SMBCモビット

消費者金融カードローンとして高い人気を誇る「smbcモビット」。

WEB完結なら職場への電話連絡なしで利用できたり、金利や融資スピードからも高い注目を集めています。

そこで今回は、smbcモビットについて徹底解説。特徴や金利から、在籍確認・審査難易度に至るまで、詳しくまとめています。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

smbcモビットへの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、smbcモビットカードの特徴を確認していきましょう。

smbcモビットカードの主な特徴は以下3つです。

  1. Tポイントが貯まる
  2. WEB完結
  3. 三井住友銀行ATMで手数料0円

それぞれ解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

1Tポイントが貯まる

smbcモビットカード1つめの特徴は、Tポイントが貯まることです。

smbcモビットカードは、返済するごとにTポイントが貯まります。貯まるTポイントは、返済額のうちの利息分200円あたりにつき1ポイントです。

Tポイントとは

全国のお店やレストランなどの提携先で使える・貯まるお得なポイントサービスのことです。

Tポイントサービスを利用するには、WEB契約する際に「モビットカード(Tカードつき)」を選びましょう。

モビットカード(Tカードつき)を選べば、Tポイント利用手続きは不要。自動でTポイントが貯まります。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

Tカードプラス(smbcモビット next)もおすすめ

smbcモビットでは、3つの機能が1つになったTカードプラス(smbcモビット next)の発行も可能です。

Tカードプラス(smbcモビット next)3つの機能
  1. モビットカードローン
    通常のモビットカード同様に、全国の提携ATMや振込キャッシングで利用できます。
  2. クレジットカード(Mastercard)
    Mastercardのマークがある国内・海外の加盟店はもちろん、インターネットショッピングでも利用できます
  3. Tカード(Tポイント・Tマネー)全国のTポイント提携先で、利用金額に応じてTポイントを貯めたり使ったりできます。Tマネーのチャージも可能です。

Tカードプラス(smbcモビット next)では、クレジットカード支払い・Tカード提示の両方でポイントが貯まります。

Tカードプラスで貯まるポイント
クレジットカード支払い 200円ごとに1ポイント 
カード提示 200円or100円ごとに1ポイント(ポイント付与率は店舗により異なります。)

Tカードプラスを使えば、Tポイント加盟店でポイントの二重取りが可能です。しかし、カードローンの利用によるTポイント付与はありません。

Tカードプラス(smbcモビット next)の年会費は無料。3つの機能が1枚になったお得なカードです。カードの枚数を減らしたい方は、発行を検討してみてください。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

2WEB完結

smbcモビットカード2つめの特徴は、申し込みから契約までWEB完結することです。

 smbcモビットカードは、全ての手続きがネット上で完結します。電話や郵送物は一切なし。審査結果から、キャシング手続きまでWEBのみでOKです。

しかし、smbcモビットカードにWEB完結で申し込むには条件があります。

WEB完結で申し込める人の条件
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、いずれかの口座を持っている
  • 社会保険証、組合保険証を持っている
 上記2つの条件を満たしていない場合、WEB完結に申し込むことはできません。

条件を満たしていない方は、カード申込みのみです。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

3三井住友銀行ATMで手数料0円

smbcモビットカード3つめの特徴は、三井住友銀行ATM手数料0円で利用できることです。

smbcモビットは、三井住友銀行と同じSMBCグループです。そのため、三井住友銀行ならATM手数料が0円。借入から返済まで、ATM利用の手数料はかかりません。

また、三井住友銀行内にあるローン契約機で、モビットカードの申し込みやカード受け取りができます。

三井住友銀行内ローン契約機は、全国に約400台。平日・土日祝日問わず9時〜18時まで(※営業時間は店舗により異なります。)利用可能です。

カードを発行するには、簡単な項目を入力するだけ。スピーディーに手続きが完了するため、急ぎの融資を希望の方にもピッタリです。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

smbcモビットの申し込み方法!在籍確認はある?

次に、smbcモビットの申し込み方法を解説していきます。

申し込みに必要な書類から、在籍確認の有無に至るまで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

申し込みに必要な書類

まず、smbcモビットの申し込みに必要な書類を確認していきましょう。

smbcモビットの申し込みに必要な書類は以下2つです。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

1本人確認書類

smbcモビットに申し込む際は、本人確認書類として

  • 「運転免許証」
  • 「健康保険証」
  • 「パスポート」

などの提出が必要です。運転免許証を持っている方は、運転免許証の提出が必須となっています。

いずれも有効期限内・現在有効なものを用意しましょう。

収入証明書類

smbcモビットでは、申し込み内容に応じて収入証明書類の提出が必要なケースがあります。smbcモビットで収入証明書の提出が必要なケースは以下2パターンです。

  • 希望の借入額が50万円を超える場合
  • smbcモビットの契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

上記どちらかに該当する場合、収入証明書の提出は必須。事前に準備しておきましょう。

※上記に該当しない時でも、SMBCモビットでは収入証明書の提出が必要な場合があります。

smbcモビットの申し込みに有効な収入証明書類の例
  • 源泉徴収書の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細の写し
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

申し込み方法

smbcモビットの申し込み方法は5つです。

  1. パソコン
  2. スマホ
  3. 電話
  4. 郵送
  5. 三井住友銀行内自動契約機

各申し込み手順をまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

1パソコン

パソコンから申し込む方法
  1. 画面上のボタンから「カード申し込み」「WEB完結申し込み」いずれかを選択
  2. 審査結果を連絡(WEB完結申し込みの場合はメールで連絡)
  3. カード発行(受け取り方法を郵送orローン契約機から選択)※WEB完結の場合はカード発行なし
  4. 書類返送(SMBCモビットから届く必要書類を返送する)※WEB完結の場合は入会完了メール到着後、すぐに利用可能
  5. 手続き完了

2スマホ

スマホから申し込む方法
  1. スマートフォンからアクセスして申し込み
  2. 審査結果を連絡(WEB完結申し込みの場合はメールで連絡)
  3. カード発行(受け取り方法を郵送orローン契約機から選択)※WEB完結の場合はカード発行なし
  4. 書類返送(SMBCモビットから届く必要書類を返送する)※WEB完結の場合は入会完了メール到着後、すぐに利用可能
  5. 手続き完了
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

電話

電話で申し込む方法
  1. フリーコールに電話する(0120-03-5000)
  2. 電話で審査結果を連絡
  3. カード発行(受け取り方法を郵送orローン契約機から選択)
  4. 書類返送(SMBCモビットから届く必要書類を返送する)
  5. 手続き完了
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

4郵送

郵送で申し込む方法
  1. 三井住友銀行またはコールセンターで申込書を受け取り、郵送する
  2. 電話で審査結果を連絡
  3. カード発行(受け取り方法を郵送orローン契約機から選択)
  4. 書類返送(SMBCモビットから届く必要書類を返送する)
  5. 手続き完了

5三井住友銀行内の自動契約機

自動契約機で申し込む方法
  1. 三井住友銀行内ローン契約機から「SMBCモビット」を選択して申し込み
  2. その場で審査項目を聴取
  3. その場でカード発行
  4. メールで結果案内・ネットor電話で入会手続き
  5. 手続き完了

在籍確認の有無

smbcモビットは、カード申し込み時に在籍確認が必ずあります。

 しかし、WEB完結を選択すれば、必要書類の確認のみで勤務先への電話連絡は不要。メールのみでやり取りが完結します。

カード申し込み時の在籍確認の電話が職場にかかってくるのを避けたい方は「WEB完結」を選択しましょう。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

smbcモビットの借入・返済方法

smbcモビットを利用する際、ぜひ知っておきたいのが「借入方法」と「返済方法」です。

借入・返済のしやすさは、カードの使いやすさに直結します。申し込み前に確認しておきましょう。

1借入方法

smbcモビットの借入方法は、以下2つです。

  1. 振込キャッシング
  2. 提携ATM

振込キャッシングでは、ホームページ(パソコン・スマートフォン)の会員専用サービス「Myモビ」、または電話で入金を依頼できます。

振り込みキャッシングを利用するには、あらかじめ金融機関口座の登録が必要です。

また、smbcモビットでは全国のコンビニや銀行など、提携ATMからの借入も可能です。

smbcモビットの提携ATM(一部)
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • ファミポート

おすすめは、三井住友銀行ATMです。三井住友銀行ATMなら手数料が無料。よりお得に借入できます。
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

2返済方法

smbcモビットの返済方法は以下3つです。

  1. 口座振替
  2. 銀行振込
  3. 提携ATM

smbcモビットでは「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座を持っている方に限り、自動で引き落としが可能です。

対象口座を持っていない方は、銀行や提携ATMでの返済ができます。

smbcモビットの金利

smbcモビットの実質年率は、3.0~18.0%です。

smbcモビットの金利目安
  • 100万円未満 18.0%
  • 100万円以上 15.0%

ただし、借入金額によって詳細な金利は変わりますので、契約前に必ず金利を確認しましょう。

smbcモビットの審査難易度

smbcモビットへの申し込みを検討している方の中には「審査難易度が気になる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、smbcモビットの審査難易度や審査時間を解説。詳しくまとめています。審査が不安な方は、とくに必見の内容です。

1審査基準・難易度

smbcモビットの審査難易度は下記の申込条件から想定してみてください。

 smbcモビットの申し込み条件は、20歳以上69歳以下で安定した定期収入のある方。パート・アルバイト・派遣社員・自営業の方も利用できます。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

2審査落ちする条件

SMBCモビットの審査難易度に限らず、審査落ちしてしまう人には特徴があるといわれています。

  • ブラックリストに登録されている
  • 審査に落ちてから期間が経っていない
  • 継続した収入が無い
  • 無職
  • 他社を含む借入額が年収の3分の1を超えている
  • 借入件数が複数ある
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

3審査時間

smbcモビットの審査時間は最短30分です。

最短即日融資※1にも対応しており、申し込みから審査・融資までの手続スピードが非常に早いカードローンといえます。

また、smbcモビットではすぐに融資可能か判断できる「10秒で簡易審査」もあります。

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

簡易審査をすれば、本審査に通過するかどうかの見極めができます。ぜひ本審査を受ける前に、10秒で簡易審査を受けてみてください。
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
SMBCモビットは借り換えにおすすめ?他社との比較はこちら

まとめ

ここまで、smbcモビットについてまとめてきました。

smbcモビットは申し込みがWEBで完結可能。WEB完結なら職場への電話なしで作成できる貴重なカードローンです。

しかし、WEB完結できるのは「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」いずれかの銀行口座を持っている方に限られます。

もし面倒な電話なしWEB完結でのカードローン作成を希望する方は、対象の銀行口座を作成することからスタートしても良いでしょう。

ぜひこの記事の内容を参考に、smbcモビットへの申し込みを検討してみてください。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

記事監修者

弁護士 石原 一樹
2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事