アメックス

世界No.1のステータスカードと称される「アメックスカード」。

多彩なポイントプログラムや旅行傷害保険をはじめとするプロテクションサービス、豊富なサービス優待など、唯一無二の存在感を放ちます。

ワンランク上のクレジットカードを探している方の中には「アメックスカードに申し込むか迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アメックスカード3種類を徹底比較

  • アメックスグリーン
  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ

各カードの「付帯サービス」「保険内容」「ポイント還元率」などをまとめています。

さらに、アメックスカードのポイントプログラム審査難易度も紹介しています。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

アメックスカードについて調べている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、アメックスのポイントプログラムを確認してきましょう。アメックスでは「メンバーシップ・リワード」と言う独自のポイントプログラムを採用。

利用金額に応じて、メンバーシップ・リワードポイントが貯まります。

ここでは、アメックスカードのポイント還元率と貯まったポイントの使い方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ポイント還元率・貯まり方

アメックスカードのポイント還元率は1.00%です。カードの種類ごとに多少違いはあるものの、基本的に100円利用するごとに1ポイントが貯まります。

ポイントの有効期限は最大3年間です。

買い物や旅行など、どんな支払いでも還元率は常に1.00%以上。アメックスは他のクレジットカードと比較して、ポイント還元率が高いカードと言えます。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

ポイントUP!メンバーシップ・リワード・プラスとは

また、アメックスにはポイントが更に貯まる「メンバーシップ・リワード・プラス」があります。

メンバーシップ・リワード・プラスとは
ポイントの有効期限が無期限になったり、ボーナスポイントプログラムへ申し込みできるようになったりするプログラムのことです。

アメックスカードでは、年会費3,300円を追加で支払うことでメンバーシップ・リワード・プラスへ参加できます。

メンバーシップリワードプラスへ参加すれば、ポイントの有効期限が無期限へ変更。期間を気にせず好きなだけポイントを貯められます。

ポイントが無駄になる心配も一切ありません。

さらに、メンバーシップ・リワード・プラス参加後は、「ボーナスポイントプログラム(参加費無料)」への登録が可能です。

ボーナスポイントプログラムに登録すると、対象加盟店での利⽤が100円=3ポイント(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント2ポイント)となります。

 ボーナスポイントプログラム加盟店でのポイント還元率は実に3.00%です。
ボーナスポイントプログラム加盟店舗
  • Yahoo! JAPAN
  • iTunes Store/App Store
  • JAL公式Webサイト
  • HIS公式Webサイト
  • Amazon
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

対象加盟店で年間12万円以上買い物する方であれば、メンバーシップ・リワード・プラスの年会費の元が取れます。

アメックスカードのポイント還元率を上げたい方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの参加も検討してみてください。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

ポイントの使い道

アメックスカードで貯まったポイントには、主に4つの使い道があります。

  1. マイルと交換する
  2. 他社ポイントと交換する
  3. 利用代金の支払いに当てる
  4. アイテムと交換する

それぞれの使い方を紹介していますので、確認していきましょう。

1マイルと交換する

アメックスカードで貯まったポイントは、マイルと交換できます。

交換できるのはANAマイルをはじめとする15の提携航空パートナーのポイントです。

マイルへの移行レート

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
ANAマイル 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
その他の航空会社 2,000ポイント=1,000マイル 1,250ポイント=1,000マイル
 ただし、ポイントをANAマイルに移行するためには、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要です。

メンバーシップ・リワード・ANAコースは年会費5,500円がかかります。

プラチナカード以上の会員であれば、メンバーシップ・リワード・ANAコースへの登録費は無料。貯めたポイントをいつでもANAマイルに移行できます。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

2他社ポイントと交換する

アメックスのポイントは、他社提携ポイントに交換できます。

交換できるのは、

  • ヒルトン・オナーズのポイントプログラム
  • Marriott Bonvoyのポイントプログラム
  • 楽天ポイント
  • Tポイント

の4つです。

他社提携ポイントの交換レート

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
提携ホテル(ヒルトン・オナーズ、Marriott Bonvoy)ポイント 2,000ポイント=1,250ポイント 1,000ポイント=1,250ポイント
楽天・Tポイント 3,000ポイント=1,000ポイント 3,000ポイント=1,500ポイント

ポイント交換率は、メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,300円)に加入しているかによって異なります。

アメックスから楽天ポイントやTポイントへの交換率は、他のクレジットカードに比べてあまり高くありません。

アメックスで貯まったポイントを効率的に使いたい方は、他の利用方法がおすすめです。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

3利用代金の支払いに当てる

アメックスで貯まったポイントは、利用代金の支払いに使えます。様々な支払い代金にポイントを充当することで、お得にショッピンを楽しめます。

アメックスのポイントを利用代金の支払いに当てた場合の換金率

 通常 メンバーシップリワードプラス登録
カード利用代金 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5〜1円
旅行代金の支払い 1ポイント=0.4円 1ポイント=0.8〜1円
店頭での支払い 3,000ポイント=1,000円分商品券 2,000ポイント=1,000円分商品券
オンラインショップでの支払い 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5~1円

アメックスで貯まったポイントの換金率が最も高いのは、旅行代金の支払いにポイントを利用した場合です。

  • 「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • 「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」
  • 「日本旅行」

などで貯めたポイントを使えます。

 また、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの換金率は大幅にアップします。

アメックスカードをメインで利用する方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの参加を検討する価値は十分あるでしょう。

\グリーン・ゴールド・プラチナ/

4アイテムと交換する

アメックスのポイントは、アイテムや体験と交換できます。

アメックスでは、ポイントの交換先としてバラエティ豊かな500以上のアイテムを用意。カード会員限定のオリジナルイベントにも開催しています。

 さらに、3,000ポイント=1,000円分の「商品券・ギフト券」や「Eクーポンへ」との交換も可能です。

ポイントの使い道として幅広い選択肢が用意されていることは、アメックスカードの大きなメリットです。

アメックス徹底比較!グリーン・ゴールド・プラチナの違い

1アメックスグリーン(一般カード)

アメリカンエクスプレス

アメックスグリーンは、アメックスの一般カードです。

無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポートなど、アメリカンエキスプレスならではの手厚いサービスが付帯しています。

ゴールド・プラチナカードに見劣りしない付帯サービスに加え、限度額にも差がないので年会費のコスパの良さから最も選ばれやすいカードです。
\コスパ最強のステータスカード/

ポイント還元率は1.00%です。いつでもどこでも100円あたり1ポイントが付与。日々の支払いや旅行代金の支払いなど、ムダなくポイントが貯まります。

貯まったポイントは、マイルや提携ポイントに移行したり、ギフト券やアイテムに交換したりできます。

年会費はアメックス最安の13,200円。他のアメックスカードに比べて審査難易度も低く、初めてアメックスカードを作る方におすすめの1枚です。

年会費 13,200円
ポイント還元率 1.00%
マイル交換率
  • ANAマイル(2,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
  • 空港ラウンジ 
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティ・パス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーター サービス
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • 空港パーキング
  • コットンクラブ優待
  • 新国立劇場優待
  • チケット・アクセス
  • 海外サポートデスク
旅行保険 海外:5,000万円
国内:
5,000万円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:
500万円
申し込み条件 20歳以上
\コスパ最強のステータスカード/

2アメックスゴールド

アメックスゴールド

アメックスゴールドは、ゴールドカードならではの多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

\憧れのゴールドカードなら/

また、アメックスゴールドなら家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

年会費 31,900円 
ポイント還元率 1.00%
マイル交換率
  •  ANAマイル(2,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
  • 空港ラウンジ 
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティ・パス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーター サービス
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • 空港パーキング
  • コットンクラブ優待
  • 新国立劇場優待
  • チケット・アクセス
  • 海外サポートデスク
  • レストラン優待
  • 京都観光ラウンジ
  • ゴールドダイニングby招待日和
  • 航空便遅延費用補償
  • 3,000円OFFクーポンコードプレゼント
  • 海外のホテル予約が8%OFF
  • アップルワールド.comが5%OFF
  • プリファード・ゴルフ
旅行保険 海外:1億円
国内:5,000万円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:500万円 
申し込み条件 20歳以上 
\憧れのゴールドカードなら/

3アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスプラチナは、年会費143,000円。アメックスが誇るハイステータスカードです。

 2019年3月まではインビテーション制(招待制)だったアメックスプラチナ。2019年4月以降は、自分から申し込めるようになっています。

アメックスプラチナでは「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」が利用可能。専用コンシェルジュが24時間365日、会員の要望に応えてくれます。

\最高のステータスカード/

付帯サービスや保険内容など、全てがアメックスゴールドのワンランク上。圧倒的なサービス充実度は、プラチナカード 全体の中でもトップに君臨します。

審査難易度は非常に高いカードですが、自分から申し込みできるのでぜひチャレンジしたい1枚です。

年会費 143,000円 
ポイント還元率 1.00% 
マイル交換率
  •  ANAマイル(1,000ポイント=1,000マイル)
  • 15の提携航空マイル(1,250ポイント=1,000マイル)
付帯サービス
  • ホテル宿泊優待サービス
  • 空港ラウンジサービス
  • プライオリティパス
  • 海外サポートデスク
  • 2for1ダイニングby招待日和
  • プラチナコンシェルジュデスク
  • 手荷物無料宅配サービス
  • レンタカーサービス
  • アメリカンエキスプレス・トラベルオンラインのクーポン配布
  • フリー・ステイ・ギフト
  • ホームウェアプロテクション
旅行保険 海外:1億円
国内:1億円
ショッピング保険 海外:500万円
国内:500万円  
申し込み条件 20歳以上
\最高のステータスカード/

ブラックカードの最高峰!アメックスセンチュリオンとは?

アメックスカードには、アメックスプラチナの上位カードが存在します。「アメックスセンチュリオン」です。

アメックスセンチュリオンとは

アメックスが発行するブラックカードのこと

アメックスセンチュリオンは完全招待制。自分から申し込みできません。

ブラックカードの中でも入手が困難なカードとして知られており、入会金・年会費だけで100万円以上が必要です。

招待状が届く条件などは一切公表されていませんが、アメックスプラチナの月間利用額が最低200万円以上との情報もあります。

世界でもごく一握りの方しか発行できない「アメックスセンチュリオン」。入手したい方は、アメックスプラチナの利用額を上げることが絶対条件です。

\最高のステータスカード/

アメックスカードの審査難易度

アメックスカードの審査難易度は、非常に高いです。

アメックスカードは、世界的に信用がある「ステータスカード」です。

限られた人しか持てない、希少価値の高さがアメックスのブランドイメージに繋がっています。

 そのため、アメックスカードの審査は非常に厳しく、なかなか審査に通らない方も少なくありません。

申し込み条件を一般的なクレジットカードと比較しても

  • 一般的なクレジットカード:18歳以上
  • アメックス:20歳以上かつ安定した収入がある方

いかに厳しいかが分かります。

また、アメックスカードの審査難易度は、カードのランクが上がるごとに高くなります。

アメックスカードの審査難易度
グリーン(やや高い)→ゴールド(高)→プラチナ(非常に高い)

年収やクレジットヒストリーによほど自信がない限りは、まずアメックスグリーンに申し込むのがおすすめです。

 アメックスグリーンをたくさん使用するほど、ゴールドカードやプラチナカードは発行しやすくなります。

アメックスゴールドやプラチナの審査に落ちた方は、まずアメックスグリーンで良好なクレジットヒストリーを作ることから始めてみてください。

まとめ

ここまで、アメックスカードについてまとめてきました。

アメックスカードは、全クレジットカードを代表する「ハイステータスカード」です。

審査難易度は高めですが、付帯サービスや保険内容、ポイントプログラムが充実。他のクレジットカードと一線を画しています。

ぜひこの記事の内容を参考に、アメックスカードへの申し込みを検討してみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事