不動産投資 おすすめ

    不動産投資をする際は、パートナー(不動産投資会社)選びが重要です。

    投資に最適な物件の提供と、補償の充実など、不動産投資会社によって、そのサービス内容が異なります。選び方次第で、リスクになることもあれば、キャッシュフローの安定にもつながります。

     とくに、これから不動産投資を始める人は、サポートが手厚い不動産投資会社を選びましょう。

    この記事では、おすすめの不動産投資会社5つを紹介し、不動産投資会社の選び方や物件の種類を解説します。最後に、よくある質問への回答も用意しています。

    \無料で相談可能/

    最後に、よくある質問への回答も用意していますので、疑問も解消できます。

    【初心者向け】おすすめの不動産投資会社5選

    まずは、おすすめの不動産投資会社を5社紹介します。

    取扱い物件や運用サポートなどのサービスをチェックし、不動産投資をスタートするときの参考にしてください。

    おうちのぜんぶ

    おうちのぜんぶ

    おうちのぜんぶの特徴
    • おうちのぜんぶの無料アドバイスが受けられる
    • 東京23区・徒歩10分圏内の新築/中古物件の取り扱い
    • 運用プランがオーダーメイドで無理のない運用が可能
    • お金のプロ不動産のプロ両方からのアドバイスが受けれる

    おうちのぜんぶを運営するキャピタルパートナーシップ株式会社は、比較的新しい不動産投資会社です。保険代理店「ほけんのぜんぶ」から生まれた不動産投資サービスを提供する企業です。

     ファイナンシャルプランナーと不動産のプロから、無料でアドバイスを受けられ、資産状況を確認しながら、現実的な不動産投資ができます。

    運用プランはすべてオーダーメイドで、ファイナンシャルプランナーのヒアリングにより、最適なプランを提案します。

    不動産業界系検歴10年未満のコンサルタントは在籍しておらず、質の高いコンサルティングが受けられることが魅力です。

    特にマンション投資は他社よりも手数料を減らすことで消費者に安く不動産投資が始めることが可能です。

    \Amazonギフト10,000円貰える/

    取り扱う物件は、東京23区にある駅徒歩圏内の新築と中古どちらも可能。ハイクオリティな物件で、不動産投資をしたい人におすすめの不動産投資会社です。
    企業名 キャピタルパートナーシップ株式会社
    所在地 東京都豊島区池袋2-40-13池袋DUPLEX B’s14階
    設立 2019年9月1日
    資本金 2,500万円
    入居率

    出典:https://www.capital-partnership.co.jp/lp/

    \Amazonギフト10,000円貰える/

    GAテクノロジーズ

    GAテクノロジーズ

    GAテクノロジーズの特徴
    • 入居率99.5%・空室期間26日で空室リスクが低い
    • 3つのプランから最適なものを選べる
    • 原状回復費用も補償される

    2021年2月時点・公式サイトより

    GAテクノロジーズは、入居率99.5%・空室期間26日と、安定運用が期待できる不動産投資会社です。

    賃貸物件の解約予告は、通常1か月前に設定されていますが、GAテクノロジーズでは2か月前に設定。次の入居者を早い段階で募集し、空室期間を短くする工夫をしています。

    GAテクノロジーズの最大の魅力は、わかりやすい運用プランです。
    集金代行プラン RENOSYワイドプラン RENOSYマスタープラン
    管理費/補償賃料 1,100円(35㎡未満の場合) お問い合わせ
    設備修理/交換費用 ×

    また、RENOSYマスタープランは、空室リスクまで補償されるため、不動産投資におけるリスクの低減を図れるでしょう。

    すべてのプランで、原状回復費用と賃料の延滞リスクを補償しており、RENOSYワイドプラン・マスタープランでは、設備の修理費や交換費用まで補償されます。

    企業名 株式会社GA technologies
    所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40F
    設立 2013年3月12日
    資本金 72億859万9,831円
    入居率 99.5%

    出典:https://www.ga-tech.co.jp/

    シノケン

    シノケン

    シノケンの特徴
    • 年間着工棟数が5年連続全国1位
    • 販売棟数は5,000棟以上
    • 100%ローン適用が可能

    ※自社開発実績/全国賃貸住宅新聞 2015-2019年度5年連続 全国賃貸住宅着工数ランキング・公式サイトより

    シノケンは、物件の販売実績5,000棟以上、年間着工棟数は5年連続で全国1位と、実績ある不動産投資会社です。

     不動産投資をする際、悩みの種となるのが資金調達。シノケンでは自己資金500万円未満で、不動産投資を始める人が約40%です。

    シノケンでは100%の融資が受けられるため、自己資金が少なくても不動産投資が始められます。また、サポートが手厚いことも、シノケンの魅力です。

    物件購入後も、確定申告や節税対策についてサポートを受けられます。
    企業名 株式会社シノケンプロデュース
    所在地 東京都港区浜松町二丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
    設立 2007年5月30日
    資本金 10億9,483万円(グループ全体)
    入居率 99%

    出典:https://www.shinoken.com/

    グローバル・リンク・マネジメント

    グローバル・リンク・マネジメント

    グローバル・リンク・マネジメントの特徴
    • 入居率が業界トップクラスの99.47%※1
    • 紹介・リピート率が71.3%※2
    • 開発・販売・管理すべてがワンストップで提供

    ※1 2020年6月22日時点・公式サイトより ※2 2019年度実績・公式サイトより

    グローバル・リンク・マネジメントは、6年連続で入居率が99%※1を超える、実績のある不動産会社です。

     東証一部に上場している企業であることから信頼性も高く、金利の優遇が受けられるのも強みだと言えるでしょう。

    いかに低金利で融資してもらえるかが収益を左右する不動産投資。グローバル・リンク・マネジメントは、19の取引金融機関と提携しており、幅広い選択肢の中から選ぶことができる環境が整えられています。

    定期的にセミナーの開催も行っています。初心者向けであるため、気軽に参加しても問題ないでしょう。
    企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
    所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号渋谷マークシティウエスト21階
    設立 2005年
    資本金 5億900万円(2020年6月末時点)
    入居率 99.47%(2020年6月時点)

    出典:https://www.global-link-m.com/

    FJネクスト

    FJネクスト

    FJネクストの特徴
    • 創業40年で信頼と実績を積み重ねている
    • 入居率は99.2%
    • 主に東京都や横浜、川崎エリアの物件を取り扱っている

    ※2020年11月末日時点・公式サイトより

    FJネスクトは、都心エリアを中心に「資産運用型マンション」の企画・分譲を行う企業です。

     創業から40年間不動産を取り扱ってきた実績・ノウハウをもとに、入居ニーズの高いエリアに物件を多数保有しています。

    管理戸数は2020年6月時点で1,600戸超と業界トップレベルを誇り、徹底したインスペクションによって、マンションの価値を落とさない工夫がなされています。

    セミナーの開催の他にも、個別相談会も行っています。顧客の都合に合わせたサービス内容も、FJネスクトの魅力です。
    企業名 FJネクスト
    所在地 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年
    資本金 27億7,440万円
    入居率 99.2%(2020年3月末時点)

    出典:https://www.fjnext.com/management_seminar/

    失敗しない不動産投資会社の選び方

    失敗しない不動産投資会社を選ぶポイント

    不動産投資の成功は、パートナーとなる不動産投資会社が大きく影響します。不動産投資は、投資額が高額になる可能性もあるため、できるだけ失敗したくはありません。

    不動産投資会社を選ぶときは、3つのポイントに注目しましょう。
    不動産投資会社の選び方
    1. 個人の資産状況に合った運用を提案してくれる
    2. メリットだけでなく、リスクの説明もしてくれる
    3. アフターフォローも充実している

    1資産状況に合った運用プランを提案してくれる

    失敗しない不動産投資会社の選び方

    不動産投資に失敗したくないなら、個人に合った運用プランを提案してくれる不動産投資会社を選びましょう。

     資産状況を把握しないまま、不動産投資を強引に勧めたり、高額な物件を紹介したりする場合、会社の利益を優先している可能性があります。

    資産状況や希望を詳細にヒアリングし、適切な物件を紹介してくれることが、不動産投資成功のポイントです。

    顧客目線でない不動産投資会社では、運用の失敗リスクにつながるため、避けたほうがよいでしょう。

    2リスクの説明をしてくれる

    説明会やセミナーで不動産投資のリスクを、きちんと説明してくれる不動産投資会社を選ぶことも、成功のポイントです。

     不動産投資のメリットばかりで、リスクに関する説明がない会社には注意しましょう。

    顧客のデメリットになる情報を、きちんと話してくれる不動産投資会社であれば納得した上で契約できます。

    メリットとデメリットを提示したうえで、顧客が有利になるように、親身になって相談に応じてくれる会社を選びましょう。

    3アフターフォローが万全

    失敗しない不動産投資会社の選び方

    不動産投資会社選びで失敗しないポイントは、アフターフォローが手厚いことです。

     とくに、不動産投資初心者の場合は、物件購入後のサポート体制が整っている会社を選ぶと運用がスムーズに進むでしょう。

    管理業務だけでなく、経営のアドバイスを受けられる不動産投資会社もあります。

    不動産投資は、高額な資金が必要な投資のため、最後までサポートが手厚い会社を選ぶと、失敗も少なくなるでしょう。

    どの物件がおすすめ?不動産投資3種類を解説

    不動産投資 種類

    不動産投資の主な方法は、つぎの3種類です。それぞれの種類には、メリット・デメリットが存在します。

    不動産投資の種類
    1. 一棟マンション投資
    2. 区分マンション投資
    3. 戸建投資

    資金額や方法によって向き不向きもあるため、不動産投資を始めるうえで、3種類の違いを理解しておかなければはなりません。

    不動産投資の王道である、3種類の投資方法について、概要を説明したうえで、メリット・デメリットを解説します。

    1一棟マンション投資

    どの物件がおすすめ?不動産投資の王道3種類を解説

    一棟マンション投資に向いている人の特徴
    • 資金が潤沢
    • 物件を自分で管理したい
    • 空室による減収をできるだけ避けたい

    一棟マンション投資とは、マンションやアパートを一棟丸ごと購入し、不動産投資をおこなう方法です。

    不動産の購入に高額な資金が必要ですが、その分リターンも高額になります。また、ほかの不動産投資方法よりも、不動産投資のデメリットである空室リスクを抑えられることもメリットです。

    一棟マンション投資のメリット

    一棟マンション投資のメリット
    • リターンがほかの方法より高額
    • 空室リスクによる減収の影響が少ない
    • マンション・アパートの管理方法が自由

    マンション・アパートを、一棟丸ごと購入するため、ほかの不動産投資よりも部屋数が多く、リターンが大きくなります。部屋数が多いことで、空室による減収の影響が少ないこともメリットです。

     たとえば、1つの戸建だけに投資をする場合、投資した戸建が空室になると、利益がゼロになってしまいます。

    しかし一棟マンション投資では、1室が空室になっても、ほかの部屋が埋まっていれば利益が発生します。

    減収にはなりますが、空室リスクを受けにくいのが、一棟マンション投資のメリットです。

    一棟マンション投資のデメリット

    一棟マンション投資のデメリット
    • 購入資金がほかの方法より高額
    • 自分で管理が必要
    • ランニングコストが高額

    一棟丸ごと購入する資金は、区分マンション投資や戸建投資よりも高額です。

     一般的に、一棟マンション投資は、ハイリスク・ハイリターンな不動産投資と言われています。

    また、購入したマンションのリフォーム・リノベーションなど、自由度は高いものの、自分で管理する必要があり手間がかかります。

    戸建投資にもいえることですが、築年数が経った物件は、リフォームや立て直しなど大規模な修繕が必要です。ランニングコストが高額になる点も、理解しておきましょう。

    自分で管理するのではなく、管理会社に委託する方法もあるため、手間をかけたくない場合は、管理会社の導入を検討しましょう。

    2 区分マンション投資

    どの物件がおすすめ?不動産投資の王道3種類を解説

    区分マンション投資に向いている人
    • 投資できる資産が少額
    • まずは1室から始めてみたい
    • 物件管理の手間を省きたい

    区分マンション投資とは、マンションやアパートの1室のオーナーになる不動産投資の種類です。

    一棟マンション投資よりも、少ない資金で始められるのが特徴で、物件の立地によってはリターンも大きくなります。

    区分マンション投資のメリット

    区分マンション投資のメリット
    • 一棟マンション投資よりも少額から不動産投資ができる
    • 自分で管理する手間がない
    • 経営に失敗したときの損害が少ない

    メリットは、なんといっても少額で不動産投資が可能なことです。一棟マンション投資をするほどの資金がなくても、区分マンション投資なら始めやすいでしょう。

    1室から始められるので、経営に失敗したとしても、損害が少なくてすむこともメリットです。

    区分マンション投資のデメリット

    区分マンション投資のデメリット
    • リターンが一棟マンション投資よりも少ない
    • 物件の自由度が低い
    • 空室リスクが大きい

    投資する部屋数が少ないほど、リターンも少なくなりますまた、他の不動産投資と同様に空室ができたときに収入が減ったり、なくなったりすることもにも注意です。

    マンションの管理は、管理組合がおこなうため、建物の修繕や建て替えは自由度は低いでしょう。

    3戸建投資

    どの物件がおすすめ?不動産投資の王道3種類を解説

    戸建投資が向いている人の特徴
    • 初期投資ができる人
    • 管理費用を削減したい人

    戸建投資とは、戸建の住宅を購入して貸し出す不動産投資の種類です。

     単身者向けのマンション・アパートとは異なり、ファミリー層向けの物件です。そのため、駅に近くなくても借り手がつきやすく、入居期間が長い傾向にあります。

    ただし、近くに学校やお店があるかなど、周辺環境に左右されるため、投資する前のリサーチが重要です。

    戸建投資のメリット

    戸建投資のメリット
    • 管理費用の削減になる
    • マンションよりも入居期間が長い傾向にある
    • 区分マンション投資よりもリターンが大きい

    マンション投資との違いは、入居中の管理費用をコントロールしやすい傾向にあることです。

     マンションの場合は、基本的に管理のために管理会社を介するケースが多く、管理費用が発生します。

    一方、戸建投資では、基本的に入居者が物件の管理をおこなうため、管理費用の削減になる点がメリットです。

    戸建投資のデメリット

    戸建投資のデメリット
    • 初期費用が高額になる
    • 空室リスクが高い
    • 修繕費が高額になる

    デメリットとして、区分マンション投資よりも、初期費用が高額になることが挙げられます。

    戸建投資でもっとも注意したいデメリットは、立地や条件次第で空室リスクが高くなる可能性があることです。また、戸建て投資の場合、入居率は0か100かです。

    条件によっては、入居者が決まりにくく、空室も長く続くリスクがあります。

    よくある質問

    初心者におすすめの不動産会社は?
    ファイナンシャルプランナーが在籍し、無料のアドバイスをしてくれる「キャピタルパートナーシップ」がおすすめです。ヒアリングで、個人に合った運用プランを提案してもらえるので、初心者でも安心して利用できます。
    不動産投資初心者におすすめの本は?
    不動産投資の入門書なら、『世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生』がおすすめ。「世界一やさしい」シリーズは、専門用語がわかりやすく解説されており、投資初心者向けの本です。
    不動産投資初心者におすすめの物件タイプは?
    資金が十分なら、一棟マンション投資がリターンも大きくておすすめですが、リスクも高いため、不動産投資初心者は区分マンション投資から始めるとよいでしょう。
    新築と中古、どちらがおすすめ?
    資金状況や物件の条件によって、どちらがよいかは変わります。
    中古物件は、価格が安くて入手しやすい反面、修繕や建て替えが必要になる可能性もあります。新築物件は、価格は高いものの、比較的耐用年数の長いことがメリットです。
    不動産投資は自己資金にいくら必要?
    一般的には、物件価格の15~30%が必要です。
    ただし、前述のシノケンのように100%融資が受けられるケースもあります。
    表面利回りと実質利回りの違いは?
    表面利回りは、物件の購入費用に対する年間の家賃収入の割合です。管理費や修繕費などの費用は含まれません。
    一方、実質利回りは管理費や修繕費などの費用を含んだ、手取りの利回りです。
    一般的な年収の会社員でも始められる?
    必要な資金調達は、融資を受ければ、一般的な年収でも問題ありません
    不動産投資は、物件の管理を管理会社へ委託すれば、管理の手間も少なく運用できます。会社員の副業として、おすすめの方法です。

    まとめ

    初心者におすすめの不動産投資会社は、以下の3つです。

    おすすめの不動産投資会社 特徴
    キャピタルパートナーシップ ファイナンシャルプランナーからの無料アドバイスがもらえる
    GAテクノロジーズ サポートが手厚い
    シノケン 安心の実績

    不動産投資会社を選ぶときは、メリット・デメリットの説明をきちんとしてくれ、個人の資産状況に合った運用プランを、提案してくれる会社を選びましょう。

     アフターフォローが手厚いことも、失敗しない不動産投資会社を選ぶポイントです。

    初心者が小さく始めたいなら、区分マンション投資もおすすめですが、資産状況によって、適した投資方法は異なります。

    まずは、不動産投資会社へ相談してみましょう。

    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

    おすすめの記事