アメックスカードおすすめ比較
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

世界的なステータスカードと称される「アメックスカード」。

多彩なポイントプログラムや旅行傷害保険をはじめとするプロテクションサービス、豊富なサービス優待など、クレジットカードとして相当な存在感を放っています。

ワンランク上のクレジットカードを探している方の中には、「アメックスカードに申し込むか迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アメックスカード3種類を徹底比較

  • アメックスグリーン
  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ

各カードの「付帯サービス」「保険内容」「ポイント還元率」などをまとめています。さらに、アメックスカードのポイントプログラム審査難易度も紹介しています。

アメックスカードについて調べている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1アメックスグリーン(一般カード)

アメリカンエクスプレス

アメックスグリーンのおすすめポイント
  • ポイント還元率1.0%!貯まったポイントはマイルや他のポイントなどと交換可能
  • プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスが付帯
  • 不正利用や破損など、万が一のことがあっても安心のサポート
  • 【入会特典】最大20,000ポイントプレゼント!

アメックスグリーンは、アメックスの一般カードです。

無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポートなど、アメリカンエキスプレスの誇る手厚いサービスが付帯しています。

きわめて手厚い付帯サービスに加え、限度額もゴールドやプラチナと差がないので、年会費のコスパの良さという観点から選ばれやすいカードです。
\コスパ超良好のステータスカード/

ポイント還元率は1.0%です。いつでもどこでも100円あたり1ポイントが付与。日々の支払いや旅行代金の支払いなど、ムダなくポイントが貯まります。

貯まったポイントは、マイルや提携ポイントに移行したり、ギフト券やアイテムに交換したりできます。さらに、新規入会で最大20,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施中です。

年会費は13,200円(税込)。初めてアメックスカードを作る方におすすめの1枚です。

年会費 13,200円(税込)
ポイント還元率 1.0%
マイル交換率
  • ANAマイル(2,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
特典
  • 空港ラウンジ 
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティ・パス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーター サービス
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • 空港パーキング
  • コットンクラブ優待
  • 新国立劇場優待
  • 海外サポートデスク
旅行保険 海外:5,000万円
国内:
5,000万円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:
500万円
審査可能年齢 20歳以上
キャンペーン情報 入会後3ヶ月以内に利用で最大20,000ポイントプレゼント
\コスパ超良好のステータスカード/

2アメックスゴールド

アメックスゴールド

アメックスゴールドのおすすめポイント
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
  • レストランやホテルでの優待特典あり
  • 1枚目の家族カードが年会費無料!本会員同等のサービスを利用できる
  • 【入会特典】最大40,000ポイントがもらえる!

アメックスゴールドは、ゴールドカードとしての多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

また、アメックスゴールドなら家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率 1.0%
マイル交換率
  •  ANAマイル(2,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
特典
  • 空港ラウンジ 
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティ・パス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーター サービス
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • 空港パーキング
  • コットンクラブ優待
  • 新国立劇場優待
  • 海外サポートデスク
  • レストラン優待
  • 京都観光ラウンジ
  • ゴールドダイニングby招待日和
  • 航空便遅延費用補償
  • 3,000円OFFクーポンコードプレゼント
  • 海外のホテル予約が8%OFF
  • アップルワールド.comが5%OFF
  • プリファード・ゴルフ
旅行保険 海外:1億円
国内:5,000万円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:500万円 
審査可能年齢 20歳以上
キャンペーン情報 入会後3ヶ月以内に利用で最大40,000ポイントプレゼント

3アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレス・カード・プラチナ

アメックスプラチナのおすすめポイント
  • 24時間365日利用できる「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」
  • ホテルの優待特典やVIP会員サービスが利用可能
  • メタル素材の光沢が美しいスタイリッシュなカード
  • 【入会特典】最大50,000ポイントプレゼント!

アメックスプラチナは、年会費143,000円(税込)。アメックスが誇るハイステータスカードです。

 2019年3月まではインビテーション制(招待制)だったアメックスプラチナ。2019年4月以降は、自分から申し込めるようになっています。

アメックスプラチナでは「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」が利用可能。専用コンシェルジュが24時間365日、会員の要望に応えてくれます。

\アメックスの誇るステータスカード/

付帯サービスや保険内容などがきわめて高く、サービス充実度はプラチナカードとして高い位置に君臨します。審査難易度は厳格といわれていますが、自分から申し込みできるのでぜひチャレンジしたい1枚です。

年会費 143,000円(税込)
ポイント還元率 1.0% 
マイル交換率
  •  ANAマイル(1,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(1,250ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
特典
  • ホテル宿泊優待サービス
  • 空港ラウンジサービス
  • プライオリティ・パス
  • 海外サポートデスク
  • 2for1ダイニングby招待日和
  • プラチナコンシェルジュデスク
  • 手荷物無料宅配サービス
  • レンタカーサービス
  • アメリカンエキスプレス・トラベルオンラインのクーポン配布
  • フリー・ステイ・ギフト
  • ホームウェアプロテクション
旅行保険 海外:1億円
国内:1億円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:500万円  
審査可能年齢 20歳以上
キャンペーン情報 入会後3ヶ月以内に利用で最大50,000ポイントプレゼント
\アメックスの誇るステータスカード/

招待制のブラックカード!アメックスセンチュリオンとは?

アメックスセンチュリオン

アメックスカードには、アメックスプラチナの上位カードが存在します。アメックスが発行するブラックカード、「アメックスセンチュリオン」です。

アメックスセンチュリオンは完全招待制。自分から申し込むことはできず、招待状を受け取った人だけが持てるカードなのです。

それゆえ、アメックスセンチュリオン入手が困難なカードとして知られており、入会金・年会費だけで100万円以上が必要となります。

招待状が届く条件などは一切公表されていませんが、アメックスプラチナの月間利用額が最低200万円以上との情報もあります。

世界でもごく一握りの方しか発行できない「アメックスセンチュリオン」。入手したい方は、アメックスプラチナの利用額を上げることが絶対条件といえるでしょう。

アメックスセンチュリオンを持つには、アメックスプラチナでクレジットヒストリーを磨くことから始めましょう。
\アメックスの誇るステータスカード/

旅行が好きな方におすすめ!SPGアメックスカードとは?

spgアメックス

SPGアメックスカードのおすすめポイント
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート資格付与
  • 約40の航空会社のマイルと交換可能!条件達成でボーナスマイルも
  • 世界各地の提携ホテル飲食が15%オフ!レストラン+バー特典
  • 空港ラウンジ無料サービスや航空機遅延補償など旅のサポートも安心

SPGアメックスカードは、高級ホテルとして有名な

  • スターウッド
  • マリオット
  • リッツカールトン

と国際ブランドであるアメックスが提携したクレジットカードで、旅行やホテルが好きな方に特におすすめです。

\無料宿泊特典・レストラン&バー15%OFF/
 SPGアメックスカードを持つと、世界中にあるマリオットボンヴォイのゴールドエリート資格が付与され、カードの継続利用で無料宿泊優待を受けることもできます。

また、貯まったポイントは約40の航空会社のマイルと交換可能。60,000ポイントをまとめてマイルに移行すると、ボーナスポイントも加算されるため還元率が1.25%にアップします!

クレジットカードのマイル還元率はほとんどが0.5%以下。SPGアメックスカードは多くのカードより2.5倍以上マイルが貯まります。

 

年会費 34,100円(税込)
ポイント還元率 1.0% 
マイル交換率
  • 約40の航空会社のマイル(3,000ポイント=1,000マイル)

→60,000ポイントをまとめてマイル移行で
通常マイル+5,000マイル(15,000ポイント)をプレゼント

付帯サービス
特典
  • 無料宿泊優待
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格付与
  • 空港ラウンジサービス
  • 航空便遅延補償
  • ショッピング・プロテクション
  • レストラン・バー特典
旅行保険 海外:1億円
国内:5,000万円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:500万円  
審査可能年齢 20歳以上
キャンペーン情報  入会後3ヶ月以内に10万円以上利用で、最大30,000ポイントプレゼント!
\無料宿泊特典・レストラン&バー15%OFF/

アメックスカードのメリットとデメリット

アメックスカードのメリット・デメリット

ここまで、5種類のアメックスカードを比較してきました。では、アメックスカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

公式サイトからではわからないデメリットも合わせて紹介します!
メリット デメリット
  • 希少価値が高い
  • サポートデスクの対応が良い
  • ショッピング保険が充実(上限金額あり)
  • 旅行系のサービスに強い
  • ANAマイル交換率が良い
  • 年会費が必要
  • 審査が厳しい
  • 旅行保険が国内・海外共に利用付帯
  • ポイント還元率が低め
  • 家族カードにも年会費が必要

アメックスカードのメリット&デメリットをまとめると上記の通りです。では、アメックスカードのメリット・デメリットのうちいくつかを解説します。

\コスパ超良好のステータスカード/

アメックスカードのメリット

ご紹介したメリットについて、より詳しく説明していきます。アメックスに切り替えを考えている方は、ぜひ目を通してみてください。

● サポートデスクの対応が良い

サポートデスクの対応が良い

アメックスカードでは、安心して利用してもらえるようサポートデスクが用意されています。カードを利用中に疑問点や困ったことがあれば、サポートデスクに問い合わせてみましょう。

アメックスカードのサポートデスクは、支払いや保険の相談はもちろん、ゴルフや旅行のデスクもあります。サービスに応じた細やかな対応を行っているため、ユーザーにも好評です。

それを裏付けるデータが、NTTコムによる顧客ロイヤリティの調査です。カード利用者が知人におすすめしたい度合いが分かる「NPSベンチマーク調査」を実施したところ、アメックスカードは全体3位にランクインしました。

実は、その3位にランクインした理由こそ、「サポートデスクの対応の良さ」そして「カードのステータスの高さ」なのです。

● ショッピング保険が充実

アメックスカードでは、購入した商品に対するサポートも充実しています。その1つが、ショッピング保険です。

ショッピング保険は、ご紹介したカードのうち

  • アメックスプラチナ
  • アメックスゴールド
  • アメックスグリーン
  • SPGアメックスカード

に付帯しており、いずれも購入後90日以内・年間で最大500万円の保険が適用されます。

また、ネットショッピングでの不正利用に対する補償や、購入店が返品を受け付けなかった場合の返金サポートも、各カードに付帯しています。

買い物で万が一のことがあっても、お客様の安心を多方面からサポートしてくれます。
\コスパ超良好のステータスカード/

● 旅行系サービスに強い

旅行系サービスに強い

アメックスカードはメリットでも挙げられている通り、旅行系のサービスに強みを持っています。

アメックス旅行系サービス一例
  • 国内・海外旅行保険が最大5,000万円で家族にも適用される(利用付帯)
  • 国内・海外で空港ラウンジ利用可能
  • スーツケース無料配送サービス
  • 空港送迎サービスの割引

他にもカードのステータスによって様々なサービスを受けることができます。国内・海外問わずよく旅行に行く人にはアメックスカードはおすすめです。

旅行によく行く方にとってANAマイルの交換レートが高い点も嬉しいポイントです!
\コスパ超良好のステータスカード/

アメックスカードのデメリット

充実した保険やサービスが付帯してるアメックスですが、デメリットもあります。ただ、デメリットをうまくカバーできるサービスがあるのも強みです。

● 旅行保険が国内・海外ともに利用付帯

アメックスカードでは、各カードに旅行保険が付帯していますが、どのカードも利用付帯が基本となっています。

利用付帯とは?
航空機のチケットやホテルの宿泊費など、旅行代金をクレジットカードで決済した場合に適用される保険のことです。

しかしご紹介したすべてのカードで、家族会員でも国内・海外ともに旅行保険が適用されるため、家族旅行の際には非常に便利です。

また家族カードを発行していなくても、生計を同一にしている家族も利用付帯の適用内になります。アメックスカードの旅行保険は幅広くカバーしているので安心できます。

● ポイント還元率が低め

ポイント還元率が低め

アメックスカードはデメリットでも挙げた通りポイント還元率があまり高くなく、還元率を上げるためには別途料金で「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録する必要があります。

確かに、通常のポイントプログラムのままではなかなかポイントを貯めることができないかもしれません。しかし、メンバーシップ・リワード・プラスへ参加すると加盟店でのポイント還元率が3.0%になるのです。

 アメックスプラチナならメンバーシップ・リワード・プラスへの登録が無料!加盟店もAmazonやJALなど身近な店舗を展開しています。

アメックスのポイントプログラムについては下記で詳しく説明しているのでぜひ参考にしてみてください!
\コスパ超良好のステータスカード/

アメックスのポイントプログラム

アメックスカードのポイントプログラム

アメックスでは「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムを採用しています。利用金額に応じて、メンバーシップ・リワードポイントが貯まります。

ここでは、アメックスカードのポイント還元率と貯まったポイントの使い方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ポイント還元率・貯まり方

アメックスカードのポイント還元率は1.0%です。カードの種類ごとに多少違いはあるものの、基本的に100円利用するごとに1ポイントが貯まります。ポイントの有効期限は最大3年間です。

 

買い物や旅行など、どんな支払いでも還元率は常に1.0%以上。一般的なクレジットカードの還元率は平均0.50%程度なので、アメックスは他のクレジットカードと比較して、ポイント還元率が高いカードといえます。

\コスパ超良好のステータスカード/

ポイントがさらに貯まる!メンバーシップ・リワード・プラスとは

メンバーシップ・リワード・プラスとは

また、アメックスにはポイントが更に貯まる「メンバーシップ・リワード・プラス」があります。

メンバーシップ・リワード・プラスとは
ポイントの有効期限が無期限になったり、ボーナスポイントプログラムへ申し込みできるようになったりするプログラムのことです。

アメックスカードでは、年会費3,300円(税込)を追加で支払うことでメンバーシップ・リワード・プラスへ参加できます。

メンバーシップリワードプラスへ参加すれば、ポイントの有効期限が無期限へ変更。期間を気にせず好きなだけポイントを貯められます。ポイントが無駄になる心配もありません。

さらに、メンバーシップ・リワード・プラス参加後は、「ボーナスポイントプログラム(別途参加費無料)」への登録が可能です。

 ボーナスポイントプログラムに登録すると、対象加盟店での利⽤が100円=3ポイント(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント2ポイント)となり、還元率が3.0%になります!
ボーナスポイントプログラム加盟店舗の例
  • Yahoo! JAPAN
  • iTunes Store/App Store
  • JAL公式Webサイト
  • HIS公式Webサイト
  • Amazon
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

対象加盟店で年間12万円以上買い物する方であれば、ポイント還元としてメンバーシップ・リワード・プラスの年会費の元が取れます。

アメックスカードのポイント還元率を上げたい方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの参加も検討してみてください。

\コスパ超良好のステータスカード/

ポイントの使い道

ポイントの使い道

アメックスカードで貯まったポイントには、主に4つの使い道があります。

  1. マイルと交換する
  2. 他社ポイントと交換する
  3. 利用代金の支払いに当てる
  4. アイテムと交換する

それぞれの使い方を紹介していますので、確認していきましょう。

\コスパ超良好のステータスカード/

1マイルと交換する

アメックスカードで貯まったポイントは、マイルと交換できます。交換できるのはANAマイルをはじめとする15の提携航空パートナーのポイントです。

マイルへの移行レート

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
ANAマイル 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
その他の航空会社 2,000ポイント=1,000マイル 1,250ポイント=1,000マイル
 ただし、ポイントをANAマイルに移行するためには、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要です。

メンバーシップ・リワード・ANAコースは年会費5,500円(税込)がかかります。

プラチナカード以上の会員であれば、メンバーシップ・リワード・ANAコースへの登録費は無料。貯めたポイントをいつでもANAマイルに移行できます。

\コスパ超良好のステータスカード/

2他社ポイントと交換する

アメックスのポイントは、他社提携ポイントに交換できます。

交換できるのは、主に

  • ヒルトン・オナーズのポイントプログラム
  • Marriott Bonvoyのポイントプログラム
  • 楽天ポイント
  • Tポイント

の4つです。

他社提携ポイントの交換レート

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
提携ホテル(ヒルトン・オナーズ、Marriott Bonvoy)ポイント 2,000ポイント=1,250ポイント 1,000ポイント=1,250ポイント
楽天・Tポイント 3,000ポイント=1,000ポイント 3,000ポイント=1,500ポイント

ポイント交換率は、メンバーシップ・リワード・プラス(年会費税込3,300円)に加入しているかによって異なります。

アメックスから楽天ポイントやTポイントへの交換率は、他のクレジットカードに比べてあまり高くないともいえます。

アメックスで貯まったポイントを効率的に使いたい方は、他の利用方法がおすすめです。

\コスパ超良好のステータスカード/

3利用代金の支払いに充てる

利用代金にあてる

アメックスで貯まったポイントは、利用代金の支払いに使えます。様々な支払い代金にポイントを充当することで、お得にショッピンを楽しめます。

アメックスのポイントを利用代金の支払いに充てた場合の換金率

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
カード利用代金 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5〜1円
旅行代金の支払い 1ポイント=0.4円 1ポイント=0.8〜1円
店頭での支払い 3,000ポイント=1,000円分商品券 2,000ポイント=1,000円分商品券
オンラインショップでの支払い 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5~1円

アメックスで貯まったポイントの換金率が最も高いのは、旅行代金の支払いにポイントを利用した場合です。

  • 「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • 「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」
  • 「日本旅行」

などで貯めたポイントを使えます。

 また、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの換金率は大幅にアップします。

アメックスカードをメインで利用する方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの参加を検討する価値は十分あるでしょう。

\コスパ超良好のステータスカード/

4アイテムと交換する

アメックスのポイントは、アイテムや体験と交換できます。

アメックスでは、ポイントの交換先としてバラエティ豊かな500以上のアイテムを用意。カード会員限定のオリジナルイベントにも開催しています。

 さらに、3,000ポイント=1,000円分の「商品券・ギフト券」や「Eクーポンへ」との交換も可能です。

ポイントの使い道として幅広い選択肢が用意されていることは、アメックスカードの大きなメリットです。

アメックスカードの審査難易度

アメックスの審査難易度

アメックスカードの審査難易度は、非常に高いと予測されます。アメックスカードは世界的に信用があり、限られた人しか持てない、希少価値の高さがアメックスのブランドイメージに繋がっています。

申し込み条件を一般的なクレジットカードと比較しても

  • 一般的なクレジットカード:18歳以上
  • アメックス:20歳以上かつ安定した収入がある方

と設定されており、いかに厳しいといえるかが分かります。

また、アメックスカードの審査難易度は、カードのランクが上がるごとに高くなると予想されます。

アメックスカードの審査難易度予想
グリーン(やや高い)→ゴールド(高)→プラチナ(非常に高い)

年収やクレジットヒストリーによほど自信がない限りは、まずアメックスグリーンに申し込むのがおすすめです。

 アメックスグリーンをたくさん使用するほど、ゴールドカードやプラチナカードは発行しやすくなる可能性が考えられます。

アメックスゴールドやプラチナの審査に落ちた方は、まずアメックスグリーンで良好なクレジットヒストリーを作ることから始めてみてください。
\コスパ超良好のステータスカード/

アメックスカードの作り方

アメックスカードの作り方

アメックスの作り方を確認していきましょう。アメックスのクレジットカードは以下の手続きで作成可能です。

アメックスの作り方
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 発行

それぞれの手順について確認していきましょう!

1申し込み

まず、アメックスカードの申し込みについて確認していきましょう。アメックスカードの申し込み条件は「20歳以上かつ安定した収入がある方」とされています。

一般的なクレジットカードの申し込み条件は18歳以上のため、他のカードより審査は厳しめと言えるでしょう。

また、アメックスの申し込み方法は以下の4種類が用意されています。

アメックスカード申し込み方法
  • インターネット申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送申し込み
  • 空港・駅で申し込み
 ただし、郵送での申し込み・空港や駅での申し込み場所については詳しくは掲載されていないため事前に電話で問い合わせてみましょう。

上記の中では特にインターネット申し込みがおすすめです。審査から発行までの期間が短く、24時間いつでも申し込みを行うことができます。

アメックスカードの申し込みに必要なものはなんですか?

アメックスカードの申し込みにはフォームの記入が必須になります。必要なものとしては

  • 住所
  • 銀行口座

など通常のカード申し込みの際と同様です。また、その後審査で本人確認書類が要求されることもあるので用意しておきましょう。

\コスパ超良好のステータスカード/

2審査

アメックスカードの審査

アメックスの審査は、通常10日ほどかかると言われています。

アメックスカードの審査状況は途中で確認できますか?
審査状況は電話で確認できます。申し込み後に発行される照会番号を控えておきましょう。

また、先ほどもご紹介したようにアメックスカードの審査難易度は高いと予想されています。明確な審査基準などは公表されていませんが、カードのステータスが高くなるにつれ審査が厳しくなることは覚えておきましょう。

3カード発行

アメックスの審査に通過すると申し込み時に記載した住所にカードが郵送されます。カードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で発送されるため、家に通知書が届いたら受取可能な方法を選びましょう。

カードを受け取る際に必要なものは以下の通りです。

カード受け取りに必要なもの
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 到着通知書(配達の場合は不要)

本人確認書類は事前に有効なものをチェックしておきましょう!
\コスパ超良好のステータスカード/

アメックスカードに関する独自アンケート調査

ここまでアメックスプラチナ・ゴールド・グリーンの比較や、アメックスカードのメリット・デメリットなどについて解説しました。

アメックスカードのステータスの高さや付帯保険・サービスの充実度は、他の国際ブランドにはない大きな特徴です。

なお、当サイトではアメックスカードに関連する独自のアンケート調査を実施しました。アメックスカードの利用を考えている方の参考になれば幸いです。

アメックスカードに関する独自のアンケート調査項目
  • メインカードの国際ブランド
  • メインカードのカードランク
  • クレジットカードでステータスを感じる部分

Q:メインカードにしているクレジットカードの国際ブランドは?

メインカードの国際ブランド

アンケート回答の内訳
メインカードの
国際ブランド
割合
VISA 51.7%
JCB 28.8%
Mastercard 16.1%
アメリカン・エキスプレス 2.1%
その他 1.4%

調査概要はこちら

当サイトが独自でアンケート調査を行った結果、メインカードの国際ブランドがアメリカン・エキスプレス(アメックス)の人は2.1%とかなり少ないことが分かりました。

前述したとおり、アメックスカードは希少価値の高いカードです。アンケート調査はまさに、「持てる人が限られている」という言葉を根拠づけるものとなりました。

審査難易度は他のクレジットカードより厳しめですが、その分一般カードでも豊富なサービスが付帯しています。1枚持っているだけでも、ライフスタイルをより豊かにしてくれます。

Q:メインカードにしているクレジットカードのランクは?

メインカードのランク

アンケート回答の内訳
メインカード
のランク
割合
一般カード 74.0%
ゴールドカード 20.2%
プラチナカード 3.8%
ブラックカード 0.7%
わからない 1.0%

調査概要はこちら

当サイト独自のアンケートで、メインカードのランクを調査したところ、一般カードが74.0%と圧倒的に票を集める結果となりました。

アメックスカードにも、一般カード~ブラックカードまでそれぞれカードがありますが、初めて持つなら一般カードのアメックスグリーンがおすすめです。

アメックスグリーンは、アメックスゴールドやプラチナと遜色ないサービスをカバー。それでいて年会費はアメックスカードの中で最安なので、コスパが非常に高いです。

アメックスカードを持ってみたいと思ったら、まずはアメックスグリーンへの申し込みを検討してみてください!

アメックスカードは基本的に審査が甘くないので、一般カードからの利用開始をおすすめします。

Q:クレジットカードでステータスを感じる部分は?

クレジットカードのステータスを感じる部分

アンケート回答の内訳
項目 割合
特典の充実度 27.1%
年会費の高さ 12.0%
付帯保険・補償の高さ 9.6%
券面デザインのかっこよさ 0.7%
カードの色 6.5%
カードの知名度 8.9%
あてはまるものはない 35.3%

調査概要はこちら

当サイト独自のアンケート調査によると、クレジットカードでステータスを感じる部分として、「特典の充実度」が27.1%で最も多い結果となりました。

アメックスカードはまさに、特典の多さが魅力のクレジットカードです。特にアメックスプラチナは、24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスや、ホテルの優待特典など、ワンランク上のサービスを堪能できます。

クレジットカードにステータス性を求める方は、ぜひ特典が豊富なアメックスカードを利用してみてはいかがでしょうか。

アメックスカードについてよくある質問

おすすめのアメックスカードは?
おすすめのアメックスカードは、アメックスグリーンです。一般カードながら、プライオリティ・パスや空港ラウンジの無料サービスなど、充実したサービス展開が魅力です。

ポイント還元率も1.0%と高く、マイルや他社ポイント、ギフト券などと交換ができます。利用限度額もアメックスゴールドやプラチナとそこまで変わらないので、コスパの良さに定評があります。

アメックスプラチナとは?
アメックスプラチナとは、アメックスが発行しているプラチナカードで、ステータス性の高さが特徴です。

年会費は143,000円(税込)と一般的なクレジットカードより高めですが、その分付帯保険やサービスが充実しています。中でもコンシェルジュサービスは、プラチナカード特有のサービスです。

これまでアメックスプラチナは招待された人だけが作れるカードでしたが、2019年4月以降は自分からでも申し込みができるようになりました。


アメックスゴールドとは?
アメックスゴールドとは、多彩なサービスが魅力のゴールドカードです。

最高1億円の旅行保険やプライオリティ・パス、空港ラウンジ無料サービスなどが付帯しており、旅行や出張が多い方におすすめです。また、アメックスゴールドは家族カードが1枚無料で作成できます。本会員とほぼ同じ保険・サービスを受けられるので、家族カードも併せて作成すると安心です。


アメックスセンチュリオンとは?

アメックスセンチュリオンとは、アメックスが発行するブラックカードのことをいいます。完全招待制のため持てる人が限られており、年会費と入会金も合計100万円以上が必要です。

詳細な情報は非公開のため不明ですが、非常に入手困難なカードといえるでしょう。


SPGアメックスカードとは?

SPGアメックスカードとは、マリオットボンヴォイポイントが貯まるクレジットカードです。世界各地のマリオットボンヴォイでポイントが貯まるほか、約40の航空会社のマイルと交換できます。

また、60,000ポイントをまとめてマイルに交換すると、通常マイルに加えてボーナスマイルももらえます。


アメックスカードの審査難易度は?

アメックスカードの審査難易度は、きわめて高いとされています。その理由は、数ある国際ブランドの中でもアメックスカードは希少価値のあるカードだからです。

一般的なクレジットカードでは、高校生を除く18歳以上が申し込み対象です。しかし、アメックスカードでは20歳以上で安定した収入がある人が対象のため、より制限がかけられているカードといえるでしょう。


アメックスカードの締め日はいつ?

アメックスカードでは、登録した口座の金融機関によって締め日が異なります。よって、締め日は個別に設定されています。

なお、アメックスカードの公式サイトに記載されているのは、基本的には以下の3パターンです。
・締め日が1日前後→同月21日に支払い
・締め日が26日前後→同月26日に支払い
・締め日が20日前後→翌月10日に支払い

まとめ

ここまで、アメックスカードについてまとめてきました。アメックスカードは、クレジットカードとしてかなりの「ハイステータスカード」です。

アメックスカードを初めて持つなら、アメックスグリーンがおすすめです。また、アメックスプラチナやアメックスゴールドも充実のサービスがあるので、利用実績を作ってぜひ申し込んでみてください。

旅行やホテルが好きな方は、レストランやホテルの優待特典があるSPGアメックスカードもおすすめです。

アメックスカードの審査難易度は高めと考えられますが、付帯サービスや保険内容、ポイントプログラムが充実しているのも特徴です。

ぜひこの記事の内容を参考に、アメックスカードへの申し込みを検討してみてくださいね。

\コスパ超良好のステータスカード/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事