子どもの医療保険の必要性と選び方

みなさんは、お子さんの医療保障は持たれていますか?

読者
子どもであっても、病気とは無縁ではありませんし、ケガなどは大人よりもしやすいイメージもあります。

読者
医療機関を受診すれば医療費がかかりますから、医療保険に加入する必要性があるのではないでしょうか。

しかし、「子どもに医療保険は不要」とする意見もよく耳にします。 実際のところどうなのか、実態をもとに考えてみましょう。

マガジン編集部
また、子どもが医療保険に加入する場合のおすすめの入り方などもご紹介します。

この記事の要点

  • 1.子どもの受療率は低く、もし入院しても短期になる可能性が高く、また自治体によって公的制度で補える。
  • 2.公的医療保険制度では保障対象外で自己負担となる項目があり、それをカバーできるのが民間の医療保険である。
  • 3.子どもの医療保険の加入を検討するなら、保険料の安さや短期加入、また種類で選ぶなどさまざまな方法がある。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

子供に医療保険が必要ないといわれる2つの理由

読者
子どもに医療保険は不要」といわれますが、その根拠は何でしょうか。

大きく2つの点が挙げられるでしょう。

子どもは医療を受けることが少ない

厚生労働省の調査(平成29年患者調査)によると、0歳児を除いた14歳以下の子ども10万人あたりの受療率(=調査日になんらかの治療を受けている割合)は、以下のとおりです。

年齢 入院 外来
1~4歳 169 6,517
5~9歳 86 4,377
10~14歳 94 2,764

1~4歳の子どもで入院しているのは10万人あたり169人ですから、約0.17%程度しかいないことになります。

マガジン編集部
65歳以上で入院している人が10万人あたり2,734人ですから、文字どおりけた違いです。

外来(通院)はそこまで低くありませんが、入院についてはとても少ないといえます。 入院日数で見ても、14歳以下の平均在院日数(=調査期間に退院した人が何日間入院していたかの平均)は7.4日となっており、入院したとしても一週間前後で退院できているということです(全年齢での平均は29.3日)。

14歳以下
全年齢

現状、医療保険の保障が入院保障が中心であることを考えれば、子どもに医療保険はいらないだろうという意見も頷けます。

公的な助成制度が充実している

そして、万一、子どもが病気になってしまっても、公的医療保険のおかげで負担はかなり軽減されます。 そもそも、医療費の大半は公的医療保険から支払われ、私たちは残りの自己負担額だけを支払っています。

子どもの医療費助成制度

  • 小学校就学前の子どもは実際にかかった医療費の2割だけ、小学校入学後も3割だけが自己負担割合です。
  • 地域の子育て支援政策の一環として、医療費の助成制度が設けられていることが多いのです。

たとえば東京都では小学校入学までは「乳幼児医療費の助成制度(マル乳)」により、窓口負担は原則として無料。

小学校入学後も「義務教育就学児医療費の助成(マル子)」によって、入院した際の自己負担額は全額助成され、通院も1回あたり200円が負担の上限額となります。

都内でも千代田区には、これに加えて高校生まで医療費が全額補助される制度(高校生等医療費助成制度)があります。

マガジン編集部
他の地域でも、こうした助成制度が多くあり、総じて子どもの医療費負担は軽減されているといえるでしょう。

ほかに、小児がんなど、子どもがかかる難病については、それぞれに対応する国の助成制度があります。

読者
こうした制度を眺めていると、子どもが病気になっても、費用の心配はしなくていいのでは?と思えてきますね。

医療費以外の出費に注意

子どもが医療のお世話になることが少なく、なったとしても医療費は助成される、ということがわかったと思います。

ただし、公的な制度で助成されるのは、保険適用がある医療費のみという点は注意が必要です。

保険対象外の項目

  • 通院の交通費
  • 希望して個室に入院した場合の差額ベッド代 など

読者
子どもが入院・通院となると、必然的に親の付き添いがいりますし、その際の交通費や出費がかかってしまうことも多そうですね。

読者
子どもの入院・通院のために仕事を休めばそのぶん収入が減ったり、家事に手が回らなくなるということも考えられそうです。

マガジン編集部
その意味では、医療保険の給付がまったくムダとはいえないでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

子どもの医療保険加入率はどれくらい?

では、実際に、どれくらいの子どもが医療保険に加入しているのでしょうか。

子どもの医療保険加入率

  • 生命保険文化センターの調査(平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」)では、子ども(未婚で就学前・就学中)の保険加入率は51.1%でした。

読者
想像していたより加入率が高いですね。

この数値は医療保険に限定せず、生命保険全般の加入率を調べたものですが、子どもが死亡保険や年金保険に加入するケースは少ないため、医療保障がおもな加入の目的と見てもいいでしょう。

ちなみに、なんらかの生命保険に加入している世帯のうち、医療保障を持っている*世帯は88.5%です(*医療保険に加入しているか、医療特約を付けている)。

実感や意向の面から見てみると以下のような結果となりました。

「子どもの病気やケガの治療や入院した場合の医療費の準備」について

  • 準備できている 18.7%
  • 今後増やしたい 9.4%

「子どもの教育、結婚への資金準備」については、「準備できている」が12.8%、「今後増やしたい」が14.8%ですので、将来のための資金準備と併せて、医療費の準備をしている家庭も決して少なくはないようです。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの医療保険商品はこれ!

1.チューリッヒ生命
「終身医療保険 プレミアム DX」

チューリッヒ生命の「終身医療保険 プレミアム DX」は、短期入院にも、長期入院にも備えられる一生涯保障の医療保険を探している方におすすめ!

ここがおすすめ!

  1. カスタマイズして自分にあった保障を選ぶことができます!
  2. お手頃な保険料で備えることができます!
  3. 3大疾病はもちろん、7大疾病にも備えることができます!
チューリッヒ生命
「終身医療保険 プレミアム DX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 1,557円 1,797円
35歳 1,802円 1,987円
40歳 2,142円 2,352円
50歳 3,152円 3,437円
60歳 4,722円 5,362円

保険期間・保険料払込期間:終身
保障内容:[入院給付日額]5,000円(30日型)[手術特約(Z02)Ⅱ型]適用[7大疾病延長入院特約]付加[ストレス性疾病延長入院特約(Z02)]付加[先進医療特約(Z03)]付加
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

2.ネオファースト生命
「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」は、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病などに幅広く備えたい方におすすめ!

ここがおすすめ!

  1. 健康状況が所定の基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、基準を満たしていない場合にくらべて、保険料が安くなります!*¹
  2. 主契約(入院保障)以外はオプションのため、お客さまのニーズに合わせてさまざまな特約・特則を組み合わせることができます!*²
  3. がんなどの3大疾病や女性疾病などに幅広く備えることができます!*³

*¹ 被保険者の年齢が20歳未満の場合、健康状況にかかわらず保険料率は標準保険料率のみとなります。
*² 特約・特則の組み合わせには一定の制限があります。

*³ 特約・特則の付加や適用が必要です。

ネオファースト生命
「ネオdeいりょう」保険料例

年齢 男性 女性
20歳 1,505円 1,845円
30歳 1,969円 2,166円
40歳 2,700円 2,484円
50歳 3,837円 3,260円
60歳 5,427円 4,447円

保険期間・保険料払込期間:終身
保険料払込方法:月払

保障内容:[主契約:入院給付金日額]5,000円(60日型)[三大疾病支払日数限度無制限特則]適用[手術保障特約(2018)]Ⅰ型(入院4倍)[入院手術給付金額(入院中)]10万円[外来手術給付金額(外来)]2.5万円[先進医療特約]付加[入院一時給付特約]5万円
※健康保険料率・標準保険料率の内、健康保険料率の保険料例です。
※「先進医療特約」の保険期間・保険料払込期間は10年です。所定の年齢まで10年ごとに更新があります。なお、更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢、および保険料率によって計算されます。したがって更新後の保険料は、更新前の保険料と異なります。更新時の被保険者の年齢が81歳以上となる場合は、保険期間および保険料払込期間を終身として更新します。また、契約年齢が81歳~85歳の場合は終身保障です。

※2020/11現在

近年、上皮内がんの罹患率は増加傾向*⁴にあり、また「心疾患」「脳血管疾患」で入院した際に手術を受ける人も近年増加傾向*⁵にあります。

「ネオdeいりょう」なら、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病も特約を付加することで、一時金保険料の払込免除などに幅広く備えられるのが魅力です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

*⁴出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」「高精度地域がん登録のがん罹患データ(1985年~2012年)」
*⁵出典:厚生労働省「平成20年・23年・26年・29年 患者調査」
【注意事項】
●解説で示した保障について当商品にはないものがあります。
●商品の詳細は「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」にて必ずご確認ください。

(登)B20N1177(2020.12.11)

子供の医療保険加入を検討するなら何歳から、どんな保障?

生命保険への加入は義務ではありませんから、子どものために医療保険に入るも入らないも自由といえます。

費用面だけで考えるなら、公的な助成を活用すればあまり心配いらないのではないかという見方があることはお伝えしたとおりです。

ここからは、そのうえで、それでも子どものために医療保険加入を考えたいという人に向けて、どのような加入の仕方が良いのかを検討してみたいと思います。

できるだけ安価な保険を選ぶ

経済的な面から見て医療保険の必要性が薄いのであれば、できるだけ安価で、割安な保険に入るのがいいでしょう。

確率的には給付を受けない可能性のほうが高いのですから、この場合、医療保険に入っているという安心感を重視した加入といえます。

読者
いわゆる「お守りがわり」の保険ですね。

コストパフォーマンスのことだけを考えると不合理かもしれませんか、気持ちの面から保険に入るのも、保険加入の大きな動機のひとつです。

こんな考え方も…

  • 医療保険が必要なときは、病気を患うなど、健康を害しているときですから、精神的にもダメージを負っています。
  • そのうえ、貯蓄からお金を出さなくてはならない、という心理的な負担を軽減するのにも保険は役立ちます。

とはいえ、あまり出番がないかもしれない保険に、多額の保険料を支払って家計が圧迫されるのも本末転倒です。

マガジン編集部
そこで、家計に影響が出すぎない程度の安い保険を選ぶのが得策でしょう。

加入するならこんな選び方も

  • 掛け捨て型で定期タイプの医療保険に、なるべくシンプルな保障内容で加入します。
  • 子どもの年齢なら、月額1,000円程度の保険料でも加入できる商品もあります。
  • また、親がすでに加入している生命保険に、家族も対象になる医療保障を特約(オプション)としてセットするという方法もあります。

加入するつもりなら、生まれたらすぐ入る

医療保険に加入するつもりがあるなら、できるだけ早めに入ることをおすすめします。

マガジン編集部
0歳から入れるものもありますので、生まれたらすぐ加入しましょう。

なるべく早くに加入する必要がある理由

  • 年齢が若いほど医療保険の保険料は安くなるため、月々の負担が軽くて済みます。
  • 病気になってしまうと保険に加入しにくくなるためです。

子どもが生まれた後、ごく小さいうちに先天性の原因による病気であることが判明したり、病気が発症したりする可能性があります。

読者
病気が判明する前に保険に加入していれば、その後の治療で保障が受けられるということですね。

健康上の問題がないとわかれば解約してもいいでしょう。

読者
ごく小さいうちだけ加入しておくことで、負担も最小限に抑えられますね!

注意点

  • ※すでに病気の疑いがあって、検査を勧められている場合などは、診断される前であっても加入できない場合や、加入しても給付金が受け取れない可能性があります。
  • 健康上の不安があるときは保険会社の担当者とよく相談のうえ加入しましょう。

終身タイプに加入し、成人したら引き継ぐ

できるだけ安価な保険がいいという意味では定期タイプがおすすめでしたが、別の考え方もあります。 終身タイプであっても、子どものうちに加入すれば保険料は安くなります。

こんな考え方も…

  • 早めに加入し、その保険料は当然、親が払い込むわけですが、子どもが成人したときに保険契約(保険料負担)を子ども自身に引き継ぐのです。
  • 終身タイプの保険料は加入以降変わりませんから、子どもは大人になってから加入するよりもずっと安い保険料で終身の医療保障を受け続けることができるわけです。

マガジン編集部
成人したての頃は貯蓄も十分ではないので、病気やケガのときに医療費の給付が受けられれば、子どもとしても大変助かるでしょう。

読者
保険料が安ければなおさらですね。

祖父母からの贈与として

同じような方法として、祖父母に保険料を負担してもらって終身医療保険に入るということもできます。

子どもが成人したら引き継ぐ形にしてもいいのですが、まとまったお金があるなら、一時払いをするという方法もあります。

一時払いとは?
一時払いとは、保険料を全額払い込んでしまうことです。終身医療保険の一生分の保険料を一度に支払うということですからまとまった額になりますが、一度で払い込みが終了し、以後は保険料がかかりません。

読者
つまり、おじいちゃん・おばあちゃんから、「一生分の医療費の負担軽減額」をプレゼントしてもらうようなものですね。

これには、お金を、現金(預貯金)としてではなく、保険の形を介して残すことで、相続税の課税を抑える生存贈与に似た効果もあります。 相続対策が必要な場合は一考の価値があるでしょう。

マガジン編集部
ただし、相続対策は、専門家のアドバイスを受けながら行ってください

\オンライン・訪問どちらも可能/

医療保険以外に子どもに必要な保険は?

子どもの保険は、医療保険以外の保険についても合わせて考えておくとよいでしょう。

傷害保険

傷害保険とは?
傷害保険とは、ケガの治療費などを補償する損害保険です。

病気による入院は対象になりませんが、ケガであれば入院しなくても給付金が受け取れます。 子どもは入院が少ないことや、病気よりはケガの心配のほうが大きいイメージがあることを思えば、傷害保険は医療保険の代用としても選択肢に入るでしょう。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは?
日常生活で他人にケガをさせてしまったときや、他人の持ち物を壊してしまうなどして賠償責任を負ってしまったとき、賠償金などを補償するのが個人賠償責任保険です。

子どもがいると、子ども自身の病気やケガもさることながら、子どもが他人に対して迷惑をかけてしまうのが心配のタネになることもあるでしょう。

マガジン編集部
賠償金は高額になる場合も多いため、お子さんがいる方は、ぜひ検討したい保険です。

すでに加入済みの場合も

  • 個人賠償責任保険は単独の保険商品もありますが、火災保険や自動車保険に特約として付加され、家族全員が補償対象になっていることが多いです。

そのため、すでに準備されているケースも多いと思いますが、もし付いていない場合は加入を検討しましょう。

学資保険(こども保険)

学資保険とは?
学資保険(こども保険)とは、子どもの教育資金準備のための貯蓄型保険です。

学資保険には、子どもの医療保障を特約としてセットできるものもあるため、別に医療保険に入るのではなく、医療保障のある学資保険に入ればいいのではないかと思う方もおられるかもしれません。 しかし、教育資金目的のために学資保険に入るなら、医療保障は切り分けたほうがいいでしょう。

医療保障付き学資保険には注意が必要

  • 学資保険に医療保障特約を付けてしまうと、払い込んだ保険料の一部が保障準備に使われてしまい、学資保険の貯蓄部分の利率(返戻率)が下がってしまいます
  • せっかくの学資保険の意味が薄れてしまいますので、お金を貯めることと保障を得ることは別に考えるのがおすすめです。

\オンライン・訪問どちらも可能/

まとめ

子どもに医療保険は必要か?という切り口で、さまざまな面から検討してみました。

ポイント

  • 子どもが医療のお世話になることは少なく、あったとしても通院主体で入院はごく短期となる可能性が高いでしょう。
  • さらに、子どもの医療費については公的な助成制度が充実しているため、かなり軽減されます。
  • 医療保険は入院保障が中心であることなどから、子どものために医療保険に加入する意味は薄いというのが、多くの人の意見でしょう。

しかし、いざ入院・通院となってしまったときに、公的医療保険だけでカバーできない部分もあるため、医療保険がまったく無意味とはいえません。

子どもを医療保険に加入させるなら、家計を圧迫しないよう安価な保険に一時期だけ加入することや、終身タイプに加入して成人時に契約を引き継ぐなど、いろいろな方法があります。

マガジン編集部
ニーズに合わせて、検討してみてください。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事