【最新】個人年金保険おすすめ人気ランキング|徹底比較!

個人年金保険は、ネット保険会社も含めてたくさんの保険会社が販売している生命保険商品です。

読者
個人年金保険にはどのような商品が人気があるのか知りたいです。

読者
おすすめの個人年金保険があれば教えて欲しいです。
ここでは、そのような悩みを解決します。

マガジン編集部
本記事では、おすすめの個人年金保険を紹介した上で、個人年金保険の概要やメリット・デメリット、年代ごとの必要性について解説していきます。

この記事の要点

  • 1.個人年金保険とは、保険料を支払うことで、一定期間もしくは一生涯に渡って保険金として年金を受け取れる貯蓄型の生命保険のこと。
  • 2.個人年金保険のメリットは「老後資金を着実に備えられる」「個人年金保険料控除の適用がある」「保険料の支払い方法によって受取率が上がる」など、デメリットは「インフレに弱い」「途中解約で元本割れする恐れがある」「受け取った保険金は課税対象になる」など。
  • 3.20代、30代の個人年金保険の必要性はあまり高くないが、40代、50代は高くなる。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

おすすめの個人年金保険(販売件数第1位※)

※ほけんのぜんぶ 契約件数調べ 2021年1~3月

【引受保険会社】
マニュライフ生命保険株式会社
「無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)

マニュライフ生命の「こだわり個人年金(外貨建)」なら、今からはじめてコツコツ老後資金づくりができます!

ここがおすすめ!

  1.  積立金は外貨(米ドルまたは豪ドル)で運用するから、海外の金利を活用した運用成果が期待できます!
  2. 月々一定額の「円」での払い込みにより、為替変動リスクにも対応が可能です!

  3. 毎月一定額を払い込む月払なら、月1万円からコツコツ始められます!

積立利率が年1.9%(2021年5月契約時の積立利率)の場合のシミュレーション

積立利率が年1.9%で一定に推移したと仮定した場合のシミュレーション
保険料払込方法 ※払込方法は月払のみとなります。 月払
契約者・被保険者(年齢・性別) 40歳男性
保険料払込期間 25年間
年金支払開始年齢 65歳
毎月の円での払込金額 10,000円/月
運用通貨 米ドル
払込保険料総額 3,000,000円
積立金額(保険料払込満了後)

31,004米ドル

(積立金を円に換算した金額3,390,287円*1)

積立金(円換算額)の返戻率*2 113%

*1適用為替レート:1米ドル=109.35円で変動しないと仮定した場合です。
*2返戻率は積立金額を円に換算した金額を払込保険料総額で除したものです。小数第3位を切り捨てて表示しています。
※上記シミュレーションは、保険料円払込額を契約通貨に換算する際の為替レートや保険料払込期間中に適用される積立利率が、一定に推移したと仮定し、保険料円払込額の減額、払込停止、解約などがなかったと仮定したものです。
また、将来の運用成果と同様の推移や数値を保証・予測・示唆するものではありません。
※積立金額は、契約当初、払込保険料から保険関係費が大きく控除され、積み立てられます。したがって、契約当初、積立金額は払込保険料累計額に対して減少しています。詳しくは「設計書」でご確認ください。
※積立利率は、この保険の実質的な利回りではありません。

「ご確認いただきたいリスクについて/この保険にかかる費用について」は、こちらをご覧ください。

5分でわかる「こだわり個人年金(外貨建)」

「こだわり個人年金(外貨建)」がどのようなライフシーンで役に立つのかを、商品のポイントとともに、わかりやすく解説されている動画です。

この動画はこんな方におすすめ
  • 「将来やりたいことがある、かなえたい夢がある!」
  • 「将来が不安・・・いまから備えをはじめたいけど、何をしたらいいの?」

こだわり個人年金(外貨建)」は、将来を楽しみたい、そんなあなたの夢をかなえるための「備え」を、年金として準備できるのが魅力です。

募集代理店の担当者(生命保険募集人)は、お客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
【募集代理店】株式会社ほけんのぜんぶ
MLJ(営教)21050259

 

個人年金保険とは?やさしく解説します

そもそも個人年金保険とは?
個人年金保険とは、保険料を支払うことで、一定期間もしくは一生涯に渡って保険金として年金を受け取れる貯蓄型の生命保険のことです。

個人年金保険に加入する目的は人それぞれですが、主な目的は次の2点になります。

 個人年金保険の目的

  • 公的年金制度でまかないきれない老後資金に備えるため
  • 退職から公的年金の受給までの空白期間を埋めるため

マガジン編集部
つまり個人年金保険は、公的年金制度を補完するための、私的年金のひとつなのです。

その他の私的年金

私的年金には、個人年金保険の他にも次のようなものがあります。

 私的年金

  • 確定拠出年金(iDeCo):自分で一定の資金を金融商品に投資することで作る年金制度のこと。
  • 国民年金基金:国民年金に上乗せして掛金を支払うことで、受け取れる年金額を増やせる制度のこと。
  • 小規模企業共済:小規模企業の経営者や役員のための退職金制度のこと。

それぞれの制度には、加入できる人とできない人がいます。

読者
それぞれの制度を理解し、有効活用できたらいいですね。

個人年金保険の種類

個人年金保険には、次のような種類があります。

 個人年金保険の種類

  • 確定年金
  • 有期年金
  • 終身年金

それぞれの特徴、概要について解説します。

確定年金

確定年金とは?
確定年金とは、10年や20年といった契約時にあらかじめ決められた期間に、保険金を受け取れる年金のことです。
そのため、一定期間をすぎると年金の支払いが終了します。

 確定年金の特徴

  • 確定年金のポイントは、決められた期間中であれば、保険金の受取人が亡くなっていたとしても遺族が年金を受け取れることです。
  • 必ず支給されるため、保険料の支払い損になるようなことはありません。

読者
確実に保険金を受け取れる年金だから、確定年金なのですね!

マガジン編集部
また、他の種類の年金にも当てはまることですが、年金の支給前に受取人が亡くなった場合は、それまで支払った保険料が死亡給付金として返還されます。

有期年金

有期年金とは?
有期年金とは、確定年金と同じく10年や20年といった期間中に年金を受け取れますが、確定年金とは異なり保険金受取人が亡くなっている場合は、年金の支給がありません
保険金受取人が保険金の給付期間中に亡くなれば、そこで支給は終了します。

読者
それなら、保険金受取人が死亡しても遺族が年金を受け取れる確定年金の方がお得ではないでしょうか?

マガジン編集部
確かにそうともいえますが、その分有期年金の方が保険料が安くなっています。

終身年金

終身年金とは?
終身年金とは、保険金受取人が生存している限り、一生涯にわたり保険金を受け取れる年金となります。

読者
一生涯、年金を受け取れるのは安心感がありますね。

マガジン編集部
そうですね。ただし、終身年金には次のような注意点があります。

 終身年金の注意点

  • 保険料が割高。
  • 一定期間、年金を受け取らなければ、受け取った保険金よりも支払った保険料の方が多くなり、元が取れない恐れがある。

終身年金は、保険金受取人が亡くなるまでの年金の支給であるため、早期に受取人が亡くなってしまうと、保険金額が少なくなるのです。

個人年金保険のメリットとデメリット

マガジン編集部
個人年金保険は、老後資金を個人で備えるのに有効な手段といえます。

そこでここでは、個人年金保険の具体的なメリットを紹介します。

併せて、メリットの裏にあるデメリットも見ていきましょう。

メリット

個人年金保険の主なメリットには、次の3点があります。

 個人年金保険のメリット

  • 老後資金を着実に備えられる。
  • 個人年金保険料控除の適用がある。
  • 保険料の支払い方法によって受取率が上がる。

老後資金を着実に備えられる

個人年金保険を活用することで、将来の老後資金を着実に備えられるでしょう。

読者
でもそれは、個人的に貯蓄するのでも同じではないでしょうか?

マガジン編集部
確かに自助努力的な貯蓄によって老後資金を蓄えられるでしょう。とはいえ、老後資金が必要になるまでの数十年間、継続的に老後資金に備えられる方はどれくらいいるでしょう?
個人の貯蓄だけで、老後資金を備えるには強い目的意識根気が必要になるのは間違いありません。
ただ、そこで個人年金保険を活用すれば、より老後資金を蓄えやすくなるでしょう。
それは、個人年金保険が次のような仕組みを持っているからです。

 個人年金保険の仕組み

  • 個人年金保険は、口座引き落としかカード決済によって保険料を支払うため、自然と資金が積み立てられていきます。
  • また保険会社によって運用されているので、低金利下の通常の年金よりも高い利回りが期待できます。

個人年金保険は、以上のような仕組みによって老後資金を着実に貯めやすいのです。

個人年金保険料控除の適用がある

個人年金保険は、個人年金保険料控除の適用があります。

個人年金保険料控除とは?
個人年金保険料控除とは、生命保険料控除制度のひとつで、個人年金保険のために支払った年間保険料を、その年の所得額から差し引くことで所得税住民税を軽減させる制度のことです。
個人年金保険で控除できる控除額は、次のようになります。
個人年金保険料控除の控除額
年間の払込保険料 所得控除額
20,000円以下 払込保険料全額
20,000円超 40,000円以下 (払込保険料×1/2)+10,000円
40,000円超 80,000円以下 (払込保険料×1/4)+20,000円
80,000円超 一律40,000円

最大で所得から4万を差し引くことができ、所得額によっては数千円の節税が期待できます。

マガジン編集部
ただし、個人年金保険料控除を利用するには、次の条件があることに注意してください。

個人年金保険料控除の条件

  • 加入しているのが個人年金保険税制適格特約がつけられる保険であること
  • 年金の受取人が保険の契約者、またはその配偶者であること
  • 年金の受取人が被保険者と同じであること
  • 保険料の払込期間が10年以上であること
  • 年金の支払い開始日が60歳以降で、10年以上の定期または終身年金であること

保険料の支払い方法によって受取率が上がる

マガジン編集部
個人年金保険は、支払い方法によって保険金の受取率が上がります。
受取率とは、支払った総額保険料に対する受け取った総額保険金のことです。
というのも、保険料を先にまとめて支払うほど、少ない保険料で済むのです。
個人年金保険の支払い方法は、次のようになります。

個人年金保険の保険料の支払い方法

  • 月払い
  • 半年払い
  • 年払い
  • 一括払い

この中でも、最も少ない保険料でいいのが一括払いです。

保険会社は加入者の保険料から利益を得ているので、利益確保は早ければ早いほど保険会社にとって都合がよくなります。

読者
だから、まとまった保険料を先に支払う方が、少ない保険料で済むのですね。

マガジン編集部
支払い方法やどのような商品が自分に適切かを知りたい場合は、一人で考えず無料の保険相談所を利用することをおすすめします。

デメリット

一方の個人年金保険のデメリットは、次のようになります。

 個人年金保険のデメリット

  • インフレに弱い
  • 途中解約で元本割れする恐れがある
  • 受け取った保険金は課税対象になる

インフレに弱い

個人年金保険はインフレに弱いです。

マガジン編集部
それは、受け取れる年金額があらかじめ決められているからです。
そもそもインフレとは?
インフレとはモノ・サービスの値段が上がってお金の価値が下がることです。

注意点

  • つまりインフレが進んでいるのに、保険金額が変わらなければ、同じ額を受け取っても少ない価値しか受け取れないということになります。
  • さらに現在は、日本政府と日本銀行によってインフレを進行させる政策が取られているため、今後インフレが進む可能性が大きいです。

途中解約で元本割れする恐れがある

個人年金保険は、貯蓄性の高い商品ですが、基本的に途中解約すると支払った保険料よりも受け取れる解約返戻金が少なく元本割れする恐れがあります。

解約返戻金とは?
解約返戻金とは、保険を解約したときに保険会社によって積み立てられた保険料の一部もしくはすべて返還されたお金のことになります。
ただし個人年金保険の保険料には、その保険を運用するために必要な経費が含まれているため、すべてが積み立てられるわけではありません。

マガジン編集部
そのため、個人年金保険を途中解約すると、元本割れする恐れがあるのです。
また特に契約から、早期に解約するほど、解約返戻金が少ない傾向にあるので注意しましょう。

受け取った保険金は課税対象となる

実は、年金として受け取った保険金は、課税対象になります。

課税対象となる税金の種類は、次のようにケースごとに異なります。

 個人年金保険の保険金が課税されるケースと税金の種類

  • 契約者と保険金の受取人が同じ場合:所得税
  • 契約者と保険金の受取人が異なる場合:贈与税

贈与税には110万円の基礎控除がありますが、所得税よりも税率が高くなりやすいので、保険金の受取人は、契約者と同じにすることをおすすめします。

老後資金はいくら準備しておく必要があるか知っておこう

老後資金を準備すると決めたら、「老後に必要なお金はいくらか」を知ることからスタートしましょう。

総務省の「家計調査報告(2020年)」には、65歳以上の夫婦のみの世帯と単身世帯それぞれの、毎月の生活費にかかる平均額が公表されています。

夫婦ふたりの生活費は月額約22.4万円

65歳以上の夫婦ふたり世帯の1か月の生活費は平均224,390円で、各支出項目の詳細は以下のような結果となっています。

支出項目

支出額

食料

65,804

住居

14,518

光熱・水道

19,845

家具・家事用品

10,258

被覆及び履物

4,699

保健医療

16,057

交通・通信

26,795

教育

4

教養娯楽

19,658

その他支出

46,752

合計

224,390

毎月の生活の中で大きな割合を占めるのは「食料費」で、平均して毎月約6.5万円かかっていることがわかります。

また、住居費の平均額は約1.5万円ですが、持ち家か賃貸かによって金額に差が出てくるうえ、さらに居住エリアが都市部か地方かによっても金額が大きく異なります。

マガジン編集部
あくまでもひとつのめやすとして捉えておきましょう。

老後に必要な金額は20年間で5,376万円

老後の生活費として、1か月に約22.4万円必要なことがわかりましたが、厚生労働省の「令和元年簡易生命表の概況」によると、男性の平均寿命は81.41女性の平均寿命は87.45となっています。

読者
65歳から85歳までの20年間に、生活費がいくらかかるのか知りたいです。

夫婦ふたりで1か月に必要な生活費は22.4万円なので、

1年間では、22.4万円×12か月=268.8万円、

20年間では、268.8万円×20年=5,376万円 と計算できます。

マガジン編集部
つまり、65歳から85歳まで夫婦ふたりで生活する場合、5,376万円の生活費が必要になることがわかります。

ひとり暮らしの生活費は月額約13.3万円

では次に、65歳以上ひとり世帯の1か月の平均生活費を確認していきましょう。

総務省の同調査によると、ひとり暮らしの場合の平均生活費は133,146円で、支出項目ごとの詳しい金額は以下の通りです。

支出項目

支出額

食料

36,581

住居

12,392

光熱・水道

12,957

家具・家事用品

5,328

被覆及び履物

3,181

保健医療

8,246

交通・通信

12,002

教育

0

教養娯楽

12,910

その他支出

29,549

合計

133,146

食料費はふたり世帯のおよそ半分ですが、住居費や光熱・水道費は、ひとり暮らしであっても家賃や維持費、基本料金などがかかるため、単純に半額にはならないようです。 

老後に必要な生活費は20年間で約3,990万円

では、65歳から85歳までの20年間に必要な生活費はどのくらいなのかを計算していきます。

1年の平均生活費は、13.3万円×12か月=159.6万円なので、

20年の平均生活費は、159.6万円×20年=3,192万円と計算できます。

マガジン編集部
つまり、65歳から85歳までの20年間ひとり暮らしをする場合の生活費は、平均3,192万円かかることがわかります。

年代別の個人年金保険の必要性

では最後に、年代別に個人年金保険への加入の必要性について紹介します。

紹介する年代は、次の4つです。

ポイント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代

順番に見ていきましょう。

20代

20代で個人年金保険に加入する必要性は、全世代のなかでも低いです。

マガジン編集部
というのも、20代は老後までまだ時間があり、他の資金を蓄える手段があるからです。
その手段とは、例えば次のようなものです。

 個人年金保険以外の老後の資金の準備方法

  • 銀行預金
  • 資産運用(NISA・つみたてNISA)
  • 国民年金基金
  • 財形年金貯蓄
  • 企業年金
  • 小規模企業共済
  • 退職金
  • 確定拠出年金

このような資金の準備方法とながら併せながら、より安定的に準備したい方は個人年金保険の活用を検討しましょう。

また、20代でも個人年金保険に加入するメリットとして、老後まで時間があるため月々の保険料が少なく済むことが挙げられます。

30代

30代は、20代よりも個人年金保険の加入の必要性が高いです。

とはいえ、やはり老後まで一定の時間的ゆとりがあるため、急いで加入しなければならないわけではありません。

マガジン編集部
20代の項目で紹介した老後資金の準備方法を活用しながら、個人年金保険の加入を検討しましょう。

40代

40代の方は、個人年金保険に加入するのがいいでしょう。

老後まで約20年ほどで、一定の保険料を支払うことで、十分な年金額を準備できるしょう。

また、資金に余裕があれば、個人年金保険以外の準備方法も併せて活用し、より早くより多くの老後資金を蓄えることもできるでしょう。

50代

50代の方は、まだ個人年金保険に加入していないなら、なるべく早く加入することを検討しましょう。

特に老後資金を満足に準備できていない人は、なおさらです。

注意点

  • 50代で資産運用をするには、資金が減ってしまうリスクが高くなります。
  • 特に短期間で資産を増やすとなると、どうしてもリスクの高い運用になってしまうでしょう。

マガジン編集部
そのため、満足のいく資金を準備できていない方は、個人年金保険の活用をおすすめします。

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度
読者
相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができそうですね。
※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!
読者
保険相談窓口として非常に有名な会社ですね!
読者
保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるなんて頼りになりますね。
取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

まとめ

個人年金保険には、いろいろな種類があり、その特性はさまざまです。

そのため、特徴をよく理解した上で、加入するようにしましょう。

マガジン編集部
どのような方法で老後資金の準備をするのが自分に合っているのか悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事