保険の見直しに最適なタイミングと適切な選び方を徹底解説!

万が一のことがあった際に自分や家族を守ってくれる生命保険ですが、自分のライフステージ次第で必要になる保障は変化します。

読者
ライフステージやライフスタイルに合った保障を得るためには、そのときに応じた見直しが必要と聞きました。

読者
とはいえ、数多くの保険の内容を理解したうえで見直すのは至難の業ですよね。

マガジン編集部
そこで今回は、保険の見直しに適したタイミングや、見直しのポイントについて解説します。

この記事の要点

  • 1.保険を見直すタイミングとしては、ライフステージやライフスタイルが変わるときが候補になります。
  • 2.特に「子どもが生まれたとき」「子どもが独立したとき」など、守るべき家族の人数が変わるときに大きく見直しを検討する必要があります。
  • 3.各種保険への加入のタイミングによっては加入できないこともあることから、それぞれのタイミングで最善の保険に加入できるように、事前に検討を進めましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

ほけんの全部無料保険相談

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

保険の見直しとは

保険の見直しとは

「保険の見直し」とは、契約中の保険を現在のライフスタイル・ライフステージに合う内容になるように再検討・契約・解約することです。

マガジン編集部
具体的には以下のような行為が保険の見直しにあたります。

ポイント

  • 新しい保険に加入する
  • 現在の保険を解約して新しい保険に加入する
  • 保険金額の増額・減額を行う

「不足している保障を計算して保険に加入する」「過剰な保障分は減額・解約する」というのが見直しの手段になります。

なぜ必要?保険の見直しが重要な理由

ライフスタイルごとのリスクに対応する

人生において対応するべきリスクは、ライフスタイルによって異なります。

ポイント

  • たとえば独身の人であれば万が一のことがあった時でも、遺族にお金を残す必要性は高くありません。
  • 一方で配偶者や小さな子どもがいる家庭であれば、自分に万が一のことがあった場合に家族のことを守れる保険が必要になるため、定期保険や収入保障保険の必要性は高くなります。
  • あるいは会社員からフリーランスに転職した場合は国民健康保険では社会保険のような「傷病手当金」を受け取れないため、民間保険のうち「就業不能保険」「所得補償保険」に加入する必要性は高まるでしょう。

マガジン編集部
ライフスタイルが変化した際に保険を見直すことで、現状で最適な保険に組み替えることができるのです。

保険料を安く抑えられる可能性がある

今まで自分と配偶者と子どもで生活していた家庭で子どもが成人して独り立ちした場合は、生活を支えるべき人が少なくなります。

読者
となると、その後は教育費・学費のために備えていた保険は不要になりますね。

マガジン編集部
保険を見直しして、保険金額を安くすることで保険料を抑えることができます。

保険の見直しをするのに適したタイミングとは

保険の見直しをするのに適したタイミングとは

就職するとき

就職するとき、全く保険に加入していない人でも加入する必要性が高まります。

マガジン編集部

若いからといっても、万が一のことが起こる可能性はゼロではないからです。

ポイント

  • 同じ保障でも、保険料は年齢が若いほど安くなります。
  • 終身保険や終身タイプの医療保険に若いころから加入していれば、安い掛金で生涯の保障を得られます。

終身医療保険プレミアムDX

独身で保険に加入したときの受取人は?

万が一死亡した場合、独身であれば受取人が親になることが一般的です。

日本消費者協会の「2017年葬儀についてのアンケート調査」によれば、葬儀費用の平均は195万円とされています。

読者
両親に残すお金として、200万円程度の保険金を受け取れる生命保険に加入するというのも1つの考え方ですね。

こちらの記事も読まれています

結婚するとき

独身時代は自分に万が一のことがあった後のことを考えなかった人も、結婚を機に保険を見直す必要性が高まります。

万が一のとき、パートナーが生活に困らないように死亡保険への加入を検討しましょう。

マガジン編集部
このとき注意するべきは、配偶者も保険に加入している場合があることです。

ポイント

  • 保障が過剰になりすぎないように、それぞれ加入している保険を把握・見直しましょう。
  • また、独身時代にすでに死亡保険に加入している場合、受取人が両親になっていることがあります。
  • 結婚を機に受取人を配偶者に変えることも忘れないようにしましょう。

読者
結婚する前や結婚したあとに、一度配偶者がどのような生命保険に加入しているのか話し合う時間が必要かもしれませんね。

子どもをもうける前

妊娠する前は、「医療保険」に加入するポイントです。

注意点

  • 妊娠したあとに医療保険に加入しようとすると、もし「異常分娩」になった場合の保障が受けられない可能性があります。
  • また場合によっては加入自体できないことあります。

終身医療保険プレミアムDX

学資保険は妊娠中に加入できる

学資保険には「出生前加入」という制度があり、妊娠中でも加入できます。

マガジン編集部
一般的には、出産予定の140日前から加入が可能です。

加入時期が早いほど保険料が安くなり、将来の返戻率も高まる可能性があります。

出産後

出産後は子どもの子育て、教育費用に高額なお金がかかります。特に入念な準備をしたいのは「教育費」でしょう。

子どもの教育費をカバーするために、以下の保険への加入を検討しましょう。

 教育費の補填のための保険

  • 学資保険
  • 低解約返戻金型終身保険

学資保険は教育費を貯めるための貯蓄型の保険で、払込免除特則を付加した場合、保険期間中に契約者(親)が亡くなった場合にその後の保険金支払いが不要になります。

一方の低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金が低めの水準(一般的な終身保険の約70%)に抑えられている代わり、保険料が割安な終身保険です。

保険料払込期間が満了するタイミングを子どもが18歳になる時点にしておけば、大学入学時にまとまった解約返戻金を受け取れます。

マガジン編集部
また、その時点で解約せずに老後まで持っておく選択肢もあります。

住宅を購入したとき

住宅を購入したときも、保険を見直すきっかけになります。

ポイント

  • 住宅を購入する際は住宅ローンを組むことがほとんどですが、加入する際に「団体信用生命保険」に加入するのが原則です。
  • 被保険者が死亡または高度障害状態になった場合は、生命保険会社がローン残高を銀行に支払うことで住宅ローンが返済されます。
  • 万が一の場合でも、賃貸物件のように住宅費の心配が不要です。

マガジン編集部
住宅費分の保険があれば、解約することで保険料を抑えられます。

自営業になったとき

会社員から自営業(個人事業主)になったとき、公的医療保険は「健康保険(社会保険)」から「国民健康保険」に切り替わります。

注意点

  • 会社員が働けなくなった際は最長1年6ヶ月、給与の約3分の2にあたる金額を受け取れる「傷病手当金」の制度がありますが、国民健康保険では受け取れません。
公的な保障が弱い分だけ、「医療保険」「就業不能保険」などへの加入を検討する必要性は高まります。

子どもの独立後

子どもが独立して生計が別々になれば、養育費や教育費の負担からは解放されます。

読者
万が一の際に子どもの教育費として用意してあった保険があれば、今までよりも保険金額を減らすことが可能になりますね。

老後を迎える前

老後を迎えたあとの収入源は公的年金であり、そこに「貯蓄」「退職金」を加えた金額で生活する必要があります。

マガジン編集部
老後に必要な生活費について、年金・貯蓄・退職金でまかなえるかの計算は早めにしておく必要があります。

ポイント

  • 総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2019年」では、社会保障給付とその他の収入を合わせた実収入は23万7,659円です。
  • 一方で消費支出と非消費支出を合わせた合計は「27万929円」で、差し引きで3万3,270円が毎月不足すると試算されています。

出典:総務省統計局|家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)

平均寿命は男性で81.41歳女性は87.45歳ですから、65歳から老後生活は20年以上続くことが考えられます。

つまり、不足する可能性があるお金は以下のとおりです。

3万3,000×12ヶ月×20年=792万円

注意点

  • あくまでも平均ですが、約800万円が不足する計算になります。
  • これだけのお金を貯蓄や退職金でまかなえない場合、老後破産の危険性も考えられるのです。

マガジン編集部
個人年金保険あるいは個人型確定拠出年金(iDeCo)などを活用し、若いうちから老後資金の準備を進めましょう。

生命保険の更新時

保険商品によって、一定の年齢や年数によって契約が更新される場合があります。

更新時は保険料も年齢に合わせて上がることが一般的です。

ポイント

    不要な場合は、思い切って契約を終了させるのも1つの選択肢になるでしょう。

    保険を見直しする際の4つのポイント

    保険を見直しする際の4つのポイント

    保険の種類を見直す

    ひとくちに保険といっても、その種類はさまざまです。

    マガジン編集部
    自分が充実させたい保障が何かが分かれば、そこから自分に適した保険を導き出すことができます。

    読者
    保険に加入していても、「実は保障内容をあまり良く分かっていない」という状態では、保険を十分に活かせませんね。

    保険の見直しに取り掛かるために、保険ごとの違いは把握しておきたいところです。

    ポイント

    • 定期保険
    • 収入保障保険
    • 終身保険
    • 低解約返戻金型終身保険
    • 医療保険
    • がん保険
    • 就業不能保険
    • 学資保険
    • 個人年金保険

    保険金額(保障額)を見直す

    自分に必要な保険が大まかにまとまったあとは、「保険金額の見直し」に進みます。

    マガジン編集部
    保険金額が分かれば保険料も自然と決まってきます。

    たとえば死亡保険の場合、むやみやたらに保険金額を多く設定すれば良いというわけではありません。

    ポイント

      自分に万が一のことがあった場合、それ以降に必要になる生活費・教育費用などから遺族の給与・貯蓄・遺族年金等の収入を差し引き、不足する分を保険でカバーするのが基本の考え方です。

      また、医療保険の場合は、「医療費などの支出金額-国や会社からの給付」で計算された残りの不足分を保険でカバーすることになります。

      読者
      過剰に保険金額を設定していると、その分だけ保険料が割高になることも考えられます。

      マガジン編集部
      一般的には家計の収入源になっている男性のほうが働けなくなった場合のリスクが高いため、保険金額を高めに設定することになるでしょう。

      終身医療保険プレミアムDX

      保険期間を見直す

      保険期間の見直しも重要です。

      子どもの教育費に相当する金額を保険で備えている家庭であれば、子どもが大学を卒業・独立したあとは不要になります。

      注意点

      • 逆に老後までの医療費をカバーしたい場合、定期型の保険に加入していると更新のたびに保険料が高くなります。
      • 80歳など一定の年齢で更新できなくなることも注意点です。

      生涯の保証を得るなら終身型への乗り換えを早めに検討したいところです。

      被保険者・受取人を見直す

      ライフスタイルの変化によって、被保険者や受取人を柔軟に見直しましょう。

      もしも離婚した場合は、受取人を配偶者から子どもに変更するなど、ライフスタイルの変化に応じた受取人を設定することが必要です。

      マガジン編集部
      なお「契約者」「被保険者」「受取人」の組み合わせによって、課される税金の種類が変わってくる点にも注意しましょう。
      契約者 被保険者 受取人 税金
      A A B 相続税
      A B A 所得税
      A B C 贈与税

      場合によって多額な税金が課される可能性もあります。

      保険を見直しする際のおすすめの方法!

      保険を見直しする際のおすすめの方法!

      払込期間は支払方法と合わせて見直す

      保険料の支払期間は、「生涯支払い続ける」「60歳までに払込期間が満了する」など、保険によって設定はさまざまです。

      ポイント

      • 終身払いにしている場合、見直しを機に短期払いに切り替えられないか検討しましょう。
      • 短期払いが可能であれば、年金生活になった後に保険料を支払う必要がなくなります。

      保険の空白期間ができないように注意する

      保険の見直し方の基本として覚えておきたいことがあります。

      ポイント

        保険を解約するときは「新しい保障が有効になる」→「従来の保険を解約する」という手順を踏むことです。

        保険の保障が有効になるのには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

        • 契約申し込み
        • 告知・診査
        • 第1回保険料の払い込み

        ここまでの手続きが完了し、生命保険会社が契約を承諾することで、保障を受けられるようになります。(※契約内容によっては、申込書の受領および告知が揃った時点から保障開始となる商品もあります。)

        また「がん保険」では、免責期間が設定される点に注意が必要です。

        注意点

        • 上記の3つの条件が全て揃ったうえで、加入から90日間は免責期間になります。
        • 免責期間中にがんと確定診断を受けた場合、給付金などの保障は受けられません。
        • 保険契約は無効になってしまいます。

        マガジン編集部
        新しい医療保険・がん保険を契約するなら、これらの待機期間があることを念頭に空白期間ができないような契約をしましょう。

        返戻率が高い保険はそのまま契約する

        ひと昔前に契約、あるいは親からもらった終身保険や養老保険は解約前に予定利率をよく確認してください。

        ポイント

        • 予定利率が大きいということは、解約返戻金や満期保険金が支払った保険料の総額を上回る可能性が高いということです。
        • 予定利率は契約の際の利率がそのまま適用されますが、一度解約すると仮にもう一度契約しても元の利率に戻すことはできません。

        利率の良い保険は保障内容の見直しをしても、基本的にはそのままにしておく方が良いこともあります。

        マガジン編集部
        もしもどのように見直しをすべきか迷われる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

        読者
        保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
        読者
        専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
        マガジン編集部
        どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
         無料の保険相談所とは
        • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
        • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
        • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

        保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

        1.ほけんのぜんぶ

        ほけんの全部無料保険相談

        おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

        「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数35社
        2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
        3. オンライン保険相談も可能!
        4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
        5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
        読者
        相談員の質が高そうですね。
        読者
        無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
        取扱保険会社数

        合計:35社 
        (生命保険:22社 損害保険:10社 少額短期保険:3社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり
        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        2.マネードクター

        おすすめの無料保険相談所2つ目は「マネードクター」です。

        マネードクターのここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数31社 ※1
        2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
        3. 相談満足度92.9% ※3
        4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
        5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
        6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!
        読者
        保険相談窓口として非常に有名な会社ですね!
        読者
        保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるなんて頼りになりますね。
        取扱保険会社数

        合計:31社 ※1
        (生命保険:22社 損害保険:9社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

        ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

        ※1…2021年10月現在
        ※2…2020年度実績
        ※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

        3.保険マンモス

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険マンモス」です。

        保険マンモスのここがおすすめ!

        1. 相談満足度95%※1
        2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
        3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
        4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度
        読者
        相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができそうですね。
        ※2 保険マンモスが達成した三冠とは
        自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
        取扱保険会社数

        提携先による

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 提携先による
        キャンペーン あり

        保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

        ※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
        ※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

        4.保険市場

        おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

        保険市場のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会は業界最大の84社
        2. オンラインでの相談が可能
        3. 業界のなかで老舗
        4. 東証一部上場企業
        読者
        老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
        取扱保険会社数

        合計:84社 
        (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

        主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン なし

        5.保険無料相談ドットコム

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

        保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

        1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
        2. 電話やオンラインでの相談が可能
        3. お客様満足度97.6%!
        取扱保険会社数 合計:22 
        (生命保険:15社 損害保険:7社)
        主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
        対応地域 一部対応できない地域あり
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        無料保険相談所の選び方

        読者
        保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
        マガジン編集部
        数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
        最適な保険相談所の選び方
        • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
        • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
        • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

        1.保険相談をする場所はどこが良いか

        新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
        読者
        リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
        読者
        わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
        マガジン編集部
        カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
        その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
        その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

        2.相談担当者が専門知識を有しているか

        読者
        相談担当者って、どこも同じではないのですか?
        マガジン編集部
        実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
        FP(ファイナンシャルプランナー)とは
        • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
        • 保険
        • 教育資金
        • 年金制度
        • 家計にかかわる金融
        • 不動産
        • 住宅ローン
        • 税制など

        生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

        3.取り扱っている保険会社数の多さ

        無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

        読者
        ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
        マガジン編集部
        取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

        それでもどこにするか迷ったら

        どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

        読者
        しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

        どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

        ほけんの全部無料保険相談

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        おすすめの医療保険商品2選

        1.チューリッヒ生命
        「終身医療保険 プレミアム DX」(PR)

        チューリッヒ生命の「終身医療保険 プレミアム DX」は、短期入院にも、長期入院にも備えられる一生涯保障の医療保険を探している方におすすめ!

        ここがおすすめ!

        1. カスタマイズして自分にあった保障を選ぶことができます!
        2. お手頃な保険料で備えることができます!
        3. 3大疾病はもちろん、7大疾病にも備えることができます!
        チューリッヒ生命
        「終身医療保険 プレミアム DX」保険料例

        年齢 男性 女性
        30歳 1,557円 1,797円
        35歳 1,802円 1,987円
        40歳 2,142円 2,352円
        50歳 3,152円 3,437円
        60歳 4,722円 5,362円

        保険期間・保険料払込期間:終身
        保障内容:[入院給付日額]5,000円(30日型)[手術特約(Z02)Ⅱ型]適用[7大疾病延長入院特約]付加[ストレス性疾病延長入院特約(Z02)]付加[先進医療特約(Z03)]付加
        ※2020年10月1日現在

        募補01808-20201006

        2.ネオファースト生命
        「ネオdeいりょう」

        ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」は、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病などに幅広く備えたい方におすすめ!

        ここがおすすめ!

        1. 健康状況が所定の基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、基準を満たしていない場合にくらべて、保険料が安くなります!*¹
        2. 主契約(入院保障)以外はオプションのため、お客さまのニーズに合わせてさまざまな特約・特則を組み合わせることができます!*²
        3. がんなどの3大疾病や女性疾病などに幅広く備えることができます!*³

        *¹ 被保険者の年齢が20歳未満の場合、健康状況にかかわらず保険料率は標準保険料率のみとなります。
        *² 特約・特則の組み合わせには一定の制限があります。

        *³ 特約・特則の付加や適用が必要です。

        ネオファースト生命
        「ネオdeいりょう」保険料例

        年齢 男性 女性
        20歳 1,505円 1,845円
        30歳 1,969円 2,166円
        40歳 2,700円 2,484円
        50歳 3,837円 3,260円
        60歳 5,427円 4,447円

        保険期間・保険料払込期間:終身
        保険料払込方法:月払

        保障内容:[主契約:入院給付金日額]5,000円(60日型)[三大疾病支払日数限度無制限特則]適用[手術保障特約(2018)]Ⅰ型(入院4倍)[入院手術給付金額(入院中)]10万円[外来手術給付金額(外来)]2.5万円[先進医療特約]付加[入院一時給付特約]5万円
        ※健康保険料率・標準保険料率の内、健康保険料率の保険料例です。
        ※「先進医療特約」の保険期間・保険料払込期間は10年です。所定の年齢まで10年ごとに更新があります。なお、更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢、および保険料率によって計算されます。したがって更新後の保険料は、更新前の保険料と異なります。更新時の被保険者の年齢が81歳以上となる場合は、保険期間および保険料払込期間を終身として更新します。また、契約年齢が81歳~85歳の場合は終身保障です。

        ※2020/11現在

        近年、上皮内がんの罹患率は増加傾向*⁴にあり、また「心疾患」「脳血管疾患」で入院した際に手術を受ける人も近年増加傾向*⁵にあります。

        「ネオdeいりょう」なら、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病も特約を付加することで、一時金保険料の払込免除などに幅広く備えられるのが魅力です。

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        *⁴出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」「高精度地域がん登録のがん罹患データ(1985年~2012年)」
        *⁵出典:厚生労働省「平成20年・23年・26年・29年 患者調査」
        【注意事項】
        ●解説で示した保障について当商品にはないものがあります。
        ●商品の詳細は「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」にて必ずご確認ください。

        (登)B20N1177(2020.12.11)

        おすすめの学資保険3選

        1.フコク生命
        「みらいのつばさ(5年ごと配当付学資保険)」

         

        フコク生命の「みらいのつばさ」なら、細かなところまで考えた商品設計のため、お子さまの未来に合わせて充実したプランを選ぶことができます!

        ここがおすすめ!

        1. ライフスタイルに合わせて受取方法や払込期間を選べます
        2. 契約者にもしものことがあった場合、以降の保険料の払い込みは不要になります
        3. 2人目の子どもからは保険料が割安になります※ 
          ※所定の条件があります。

        ご契約例

        入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて家計にやさしいプラン「S(ステップ)型」のご契約例になります。

        ご契約例
        S(ステップ)型
        月払/年払 月払
        契約者 30歳男性
        被保険者(お子さま) 0歳
        保険期間 22歳満了
        保険料払込期間 17歳満了
        保険料 10,170円/
        払込保険料総額 2,074,680
        受取額資金総額 2,100,000円
        満期保険金 1,000,000円
        返戻率*¹ 101.2

        *¹返戻率は「受取総額÷保険料総額×100」で計算しており、契約者、被保険者(お子さま)の契約日における年齢、契約者の性別、保険料払い込み方法によって異なります

         

        受取りタイミングのイメージ

        お子さまの成長にはなにかと細かい出費が必要となります。

        入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて、払込期間が17歳なので毎回の保険料の負担が少なく家計に優しいというのが「S(ステップ)型の払込期間17歳」が選ばれている理由です。

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        (登)D-2020-33(2021.3.16)

        2.三井住友海上あいおい生命
        「&LIFE こども保険
        (5年ごと利差配当付こども保険)」

         

        三井住友海上あいおい生命の「&LIFE こども保険」なら、お子さまの教育資金に加えて医療保障まで備えることができます!

        ここがおすすめ!

        1. 進学の時期に合わせてお祝金を受け取れます
        2. 契約者が万一のときには、養育年金を受け取れます
        3. 子どもの病気やケガにしっかり備えられます

        ご契約例

        契約者が万一(死亡・高度障害)のときに養育年金*¹のお支払いがあるプラン「Ⅰ型」のご契約例になります。
        *¹満期になるまでの間、子どもに毎月支払われる年金

        ご契約例
        Ⅰ型
        月払/年払 月払
        契約者 30歳男性
        被保険者(お子さま) 0歳
        保険期間 22歳満了
        保険料払込期間 18歳満了
        保険料払込方法 口座振替扱
        保険料 12,235円/月
        払込保険料総額 2,642,760
        受取祝金総額 1,800,000円
        基本保険金額 1,000,000円
        こども医療特約 入院給付金日額5,000円
        養育年金 基本保険金額の60%
        返戻率 68.1

        ※返戻率=受取祝金総額÷払込保険料総額×100

        受取りタイミングのイメージ

         

        ※お子さまが保険期間中に亡くなられたときは、ご契約の経過期間に応じて10 .53万円~200万円の死亡給付金をお支払いします。
        注1 支払限度日数は1回の入院につき180日、保険期間を通じて1,095日です。
        注2 支払限度日数は同一の不慮の事故につき90日、保険期間を通じて1,095日です。

        教育資金から医療保障までしっかり備えることができ、お子さまの成長に合わせた資金準備と万一の備えに役立つというのが「&LIFE こども保険」が選ばれている理由です!

        2021 - H – 0053 ( 2021/04/14 - 2023/04/30 )

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        3.東京海上日動あんしん生命
        「5年ごと利差配当付こども保険」

        東京海上日動あんしん生命の「5年ごと利差配当付こども保険」は、祝金と養育年金で教育資金準備ができます!

        ここがおすすめ!

        1. 契約者が死亡・高度障害となった場合に備えることができます
        2. 子どもの死亡保障を一定期間確保できます
        3. 子どもの出生前でも加入ができます

        ご契約例

        ご契約例のご紹介になります。

        ご契約例
        -
        月払/年払 月払
        契約者 30歳男性
        被保険者(お子さま) 0歳
        保険期間 22歳満了
        保険料払込期間 18歳満了
        保険料 10,856円/月払
        払込保険料総額 2,344,896
        受取額資金総額 2,000,000円
        基準祝金額 1,000,000円
        災害死亡保険金 基準祝金額の200%相当額
        養育年金 基準祝金額の50%相当額
        返戻率 85.2

        受取りタイミングのイメージ

        ※5年ごと積立配当金は運用実績によって増減し、お支払いできないこともあります。

        お子さまの出生予定日が140日以内であれば、出生前加入特則を付加することでご契約できますので、早めにお子さまの教育資金準備に備えたいといった方に「5年ごと利差配当付こども保険」は選ばれています!

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
        本コンテンツは商品の概要を説明しています。
        詳細は「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
        弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
        本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
        また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
        2105-KL08-H0040

        おすすめの個人年金保険(販売件数第1位※)

        ※ほけんのぜんぶ 契約件数調べ 2021年1~3月

        【引受保険会社】
        マニュライフ生命保険株式会社
        「無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)

        マニュライフ生命の「こだわり個人年金(外貨建)」なら、今からはじめてコツコツ老後資金づくりができます!

        ここがおすすめ!

        1.  積立金は外貨(米ドルまたは豪ドル)で運用するから、海外の金利を活用した運用成果が期待できます!
        2. 月々一定額の「円」での払い込みにより、為替変動リスクにも対応が可能です!

        3. 毎月一定額を払い込む月払なら、月1万円からコツコツ始められます!

        積立利率が年1.9%(2021年5月契約時の積立利率)の場合のシミュレーション

        積立利率が年1.9%で一定に推移したと仮定した場合のシミュレーション
        保険料払込方法 ※払込方法は月払のみとなります。 月払
        契約者・被保険者(年齢・性別) 40歳男性
        保険料払込期間 25年間
        年金支払開始年齢 65歳
        毎月の円での払込金額 10,000円/月
        運用通貨 米ドル
        払込保険料総額 3,000,000円
        積立金額(保険料払込満了後)

        31,004米ドル

        (積立金を円に換算した金額3,390,287円*1)

        積立金(円換算額)の返戻率*2 113%

        *1適用為替レート:1米ドル=109.35円で変動しないと仮定した場合です。
        *2返戻率は積立金額を円に換算した金額を払込保険料総額で除したものです。小数第3位を切り捨てて表示しています。
        ※上記シミュレーションは、保険料円払込額を契約通貨に換算する際の為替レートや保険料払込期間中に適用される積立利率が、一定に推移したと仮定し、保険料円払込額の減額、払込停止、解約などがなかったと仮定したものです。
        また、将来の運用成果と同様の推移や数値を保証・予測・示唆するものではありません。
        ※積立金額は、契約当初、払込保険料から保険関係費が大きく控除され、積み立てられます。したがって、契約当初、積立金額は払込保険料累計額に対して減少しています。詳しくは「設計書」でご確認ください。
        ※積立利率は、この保険の実質的な利回りではありません。

        「ご確認いただきたいリスクについて/この保険にかかる費用について」は、こちらをご覧ください。

        5分でわかる「こだわり個人年金(外貨建)」

        「こだわり個人年金(外貨建)」がどのようなライフシーンで役に立つのかを、商品のポイントとともに、わかりやすく解説されている動画です。

        この動画はこんな方におすすめ
        • 「将来やりたいことがある、かなえたい夢がある!」
        • 「将来が不安・・・いまから備えをはじめたいけど、何をしたらいいの?」

        こだわり個人年金(外貨建)」は、将来を楽しみたい、そんなあなたの夢をかなえるための「備え」を、年金として準備できるのが魅力です。

        募集代理店の担当者(生命保険募集人)は、お客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        本コンテンツは商品の概要を説明しています。
        詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
        弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
        本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
        また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
        【募集代理店】株式会社ほけんのぜんぶ
        MLJ(営教)21050259

        まとめ

        今回は、保険の見直しに適したタイミングや、見直しのポイントについて解説しました。

        保険を見直すタイミングとしては、ライフステージやライフスタイルが変わるときが候補になります。特に「子どもが生まれたとき」「子どもが独立したとき」など、守るべき家族の人数が変わるときに大きく見直しを検討する必要があります。

        また、気を付けたいのが医療保険の加入タイミングです。妊娠してから加入を検討しても「異常分娩」が保障の対象外になる可能性があり、場合によっては加入できないこともあります。

        それぞれのタイミングで最善の保険に加入できるように、事前に検討を進めましょう。

        終身医療保険プレミアムDX

        監修者の紹介

        監修者の写真

        監修者岡田行史

        人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

        本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
        本コンテンツは商品の概要を説明しています。
        詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
        弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
        本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
        また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
        おすすめの記事