50代におすすめの医療保険|男性・女性別選び方

読者
50代は、教育費や住宅ローンの支出が重くのしかかる時期でもある一方、「三大疾病」や「生活習慣病」といった健康上の不安もあります。

読者
60代以降の退職に向けて、老後への備えの必要性も感じています。

マガジン編集部
そんな50代の人のリスクをカバーするのに選ばれている保険の1つが「医療保険」です。

これから加入を検討する人は、「本当に医療保険は必要なのか」「何を基準に選べばいいのか」といったことで悩むこともあるでしょう。

そこで今回は50代男性・女性の医療保険の選び方について解説します。

この記事の要点

  • 1.50代には、一定期間保障が得られる定期保険ではなく、老後の健康リスクに備えるためにも終身医療保険がおすすめです。
  • 2.50代は、男女ともにがんに罹患する確率が上がるため、がん特約や女性ならば女性疾病特約も検討することをおすすめします。
  • 3.子供の独立や住宅ローンの返済完了、定年退職を前に老後資金の準備も含めて50代は保険の見直しに最適な時期といえます。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

50代におすすめの医療保険とは

医療保険に限らず、生命保険への加入を検討する際、年齢によって必要となる保険や保障にはある程度の傾向があります。

マガジン編集部
50代の男女におすすめできる医療保険と保障はどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

50代におすすめの医療保険

定期医療保険

定期医療保険とは?
ケガや病気による入院について、契約した一定期間だけ保障する医療保険が「定期医療保険」です。

 定期医療保険のポイント

  • 終身保険より割安な保険料で加入できるメリットがあります。
  • 保険期間満了後は解約の申し出を行わない限り、自動で更新が行われます
  • この際、健康状態の良し悪しに関係なく更新が可能です。

ただし、更新時の年齢で保険料が計算される点に注意が必要です。

マガジン編集部
当初は終身医療保険よりも安い保険料で加入できますが、更新を重ねていくことで定期型の保険料の方が割高になる場合があります。

終身医療保険

終身医療保険とは?
加入したときから病気・ケガによる入院や通院を一生涯にわたって保障する医療保険です。

一般的に、加入したときから亡くなるまで生涯にわたって保険料が上がりません

年齢が若い時は定期型の医療保険の保険料が割安ですが、定期型は更新を続けることで保険料が高くなります

マガジン編集部
加入時の保険料が家計にとって問題ないのであれば、老後の健康リスクに備えるためにも終身医療保険を積極的に検討しましょう。

今まで加入してこなかった人は、「今加入したら保険料はいくらになるのか」という保険料のシミュレーションを行う必要があります。

読者
生涯にわたって払っていけるかを計算し、60代を迎えて保険料がさらに高くなる前の加入を考えるべきということですね。

もし保険料の支払いに余裕があれば、一定の年齢で保険料払込が完了する「短期払い」も検討するとよいでしょう。

引受基準緩和型医療保険

引受基準緩和型医療保険とは?
持病や既往歴がある人でも加入できる可能性がある医療保険です。

告知項目が一般的な医療保険よりも少なく、保険契約の引受基準が緩和されています

ただし、加入しやすい分だけ以下のようなデメリットもあることにも注意が必要です。

注意点

  • 保険料が一般的な医療保険より高め
  • 加入後一定期間(1年など)の保険金支払いを削減する等の条件が付される

マガジン編集部

 

若く健康なときに医療保険に加入すれば、より条件が良い商品を選択可能という意味でも、50代は保険を見直す重要な年代であるといえます。

 

\オンライン・訪問どちらも可能/

公的医療保険制度とのバランスを考えた保険を選ぶ

50代は、さまざまな病気にかかるリスクが高まる時期です。

読者
とはいえ、公的な医療保険(健康保険・国民健康保険)があるため医療費の自己負担は原則として3割になります。

受けられる公的医療保険制度

  • 入院が長期間にわたる場合は高額療養費制度が適用され、医療費の自己負担に上限が設定されます。
  • さらに、過去に療養を受けた月以前の1年で3ヶ月以上の高額療養費が支給された場合、4ヶ月目以降は「多数該当」として自己負担を抑えることが可能です。

高額療養費制度では、所得区分によって自己負担限度額は以下のように異なります。

今回は70歳未満の人の区分を紹介します。

70歳未満の方の区分(タップして表示)
【平成27年1月診療分から】
所得区分
自己負担限度額
多数該当

① 区分ア

(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)

252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1%
140,100円

② 区分イ

(標準報酬月額53万〜79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)

167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1%
93,000円

③ 区分ウ

(標準報酬月額28万〜50万円の方)
(報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%
44,400円

④ 区分エ

(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)

57,600円
44,400円

⑤ 区分オ(低所得者)

(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

35,400円
24,600円

引用元:全国健康保険組合|高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)

標準報酬月額28万〜50万円の人のケースでは、医療費が100万円かかったとしても自己負担額は8万7,430円に抑えられます。

読者
これをもとに考えると、入院日額5,000円~10,000円を目安として考えることができそうですね。

ただし、差額ベッド代や食費は全額自己負担であり、年齢が重なるごとにがんのリスクも高まります。

マガジン編集部
希望によっては、「がん特約」の上乗せや、がん保険への加入も考える必要があります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの医療保険商品はこれ!

1.チューリッヒ生命
「終身医療保険 プレミアム DX」

チューリッヒ生命の「終身医療保険 プレミアム DX」は、短期入院にも、長期入院にも備えられる一生涯保障の医療保険を探している方におすすめ!

ここがおすすめ!

  1. カスタマイズして自分にあった保障を選ぶことができます!
  2. お手頃な保険料で備えることができます!
  3. 3大疾病はもちろん、7大疾病にも備えることができます!
チューリッヒ生命
「終身医療保険 プレミアム DX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 1,557円 1,797円
35歳 1,802円 1,987円
40歳 2,142円 2,352円
50歳 3,152円 3,437円
60歳 4,722円 5,362円

保険期間・保険料払込期間:終身
保障内容:[入院給付日額]5,000円(30日型)[手術特約(Z02)Ⅱ型]適用[7大疾病延長入院特約]付加[ストレス性疾病延長入院特約(Z02)]付加[先進医療特約(Z03)]付加
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

2.ネオファースト生命
「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」は、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病などに幅広く備えたい方におすすめ!

ここがおすすめ!

  1. 健康状況が所定の基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、基準を満たしていない場合にくらべて、保険料が安くなります!*¹
  2. 主契約(入院保障)以外はオプションのため、お客さまのニーズに合わせてさまざまな特約・特則を組み合わせることができます!*²
  3. がんなどの3大疾病や女性疾病などに幅広く備えることができます!*³

*¹ 被保険者の年齢が20歳未満の場合、健康状況にかかわらず保険料率は標準保険料率のみとなります。
*² 特約・特則の組み合わせには一定の制限があります。

*³ 特約・特則の付加や適用が必要です。

ネオファースト生命
「ネオdeいりょう」保険料例

年齢 男性 女性
20歳 1,505円 1,845円
30歳 1,969円 2,166円
40歳 2,700円 2,484円
50歳 3,837円 3,260円
60歳 5,427円 4,447円

保険期間・保険料払込期間:終身
保険料払込方法:月払

保障内容:[主契約:入院給付金日額]5,000円(60日型)[三大疾病支払日数限度無制限特則]適用[手術保障特約(2018)]Ⅰ型(入院4倍)[入院手術給付金額(入院中)]10万円[外来手術給付金額(外来)]2.5万円[先進医療特約]付加[入院一時給付特約]5万円
※健康保険料率・標準保険料率の内、健康保険料率の保険料例です。
※「先進医療特約」の保険期間・保険料払込期間は10年です。所定の年齢まで10年ごとに更新があります。なお、更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢、および保険料率によって計算されます。したがって更新後の保険料は、更新前の保険料と異なります。更新時の被保険者の年齢が81歳以上となる場合は、保険期間および保険料払込期間を終身として更新します。また、契約年齢が81歳~85歳の場合は終身保障です。

※2020/11現在

近年、上皮内がんの罹患率は増加傾向*⁴にあり、また「心疾患」「脳血管疾患」で入院した際に手術を受ける人も近年増加傾向*⁵にあります。

「ネオdeいりょう」なら、3大疾病(がん・上皮内がん、心疾患、脳血管疾患)や女性疾病も特約を付加することで、一時金保険料の払込免除などに幅広く備えられるのが魅力です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

*⁴出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」「高精度地域がん登録のがん罹患データ(1985年~2012年)」
*⁵出典:厚生労働省「平成20年・23年・26年・29年 患者調査」
【注意事項】
●解説で示した保障について当商品にはないものがあります。
●商品の詳細は「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」にて必ずご確認ください。

(登)B20N1177(2020.12.11)

50代男性におすすめの医療保険と選び方

50代は、老後の備えに入る時期でもあるため、第2の人生も考えた保険選びが大切です。

マガジン編集部
独身」か「既婚・子持ち」かによっても医療保険への考え方が異なります。

独身の場合

独身の場合は、万が一病気によって長期の治療が必要になった場合にサポートしてくれる配偶者、家族がいません。

自分自身の収入だけで生活していく必要があるため、収入が少なくなる・ゼロになるリスクも大きくなります。

読者
業務外の病気やケガで入院した場合、条件を満たした会社員なら傷病手当金を受け取れますよね。

マガジン編集部
ただし、受け取れる金額は給与月額の2/3程度であり、入院や通院の費用まで考えると、生活のための費用が捻出できない可能性もあるでしょう。

読者
そうなると、せっかくの貯金を取り崩さなくてはいけなくなりますね。

ポイント

  • 年齢を重ねることで生活習慣病やがんに対するリスクが高まることもあり、長期入院を視野に入れて一生涯にわたって保障を確保することが大切です。

配偶者・子どもがいる世帯の場合

一方で配偶者や子どもがいる世帯では、夫婦での老後生活の備えを本格的に始める必要があります。

ポイント

  • 「子どもが独立して社会人になった」「住宅ローンを払い終えた」といったケースでは、保険を見直す時期としては最適です。
  • がんや生活習慣病のリスクが大きくなることから、基本は終身タイプで生涯の保障を確保しましょう。

読者
しかし、退職して年金生活になると、保険料を払い続けることが大変になることも考えられますよね。

マガジン編集部
そこで、終身払いの保険に加入している場合は一定年齢で払込が満了する「短期払い」の保険への見直しを検討します。

死亡保険に関しては子どもが独立すれば必要性が低くなるため、短期払いに変えた場合の保険料の増加を死亡保険から捻出することが可能です。

もしもどの医療保険を選べばよいか悩むという方は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家にアドバイスを受けることをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

50代女性におすすめの医療保険と選び方

 50代女性が注意すべき疾病

  • 年齢があがるとさまざまな病気に罹患するリスクが高まりますが、中でも50代女性の死因の第1位は悪性新生物(がん)です。
    厚生労働省|令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況
  • 国立がん研究センターの統計によれば、乳がんが女性のがん罹患数でもっとも多く、年代別では40~60代後半で罹患率が高くなっています
  • そのほか、卵巣がん子宮筋腫など女性特有の病気にかかるリスクも考えなければいけません。

マガジン編集部
そこで、まだ保険に加入していない場合は基本保障と特約がセットになった「セットタイプ」の保険が選ばれています。

通常の医療保険に加えて上記の疾病特約を付加したセットの保険が販売されており、女性疾病以外の病気にも備えられます。

※参考:国立がん研究センター|最新がん統計

選ぶ際の注意点

女性向けの医療保険を選ぶ際、対象となる女性疾病の範囲をチェックしておくことが大切です。

 チェックポイント

  • 女性特有の悪性新生物(子宮がん、子宮頸がん、乳がん)
  • 女性特有の病気(子宮筋腫、卵巣機能障害など)
  • 女性に多いとされる病気(低血圧症、貧血など)

マガジン編集部
保険によって保障の範囲が異なるため、商品の内容をよく比較して保険を決めていきましょう。

50代の医療保険の必要性

入院日数は年齢が上がるごとに長期化しやすい

年齢を重ねるほど、長期入院に対するリスクは高まります。生命保険文化センターの資料によれば、年齢別の入院日数は以下のとおりです。

(単位=%)

N 5日未満 5~7日 8~14日 15~30日 31~60日 61日以上 平均(日)
全体 549 20.9 27.3 27.1 15.7 5.3 3.6 15.7
20歳代 32 25.0 34.4 21.9 12.5 0.0 6.3 14.4
30歳代 67 25.4 31.3 25.4 10.4 4.5 3.0 13.5
40歳代 112 25.0 32.1 24.1 12.5 4.5 1.8 12.3
50歳代 132 18.9 30.3 28.0 13.6 6.1 3.0 15.2
60歳代 198 18.7 19.7 29.3 20.7 6.6 5.1 19.0

引用元:生命保険文化センター|生活保障に関する調査|第Ⅱ章|42P

50代以降は5日未満などの短期入院の割合が下がる一方、2週間以上といった長期入院の可能性が高まるのが分かります。

注意点

  • 多くの医療保険では「支払限度日数」が設定されており、1回の入院で入院給付金の対象になる日数に制限があります。
  • 限度日数を延長したり無制限にしたりする特約も検討する必要があるでしょう。

マガジン編集部
がん保険であれば、がんによる入院に対する給付金は無制限のため、医療保険と合わせて加入すると保障の幅が広がります。

年齢が重なるごとに必要な医療費は高くなる

平成29年度「年齢階級別1人あたり医療費」によれば、1人あたりの医療費は20代が10万円以内である一方、30~49歳では11.6万~18.0万円、50~59歳では22.9万~28.9万円と年齢とともに医療費は高くなります。

年齢別医療費

20代

10万円以内
30~49歳
11.6万~18.0万円
50~59歳
22.9万~28.9万円

60代~70代前半では36.7万~61.6万円、75~79歳では77.7万円、85歳以上では100万円を超えるまでに医療費は右肩あがりで高くなるのが特徴です。

参考::厚生労働省|参考5 年齢階級別1人当たり医療費(平成29年度)(医療保険制度分)

マガジン編集部
年々増加する医療費に備えるためにも、50代は医療保険の加入、見直しの絶好のタイミングといえます。

大きな病気へのリスク上昇

50代の死因の多くを占めているのは悪性新生物(がん)・脳血管疾患です。

読者
心疾患とともに、いわゆる「三大疾病」と呼ばれている疾病ですね。

厚生労働省の資料によれば、15~29歳では死亡及び不慮の事故が死因の多くを占めている一方、年齢があがるごとに悪性新生物(がん)の占める割合が大きくなっています。

構成割合

画像引用:厚生労働省|令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況

読者
50代後半以降は、がん・心疾患・脳血管疾患が自殺を上回ることがわかりますね。

マガジン編集部
長年の生活習慣が原因で引き起こされる生活習慣病のリスクは、年々高まることもポイントです。

令和元年「国民健康・栄養調査結果の概要」によれば、40代以降に生活習慣病の1つである「糖尿病が強く疑われる者」の割合は以下のように増加しています。

(単位=%) 男性 女性
総数 19.7 10.8
20~29歳 0.0 0.0
30~39歳 1.6 2.6
40~49歳 6.1 2.8
50~59歳 17.8 5.9
60~69歳 25.3 10.7
70歳以上 26.4 19.6

引用元:厚生労働省|令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要|20P

注意点

  • 生活習慣病は、不健康な生活習慣の継続によって段階的に進行していきます。
  • 健康的な食事や運動、ストレス解消などを心がけつつ、人間ドックや定期健診の頻度を増やすことを意識する必要があります。

マガジン編集部
もし未加入であれば、新しく医療保険に加入しておくことで、このような病気のリスクに備えることが可能です。

加齢によって健康リスクが高まる前に加入するのがおすすめ

医療保険では「保険料の安さ」「保障が手厚いかどうか」について気にする人は多いですが、加入する前に大切な項目として「告知」があります。

注意点

  • 医療保険に加入する際は、健康状態を保険会社へ告知することが必要です。
  • 健康診断結果や病気やケガの既往歴次第では希望する保険の審査を通過できず、加入できない可能性があります。

マガジン編集部
三大疾病をはじめとした病気にかかるリスクは加齢とともに進んでいくため、少しでも若くて健康なうちに加入を検討することで希望する保険に加入できる可能性が高まります。

一方で、50代にもなると、すでに何らかの持病をかかえているケースは珍しくありません。

そこで告知項目が少ない「引受基準緩和型医療保険」への加入も考えられます。

読者
持病があるからといって、保険への加入を諦める必要はないのですね。

しかし、持病があっても加入しやすい分、一般の医療保険より保険料が高めになることは覚えておきましょう。

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

50代は教育資金・住宅ローンの支払いに加えて老後の生活準備も重なる時期です。

年々増加する病気へのリスクに備えるために終身の医療保険を選ぶことが基本ですが、女性なら「女性疾病特約」を付けるなど、性別によっても柔軟に保障内容を見直す必要があります。

老後に保険料を払わなくてもよいように「短期払い」を選択するなど、老後を見据えた保険選びを心がけましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事