30代におすすめの生命保険の選び方【男女・ライフスタイル別】

読者
30代なのですが、どんな生命保険が必要なのでしょうか?上手な選び方はありますか?

読者
参考として、30代の男性・女性それぞれがどの程度生命保険に加入しているのか知りたいです。

マガジン編集部
20代に比べて、家庭を持ったり、マイホームを購入したりする人も多くなる時期です。仕事でも責任が増し、資産形成の足がかりをつくれる年代でもあります。

年代によって共通するライフスタイルの変化などが想定されるため、おすすめの保険や、そうでもない保険が浮き彫りになってくるのです。

 

世代としての特徴を踏まえながら、自分に合う保険の選び方をみていきましょう。

この記事の要点

  • 1.30代のうち8割以上の人が何らかの生命保険に加入しており、20代よりも加入率が高くなっています。
  • 2.ライフスタイルの大きな変化があることから、必要な保障を確保しながら保険料とのバランスを見て検討することをおすすめします。
  • 3.どの保険に加入し、どんな保障が必要か悩む方は、専門家に相談することをおすすめします。
  • あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

    \オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

30代が生命保険に加入する必要性

30代はどれくらい保険に入っている?

まず、30代の人の生命保険の加入状況について、実際のところを確認してみましょう。

当ページのデータについては生命保険文化センターの調査(令和元年度「生活保障に関する調査」)をもとにしております。

 30代男性・女性の生命保険加入率

  • 男性:82.4%
  • 女性:82.8%

読者
男女ともに8割以上の人がなんらかの生命保険に加入しているんですね!

近年の傾向として、男性は平成8年度の調査まで90%台であったものの下がってきていますが、女性は70%台から大きく伸びてきています

マガジン編集部
女性の加入率が上がったことで、男女差がなくなっている傾向があります。

保険料についてもみてみましょう。

30代の人の払込保険料の平均は年額18.8万円月平均1万5,666円)で、分布は以下のようになりました※1

払込保険料 12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない
割合 35.4% 31.7% 14.0% 5.8% 4.0% 1.9% 7.1%

読者
月あたり1万~2万円程度を払っている人が多いんですね。

保険金額については、

  • 男性:2,331万円
  • 女性:1,013万円

が平均額で、この額は、男女ともに全年代を通してもっとも高くなっています

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代
男性の保険金額 1,330万円 2,331万円 2,205万円 1,992万円
女性の保険金額 735万円 1,013万円 818万円 824万円

 

30代は生命保険の必要性が高くなる時期

30代は保障を手厚く備えている人が多いことがわかりました。

20代の生命保険加入率は男女ともに50%台ですから、20代では保険に入っていなかった人が、30代になると保険を考えるようになるのだと思われます。

マガジン編集部
その理由は、やはり、30代でライフスタイルが大きく変化する人が多いからでしょう。

30代のライフスタイルの変化(例)

  • 結婚した
  • 子どもが生まれた
  • マイホームを買った
  • 独立・起業した

 

20代の頃は、貯蓄額も十分ではないので、保障を考えるというよりは、まずはお金を貯めることを優先しがちです。

健康にも自信があるでしょうし、もし病気やケガをしたとしても、独身のため自分ひとりのことならなんとかなったり、親を頼ったりもしやすいです。

対して、30代になると、資産形成もでき始めたので、徐々にそれを守るための保障に目を向け、配偶者など家族への責任を考えなくてはならない時期といえます。

読者
こうしたことからも、30代は本格的に保険の必要性が高まってくる年代といえるのですね。

マガジン編集部
ぜひこの時期に、自分自身の保障について振り返り、しっかりと準備をしておきましょう。

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

30代におすすめの生命保険の選び方【男性・女性】

では、具体的にどんな保険が必要になってくるのでしょうか。

30代男性に必要な保障は?

男性は、配偶者など扶養家族ができれば、死亡保障を準備しなくてはなりません。

マイホーム購入のために住宅ローンを利用する人は、ローンの条件として生命保険に加入すると思いますが、この保険はもしものときにローンの残債を精算するためのものですので、残された家族の暮らしを支えるための保障は別に必要です。

医療保険も必要でしょうか?
医療保障も気を配りたいところですが、保険料負担の観点から、家計に余裕がないようであれば、死亡保障の準備が優先でしょう。

注意点

  • ただし、自営業やフリーランスの人は会社員に比べて社会保険の保障が限られており、病気やケガで働けなくなったときにダイレクトに収入減につながるため、医療保障も準備しておくことをおすすめします。

30代女性に必要な保障は?

女性は、扶養されている立場であれば、一家の大黒柱よりは死亡保障の必要性は低いです。

では死亡保障は必要ないでしょうか?
もしまだ小さい子どもがいるなら、もしものことがあったとき、残された夫が家事・育児に困らないよう、ある程度の死亡保障を備えておくことも無意味ではありません。

マガジン編集部
実際、先にお伝えしたとおり、30代女性は男性よりは少ないものの、平均して1,000万円程度の死亡保険金を準備しているという統計※1があります。

また、子どもはこれから、という人は、妊娠前に医療保険に加入しておくといいでしょう。

ポイント

  • 妊娠すると加入できる保険が限られてきますし、帝王切開などで出産した場合にも保障が受けられますので役立ちます。

  • また、男性は40代後半からがんのリスクが徐々に上がり始めるのに対して、女性は30代頃から乳がんなどの女性特有のがんのリスクが目立つようになります。

そこで、がん保険や、がん特約、女性特有の病気が保障される女性保険などを検討するのもおすすめです。

※1出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(令和元年度)

マガジン編集部
もしもどのような保険/保障が自身に必要か悩まれる場合は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

ライフスタイル別・生命保険の選び方

ライフスタイル別に、どのような保険を選べばいいか、考えてみましょう。

独身の場合 

独身の人は、高額な死亡保障は必要なく、葬式費用などの死亡整理金が準備できていれば問題ないでしょう。

生命保険文化センターの調査では、未婚の人(30代以外も含む)のうち、4割弱(38.6%)は、年あたり12万円未満しか保険料を払い込んでいません。

読者
独身のうちは保険に入っていないか、入っているとしても、最低限の保障にとどめている人が多数派ということでしょうか。

死亡整理金は必ずしも保険でなく、貯蓄で準備しても問題ありません。

マガジン編集部
ただ、もしものときに、遺族が故人の口座からお金を引き出すには手続きが必要ですので、保険のほうがスムーズにお金を用意できます。

※以前は、遺産分割協議を終えるまで、故人の口座からお金を引き出すことは原則としてできませんでした。2019年の法改正により、現在は一定額まで相続人がお金を引き出すことができるようになっています。

 死亡整理金が目的の場合

  • 亡くなるときはいつか必ずくるので、終身保険が適しています。

  • 死亡保障目的ではないので、少額の保険金であれば、保険料も抑えられます。

  • 年齢が若いほど保険料は低いので、その点でも、30代のうちに入っておく利点があります。

マガジン編集部
いずれ結婚して高額な死亡保障が必要になれば定期保険で上乗せすれば問題ありません。

終身保険は貯蓄型も多いので、貯蓄代わりにも利用できます。

ポイント

  • 独身の人は、現在のライフスタイルを継続したときを見据えて、貯蓄をしておくことも大事です。

  • 高額の医療費がかかったときに、貯蓄を守るために、医療保障を備えておくことも検討しましょう。

特に一人暮らしの人は家族のサポートが得られないので、長期の入院や在宅療養になったときに役立ちます。

既婚の場合 

結婚すると、配偶者の暮らしを支えるための死亡保障が必要です。

もし独身時代に加入していた保険がある場合は、内容を見直すとともに、保険金受取人の変更手続きを忘れないようにしましょう。

ポイント

  • どちらかの収入を中心にして暮らしている場合、収入源となっている人には手厚い死亡保障が必要です。

  • 保険金額を上げると保険料も高くなってしまうため、できるだけ割安な定期保険や収入保障保険が向いているでしょう。

保険は子どもがいる世帯のほうが必要性は高いですが、生命保険文化センターの調査では、子どものいない夫婦でも加入している人が多いようです。

払込保険料の平均は年額22.8万円で、子どものいる夫婦よりも多く保険料を払い込んでいる世帯もあることがわかります(※この調査結果には30代以外も含んでいます)。

医療保障は必要でしょうか?
医療保障については考え方次第でしょう。

死亡保障のほうを優先したいところですが、自営業者など、社会保険が限定される立場の人は医療保障の必要性が高まります。

長期間働けない場合に備えて就業不能保険なども役立ちます。

マガジン編集部
前の項目でお伝えしたとおり、女性は、妊娠や女性特有の疾病に備えた医療保障の準備がおすすめです。

子どもがいる場合 

子どもが生まれると、一家の大黒柱となる人にはさらに大きな責任がのしかかるため、しっかりとした死亡保障が必要です。

具体的にいくらくらい死亡保障が必要ですか?
具体的にいくらぐらい必要かは家庭によって状況が異なるため一概にはいえませんが、統計*によると、末子が大学生以下の子どもがいる世帯で、世帯主の死亡保険金は2,000万円以上が平均になっています(※この調査結果には30代以外も含んでいます)。
*生命保険文化センターの平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」

一般に子どもが小さいほど保障額は多く必要(子どもが独立するまでの期間が長いため)で、同統計でも、末子が乳児の世帯の保険金額がもっとも高く、平均2,230万円でした。

マガジン編集部
このような多額の保険金を必要とするときは、保険料が割安な定期保険収入保障保険が向いています。

また、夫婦の一方が子育てに専念する場合、その人の死亡保障が忘れられがちですが、意外と重要です。

注意点

  • 専業主婦(主夫)の人にもしものことがあったとき、収入面の影響はありませんが、家事・育児の担い手がいなくなります。
  • 身近にサポートしてくれる人がいない場合、残された親が一人で家事・育児をこなさなくてはなりません。
  • ひとり親向けの公的な助成制度もあるものの、それでは不足する分のために、専業主婦(主夫)となる人の死亡保障があれば役立ちます。
  • こちらも、必要なのは一定期間だけですし、大黒柱の保障ほど高額でなくてもいいので、定期保険や収入保障保険が向いているでしょう。

マガジン編集部
同じ理由で、専業主婦(主夫)の人の医療保障も考えておきたいところです。

忘れてはならないのが、子どもの教育資金の準備です。

学資保険を考える人が多いと思いますが、返戻率が下がっている傾向があるため、お金を貯めることだけを考えるなら、学資保険に限る必要はありません。

読者
投資なども視野に入れて総合的に考えてみます。

マガジン編集部
とはいえ、親にもしものことがあったときの払込免除の仕組みなど、学資保険ならではのメリットもあるので、比較して検討してください。

貯蓄と保障を兼ねて、終身保険を利用する方法もあります。

ポイント

  • 子どもが小さいうちの死亡保障を確保しつつ、進学のタイミングで解約して、解約返戻金を教育資金に使うというやり方です。
  • 子ども自身の保障は、公的保険だけで十分と考える人が多いと思いますが、わんぱくなお子さんなら、安価な傷害保険や共済などに加入しておくのも無意味ではありません。

共働きの場合

共働きの場合、死亡保障は不要ですか?
共働きでは高額な死亡保障はいらないというのが、基本的な考え方です。

夫婦どちらかにもしものことがあっても、残されたほうがただちに困るというわけではないからです。

マガジン編集部
そういうケースでは、独身時代同様、死亡整理金が確保できれば大丈夫でしょう。

しかし、ふたり分の収入を前提に生活しており、どちらかの収入が断たれた場合に生活費が不足するようであれば、その分は保障を準備しておくべきでしょう。

特に注意したいのは、住宅ローンがある場合です。

注意点

  • ペアローンなどでなく、夫名義で借り入れをしているけれども、返済には妻の収入も含まれているという場合、夫が亡くなればローンは団体信用生命保険などの保険金によって相殺され、残債は残りません
  • しかし、この場合、妻が亡くなってもローンそのものは残ります。
  • 夫は自分の収入のみになるにもかかわらず、今までどおりのローン返済をしなくてはならないため、負担が大きくなります

このように、共働きだから死亡保障は特に必要ない、と考えるのではなく、自分や配偶者が亡くなれば、残されたほうの暮らしはどうなるか?という視点で、「自分たちの場合」を考えることが大切です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

30代におすすめの生命保険について考えました。

30代は統計でも8割以上の人が生命保険に加入しており、20代よりも加入率が跳ね上がっていることからもわかるとおり、保険を本格的に考え始める年代です。

それはこの時期に、結婚、子どもの誕生、マイホーム購入といったライフスタイルの大きな変化があるからです。

特に結婚や子どもの誕生は、死亡保障の必要性が大きく変わるという点で重要です。必要な保障を確保しながらも、保険料の負担が大きくなりすぎないよう、バランスの見極めが大事です。

マガジン編集部
専門家のアドバイスなども取り入れながら、必要な保障を過不足なく準備していきましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事