生命保険とは?3つの種類とメリット・デメリットをわかりやすく解説

読者
なんとなく生命保険に加入しなければならない風潮がある気がしますが、そもそも生命保険とはなんなのでしょうか?

読者
なんのためにあるのか、なぜ必要なのかを正しく説明できる自信はないかもしれません。

「生命保険って必要なの?」という疑問を持っている方には役立つものになっていると思いますので、チェックしてみてください。

この記事の要点

  • 1.生命保険とは何か、自分にとって必要か不要か正しく判断しよう
  • 2.生命保険の基盤となる種類を知って備えよう
  • 3.生命保険に加入することで得られるメリットとデメリットを知ろう
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

生命保険とは

Money, Home, Coin, Investment, Business, Finance, Bank

生命保険とは?
生命保険とは、「もしも」や「万一のこと」に備えるための金融商品です。

「人の生死に関連したリスク」に対して、経済的な準備をしておくことができる仕組みといってもいいでしょう。

「人の生死に関連したリスク」とは

  • 一家の大黒柱が亡くなってしまう
  • 長生きすることで老後の資金が不足する
  • 子どもが生まれたので多額の教育資金が必要になる など

読者
予期せず人が亡くなる、という不幸なことだけでなく、長寿や子どもの誕生といったおめでたいことでも、「お金が必要になる」という意味ではリスクと考えられます。

マガジン編集部
生命保険は、そうしたリスクへの対策として加入するものです。

生命保険の加入率

生命保険文化センターの調査※1によると、なんらかの生命保険※2に加入している人の割合は以下のとおりです。

生命保険の加入率

  • 男性 81.1%
  • 女性 82.9% ※1生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」 ※2民間の生命保険会社やかんぽ生命、JA、県民共済・生協等で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金保険やグループ保険、財形は除く)

読者
実に8割以上の人が生命保険に加入しています。

近年になってこの数値は増加傾向にあります。

マガジン編集部
年代で見ると、男女ともに40歳代の加入率がもっとも高くなっています。

生命保険と貯蓄との違い

読者
もしものときのために経済的に備えておくのなら、貯蓄でもいいのではないでしょうか?

そう思う方もおられるかもしれませんが、貯蓄と保険には大きな違いがあります。 ある家族の例で考えてみましょう。 夫婦と子ども1人の家族で、一家の大黒柱が亡くなるリスクについて準備したいと思います。 おもな収入源だった人が亡くなり、残された配偶者と子どもが暮らしていくためには、3000万円のお金が必要だと仮定します。

この3000万円を、貯蓄で準備する場合と、保険で準備する場合では、何が違ってきますか?
保険の場合、契約が完了していればいつ亡くなってもその時点で3000万円の保険金が支払われますが、貯蓄の場合、月3万円ずつ預金しても83年以上かかってしまう計算になります。

読者
加入することで、準備が完了するといえますね。

これが、保険の最大の目的である「保障」の力です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

生命保険の種類3つ

Doors, Choices, Choose, Decision, Opportunity, Entrance 生命保険の中にも、さまざまな種類があります。 いろいろな分類の仕方がありますが、どのようなリスクを保障するのか、目的から考えると、大きく次の3つに分けられるでしょう。

生命保険の種類3つ

  • 死亡保障が目的の保険
  • 貯蓄が目的の保険
  • 医療保障などが目的の保険

これらについて、1つずつ見ていきましょう。

死亡保障が目的の保険

保険の対象になっている人(=被保険者)が亡くなったとき、死亡保険金が支払われるというタイプの生命保険です。

読者
生命保険と聞いてまず思い浮かぶのがこのタイプですね。

残された遺族の生活を支えるためや、相続対策などのために使用されます。 保障期間や保険金の支払われ方などから以下のような保険に細分化されます。

死亡保障が目的の保険

  • 終身保険
  • 定期保険
  • 収入保障保険
  • 養老保険

マガジン編集部
それぞれ特徴があるので、適した目的のために使い分けます。

貯蓄が目的の保険

いつか必要になるお金を準備するための保険もあります。 これは、生命保険が保障する「生死に関連するリスク」のうち、「生きるリスク」に備えるものです。 長生きして老後資金が必要になることや、子どもの教育資金が必要になるといったリスクです。

貯蓄が目的の保険

  • 個人年金保険
  • 学資保険(こども保険)

上記がこのタイプの保険に分類されます。

医療保障などが目的の保険

死亡保障でも貯蓄目的でもない、その他のリスクに備えるための保険です。 具体的には、病気やケガで医療費が必要になった場合や、要介護状態になって介護費用が必要になった場合などです。

マガジン編集部
専門的にはこのタイプの保険は「第3分野」と呼ばれ、厳密に言うと生命保険とは違うものです。

しかし、人生のリスクに備えるためのものですので、生命保険と同じよう考え、利用されています。 代表的なものとして、以下のような保険が挙げられます。

医療保障などが目的の保険

  • 医療保険
  • がん保険
  • 介護保険
  • 特定疾病保障保険

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

生命保険は必要?不要?

Hands, Child'S Hand, Hold Tight, Toddler Hand

十分な資産があるなら、生命保険の必要性は低くなる

読者
それでは、実際私には生命保険は必要なのでしょうか。

それを考えるために、生命保険の目的を思い出してみましょう。 生命保険とは、「人の生死に関連したリスクに対して、経済的な準備をしておくことができる仕組み」でした。

大切な事項

保険はリスクに備えるものですが、保険に加入したからといってリスクそのものがなくなるわけではありません。保険の機能はあくまでも「経済的な準備をする」こと。

もしものとき、保険金を受け取れるという形で助けてくれるのが、保険のメリットです。 逆に言えば、すでに経済的には十分な備えがあるという人には、保険は不要といえるでしょう。

マガジン編集部
つまり、十分な資産がすでにある人です。

読者
では、逆に大黒柱が亡くなるなどのリスクが現実になってしまったとき、お金の面で困ると予測できるならば保険に加入する意味がありますね。

遺族の生活保障や子どもの教育資金、将来の老後資金といったお金は、そう簡単には用意できない多額のものになります。

これらのお金を、保険に頼らず、今ある資産だけで備えられるという人はあまりいないと思います。

保険加入率が8割を超えているのは、私たちの人生が、こうした、保険がないと対応が難しいリスクに囲まれていることの証拠ともいえるのではないでしょうか。

公的保険(社会保険)があることも忘れずに

注意

さまざまなリスクに対して、すべてを保険で対策しようとすると、保険料負担が大きくなりすぎてしまいます。
保険料負担が生活費を圧迫して、普段の生活が苦しくなるのは本末転倒です。

日本には、「国民皆保険制度」という公的保険(社会保険)が非常に充実しているという特性があることも忘れてはいけません。

読者
もし一家の大黒柱が亡くなっても、公的保険制度から遺族年金が支給されるため、必ずしもただちに生活に困るとは限らないのですね。

とはいえ、遺族年金の支給額は人によって違いがあり、以前とまったく同じ暮らしができるかといえばそうではないでしょう。

マガジン編集部
そんなときは、やはり生命保険が役立ちます。

読者
生命保険の役割は、公的保険制度では完全に保障しきれない部分を補うものだといえそうですね。

保険の必要性の考え方

以上を踏まえて、保険の必要性は次のように考えられます。

  1. まず、自身や家族にとってのリスクを考えます。
  2. そのリスクが実現してしまったら、どれだけのお金が必要になるでしょうか?
  3. そのうえで、今ある資産と、公的保険(社会保険)から受けられる保障を考えてみましょう。

チェックポイント

リスクが実現したら必要になるお金 -(今ある資産+公的保険による保障)=不足するお金

この「不足するお金」が0以下なら、生命保険は必要ありません。 そうでないなら、リスクに備えて保険を検討する余地はあるのだといえます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし


3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

生命保険に加入するメリットとデメリット

Pros, And, Cons, Good, Bad, Like, Dislike, Compare 生命保険に加入することで、どのようなメリットとデメリットがあるのか、整理しました。

生命保険のメリット

もしもに備えて保障が持てる

まずは、生命保険の本来の目的である「保障」です。すでにお伝えしたとおり、貯蓄だけでもしもに備えるのは非常に難しいですが、生命保険であれば、多額の保障をすぐに準備することができます

マガジン編集部
これが生命保険の最大のメリットだといえるでしょう。

貯蓄性がある

生命保険の中には、貯蓄性を持っているものもあります。

読者
つまり、貯蓄がわりに利用することもできるということですね。

生命保険が持つ貯蓄性とは…

  • 学資保険・個人年金保険…預金よりも高い利率でお金を貯めることが可能
  • 死亡保険…解約返戻金満期金という形で、解約・満期時にお金が戻ってくる

読者
銀行の預金は現在ほとんど利息がつかないことを考えると、利率は魅力的ですね。

  コツコツと貯蓄するのが苦手だという人にとっても、保険料の自動引き落としの形で貯蓄ができるのはメリットになるでしょう。

節税対策ができる

生命保険に加入し、保険料を払い込むと、一定の条件で、払い込んだ保険料額に応じた所得控除を受けることができます。

マガジン編集部
この仕組みを生命保険料控除といいます。
所得控除とは何ですか?
所得控除とは、所得の額を差し引くことができる、という意味です。

所得控除が節税対策につながるワケ

私たちは給与や報酬という形で得た収入から、必要経費などを差し引いたあとの利益=所得の額に応じて、所得税・住民税を課税されています。所得控除を受けると、この所得の額が少なくなるため、結果として、課される所得税・住民税の額も少なくなります。

また、人が亡くなったとき、預貯金などを遺族が相続すると、その額に応じた相続税が課されます。

このとき、生命保険金という形で受け取ったお金については、一定額までは非課税で受け取れるという決まりがあります。

読者
預貯金ではなく生命保険で残すことで、相続税についても節税対策ができるということなんですね!

相続税対策になる

相続という観点からは、相続税対策のほかにもメリットがあります。

通常、亡くなった人の財産(遺産)は、遺族ら相続人の協議で分割します。

遺言を残しておくことで分割の仕方を指示しておくこともできますが、遺言の内容と異なる分割をすることも認められています。

読者
分割協議の話し合いがうまくいかないと、相続人の間でもめごとに発展する可能性があるんですね…

生命保険に加入していた場合、保険金は受取人に指定された人が受け取りますが、この保険金については、遺産分割協議の対象にはならないと決められています。

マガジン編集部
つまり、保険を利用することで「残したい人に、確実にお金を残せる」のです。

受取人は配偶者だけでなく…

  • 法定相続人にならない親族
  • 同性パートナー など

配偶者のように確実に相続人になる人だけでなく上記のような人にお金を残したいときにも有効といえます。

(※関係性の遠い親族や同性パートナーが受取人になれるかどうかは保険会社の規定によります)

\オンライン・訪問どちらも可能/

生命保険のデメリット

保険料負担がある

当然ながら、保険に加入すると保険料を払い込まなくてはなりません。 多くの場合、月払いなど継続して払い込むことになるでしょうから、定期的な固定費が生じることになります。

読者
きちんと払い続けることができるように適切な保険料で加入しなければいけませんね。

途中解約などで元本割れの可能性がある

貯蓄性のある保険は、解約すれば、それまでに払い込んだ保険料を、解約返戻金という形で返してもらうことができます。 しかし、解約の時期によっては、今まで払い込んだ額の合計よりも少ない額しか受け取れないことがあります。 保険会社の経費などが差し引かれるためです。

マガジン編集部
これを「元本割れ」といい、預貯金のように、預けた額は必ず保証されるのとは違うのです。

読者
加入したらできるだけ途中解約は避けるほうが賢明ということですね。

インフレリスクがある

生命保険は、一部の保険を除き、契約した時点で受け取れる保険金額が決まっています。 しかし、お金の価値は時間とともに変わっていくもので、一般的には、少しずつ物の値段が上がっていくといわれています。 これをインフレといいます。

インフレとは

たとえば、今は1000円で買える商品であっても、10年後には、1500円でしか買えないということがあります。このことは、逆に言えば、今と10年後で「1000円の価値」が下がっていると考えることもできます。

マガジン編集部
そのため、今の時点で決めた保険金額が受け取る時点では今と同じだけの価値がない可能性があるのです。

まとめ

生命保険とはそもそもなんなのか、基本的なところを振り返ってみました。

読者
日本に暮らす人の8割以上が加入しているという事実に驚きました。

読者
しかし、その仕組みや役割を正しく認識できていないことに気が付きました。

お伝えしたように、生命保険とは、人の生死に関連した「もしも」や「万一」のリスクに対して、保険金が支払われることにより、経済的な準備をしてくれる金融商品です。

ポイント

  • 今ある資産額や公的保険(社会保険)の状況で、その必要性は人によって異なりますが、すべてのリスクに貯蓄だけで対応するのは難しいかもしれませんが、保険を活用することで柔軟に対策することができます。

マガジン編集部
メリットを正しく理解したうえで、自身にとっての生命保険の必要性について、ぜひ考えてみてください。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事