保険料が戻ってくる医療保険は本当にお得?注意点と徹底検証!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

医療保険に加入していても、手術などの費用を使わずに過ごし、保険を途中で解約するとお金が戻ってくることがあります。

しかしあまり保険に詳しくない人からすれば医療保険の保障内容や仕組みがわからなくて、加入に踏み切れない人もいるでしょう。

保険料が戻ってくるということは、通常の医療保険よりもお得なのか、メリットデメリットはあるのか気になるところです。

マガジン編集部
本記事では、保険料が戻ってくる医療保険の基礎知識注意点保険料シミュレーションなどについて解説していきます。

この記事の要点

  • 1.保険料が戻ってくる医療保険とは、あらかじめ決められた年齢までに給付金を受け取らなかったり、受け取ったとしても支払った保険料よりも少なかったりする場合に、それまでに支払った保険料の全部または受け取った給付金を差し引いた額が返還される医療保険のこと。
  • 2.保険料が戻ってくる医療保険の注意点は「通常の医療保険よりも保険料が割高」「約返戻金があるタイプの場合、早期解約すると総支払保険料よりも少ない解約返戻金となる恐れがある」「総支払保険料よりも総受取保険金の方が多ければ健康還付金は受け取れない」ことなど。
  • 3.そもそも医療保険とは保険の対象者(被保険者)が、病気・ケガをして入院や手術などの医療費がかかったときに、一定の給付金が受け取れる保険のこと。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

保険料が戻ってくる医療保険とは

保険料が戻ってくる医療保険とは

保険料が戻ってくる医療保険とは?
保険料が戻ってくる医療保険とは、あらかじめ決められた年齢までに給付金を受け取らなかったり、受け取ったとしても支払った保険料よりも少なかったりする場合に、それまでに支払った保険料の全部または受け取った給付金を差し引いた額が返還される医療保険のことです。

マガジン編集部
返還される給付金は、保険会社によって「健康還付金」や「リターンボーナス」などと呼ばれています。ここでは健康還付金と表現することにします。
健康還付金は、あらかじめ契約時に決めた年齢を迎えると受け取れます。
ただし次の表のイメージのように、加入年齢によって、受け取れる年齢には制限があるのが一般的です。
保険料が戻ってくる保険の加入年齢における健康還付金を受け取れる時期
加入年齢 20〜45歳 46〜55歳 56〜65歳 66〜75歳 76〜80歳
健康還付金給付年齢 65歳 70歳 75歳 80歳 85歳
※上記の表は理解を促すためのイメージであり、特定の医療保険を示すものではありません。
上記の表から、例えば20歳のときに保険料が戻ってくる医療保険に加入して、それまでに一度も給付金を受け取らなければ、所定の年齢までに支払った保険料がすべて返還されるのです。

給付金を受け取らなかった場合

  • 総支払保険料=健康還付金
そして万が一、給付金を受け取ったとしても、支払った保険料よりも受け取った給付金が少なければ、保険料から受け取った給付金を差し引いた額が健康還付金となるのです。

給付金を受け取った場合

  • 総支払保険料−総受取保険金=健康還付金
他にも保険料の戻ってくる医療保険には、健康還付金とは別に、定期的に健康状態を保っている人に向けて、一定の健康祝金を受け取れるものもありますよ。
例えば「5年に一度、給付金を受け取っていなかったら3万円の給付」といったイメージです。その場合は通常、総支払保険料からそれまでに受け取った健康祝金を差し引いたものが健康還付金になります。

健康祝金を受け取る場合

  • 総支払保険料−総受取保険金−健康祝金累計額=健康還付金

\保険加入を検討するなら/

保険料が戻ってくる医療保険は終身保険が一般的

保険料が戻ってくる医療保険は終身医療保険であるのが一般的です。
終身医療保険とは?
終身医療保険とは、被保険者が亡くなるまで、一生涯保障される医療保険です。

マガジン編集部
終身医療保険の特徴は、次のようになります。

 終身医療保険の特徴

  • 保険期間が一生涯継続する
  • 貯蓄性があり解約すると解約返戻金を受け取れる(貯蓄型の場合)
  • 保険料が定期医療保険よりも割高
  • 更新がなく、それに応じる保険料の値上がりもない

読者
では健康還付金を受け取った後の保障も継続するということでしょうか?

マガジン編集部
はい、保険料が戻ってくる医療保険では、決められた年齢を迎えて、健康還付金を受け取ったとしても、保障は一生涯続きます。
そして解約返戻金がある商品は、それまでに支払った保険料に応じて一定のお金が返還されます。(健康還付金とは別です)
解約返戻金とは?
解約返戻金とは、それまでに支払った保険料に応じて、保険を解約するときに返還されるお金のことです。
ちなみに終身医療保険と対になるのが、定期医療保険です。
定期医療保険とは?
定期保険とは、「10年」「20年」や「60歳まで」「65歳まで」というように、保険期間が決まっている医療保険のことです。

マガジン編集部
つまり保険期間とは、「契約した定期保険で保障が適用されるまで」ともいえますね。

 定期医療保険の特徴

  • 保険期間があらかじめ定められている
  • 貯蓄性がなく解約返戻金や満期保険金がない、もしくは少ない
  • 保険料が割安
  • 更新型と全期型の2種類がある
定期医療保険の「更新型」と「全期型」は、それぞれ次のような特徴があります。

ポイント

  • 更新型:一定期間経過後に、保険契約が更新され(自動で行われるのが一般的)、その年齢に応じて保険料も値上がりしていく形式の定期保険
  • 全期型:保険期間が終わるまで、更新がない定期保険

\保険加入を検討するなら/

保険料が戻ってくる医療保険の3つのデメリットと注意点

保険料が戻ってくる医療保険の注意点

保険料が戻ってくるのは魅力的ですが、保険料が戻ってくる医療保険には、次のような注意点もあります。

 保険料が戻ってくる医療保険のデメリットと注意点

  • 通常の医療保険よりも保険料が割高
  • 早期解約すると総支払保険料よりも少ない解約返戻金となる恐れがある
  • 総支払保険料よりも総受取保険金の方が多ければ健康還付金は受け取れない

通常の医療保険よりも保険料が割高

保険料が戻ってくる医療保険は、通常の医療保険よりも保険料が割高です。

なぜなら、保険会社は保険料の運用によって利益を得て、その得た保険料を新たな事業への資金にしたり、株式や不動産などへ投資したりして会社の事業を拡大するためです。

マガジン編集部
よく考えれば、受け取った保険料をそのまま返還していては、保険会社は利益を得られないどころか、経費がかかって損をしてしまいます。
そこで、多くの保険料を受け取って、多くの資金で運用することで、経費と利益を捻出しているのです。

以上により保険料が戻ってくる医療保険は、通常の医療保険よりも保険料が割高になります。

早期解約すると総支払保険料よりも少ない解約返戻金となる恐れがある

保険料が戻ってくる医療保険は、解約すると一定の解約返戻金が戻ってくる商品があります。

しかし、注意が必要なのは、解約時期によっては、総支払保険料よりも少ない解約返戻金しか返ってこない恐れがあることです。

マガジン編集部
そのため、どうしても解約する必要があるとき以外は、健康還付金を受け取れる時期まで保険契約を維持しておくのがおすすめです。

総支払保険料よりも総受取保険金の方が多ければ健康還付金は受け取れない

保険料が戻ってくる保険のここまでの解説からもわかる通り、保険料よりも多くの給付金を受け取ったときは、健康還付金がなくなります。

マガジン編集部
そのため、いざ健康還付金を受け取る時期になって、健康還付金を受け取れなかったら、給付金が多かったという可能性があります

保険料が戻ってくる医療保険のメリット

保険料が戻ってくる医療保険のメリット

保険料が戻ってくる医療保険を検討している方の中には「加入するメリットはあるのかな」と心配な方もいらっしゃるでしょう。

そこで以下では保険料が戻ってくる医療保険のメリットを3点解説していきます。加入を検討している方は確認してみてください。

保険料が戻ってくる医療保険3つのメリット

  • 払っていた保険料の一部が返ってくる
  • 健康維持のモチベーションになる
  • 掛け捨てではなくなる

払っていた保険料の一部が返ってくる

保険料が戻ってくる医療保険に加入すると支払っていた保険料の一部が返ってきます。そのため契約者は戻ってきた保険金で贅沢な食事を食べられたり、旅行の資金にできたりするのです。

読者
保険料が戻ってくることはどうやったらわかるのですか?

マガジン編集部
取扱保険会社によって表現はさまざまです。「健康祝金」や「生存給付金」などの名称で取り扱われているので確認してみましょう。

健康維持のモチベーションになる

保険料が返ってくる保険に加入すると、健康維持のモチベーションになります。なぜなら保険料が返還される条件が「一定期間生存していること」や「支払い事由に該当していないこと」だからです。

POINT
保険料が戻ってくる条件は保険会社によって異なります。ご自身が納得する条件の保険を探すことが大切です。
また、戻ってくる金額や支払われるまでの年数も異なります。健康維持のモチベーションが高まる内容を探してみてください。

掛け捨てではなくなる

保険料が戻ってくる医療保険に加入すると掛け捨てではなくなります。そのため、加入した段階で何らかの形でお金を受け取れるようになるのです。

読者
では、保険料が戻ってくる医療保険は貯蓄性があるということですか?

マガジン編集部
いいえ。基本的に支払った保険料の一部が返ってくるため、元本以上の祝金は期待できません。そのため、貯蓄性があるとは言い切れないため注意が必要です。

保険料が戻ってくる保険に加入すれば病気にならなくてもお金を受け取れるようになります。しかし、あくまでも支払った保険料の一部が返ってくるということを抑えておきましょう。

\保険加入を検討するなら/

保険料が戻ってくる医療保険は本当にお得?徹底検証!

保険料が戻ってくる医療保険は本当にお得?徹底検証!

では通常の医療保険と、保険料が戻ってくる医療保険では、どちらがお得なのかを検証します。それぞれ、次のような条件で検証してみましょう。

 検証例①

  • 加入者:30代・男性
  • 加入保険:終身医療保険
  • 保険料:毎月3000円
  • 加入期間:80歳まで加入

その場合、支払う保険料は、次のようになります。

検証例①の総支払保険料

  • 3000円×12ヶ月×50年=180万円

一方の保険料が戻ってくる医療保険の例をみていきましょう。

検証例②

  • 加入者:30代・男性
  • 加入保険:終身医療保険(健康還付金付き)
  • 保険料:毎月4000円
  • 加入期間:80歳まで加入
  • 健康還付金給付年齢:60歳

この場合の保険料は、次のようになります。

検証例の総支払保険料

  • 4000円×12ヶ月×50年-4000×12ヶ月×30年=96万円

保険料が割高になったとしても、保険料が抑えられることがわかったと思います。

マガジン編集部
こちらはあくまでも例なので、実際の商品で比べてみてください!

保険料が戻ってくる保険がおすすめな人がこんな人!

「保険料が戻ってくる保険の仕組みはわかったけれども、自分に必要なのかわからない」という方もいらっしゃいますよね。そこで以下では保険料が戻ってくる保険が必要な人の特徴をあげていきます。

現在加入を検討している方は参考にしてみてください。

保険料が戻ってくる保険がおすすめな人

  • 支払事由に該当しなかった時に保険料が戻ってきてほしい人
  • 掛け捨ての保険より保険料が高くなっても問題ない人

支払事由に該当しなかった時に保険料が戻ってきてほしい人

「保険に加入して何もなかった時には保険料が戻ってきてほしい」と考えている方はこちらの保険に加入することをおすすめします。なぜなら保険料の一部が健康還付金などで戻ってくるからです。

具体的には終身型の医療保険に加入し、5年間健康でいた時には保険料の一部が返還されるなどのケースが考えられます。保険会社によっては定期型の保険でも健康還付金を採用している会社もあります。

マガジン編集部
健康還付金を採用している会社は複数あるため、比較しながら検討してみてください。

掛け捨ての保険より保険料が高くなっても問題ない人

掛け捨ての保険より保険料が高くなっても問題ない方は加入をおすすめします。掛け捨てより保険料が高くなる理由は「機能が単一ではなくなっている」ことが考えられるでしょう。

例えば医療保険の場合、支払事由は「病気や怪我で入院した時」が一般的な支払事由になります。しかし、健康還付金などが追加されている保険ではそれ以上に機能が追加されているため、保険料が高くなっているのです。

POINT
生命保険会社は「収支相等の原則」に基づいて収益と支出が等しくなるように保険料を決定しています。保障機能を手厚くするとそれだけ保険の維持に費用がかかるため、保険料が高くなるのです。
これらのことから健康還付金などが追加されている保険に掛け捨ての保険と同基準で加入する場合は、保険料の増加は免れません。
保険料が高くなっても加入するメリットはあるか、ご自身が支払っていけるかを検討し、問題のない方にはおすすめできます。

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

保険料が戻ってくる医療保険の保障内容

保険料が戻ってくる医療保険の保障内容は、通常の医療保険と大きく変わりません。

そもそも医療保険とは?
医療保険とは、保険の対象者(被保険者)が、病気・ケガをして入院や手術などの医療費がかかったときに、一定の給付金が受け取れる保険のことです。

マガジン編集部
医療保険は、公的医療保険制度(健康保険や高額療養費制度など)ではまかないきれない医療費に備えるのが主な目的です。

例えば公的医療保険制度ではまかないきれなくても、医療保険で対応できる医療費には次のようなものがあります。

公的医療保険ではなく医療保険でまかなえうるもの

  • 先進医療費
  • 通院の交通費
  • 入院中の食事代
  • 入院中の差額ベッド代
  • 入院中の日用品代や雑費
  • 家族のお見舞いの交通費・宿泊費

そして具体的に、医療保険で受け取れる給付金は、次の2種類です。

医療保険で受け取れる給付金の種類

  • 入院給付金
  • 手術給付金

入院給付金

入院給付金とは?
入院給付金は、病気・ケガで治療目的の入院をしたときに受け取れる給付金のことです。
受け取れる入院給付金は、次の計算式で求められます。

 入院給付金の計算式

  • 入院日額×入院日数=入院給付金額

入院日額は、医療保険の加入時にあらかじめ決められており、5,000円や1万円、1万5,000円、2万円といったように5,000円単位で決めるのが一般的です。

例えば…

具体例として、入院日額が2万円で、15日間、入院したとします。

そのとき受け取れる入院給付金は、2万円×15日=30万円となりますね。

これまでの入院給付金の中には、1日などのごく短期間の入院には保障がないという商品もありました。

マガジン編集部
しかし、最近は入院の短期化が進み、1日の入院にも給付金を受け取れる医療保険が増えています。

手術給付金

手術給付金とは?
手術給付金は、病気・ケガの治療のためにかかった医療費を補てんするために支払われる給付金のことです。
1度の手術で受け取れる手術給付金は、次の計算式で求められます。

 手術給付金の計算式

  • 手術給付金倍率×入院日額=手術給付金額

手術給付金倍率は20倍や30倍などの10単位で決められるので一般的です。

例えば…

具体例として、入院日額が2万円で、手術給付金倍率が20倍として手術を受けたとしましょう。

そのとき受け取れる手術給付金は、2万円×20倍=40万円となります。

マガジン編集部
手術にかかった費用を全額もらえるわけではないことに、ご注意ください。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

保険料が戻ってくる医療保険に付加できる特約

保険料が戻ってくる医療保険に、特約を付加して保障を手厚くすることもできます。

特約とは?
特約とは、追加の保険料を支払うことで、医療保険の通常の保障内容に、新たな保障を追加することを言います。
医療保険に付加できる特約には、次のようなものがあります。

医療保険に付加できる特約(保険会社によって付加できる特約は異なります)

  • 通院特約:退院後にその治療目的のために通院をした場合に給付金を受け取れる
  • 先進医療特約:重粒子線治療などの高額な先進医療を受けたときにかかる技術料と同額を受け取れる
  • 死亡特約:被保険者が死亡したときに保険金を受け取れる
  • 放射線治療特約:放射線治療を受けたときに給付金を受け取れる
  • がん特約:がんと診断されたときに一時金が受け取れる
  • 保険料払込免除特約:保険会社が定める一定の病気で診断確定されたときや、所定の状態になったときに以降の保険料の払込が免除される
  • 女性疾病特約;乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の病気で治療目的の入院・手術をした場合に給付金を受け取れる
  • 特定疾病特約:がんと診断確定されたときや急性心筋梗塞、脳卒中などで所定の状態になったときに給付金を受け取れる
  • 八疾病入院支払限度拡大特約:がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・すい疾患・腎疾患などになったときの入院保障が手厚くなる
  • 骨髄ドナー特約:骨髄ドナーとして骨髄幹細胞などの採取手術を受けたときに給付金を受け取れる(保険会社によって支払条件は様々です。)

マガジン編集部
充実した特約があるので、必要なものを選んで付加してみてください。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

保険料が戻ってくる保険に関するよくある質問

健康還付金などで保険料は全額返ってきますか?
基本的に全額返ってくることはありません。保障にかかる保険料とは別に積み立てている分を契約者に返還する形になります。
掛け捨ての保険と比較して保険料は高くなりますか?
はい、高くなります。掛け捨ての保険より機能が多くなっているため、保険料が高くなってしまいます。
保険料をできるだけ安くするにはどうしたら良いですか?
特約を必要最低限に絞ったり、保険金額を少なくするなどの対応が考えられます。担当の方と相談しながら保障内容を考えてみてください。

まとめ

保険料が戻ってくる医療保険とは、健康還付金が付いている医療保険のことでした。充実した特約を付加できることも魅力の一つです。

ただし通常の医療保険に比べて、月々の保険料が割高になったり、途中解約で損したりする恐れがあることには注意してください。

それでも保険料が戻ってくる医療保険は、今注目が集まっている保険です。ぜひ本記事を参考に、加入を検討してみてください。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)
医療保険関連記事
本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事