40代におすすめのクレジットカード6選!持っていない場合の注意点とは
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

「40代におすすめのクレジットカードってどれだろう…」「40代だけどカードを持っていない…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ハイステータスなカードに挑戦したい方や、年会費無料のお得なカードが欲しい方など、一口に40代と言っても人それぞれ状況は異なります。

そこで今回は、ステータス重視コスパ重視初めての方向けにそれぞれおすすめクレジットカードを紹介。40代向けのクレジットカードの選び方も紹介しています。

初めてカードを作成する際の注意点もまとめていますので、カード保有者から初心者まで参考にしてみてください。

【ステータス重視】40代におすすめのクレジットカード

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)は、条件達成すると年会費が永年無料になるナンバーレスゴールドカードです。

 年間100万円(税込)以上利用した場合、翌年以降の年会費は無料。継続特典として、5,000ポイントがもらえます。

ゴールドカードの中でもポイント還元率が比較的高く、ポイント重視の方にもおすすめです。「VISAタッチ決済」や「Mastercardコンタクトレス」を利用するだけで、最大10倍までポイント還元率が上がります。

また三井住友カード ゴールド(NL)には、ゴールドカードらしい優待特典や付帯保険も付いています。

優待特典・付帯保険(一例)
  • 国内・海外旅行傷害保険:最大2,000万円まで保証
  • ショッピング保険:年間300万円まで保証
  • 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能

旅行関連のサービスが充実しているところが特徴です。手厚い旅行傷害保険も付帯されているので、安心して旅行を楽しめるでしょう。

会員限定の空港ラウンジが無料で利用できるので、搭乗までの時間を優雅に過ごせますよ。
年会費 5,500円
※年間100万円利用で永年無料
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイント還元率 0.5~5.0%
貯まるポイントの種類 Vポイント
締め日・支払い日 15日締め・翌月10日払い/月末締め・翌月26日払い
付帯保険 国内・海外旅行保険/ショッピング保険

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、貯めたポイントをマイルに交換しやすいゴールドカードです。

 15の航空会社が運営するマイルに交換可能。「ANAマイルなら1,000ポイント=2,000マイル」のレートで交換できます。

付帯保険も手厚く、旅行・出張が多い方にピッタリのカードです。国内なら最大5,000万円、海外なら最大1億円まで保証してもらえる旅行傷害保険が付帯しています。

また、優待特典も魅力的なものが数多く設けられています。

優待特典(一例)
  • 購入後2年以内のスマホの修理代金を最大5万円まで保証※保証期間中(1年間)に該当する場合
  • 国内外1,300ヶ所以上の空港ラウンジを会員+同伴者も1回27ドルで利用可能
  • 国内外200店舗のレストランにて所定のコース料金が1名分無料

このほかにも「手荷物の無料宅配」「空港送迎」など、魅力的な優待特典がたくさんあります。40代の旅行をワンランク上の旅にしてくれるでしょう。

海外の富裕層も認めるアメックスのゴールドカードなら、ハイステータスな人間だということを国内外問わず証明できること間違いなしです。

年会費が3万円を超えるゴールドカードですが、それだけ価値のある優待特典・付帯保険が備わっています。
年会費 31,900円(税込)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイントの種類 メンバーシップ・リワード
締め日・支払い日 利用者により異なる
付帯保険 国内・海外旅行保険/ショッピング保険

ダイナーズクラブカード

ダイナーズクラブカードは、ゴールドカードと同等、もしくはそれ以上のスペックを誇ると言われるナンバーレスクレジットカードです。

 貯まるポイントに有効期限がなく、利用限度額にも制限がありません。

40代になると高額な出費がかさむ機会が増える方は少なくありません。そんな時に安心して対応してくれる強い味方になるでしょう。

\まずは通常のダイナースクラブから/

またダイナーズクラブカードには、豊富な優待特典が付いています。

優待特典(一例)
  • 国内外約1,000ヶ所以上の空港ラウンジが無料
  • 高級レストランおすすめのコースが1名分無料
  • プリンスゴルフリゾーツを特別優待価格で利用可能

その他、ここでは紹介しきれないほど多くの特典が設けられています。

旅行傷害保険は最大1億円まで、ショッピング保険は年間500万円まで保証してもらえる手厚さです。とにかくステータスを重視し、特典が豊富なクレジットカードをお探しの40代にピッタリの1枚でしょう。

世界初のクレジットカードブランドである「Diners」を持っていれば、ステータスの高さをアピールできますよ。
年会費 24,200円(税込)
※初年度12,100円(税込
国際ブランド Diners
ポイント還元率 0.4~1.0%
貯まるポイントの種類 ダイナースクラブ リワードポイント
締め日・支払い日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 国内・海外旅行保険/ショッピング保険
\まずは通常のダイナースクラブから/

【コスパ重視】40代におすすめのクレジットカード

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードも、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードです。

 通常還元率は1.2%。RECRUITの運営するサービスを利用すれば最大21.2%まで上がります。

RECRUITが運営する、

などのサービスで利用した場合、還元率が上がります。Hot Pepperグルメなら「予約人数×50P+利用料金の1.2%」がもらえるので、飲み会が多い40代の方におすすめです。

じゃらんでは常時3.2%還元になるなど、RECRUITのサービスを通して予約するだけでポイントが大量にもらえるようになっています。

飲み会や旅行の予約をRECRUITのサービスから行うだけで、ポイントがザクザク貯まりますよ。

また、付帯保険も充実しています。国内外問わず、最大2,000万円保証してもらえる旅行傷害保険と、年間200万円まで保証してもらえるショッピング保険が付帯。

年会費無料のカードの中でも、非常に優秀なクレジットカードだと言えるでしょう。

年会費 無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/銀聯(UnionPay)
ポイント還元率 1.2~3.2%
貯まるポイントの種類 リクルートポイント
締め日・支払い日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 国内・海外旅行保険/ショッピング保険

Orico Card THE POINT(オリコ カード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコ カード ザ ポイント)

Orico Card THE POINTは、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードです。年会費無料で還元率1.0~2.0%という優秀なスペックを誇ります。

 通常還元率は1.0%。入会後半年間は、還元率が2倍になります。

貯まるポイントの種類はオリコポイントで、数多くの他社ポイントに「1P=1P」として交換可能。ANAマイルやJALマイルにも交換できます。

ポイントの汎用性が高いので、使い道に困る心配がありません。

また、クレジットカード本体に「iD」「QuickPay」の機能が備わっています。

iD、QuickPayとは?
「電子データのやりとりで決済を行う決済サービス」を指します。支払い時に「iDで」と伝えればタッチ決済が可能です。

Orico Card THE POINTはApplePayや楽天Payにも対応しているので、キャッシュレス派の方にもおすすめの1枚です。

年会費 無料
国際ブランド Mastercard/JCB
ポイント還元率 1.0~2.0%
貯まるポイントの種類 オリコポイント
締め日・支払い日 月末締め・翌月27日払い
付帯保険

【持ってない方向け】40代におすすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、公式サイトにて「初めてクレジットカード」を作る方を募集しています。

 「初めてのクレジットカードならアメックスグリーン」というタイトルで、新規カード作成者を集めています。

年会費は若干高めですが、付帯保険・サービスの内容を考えると割安だと感じる方もいるでしょう。

付帯保険・サービス(一例)
  • 旅行傷害保険:国内外問わず最大5,000万円まで保証
  • ショッピング保険:年間500万円まで保証
  • 国内外1,300以上の空港ラウンジを会員+同伴者も1回27ドルで利用可能
  • 手荷物無料宅配サービス
\コスパ超良好のステータスカード/

また、カード利用100円につき1ポイントもらえます。貯めたポイントは他社ポイントやマイルに交換可能。楽天ポイントやTポイントに交換すれば、街のお店・サービスで活用できるでしょう。

ANAマイル・JALマイル・スカイマイルの3種類に対応しているところも、ポイントです。
年会費 13,200円(税込)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイントの種類 メンバーシップ・リワード
締め日・支払い日 利用者により異なる
付帯保険 国内・海外旅行保険/ショッピング保険
\コスパ超良好のステータスカード/

ライフカード(デポジット型)

ライフカード(デポジット型)

ライフカード(デポジット型)も、初めてクレジットカードを作る方を募集しています。

 カード発行時に保証金(デポジット)を預けるだけで、通常のクレジットカードと同様に使えるクレジットカードです。

もちろん、保証金はカード退会時に返還されます。滞納や未払いなく利用し続ければ、クレジットカードヒストリーも積めるので、初めてのカードにピッタリです。

クレジットカードヒストリーを積めれば、次に作成するカードの自由度も高まるでしょう。

また、1,000円につき1ポイントがもらえます。ライフサンクスポイントは、

など、街のお店・サービスで利用しやすいポイントと交換可能です。付帯保険・サービスも充実しているので、人によっては年会費以上の価値を感じられるでしょう。

付帯保険・サービス(一例)
  • 海外旅行傷害保険:最大2,000万円保証
  • 国内旅行傷害保険:最大1,000万円保証
  • 弁護士無料相談サービス:初回1回のみ1時間無料で法律相談を受けられる

このほかにも、レンタカーを5~20%OFFで利用できるサービスや、海外旅行時のトラブルに役立つ「海外サポートデスク」などのサービスが付いてきます。

ライフカード(デポジット型)なら、申し込みから最短3営業日でカードが発行されるので、すぐにクレジットカードを利用したい方にもおすすめです。

年会費 5,500円(税込)
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.3~0.6%
貯まるポイントの種類 LIFEサンクスポイント
締め日・支払い日 5日締め・当月27日払い(金融機関によっては3日払い)
付帯保険 国内・海外旅行保険

40代で初めてクレジットカードを発行する際の注意点

40代で初めてクレジットカードを発行する注意点

「今までクレジットカードに興味を持ったことがなかった…」という40代の方もいるでしょう。キャッシュレス化進み始めたことに乗じて、クレジットカードを持ってみたい方もいるかもしれません。

ここでは、初めてクレジットカードを発行する40代の方に向けて注意点を紹介します。

申し込みやすいクレジットカードを選ぶ

40代で初めてクレジットカードを発行するなら「申し込みやすい」クレジットカードを選ぶ必要があります。

 初めてクレジットカードを作る方を推しているカードを選ぶのが、おすすめです。

クレジットカードの利用履歴は情報として残されています。そのため、今までカードを発行したことが無い人は、利用実績がゼロの状態です。

一般的に利用実績が全くない場合、ハイステータスなクレジットカードは審査に通りにくい可能性があります。
\コスパ超良好のステータスカード/

まずは利用実績を作るのがおすすめ

「40代でクレジットカードを持っていない方」「初めてカードを作る方」は、まず利用実績を作るのがおすすめです。

 比較的申し込みやすいカードで実績を積んでから、将来的にハイステータスなカードを作成するのも良いでしょう。

また、初めてカードを作るのであれば、

  • 申し込み条件は幅広い人を対象としているか
  • ポイント還元率は平均を下回っていないか
  • 付帯保険・サービスの内容は充実しているか

を確認するのがおすすめです。

カードを持っていない40代の方は、いきなり欲しいカードに申し込むのではなく発行できそうなカードを選びましょう。
\コスパ超良好のステータスカード/

40代向けクレジットカードの選び方

40代になると、20~30代の頃とは違う出費が発生します。自分の買い物や趣味以外にも、子供や家族、会社の後輩などに対しての出費が増えるでしょう。

そのため、40代になるとクレジットカードの見直しを行う方も数多くいます。

40代で新たにクレジットカードを発行する際の選び方を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. ポイント重視で選ぶ

40代向けクレジットカードの選び方

40代になると、自分以外のために支払う機会が増える方もたくさんいます。そのため、少しでも節約するために、ポイント還元率を重視する方も少なくありません。

 クレジットカード決済をすれば、利用料金の数%がポイント還元されます。

最近では、現金感覚で使えるポイントも多くあります。公共料金携帯・インターネット料金の支払いにクレジットカードを設定すれば、固定費の支払いでもポイントがもらえるのでおすすめです。

また、ポイント重視するのであれば、貯まるポイントの種類にも注目しましょう。

 還元率が高くても、ポイントの使い道に困るのであれば意味がありません。

クレジットカードで貯まるポイントは、街のお店・サービスで使えるポイントに交換できるものが多くあります。交換できる他社ポイントの種類が多いほど、使い道は広がります。

すでに貯めているポイントがある方は、そのポイントが貯まる、または交換できるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

2. ステータスの高さで選ぶ

ステータスの高さで選ぶ

40代になると、利用するクレジットカードのステータスを気にする方も少なくありません。周りからの目も考慮して、ステータスの高いカードを発行しようか迷っている方もいるでしょう。

 ステータスの高いカードを選ぶなら、優待特典・付帯保険の内容を重視しましょう。

ステータスの高いカードは、魅力的な優待特典・付帯保険が備わっています。ですが、年会費が一般カードと比べて高額なものが多いので年会費に見合うカードを選択する必要があります。

また、ステータスの高いカードは限度額に融通が利くものが多く存在します。何かと出費が増えがちな40代の方は、限度額の高さも選ぶ基準にすると良いでしょう。

一般カードと比べて、限度額を高く設定できるカードがたくさんあります。

3. ビジネスシーンに合わせて選ぶ

40代向けクレジットカードの選び方

ご自身のビジネスシーンに合わせて選ぶのも、おすすめです。例えば出張・旅行が多い方には、旅行傷害保険や旅行関連の優待特典が充実しているカードがおすすめです。

 手厚い旅行傷害保険が付帯されていれば、旅行時の万が一に備えられます。

優待特典には、空港ラウンジの利用権利荷物の無料発送など、出張や旅行に役立つものが多く存在します。

ホテル・旅館を優待価格で利用できるサービスもあるので、そういったサービスが充実しているカードを選択しましょう。

仮に年会費が高額でも、ビジネスシーンで活用できれば簡単に元を取れるでしょう。

まとめ

ここまで、40代におすすめのクレジットカードを紹介しました。

40代になって今まで利用してきたカードを見直したい方には、ハイステータスなカードがおすすめです。40代向けクレジットカードの選び方を参考にしつつ、自分にピッタリな1枚を見つけ出してみてください。

また、今までクレジットカードを持ってない初めての方は、本記事で紹介しているような申し込みやすいカードを作成しましょう。

ぜひこの記事を参考にして、40代を素敵にサポートしてくれるクレジットカードを作成してみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事