横浜銀行カードローンの審査は厳しい?特徴や金利・返済方法を解説

地方銀行として知名度の高い横浜銀行カードローンは神奈川や東京にお住まい、またはお勤めの方にオススメです。

  • 横浜銀行カードローンはどんなサービス?
  • 金利や借入限度額は?
  • どうやって返済するの?
このような横浜銀行カードローンについての疑問に応えていきます。
申し込みの流れや必要書類、金利についてまとめていますのでぜひ参考になさってください。
\最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンとは横浜銀行が提供しているカードローンサービスです。横浜銀行は神奈川県横浜市に本店を置く地方銀行。

地方銀行とは言っても神奈川県と東京都には600以上の店舗・ATMコーナーが存在しており、大規模事業を行っています。

実質年率 1.5〜14.6%
利用限度額 10〜1000万円
審査時間 最短翌日
融資スピード 最短翌日
担保・保証人 不要
パート・アルバイト 申込可能

横浜銀行のカードローンは口座がなくても申し込みが可能です。来店不要で最短翌日には審査回答が明らかになるという特徴があります。

最大1,000万円まで借り入れが可能であるのでおまとめローンとしても利用できるカードローンです。

横浜銀行カードローンの主なメリット
  • 駅やコンビニATMで借入・返済ができる
  • 金利が低い
  • お借入限度額が1,000万円と高額
横浜銀行カードローンの主なデメリット
    • 利用できる人の住所、勤め先が限られている

    横浜銀行カードローンは横浜周辺に住んでいる、もしくは勤めており、普段から横浜銀行で取引をしている人におすすめです。横浜銀行カードローンのATMは小田急線全70駅に設置されています

    横浜銀行ではカードローン以外でもサービスのラインナップが豊富ですので複数の銀行を利用したくない方は横浜銀行一つで様々なサービスを利用したほうがメリットが大きいです。

    横浜銀行おまとめローン

    さらに、横浜銀行カードローンのお借入限度額が高額であることを考えると、まとまった資金が必要な方やおまとめローンをしたい方におすすめ。複数のローンをまとめて借入額が大きくなると金利が下がります。

    さらに、横浜銀行カードローンの嬉しいポイントは3つ。

    1. 来店不要でWeb完結
    2. 提携ATMの手数料無料
    3. いろいろな用途で使用可能

    それぞれのポイントを詳しく紹介します。

    おすすめおまとめローンの比較記事はこちら

    1来店不要でWeb完結

    横浜銀行カードローンのWeb完結申込

    横浜銀行カードローンは来店する必要がなくWeb申し込みで完結します。横浜銀行カードローンのWeb申し込みから契約までの流れを説明しましょう。

    1. インターネットで申し込み
    2. 書類提出に関するお知らせがSMSで届く
    3. 必要書類をアップロード・郵送・FAXのいずれかの方法で提出
    4. 審査結果が最短翌日に回答(指定の電話番号に)
    5. WEBで契約手続き
    6. 「横浜銀行カードローン」カードを発行・利用開始

    横浜銀行カードローンはインターネットからなら24時間365日申し込みが可能です。審査の結果は最短翌日に回答されるため、最短で申し込み翌日からカードローンの利用ができます。

    \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

    2提携ATM手数料無料

    ATM手数料

    横浜銀行カードローンはいつでも何回でも提携ATMの利用手数料が無料です。

    利用可能なATM
    • 横浜銀行ATM
    • セブン銀行
    • ローソンATM
    • コンビニATM E.net
    • ファミリーマート
    • デイリーヤマザキ
    • ミニストップ
    • イオン銀行

    横浜銀行は小田急線全70駅にATMが設置されています。さらに神奈川・東京には、約13,000台(2019年5月末時点)のATMが利用可能。コンビニATMであれば全国どこでも横浜銀行のカードローンを利用できます。

    ※横浜銀行のATMやセブン・ローソン・イーネット・イオン銀行以外のATMで横浜銀行カードローンを利用した場合は、利用手数料や時間外手数料がかかることがあります。また、イオン銀行のATMでは返済出来などとATMの機種によって一部の取引が利用できないこともあります。

    3いろいろな使い方が可能

    横浜銀行カードローンは様々な使い方ができます。ローン会社は利用目的からも返済能力を計算しているため、中には使用目的を限定しているカードローンもあります。しかし、横浜銀行カードローンは使用目的が自由自在なので便利です

    例えば次のような目的で横浜カードローンを利用できます。

    • 予定外の出費が重なって生活費の足しにしたい
    • 海外旅行に行きたい
    • 特別な日にちょっとリッチな時間を過ごしたい
    • 複数の借入をまとめて負担を減らしたい

    また、横浜銀行カードローンは「SMBCコンシューマーファィナンス」が保証するので担保・保証人不要で申し込みが可能です。保証人不要のカードローンは自分自身の信用で利用できるので気軽に申し込めます。

    保証人になってくれる人を探す手間を省けますし、カードローンを利用することを他の人に知られずに済みます。保証人手続きがない分、融資までがスムーズに運ぶので横浜銀行カードローンは最短翌日に融資が可能なのです。

    \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

    横浜銀行カードローンの審査は厳しい?

    カードローンの審査

    横浜銀行カードローンを利用するにはキャッシング審査を通過しなければなりません。申し込み条件を満たし、横浜銀行が定めている審査基準を満たすのは厳しいでしょうか。

    横浜銀行カードローンの主な審査項目や必要書類、審査にかかる時間について説明します。

    \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

    横浜銀行カードローンの審査基準

    まず、横浜銀行カードローンに申し込めるのは次の条件を満たしている人です。

      • 満20歳以上69歳以下
      • 安定した収入がある人またはその配偶者
      • 神奈川・東京都全域・群馬県前橋市・高崎市・桐生市に居住または勤めている人
      • 保証会社の保証が受けられる人
      • 個人情報の取り扱いに同意できる人

    カードローンで審査される主な項目は「信用情報」「借入情報」「本人属性」の3つと考えられます。

    過去のローンやクレジットカードの取引に関する履歴をチェックするといわれています。これまでの返済履歴はカードローン会社にとって大きな判断材料となることが予測できます。

    現時点で他社からどれほどの借入をしているかも審査項目と考えられます。総量規制に抵触しない申し込みがなされているかがチェックされるといわれています。

    最後に本人属性。審査時には職業、雇用形態、勤続年数、年収、住居状況、家族構成がチェック対象となるといわれています。

    審査に必要な書類

    横浜銀行カードローンの審査に必要な書類は以下の2つです。

    • 本人確認書類
    • 収入証明書

    もし、借入希望額50万円以内なのであれば、本人確認書類のみで横浜銀行カードローンを申し込めます。

    給与明細書は収入証明書の代わりにはなりません。源泉徴収票などが必要です。本人確認書類は記載事項が最新の状態に更新されているものを使いましょう。

    必要書類の提出は郵送の手間を省くためにアップロードという方法を使えます。デジカメやスマホを使って書類をスキャンし横浜銀行のホームページからアップロードします。

    インターネットを使った書類提出が難しい場合は郵送かFAXを利用してください。

    \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

    審査に係る時間はどれくらい?

    横浜銀行カードローンの審査結果は最短翌日に電話で通知されます。ただし、Web完結の方法を使って申し込みし、書類提出している場合はメールで審査結果が通知されることもあるので見落とさないようにチェックしてください。

    審査に通過したら契約手続きを行います。審査結果通知の際に教えてもらえる専用サイトにアクセスして手続きを行いますが、郵送やFAXを使って契約する場合もあります。

    契約手続きが完了したら、借入用のカードが送付されます。カードは簡易書留で郵送されるので、本人確認書類の提示は必要なく同居家族の受け取りも可能です。

    次のようなケースでは、すぐに審査結果が通知されない場合も考えられます。

      • 土日や祝日に申し込みした
      • 申し込み内容に不備があった
      • 必要書類に不備があった
      • 在籍確認に時間がかかった
       提出した書類の不備や申し込み内容の不備は、再提出を求められることになりますので時間がかかります。申し込みの際や書類を集めるときは十分心の余裕を持って不備がないようによく確認しましょう。
      \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

      横浜銀行カードローンの返済方法

      横浜銀行カードローンの提携ATM

      横浜銀行カードローンの返済方法にはどのようなものがあるのでしょうか。返済方法や支払方法の種類についてまとめてみました。

      2つの返済方法

      横浜銀行カードローンの返済方法は次の2つです。

      • ATMでの返済
      • インターネットでの返済

      横浜銀行は全国の提携コンビニATMや約13,000の横浜銀行ATMでの返済が可能です。

      インターネットで返済するときには<はまぎん>マイダイレクト(インターネットバンキング)を利用します。

      1. インターネットバンキングにログインする
      2. カードローン口座をサービス利用口座に追加する

      インターネットでの返済は1円単位で返済が可能ですし、24時間365日取引が可能です。

      \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

      支払い方法

      横浜銀行カードローンでは月々2,000円~の返済が可能です。返済方法には定例返済と随時返済の2種類を利用できます。

      定例返済と随時返済

      横浜銀行カードローンの定例返済日は毎月10日、銀行休業日の場合はよく平日営業日です。年金利は1.5%~14.6%。例えば金利14.6%で30万円を借りた場合、1日当たりの利息は次の計算から120円となります。

      300,000(円)×14.6(%)÷365(日、うるう年は366)

      定例返済とは別に一括返済やリボ払いも可能です。一括返済するためには、<はまぎん>ダイレクトを利用します。横浜銀行ATMや窓口でも一括返済できますが、その場合はカードローンが解約されてしまいますので今後も継続利用する予定なのであればインターネットバンキングを利用しましょう。

      横浜銀行カードローンの借り換え

      横浜銀行には借り換えやおまとめローン専用のサービスはありません。しかし、横浜銀行カードローンは1,000万円という高額借り入れが可能なサービスですから他のローンからの借り換えやおまとめローンとしても利用できます。

      2つのローン会社から合計170万円を借り入れているとします。

      Aローン Bローン
      借入額 90万円 80万円
      金利 17.8% 14.75%
      返済額 2万3千円 1万9千円

      では、横浜銀行のカードローンに借り換えしてまとめて返済する計画を立ててみましょう。

      横浜銀行カードローン
      限度額 200万円 1000万円
      借入額 170万円 170万円
      金利 11.8% 1.5%
      返済額 3万8千円 2万9千円

      このように、複数のローンから借入しているよりも、横浜銀行のカードローンでまとめてしまえば、毎月の返済負担額を軽減できるのです。

      \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

      横浜銀行カードローンの金利

      横浜銀行カードローンの金利は年金利1.5%~14.6%です。

      横浜銀行カードローンでは残高スライド方式で返済額が決定しています。残高スライド方式とは、借入残高に応じて月々返済額がスライドつまり変動する方式です。

      借入残高や支払期間によってどのように返済額が異なるのかを表で簡単に紹介します。

       

      借入額 上限金利 毎月返済額 返済期間 合計利息
      10万円 14.6% 4,000円 30ヶ月 19,929円
      30万円 8,000円 51カ月 103,025円
      50万円 15,000円 44カ月 145,118円
      100万円 11.8% 20,000円 70カ月 382,891円
      150万円 25,000円 92カ月 777,841円
      200万円 8.8% 30,000円 92カ月 755,689円
      300万円 6.8% 40,000円 98カ月 917,248円
      \最短即日融資・WEBなら来店不要で振込/

      横浜銀行カードローンの口コミ・評判

      横浜銀行カードローンに実際に申し込みをした人たちの口コミや評判を見てみると、

      • パート・アルバイトでも契約できた
      • 金利が安い
      • Web完結で手軽に利用できた

      などがありました。

      消費者金融と比較すると低めの銀行金利を魅力に感じながらも、銀行の審査に不安を感じる人が一定数いるようでした。

      そんな方でもすでに横浜銀行口座を開設していれば、スマホなどから手軽に申し込めて、審査に通過し低金利でローンを利用することができたというような概ね好評が目立ちます。

      おすすめカードローン会社

      金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

      1プロミス

      プロミス
      プロミスの特徴
      • 利用者数&顧客満足度No.1※1
      • カードレスでWeb完結が可能
      • 最短30分審査・最短30分融資
      業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※1出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
      プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
      また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
      \24時間・土日も振込可能/
      プロミス申し込みはこちら
      Webで完結可能
      金利(実質年率) 4.5%~17.8%
      限度額 500万円
      審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
      融資スピード 最短30分
      WEB完結 可能
      学生の利用 可能
      \24時間・土日も振込可能/
      プロミス申し込みはこちら
      Webで完結可能

      2アコム

      アコム
      アコムの特徴
      • 最短30分の審査&最短即日振り込み
      • 最大30日間金利0円サービス
      • 全国5万台以上の自社・提携ATM
      ※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
      \アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
      Webで完結可能

      ※在籍確認が行われる場合がございます。
      アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
      審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
      金利(実質年率) 3.0~18.0%
      限度額 1万円〜800万円
      審査期間 最短30分
      融資スピード 最短即日可能
      WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
      学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
      返済方式 定率リボルビング方式
      返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
      担保・保証人 不要
      \アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
      Webで完結可能

      ※在籍確認が行われる場合がございます。

      3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

      バンクイック
      バンクイックの特徴
      • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
      • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
      • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
      • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
      三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
      \銀行金利のカードローン/
       キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
      銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
      金利(実質年率) 1.8~14.6%
      限度額 10~500万円
      審査期間 最短翌営業日※2
      融資スピード 最短翌営業日※3
      WEB完結 可能
      パート・アルバイト 申し込み可能
      ※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
      \銀行金利のカードローン/

      4SMBCモビット

      SMBCモビットの特徴
      • Web完結で面倒な電話連絡不要
      • SMBCグループ
      • カードレスで最短即日融資可能
      SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
      • 三井住友銀行
      • 三菱UFJ銀行
      • みずほ銀行
      • ゆうちょ銀行
      上記いずれかの口座を開設していれば、保険証のみでWeb完結申し込みを済ませることができます
      \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
      SMBCモビット申込み
      Webで完結可能
      このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
      ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
      金利(実質年率) 3.0~18.0%
      限度額 800万円
      審査期間 10秒簡易審査
      融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
      WEB完結 可能
      学生の利用 可能
      \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
      SMBCモビット申込み
      Webで完結可能

      まとめ

      横浜銀行カードローンの概要をまとめてきました。申し込みから融資まで24時間365日Web完結できるカードローンはとても便利です。

      横浜銀行カードローンの主な特徴をもう一度まとめてみましょう。

      横浜銀行カードローンの主な特徴
      • お借入限度額最大1000万円
      • 金利年1.5%~14.6%
      • 来店不要
      • 提携ATM利用手数料0円
      • おまとめローンなど用途自由

      横浜銀行カードローンの審査は決して甘いとはいえないと予測できますが、申し込み条件を満たし必要書類を揃えておけば、あとは信用情報次第とも考えられます。横浜銀行カードローンを申し込んで急な出費や特別な日の用意をするのはいかがでしょうか。

      関連記事

      ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

      おすすめの記事