海外旅行保険が自動付帯 おすすめクレジットカード

何が起こるか分からない海外旅行。旅先での予期せぬトラブル・ハプニングに活躍するのが、海外旅行保険付きのクレジットカードです。

海外旅行保険付きクレジットカードを持っていれば、ケガしたり体調不良を起こしたりしても、必要な費用を負担してくれます。

そこで今回は、海外旅行保険が自動付帯しているおすすめのクレジットカードを紹介。

各クレジットカードの補償内容と保険金額を徹底比較し、最も保険が手厚いクレジットカードをランキングでまとめています。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

海外旅行付きクレジットカードの選び方や、基礎知識も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

海外旅行保険とは、海外旅行中に起こったトラブル費用を負担してくれる保険のことです。

クレジットカードの中には、海外保険旅行が付帯しているもののがあります。

海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っていれば、旅先でトラブルがあっても安心。補償範囲内で、経済的な負担をサポートしてくれます。

たとえば、旅行先でケガしたり病気したりした場合に、お金が受け取れます。

一般的な海外旅行保険と比べた、海外旅行保険付きクレジットカードのメリットは、加入の手間や費用が不要なことです。

 クレジットカードの海外旅行保険は、申請して加入する必要がなく、カードを所有しているだけで保険対象となります。

必要な料金はクレジットカードの年会費のみ。圧倒的なコストパフォーマンスの高さから、クレジットカードに付帯するサービスの中でも注目を集めています。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の種類

次に、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償内容を確認しましょう。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償内容は以下の通りです。

  • 傷害死亡
  • 後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 救援者費用
  • 携行品損害

各内容について解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

傷害死亡

傷害死亡とは、旅行期間中の事故によるケガが原因で亡くなった場合の保険です。一般的に、海外旅行保険の中で、最も高額な保険金が補償されています。

後遺障害

後遺障害とは、旅行中の事故によるケガが原因で後遺障害が生じた場合に支払われる保険です。後遺障害の程度に応じて保険金が支払われます。

傷害治療費用

傷害治療費用とは、旅行中の偶然な事故によるケガが原因で、診察・治療を受けた場合に支払われるお金です。

事故の日からその日を含め90日以内に要した費用が補償されることが一般的です。

疾病治療費用

疾病治療費用とは、病気がもとで医師の治療を受けた場合、診療・入院費用等のかかった実費支払うものです。

海外で体調を崩し医療機関を利用することは決して珍しくないため、より重視したい項目と言えます。

賠償責任

賠償責任保険は、偶然な事故によって誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして法律上の賠償責任を負ったりした際に適用されます。

相手に支払わなくてはならない賠償金や、万一訴訟になった場合の弁護士費用等が保険金として支払われます。

救援者費用

救援者費用とは、旅行中にケガや病気を発症して入院し、親族が「救援者」として現地に行く際

  • 現地まで行く際の航空運賃
  • ホテルに宿泊するための費用
  • 入院している本人や救援へ行く人が必要な身の回り品の購入費

などが補償されるものです。

携行品損害

携行品損害とは、海外で持ち物が盗難にあった場合に、盗難にあった物の価格や修理費用を負担するものです。

壊れる・火災等の偶然な事故により損害を受けた場合も対象となります。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

海外旅行保険付きクレジットカードの選び方

海外旅行保険付きクレジットカードには、上手な選び方があります。

 選び方のポイントを知っておくだけで、より満足度の高い1枚を選ぶことが可能。安心して補償が受けられます。

ここでは、海外旅行保険付きクレジットカードの選び方を紹介しています。

重要なポイントのみまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1自動付帯or利用付帯を確認

海外旅行保険付きクレジットカードには、「自動付帯」「利用付帯」2つの種類があります。

自動付帯 クレジットカードを持っているだけで保険が適用
利用付帯 クレジットカードを利用した場合に保険が適用

海外旅行保険が自動付帯となっているクレジットカードの場合、カードを持っているだけで保険が適用されます。カードを全く使っていなくても問題ありません。

クレジットカードを発行し、海外旅行にカードを持っていくだけで補償が受けられます。

 一方で、利用付帯のクレジットカードの場合、旅行代金の支払いにクレジットカードを利用しないと保険が適用されません。

保険が適用される条件は、カード会社によって異なります。そのため、海外旅行前に利用付帯適用となる支払い条件の確認が必要です。

考えるのが面倒だという方は、できれば海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードを選びましょう。

また、自動付帯・利用付帯どちらのクレジットカードも、事前の申告などは一切必要なく海外旅行保険が適用されます。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

2補償内容と保険金額を確認

海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ場合、必ず補償内容と保険金額に目を通しましょう。

クレジットカードによって、補償内容や保険金額は大きく異なります。

たとえば、海外旅行保険最高2,000万円という表記があった場合、どの補償内容にいくら保険金がおりるのかまで確認してみてください。

海外旅行保険の補償内容でとくに重視したい項目が、

  • 傷害治療費用(ケガした場合に適用)
  • 疾病治療費用(体調不良・病気の場合に適用)

2つです。海外旅行中に、ケガや体調を崩して医療機関を訪問するケースは決して珍しくありません。

そのため、「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額が手厚い、クレジットカードを選んでおくと安心です。

\海外旅行で人気のクレカランキング/

3おすすめは複数枚持ち

実は、海外旅行保険付きのクレジットカードは複数枚持つことで、それぞれ補償金額を合算できます。

 合算できるのは、傷害死亡・後遺障害以外の補償内容です。

つまり、海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚旅行に持っていけば、そのぶん手厚いサービスが受けられます。

海外旅行保険付きクレジットカードの中には、維持費がかからない、年会費無料のものも多くあります。

海外旅行・出張を安心して満喫したい方は、年会費無料のクレジットカードを複数枚持っていくことも、おすすめです。

海外旅行保険付きクレジットカードおすすめ人気ランキング

1エポスカード 

エポスカード

エポスカードは、マルイグループが発行するクレジットカードです。

 Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。持っているだけで海外旅行保険の補償を受けることができます。

エポスカード最大の特徴は、疾病治療費用の保険金額が高額なことです。

エポスカードでは、疾病治療費用として最高270万円補償。他のクレジットカードより高額な補償が受けられます。

\年会費永年無料/

体調を崩した際に適用される「疾病治療費用」は、海外保険旅行を比較する上での重要項目です。

年会費無料で手厚い保険が付帯しているエポスカード。海外にぜひ持っていきたい1枚です。

年会費 永年無料 
還元率 0.50%
国際ブランド VISA
海外旅行保険
  • 傷害死亡:最高500万円
  • 後遺障害:最高200万円
  • 傷害治療費用:最高200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:最高270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):最高2,000万円(1事故の限度額)
  • 携行品損害免責:最高20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 救援車費用:最高100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
申し込み条件 18歳以上
\年会費永年無料/

2セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは、セゾン永久不滅ポイントが貯まる、25歳以下年会費無料のカードです。

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは、海外旅行保険の補償金額がトップクラス

 一般的な海外旅行保険付帯クレジットカードに比べて、補償金額が100〜1000万円程度高くなっています。

\初年度年会費無料/

保険は自動付帯。海外旅行に持っていくだけでOKです。カードは郵送最短3営業日発行できますので、旅行まで日にちがない方にもおすすめです。

年会費 初年度無料(2年目以降3,300円※26歳になるまで年会費無料
還元率 0.50%
国際ブランド AmericanExpress
海外旅行保険
  • 傷害死亡:最高3,000万円
  • 後遺障害:最高3,000万円
  • 傷害治療費用:最高300万円
  • 疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害免責:最高30万円(保険期間中の限度額)
  • 救援車費用:最高200万円
申し込み条件 18歳以上
\初年度年会費無料/

3三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードは、18歳以上が発行できる人気のクレジットカードです。

三井住友カードには、海外旅行保険が利用付帯しており、条件を満たした場合に補償が適用されます。

補償適用条件(1〜3のいずれかを満たせばOK)
  1. 日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金を三井住友カードでクレジット決済した場合
  2. 日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を三井住友カードでクレジット決済した場合
  3. 日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて三井住友カードでクレジット決済した場合
\初年度年会費無料/

三井住友カードの国際ブランドは、VISA。海外加盟店舗数トップのため、旅先で自由にショッピングを楽しめます。
年会費 初年度無料(2年目以降:1,375円)
還元率 0.50%
国際ブランド VISA
海外旅行保険
  • 傷害死亡:最高2,000万円
  • 後遺傷害:最高2,000万円
  • 傷害治療費用:最高50万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:最高50万円(1事故の限度額)
  • 賠償責任:最高2,000万円(1事故の限度額)
  • 携行品損害免責:最高15万円(1旅行かつ1年間の限度額)
  • 救援車費用:最高100万円(1年間の限度額)
申し込み条件 18歳以上
\初年度年会費無料/

4横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。

横浜インビテーションカードには、海外旅行保険と国内旅行保険が自動付帯。さらに、国内ショッピング保険・海外ショッピング保険ともに年間100万円まで付帯しています。

\年会費無料/

横浜に馴染みがある方はもちろん、横浜にゆかりが無い方でも、持っておくと安心できる1枚です。
年会費 永年無料
還元率 0.50%
国際ブランド Mastercard 
海外旅行保険
  • 傷害死亡:最高2,000万円
  • 後遺傷害保険金:80〜2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円(1旅行かつ1年間の限度額)
  • 救援車費用:最高200万円(1年間の限度額)
申し込み条件 18歳以上
\年会費無料/

5REXカード

REX CARD(レックスカード)

REXカードは、ジャックスが発行する高還元カードです。REXカードには、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しています。

 傷害死亡・後遺障害保険の最高2,000万円をはじめ、傷害治療保険・疾病治療保険ともに最高200万円補償など、手厚いサポートが受けられます。

補償期間は一旅行(日本出発から帰国まで)あたり最長90日間。カード発行日から、旅行の都度適用されます。

さらに、ポイント還元率は驚異の1.25%。ポイントが貯まりやすく、日常生活で使いやすいこともメリットです。

年会費 永年無料
還元率 1.25% 
国際ブランド MasterCard、Visa
海外旅行保険
  • 傷害死亡:最高2,000万円
  • 後遺障害保険金:80〜2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円(1旅行かつ1年間の限度額)
  • 救援車費用:最高200万円(1年間の限度額)
申し込み条件 18歳以上

まとめ

ここまで、海外旅行保険付きクレジットカードについてまとめてきました。

海外旅行保険付きクレジットカードは、自動付帯がおすすめです。年会費無料のカードであれば、一切コストをかけずに補償が受けられます。

海外旅行保険付きクレジットカードの補償金額は合算できるので、できれば複数枚持っておくと安心です。

ぜひこの記事の内容を参考に、手厚い補償が受けられる、海外旅行保険付きクレジットカードを発行してみてくださいね。

\年会費永年無料/

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事