クレジットカード メリット
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

「ポイントが貯まる」「生活費を管理しやすくなる」など、たくさんのメリットがあるクレジットカード。もちろんデメリットもありますが、それ以上に魅力の多い優れものです。

しかし、どんな具体的なメリット・デメリットがわからず、クレジットカードの作成に踏み切れない方もいるでしょう。

そこで今回は、クレジットカードのメリット・デメリットを紹介。クレジットカード初心者に向けて、特徴仕組みについてもわかりやすく紹介しています。

最後に初めてのクレジットカードにおすすめ3枚を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
\最新決定版/

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの特徴・仕組み

クレジットカードには、商品やサービスを後払いできる特徴があります。締め日までに利用した金額を、翌月の引き落とし日に支払うイメージです。

クレジットカードの仕組み
  • カード会社
  • 加盟店
  • 利用者

また、クレジットカードは上記の3者間で成り立っています。利用者が購入した商品・サービスをカード会社が加盟店に支払い、後日利用者から利用料金をカード会社が回収する仕組みです。

 カード会社は利用者からお金を回収する必要があります。万が一回収できなければ、カード会社に立て替えた金額分の損失が生まれるからです。

そのため、クレジットカードを作成するためには審査に通過しなければなりません。クレジットカードの仕組み上、利用者とカード会社の信頼関係が重要だといえます。

延滞や未払いが起きないように、計画的に利用しましょう。

クレジットカードが使えるお店・サービス

クレジットカードが使えるお店・サービス

クレジットカードが使えるお店・サービスはたくさんあります。

クレジットカードが使えるお店・サービス例
  • コンビニ・スーパー
  • 百貨店・ショッピングモール
  • 飛行機・タクシー
  • 家賃・光熱費
  • 税金
  • 医療費
  • ネットショッピング

最近では、街のお店でもクレジットカードが使えるケースが増えてきています。海外でも問題なく利用できるので、旅行時に大金を持ち歩く必要がありません。

 クレジットカードが使える店舗・サービスの見分け方は、国際ブランドのマークがレジやお店の入り口付近に掲載されているかで判断します。

特に海外旅行時は「このお店でクレジットカードは使えるのかな…?」と不安になるでしょう。そんな時は、自分が所有するクレジットカードの国際ブランドが、お店に掲載されているか確認してみてください。

「VISA」や「Mastercard」であれば、国内外の加盟店が非常に豊富です。
\最新決定版/

クレジットカード支払い方法

クレジットカードが使えるお店・サービス

クレジットカードの支払い方法は、大きく分けて4種類です。すべて後払いする仕組みですが、それぞれ特徴が異なります。

 分割払いとリボ払いには手数料がかかります。

無駄な出費を抑えたい方に方には、一括払い、またはボーナス一括払いがおすすめです。各支払い方法の特徴を、以下の表から確認してみてください。

一括払い 1件の利用料金を一括支払う方法
分割払い 1件の利用料金を分割で支払う方法
リボ払い 利用残高にかかわらず、完済するまで一定の金額を支払い続ける方法
ボーナス一括払い 1件の利用料金を夏・冬のボーナス時に一括で支払う方法

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードが使えるお店・サービス

クレジットカードの類似品にデビットカードがあります。最近では、国際ブランドつきのプリペイドカードもあり、クレジットカードとの違いがイマイチわからない方もいるかもしれません。

 各カードの決定的な違いは、支払い方法です。

まずは、それぞれの支払い方法特徴を、以下の表から確認してみてください。

カードの種類 支払い方法 特徴
クレジットカード 後払い 締め日までの利用料金を引き落とし日に支払う
デビットカード 即時引き落とし 紐づけている銀行口座から利用金額が即時引き落とされる
プリペイドカード 事前入金 事前にチャージした範囲内で利用できる

クレジットカードが後払いなのに対して、他のカードは所持金の範囲内でしか利用できません。また、クレジットカード以外のカードは、審査なしで作成できます。

クレジットカードの審査に落ちた場合、他のカードを検討するのも一つの手です。
\最新決定版/

クレジットカードのメリット7つ

クレジットカードのメリット

クレジットカードの代表的なメリットは以下の7つです。

クレジットカードのメリット
  • 現金がなくても買い物できる
  • 利用料金に対してポイントが貯まる
  • スマートに会計を済ませられる
  • 付帯保険を利用できる
  • 特典・サービスを利用できる
  • 家計の管理がラクになる
  • 個人の信用情報を育てられる

現金払いでは得られないメリットがたくさんあります。メリットを知った上で利用すれば、よりお得にクレジットカードを使いこなせるでしょう。

現金がなくても買い物できる

クレジットカードは現金がなくても買い物ができます。最近では、クレジットカード払いに対応しているお店・サービスが多いので、現金を持たずに買い物に出かける方も少なくありません。

 クレジットカード払いは、後払いできる仕組みなので、金欠時にも役立ちます。

また、高額な支払いに対しても役立ちます。分割払いやリボ払いなら支払い回数を分けられるので、支払いの負担を減らせるでしょう。

ボーナス一括払いも魅力的な支払い方法です。

利用料金に対してポイントが貯まる

クレジットカードのメリット

クレジットカードを利用すると、現金感覚で使えるポイントが貯まります。街のお店やネットショッピングで「1P=1円」として利用できるポイントが貯まるのは、クレジットカード払いならではのメリットでしょう。

 クレジットカードにはポイント還元率が設定されています。

当然ですが、ポイント還元率は高いほどより多くのポイントを獲得できます。「ポイントを利用して節約効果を得たい」という方であれば、ポイント還元率の高いクレジットカードを選びましょう。

買い物だけでなく、商品・ギフト券やマイルと交換できるポイントもあります。
\最新決定版/

スマートに会計を済ませられる

クレジットカード払いは、スマートに会計を済ませられます。現金払いのように、小銭を取り出したり、おつりを受け取ったりする必要がありません。

 クレジットカード払いは、公共料金の支払いにも設定できます。

電気代や水道代、ガス代などの支払いに設定した場合、支払い日を1日にまとめられます。支払い用紙を持って、コンビニや金融機関で支払う手間が省けるところもポイントです。

公共料金の支払いでもポイントがもらえます。

付帯保険を利用できる

クレジットカードのメリット

付帯保険とは、クレジットカードの所有者が利用できるお得なサービスです。代表的な付帯保険は2種類で、旅行や買い物が好きな方に役立ちます。

旅行傷害保険 旅行時のトラブルに対する保険
ショッピング保険 購入品の破損・紛失・盗難に対する保険

また、付帯保険には、クレジットカードをもっているだけで保険が適用される「自動付帯」と、旅行代・買い物代をクレジットカード払いすることで適用される「利用付帯」があります。

もし付帯保険を重視するのであれば、保険の適用条件についても確認すると良いでしょう。

クレジットカードで万が一に備えられるのは、大きなメリットです。
\最新決定版/

特典・サービスを利用できる

特典・サービスがついているクレジットカードもあります。まずは、クレジットカードにどんな特典・サービスがあるのか確認してみてください。

クレジットカードの特典・サービス例
  • 空港ラウンジの利用特典
  • レストランでの割引特典
  • 旅館・ホテルの割引特典
  • 手荷物宅配サービス
  • 提携店舗での割引サービス

上記のような特典は、ステータスの高いクレジットカードほど充実している傾向にあります。クレジットカードのステータスは全4種類です。

 「一般→ゴールド→プラチナ→ブラック」の順にステータスが高くなります。

ただし、ステータスの高いカードは、高額な年会費が設定されている可能性があります。もしハイステータスなカードに申し込むのであれば、特典・サービスに年会費分の価値があるのか検討してみてください。

年会費分の価値を回収できそうなら、ハイステータスカードを作成しても問題ないでしょう。

家計の管理がラクになる

クレジットカードのメリット

クレジットカードは、利用明細から「何にお金を使っているか」が一目でわかります。そのため、家計簿をつけなくても、家計の管理ができるでしょう。

 家計簿アプリと連携できるクレジットカードもあります。

家計簿アプリと連携すれば、より家計の管理がラクになります。生活費の支払い目的でクレジットカードに申し込む方は、家計簿アプリと連携できるか確認してみてください。

利用明細をスマホやパソコンで確認できるクレジットカードもおすすめです。

個人の信用情報を育てられる

クレジットカードの利用と支払いを繰り返すと、個人の信用情報(クレジットカードヒストリー)を育てられます。個人の信用情報は、信用情報機関に保存されているので、自動車ローンや住宅ローンを組む際にも役立つかもしれません。

 延滞や未払いがなく、着実に利用と支払いを繰り返すと、良いクレジットカードヒストリーが信用情報機関に残ります。

一方、延滞や未払いの記録も保存されてしまいます。一度悪い記録が残ってしまうと、クレジットカードやローンの審査通りにくくなってしまうので、注意が必要です。

引き落とし日に困らないよう、無理のない範囲で利用するように心がけましょう。
\最新決定版/

クレジットカードのデメリット3つ

クレジットカードのデメリット

一方、クレジットカードの代表的なデメリットは以下の3つです。

クレジットカードのデメリット
  • 使いすぎてしまう可能性がある
  • 不正利用されるリスクがある
  • 支払い方法によっては手数料が加算される

メリットが多い反面、デメリットもあります。特にはじめてクレジットカードを作成する方は、デメリットについてもしっかりと把握しておくべきです。

使いすぎてしまう可能性がある

クレジットカードのデメリット

クレジットカードは、会計がスマートに済む分、使いすぎてしまう可能性があります。クレジットカード払いだけで生活していると、現金が目に見えて減らないところが理由の一つだと考えられるでしょう。

 クレジットカードの利用状況は、会員サイトやスマホアプリから確認しない限りわかりません。

そのため、クレジットカードの利用状況は常にチェックするべきだといえます。また、利用限度額の低いクレジットカードを選ぶのも一つの手です。

クレジットカードは利用限度額に達すると、締め日まで一時的に利用できなくなります。

不正利用されるリスクがある

クレジットカードが紛失・盗難に遭った場合、不正利用されるリスクがあります。不正利用に対する保証を提供しているカード会社もありますが、保証条件に該当しない場合、不正利用額を自己負担しなければなりません。

 クレジットカードを不正利用された場合、限度額まで目一杯利用されるリスクがあります。

そのため、現金を盗難されたときよりも、被害額が高額になりやすい傾向にあります。万が一紛失・盗難に遭ったときは、すぐにカード会社に連絡しましょう。

カード会社に連絡すると、一時的にカードを利用できなくしてもらえます。
\最新決定版/

支払い方法によっては手数料が加算される

クレジットカードのデメリット

クレジットカードの支払いで「リボ払い」「分割払い」には、手数料がかかります。特にリボ払いは、金利(実質年率)が高いので注意が必要です。

 返済期間が長くなるほど、返済総額が膨らんでしまいます。

毎月「返済額+手数料」を支払うため、返済が長期化するほど損をします。そのため、無駄な出費を抑えたい方には、おすすめできない支払い方法です。

もし分割払い、またはリボ払いを利用するのであれば、計画的に返済しましょう。

人気のクレジットカードおすすめ3選

おすすめクレジットカード3選

数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

総合的におすすめなクレジットカード3選
ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイントが常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
  • パートナー店でポイント最大11倍
    スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
    楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
  • ETCカード・家族カードの追加無料
  • 抽選でJCBギフトカード10万円分プレゼント中
※キャンペーン期間:2021年10月1日〜2021年12月7日
\年会費永久無料/

JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

 通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用で最大10,000円キャッシュバック!
  • さらに、抽選で10万円分のJCBギフトカードプレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~12月7日(火)
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント
  • キャッシング枠30万円以上の申し込みで200円プレゼント+利用で3,000円キャッシュバック
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
出典:JCB カード W公式サイト

2三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントを自動で現金に還元
  • 年会費が永年無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • ネットショッピングでポイント最大25倍 楽天、Yahoo!ショッピングなど
  • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く
 
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます

三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
 また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。
カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5%〜1.5%
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費無料
(発行手数料:税込1,100円)
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

3三井住友カードナンバーレス

三井住友NL

三井住友カードナンバーレスのおすすめポイント
  • 最短5分で即時発行可能
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でポイント最大5%還元
    大手コンビニ3社、マクドナルド
  • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
  • 新規入会と利用で最大8,500円相当のポイントプレゼント※1
  • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

三井住友カードナンバーレスは、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。

 アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

また三井住友カードナンバーレスの大きな特徴は、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、コンビニ3社(セブンイレブン/ファミリーマート/ローソン)とマクドナルドです。※2

これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
国際ブランド Visa,MasterCard
ETCカード 無料
(年1回利用で翌年も無料)
※1:2021年12月31日まで
※2:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。
出典:三井住友カード公式サイト

まとめ

ここまで、クレジットカードのメリット・デメリットを紹介しました。

結論、現金払いでは得られないメリットがたくさんあります。現金感覚で使えるポイントが貯まるところや、付帯保険を利用できるところは、クレジットカードならではのメリットでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、クレジットカードのメリットを最大限に生かしてみてください。

\年会費永久無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事