生活費はクレジットカード払いが断然お得?!おすすめカードランキング3選!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

毎月なにかと出費がかさむ生活費。少しでも安く・お得にしいという方がほとんどでしょう。

実は、生活費の支払いをクレジットカードに切り替えるだけで、毎月の支払いがお得になる可能性が高まります。

そこで今回は、生活費の支払いにクレジットカードがおすすめの理由を解説生活費の支払いにおすすめな高還元クレジットカードをランキング形式で紹介しています。

\還元率が高い/

生活費の支払いに適したクレジットカードの選び方もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

生活費の支払いはクレジットカードがおすすめです。

まずは「なぜ生活費の支払いにクレジットカードがお得なのか」その理由を確認しましょう。

生活費をクレジットカードで支払うメリットは主に以下4つです。

  1. 支払いでポイントが貯まる
  2. お金の管理が楽
  3. 手数料負担を減らせる
  4. カードの特典が受けられる

それぞれ解説していますので、ぜひ確認してみてください。

1支払いでポイントが貯まる

生活費にカード払いがおすすめな理由1つめは、ほとんどの場合でポイントが貯まることです。

クレジットカードでは、ほぼ全ての場合で利用金額に応じてポイント還元が受けられます。

 一般的なクレジットカードのポイント還元率は、約0.50〜1.00%程度です。

その場合、生活費をクレジットカードで支払えば、200円あたり1〜2ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、

  • 買い物代金から差し引き
  • キャシュバック
  • 景品・商品、ギフト券と交換
  • マイル・他社ポイントに移行

など、カードによって様々な使い方が可能です。

\還元率が高い/

2お金の管理が楽

生活費にカード払いがおすすめな理由2つめは、お金の管理が楽になることです。

クレジットカードは、毎月決まった日に自動で引き落としされるのが特徴です。

  • 電気・ガス・水道などの公共料金
  • 携帯電話代
  • プロバイダー料

などの固定費をクレジットカード払いにすることで、支払い忘れを防げるのはもちろん、ポイント還元の対象であればポイントがコツコツ貯まります。

 普段の買い物で使ったお金も、同じ日にまとめて引き落とされるため、お金の管理がスムーズです。

また、毎月届く明細書が家計簿代わりになるため、わざわざレシートを集めて家計簿をつける必要もありません。

クレジットカードの明細書を家計簿代わりに使用すれば、簡単に支出を管理しながら、ポイントも貯めていけるでしょう。

3手数料負担を減らせる

生活費にカード払いがおすすめな理由3つめは、手数料負担を減らせることです。

生活費を全て現金で工面する場合、銀行のATM手数料を取られるケースも少なくありません。

例えば、コンビニATMを利用した場合、引き出し1回あたりの手数料は100〜200円程度です。

楽天銀行などのネット銀行では、月に無料で引き出せる回数が決まっている場合もあります。

一方、クレジットカード払いでは手数料がかかりません。クレジットカードの手数料は、全て加盟店が負担しています。

手数料がかかるイメージを持つ方も多いクレジットカードですが、消費者には一切の手数料負担なく決済可能です。

また、公共料金や携帯代を現金払いにしている場合、振り込み用紙を払い忘れると延滞手数料が発生します。

生活費の支払いをクレジットカード中心にすれば、基本的には手数料の心配なく様々な支払いができます。

 ただし、クレジットカードで分割払いやリボ払いを利用すると、手数料が発生することがあります。

クレジットカードの手数料負担を0にするには、一括払いを選択しましょう。

\還元率が高い/

4カードの特典が受けられる

生活費にカード払いがおすすめな理由4つめは、カードの特典が受けられることです。

クレジットカードには、カード毎に特典が付帯しています。

クレジットカードの特典には、

  • 買い物代金の割引
  • ケータイ料金の割引
  • 飲食店での優待
  • 特定サービス・店舗での割引

など、生活費がお得になるものも多くあります。

例えば、イオンカードを全国のイオン店舗で利用すれば、お客様感謝デーに買い物代金が5%OFFになるなどです。

ポイント還元があるだけでなく、様々なサービス・特典を受けられることが、生活費をクレジットカードで支払うメリットです。

\還元率が高い/

クレジットカードで生活費はどのくらいお得になる?

毎月の生活費をクレジットカード払いにすると「具体的にどのくらいお得になるのか気になる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、毎月の生活費をクレジットカード払いにした場合、貯まるポイントをシミュレーションしています。

シミュレーションする生活費は、総務省統計局が発表している「二人以上の世帯の家計消費(平成29年度)」を参照。以下、表にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

毎月の生活費をクレジットカード(還元率1.00%)で支払った場合

支出内訳  金額(ポイント)
食費 72,866円(728ポイント)
住居 16,555円(165ポイント
光熱・水道 21,535(215ポイント
家具・家事用品 10,560(105ポイント
被服及び履物 10,806(108ポイント
保健医療 12,873(128ポイント
交通・通信 39,691(396ポイント
教 育 11,062(110ポイント
教養娯楽 27,958(279ポイント
その他の消費支出 59,120(591ポイント
合計 283,027円(2830ポイント)

毎月の生活費をクレジットカード払いした場合、1ヵ月で貯まるポイントは約2,800ポイントです。

 1ポイント=1円相当換算とすれば、現金をクレジットカードに変えるだけで、1年あたり33,600円相当もお得になります。

ここで紹介している生活費は、あくまで二人以上世帯の全国平均です。

世帯人数や地域によって生活費は大きく異なりますが、ポイント還元を鑑みれば、クレジットカードの方がお得になることは間違いないといっていいでしょう。

現金で生活費を支払っている方は、ぜひクレジットカードへの変更を検討してみてください。

\還元率が高い/

生活費がお得になるクレジットカードの選び方

生活費がお得になるクレジットカードを選ぶのには、重要なポイントがあります。

クレジットカードの特徴は、カードによって様々。カードの選び方ひとつで生活費はグンとお得になります。

ここでは、生活費がお得になるクレジットカードの選び方を解説しています。

3つのポイントを知っているだけで、入手すべきカードの特徴がわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。

1還元率を重視する

生活費がお得になるクレジットカードを選ぶなら、ポイント還元率を重視しましょう。

ポイント還元率とは

クレジットカードの利用金額に対してどのくらいポイントが返ってくるかということ

還元率が高いクレジットカードほど、同額の生活費でも、より多くのポイントが貯ま流ことが期待できます。

クレジットカードのポイント還元率は平均0.50%程度。還元率が1.00%を超えると、高還元のクレジットカードといえます。

\還元率が高い/

還元率別!生活費で貯まるポイントを比較

例、毎月の生活費10万円分をクレジットカードで支払った場合
還元率 貯まるポイント1ヶ月/1年
1.20% 1,200ポイント/14,400ポイント
1.00% 1,000ポイント/12,000ポイント
0.50% 500ポイント/6,000ポイント

1ヵ月の生活費で貯まるポイントを比較すると、一見還元率ごとに大きな違いは無いように見えます。

しかし、1年後に貯まるポイントを見ると、還元率0.50%と還元率1.00%の間には6,000ポイント以上もの差があります。

生活費の支払いに使うクレジットカードは、ポイント還元率が高いものが断然おトクといえるでしょう。できれば還元率1.00%以上の高還元カードを選びましょう。

2年会費永遠無料

生活費の支払いに使うクレジットカードは、年会費無料のカードがおすすめです。

クレジットカードには、年会費無料カードと有料カードがあります。

 実は、年会費無料でも有料でもクレジットカードのポイント還元率は一般的にはあまり変わりません。

基本的にクレジットカードの年会費は、ほとんどの場合サービスや保険の充実度と比例しています。

サービスが充実した年会費有料カードは出張や旅行が多い方にメリットがあるものの、生活費の支払いが主な目的の方にとっては、あまりメリットがないと考えられます。

年会費が高い=生活費の支払いがお得になる、というわけでは必ずしもないのです。

生活費をお得に支払うのであれば、年会費無料の高還元カードで十分でしょう。年会費無料であれば、維持コストがかかる心配もないため、安心してカードが使えます。

\還元率が高い/

3サブカードがあると便利

生活費の支払いにクレジットカードを利用するなら、サブカードがあると便利です。

サブカードとは

利用頻度が低い2枚目以降のカードのこと

サブカードを上手に活用することで、生活費をよりお得にすることができます。

サブカードには、生活費がお得になるサービス・特典が付帯しているものを選ぶことがおすすめです。

例えば、

  • スーパー
  • 携帯
  • ガソリン
  • 公共交通機関

などの割引が受けられるカードです。

\還元率が高い/

よく利用するメインカードはポイント還元率を重視し、サブカードには自分がよく利用する店舗やサービスが割安になるカードを選びましょう。

生活費の支払いにおすすめ!人気クレジットカード3選

1JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、18〜39歳以下限定のクレジットカードです。

JCB CARD Wは、通常のJCBカードに比べて、いつでもポイント2倍。常にポイント還元率が1.00%を上回る高還元カードです。

 ポイントアッププログラムが充実しており、ポイントアップモールやJCB優待店で利用すると2〜20倍のポイントが貯まります。

\年会費永久無料/

年会費は永年無料。生活費の支払いに活躍間違いなしの1枚です。
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/Union Pay
審査可能年齢 18〜39歳
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用で最大10,000円キャッシュバック!
  • さらに、抽選で10万円分のJCBギフトカードプレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~12月7日(火)
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント
  • キャッシング枠30万円以上の申し込みで200円プレゼント+利用で3,000円キャッシュバック
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)

2リクルートカード

リクルートカード

リクルートカード は、ポイント還元率1.20%の高還元カードです。

  • 通勤・通学のSuicaチャージ
  • 携帯料金
  • 光熱費

など、各種固定費の支払いが可能。生活費でお得にポイントを貯めることができます。

貯まったポイントはPontaポイントに交換できたり、様々なサービスで使ったりできます。

旅行保険・ショッピング保険も付帯しており、高還元・安心の1枚です。
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.20%
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/Union Pay
審査可能年齢 18歳以上

3楽天カード

楽天カード

楽天カードは、楽天市場で決済に使用すると楽天ポイントが3倍貯まるクレジットカードです。

ポイント還元率は、常時1.00%以上2015年12月17日以降に申込・発行された楽天カードには楽天ポイントカードの機能が付いています。

\年会費永年無料/

そのため、ファミリーマート、吉野家、マクドナルドなど、全国にある楽天ポイント加盟店でポイントの二重取りが可能です。

ポイントを貯めやすく・使いやすいため、生活費の支払いに適した1枚といえます。

年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/Americanexpress
審査可能年齢 18歳以上
\年会費永年無料/

生活費をお得にクレジットカード払いにする3つの方法

生活費のクレジットカード払いをお得にする3つの方法

生活費をクレジットカード払いにすると、ポイントが貯まりお得です。しかしさらにお得にクレジットカードを活用する、次のような方法があります。

生活費をクレジットカード払いでお得にする方法
  1. 決済を1枚のクレジットカードにまとめる
  2. 家族カードを活用する
  3. キャンペーンを狙う

1決済を1枚のクレジットカードにまとめる

生活費の支払いに使うクレジットカードを、1枚にまとめるとさらにお得です。なぜなら、多くのポイントが貯まり、利用できるサービスの幅が広がるからです。

例えば3枚のクレジットカードを同時に使って、それぞれに1,000ポイントずつ貯めるよりも、1枚に3,000ポイントあった方がより高価な商品・サービスなどに交換できますよね。

 1枚であれば、クレジットカードの管理がしやすいというメリットもあります。

2家族カードを活用する

家族カードを活用すると、効率的にポイントを貯められさらにお得です。

家族カードとは?
家族カードとは、本会員の家族が持てるクレジットカードのことで、元々のクレジットカードと同じ条件で使えるクレジットカードです。
そのため、生計を同じくしている人なら、同時にカード決済をして、ポイントを貯められます。例えば本会員が、書店で本をカードで買っていると同時に、配偶者が別のショッピングセンターでカードを使えるといった具合です。
そうすれば、クレジットカードの利用率が上がって、より多くのポイントを貯められますよね。
 家族カードを作れる条件は会社によって異なるますが、一般的には生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子となります。

3キャンペーンを狙う

クレジットカード会社では、次のようなキャンペーンが行われることがあります。

クレジットカード会社が実施するキャンペーン
  1. 特定店舗でのカード利用でポイント還元率アップ
  2. 一定期間のカード利用でポイント還元率アップ
  3. 特定の手続きでポイント付与サービス

上記のようなキャンペーンを積極的に利用すれば、お得にポイントを貯められますよね。アプリやメールで宣伝されていることが多いので、こまめにチェックしてみましょう!

\年会費永久無料/

ここまで、生活費の支払いにクレジットカードがおすすめな理由とおすすめのクレジットカードをランキングで紹介してきました。

毎日の生活費を現金からクレジットカードに変えるだけで、ポイントが貯まったり特典が受けられたり、1年間にかかる生活費は驚くほどお得になります。

生活費の支払いにおすすめのクレジットカードは以下3枚でした。

  1. リクルートカード
  2. JCB CARD W
  3. 楽天カード

どのカードもポイント高還元。年会費永年無料ですので、気軽に申し込んでみてください。

ぜひクレジットカードを上手に活用して、生活費をお得にしましょう。

\年会費永久無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事