学資保険の返戻率を高くするポイント5つと選び方を徹底解説!

読者
学資保険の貯蓄性を測る目安として紹介されている返戻率(へんれいりつ)とは、高ければ高いほど良いのでしょうか?

読者
返戻率を高くする方法があれば知りたいです。

マガジン編集部
実は同じ保険会社の同じ商品であっても、加入の仕方によって返戻率が異なる場合があることをご存じでしょうか?

ここでは、返戻率の計算方法から、少しでも高い返戻率で加入する方法まで、学資保険の最重要ポイント「返戻率」について掘り下げていきます。

この記事の要点

  • 1.学資保険の返戻率を上げるためのポイントは5つある
  • 2.同じ保険会社の同じ商品であってもさまざまな要素の影響を受けて返戻率が変動するため仕組みを理解する必要がある
  • 3.貯蓄性を重視するならば保障機能は付加しない
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

ほけんの全部無料保険相談

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

学資保険の返戻率とは?

学資保険を選ぶとき、重要なポイントになるのが「返戻率」です。

返戻率とは?
返戻率とは、払い込む保険料に対して、受け取れる学資金の割合を指します。

マガジン編集部
返戻率が高いほど、払い込んだ保険料が増えて戻ってくることになりますから、より有利な商品といえます。

学資保険の貯蓄性を測る度合いであるため、教育資金を貯めることを第一の目的として学資保険に加入するなら、返戻率が高い商品を探すべきです。

返戻率は、次のように計算します。

返戻率の計算方法

  • 返戻率(%)=(受け取れる学資金などの総額÷払い込む保険料の総額)×100

実際に計算してみましょう。

  • 月額保険料:1万3,000円
  • 学資金総額:300万円(満期時に一括受け取り)
  • 保険期間:18歳満期
  • 加入時の子どもの年齢:0歳

以上のような条件で加入した学資保険の場合、払い込む保険料総額は、

1万3,000円×12月×18年=280万8,000円

となります。したがって、

300万円÷280万8,000円×100=約106.83…

となり、この学資保険の返戻率は「約106.83%」です。

マガジン編集部
返戻率は高いほどよく、100%を下回る場合は、払い込んだ保険料総額よりも低い金額しか受け取れない「元本割れ」の状態になっていることを意味します。

医療保障などが付いている商品では、保険料の一部が保障準備に使われるため、学資保険でも元本割れすることがあります。

学資保険の返戻率を高くする方法

読者
低金利時代のなかで低下が続く学資保険の返戻率ですが、できるだけ高い返戻率で加入する方法はないですか?

ベースとして返戻率が高い商品を選ぶことはもちろんですが、同じ商品でも加入の仕方によって返戻率は変わります

読者
少しでも高くなるよう努めることは可能ということですね。

ここからは、学資保険の返戻率を高くする方法を紹介しましょう。

できるだけ早めに加入する

学資保険の保険料は、親子ともに、年齢が若いほど安くなるため、加入時期が早いほど返戻率は高くなります。

マガジン編集部
ほとんどの商品で、出産予定日の140日前から加入することができますので、早めに検討して出生前に加入されることをおすすめします。

読者
出産直後は忙しくなるので、その意味でも早めが良さそうですね。

また、父母の年齢が違う場合は、若いほうが契約者になることでわずかながら返戻率が高くなります。

ただし、払込免除の恩恵を受けるには、一家のおもな収入源となっている人が加入すべきですので、総合的に判断してください。

実際、どの程度変わるのか、試算して比べてみましょう。

C社の学資保険について、親子の年齢だけを変えて調べてみました。

<試算条件>

  • 保険料払込期間:18年
  • 学資金:総額300万円
親子の年齢 返戻率
親:30歳
子:0歳
104.0%
親:32歳
子:2歳
103.1%

読者
加入が2年遅くなるだけで、返戻率が約1%下がってしまうんですね。

短期払いで保険料を払い終える

学資保険の保険料を支払う期間には、以下の種類があります。

学資保険の主な保険料払込期間

  • 全期払い…学資金などが支払われる時期まで払い込みが続く
  • 短期払い…早めに払い込みを終えてしまう
  • 一括払い…最初に全額を払い込んでしまう

たとえば…

18歳満期で学資金が受け取れる学資保険があったとして、

  • 保険料も18歳まで継続して払い込むのが全期払い
  • 12歳までに払い終えてしまうのが短期払い

マガジン編集部
他の条件が同じなら、返戻率は短期払いのほうが高くなります。

払い込みが終わってから、学資金支払いまでの間に据置期間が持てるので、この期間の運用成果が上乗せされるためです。

短期払いの注意点

  • 半面、短期払いにすると、一回の払込保険料額は上がります。
  • 短くすればするほど一度の負担は大きくなりますので、無理なく支払える額で設定しておくことが大事です。

最も返戻率を高められるのは、最初に全額を払い込んでしまう一括払いです。

マガジン編集部
まとまった額になってしまいますが、祖父母から贈与を受けられる場合などに検討してみてもいいでしょう。

こちらも、実際の例で見てみましょう。

先ほどと同じ試算条件(親30歳・子0歳)で、比べてみます。

保険料払込期間 返戻率
18歳まで 104.0%
10年 107.2%

読者
3.2%も返戻率が変わるとなると、この効果は非常に大きいですね。

保険料をまとめ払いする

保険料の支払い方も、以下のように選ぶことができます。

保険料の支払い方

  • 月払い…毎月支払う
  • 半年払い…半年ごとに支払う
  • 年払い…年一回支払う

当然、まとめて支払うほうが、一度の払い込み額は大きくなりますが、半年払い・年払いの金額を月あたりの額に割ってみると、半年払い・年払いのほうが割安になっています。

マガジン編集部
そのため、半年払い・年払いできる余裕があるならば、まとめて払い込んだほうが得になり、結果として返戻率も高くなります。

払込方法では返戻率はどの程度変わるでしょうか。

先ほどまでと同じ条件(払込期間は18歳まで)で比べてみます。

払込方法 返戻率
月払 104.0%
年払 104.4%

わずかな違いですが、可能であればまとめて払い込んだほうがよいことは間違いありません。

一括受け取りのシンプルなプランを選ぶ

学資保険は、学資金などの受け取り時期・回数によってさまざまなプランがあります。

学資金などの受け取り時期・回数

  • 17~18歳の大学入学の時期に満期となり、学資金を受け取って大学入学資金に備えるもの
  • 進学のタイミングで祝い金を受け取れるもの
  • 在学中にも学資金が支給されるもの
  • 卒業のタイミングで受け取れるもの

読者
それぞれの家庭によって、資金が必要になるタイミングが異なりそうですね。

マガジン編集部
しかし、何度も祝い金が受け取れるものよりも支払いが一回だけのプランのほうが返戻率は高くなります。

ですので、できるだけシンプルに、満期時に学資金を一括で受け取って終わるようなプランで契約するのが、返戻率的には良いといえます。

医療保障など不要な特約は付けない

学資保険には、子どもの医療保障や、親の死亡保障(育英年金)が含まれていたり、特約(オプション)として付けられるものもあります。

マガジン編集部
返戻率を高めたいのであれば、特約などはできるだけないものを選ぶべきです。

ポイント

  • 保障機能を持たせると、払い込んだ保険料の一部が保障準備に使われるため、返戻率は下がってしまいます。
  • 最初から保障が目的で加入するならそれでも良いのですが、教育資金を貯めるのが最大の目的という場合、貯蓄と保障は分けて考え、学資保険では貯めることに専念するのが得策でしょう。

ただし、払込免除特約については、学資保険を利用するときの大きなメリットのひとつです。

払込免除特約とは?
契約者(親)に万が一のことがあった場合、以降の保険料の支払いが免除される特約。

別に生命保険に加入していて十分な保障額があればいいのですが、そうでない場合は付加しておいたほうがいいかもしれません。

実際の例で返戻率の違いを比較

読者
ここまで紹介した方法を駆使することで、どの程度、返戻率を上げることができるのでしょうか?

実際の例として、C社の学資保険で試算し、比較してみました。

条件1 条件2
32歳・男性 30歳・男性
2歳 0歳
保険料払込期間 18歳まで 10年
払込方法 月払い 年払い
プラン内容 総額360万円、祝い金ありのプラン
18歳時に学資年金100万円
19歳・20歳・21歳・22歳時に学資年金各50万円
加えて5歳・11歳・14歳時に祝い金各20万円
総額360万円、祝い金なしのプラン
18歳時に学資年金120万円
19歳・20歳・21歳・22歳時に学資年金各60万円
返戻率 101.4% 107.6%

読者
返戻率が6.2%違うと、受け取れる額もそうとう変わりますね。

この例では受取総額は同じですので、全体で、約20万円程度、保険料を節約できたととらえることができます。

C社の商品は医療保障がないものでしたので、医療保障特約を付加できる商品の例も見てみましょう。

D社で試算しました。

<試算条件>

  • 契約者:30歳・男性
  • 被保険者:0歳
  • 保険料払込期間:18年
  • 払込方法:月払い
  • 学資金:総額300万円
医療保障の有無 返戻率
あり 88.50%
なし 94.87%

読者
医療保障の有無で6%以上差が出るんですね。

ただし、この商品はもともと医療保障がなくても返戻率が100%を割り込んでいます。

マガジン編集部
こういう場合は、貯蓄目的で加入したとしても利率が良いとは言えませんので、保障目的と割り切って加入することをおすすめします。
今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

おすすめの学資保険3選

1.フコク生命
「みらいのつばさ(5年ごと配当付学資保険)」

 

フコク生命の「みらいのつばさ」なら、細かなところまで考えた商品設計のため、お子さまの未来に合わせて充実したプランを選ぶことができます!

ここがおすすめ!

  1. ライフスタイルに合わせて受取方法や払込期間を選べます
  2. 契約者にもしものことがあった場合、以降の保険料の払い込みは不要になります
  3. 2人目の子どもからは保険料が割安になります※ 
    ※所定の条件があります。

ご契約例

入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて家計にやさしいプラン「S(ステップ)型」のご契約例になります。

ご契約例
S(ステップ)型
月払/年払 月払
契約者 30歳男性
被保険者(お子さま) 0歳
保険期間 22歳満了
保険料払込期間 17歳満了
保険料 10,170円/
払込保険料総額 2,074,680
受取額資金総額 2,100,000円
満期保険金 1,000,000円
返戻率*¹ 101.2

*¹返戻率は「受取総額÷保険料総額×100」で計算しており、契約者、被保険者(お子さま)の契約日における年齢、契約者の性別、保険料払い込み方法によって異なります

 

受取りタイミングのイメージ

お子さまの成長にはなにかと細かい出費が必要となります。

入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて、払込期間が17歳なので毎回の保険料の負担が少なく家計に優しいというのが「S(ステップ)型の払込期間17歳」が選ばれている理由です。

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

(登)D-2020-33(2021.3.16)

2.三井住友海上あいおい生命
「&LIFE こども保険
(5年ごと利差配当付こども保険)」

 

三井住友海上あいおい生命の「&LIFE こども保険」なら、お子さまの教育資金に加えて医療保障まで備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. 進学の時期に合わせてお祝金を受け取れます
  2. 契約者が万一のときには、養育年金を受け取れます
  3. 子どもの病気やケガにしっかり備えられます

ご契約例

契約者が万一(死亡・高度障害)のときに養育年金*¹のお支払いがあるプラン「Ⅰ型」のご契約例になります。
*¹満期になるまでの間、子どもに毎月支払われる年金

ご契約例
Ⅰ型
月払/年払 月払
契約者 30歳男性
被保険者(お子さま) 0歳
保険期間 22歳満了
保険料払込期間 18歳満了
保険料払込方法 口座振替扱
保険料 12,235円/月
払込保険料総額 2,642,760
受取祝金総額 1,800,000円
基本保険金額 1,000,000円
こども医療特約 入院給付金日額5,000円
養育年金 基本保険金額の60%
返戻率 68.1

※返戻率=受取祝金総額÷払込保険料総額×100

受取りタイミングのイメージ

 

※お子さまが保険期間中に亡くなられたときは、ご契約の経過期間に応じて10 .53万円~200万円の死亡給付金をお支払いします。
注1 支払限度日数は1回の入院につき180日、保険期間を通じて1,095日です。
注2 支払限度日数は同一の不慮の事故につき90日、保険期間を通じて1,095日です。

教育資金から医療保障までしっかり備えることができ、お子さまの成長に合わせた資金準備と万一の備えに役立つというのが「&LIFE こども保険」が選ばれている理由です!

2021 - H – 0053 ( 2021/04/14 - 2023/04/30 )

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

3.東京海上日動あんしん生命
「5年ごと利差配当付こども保険」

東京海上日動あんしん生命の「5年ごと利差配当付こども保険」は、祝金と養育年金で教育資金準備ができます!

ここがおすすめ!

  1. 契約者が死亡・高度障害となった場合に備えることができます
  2. 子どもの死亡保障を一定期間確保できます
  3. 子どもの出生前でも加入ができます

ご契約例

ご契約例のご紹介になります。

ご契約例
-
月払/年払 月払
契約者 30歳男性
被保険者(お子さま) 0歳
保険期間 22歳満了
保険料払込期間 18歳満了
保険料 10,856円/月払
払込保険料総額 2,344,896
受取額資金総額 2,000,000円
基準祝金額 1,000,000円
災害死亡保険金 基準祝金額の200%相当額
養育年金 基準祝金額の50%相当額
返戻率 85.2

受取りタイミングのイメージ

※5年ごと積立配当金は運用実績によって増減し、お支払いできないこともあります。

お子さまの出生予定日が140日以内であれば、出生前加入特則を付加することでご契約できますので、早めにお子さまの教育資金準備に備えたいといった方に「5年ごと利差配当付こども保険」は選ばれています!

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
2105-KL08-H0040

学資保険の返戻率の推移

現在、学資保険の返戻率は高いもので110%程度というのが主流です。

マガジン編集部
実は、この返戻率の相場は、近年、低下してきています

返戻率は、保険会社が、受け取った保険料をどの程度うまく運用できるかにかかっています。

とはいえ、保険会社は支払う学資金を約束していますから、リスクの高い投資はできません。

おもに債券投資を中心とした安全な運用を行っています。

そのため、金利の影響を受け、低金利が続くなかで、利率は下がってしまっているのです。

マガジン編集部
これは学資保険に限らず、保険全般にいえることです。

保険会社は、「現在の金利水準なら、このくらいの利率で運用できるはずだ」という予定を立てており、これを「予定利率」といいます。

保険の利率のもとになる「標準利率」とその推移

予定利率は各保険会社が独自に定めるものですが、これは金融庁が決める「標準利率」をもとにしており、そのため、各社ほぼ同じ水準になるのが普通です。

標準利率は国債の利回りなどから決められるもので、日本の経済状況を反映した数値とも言えるでしょう。

標準利率の推移を見てみましょう。

標準利率の推移
‘93年4月~’94年3月 4.75%
‘94年4月~’96年3月 3.75%
‘96年4月~’99年3月 2.75%
‘99年4月~’01年3月 2.00%
‘01年4月~’13年3月 1.50%
‘13年4月~’17年3月 1.00%
‘17年4月~ 0.25%

1993年には5%近くあった標準利率はその後低下の一途をたどり、2017年に1.0%から0.25%への大幅な引き下げがありました。

マガジン編集部
これを受けて保険会社各社の予定利率も軒並み下がることになり、学資保険などの貯蓄型保険の利率も低下せざるをえませんでした。

学資保険の返戻率推移をチェック

実際に、学資保険の返戻率で見てみましょう。

代表的な保険会社A社とB社の学資保険商品の返戻率を、10年にわたって調べてみました。

<試算条件>

  • 契約者:30歳・男性
  • 被保険者:0歳
  • 保険料払込期間:18年
  • 学資金:総額300万円(B社平成28年度以降は100万円)
契約年度 A社の返戻率 B社の返戻率
平成23年度 112.73% 111.83%
平成24年度 112.73% 111.83%
平成25年度 106.59% 109.19%
平成26年度 106.59% 109.19%
平成27年度 106.59% 109.19%
平成28年度 106.59% 106.92%
平成29年度 96.25% 106.92%
平成30年度 96.25% 101.97%
令和元年度 96.25% 101.97%
令和2年度 96.25% 100.86%

推移の率は異なりますが、いずれも低下していることは明らかです。

読者
A社については平成29年度の改定で100%を割り込んでいますね。
学資保険加入後に返戻率が変動した場合はどうなるのでしょうか?
商品改定があって返戻率が変わったときも、すでに契約したものについては変わらないため、契約時に約束された利率で学資金を受け取ることができます。

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

ほけんの全部無料保険相談

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数35社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:35社 
(生命保険:22社 損害保険:10社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

2.マネードクター

おすすめの無料保険相談所2つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!
読者
保険相談窓口として非常に有名な会社ですね!
読者
保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるなんて頼りになりますね。
取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

3.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度
読者
相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができそうですね。
※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

ほけんの全部無料保険相談

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

まとめ

学資保険の返戻率についてまとめました。

学資保険の貯蓄性を測る目安として用いられるのが、受け取り総額を払い込み総額で割って求める返戻率です。

高いほど貯蓄性が高く、有利な商品と言えますが、近年は低金利の状況を反映して返戻率は低下が続いています。

しかし、返戻率は加入者の年齢や、学資金の受け取り方などさまざまな要素の影響を受けるため、同じ商品でも加入の仕方によって開きがあります。

そこで、返戻率が低くなっている今こそ、少しでも返戻率が高くなるような加入の仕方をすることが必要です。

返戻率の仕組みを理解して、有利な加入方法を検討してください。

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事