急な出費の事例やおすすめの対処法
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

転職や失業、冠婚葬祭や急な病気など、急な出費が発生することは誰にでも起こる可能性があります。万が一の際に生活に困らないためにも、事前に貯金して備えておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、急な出費は思いがけないタイミングで発生します。手元にお金がないときの乗り越え方も知っておいて損はないでしょう。

今回は、急な出費が発生する事例と、その対処法をまとめてご紹介します。

急いでお金を用意する必要がある方は、ぜひ参考にしてみてください。
\急な出費で困ったときにおすすめ/

急な出費のよくある理由・事例

急な出費でよくある事例や理由

急な出費が発生する理由として、何が考えられるでしょうか。いざというときに困らない為に、急な出費の具体例をおさえておきましょう。

よくある理由・事例
  • 医療費
  • 冠婚葬祭の資金
  • 各種納税
  • 家具家電の故障
  • 転勤などによる引っ越し
  • 交通違反の反則金

医療費

気をつけていても思わぬケガや病気になることは誰にでもあります。医療費は、基本的には健康保険で3割負担となるので、家計を圧迫することは少ないかもしれません。

しかし、入院を伴うような大きな病気にかかると、自己負担分だけでも相当な金額になることが予想できます。

 入院時の自己負担額は、1日平均14,799円※1とされています。治療費の他にも、食事代や家族の交通費なども必要です。

入院による高額な負担を避けるために、日々の健康に気を遣いましょう。軽度な病状を放置して重症化した結果、入院が必要となるケースも少なくありません。

定期検診や人間ドッグを受けることで、病気の早期発見につながる可能性があります。
必要になるおおよその金額 数千円〜
発生する時期 不定
\急な出費で困ったときにおすすめ/

冠婚葬祭の資金

結婚式

結婚式のご祝儀や葬式の香典などは、予期できない急な出費のひとつです。衣装代や交通費、二次会の費用などもかかる場合があります。

 冠婚葬祭は、招待されればできるだけ出席するのが礼儀でしょう。また失礼の無いようにご祝儀や香典を出し惜しみするわけにはいきません。

年齢を重ねるにつれて、出産祝いや親戚の入学祝いなどイベントも増えていきます。関係を悪くしない為にも、必要経費として割り切って準備する必要があるかもしれません。

必要になるおおよその金額 結婚式であれば3万円〜約10万円
葬式であれば5,000円〜10万円
発生する時期 不定
\急な出費で困ったときにおすすめ/

各種納税

各種納税

人によっては、毎月の給料から天引きされるもの以外に税金を納める必要があります。特に資産を保有している方は要注意です。

 マイカーを保有している方は、毎年の自動車税の他にも2~3年に1度車検を受ける際に数万円かかります。

他にも、不動産を所有する方には毎年固定資産税を納める必要があります。固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日時点の土地や建物の所有者にかかる税金で、納付時期は6月、9月、12月、2月の年4回です。

日々の生活で納税による出費は意識しておいた方が良さそうです。
必要になるおおよその金額 所得に応じて変わることが多い
車検は6万円〜10万円程度
発生する時期 税金の種類による

家具家電の故障

家具家電の故障

冷蔵庫や洗濯機などの「白物家電」やエアコンなどの家電製品が故障したときは、修理もしくは買い替えが必要です。新しい家電製品は性能が高いものが多く、価格も高額化しています。

仕事でパソコンを使用する方は、故障した場合すぐに買い換える必要があるでしょう。家具や家電製品は単に高額なだけでなく、急に故障することがあり、急な出費につながる可能性があります。

必要になるおおよその金額 ものによるが1万円〜
発生する時期 不定
\急な出費で困ったときにおすすめ/

転勤などによる引っ越し

引っ越しも急な出費のひとつ

勤めている会社によっては、異動に伴う引っ越しが必要なところもあるでしょう。中には突然転勤を命じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転勤など会社都合の引っ越しは、場合によっては会社が引っ越し代を負担してくれることがあります。しかし、必要なものを買い揃えるなど諸々の費用がかかります。

必要になるおおよその金額 引っ越し先などによるがおおむね20万円前後
発生する時期 不定

交通違反の反則金

交通違反の反則金も急な出費になりうる

交通違反の反則金も、急な出費といえるでしょう。ふだんからルールに従って運転することは前提条件ですが、うっかり違反してしまうことが時にはあるかもしれません。

違反金は軽めのものでも、安いとはいえない金額がほとんどです。決まりを守って安全運転することが一番重要ですが、急に発生する出費として念のため考慮しておいてもよいでしょう。

必要になるおおよその金額 駐車違反で1万円ほど
発生する時期 違反してしまったとき
\急な出費で困ったときにおすすめ/

急な出費の対処法一覧

急な出費の対処法

急な出費に対応するには、どうしたらいいでしょうか。考えられる対処法をいくつかご紹介します。

急な出費の対処法一覧
  • お金を借りる
  • 計画的に貯金を行う
  • 副業を始める
  • 不要品を売る

1お金を借りる

急な出費に困ったら、お金を借りることも検討できるでしょう。近くにお金を貸してくれる友人や家族がいない場合は、金融機関から融資を受けることもできます。

 急な出費でお金がすぐに必要な方は、消費者金融系カードローンがおすすめです。

金融機関から融資を受ける際は審査を通過する必要があります。商品によっては、担保や連帯保証人が必要になる場合もありますので、しっかりと内容を確認してから申し込みましょう。

無利息期間のついたカードローンを利用すれば、利息を負担せずに利用できる場合もあります。
\急な出費で困ったときにおすすめ/

2計画的に貯金する

まずは、予想できるまとまった出費や、急な出費を書き出してみましょう。概算した出費のスケジュールをもとに、計画的な貯金を行うことが重要です。そこで、急な出費の対策として有効な貯金術を3つご紹介します。

● 給料から先取りして積み立てる

給料から先取り積立して急な出費に備える

貯金しようと思っても毎月の給料日前にお金がなくなってしまう方は、給料日に先取りで積み立てるようにしてみましょう。

 先取りで積み立てることで、お金を使いすぎて貯金できなくなってしまうことを避けられます。

場合によっては、貯金用の預金口座を作ることも効果的です。普段よく引き落とす口座と分けることで、毎月決めた額を積み立てることが容易になります。

なお、金融広報中央委員会の調査によると、単身世帯の平均貯金額は276万円という結果が出ています。保険や証券などの金融商品と合わせた場合の平均額は、653万円でした。※1

● 固定費を見直す

固定費を見直して急な出費に備える

家賃・光熱費やスマートフォン・インターネットといった通信費が毎月の家計を圧迫している可能性があります。高すぎる固定費は、継続的な貯金の大きな障壁となるでしょう。

 契約する電力会プランの見直しや、格安のスマートフォンへの変更で固定費を抑えることができるかもしれません。

車の維持費に悩んでいる方は、排気量の小さい車への乗り換えや、マイカーを手放してカーシェアリングを利用することも検討できます。

● 家計簿をつける

家計簿をつける

貯金ができない方は、毎月の支出の金額や種類をちゃんと把握できていない場合が多い傾向にあります。家計簿をつけて収支をわかりやすくすることで、貯金へのモチベーションを高めることができるでしょう。

 家計簿は継続することが大切です。自分が一番続けやすい方法を探して実践しましょう。

家計簿は、記入する項目を整理して書くことが重要です。初心者はあまり記入項目が多くないシンプルな家計簿を購入してチャレンジしてみましょう。

\急な出費で困ったときにおすすめ/

3副業を始める

副業を始める

急な出費に備えて収入を増やすために、副業を始めることも検討できます。今の仕事とかけ持ちで日払いのアルバイトをしてもいいかもしれません。

転職サービスdodaの調査によれば、副業をしている人の割合は8.0%で、月収については10万円以上と答えた人が34.4%で最多という結果が判明しています。※2

最近では、空いた時間に気軽に始められる副業も増えています。以下に代表的な例をまとめます。

副業の例
  • ファッションアイテムの製作・販売
  • 不用品販売・せどり
  • ブログ・サイト運営
  • プログラミング・アプリの開発
  • 日払いアルバイト登録

場合によっては、本業を凌ぐ収入を得る可能性も秘めています。特に専門的な知識を持つ方は、高単価の副業を見つけることができるかもしれません。

しかし、副業に専念するあまり、過労に陥ってしまうことも考えられます。体に無理のない範囲に留めておくことが肝心です。

本業が疎かになると、人事評価に悪影響を与える可能性があるため注意しましょう!

4不要品を売る

不要品を売る

家に眠っている不要品を売ることで換金してもいいでしょう。急な出費の際にすぐにお金が欲しい場合は、リサイクルショップに持参することで即日現金化することが可能です。

 特にブランド品は、古いものや多少のキズがあるものでも高値で売ることができます。家に不要なブランド品がある場合は、近所のリサイクルショップで無料査定に出してみてもいいかもしれません。

現金化まで数日かかる場合がありますが、出来るだけ高く売りたい場合は、フリマアプリが活用できます。売り手と買い手の間に業者を介さないため、希望より高く売れる可能性があります。

ブランド品だけでなく家具家電なども高値で取引されています。
\急な出費で困ったときにおすすめ/

※1:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 」

※2:https://doda.jp/guide/ranking/097.html?_ga=2.65120811.40430529.1642051040-1792713035.1642051040

急な出費におすすめの借入先

急な出費におすすめな借入先

急な出費でどうしてもお金が工面できない場合は、お金を借りることも選択肢のひとつです。借金と聞くとイメージが悪いかもしれませんが、安心安全に融資ができるサービスも存在します。

急な出費におすすめな借入先一覧
  • 友人から借りる
  • 質屋を利用する
  • 公的融資制度を活用する
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 消費者金融系カードローンを利用する

1家族や友人から借りる

友人や家族に借りる

親しい友人がいる場合は、お金を貸してくれる場合もあります。しかし、友人間のお金の貸し借りは後に大きなトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

友人からの借入は、数日中に返済可能な額に留めておくことが重要です。返済不能になると、大切な友人関係が崩れてしまいかねません。

高額な借入の場合は、借用書を作っておくとトラブルを避けることができます。
\急な出費で困ったときにおすすめ/

2質屋を利用する

質屋を利用する

質屋は、自身が保有する物を「質草」として、担保にお金を借りることができます。質草は、一般的に財産的な価値があるものを預ける必要があります。

期限までに借入額と利息額を弁済することで、質草が手元に戻ってくる仕組みです。期限までに返済できない場合は、質草は他の顧客に売却(質流れ)されることになります。

質屋はお金が帰ってこなくても、質草を売ることで貸付金を回収できるので損害が発生しません。質流れになっても構わない物を担保に出せば、買取と同じ感覚で利用できます

質屋の法定上限金利は年109.5%と高めに設定されています。数日以内に返済できる金額の利用にとどめましょう。

3公的融資制度を利用する

公的融資制度を利用する

国や自治体からお金を借りることができる公的融資制度は、無利子または低金利で生活費の融資が受けられます

 今すぐに現金が必要な方は、緊急小口資金に申し込みましょう。申請から約1週間程度で最大10万円まで生活費の融資が受けられます。

公的融資の審査においては、失業や収入の減少の証明が求められることもあります。その際に資産を持っている場合は、融資が受けられないこともあるので注意しましょう。

公的融資は資金用途を限定されているデメリットもあります。
\急な出費で困ったときにおすすめ/

4クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠

キャッシング枠を設定したクレジットカードをお持ちの方は、利用枠の範囲内でお金を借りることが可能です。

キャッシング枠の設定の際に審査が完了しているので、借入の際に余計な時間がかからないことがメリットです。提携ATMやネットからの申請で24時間融資が受けられます。

限度額の拡大には再審査が必要です。

5消費者金融系カードローンを利用する

消費者金融系カードローンを利用する

カードローンは、各金融機関が提供する融資サービスの一つです。カードローンは、担保や連帯保証人不要で契約することができるローンです。

 今すぐお金が必要な方は、消費者金融系カードローンの利用が適しています。最短即日融資に対応していて、事前に借入可能か診断可能です。

カードローンのメリットは、資金用途が自由であることです。急な出費で生活が苦しくなった場合に、生活費の足しとして利用することもできます。

急な出費に備えて事前にカードを作っておくこともできます。

急な出費におすすめ!最短即日融資できるカードローン5選

プロミス
SMBCモビット
アイフル
レイクALSA
アコム
プロミス
実質年利
4.5〜17.8%
3.0〜18.0%
3.0~18.0%
4.5〜18.0%
3.0~18.0%
借入限度額
500万円
800万円
800万円
1〜500万円
1〜800万円
無利息期間
最大30日間
×
最大30日間
最大180日間
30日間
審査期間
最短30分
最短30分
最短25分
最短15秒
最短30分
融資スピード
最短30分
最短即日
最短25分
最短60分
最短即日
WEB完結

急な出費があったとき、すぐお金がほしいあまり焦ってしまうかもしれません。しかし、いまからご紹介するカードローンはすべて最短即日融資が可能です。

急な出費で困ってしまったら、ぜひおすすめのカードローンを利用してみてください。

1プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • スマホやパソコンからいつでも最短10秒で指定口座へ振り込み
  • 最短30分で融資可能!スピード感が魅力
  • 申し込みはWebで完結、郵送物もなし
  • はじめての利用なら最大30日間無利息サービスあり!
  • 上限金利が年17.8%で利息負担が抑えられる

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスは、国内大手の消費者金融のひとつです。アプリだけで借り入れできるアプリローンや、最短10秒で指定口座へ振り込み可能な「瞬フリ」など便利なサービスを提供しています。

 初回契約者は30日間の無利息期間がつきます。期間中に完済すれば、利息負担なしでお金を借りることが可能です。※1

申し込みはWebで簡単に完結することが可能。公式サイトで利用できる事前診断で借入可能かすぐに結果が出ます。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
融資可能額 最高500万円
審査スピード 最短15秒(事前審査)
融資スピード 最短30分
担保・連帯保証人 不要
申し込み対象年齢 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある当社基準を満たす方※2

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミス公式サイト

※1:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2:主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込可能です

2SMBCモビット

SMBCモビットのおまとめローン

SMBCモビットのおすすめポイント
  • Web完結申し込みで電話連絡・郵送物なし※1
  • ネット申し込み後の電話連絡で最短即日融資可能
  • 返済利息分に応じてTポイントが貯まる

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

SMBCモビットは、SMBCグループの大手消費者金融です。Webからの申し込みを利用することで、電話連絡なしで利用できます。

 融資をお急ぎの方は、ネット申し込み後にコールセンターへ連絡しましょう。審査時間を短縮することができます。

契約完了後に会員専用サービス「Myモビ」から振込キャッシングの手続きをすると、最短3分で指定口座へ振り込みが完了します。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

また、返済利息分に応じてTポイントを貯めることもできます。貯めたTポイントは、翌月以降の返済に充てることが可能です。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資可能額 最大800万円
審査スピード 最短10秒(事前審査)
融資スピード 最短即日※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
担保・連帯保証人 不要
申し込み対象年齢 20才以上69才未満の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

SMBCモビット公式サイト

※1:審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります。

3アイフル

アイフルのカードローン

アイフルのおすすめポイント
  • 初めての方は30日間金利0円
  • Web申込で電話連絡・郵送物が一切なし※1
  • 最短1秒で事前審査が可能

\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルは、原則在籍確認の際の電話連絡なし。職場の同僚や家族にカードローンの利用がバレる可能性を抑えることができます。

 アイフルの初めての契約者は30日の無利息期間がつき、利息負担を抑えることが可能です。

公式サイトで利用できる事前診断は最短1秒で結果が出ます。とにかく急いで融資を受ける必要がある方は、借入可能かすぐに診断可能です。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資可能額 最高800万円
審査スピード 最短1秒(事前審査)
融資スピード 最短25分
担保・連帯保証人 不要
申し込み対象年齢 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方※2

\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフル公式サイト

※1:公式サイト参照

※2:なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

4レイクALSA

【2110】レイクALSA-LP

レイクALSAのおすすめポイント
  • 平日21時までの契約で最短即日融資
  • スマホアプリ「e-アルサ」で24時間取引可能
  • 初回契約者に選べる無利息サービス付き

\審査時間最短15秒/

レイクALSAの無利息期間は60日間と180日間から選ぶことができ、他の消費者金融系カードローンと比較して、長めに設定されていることが特徴です。※1,2利息負担をできる限り抑えたい方に適したカードローンと言えるでしょう。

 平日21時(日曜日は18時)までに契約完了で、最短即日融資が可能。急な出費にも臨機応変に対応できます。

少額の融資希望の場合は、5万円まで180日間の無利息プランもあります。Webから24時間365日申し込み可能です。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
融資可能額 最大500万円
審査スピード 最短15秒(事前審査)
融資スピード 最短60分
担保・連帯保証人 不要
申し込み対象年齢 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)

\審査時間最短15秒/

レイクALSA公式サイト

※1:※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

※2:初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。

5アコム

アコム

アコムのおすすめポイント
  • インターネット・電話から24時間365日借入可能
  • 最高800万円までの融資に対応
  • 初めての利用なら、契約から30日間金利0円

アコムは大手消費者金融のひとつです。初めての利用の場合は、30日間の無利息期間がつき、期間中は利息0円となります。

 Webからの申し込みで審査時間の短縮ができ、最短30分で審査回答。また、契約・カード発行も最短即日可能です。

インターネット・電話から24時間365日申し込みできるので、急な出費がかさんだ時にいつでも利用できます。

急ぎの融資もフリーコールや全国の自動契約機(むじんくん)で相談可能です。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資可能額 最高800万円
審査スピード 最短3秒(事前審査)
融資スピード 最短即日
担保・連帯保証人 不要
申し込み対象年齢 20歳以上69歳以下の、安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな理由

急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな理由

急な出費におすすめな借入先のひとつとして、カードローンをご紹介しました。ただ、カードローンといっても一般的には

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 信販系カードローン

の3種類があります。急な出費でお金を借りるなら、柔軟な対応が魅力の消費者金融カードローンがおすすめです。ここからは、急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな理由を説明します。

急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな3つの理由
  1. 最短即日融資に対応している
  2. 様々な申し込み方法が用意されている
  3. 無利息サービスが利用できることもある

1最短即日融資に対応している

急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな最大の理由は、最短即日融資に対応していることです。消費者金融カードローンのメリットとして、銀行や信販系カードローンに比べ審査スピードが速いことが挙げられます。

消費者金融カードローンなら、基本的に審査の受付時間までに申し込みを完了すれば、申し込んだその日のうちに融資を受けられる可能性が高いです。

急な出費で今すぐお金が手元に欲しいときは、ぜひ最短即日融資が可能な消費者金融カードローンを利用してみてください。審査の混雑状況などを踏まえて、なるべく早い時間帯に申し込みを完了しておくのがおすすめです。

大手のプロミスは、時間を問わず10秒で振込可能なサービスがあります。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2様々な申し込み方法が用意されている

様々な申し込み方法が用意されている

消費者金融カードローンでは、申し込み方法が複数用意されているものが多いです。主な申し込み方法としてはWebや電話、無人契約機などがあります。

急な出費におすすめな申し込み方法は、Web完結申し込みです。インターネットやアプリから24時間365日申し込めるので、急ぎでお金が必要になったときも安心です。

また、消費者金融カードローンは借入方法も多彩です。会社によっては、土日や深夜の借入に対応しているカードローンもあります。スマホアプリで借入可能なものであれば、コンビニATMから手軽に融資を受けられることも。

急な出費でも、自分に合った方法で利用できるのが消費者金融カードローンの強みです。

3無利息サービスが利用できるものもある

消費者金融カードローンの中には、無利息サービスを利用できるものもあります。急な出費で一時的にお金を借りる予定なら、無利息期間中に返済できるよう組むのが一番おトクです。

 無利息サービスが受けられる期間はカードローンごとに異なるため、返済が完了できるタイミングを逆算してうまく選んで利用しましょう。

急な出費でお金を借りても利息0円なら、返済用の出費がかさむこともなくおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

急な出費に関連する独自アンケート調査

ここまで、急な出費の対処法やおすすめの消費者金融カードローンをご紹介しました。基本的に急な出費はいつ発生するかがわかりません。

そのため、ふだんから貯金などで対策しておき、想定以上の急な出費が必要になった場合は、カードローンなどでお金を借りる方法があります。

ここで、当サイトでは急な出費に関連する独自アンケート調査を行いました。急な出費への対処法に関するリアルな声や、カードローン利用時に知っておきたいことなど、ぜひ参考にしてみてください。

急な出費に関連する独自アンケートの調査項目
  • 今すぐお金が必要になった時の対処法
  • カードローンの審査にかかった時間
  • 即日融資を受けるために意識したこと
  • 消費者金融カードローンを選んだ理由

Q:今すぐお金が必要になった時どう対処した?

今すぐお金が必要になったときの対処法

アンケート回答の内訳
お金が必要な際の対処法 割合
クレジットカードの
キャッシングを利用した
23.7%
物を売った 20.3%
人からお金を借りた 18.4%
カードローンを利用した 14.4%
働く時間を増やした 11.0%
その他 12.2%

調査概要はこちら

お金が今すぐ必要になったときの対処法について、当サイトが独自にアンケート調査を行ったところ、クレジットカードのキャッシングを利用したという回答が23.7%で最多という結果になりました。

クレジットカードのキャッシングは、申し込み時に利用枠を設定しておけば、借入するときの審査がいらないので非常に便利です。また、提携ATMで24時間借入可能なものもあります。

 なお、今回の記事でも多数ご紹介したカードローンについては、14.4%でした。カードローンは借入時の審査が必要ではありますが、最短即日融資が可能なものも多いため、急な出費にはおすすめの方法です。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

Q:カードローンの審査にかかった時間は?

カードローンの審査にかかった時間

アンケート回答の内訳
審査にかかった時間 割合
30分以内 25.4%
1時間以内 18.4%
2〜3時間以内 10.5%
1日以内 6.1%
4時間以上12時間以内 5.3%
2日以内 3.5%
覚えていない 30.7%

調査概要はこちら

当サイトの独自アンケートで、カードローンの審査にかかった時間を調査した結果、30分以内という回答が25.4%で最も多いことが分かりました。

特に最短即日融資ができる消費者金融カードローンでは、審査スピードが速い傾向にあるためおすすめです。急な出費でとにかく早めにお金が欲しい場合は、審査や申し込みが素早く完了できるカードローンを利用しましょう。

プロミスなら事前審査は15秒で完了。融資も最短30分で可能なので、急な出費にもぴったりのカードローンです。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

Q:即日融資を受けるために意識したことは?

即日融資を受けるために意識したこと

アンケート回答の内訳
即日融資を受けるために
意識したこと
割合
Web完結申し込みをした 29.8%
電話連絡をした 7.9%
希望借入額を少なめにした 7.9%
必要書類を事前に用意した 7.9%
平日に申し込みをした 6.1%
その他 1.8%
特になし 38.6%

調査概要はこちら

当サイト独自のアンケート調査において、即日融資を受けるために意識したこととして「Web完結申し込みをした」を選んだ人は29.8%と、結果として他の選択肢を大きく上回る割合となりました。

急な出費を乗り切るためには、その日のうちにお金が手元に届くのが大切です。最短即日融資を確実にうけるためには、Web完結申し込みのように契約までの流れを素早く終えるよう工夫しましょう。

審査や申し込みを手早く終えるには、事前に必要な書類を用意しておくのがおすすめです。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

Q:消費者金融カードローンを選んだ理由は?

消費者金融カードローンを選んだ理由

アンケート回答の内訳
消費者金融を選んだ理由 割合
すぐにお金が借りられるから 51.4%
申し込みが簡単だから 17.1%
担保・保証人なしで借りられるから 11.4%
借入がしやすいから 8.6%
審査が甘そうだから 5.7%
初回は無利息期間があるから 2.9%
その他 2.9%

調査概要はこちら

消費者金融カードローンを選んだ理由について、当サイトが独自にアンケート調査を行ったところ、半数以上が「すぐお金が借りられる」ために選んでいることが結果として判明しました。

急な出費でお金が必要になったとき、すぐお金を借りることができるというのは極めて魅力的なポイントです。消費者金融カードローンでは、そうした急な出費にも柔軟に対応してもらえるのでおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

急な出費に関してよくある質問

急な出費におすすめのカードローンは?

急な出費におすすめのカードローンは、プロミスです。

プロミスでは、最短30分で融資が可能なほか、24時間365日いつでも10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ」サービスがあり、急な出費があってもすぐに対応してくれます。

また、アプリで借り入れできるアプリローンやWeb完結申し込みなど、インターネットやスマホで利用できるのも嬉しいポイントです。初めて契約する方は、最大30日間の無利息サービスもあります!

急な出費の主な事例や理由とは?

急な出費が必要な場面は様々ありますが、よくある事例としては

・医療費
・冠婚葬祭の費用
・各種納税
・家具家電の故障
・引っ越し
・交通違反の反則金

などがあります。どれもいつ起こるかわからない事例です。こういった状況になっても問題ないよう、普段から貯金したりだいたいの費用を把握したりして、急な出費の対策をしましょう。

急な出費の対処法とは?

急な出費の主な対処法としては、

・計画的に貯金しておく
・副業を始める
・不要品を売る
・お金を借りる

といった方法があります。まずはふだんからお金を増やしたり貯めたりして対策し、足りない場合はお金を借りる手段を検討してみましょう!

急な出費に消費者金融カードローンがおすすめな理由は?

急な出費が発生したときに消費者金融カードローンがおすすめな理由は、

①最短即日融資に対応している
②様々な申し込み方法が用意されている
③無利息サービスが利用できるものもある

の3つです。審査や申し込みが素早く完了できる消費者金融カードローンは、Web完結で申し込みできるものも多いです。手軽に利用を開始できるので、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、急な出費で生活に困った時の対処法を解説しました。急な出費になりうる理由や事例を参考に、事前に貯金しておくことで、生活への支障を最低限に抑えるようにしましょう。

どうしてもお金の工面ができない時は、金融機関から借入することも検討できます。急な出費で困っている時は、スピード審査で最短即日で融資が受けられる消費者金融系カードローンの利用が適しています。

今回ご紹介した対処法を参考に、急な出費に備えてみましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事