おすすめフリーローン低金利ランキング
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

自由な用途でお金が借りられる「フリーローン」。金利が低めであり、いざお金が必要な時に頼りたい手段です。

そこで今回は、数あるフリーローンを徹底比較。金利を比較しながらおすすめのフリーローンを紹介しています。

\金利が低いフリーローンがわかる/

自分にとってお得なフリーローンが見つかる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

フリーローンとは?

フリーローンとは、自由に使える個人向けローンのことです。フリーローンで借りたお金の使い道は原則自由です。結婚費用・旅行費用・引越し費用など、様々な用途で使えます。

フリーローンの借入回数は1回のみが基本です。一度借入した後は、返済のみが一般的。カードローンのように何度もお金を出し入れできません。また、金利が低めなこともメリットです。

\金利が低いフリーローンがわかる/

フリーローンのメリット・デメリット

主なメリット
  • 自由な用途でお金が使える
  • 金利が低め
  • 返済管理が簡単
  • 借りすぎを防げる
主なデメリット
  • 繰り返し借入できない
  • 追加融資のハードルが高い
  • 融資スピードが遅い

人気!おすすめフリーローンの【金利比較】

どのフリーローンがいいか迷っている方には、以下の3つのフリーローンがおすすめです。

おすすめフリーローン3選

おすすめフリーローン3選

特に三井住友カード カードローンはカードが到着する前に現金を借り入れることが可能です。また、千葉銀行 フリーローンは返済期間が長く設定できるなどそれぞれ特色があります。ぜひ自分に合ったフリーローンを選んでみてください。

※三井住友カード カードローン:最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。最短5分の会員番号発行の受付時間:9:00〜19:30です。

1三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン HPキャプチャ

三井住友カード カードローンのおすすめポイント
  • Web完結可能
  • 前年の返済実績に応じて、毎年金利が0.3%ずつ引き下がる
  • 条件次第で最短5分の借り入れ可能※1

三井住友カード カードローンは、Web完結可能・資金使途自由なカードローンです。

借入希望額が50万円以下であれば、最短5分※1で借入可能です。また、三井住友カード カードローンなら前年のご返済実績に応じて、毎年金利が0.3%ずつ引き下げられます※2

 初年度の金利から最大1.2%下げることが可能です!※2
\最短5分で審査完了!/

詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

全国のコンビニ・銀行の提携ATMだけでなく、Webや電話から24時間いつでも申し込みできるため、場所と時間に縛られることなく利用できます。

返済日は申し込み時に、毎月10日もしくは26日から選択できます。余裕がある月は、返済日以外であっても随時返済が可能です。
金利(実質年率) 1.5%〜15.0%
利用限度額 最大900万円
担保 不要
保証人 不要
WEB完結 可能
申し込み条件 満20歳以上~69歳以下で安定した収入のある方(学生は除く)
※すでに三井住友カード カードローン(振込専用)会員の方は、お申し込みいただけません。
お借入れ条件
  • 資金使途:自由
  • 遅延損害金:年20.0%
  • ご返済方法:元金定額返済
  • ご返済期間・回数:最長15年1か月181回

※新規ご契約ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合

<会社情報>三井住友カード株式会社
<近畿財務局長(13)00209 日本貸金業協会会員第001377号>
541-8537 大阪市中央区今橋4-5-15

\最短5分で審査完了!/

詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

 
・貸付条件を確認し、借りすぎには注意しましょう。
・キャッシングリボ利用枠は、希望の利用枠の範囲内にて設定されます。
・利率は、設定された利用枠の利率が適用されます。
・ ご利用明細をウェブサイト上でご確認いただく「カードご利用代金WEB明細書サービス」が適用されます。書面のご利用明細書は発行されませんので、あらかじめご了承ください。
※1:最短5分のお借り入れについて
最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。最短5分の会員番号発行の受付時間:9:00〜19:30です。
※2:金利優遇について
ご入会1年経過後、最初に到来する締切日の翌日より、引き下げ対象期間となります。会員資格が取り消された場合、お支払いの遅延があった場合、カードローンをご解約された場合等には、利率引下げの取り消し、もしくは前年度の利率と同一となることもございます。全額繰上返済する場合、ご返済までの利率は、繰上返済お申し出時点の利率にて計算いたします。

2りそな銀行 フリーローン

りそな銀行 フリーローン

りそな銀行 フリーローンのおすすめポイント
  • WEB完結可能
  • りそな銀行住宅ローンを利用している方は金利が安くなる
  • 4種類の固定金利でわかりやすい

りそな銀行フリーローンは、WEB完結可能なフリーローンです。フリーローンの使い道は自由。借入可能額は10万〜500万円までとなっています。

金利は固定で年6.0〜14.0%です。審査により「年6.0%」「年9.0%」「年12.0%」「年14.0%」のいずれかが適用されます。

 さらに、りそな銀行住宅ローンを利用している方は、年0.5%の金利引き下げが適用されます。

金利引き下げ適用後の金利は年5.5〜13.5%で、よりお得にフリーローンを利用可能です。

返済方法は、毎月一定額が口座引き落としです。返済日は毎月固定となっており、借入時に都合の良い日にちを選択できます。
金利(実質年率) 6.0〜14.0%
利用限度額 500万円
担保 不要 
保証人 不要 
WEB完結 可能 ※諸条件によりお取扱いできない場合があります。
申し込み条件  日本国内にお住まいで以下の条件を満たす方

  • お申込み時の年齢が満20歳以上、満66歳未満の方(最終返済時の年齢が満71歳未満の方)
  • 継続安定した収入のある方(アルバイト・パートでも可)
  • りそな銀行フリーローン指定の保証会社の保証を受けられる方

※学生、専業主婦(主夫)の申し込み不可

3千葉銀行 フリーローン

千葉銀行

千葉銀行 フリーローンのおすすめポイント
  • Web完結可能
  • 20~50代の方におすすめ!
  • 返済は月2,000円からOK
  • 担保、保証人不要
  • 返済期間が比較的長い

千葉銀行フリーローンは、全ての手続きがWEB完結。来店・郵送不要で申し込めます。借入限度額は800万円、金利は年1.7〜14.8%です。

千葉銀行フリーローンのメリットは、返済期間が長いことです。返済期間はゆったり最長15年間。少額返済可能なため、借り換えにも適しています。

また、千葉銀行フリーローンの公式ページでは5つの項目で借入可能か判断できる10秒クイック診断が可能です。

\年1.4〜14.8%!安心の金利/

審査通過が気になる方は、まずクイック診断から始めてみてください。
金利(実質年率) 1.4〜14.8%
利用限度額 800万円
担保 不要
保証人 不要
WEB完結 可能
申し込み条件
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
  • 安定した収入(パート・アルバイトを含む)のある方。ただし年金収入のみの方はお申込みいただけません
  • お住まい、またはお勤め先の所在地が当行本支店の営業地域内(千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県)にある方(インターネット支店をご利用の場合は、お住まいの所在地がインターネット支店の営業地域内にある方)
  • エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる方

\年1.4〜14.8%!安心の金利/

4横浜銀行 カードローン

横浜銀行 カードローン

横浜銀行カードローンのおすすめポイント
  • 10~1,000万円まで10万円単位で借入可能
  • 審査結果が最短翌日にわかる
  • 担保、保証人不要

横浜銀行カードローン10~1,000万円まで10万円単位で借入が可能な人気のカードローンで、フリーローンとしてもお申込み可能です。

利用限度額は10〜1,000万円。基本的に借入金額の用途に制限がなく、入院費用・出産費用・個人旅行費用など、様々な使い方ができます。

\何回でもATM利用手数料無料
※一部ATMを除きます

金利は年1.5~14.6%です。借入金額によって、以下のように金利が異なっています。

借入金額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

申し込みは、PC・スマホから24時間可能です。

審査・融資スピードがスムーズなことも特徴で、審査結果は最短翌日、ローンの借入も最短翌日となっています。
\何回でもATM利用手数料無料
※一部ATMを除きます
金利(実質年率) 1.5~14.6%
利用限度額 10万円~1,000万円
担保 不要
保証人 不要
WEB完結 可能
申し込み条件
  • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
  • 神奈川県全域・東京都全域・群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)に在住の方

\何回でもATM利用手数料無料
※一部ATMを除きます

5関西みらい銀行 フリーローン(不動産担保型)

関西みらい銀行 フリーローンのおすすめポイント
  • 利用限度額が最大1億円
  • 事業資金の申し込みもOK

関西みらい銀行のフリーローン は、不動産担保型フリーローンです。

最大の特徴は、融資金額が高額なこと。担保となる不動産の価値に応じて、最高1億円までの高額融資が受けられます。また、他社とのおまとめローンにも利用可能です。

複数のお借入れのローンを1本化することで「毎月返済がラク!」「金利負担がラク!」「口座管理がラク!」といった3つのメリットが生まれます。

引用元:フリーローン<不動産担保型>|関西みらい銀行

さらに、フリーローンでは珍しく、事業資金の申し込みもOKです。運転資金やつなぎ資金、創業に必要な資金など幅広く利用できます。

サポート体制も非常に充実しており、専任のコンサルティング担当者が申し込みから融資までを徹底サポート。初めての方でも安心です。
    金利(実質年率) 2.0〜9.8%
    利用限度額 1億円
    担保 土地・建物またはマンション
    保証人 原則不要
    WEB完結 不可
    申し込み条件
    • お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下で、最終ご返済時の年齢が満86歳未満のお客さま
      • 継続安定した収入のあるお客さま
        • 当社所定の保証会社の保証が受けられるお客さま
        • 事業資金でのご利用の場合、取扱店の営業区域内に居住または営業されているお客さま
        • 過去に信用事故のないお客さま

        6オリックス・クレジット VIPフリーローン

        オリックス・クレジット VIPフリーローンのおすすめポイント
        • 返済専用のおまとめローン
        • 消費者金融と銀行からの複数の借り入れをひとつにまとめられる

        オリックス・クレジットのVIPフリーローンは、返済専用のおまとめローンです。おまとめローンとは、複数の借入をひとまとめにするローンのこと。

        おまとめローンを利用することで「金利が下がる」「返済負担が少なくなる」「返済管理が楽になる」などのメリットがあります。

        VIPフリーローン では、消費者金融ローンはもちろん、銀行ローンもまとめられます。

        複数の借入がある方におすすめのフリーローンです。
        金利(実質年率) 3.0%~14.5%
        利用限度額 800万円 
        担保 不要 
        保証人 不要 
        WEB完結 可能(※郵送あり)
        申し込み条件 日本国内に居住し、申し込み時20歳以上65歳未満で年収400万円以上の方

        7住信SBIネット銀行 フリーローン

        住信SBIネット銀行 フリーローンのおすすめポイント
        • 50万円までの申し込みなら収入証明書の提出不要
        • 全国で利用可能
        • WEB完結手続き可能
        • 繰上げ返済の手数料が無料

        住信SBIネット銀行フリーローンは、資金使途自由のフリーローンです。手続きはWEBのみで完結郵送物はあるものの、ネット環境さえあれば自宅から申し込みできます。

        \ネットならではのお得な金利/

        また、高額融資に対応していることも、住信SBIネット銀行の特徴です。利用限度額は最大1,000万円まとまったお金が必要な方にもピッタリです。

        繰上げ返済は1円から何度でも手数料0円。契約後に返済しやすいこともメリットでしょう。
        \ネットならではのお得な金利/
        金利(実質年率) 3.775%〜12.0%
        利用限度額 1,000万円
        担保 不要
        保証人 不要 
        WEB完結 可能(※郵送あり)
        申し込み条件
        • 日本国内に居住する、申込時年齢が満20歳以上で、完済時満70歳未満の方
        • 毎月安定した定期収入がある方

        \ネットならではのお得な金利/

        8イオン銀行 フリーローン

        イオン銀行 フリーローンのおすすめポイント
        • 来店不要で融資可能
        • 10万円単位で借入できる
        • 繰上げ返済手数料が無料

        イオン銀行フリーローンは、来店不要で融資可能なフリーローンです。資金使徒は原則自由。10万円単位で10万円〜借入できます。

        イオン銀行フリーローンの特徴は、繰上げ返済しやすいことです。

         繰上げ返済手数料は無料。インターネットバンキングなら1万円から1円単位で一部繰上げ返済できます。

        イオン銀行フリーローンは、担保・保証人不要で、気軽に申し込みできます。
        金利(実質年率) 年3.8%~年13.5%
        利用限度額 700万円
        担保 不要
        保証人 不要
        WEB完結 可能(※郵送あり)
        申し込み条件
        • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
        • ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
        • イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方
        • 安定かつ継続した収入の見込める方

        9福岡銀行  おまとめ・フリーローン

        福岡銀行  おまとめ・フリーローン
        • 上限金利が12.8%と比較的低め
        • パート・アルバイトでも申し込み可能
        • WEB完結可能

        福岡銀行フリーローンは、九州個人向けローンとして高いシェアを誇る人気ローンです。

        借りたお金の使い道は基本的に自由。旅行レジャーや引越し費用から、家具家電の購入に至るまで、幅広い使徒で利用できます。

        フリーローンはご契約時にお客さまの口座に一度だけ資金をお振込みし、その後は口座引落しでご返済いただく商品です。返済日の異なる複数のローンのおまとめなど、まとまったお使い道が決まっていて、計画的に返済していきたい場合におすすめです。

        引用元:おまとめ・フリーローン(ナイスカバー) | 福岡銀行

        金利は3.9〜12.8%です。金利が非常に低いことが特徴になっています。

        福岡銀行フリーローンの使い道(例)
        1. ローンまとめ
        2. 家電購入
        3. 自動車関係費用
        4. 学費
        5. 引越し費用

        福岡銀行フリーローンは、パート・アルバイトの方も申込みOK。WEB完結で手軽に手続きできます。
        金利(実質年率) 3.9〜12.8% 

        ※Web(パソコン・スマホ)以外で申し込みの場合は、金利は年4.5%~年14.0%となります。

        利用限度額 500万円
        担保 不要 
        保証人 不要 
        WEB完結 可能
        申し込み条件
        • お借入時の年齢が満20歳以上69歳以下の方(Webでのお申し込みは69歳11ヶ月まで)
        • 収入がある方(パート・アルバイト・年金受給者の方もお申し込みいただけます。)
        • 保証会社の保証が受けられる方
          (普通預金口座をお持ちでない方は、ご融資までに福岡銀行窓口にて返済用口座として普通預金口座をご作成いただきますので、ご契約方法は「ご来店」をご選択ください。)

        10みずほ銀行 多目的ローン

        みずほ銀行 多目的ローンのおすすめポイント
        • 実質年率5.875〜6.65%と比較的非常に低い金利
        • WEB完結可能

        みずほ銀行フリーローンは、最大300万円の借入が可能です。借りたお金は、車購入、結婚資金、旅行費用、家電製品の購入など、様々な用途で利用できます。

        返済期間は最長7年間。実質年率5.875〜6.65%と、金利が非常に低く毎月の返済負担が少なくてすみます。

         さらに、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または過去に利用していた方は、年0.1%の金利引き下げ特典があります。

        また、みずほ銀行住宅ローンを利用中、もしくは返済が終了した方には、別途で金利がおトクになるフリーローンが用意されています。

        みずほ銀行フリーローンの申し込みはWEBから可能です。
        金利(実質年率) 5.875〜6.65%
        利用限度額 300万円
        担保 不要
        保証人 不要 
        WEB完結 可能(※郵送あり)
        申し込み条件
        • 借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
        • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
        • 前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
        • 保証会社の保証を受けられる方

        11三井住友銀行 フリーローン(無担保型)

        三井住友銀行 フリーローン(無担保型)のおすすめポイント
        • 金利が5.975%と比較的非常に低め

        三井住友銀行フリーローン は、担保・保証人不要で借入できるフリーローンです。三井住友銀行フリーローンは、ライフプランに合わせて色々な場面で使えます。

        三井住友銀行フリーローンの使い道(例)
        • 家具・インテリアの購入資金
        • 旅行資金
        • パソコンや周辺機器の購入資金
        • ご婚礼にともなう資金
        • 引越・住み替えにともなう資金

        申し込みは、インターネットから24時間いつでも可能。忙しくてなかなか時間がとれない方等、店頭に来店できない方でも気軽に申し込めます。

        金利は5.975%。大手銀行としての低金利が魅力です。
          金利(実質年率) 5.975%
          利用限度額 300万円 
          担保 不要
          保証人 不要
          WEB完結 不可 
          申し込み条件
          • お申し込み時満20歳以上、満65歳以下の方
          • 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方はご利用いただけません)
          • 当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
          • ご契約時に当行(ローン契約機)にご来店いただける方
          • 日本国内在住の方

          おすすめフリーローンの金利ランキング!

          ここでは、上記で紹介したおすすめフリーローンのなかでも、下記の条件に当てはまるフリーローンに絞り、上限金利が低い順にランキングを作成いたしました。

          • 全国から申し込み可能
          • WEB完結申し込み可能
          • 担保・保証人不要

          フリーローンを選ぶ際の参考にしてください。

          フリーローン名 上限金利  申し込み
          1位 三井住友銀行三井住友銀行 フリーローン(無担保型) 5.975%
          2位 みずほ銀行

          みずほ銀行 多目的ローン

          6.65%
          3位 住信SBIネット銀行住信SBIネット銀行 フリーローン 12.0%
          4位 イオン銀行イオン銀行 フリーローン
          13.5%
          5位 りそな銀行りそな銀行  フリーローン
          14.0%

          フリーローンとカードローンの違いは?

          ここまで、おすすめのフリーローンについてまとめてきました。フリーローンについては理解が深まったと思いますが、実際に自分が「カードローン」と「フリーローン」どちらを使えば良いのか悩んでいる方も多いでしょう。

          カードローンとフリーローンの違いは以下の通りです。
          フリーローン カードローン
          金利 低め 高め
          借入回数 基本的に1回 何回でもOK
          (利用限度額の範囲内の場合)
          返済期間や借入額
          管理
          簡単 複雑
          融資上限額 高め 低め
          事務手数料 必要なことが多い 基本的に不要
          即日利用 原則不可 最短翌日融資

          最も大きな違いは、借入回数と言えそうです。カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも借入できますが、フリーローンでは1度借入をすると再び借入したい場合にはもう一度審査をしなければなりません。

          また、フリーローンは返済期間や借入額などの管理がしやすい上に限度額も高いことが特徴として挙げられます。金利はカードローンより低めに設定されていることが多いですが、その分事務手数料などの手数料が必要になることも多いです。

          上記を踏まえて、フリーローンが向いている人の特徴は以下のようになります。

          フリーローンの利用が向いている人
          • できるだけ金利を抑えて借入したい人
          • まとまったお金が必要な人
          • お金の管理が苦手な人
          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          即日利用or複数回利用したい人はカードローンを利用しよう!

          カードローンが向いている人の特徴は以下の通りです。

          カードローンの利用が向いている人
          • 少しでも早く融資を受け取りたい人
          • (限度額の範囲内で)何度も融資を受け取りたい人

          上記に当てはまる方は、カードローンの利用も検討してみましょう!また、カードローンでも使用用途が限定されていないものもありますので、ぜひ探してみてください!

          \最短即日融資が可能?!/

          なお、当サイトでもカードローンで借り入れしたお金の使い道について独自にアンケート調査を行いました。その結果、回答が多い順に生活費の補填、娯楽費・旅行費、他社の返済やクレジットカード払いなど、多岐に渡っていることがわかりました。

          カードローンで借りたお金の主な使い道

          アンケート回答の内訳
          借入金の使い道 割合
          生活費補填 32.4%
          娯楽費・旅行費 15.3%
          他社への返済や
          クレジットカードの支払い
          10.8%
          ショッピング 9.0%
          冠婚葬祭費 6.3%
          医療費 3.6%
          投資・ギャンブル 1.8%
          覚えていない 9.9%
          その他 10.8%

          調査概要はこちら

          すぐにお金が必要な方や、何度も融資をする予定がある方はカードローンの利用も検討に入れてみてはいかがでしょうか。

          【徹底比較!】おすすめカードローン会社4選

          金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

          1プロミス

          プロミス
          プロミスの特徴
          • カードレスでWeb完結が可能
          • 最短30分審査・最短30分融資
          大手の消費者金融として知られるプロミスでは最大30日間無利息※2で、最短30分の審査から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
          プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
          また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
          \24時間・土日も振込可能/
          プロミス申し込みはこちら
          Webで完結可能
          金利(実質年率) 4.5%~17.8%
          限度額 500万円まで
          審査期間 最短30分
          融資スピード 最短30分
          WEB完結 可能
          学生の利用 可能
          \24時間・土日も振込可能/
          プロミス申し込みはこちら
          Webで完結可能
          ※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

          2アコム

          アコム
          アコムの特徴
          • 最短30分の審査&最短即日振り込み
          • 最大30日間金利0円サービス
          • 全国5万台以上の自社・提携ATM
          ※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

          三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。

          CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照

          \アルバイトの方も申込可能/
          アコム申し込みはこちら
          Webで完結可能

          ※在籍確認が行われる場合がございます。
          ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
          アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!

          審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。
          また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。

          金利(実質年率) 3.0~18.0%
          限度額 1万円〜800万円
          審査期間 最短30分
          融資スピード 最短即日可能
          WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
          学生の利用 可能
          返済方式 定率リボルビング方式
          返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
          担保・保証人 不要
          \アルバイトの方も申込可能/
          アコム申し込みはこちら
          Webで完結可能

          ※在籍確認が行われる場合がございます。
          ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

          ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

          3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

          バンクイック
          バンクイックの特徴
          • 電話・インターネットの申込に対応
          • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
          • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
          • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
          三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネットでのお申し込みができます。
          \銀行金利のカードローン/
           キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
          銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
          金利(実質年率) 1.8~14.6%
          限度額 10~500万円
          審査期間 最短翌営業日※2
          融資スピード 最短翌営業日※3
          WEB完結 お申し込みまでは可能
          パート・アルバイト 申し込み可能
          ※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
          \銀行金利のカードローン/

          4SMBCモビット

          SMBCモビットの特徴
          • Web完結で面倒な電話連絡不要
          • SMBCグループ
          • カードレスで最短即日融資可能
          SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
          • 三井住友銀行
          • 三菱UFJ銀行
          • みずほ銀行
          • ゆうちょ銀行
          上記いずれかの口座を開設していれば、保険証、本人確認書類と収入証明書類の提出でWeb完結申し込みを済ませることができます
          \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
          SMBCモビット申込み
          Webで完結可能
          ※参考URL:https://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP310S0000
          このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
          ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
          金利(実質年率) 3.0~18.0%
          限度額 800万円
          審査期間 10秒簡易審査
          融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
          WEB完結 可能
          学生の利用 可能
          \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
          SMBCモビット申込み
          Webで完結可能

          フリーローンの審査は甘い?見られるポイントは?

          ATM

          審査の甘いフリーローンはない

          フリーローンの審査について調べていて「カードローンと比較すると審査が甘い」や「フリーローンは審査に通りやすい」というような情報を見かけた人もいるでしょう。しかし、実際には審査が甘い銀行ローンなど存在しません

          フリーローンにしても、カードローンにしても、銀行にとっては「他人に融資の貸し出しをする」という点においては、違いはありません。返済能力のない人に融資の貸出をする事は銀行にとってはリスクになります。

           フリーローンの申し込み審査の基準は銀行ごとに異なります。

          フリーローンの審査が甘いというわれる理由の一つには、フリーローンの返済の仕組みがあげられます。借入限度額以内であれば何度でも融資の借入ができるカードローンに対して、フリーローンは一度しか借入をすることができません。

          つまり、一度借入をしたら後は返済するだけなので、仕組みとしてはとてもシンプルです。返済計画が立てやすく、返済がしやすいので、貸出側のリスクは低いと考えられます。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          フリーローンの審査で見られるポイント

          銀行

          ● 安定した収入を得ているかどうか

          フリーローンに限らず、融資の借入をする際に審査側が重要視するポイントのひとつが、安定した収入源があるかどうかです。収入を得ていない人に融資を貸し出してもなかなか返済されないことが安易に想像できるでしょう。

          金融機関は、返済不能になるリスクが低い人へ融資の貸出をしようと考えるはずです。従って、ローンの審査では、年収の額に加えて勤務先や雇用形態、属性などが確認されることも多いでしょう。

           高額の年収を得ている必要はありませんが、定期的な収入源があることが大切です。

          一般的にローンの審査では、自営業者や経営者よりも、会社員の方が有利になりやすいと言われるのには、安定性という観点での利点があるからでしょう。

          監修者
          会社から給料をもらっていて労働者の権利で守られている会社員が収入源を失う可能性は極めて低いです。

          一方で、自営業者や、経営者の場合は収入の安定性が担保されているわけではないので、ローンの貸出側から見ると不安要素になりうるのです。

          ● 過去のクレジット利用歴

          お財布

          過去に利用したクレジットカードの利用歴や、ローンの借入・返済歴も、ローン審査の際の判断材料になる可能性があるでしょう。クレジット利用歴は、「信用情報」として、信用情報機関により一定年数保管されています。

          例えば、過去にクレジットカードの返済遅延を何度も起こしていたり、ローンの返済を滞納しているといった記録が残っている場合、審査での不安材料になることは避けられません。

          監修者
          返済遅延などを起こさずローンやクレジットカードを利用することを心がけましょう。
          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          フリーローンの審査に落ちてしまった時の対処法

          銀行のATM

          希望利用額の見直しをする

          ローンの審査に落ちてしまう要因のひとつとして、年収に対して希望の借入額が高すぎるという点があるでしょう。ローンの貸出をする銀行は、債務者の返済が可能な範囲内で融資の貸付をします。

          年収に対して希望の利用額が高すぎると判断されると審査に通らない可能性があります。再申し込みをする際には、希望限度額を下げてみるといいかもしれません。

           再申し込みをする際には、6ヶ月程度の期間を置いてからが良いと言われています。

          貸金業者ができるローン貸付の限度額を法的に規制している「総量規定」では、債務者の年収の3分の1を超えるローンの貸付を禁じています

          銀行や信用金庫は、貸金業者には当てはまらないので「総量規定」の対象にはなりませんが、目安として覚えておくといいでしょう。法的な規制はありませんが、銀行ローンの審査基準の目安として採用されている可能性はあります。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          信用情報を見直して再申し込みする

          書類

          過去に利用していたクレジットカードやカードローンの返済遅延や滞納が原因で、新規で申し込むカードローンの審査に影響が出るというのは珍しい話ではありません。

          クレジットカードやカードローンの利用歴は、信用情報機関によって最大6年程度記録されます。新規でローンの申し込みをする場合、ローン会社の申し込み審査で信用情報の確認がされる可能性は高いでしょう。

           信用情報は、信用情報機関が扱っている個人のクレジットヒストリーです。日本には、JICC、CIC、KSCなどといった信用情報機関があります。

          過去に返済遅延や滞納をした記憶があるという人は、ある程度時間を置いてから再度のローン申し込みを検討しましょう。信用情報がクリアになれば、審査結果が変わる可能性もあるはずです。

          クレジットカードのキャッシングを利用する

          クレジットカードを使う人

          フリーローンの審査に通らなかったという場合には、他の融資制度の利用を考えるのもひとつの方法です。クレジットカードのキャッシングであれば、現在利用中のクレジットカードを利用して融資を借り入れることができます。

          フリーローンやカードローンなどの融資制度を利用する際には、必ず申し込み時の審査を受ける必要があります。収入や年齢に関する規定などが細かく、申し込みの条件自体も厳しいのが一般的でしょう。

           クレジットカードのキャッシングを利用する場合は、基本的には新たに審査を受ける必要がないのでスムーズに利用できるでしょう。

          利用限度額が比較的低い場合が多く、キャッシング枠を利用することでショッピングに利用できる限度額が減ってしまう場合があるのが難点です。まとまった金額の借入には向いていませんが、少額を気軽に借り入れるのにはぴったりでしょう。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          フリーローンの借り換えを利用する際の注意点

          お金を抱える人

          フリーローンでは追加の借入ができない

          カードローンから、フリーローンへの借り換えを利用する場合には、2つのサービスの基本的な違いについて押さえておくようにしましょう。カードローンは、利用限度額内であれば何度でも借入や返済を行うことができます。

          一方でフリーローンの場合は、借入られる回数は一度に限られ、追加での融資を受けることはできません。フリーローンへの借り換えをした後で、制度の違いに気づくということがないように注意しましょう。

           フリーローンの制度は、一度借入をしたら、そのあとは返すだけというシンプルなものです。

          今後完済するまでは追加の借入はしないという場合には、フリーローンはピッタリの制度です。しかし、追加の借入をする可能性があるという人は、無闇に借り換えをするのは控えましょう。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          審査結果が出るまでに時間がかかる

          お金

          フリーローンは、申し込みをしてから審査結果が出るまでに1週間程度かかるものが多いでしょう。カードローンの場合は、即日審査、即日融資というサービスが増えていますが、フリーローンは借入までに時間がかかります。

          さらに、ローンの利用用途が明確ではない場合などは、審査に通らないという可能性もあるでしょう。1週間審査結果を待った後に審査落ちということになると、かなり時間も手間もかかってしまうので注意が必要です。

          監修者
          フリーローンの借り換えには手間がかかることを忘れてはいけません。

          借入金額によっては金利が上がってしまうことがある

          お金を数える人

          金利を安くするためにフリーローンへの借り換えを検討しているという人も多いでしょう。フリーローンの金利は、借入の金額や、ローンの提供会社によって大きく差があります。

          フリーローンに借り換えたからといって、必ずしも金利が安くなるというわけではないことは押さえておきましょう。一般的に借入金額が少ないほど金利は高くなり、借入金額が多ければ金利は安くなります

           借入金額による金利の変動はサービスによって異なるので、利用前に必ず確認しましょう。

          既にローンの返済が進んでいて、借入金額がある程度まで減っているという場合には、フリーローンに借り換えをすることで逆に金利が上がってしまうことがあるので注意が必要です。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          フリーローンの借り換えで、毎月の返済額を減らす方法

          お金の芽

          カードローンとフリーローンはどちらも融資の借入ができる金融商品です。両方とも同じように、借入額に対して金利がかかり、利息が上乗せされた金額を毎月指定された日程で返済していきます。

          しかし、カードローンとフリーローンには、それぞれ少し違った特徴もあるのです。この違いをうまく利用して、フリーローンへの借り換えをすることで毎月の返済額を減らすことができるというのを聞いたことがあるという人も多いでしょう。

          毎月の返済額を減らす方法
          • 低金利で利用できるフリーローンに借り換える
          • ローンの借入先をまとめることで利息を抑える

          フリーローンは、追加で融資の借入ができない仕組みになっているので、「もうローンの利用をやめたい」「完済したい」という人にはピッタリの制度です。毎月の返済が多くて負担を感じているという人は、ぜひ検討してみてください。

          低金利で利用できるフリーローンに借り換える

          散らばるお金

          カードローンの金利は割高だと聞いたことがある人も多いでしょう。利用中のカードローンよりも、低金利で利用できるフリーローンに借り換えることで、金利を抑え毎月の支払額を抑えることができます。

          金利は、借入をするローン会社によって設定されています。債務者の審査状況や、借入限度額によって、同じローン会社からの借入でも金利が異なることもあるでしょう。

           一般的には、借入金額が多ければ多いほど、金利は低くなる傾向にあります。

          カードローンに初めて申し込んだ人や、過去に返済遅延などを起こした経歴のある人などは、ローン会社にとって貸付のリスクが高いと判断される可能性があります。その場合、比較的高い金利が設定されることもあるでしょう。

          しかし、一度借入をしたら追加で融資が受けられないフリーローンは、カードローンよりもスムーズに返済がされやすく、ローン会社にとっての貸付リスク低いと考えられています。その為、金利が低めに設定されている場合が多いでしょう。

          監修者
          返済額が大きい人ほど、金利の低いローン会社に借り換えることでつきの支払額を抑えることができます。

          借り換えをする際には、実際にどの程度金利がお得になるのか下調べをした上で手続きをするようにしましょう。せっかく手間をかけて借り換えしたのに、金利が思うように金利が下がらなかったということがないように注意が必要です。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          ローンの借入先をまとめることで利息を抑える

          お金を借り入れる人

          ローンの金利は、借り入れている金額が大きいほど割安になります。この仕組みを利用して、利用中のローンの借入先をまとめることで金利を下げ、毎月支払わなければいけない利息を減らすことができるでしょう。

          現在利用中のローンの総額をフリーローンで借り入れた場合どのくらいの利息の支払いになるのか、事前に確認してから手続きすると良いでしょう。

          フリーローンは総量規制対象外?

          お金

          銀行が扱っているフリーローンは、総量規制の対象外になります。総量規制とは、貸金業者が融資の貸付をする際に債務者の年収の3分の1を超える融資を禁止する法律です。

           フリーローンの貸付をする銀行は、貸金業者の対象にはらないので総量規制の対象になりません。銀行の他にも、信用金庫、信用組合、労働金庫なども対象になりません。

          総量規制の対象外だからといって、いくらでも融資の借入ができるというわけではないということも理解しておくと良いでしょう。銀行などローンの発行をする金融機関ごとに、利用限度額の基準は存在しているはずです。

          その基準をもとに、申し込み時に利用限度額を決める審査が行われている可能性は高いでしょう。審査に不安があるという人は、総量規制を基準に希望限度額を決めても良いでしょう。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          フリーローンに関するよくある質問

          ここからは、フリーローンに関する良くある質問についてまとめています!
          フリーローンとは?
          フリーローンとは、自由に使える個人向けローンのことです。フリーローンで借りたお金の使い道は原則自由。結婚費用・旅行費用・引越し費用など、様々な用途で使えます。借入回数は1回のみが基本で金利が低めなことがメリットと言えるでしょう。
          おすすめのフリーローンは?
          こちらの記事でおすすめしているフリーローンは、三井住友カード カードローンです。おすすめポイントは以下の通り。
          ・WEB完結可能
          ・最短5分のお借り入れが可能
          ・返済実績に応じて金利が引き下がる※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
          ※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
          フリーローンの審査は厳しい?
          フリーローンの審査はカードローンより厳しめと言われています。さらに、審査にも時間がかかるため信用情報などに不安がある場合には審査に通らないこともあるでしょう。
          フリーローン利用のメリットは?カードローンとどっちがおすすめ?
          フリーローンのメリットは以下の通りです。
          ・金利が低い傾向にある
          ・借入が基本的に1回のみのため管理が楽
          そのほかにも、カードローンとの違いについて気になる方はもう一度確認してみましょう!

          まとめ

          ここまで、金利が低くておすすめのフリーローンを紹介してきました。フリーローンは、金利が低めであり、お得に借入できます。借りたお金が自由に使えることもメリットです。

          ただし、フリーローンで借入できるのは原則1回のみ。カードローンのように自由にお金の出し入れはできません。フリーローンの特徴やメリットを十分理解した上で、申し込みましょう。

          ぜひこの記事の内容を参考に、自分に合ったフリーローンを見つけてみてくださいね。

          \最短5分で審査完了!/

          詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

          関連記事

          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事