陸マイラー必見!最強候補ANAカードおすすめ比較ランキング
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

ANAマイルをお得に貯めるのであれば、ANAカードがおすすめです。

ANAカードはかなりのマイルを効率的に貯めることが可能。マイルを貯めてお得に飛行機を利用できます。

そこで今回は、数あるANAカードを次の項目を基に徹底比較!

比較項目
  • マイル還元率
  • ボーナスマイル
  • マイル換算率

マイルが貯まりやすいカードをランキングで紹介しています。

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高い還元率でポイントが付与される場合がございます。

陸マイラー必見の内容です。コロナでなかなか旅行に行けずカードの解約や切り替えを考えている人もぜひ参考にしてみてください!

マイルが貯まるANAカード人気比較

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold
(ソラチカゴールドカード)
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ソラチカカード
ANAダイナースカード
ANA VISA ワイドゴールド
ANA マスター ワイドゴールドカード
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISA Suicaカード
ANA VISAワイドカード
ANA VISA nimocaカード
ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAダイナースクラブ
ANA VISA ワイドゴールドカード
ANA マスター ワイドゴールドカード
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISA Suicaカード
ANA VISAワイドカード
ANA VISA nimocaカード
年会費
税込15,400円
税込34,100円
初年度無料
2年目以降
2,200円税込
税込29,700円
税込15,400円
税込15,400円
初年度無料
2年目以降
税込み2,200円
初年度無料
2年目以降
税込2,200円
税込7,975円
初年度無料
2年目以降
税込2,200円
還元率
0.1%
1.0%
0.5-1%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
発行
1週間程度
10日程度
最短
5営業日
通常
2週間程度
3週間程度
最短3営業日
最短3営業日
2週間程度
3週間程度
最短3営業日
3週間程度
国際ブランド
JCB
AmericanExpress
JCB
Diners Club
VISA
MasterCard
Mastercard
VISA
VISA
VISA
特典
キャンペーン
最大112,600マイル
相当プレゼント
最大122,000マイル
相当獲得
1,000マイル
+最大34,700円相当
プレゼント
最大95,000マイル
相当獲得
入会・継続で
2,000マイルプレゼント
入会・継続で
2,000マイルプレゼント
入会・継続で
1,000マイルプレゼント
入会・継続で
1,000マイルプレゼント
入会・継続で
2,000マイルプレゼント
入会・継続で
1,000マイルプレゼント
申込対象
20歳以上
18歳以上
27歳以上
20歳以上
20歳以上
18歳以上
18歳以上
18歳以上
18歳以上

1ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)は、陸マイラーおすすめのゴールドカードとの呼び声高い1枚です。

ANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となった『ソラチカカード』のゴールドカード。

メトロポイントPlusに申し込むと、東京メトロの乗車で、1乗車につき

  • 平日20メトロポイント
  • 土・休日40メトロポイント

乗車ポイントが貯まります。定期購入でポイントを貯められることも特徴で、定期券購入ではメトロポイントとOki Dokiポイントをダブルで貯められます。

貯まったポイントは、無料でマイル移行が可能入会・継続時に2,000マイル搭乗ボーナス25%など、ハイレベルなスペックも健在です。

メトロも飛行機もこれ1枚。地下から空まで、マイルが貯まるおすすめカードといえます。
年会費 税込15,400円(家族カード:税込2,200円)
国際ブランド JCB
通常ポイント還元率 0.1%
※1,000円につき1ポイント付与
マイル還元率 1%
※1ポイント=10マイルに交換可能
マイル換算率 1ポイント=10マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル(本会員の方が対象)
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=2マイル相当
申込可能年齢 20歳以上

参照:https://www.to-me-card.jp/admission/tome-ana-gold/ 

2ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAマイルを大量に貯めたい方におすすめのANAカードです。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ポイント還元率1.00%。通常のショッピング100円で1ポイントが貯まります。

ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカード利用はポイント2倍ポイントに有効期限はありません。

期間を気にせず好きなだけポイントを貯めた後で、1,000ポイント単位(1ポイント=1マイル相当)でANAマイルへ移行可能です。

また、アメリカン・エキスプレスとしてのサービスや保険が充実していることもカードの魅力です。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサービス内容(一部)
  • 空港ラウンジサービス
    →アメリカン・エキスプレスが提供する国内外29空港の空港ラウンジを、同伴者1名と無料利用可能
  • 手荷物無料宅配サービス
    海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送
  • 海外旅行傷害保険
    海外旅行保険最高1億円(家族最高5,000万円)が付帯&最高5,000万円が付帯
  • キャンセルプロテクション
    急な出張や病気・ケガによる入院などにより、カードで代金を支払い済みの旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用として年間最高10万円を補償

膨大に貯まったマイルで海外旅行がお得になるのはもちろん、手厚いサービスで海外旅行を豊かにサポートしてくれます。

年会費はワイドゴールドカードと比べて2倍以上しますが、サービスや保険を重視したい方におすすめです。
年会費 税込34,100円(家族カード:税込17,050円)
国際ブランド AmericanExpress
通常ポイント還元率 1.00%
※100円につき1ポイント付与、一部例外がございます。
マイル還元率 1.00%
※1,000ポイント=1,000マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=最大3マイル相当
申込可能年齢
参照:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/ana-gold-card/

3ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、”To Me CARD PASMO”と『ANAカード』の機能が1つになったカードです。

ソラチカカードの特徴は、PASMO機能が付帯していること。PASMOオートチャージ機能が使えたり、PASMO定期券を搭載したりできます。

 ANAマイルとカードで貯まったポイントは相互交換可能。カード利用で貯まったポイントをマイルに移行することで、還元率がアップ(1ポイント=5マイル相当)します。

維持コストが安いことも大きなメリット。年会費は初年度無料、2年目以降も税込2,200円で所持できます。

ANA一般カードとしてかなりおすすめの、陸マイラー必見カードです。
年会費 初年度 無料(家族カード:無料)
2年目以降 税込2,200円(家族カード:税込1,100円)
国際ブランド JCB
通常ポイント還元率 0.1%
※1,000円(税込)につき1ポイント付与
マイル還元率 0.5%
※5マイルコースの場合・1,000円につき5マイル付与
マイル換算率 1ポイント=5マイル相当
入会・継続マイル 1,000 マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
申込可能年齢 18歳以上
参照:https://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/ana_tome.html

4ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードは、大きくマイルを貯めたい方におすすめのANAカードです。

ANAダイナースカードは、カードの利用100円につき1ポイント(1マイル相当)が貯まります。

 貯めたポイントには有効期限もマイル移行上限もありません。

しっかりと大きく貯めたポイントを、必要なタイミングでANAのマイルに移行できます。

カードの利用可能枠に一律の制限を設けていないことも、ANAダイナースカードの特徴。高額のご利用で一気にマイルを貯めることが可能です。

年会費 税込29,700円(家族カード:税込6,600円)
国際ブランド Diners Club
通常ポイント還元率 1.00%
※100円につき1ポイント付与
マイル還元率 1.00%
※1ポイント=1マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=2マイル相当 
申込可能年齢 27歳以上(目安)

参照:https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/anadiners_new/detail.html

5ANA VISA ワイドゴールド

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドは、日々の生活で多くのマイルが貯まるANAカードです。

ANA VISA ワイドゴールドでは、入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント。カードを更新するだけで、2,000マイルが貯まります。

普段の生活で貯まったポイントは1ポイント=2マイルと交換可能です。

マイル換算率が他のANAカードより高くなっています。

国内海外旅行保険やショッピング保険が付帯しており、旅行も安心。国際ブランドは世界的にポピュラーな”VISA”のため、世界各国の多くの店舗で利用できます。

年会費 税込15,400円(家族カード:税込4,400円)
国際ブランド VISA
通常ポイント還元率 0.50%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 1.00%
※1ポイント=2マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=2マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=2マイル相当
申込可能年齢 原則20歳以上
参照:https://www.smbc-card.com/mem/nyukai/pop/card_anawidegold.jsp

6ANA マスター ワイドゴールドカード

ANA マスター ワイドゴールドカード

ANA マスター ワイドゴールドカードは、「クレジット機能」・「ANAマイル」・「三井住友カード iD」・「楽天Edy」4つの機能が1枚になったカードです。

ANA マスター ワイドゴールドカードの魅力は、ポイントのマイレージ移行がお得なこと。マイルを貯めやすく、陸マイラーに欠かせないスペックとなっています。

 基本的な特徴は、ANA VISA ワイドゴールドカードと同じです。

“Mastercard”でクレジットカードを発行したい方は、ANA マスター ワイドゴールドカードへ申し込んでみてください。
年会費 税込15,400円(家族カード:税込4,400円)
国際ブランド MasterCard
通常ポイント還元率 0.50%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 1.00%
※1ポイント=2マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=2マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=2マイル相当
申込可能年齢 原則20歳以上 

参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp?dk=pt_lnk_032_20085

7ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、5つの機能が1枚になったカードです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード5つの機能

  • ANAマイル
  • TOKYU POINT
  • PASMO
  • 定期券
  • クレジット

TOKYU POINT加盟店(東急百貨店・渋谷ヒカリエなど)で利用すると、通常のショッピングポイントに加えて、TOKYU POINTが貯まります。

貯まったポイントは、マイルと相互交換可能。暮らしの全てがマイルに変わる、ANAカードです。

年会費 初年度 無料(家族カード:無料)
2年目以降 税込2,200円(家族カード:税込1,100円) 
国際ブランド Mastercard
通常ポイント還元率 0.5%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 0.5%
※1ポイント=1マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
申込可能年齢 18歳以上
参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anatopclubq/index.jsp

8ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードとSuicaの機能が1枚になっています。

 入会時・毎年のカード継続時には1,000マイルのボーナスマイルをプレゼント。ANAグループ便に搭乗の度に、通常のフライトマイルに加え、割り増しボーナスマイルが貯まります。

ANA VISA Suicaカードを利用して貯まったポイントは、Suicaまたはマイルに移行可能です。

Suicaが付いているので、電車に乗るのがラクラク。通勤・通学で手軽にマイルを貯めたい方におすすめです。
年会費 初年度 無料
2年目以降 税込2,200円
国際ブランド VISA
通常ポイント還元率 0.5%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 0.5%
※1ポイント=1マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
申し込み条件 18歳以上

参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anasuica/index.jsp

9ANA VISAワイドカード

ANA VISAワイドカード

ANA VISAワイドカードは、ANA一般カードの上位に位置するカードです。

 ANA一般カードに比べて、入会マイル・継続マイルが2倍の2,000マイル。フライトマイルが10%→25%にアップしています。

海外旅行保険は最高5,000万円が付帯。Apple Pay、Google Pay、楽天ペイなど、各種スマホ決済にも対応しており、スマートな旅行を実現します。

年会費 税込7,975円(家族カード:税込1,650円)
国際ブランド VISA
通常ポイント還元率 0.5%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 0.5%
※1ポイント=1マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
申込可能年齢 18歳以上

参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp

10ANA VISA nimocaカード

ANA VISA nimocaカード

ANA VISA nimocaカードは、anaカードとnimocaの機能が1つになった1枚です。

  • 西鉄電車
  • 西鉄バス
  • nimoca交通事業者
  • nimoca加盟店

などの利用で、nimocaポイントがたまります。貯まったnimocaポイントはANAマイル相互交換可能。1ポイント=1マイル相当でお得に移行できます。

便利なnimocaオートチャージも付帯しており、西鉄バスや電車で通勤している方におすすめです。
年会費 初年度 無料(家族カード:無料)
2年目以降 税込2,200円(家族カード:税込1,100円) 
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
※200円につき1ポイント付与
マイル還元率 0.5%
※1ポイント=1マイルに移行可能
マイル換算率 1ポイント=1マイル相当
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
申込可能年齢 18歳以上

参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ananimoca/index.jsp

マイル換算率が高い!ANAカードおすすめランキング

ここまで10種類のANAカードの紹介をしてきましたが、マイルを効率的に貯めるためには、マイル換算率をよく見る必要があります。

マイル換算率とは?
クレジットカードの使用で貯まったポイントをマイルに交換する際のレートのことです。

ANAカードをマイル換算率が高い順に並べると次のとおりです。
クレジットカード名 マイル
還元率
 申し込み
1位 ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)ANAソラチカ
ゴールドカード
1ポイント

10マイル相当
2位 ANA To Me CARD PASMO JCBANA
ソラチカカード
1ポイント

5マイル相当
3位 ANA VISA ワイドゴールドカードANA VISA
ワイドゴールド
1ポイント

2マイル相当
3位 ANA マスター ワイドゴールドカードANAマスター
ワイドゴールド
カード
1ポイント

2マイル相当

ANAカードを持つとどんなメリットがある?

ANAカードを持つメリットについて紹介していきます。

現在なかなか海外旅行に行けず、ANAカードの解約や退会を考えている方も参考にしてみてください!

3種類のボーナスマイルが貯まる

ANAカードでは2年目から年会費がかかるものがあるため敬遠している方もいらっしゃるかもしれませんが、3種類のボーナスマイルを貯めることでお得に利用することができます。

ANAカードボーナスマイル
  • 入会時ボーナスマイル
  • 継続時ボーナスマイル
  • 搭乗時ボーナスマイル

搭乗時ボーナスマイルは飛行機に乗らないともらえないですが、その他のボーナスマイルはカードを持っているだけでもらえるため陸マイラーでも獲得可能です。また、それぞれのボーナスマイルはカードのランクごとに付与されるマイル数も異なります。

  入会時
ボーナスマイル
継続時
ボーナスマイル
搭乗時
ボーナスマイル
ANA
一般
カード
1,000マイル 1,000マイル 区間基本マイレージ×積算率の10%
ANA
ワイド
カード
2,000マイル 2,000マイル 区間基本マイレージ×積算率の25%
ANA
ゴールド
カード
2,000マイル 2,000マイル 区間基本マイレージ×積算率の25%
ANA
カード
プレミアム
1万マイル 1万マイル 区間基本マイレージ×積算率の50%

もちろんボーナスマイルだけでなく日々の買い物でもマイルを貯めることが可能です。また、楽天ポイントやTポイントなど買い物で貯めた他のポイントをマイルに変更することもできるのでポイントを貯めやすいカードといえるでしょう。

ANAマイルの使い道が豊富

ANAカードを使って貯めたマイルにはどのような使い道があるのでしょうか。ANAマイルの主な使い道は次のとおりです。

ANAマイル交換先一例
  • 特典航空券
  • 座席のアップグレード
  • ANA SKY コイン
  • ANA利用券
  • 現金に交換
  • 他社ポイント・電子マネーへ交換
  • マイルで投資

特典航空券は他の商品やサービスへの交換よりもレートが高く設定されていることが多くなっています。特典航空券を利用してお得に空の旅を楽しみましょう。

ANAマイルの交換や明細確認は『ANAマイレージクラブ』の会員ページにログインする必要があります。

様々な割引やサービスが利用できる

ANAカードを持っていると次のような割引を受けることができます。

割引の例
  • 空港免税店での割引(5〜10%OFF)
  • 機内販売割引(10%OFF)
  • 空港内店舗”ANA FESTA”での割引(5%OFF)
  • 成田空港パーキング割引

持っているカードの種類によって割引額が違ったり店舗によって割引のための条件が異なることもあるので、割引を利用する前にきちんと確認しましょう。

カードによってはラウンジサービスを受けることができるものもあります!
ラウンジの利用に興味がある方は次の記事も参考にしてみてください。

ANAカードはどれが良い?おすすめの選び方

ANA 飛行機

ANAカードカードは種類が多く、どれを選べばいいか迷ってしまうでしょう。そんな方には、以下3つのポイントを確認することをおすすめします。

ANAカードの選び方
  1. ポイント還元率
  2. ボーナスマイル
  3. ANAマイル移行手数料

通常のクレジットカードとは違ったポイントを確認する必要があります。それぞれ詳しい内容を紹介しているので、一つずつ確認してみてください。

選び方がわかると、自分にとって最適なANAカードを作成できます。

1ポイント還元率

ANA 飛行機

一つ目は、ポイント還元率についてです。0.5%または1.0%のANAカードがほとんどですが、両者には2倍もの差があります。

 年間のクレジットカード利用総額が同じ場合、貯まるANAマイルに2倍もの差がつくということです。

たとえば、1年間の利用総額が500万円だった場合、0.5%のANAカードは25,000マイル、1.0%のANAカードなら50,000マイルを獲得可能。

時期によって異なりますが、25,000マイルは日本と中国の往復分に相当します。

ポイント還元率1.0%のANAカードを選べば、同じ利用総額でも、日本から中国へお得に旅行ができます。

ただし、ポイント還元率1.0%以上のANAカードは、年会費が高額な傾向にあります。

 そのため、単純に年会費だけを見るのではなく、年間の利用総額と年会費のバランスを考慮することが重要です。

もし、年会費よりも多くのマイルを獲得できそうなのであれば、1.0%のANAカードを選ぶと良いでしょう。1年間でどれくらいクレジットカードを利用するか検討してみてください。

2ボーナスマイル

続いて、ボーナスマイルについて確認していきましょう。ボーナスマイルとは、通常のフライトマイルに加えて、ANA便に搭乗するたびにもらえるマイルのことです。

 ANAカードのステータスが上がるほど、多くのボーナスマイルを獲得できます。

まずは、ステータスごとにもらえるボーナスマイルの計算方法をご覧ください。

対象カード ANA便搭乗ごとのボーナスマイル
ANAカード一般
(ANAワイドカードを含む)
【ANAカード一般】

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

【ANAワイドカード】

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ANAゴールドカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
ANAカードプレミアム 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%

出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/anacard/flight.html

ANA一般カードとANAカードプレミアムでもらえるボーナスマイルには、40%もの差があることがわかります。ゴールドカードとの差は15%です。

以上のことから、年間に何度もANA便を利用する方には、年会費が高額でもステータスの高いANAカードがおすすめです。一方、ANA便の搭乗回数が年に数回程度の方の場合、一般カードを選んだほうが良いでしょう。

ANAカードを選ぶ際は、年会費と年間の利用総額や搭乗回数を比較することが重要だとえいます。

3ANAマイル移行手数料

ANA 飛行機

最後に、ANAマイルへの移行手数料を確認しましょう。クレジットカードで貯まるポイントをANAマイルに移行する際に、手数料がかかるケースがあります。

 手数料は、カード会社や国際ブランドによって異なるため、お得なところでANAカードを作成するべきです。

たとえば、JCBブランドのANAカードには2つのポイントコースが用意されています。

● マイル自動移行コース

マイル自動移行コースとは、貯まったポイントを毎月自動でマイルに移行してもらえるコースです。

移行レート 対象カード マイル移行手数料
1P=10マイル
  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCBワイドカード
  • ソラチカ一般カード
5,500円(税込)/年
  • ANA JCBカードプレミアム
  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ソラチカゴールドカード
  • ANA JCBカード学生用
無料
1P=5マイル
  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCBワイドカード
  • ソラチカ一般カード
  • ANA JCBカードZERO
無料

● マルチポイントコース

一方、マルチポイントコースとは、貯まったポイントをお好みのタイミングでマイルに交換できるコースです。

移行レート 対象カード マイル移行手数料
1P=10マイル
  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCBワイドカード
  • ソラチカ一般カード
5,500円(税込)/年
  • ANA JCBカードプレミアム
  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ソラチカゴールドカード
  • ANA JCBカード学生用
無料
1P=5マイル
  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCBワイドカード
  • ソラチカ一般カード
無料

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/pop/index_an06.html

一般カードやワイドカードを選択した場合、1P=10円のレートで交換するためには、年間5,500円(税込)の手数料を支払わなければなりません。

一方、ゴールドカード以上のANAカードであれば、移行手数料は無料です。余計な出費をおさえて、お得にANAマイルへポイントを移行できます。

マイルへの移行に手数料を支払いたくない方は、ゴールドカード以上のANAカードを作成しましょう。

【タイプ別】ANAカードおすすめの種類

空港 搭乗前

ここからは、3つのタイプ別におすすめのANAカードを紹介します。

タイプ別!おすすめのANAカードを紹介
  1. とにかくANAマイルをたくさん貯めたい
  2. 飛行機以外でANAマイルを貯めたい
  3. 初心者向けのANAカードでマイルを貯めたい

現状「イマイチANAカードの選び方がわからない…」という方はぜひ参考にしてみてください。

自分がどのタイプに該当するのか、一つずつ確認していきましょう。

1とにかくANAマイルをたくさん貯めたい

一つ目は「とにかくANAマイルをたくさん貯めたい」というタイプの方です。こういったタイプの方には、ポイント還元率が高く、効率よくポイントが貯まるANAカードをおすすめします。

おすすめのANAカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD

マイル還元率1.0%

  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

マイル還元率1.0%

上記の2枚は、年会費がかかるものの効率よくANAマイルを貯められます。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLDは、マイル還元率が1.0%。東京メトロの利用で大量のポイントを獲得できる上に、マイルへの移行手数料もかかりません。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードもポイント還元率が高く、大量にマイルを獲得できます。

2飛行機以外でANAマイルを貯めたい

家とバス

二つ目は「飛行機の搭乗以外でANAマイルを貯めたい」というタイプの方です。ANA便の利用ではなく、日常生活でANAマイルを貯めたい陸マイラーの方には、以下2枚のANAカードをおすすめします。

おすすめのANAカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB

東京メトロでANAマイルが貯まる

    • ANA VISA Suicaカード

    SuicaチャージでANAマイルが貯まる

    上記の2枚は、電車やバスなどの公共交通機関でもマイルを貯められるANAカードです。

    東京メトロをメインで利用する方には、ANA To Me CARD PASMO JCB。さまざまな交通機関を利用する方には、ANA VISA Suicaカードをおすすめします。

    ANA便の搭乗以外で効率よくマイルを貯めたい、陸マイラーの方にピッタリの2枚です。

    3初心者向けのANAカードでマイルを貯めたい

    三つ目は「初心者向けのANAカードでマイルを貯めたい」というタイプの方です。ANA便の利用頻度が少ない方や、はじめてANAカードを作成する方には、以下2枚のANAカードをおすすめします。

    おすすめのANAカード
    • ANA VISA nimocaカード

    初年度の年会費無料!2年目以降は2,200円(税込)。

      • ANA VISA Suicaカード

      初年度の年会費無料!2年目以降は2,200円(税込)。

      初心者には、年会費の安いANAカードがおすすめです。

      上記の2枚は、初年度の年会費が無料。2年目以降は2,200円(税込)で利用できるので、はじめてのANAカードに最適だといえます。

      まずは、年会費の安いカードで、ANAカードを体験してみることをおすすめします。

      陸マイラー向けANAマイルの貯め方2選

      クレジットカードで支払い

      ANA便の搭乗以外でマイルを貯めたい「陸マイラー」の方には、以下2つの方法をおすすめします。

      陸マイラー向け ANAマイルの貯め方
      • クレジットカードの利用
      • ポイントサイトの活用

      陸マイラーとしてマイルを貯める効率の良い方法は、上記2つの方法が代表的です。それぞれ具体的な方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

      ANA便を利用せずとも、大量にマイルを獲得できる可能性はあります。

      クレジットカードの利用

      一つ目は、クレジットカードの利用です。クレジットカードで決済をすると還元率に応じたポイントが貯まります。

       ANAカードで貯まるポイントは、ANAマイルへ交換可能です。

      ポイント還元率の高いクレジットカードなら、効率よくポイントを貯められるでしょう。買い物公共料金の支払いなど、生活費全般の支払いに利用することをおすすめします。

      また、ANAカードによってはPASMO機能が搭載されているケースもあります。

      PASMO機能が搭載されているANAカードなら、電車やバスの利用でもポイントを獲得可能。公共交通機関の利用でもANAマイルを貯められます。

      通勤・通学で貯めたポイントをANAマイルに交換すれば、旅行をお得に楽しめるはずです。

      ポイントサイトの活用

      スマホを操作

      二つ目は、ポイントサイトの活用です。ポイントサイトにはさまざまな案件があり、サイト独自のポイントを貯められます。

       ANAマイルに交換できるポイントサイトを選びましょう。

      ANAマイルと交換できるポイントが貯まる人気ポイントサイトは以下の通りです。

      ANAマイルと交換できる人気ポイントサイト
      • ハピタス
      • モッピー
      • ちょびリッチ
      • COINCOM

      上記のサイトでは、サイト経由のネットショッピング資料請求クレジットカードの発行などでポイントが貯まります。

      簡単なアンケートに回答するだけでもポイントがもらえるので、隙間時間を活かしてポイントを貯まると良いでしょう。

      自分が興味のある案件を利用すれば、無理せずポイントをザクザク貯められます。

      おすすめANAカードのお得な使い方3選

      手のひらに金貨

      ANAカードはANAマイルを貯めるのに特化したクレジットカードですが、貯めたマイルの使い道はたくさんあります。

      実は他にもお得な使い方があり、事前に知っておくとANAカード作成後に役立つはずです。

      ANAマイルのお得な使い方
      • ANA SKYコインと交換
      • 提携パートナーのクーポンと交換
      • A-Styleで「1マイル=1円」として利用

      ANAマイルのお得な使い方は上記3つです。よりお得にANAカードを使うために、一つずつ詳しい内容を確認しみてください。

      ANAマイルのさまざまな使い方がわかれば、よりお得にANAカードを使いこなせます。

      ANA SKYコインと交換

      ANAカードで貯めたマイルは、ANA SKYコインと交換できます。航空券や旅行商品の購入に使える上に、有効期限を延長できる優れものです。

       ANA SKYコインの有効期限は交換月から1年後の月末まで。交換した時点から約1年間、有効期限を延長できます。

      有効期限がきれそうで困ってしまったら、ANA SKYコインに交換すると良いでしょう。仮に、2021年11月1日に交換した場合、2022年11月末日まで有効期限を引き延ばせます。

      ANAマイルを失わずに済む、お得な裏技です。

      提携パートナーのクーポンと交換

      ANAマイルは、ホテルレストラン美容院などのクーポンと交換できます。飛行機以外にも利用方法があるため、使い道に困らないでしょう。

       提携パートナー店舗は、約30店舗以上あります。

      グルメや宿泊、美容など、多種多様な店舗と提携しているところもポイントです。飛行機の利用で使いきれないマイルがあれば、お得なクーポンに交換するといいでしょう。

      気になる店舗があれば、ぜひ利用してみてください。

      A-Styleで「1マイル=1円」として利用

      ANAマイルは、A-Styleで「1マイル=1円」として利用可能です。ANAが運営するネットショッピングサイトなら、現金感覚で利用できます。

       A-Styleには、グルメ、ファッション、美容など、さまざまな商品が販売されています。

      また、ANAカードで決済した場合、対象商品を5%OFFで購入できます。通常、100円につき1マイル貯まるところ、ANAカードなら3マイル貯まるところも魅力的です。

      ANAカードを作成したら、1度は利用すべきネットショッピングサイトだといえます。

      よくある質問

      ANAカードはどのように比較すればいいですか?

      ANAカードの比較する際は、以下3つのポイントを確認することをおすすめします。

      ・ポイント還元率の高さ
      ・ボーナスマイルの多さ
      ・マイル移行手数料の安さ

      上記3つのポイントを比較しながら、ANA便の利用頻度を検討しましょう。「年会費を上回るだけのマイルを獲得できるか」を考えるべきです。

      おすすめのANAカードはどれですか?

      本記事でおすすめしているANAカードは、ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)です。ANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となっているので、陸マイラーの方にも最適だといえます。

      また「お手軽にANAカードを試してみたい」という方であれば、年会費の安いANAカードを選ぶと良いでしょう。

      ・ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
      ・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

      上記2枚のANAカードなら、数千円の年会費で利用できます。

      陸マイラーにおすすめのANAカードはどれですか?

      本記事で陸マイラーの方におすすめなANAカードは、以下の2枚です。

      ・ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)
      ・ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

      上記の2枚は、PASMOと一体型のANAカードです。飛行機だけでなく、電車やバス、タクシーなど、普段から利用しやすい公共交通機関でもANAマイルを効率よく貯められます。

      ANAカードは本当にお得ですか?

      ANAマイルを効率よく貯めたい方にとって、ANAカードは最適だとえいます。通常のクレジットカードとは違い、ANAマイルを貯めることに特化しているからです。

      年会費が高額になるほど、マイルの貯めやすさや付帯保険・優待特典がグレードアップする傾向にあります。

      20代におすすめのANAカードはどれですか?

      本記事で紹介しているおすすめANAカードのほとんどは、20代の方なら申し込みできます。年収やANA便の利用頻度などを検討しつつ、お好みでANAカードを選択してみてください。

      ANAカードをお試しで利用してみたい方には、年会費の安いANAカードをおすすめします。

      年会費無料のANAカードはありますか?

      年会費が無料のANAカードは、ANA JCBカード ZEROです。18~29歳以下(学生は除く)の方が申し込めるANAカードで、入会後5年間は年会費無料で利用できます。

      ただし、ボーナスマイルや還元率が他のANAカードと比べて低いところがデメリットです。5年後、ANAカード(一般)JCBに、自動で切り替わります。

      ANAカードの評判・口コミは?

      ANAカードの評判・口コミには、良い内容が目立ちます。

      ・ANA便をお得に利用できた
      ・普段の買い物でマイルが貯まるのは嬉しい
      ・旅行がより充実するようになった

      など、好印象な意見が多く見受けられました。ANA便を利用する方や、旅行が趣味の方にとって最適なクレジットカードだといえます。

      まとめ

      ここまで、マイルが貯まるおすすめのANAカードを紹介してきました。ANAマイルを本格的に貯めるのであれば、やはり「ゴールドカード」がおすすめです。

      年会費はかかりますが、マイル還元率やボーナスマイルが高く、十分年会費の元を取ることができる場合もあります。あまり維持コストをかけたくない方には、『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』がおすすめです。

      安い年会費ながらも、普段の移動や買い物でお得にマイルが貯まります。ぜひこの記事を参考に、ANAカードでマイルを貯め、お得に飛行機を利用しましょう。

      記事監修者

      弁護士 石原 一樹
      2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

      関連記事

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事