ブラックカードを持てる年収や条件とは?人気カードランキングで徹底比較!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

クレジットカードの頂点に君臨するともいわれる「ブラックカード」。選ばれた人だけが持つことを許され、ステータスの高さは目を見張るものがあります。

誰しもが憧れるブラックカードですが、公式な情報が掲載されておらず「ブラックカードについて詳しく知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブラックカードについて徹底解説。ブラックカードを持てる条件や種類など、ブラックカードについて気になる情報やランキングをまとめています。

\かっこいいステータスカード/

おすすめのブラックカードも比較していますので、ブラックカードが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【徹底比較】ブラックカードおすすめ5選!

圧倒的なステータスを示せるブラックカード。その中でも当サイトがおすすめするのは、以下の3枚です。

ブラックカードおすすめ3選

特に「ラグジュアリーカードMastercard Black Card」はブラックカードの中でも珍しくインビテーションが不要。自分からの申し込みができます。

「JCBザ・クラス」は、それぞれの国際ブランドが誇る最高級のカードです。ここからは、それらも含めたおすすめの5枚をご紹介します。

ラグジュアリーカードMastercard Black Card
JCBザ・クラス
楽天ブラックカード
ラグジュアリーカードMastercard Black Card 
jcbザ・クラス
楽天ブラックカード
年会費
110,000円(税込)
55,000円(税込)
33,000円(税込)
還元率
1.25%
0.5%
1.0%
発行
-
-
-
国際ブランド
Mastercard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・
エキスプレス
特典
キャンペーン
-
-
-
申込対象
20歳以上
招待制
(インビテーション制)
招待制
(インビテーション制)

1ラグジュアリーカードMastercard Black Card

MasterCardBLACKCard

ラグジュアリーカードMastercard Black Cardのおすすめポイント
  • 初年度年会費の返金保証あり
  • ステンレススチールを利用した金属製の高級感溢れるカード
  • 1.25%のポイントキャッシュバック|高還元率でポイント付与
  • 最大還元率2.75%のポイント加算
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
    →2022年1月以降、リアルタイムで応対してくれるチャットサービスを開始予定

\初年度年会費 返金保証/

ラグジュアリーカードMastercard Black Cardは世界で1番使えるとされるマスターカードブランドの中で、最上位のステータスを持つ※1ブラックカードです。

金属製でスマートな輝きのあるカードのため、デザイン重視の方にもおすすめできる1枚となっています。

ラグジュアリーカードMastercard Black Cardは、キャッシュバック・ギフト券でも高い還元率を誇ります。

貯まったポイントは、最大1.5%の還元率でキャッシュバック可能。 月々のお支払い額への充当、またはご登録口座へのお振込みからお選びいただけます。

引用元:ラグジュアリーカード | ポイントプログラム

毎月の利用金額に1.25%の還元率でポイントが付与されるだけでなく、月間請求合計金額 1,000円につき2ポイント、ご利用明細2,000円毎に1ポイント加算(1ポイント=5円相当)されるので、最大還元率は2.75%に及びます。

 基本のポイント交換レートは1pt=5円相当ですが、フィラディスワインのお買い物クーポンへの交換だと1pt→最大11円相当と2倍以上の価値になります。

貯めたポイントは、ANAマイルJALマイルをはじめとする複数のマイルと交換可能です。交換手数料は無料で、1ポイント3マイルとして移行できます。

交換できるマイル
  • ANA
  • JAL
  • ハワイアン航空
  • ユナイテッド航空

しかも今なら、JALマイルへのポイント移行が年間15,000ポイント(45,000マイル)の上限なく利用可能です。※2

基本的に招待制と言われるブラックカードの中では珍しく、インビテーションが不要なカード。気になる方はぜひ申し込むことをおすすめします。

年会費 110,000円(税込)
利用限度額 個別に設定
申し込み条件 20歳以上(学生不可)
\初年度年会費 返金保証/

2JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスのおすすめポイント
  • JCBブランドの中でも最上位のステータスと価値を持つブラックカード
  • レストランやホテルなどの予約代行|コンシェルジュサービス
  • 上質な品々から選べるギフトカタログが届く|メンバーズセレクション
  • 高級レストランが1名分無料優待|グルメベネフィット

\まずはゴールドからスタート/

JCBザ・クラスは、JCBカードとしてきわめて高いステータスと価値を持つクレジットカードです。

手配・予約代行を行ってくれる「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」では、旅の手配・予約、ゴルフ場案内など、24時間・365日利用できます。

「もうひとりの秘書がいる」という感覚で、手配・予約代行をお任せください。旅の手配・予約、ゴルフ場のご案内、その他さまざまなご相談を可能な限り承ります。24時間・365日利用できます。

引用元:JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

そのほか、厳選した商品の中らから好きなものが毎年1回届く「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」やレストラン優待が受けられる「グルメ・ベネフィット」などが付帯。

選ばれた方にふさわしい品質のおもてなしが楽しめます。
JCBザ・クラスはインビテーション制のため、申し込んで審査を受けることができません。まずは「JCBゴールド」「JCBプラチナ」に申し込み、利用履歴を積み上げてJCBからの招待を待ちましょう。
年会費 55,000円(税込)
利用限度額 350万円程度
申し込み条件 招待制(インビテーション制) 
\まずはゴールドからスタート/

3楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

楽天ブラックカードのおすすめポイント
  • 楽天が発行するブランド最上級の招待制カード
  • 海外旅行保険最高1億円、国内旅行保険最高5,000万円が自動付帯
  • 専門スタッフが予約を代行してくれるコンシェルジュサービス
  • 国内・海外の空港ラウンジを同伴者2名まで無料で利用できる

楽天ブラックカードは、楽天が発行する最高ランクとの呼び声高いカードです。楽天ブラックカードには、以下のような特典・サービスが付帯しています。

楽天ブラックカードの特典・サービス
  • 空港ラウンジサービス
    →国内・海外の空港ラウンジを同伴者2名まで無料で利用できる
  • レンタカー優待
    140カ国以上で展開するHertzレンタカーを優待価格で利用できる
  • コンシェルジュサービス
    レストランや旅行・エンターテインメント・ゴルフなどを、専門スタッフが案内・予約してくれる

また、保険が手厚いことも楽天ブラックカードの魅力。海外旅行保険最高1億円・国内旅行保険最高5,000万円が自動付帯しています。

まずは楽天プレミアムカードからお申込してみてはいかかでしょうか。

ブラックカードとしては維持コスト(年会費)が安いことも特徴です。
年会費 33,000円(税込)
利用限度額 300〜1,000万円程度
申し込み条件 招待制(インビテーション制) 

4ダイナースクラブプレミアム

ダイナーズクラブプレミアム

ダイナースクラブプレミアムのおすすめポイント

\まずは通常のダイナースクラブから/

ダイナースクラブプレミアムは、ダイナースクラブ最上級ランクといわれる招待制カードです。ダイナースクラブカードの特典に加え、プレミアムカードならではの各種優待プログラムが用意されています。

ダイナースクラブプレミアムの利用限度額は、一律の制限なし。個人の経済状況に応じてフレキシブルにカードが使えます。

ご利用可能枠は、会員お一人様ごとのご利用状況やお支払い実績などによって個別に設定しています。

引用元:ダイナースクラブ プレミアムカード | クレジットカードのダイナースクラブ

 カード使用で貯まる「ダイナースクラブ リワードポイント」には有効期限がありません。

ポイントを貯めて、自分が好きなタイミングでライフスタイルを豊かにする多彩な賞品と交換できます。
年会費 143,000円(税込)
利用限度額 100〜700万円程度
申し込み条件 招待制(インビテーション制) 
\まずは通常のダイナースクラブから/

5ラグジュアリーカード・Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード・Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード・Mastercard Gold Cardのおすすめポイント
  • 24金コーティングで洗練されたデザインの金属製カード
  • 通常利用で1.5%キャッシュバックと高還元率
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
  • 最大還元率3.3%の商品交換
\ブラックカードからスタートできる/

Mastercard Gold Cardは、24金コーティングでデザインされた重厚感ある1枚です。

 Mastercard Gold Cardでは最上級と位置付けられているカードがブラックカードではなくゴールドカードとなっています。

そしてラグジュアリーの名にふさわしいサービスと限定優待が多数用意されています。

Mastercard Gold Cardの主なサービス・限定優待
  • ダイニングシーンでのリムジン送迎
  • 指定ホテルの上級会員資格
  • 映画や美術館の観賞券が同伴者1名無料
  • ラグジュアリーカードコンシェルジュ
  • コース料理のアップグレード

旅行の際には、世界の3,000を超える施設にて1滞在あたり5万5000円相当以上の旅行特典やサービスを提供。ラウンジへのアクセス、手荷物無料配送など数々の旅を快適にする優待が受けられます。

ブラックカードレベルの中でも入手難易度は高めと予想されますが、日常を非日常に一変させてくれる1枚です。

年会費 220,000円(税込)
利用限度額 300万円〜
申し込み条件 招待制(インビテーション制) 
\ブラックカードからスタートできる/

最大還元率が高いおすすめのブラックカードランキング

ここまで5枚のおすすめブラックカードを紹介してきましたが、どのブラックカードを選ぼうか迷ったとき、比較対象にするのは「ポイント還元率」ですよね。

ポイント還元率とは?
クレジットカードの利用額に対して、何円分還元されるかの割合のこと。

そこで、先に紹介したおすすめのブラックカード5枚の中から、最大ポイント還元率が高い順にランキングにしてみた結果、以下のとおりになりました。

おすすめブラックカードランキング
ポイント還元率は、各社の公式サイトで公表されているものを参照しています(2021年4月時点)

1楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

年会費33,000円(税込) 還元率1.0~5.0%
申込み条件インビテーション制(招待制)

今回紹介したおすすめのブラックカードの中で、最大ポイント還元率が最も高いのは『楽天ブラックカード』です。

楽天ブラックカードは他のブラックカードよりも年会費が安く、充実したサービスが揃っているのが特徴です。主なサービスとしては、コンシェルジュによる予約代行や、同伴者2名までの空港ラウンジ無料利用などがあります。

2ラグジュアリーカードMastercard Black Card

ラグジュアリーカードMastercard Black Card 

年会費110,000円(税込) 還元率0.25%~2.75%
申込み条件20歳以上(学生不可)

第2位は、通常時のポイント還元率が0.25~2.75%となる『ラグジュアリーカードMastercard Black Card』です。

ラグジュアリーカードMastercard Black Cardは、ブラックカードでは珍しいインビテーション不要のカードで、毎月の利用額に対するポイントキャッシュバックもあります。

複数のマイルとも交換できるため、旅行が好きな方にもおすすめのブラックカードです。

\初年度年会費 返金保証/

3ダイナースクラブプレミアム

ダイナーズクラブプレミアム

年会費143,000円(税込) 還元率0.40%~1.00%
申込み条件招待制(インビテーション制)

3位にランクインしたのは『ダイナースクラブプレミアム』です。ダイナースクラブプレミアムは、利用限度額の制限がなく、コンシェルジュサービスが24時間利用できます。

ダイナースクラブプレミアムは、ポイントの有効期限がないのも大きなメリットです。

\まずは通常のダイナースクラブから/

ブラックカードとは

ブラックカードとは

ブラックカードとは、ほとんどの場合クレジットカードのランクの中で、最上位に位置するカードです。クレジットカードのランクには、大別して以下4つの種類があります。

一般カード ベーシックなカード(予想される審査難易度:低)
ゴールドカード 基本的に、一般カードに比べて特典・サービスが充実するカード(予想される審査難易度:中)
プラチナカード ゴールドカードよりワンランク上のステータスカード。(予想される審査難易度:高)
ブラックカード あらゆるクレジットカードで最高ステータスとされるカード。(基本的に招待制)

クレジットカードのステータスランク

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードは、プラチナカードのワンランク上のカードです。基本的に、クレジットカード全種類の中で、特典・サービスが最も充実しています。

ただし、全てのクレジットカード会社がブラックカードを発行しているわけではありません。

各クレジットカード会社は、プラチナカードを最上位カードとしているケースがほとんど。ブラックカードを発行しているカード会社は、ごく一部です。
 希少性の高さも、ブラックカードのステータスの高さにつながっています。

当サイト独自のアンケートで、「メインカードにしているカード」がブラックカードと回答した人は全体の0.7%でした。この調査結果からも、ブラックカードは限られた人しか持てないものだと分かります。

メインカードにしているカード

アンケート回答の内訳
メインカードにしているカード 割合
一般カード 74.0%
ゴールドカード 20.2%
プラチナカード 3.8%
ブラックカード 0.7%
分からない 1.0%
その他 0.3%

独自アンケート調査の詳細はこちら

また、あまり情報が公開されていないこともブラックカードの特徴。ネット上にブラックカードに関する情報がアップされていますが、そのほとんどが非公式です。

そのため、ブラックカードの詳細は他のカードに比べて謎に包まれています。

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードの上に位置するカードはある?

ご紹介したとおり、ブラックカードはランクが一番上のクレジットカードです。しかし、インターネット上では「ブラックカードよりランクが上のカードがある」という口コミも見られます。

そもそもブラックカードについて詳細を公表しているカード会社は少ないですが、ブラックカードの上に位置付けられているカードはないと考えられます。

現時点ではブラックカードよりハイステータスのカードについて、存在を明記しているカード会社はありません。ステータス性の高さを重視している方は注意しましょう。

ブラックカードを持てる条件や年収とは?

ブラックカード申し込み条件

この上ないステータスの高さが魅力のブラックカード。ブラックカードに申し込みたいという方も多いのでないでしょうか。

そこで、気になるブラックカードの申し込み条件について解説していきます。ブラックカードを手に入れたいと考えている方は、ぜひ確認してみてください。

招待制(インビテーション制)が基本

ブラックカードの申し込みは、招待制(インビテーション制)がほとんどです。

招待制(インビテーション制)とは?
カード会社から「ブラックカードへの入会案内」がきた人のみカードへ申し込める制度のこと

ブラックカードの発行条件は、各ブラックカード発行会社が独自に基準を設けています。

 ほとんどのブラックカードには申し込み条件がないどころか、そもそも自分から申し込みができません。

ブラックカードを発行している会社が「この人はブラックカードを持つにふさわしい」と判断すれば、招待状(インビテーション)が届くのが基本的な流れです。

ブラックカードは、基本的に招待状(インビテーション)を受けとった人のみが発行できる特別なクレジットカードです。
\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードの審査基準

ブラックカードの招待状(インビテーション)が届く基準は、一切公表されていません。

しかし、ブラックカードの招待状(インビテーション)が届く人には、主に3つの条件があると言われています。

ブラックカードの審査で重視されると予測できる項目
  1. 年間利用額が高め
  2. 継続してカードを利用している
  3. 返済遅れがない

年間利用額が高め

年間利用額が高額

ブラックカードの招待状(インビテーション)が受け取れるかどうかは、カードの年間利用額が考慮されると言われています。

年間利用額が高額なほど、招待状がくる確率はアップすると言われています。なぜなら、カードの年間利用額が多いということは、それだけカード会社に利益をもたらしていることになるからです。

条件となる年間利用額はカード会社によって異なると考えられますが、一般的には最低200万円以上のカード利用が必要と予想されています。

\初年度年会費 返金保証/

継続してカードを利用している

継続してカードを利用している

カードの利用期間が長いほど、ブラックカードの招待状(インビテーション)が届きやすくなると言われています。目安となる期間は、最低半年〜1年以上と言われています。

もしクレジットカードで高額な支払いをしても、カードへ入会して数ヶ月しか経過していない場合、招待状(インビテーション)は届かないと予想されます。

返済遅れがない

返済遅れがない

ブラックカードの招待状を受け取るうえで最も重要な条件と予想されるのが、返済遅れがないことです。

ブラックカードの審査では、過去の取引情報が重要視されると考えられています。過去に支払い延滞があったり、現在滞納している借金があったりすると、なかなか招待状は届かないでしょう。

その理由は?

ブラックカードは概して利用限度額が高いことが特徴。利用者に返済能力がなければ、貸し倒れとなってしまうからです。

ブラックカードを手に入れるには、クレジットカードの利用履歴を良好にしておくことが大切。普段から、引き落とし日にしっかり返済しておきましょう。

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードに必要な年収

ブラックカードに必要な年収

ブラックカードに必要な年収は、1,000万円以上ではないかと言われています。

 ただし実際には、ブラックカードに必要な年収は、公式に発表されていません。あくまで一つの目安と考えましょう。

また、クレジットカードの利用実績がよければ年収500万円程度のサラリーマンでも、ブラックカードを発行できる可能性があります。

逆に、どれだけ年収が高くても、クレジットカードの返済が遅れたり高額な借入があったりするとブラックカードは所有できないと予想できます。

ブラックカードを持つ条件として年収はひとつの審査基準となり得るものの、利用実績の方が大切であると考えられることを覚えておきましょう。

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードの招待状をもらうための前提条件

ブラックカードの招待状をもらうための前提条件

ここまで、ブラックカードを持つことができるおおまかな年収や、予想される審査基準をご紹介しました。

しかし、利用額を増やしてもクレジットヒストリーを磨いても、そもそもの前提条件に当てはまらなければインビテーションを受けることはできないでしょう。

そこで、ブラックカードの招待状をもらうための前提条件を説明します。ブラックカードを手にしたい方は、特に気を付けてください。

ブラックカードの招待状をもらうための前提条件
  1. プラチナカードを使う
  2. ブラックカードの発行があるカードを選ぶ

● プラチナカードを使う

前述したクレジットカードのランクにおいて、ブラックカードの一つ下にあるのがプラチナカードです。しかし、プラチナカードもステータスが非常に高いカードであることは間違いありません。

 最終的にブラックカードの所持を目標にしたい方は、まずプラチナカードまで着実にグレードアップし、プラチナカードでの利用実績を作ることが必要です。

\初年度年会費 返金保証/

● ブラックカードの発行があるカードを選ぶ

ブラックカードを発行しているカードを選ぶ

ブラックカードはすべてのカード会社が発行しているものではありません。したがって、現在持っているカードでグレードアップを重ねた先にブラックカードがなければ、いくら利用実績を作ってもブラックカードは持てません。

いま持っているカードを調べてみたら最高ランクがプラチナカードまでだった、というカードも少なくないでしょう。

ブラックカードを持ってみたい方はぜひ、お手持ちのクレジットカードを調べるのがおすすめです。

基本的に、ブラックカードの存在を大きく宣伝しているカード会社はそこまで多くありません。どこのカードを選んだらよいか迷ったら、ご紹介したおすすめのブラックカードから選んでみてください!

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードの4つの特徴

ブラックカードの特徴

クレジットカードのランクにおいて、ブラックカードは最上級のランクに位置することがお分かりいただけたと思います。

では次に、ブラックカードに共通してみられる主な特徴について解説します。ブラックカードの特徴は、主に以下の4つがあります。

ブラックカードの特徴
  1. ステータス性の高さ
  2. サービスの質が高い
  3. 利用限度額が大きい
  4. 年会費が高額

\初年度年会費 返金保証/

1ステータス性の高さ

ブラックカードはクレジットカードの中でランクが最上位のカードです。さらに、持つことができる人が限定されているため、最高峰のステータスが保証されています。

オリコンニュースが行ったブラックカードに対するイメージ調査(複数回答)では、「お金持ち」を選んだ人が全体の96.0%、「高級」が56.0%という結果でした。

つまり、ある程度の社会的地位や年収がなければブラックカードを持てない条件と、調査結果がほぼ一致していたことがわかります。

ブラックカードに対するイメージ 割合
お金持ち 96.0%
高級 56.0%
利用額無制限 53.0%
年会費が高い 45.6%
有名人 43.0%
ステータス 43.0%
どんなものでも買える 34.2%
豪華特典 18.7%

また、ブラックカードのイメージ調査にもある「高級感」をデザインに取り入れているカードもあります。

監修者
チタンなどの金属をカードの素材に使用し、独特の質感や重量感など持つ人にしかわからない要素が散りばめられているのです。

\初年度年会費 返金保証/

2サービスの質が高い

サービスの質が高い

ブラックカードのステータス性の高さを決定づけているのが、質の高いサービスや限定特典です。

ブラックカード同様にステータスが高いプラチナカードやゴールドカードにも、充実したサービスなどは付帯していますが、それ以上のサービスがブラックカードにはあるのです。

ここでは、多くのブラックカードに付帯されている代表的なサービス2つをご紹介します。他のサービスについては、後述の項目をご覧ください。

ブラックカードに付帯している代表的なサービス
  • 専属のコンシェルジュサービス
  • 高級ホテルやレストランの限定優待

\初年度年会費 返金保証/

● 専属のコンシェルジュサービス

一般にクレジットカードのコンシェルジュサービスはプラチナカードによくある特典です。しかし、さらに高いランクであるブラックカードには、持っている人専属のコンシェルジュがつくのです。

カードによっては24時間365日コンシェルジュサービスが利用できるものもあります。「こういったサービスがあると嬉しい」など、ブラックカードを持っている人の様々な要望に応えてくれます。

● 高級ホテルやレストランの限定優待

高級ホテルやレストランの限定優待がある

ブラックカードを持っていると、国内海外の高級ホテルやレストランで優待特典を受けることができます。場合によってはホテルの上級会員になれることも。

また、上級会員向けの特別なプログラムを用意している高級ホテルもあります。そういったプログラムは、基本的にブラックカード宿泊費や食事代を支払うことで利用可能です。

ブラックカードを利用すれば、スパやプールなどの無料利用や部屋のグレードアップに対応してくれるホテルもあります。
\初年度年会費 返金保証/

3利用限度額が大きい

ブラックカードの利用限度額はおおむね数百万~数千万円と、他のランクのクレジットカードに比べ格段に高い金額に設定されています。

ブラックカードの中には限度額の制限がないものや、個別で決められるものもあります。

利用限度額の高さは、カードの利用代金をしっかり支払ってくれるという信用の高さでもあります。カード会社側から招待されなければ持てないカードゆえの限度額設定といえるでしょう。

4年会費が高額

カードによって多少の差はありますが、ブラックカードの年会費は多くの場合、数万~数十万円と設定されています。年会費が高額な理由は、付帯しているサービスの品質に比例しているからです。

ブラックカードを持っているだけで毎年これだけのお金を支払う必要があるため、持つ資格がある人が選ばれるというのもうなずけます。

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードのメリット

各社が発行するクレジットカードの中でも最高ランクに位置づけられるブラックカードは、単にカード決済できるだけでなく、様々な優待・特典がついていることが魅力です。

ここでブラックカードの特典としてポピュラーなものをいくつかご紹介します。

最高級の会員特典サービスが受けられる

ディナーサービス

ブラックカードを持っていれば、さまざまな場面でワンランク上の待遇が受けられるサービスが満載です。例えば、飛行機をエコノミークラスで予約した場合は、無料でビジネスクラスへのアップグレードが受けられることがあります。

 その他にも、ホテルの客室ランクの無料アップグレードや、VIPラウンジへのアクセス、優先チェックインやウェルカムドリンクなどのサービスも提供しています。

海外旅行の際は、24時間対応のサポートデスクサービスや、空港までの荷物宅配サービスが利用できる場合もあります。海外旅行へ行く際には特に役立つこと間違いありません。

さらに、営業後のショッピングモールで貸切で買い物が楽しめるサービスや、紹介制の高級料亭の利用など、普通では受けられない待遇が受けられるのがブラックカードの魅力です。

ブラックカードを持っているだけで特別な待遇が受けられるシーンはたくさんあります。
\初年度年会費 返金保証/

付帯保険の補償内容と額が充実している

スマホ決済

クレジットカードに付帯している保険の補償内容が充実しているのもブラックカードの魅力でです。一般のクレジットカードでも保険が付帯しているものは多くありますが、ブラックカードほど手厚い保証のものはありません。

海外旅行保険の保証内容や、保証金額など、さらに家族への保証を付帯しているクレジットカードも多くあります。海外旅行中に、現金の盗難にあった際の補償が付帯しているものもあります。

ブラックカードがあれば、安心して海外旅行を楽しめるでしょう。

その他にも、ショッピング保険や、スポーツ保険などが充実しているカードも多いようです。ブラックカードを持っていれば、身の回りで必要な基本的な保険はカバーできます。

世界中の空港でラウンジサービスの利用が可能

優待サービス

ブラックカードには、世界1,200箇所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス」の最上級会員ランクであるプレステージ会員の権利が付帯しているものが多くあります。

ゴールドカードなどでもプライオリティパスの発行が可能なものもありますが、ほとんどが利用回数に制限のあるスタンダード会員でしょう。さらに、同伴者の入場に追加料金が取られるなど、利用に制限があります。

 プライオリティパスで利用できるラウンジはサービス内容が充実しており、アルコールを含むドリンクや、ケータリングの提供。雑誌や新聞が読めるサービスから、シャワーが利用できるラウンジもあります。

経由便などの乗り換えの際などに、待ち時間を快適に過ごして長旅の疲れを癒すことができるでしょう。

プライオリティパスのプレステージは普通に入会すると4万円程度かかります。
\初年度年会費 返金保証/

利用限度額の上限が高い

クレジットカード

ブラックカードには、明示された利用上限金額がなく、会員個人ごとに利用上限金額が決まっています。利用実績や収入をもとに決められる利用限度額ですが、中には車や家が一括購入できる人もいるという話もあります。

 個人に寄り添ったサービスを提供するブラックカードらしく、利用額を多めに設定したいという要望があれば、可能な限りで応えてくれるようです。

カード発行初期は、利用上限が数百万円に設定される可能性もありますが、利用実績を積むことで上限金額を引き上げられる可能性もあります。

利用上限金額に関する規定は、クレジットカード会社によって異なります。

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費はいくら?

ブラックカードの年会費は、5〜35万円程度です。

 年会費が安いブラックカードで5万円程度。年会費が高額なブラックカードで約40万円程度となっています。

ブラックカードは、クレジットカードとしてかなり(多くの場合最も)年会費が高額なカードです。

カードを所有するだけで高額な費用がかかるだけでなく、ブラックカード入会費用として50万円近く必要なケースもあります。

 

ブラックカードを持つには、一般的には高額な年会費を余力を持って支払い続けられるだけの経済力が欠かせません。

\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードのサービス内容とは

ブラックカードのサービス内容

ブラックカードのサービス内容は非公開のものもありカードによって様々ですが、ブラックカードを持っている人は、例えば次のようなサービスが使えます。

ブラックカードのサービス内容
  1. 24時間365日のコンシェルジュサービス(旅行プランや人へのおすすめのプレゼントなどを相談できる)
  2. ラグジュアリーホテル優待
  3. レストラン優待
  4. リムジンサービス
  5. 全国映画館優待
  6. 国立美術館優待
  7. 航空機遅延保険
  8. 動画・漫画配信サービスの利用し放題

他にも特定ワインの割引価格購入や空港ラウンジの利用など、多岐に渡るサービスがあります。

ブラックカードには一般には公開されていない特典やサービスがあるので、ブラックカードを目指してクレジットカードを活用していきましょう!
\初年度年会費 返金保証/

ブラックカードに関するよくある質問

おすすめのブラックカードは?

おすすめのブラックカードは、ラグジュアリーカードMastercard Black Cardです。

ラグジュアリーカードMastercard Black Cardは、ブラックカードとしては珍しく、インビテーションなしで申し込むことができます。さらに、多くのマイルと交換できる点やポイント還元率の高さも魅力です。

ブラックカードの申し込み条件は?
ブラックカードの申し込みは基本的に招待制(インビテーション制)です。多くの場合、自分からブラックカードの申し込みを行うことはできません。カード会社からの招待(インビテーション)を受けることが必要です。また、招待を受ける基準はカード会社によって異なっています。
ブラックカードの年収基準はいくら?
ブラックカードの年収基準は一般的に1,000万円以上と言われています。しかし、実際に必要な年収基準は公式に発表されていません。利用実績が良ければ年収1,000万円に満たなくてもブラックカードを発行できる可能性があります。
ブラックカードの年会費はいくらかかる?
年会費は約5~35万円程度です。年会費はカード会社によって異なりますが、ブラックカードにおける年会費は他のランクのカードよりも基本的に高額になっています。高額な年会費を払うことでブラックカード会員の充実したサービスを受けることができます。
ブラックカード会員のサービスは?
24時間コンシェルジュサービスや、ラグジュアリーホテル優待、レストラン優待、人気ブランドのプレゼントなどカード会社によってさまざまなサービスがあります。普通では受けられない上質なサービスを利用することができます。
ブラックカードの利用限度額は?
ブラックカードの一律の限度額はありません。しかし、利用限度額が存在しないわけではなく、カード所有者の年収や利用実績によって個別に額が定められているといわれています。
ブラックカードの年齢制限は?
ブラックカードを所持するための一律の年齢制限はありませんが、各カード会社によっては設けられています。ある程度の年齢に達していないとブラックカードを作れないこともあります。
ブラックカードにおけるセキュリティは?
ブラックカードにおけるセキュリティの安全性は高いだけでなく、ブラックカードの会員は24時間いつでもコンシェルジュの対応が可能なため、緊急時でも迅速な対応をしてもらえます。

まとめ

ここまで、ブラックカードについての解説とランキングを紹介してきました。

ブラックカードは、そのほとんどが招待制(インビテーション制)です。自分から申し込みはできず、カード会社から招待状をもらうしか、基本的には入手手段がありません。

ブラックカードの招待状をもらうには、以下の3つが大切と予想できます。

  1. 年間利用額
  2. カードの継続利用
  3. クレジットヒストリー

欲しいブラックカードがある方は、まずゴールドカードやプラチナカードで実績作りから始めてみてください。

\初年度年会費 返金保証/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事