生命保険、掛け捨て型と貯蓄型のメリット・デメリットと向いている人

読者
どの保険に加入するか悩んでいるのですが、掛け捨て型の保険は保険料が戻ってこないから損ではないでしょうか?

確かに掛け捨て型の保険は解約時の解約返戻金は全くないか、あってもごくわずかです。

マガジン編集部
しかし、生命保険のメインはあくまで「万が一の場合の死亡保障」です。この点に注目してみると、掛け捨て型ならではのメリット・デメリットが見えてきます。

そこで今回の記事では、掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

今後の保険選びの参考になりましたら幸いです。

この記事の要点

  • 1.掛け捨て型の保険にも貯蓄型の保険にもメリットとデメリットが存在する
  • 2.生命保険に加入する目的によってどちらが最適なのかが変わってくるため目的を明確にしよう
  • 3.貯蓄性がある生命保険にはたくさんの種類がある
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

掛け捨て型と貯蓄型の違いとは

ひと口に生命保険といっても、大きく分けて「掛け捨て型」「貯蓄型」の2つに大別できます。

マガジン編集部
死亡時の金銭的なリスクをカバーする」という根本的な部分では変わりません。

それでは、ほかにどのような違いがあるのでしょうか?両者の違いを見ていきましょう。

掛け捨て型

掛け捨て型保険とはどのような特徴がありますか?
掛け捨て型保険とは、支払った保険料が「解約返戻金」として返ってこない保険のことです。

保険期間が終身の「終身保険」ではなく、保険期間が一定期間で終了する「定期保険」が掛け捨て型保険の代表的な商品になります。

例えばこんな保険です

  • 保険期間20年の定期保険に加入した場合、20年の保険期間が満了になれば更新しない限り保障は終了し、支払った保険金が返ってくることはありません。

定期保険の一種である「収入保障保険」や、医療保険やがん保険で一定期間内に保障が終わるタイプの保険も、掛け捨て型に分類されます。

掛け捨て型のメリット

掛け捨て型保険のメリットは、同じ保障内容で貯蓄型保険に比べて保険料が割安になる点です。

読者
一定期間だけ保障を厚くしたい時に利用しやすいですね。

貯蓄型

貯蓄型保険とはどのような特徴がありますか?
貯蓄型保険は、「保障機能」と「貯蓄性」が1つになった保険商品です。

保険期間は一生涯である「終身」が基本ですが、中には一定期間で保障が終了する保険もあります。

代表的な商品は保障が一生涯続く「終身保険」です。

解約しなければ死亡時点まで保障が継続されるため、保険会社は保険料の一部を積み立てて運用することで将来の解約返戻金死亡保障を準備します。

解約返戻金とは

  • 生前に途中解約した場合に、それまで支払った保険料に合わせてお金が受け取れる。

読者
死亡のリスクに備えながら、老後の生活資金を貯めておくことができるんですね!

保険料の支払い方法は生涯にわたって払い続ける「終身型」のほか、60歳までなど払込期間を決めて支払うタイプもあります。

ただし、デメリットもあります。

貯蓄型のデメリット

貯蓄性があることで、同じ保障内容でも掛け捨て型保険に比べて、保険料が割高になります。

マガジン編集部
保険料を抑えようとすると、保障内容が不十分になる可能性もあるので注意が必要です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

掛け捨て型と貯蓄型の違い

「掛け捨て型」「貯蓄型」それぞれの特徴を掴んだところで、両者の違いを比較してみましょう。 2つのタイプの主な違いは以下のとおりです。

掛け捨て型と貯蓄型の違い

  • 解約返戻金があるか、ないか
  • 同じ保障内容で保険料が割高か、割安か

どちらが最適な保険なのかは、保険に加入するための「目的」に応じて大きく変わります。

掛け捨て型保険が向いている人

掛け捨て型保険は貯蓄性がない代わり、同じ保険料でも準備できる保障が手厚いというメリットがあります。

家庭の大黒柱が若いうちに亡くなった場合、将来的に必要になる生活費や子どもの学費は単なる貯蓄では備えることが難しいでしょう。

少ない保険料で大きな保障を手に入れられる掛け捨て型保険であれば、非常に効率よく大きな保障に備えることができます。

読者
保険料が割安だと、普段の生活費を圧迫することが少ない点もメリットですね。

貯蓄型保険に向いている人

一方の貯蓄型保険は、死亡のリスクに備えながら、人生でお金がかかるライフイベントへの準備もできます。

子どもの大学での費用に備える「学資保険」や、年金の支給額不足を補う「個人年金保険」が代表例です。

マガジン編集部
終身保険であれば、将来必要になる貯蓄をある程度はまかなうことができます。

ただし、貯蓄型保険の場合は早期に解約した場合は解約返戻金がないか、あってもごくわずかになる点に注意が必要です。

注意点

  • 保険料払込期間中に解約した場合に、解約返戻金は払い込んだ保険料を下回るのが一般的です。
  • 想定外の出費があって貯蓄型保険を解約したとしても、普通に貯蓄していた場合より使えるお金が少なくなることも考えられます。

解約してしまうと払い込んだ保険料よりも少ない解約返戻金しか戻ってこない可能性があるので、終身保険以外にも十分に貯蓄をしておくことが重要になります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

掛け捨て型と貯蓄型の生命保険のメリット・デメリット

掛け捨て型生命保険のメリット

保険料が安い

定期保険や収入保障保険に代表される保険料が掛け捨て型の生命保険の場合、貯蓄型の保険と比較して保険料がお手頃な額に抑えられているのがメリットです。

子どもが小さな家庭では大黒柱に万が一のことが起きた場合、大きな死亡保障が必要になります。

文部科学省が公表している「平成30年度子供の学習費調査の結果について」によれば、幼稚園から高校卒業まで「1年間にかかる学習費用」は以下のとおりでした。

1年間にかかる学習費用

  • 公立幼稚園=22万3,647円
  • 私立幼稚園=52万7,916円
  • 公立小学校=32万1,281円
  • 私立小学校=159万8,691円
  • 公立中学校=48万8,397円
  • 私立中学校=140万6,433円
  • 公立高等学校=45万7,380円
  • 私立高等学校=96万9,911円
    出典:文部科学省|平成30年度子供の学習費調査の結果について

また、子どもの希望によっては高校を卒業後に就職せず、大学などに進学するパターンも考えられます。

日本政策金融公庫が公表している「令和元年度『教育費負担の実態調査結果』」によれば、大学にかかる1年間の費用は以下のとおりです。

大学にかかる1年間の費用

  • 私立短大=147.8万円
  • 国公立大学=107万円
  • 私立大学文系=157.6万円
  • 私立大学理系=184.3万円
    出典:日本政策金融公庫|令和元年度「教育費負担の実態調査結果」

仮に幼稚園から大学まで公立に通った場合でも約969万円、すべて私立に通った場合は約2,567万円ものお金がかかる計算です。

マガジン編集部
なお、実際には上記の学習費用のほか、高校と大学では入学費用が発生しますし、大学で一人暮らしをしたらまた更にお金が必要になるでしょう。

もし幼稚園入学前に大黒柱が亡くなってしまった場合、残された配偶者にこれだけの負担がのしかかってくることになります。

読者
生前から貯金をしていても、非常に厳しい金額ですね。。

そういった場合に、手軽な保険料で大きな死亡保障を備えられることは掛け捨て型保険の大きなメリットです。

保障期間が定められている

また、保険期間が定められている点も考え方次第ではメリットです。

契約更新時に保険料が上がってしまうデメリットがあるものの、保険期間が定められていることで保障を見直しやすいともいえます。

その時の家庭の状況に応じて以下のような選択肢から自由に選ぶことができるのです。

状況に応じられる

  • 更新して続ける
  • 他の保険に乗り換える
  • 更新せずに保険を解約する

\オンライン・訪問どちらも可能/

掛け捨て型生命保険のデメリット

貯蓄性がない

掛け捨て型の生命保険のデメリットで最たるものは、やはり「貯蓄性がない」ということでしょう。

貯蓄型の「養老保険」と異なり、払込期間満了まで保険料を支払っても満期保険金は支払われません。

注意点

  • 保険期間の途中で解約した場合、保険料の戻り(解約返戻金)は基本的に受け取れないと覚えておきましょう。
  • 稀に受け取れるケースもありますが、生活費の糧にできるほどの金額ではありません。

保険期間が定められている

また、期間が定められていることもデメリットになり得ます。 終身型の保険は契約が生涯にわたって続くため、加入時の保険料が払込期間満了まで適用されます。

マガジン編集部
一方の掛け捨て型の場合、契約を続けるには満期での更新が必要です。

更新時、その時々の年齢で契約し直すため一般的に保険料が高くなります

読者
更新を重ねるごとに、若い時に終身保険に加入した場合の保険料との差が徐々に縮まっていってしまいますね。。

貯蓄型生命保険のメリット

貯蓄型保険のメリットは、支払った保険の一部が運用され、将来的に満期保険金解約返戻金といった形で受け取ることができる点です。

保険の契約は契約時に「予定利率」が決められます。

予定利率は一定のまま

  • 利回りはずっと変わらずに運用されることになるため、予定利率が高い時期に貯蓄型の保険に加入すれば予定利率は常に高いままです。

世の中の景気が悪くなると金利が下がって銀行の利息などは安くなってしまいます。

読者
でも、予定利率が高い貯蓄型保険を持っていれば高い利回りのままで運用されるんですね。

貯蓄型生命保険のデメリット

貯蓄型保険のデメリットは、掛け捨て型の生命保険と比べて保険料が割高になる点です。

必要な保障のすべてを貯蓄型保険で備えようとすると、どうしても保険料が高くなります。  

マガジン編集部
必要な保障が用意できず、生命保険として本末転倒な結果になる可能性もあるのです。

注意点

  • 途中で解約すれば解約返戻金を受け取ることができますが、加入して数年程度で解約した場合は保険の積立金から一定額が「解約控除」として差し引かれます。
  • 受け取れる解約返戻金は払い込んだ保険料の合計額を下回り、場合によってはほとんど受け取ることができなくなりま

あなたにおすすめなのは掛け捨て型と貯蓄型、どっち?

掛け捨て型保険が向いている人

掛け捨て型の保険が向いている人は、以下のような人です。

掛け捨て型保険が向いている人

  • 手頃な掛け金で大きな保障を準備したい人
  • 臨機応変に保障内容を切り替えたい人

それぞれについて見ていきましょう。

手頃な掛け金で大きな保障を準備したい人

お手頃な保険料で大きな保障を確保したい人は、掛け捨て型の生命保険が向いています。

マガジン編集部
特に小さな子どもがいる20代~30代のファミリー世帯が該当します。

子どもが小さな時に大黒柱である親が亡くなると、残された配偶者の金銭的な負担が非常に重くなります。

読者
同じ保険料でより大きな保障に備えることができる、掛け捨て型の生命保険が役に立つということですね。

臨機応変に保障内容を切り替えたい人

掛け捨て型の生命保険は、10年・20年といった単位で満期を迎えます。

更新時に保険料が上がるというデメリットはあるものの、その時点の家庭の状況に応じて別の保険に切り替えることが可能です。

更新せずに契約を終了するなどの選択肢も含め、臨機応変に対応できるのが掛け捨て型のメリットです。

\オンライン・訪問どちらも可能/

貯蓄型保険が向いている人

貯蓄型保険が向いているのは、以下のような人です。

貯蓄型保険が向いている人

  • 保障と貯蓄を両立させたい人
  • 貯金が得意ではない人
  • さまざまな保険商品から貯蓄方法を選びたい人

それぞれについて見ていきましょう。

保障と貯蓄を両立させたい人

貯蓄型の生命保険が向いている人は、将来に向けて「死亡の備え」「貯蓄」の両方を行いたい人です。

掛け捨て型に比べて支払う保険料は割高になります。

マガジン編集部
しかし、将来的には支払った保険料を超える金額の解約返戻金や満期保険金を受け取ることができる可能性があります。

貯金が得意ではない人

「家計管理が得意ではない」「手元にお金があると使ってしまう」といった心配がある人は、貯蓄型保険が向いています。

貯蓄型保険では毎月自動的に保険料が引き落とされるため、意識しなくても自然と将来の備えをすることが可能です。

通常の貯金であれば下ろして使うのは簡単ですが、保険はそうはいきません

契約して数年以内に解約すると解約返戻金は大幅に少なくなるほか、解約手続きも簡単には終わりません。

読者
簡単に引き出すことができなくなることで、より確実に貯蓄することができますね。

マガジン編集部
生命保険で将来の万が一に備えながら自動的に貯蓄できると考えると、魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。

\オンライン・訪問どちらも可能/

さまざまな保険商品から貯蓄方法を選びたい人

ひと口に「貯蓄型保険」といっても、以下のように数多くの選択肢があります。

貯蓄ができる生命保険の種類

  • 終身保険
  • 低解約型終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険

読者
はじめて保険に加入する人でも、終身保険はイメージしやすいですね。

生涯にわたって死亡保障を受けられるため、保障期間に終わりはなく、解約しない限り遺族が死亡保険金を受け取れます。 もちろん解約したら解約返戻金も受け取ることができます。

低解約返戻金型終身保険とはどういった特徴がある保険ですか?
低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金が低く抑えられた終身保険です。

保険料払込期間を過ぎれば解約返戻金の水準は終身保険と同じになります。

マガジン編集部
解約返戻金が安い分だけ、保険料が割安になるのが魅力です。

そのほか、貯蓄性が高い保険に「養老保険」もあります。

保険期間中に死亡した場合は死亡保険金、解約したら解約返戻金、満期になれば死亡保険金と同額の「満期保険金」が受け取れるなど、貯蓄性に優れた保険です。

上記のような多彩な保険の中から自分に最適な保険を選びたい人は、貯蓄型保険が向いているでしょう。

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし


3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

掛け捨て型保険と貯蓄型保険は、解約返戻金の有無や戻ってくる金額に差があるのが特徴です。

どちらの保険が向いているかは、保険に加入する目的によって大きく変わります。

少ない保険料でできるだけ大きな保障を備えたいのであれば掛け捨て型保険の方が効率的ですし、保障と貯蓄性のバランスを取りたいのであれば貯蓄型保険が向いています。

マガジン編集部
メリット・デメリットをよく理解して、最適な保険を見つけていきましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事