイントとして大切な基準になるのが「返戻率」です。

マガジン編集部
なぜなら、返戻率は数値で比較できる項目だからです。

保障部分の良し悪しはパンフレットを読んだだけではすぐには分からないかもしれませんが、返戻率であれば「高いほど契約者に有利」という点が分かりやすいのです。

円建ての個人年金保険の弱点

ひと口に個人年金保険といっても、大きく分けて以下の3つに分けられます。

個人年金保険3つの種類

  • 円建ての個人年金保険
  • 外貨建ての個人年金保険
  • 変額個人年金保険

マガジン編集部
なかでもベーシックなのは、円建ての個人年金保険です。

円建ての個人年金保険は、契約時の予定利率(保険会社が運用するときに約束する利率)で将来の受取額が決まるため、老後の生活設計が立てやすいメリットがあります。

その反面、「インフレに弱い」というデメリットがある点には注意が必要です。

インフレとは?
インフレとは、物価が上がって貨幣の価値が下がることを指します。

たとえば缶ジュースが1本100円で買えたものが、10年後に同じ味と容量で120円必要になったとしましょう。

読者
10年後の100円は、今の100円より価値が下がっているということですね。

100万円を払い込んで将来110万円を受け取れる個人年金保険に契約した場合、インフレが進むと今よりも110万円の価値が下がってしまうのです。

注意点

  • 予定利率は、契約した時の金利で決まります。
  • もしも将来年金を受け取る時の金利が契約時の金利よりも上がっている場合、受け取る金額がその時のインフレについていけない可能性があるのです。
  • インフレに負けないようにするためには、物価の上昇よりも大きな上がり方をする商品を選ぶ必要があります。

たとえば普通預金の場合、インフレが進むと金利が上がって預金金利が上がるため、インフレに対応することが可能です。

株式を持っている場合はインフレで物価が上がると会社の業績が上がり、株価も連動して高くなることが期待できます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

返戻率が高い3つの個人年金保険

読者
円建ての個人年金保険が持つインフレによるリスクを回避できたり返戻率が高くなる商品はありますか?

今回は、円建ての個人年金保険では回避が困難なインフレリスクを回避し、さらに高い返戻率が望める代表的な個人年金保険について解説します。

高い返戻率が望める個人年金保険

  • 外貨建て個人年金保険
  • 変額個人年金保険
  • 一時払いの個人年金保険

(商品の内容によって返戻率は変わります。詳しくは保険会社にお問い合わせください。)

外貨建て個人年金保険

外貨建て個人年金保険とは?
外貨建て個人年金保険とは、保険料の支払いや保険金の受け取りなどを米ドル豪ドルといった外貨で行う個人年金保険です。

マガジン編集部
保険料の支払いや受け取りは円で行うことができるため、外貨を持っていなくても契約は問題ありません。

外貨建て個人年金保険の注意点

  • ただし、日本円で払い込む場合は、受け取りの際の為替の相場によって保険料や保険金の金額が変動します。

保険料を1ヶ月に100米ドル支払うとしましょう。1米ドル=105円なら日本円に換算すると1万500円です。

円安が進んで1米ドル=120円の時に支払う場合は、1万2,000円が必要になってしまいます。

メリット

外貨建てのメリットは、円建てよりも高い返戻率が期待できる点です。

外貨建てで選択される個人年金保険は米ドルがメインですが、日本円よりも高い金利水準を維持しています。

読者
低金利な日本円で運用するよりも高い予定利回りが期待できるんですね。

デメリット

外貨建て個人年金保険は為替変動の影響を受けるため、元本割れのリスクがあります。

たとえば…

  • 将来に受け取る年金が月1,000米ドルとします。
  • 1米ドル=105円の時なら10万5,000円を受け取れます。
  • しかし、もし円高が進んで1米ドル=100円になった場合は、10万円しか受け取れないことになるのです。

円安に進めば高い予定利率と合わせて資産を大きく増やすことも可能ですが、総じてハイリスクハイリターンな商品といえるでしょう。

また、日本円から外貨に換える時や外貨から日本円に戻す時、為替手数料がかかる点も注意です。

マガジン編集部
この費用を考えて、許容できる場合のみ外貨建て保険を検討しましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

変額個人年金保険

変額個人年金保険とは?
変額個人年金保険とは、保険会社の運用実績で将来の保険金や解約返戻金の額が変動する保険です。

変額保険の積立金は株式や債券に投資され、積極的に運用されます。

マガジン編集部
利益が出た場合は保険金や解約返戻金として加入者に還元されますが、逆に損失が出た場合は保険金や解約返戻金が減る可能性があります。

変額個人年金保険の特徴

  • 個人年金タイプの変額保険です。
  • 変額個人年金保険の商品の支払い方法は一時払いタイプが一般的で、契約時にまとめて保険料を支払います。
  • 一定期間運用して得た運用成果を年金原資として、一定期間または終身で年金を受け取ることができます。

メリット

メリットは、何と言っても「運用成績次第で年金額が増える」ということでしょう。

途中解約した場合に受け取れる解約返戻金も、運用成績次第で増加する可能性があります。

マガジン編集部
保険会社の運用次第ではありますが、通常の個人年金保険より大幅に返戻率が高くなることが期待できるのです。

デメリット

一方のデメリットは、将来の年金原資や年金受取総額について元本保証のない商品の場合、運用実績が不調だと「受け取り額が元本を下回る」可能性があるということです。

運用実績が悪い場合は年金額が減ることになるだけでなく、途中解約した時の解約返戻金も減少してしまいます。

(一般的に解約返戻金は元本保証がありません)

読者
将来の受け取り金額が確定していないと「老後の計画が立てづらい」という問題もありそうですね。

一般的な個人年金保険は…

  • 将来的に受け取れる金額が確定します。
  • 将来かかるであろう老後の生活費から受け取れる個人年金額や公的年金の額を差し引くことで、不足する金額が明らかになります。
  • 他にどれくらい貯金をしておく必要があるのか計画しやすいのです。

一方の変額個人年金保険は、どれくらいの金額を受け取れるのかが契約時点では分かりません。

読者
将来設計をするにあたっては、計算が難しくなってしまう点は否めませんね。

一時払いの個人年金保険

一時払いの個人年金保険とは?
一時払いの個人年金保険とは、加入時に保険料を一括して払ってしまう個人年金保険をいいます。

マガジン編集部
月払いや年払いと受け取り年金総額が同じであれば、返戻率は高くなります。

これは、一時払いが月払いや年払いと比べて、総支払保険料が安く抑えられるためです。

老後の貯蓄として考えるなら、どのタイプ?

円建て・外貨建て・変額にはそれぞれメリット・デメリットがあり、返戻率も大きく異なります。

どの保険商品がベストかは、目的によって異なります。

ポイント

  • オーソドックスに「老後資金のため」に個人年金保険を考えている場合には、円建ての個人年金保険がおすすめです。
  • 返戻率はほかの商品に比べて低くなる可能性がありますが、将来の受け取り額が契約時に確定しているのがメリットです。

ほかの保険商品の場合は運用が成功すれば大きな利益を得られる反面、失敗した場合は元本割れする可能性があります。

(元本保証がある商品もあります。)

読者
将来的に受け取れる金額も分かりませんね。

成功した場合を想定して老後の資金計画を考えてしまうと、いざ失敗した時に老後資金が不足することが考えられるのです。

マガジン編集部
手堅く考えるなら、返戻率が小さくても円建てのほうが安心でしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし


3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

個人年金保険の返戻率計算法

返戻率の計算をするためには、以下の3つの要素を把握する必要があります。

ポイント

  • 保険料
  • 払込期間
  • 受け取れる年金総額

例を使って計算してみましょう。

保険料を毎月1万円、15年にわたって払い込む場合の払込保険料は以下のとおりです。

1万円×12ヶ月×15年=180万円

続いて、年金受取額の計算に移ります。

払込終了後に、毎年30万円を10年間受け取ると仮定した場合の年金総額は300万円です。

上記のケースで返戻率を計算する場合、計算式は以下のようになります。

返戻率の計算式

  • (受取年金額 ÷ 払込保険料総額) × 100

この式に先程の数字を当てはめてみましょう。

(300万円 ÷ 180万円) × 100 = 166%

マガジン編集部
上記のケースでは、返戻率は約166%であることが分かります。

払込保険料が同じであれば、年金受取総額が高いほど返戻率が高くなります。

あるいは受取年金額が同じなら、払込保険料が安いほど返戻率は高くなるともいえます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

返戻率と予定利率の違い

読者
返戻率のほかに「予定利率」という言葉も目にしますが、同じ意味ですか?

マガジン編集部
似ているように感じられますが、全く別の意味をもっています。

予定利率とは

予定利率とは?
予定利率とは、保険会社が契約者に約束する利回りのことです。

契約の時点で予定利率が決まっているため、保険会社は契約者から集めた保険料を積み立て、将来の保険金支払いに備えます。

注意点

  • ただし、運用するお金は保険料の全額ではありません。
  • 付加保険料(営業職員の人件費や、保険契約の締結・維持管理などにかかる経費)が差し引かれたあとの「純保険料」で計算されます。

マガジン編集部
一般的に、予定利率が高いほど、将来同じ金額を受け取るために支払う保険料は安くなります

1年後に100万円を受け取ると考えた場合、利率1%なら約99万円が必要なところ、利率5%なら約95万円で済むということです。

読者
予定利率が高い保険商品ほど「コストパフォーマンスが良い」と判断できるんですね。

逆に考えると、予定利率が高いほど、同じ保険料を支払った場合に将来受け取れる金額は大きくなります

高い予定利率の落とし穴

予定利率は、高いほど契約者にとっては有利になりますが、「契約者貸付」を利用する際には注意が必要です。

契約者貸付とは?
契約者貸付とは、解約返戻金の一部を使って保険会社からお金を借りられる制度のことです。

返済時に必要な利息の利率は、予定利率を基準に一定の割合を上乗せしたものが適用されます。

契約者貸付を利用する際は予定利率が高いほど、総返済額が高くなってしまいます。

マガジン編集部
将来的に契約者貸付を利用する可能性があるかどうかについて、契約時に考えておく必要があるでしょう。

予定利率と予定利回りの違い

予定利率と似た言葉に「予定利回り」もあります。

どちらも「〇%で資産を運用する」という保険会社の約束であるという点では同じですが、違いは「予定利回りは予定利率より少ない」ということです。

予定利回りでは保険会社のコストを反映させるため、単純な利率を計算する予定利率よりもコスト分だけ数字が小さくなります。

返戻率との違い

返戻率とは?
返戻率とは、実際に払う保険料に対して、どれくらいの年金を受け取ることができるかを表したものです。

一方の予定利率は、保険会社がどれだけの利率で運用するかを示したものです。

読者
予定利率だけを見ても、将来に受け取れる金額ははっきり分かりませんね。

将来の受取額がどれくらい増えるのかをチェックしたい場合は、返戻率を見ると良いでしょう。

返戻率の注意点

  • ただし、返戻率には時間の概念がありません。
  • 結果だけを見た割合で計算されるため、預金や投資と利回りを比べたい場合は年率に計算し直す必要があります。

たとえば定期預金金利が0.1%の場合、1年で受け取れる利息が0.1%という意味です。

返戻率110%の商品は払い込んだ期間全てで10%の利益が得られるという考え方ですから、単純に比較はできないのです。

まとめ

個人年金保険にはさまざまな種類がありますが、いずれも銀行の普通預金に預けておくより高い利率の適用が期待できます。

返戻率が高ければ将来受け取る金額は大きくなりますが、外貨建てや変額の個人年金保険では運用次第で元本割れを起こす可能性も否定できません。

返戻率はもちろん大切ですが、老後の資産形成を考えるなら「安定して運用できる」ことも大切です。

返戻率や予定利率とリスクを比較して、各保険商品を比較してみて下さい。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事