アイフルの審査は厳しい?審査に落ちた人の口コミからコツを調査

アイフルは国内でも有数の大手消費者金融で、利用者も非常に多いです。

テレビコマーシャルにて有名タレントが出演しているなどの効果もあり、以前に比べてカードローンの利用は身近になりつつあります。

そこで今回は、アイフルの概要や特徴をはじめ、申し込みの際に実施される審査について流れや基準などを口コミを参考にしつつ解説していきます。

カードローンの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事のポイント
  • アイフルの基本情報
  • 融資をアイフルで受けるまでの流れ
  • アイフルの審査基準
  • 他社とアイフルの金利を比較

アイフルとは

まずは、アイフルの基本情報について解説していきます。下記表に概要をまとめました。

運営会社 アイフル株式会社
申し込み
条件
満20歳以上69歳までの方

・定期的な収入と返済能力を有する方

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
即日融資 可能
アイフルは国内でも最大手といえる消費者金融です。満20歳から69歳までの方で、定期的な収入があり返済できる能力があれば申し込みできます。
金利については実質年率3.0%から18.0%となっており、いたって平均的な数値です。
融資限度額は最高800万円となっており、まとまった金額を用意しなければいけない場合でも十分対応できるであろう設定がされています。

即日融資についても混雑状況によりますが対応可能なので、急ぎの人にもおすすめなカードローンです。

申し込み〜融資をアイフルで受けるまでの流れ

アイフルを利用するにあたり、申し込みから融資を受けるまでの流れを見ていきましょう。

申し込み〜融資の流れ
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. 借り入れ

それぞれの手順について詳しく確認していきましょう!

アイフルの申し込み方法

アイフルの申し込み方法は、以下の5種類から選択できます。

  • WEB
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 無人店舗
  • 店頭窓口

WEB・スマホアプリでの申し込みは24時間365日受け付けており、スマートフォンもしくはパソコンからの手続きが可能です。

 電話の受付時間は9時〜18時!
アイフル申し込み必要書類

本人確認書類は運転免許証がベストですが、ない場合は下記をご用意ください。

アイフル本人確認書類
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表のみ)
 2020年4月より本人確認が厳しくなったため、公式ホームページを確認しましょう。
また、借入金額が50万円を超える場合やアイフルと他社での合計借入額が総額100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。

審査状況によっても提出を依頼される場合がありますので、その際は指示に従いましょう。

収入証明書として有効なものは下記になります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

なお、給与明細書を提出する場合は、直近2ヶ月分が必要となりますのでご用意ください。

 ただし、住民税の記載がある際は直近1ヶ月分のみで受付可能な場合もあります。

アイフルの審査の流れ

アイフルの審査は、WEBやスマホアプリでの申し込みであれば最短30分で完了します。

審査は申込情報をもとに、過去に金融事故を起こしていないか、安定した収入を確保できており返済能力を有しているかなどをみられます。

申し込みをした人の情報によって変わる場合はありますが、審査の大まかな流れは下記です。

アイフル審査の流れ
  1. 個人情報や条件を申告する
  2. 情報をもとに在籍確認を実施
  3. 審査結果の連絡

上述した30分で完了というのは最短時間であるため混雑状況により変動します。
質問①:アイフルの審査状況は確認できる?
アイフルの審査状況は確認できる?
審査状況はお客様フリーダイヤルで確認できます。

申し込みをした人の仕事や収入、さらには他社からの借り入れ状況などから、通常よりも審査に時間を要する場合も考えられます。

長時間かかっているからといって審査に落ちたとは限らないので、気になった際は一度問い合わせるのがおすすめです。

質問②:アイフルの審査結果はメール?電話?
アイフルの審査結果はどのようにして伝えられますか?
アイフルの審査結果はメールか電話でお知らせされます。

口コミなどから調査すると、審査に通過した場合は電話・通過できなかった場合はメールでの連絡が多いとのことです。

審査結果の可否については、いずれにしても連絡が入りますのできちんと確認しましょう。

審査基準からアイフルを知る

アイフルの審査基準について見ていきましょう。基本的にカードローンの審査基準について、アイフルだけでなく各社で公表はしていません

そのため、まずは申し込み条件を確認してある程度の基準を調査してみてください。

年齢 満20歳以上69歳までの方
申し込み
条件
  • 定期的な収入
  • 返済能力を有すること

年齢を満たしていれば、学生でも申し込みが可能です。また、アルバイトやパートでも月に1回以上の給与を確保できていれば申し込み対象となり得ます。

アイフルの審査は甘い?厳しい?

アイフルの審査について、上述した通り申し込み条件から考えると、学生でも利用できる点から決して厳しくはないといえます。

未成年

 しかし、実際に審査基準は公表されていないためあくまで目安!

また、日雇いのアルバイトでは収入があるとはいえ安定しているとはいえないため、審査に通過することは難しいでしょう。

審査時間を短縮しアイフルで即日融資を受ける方法

アイフルで審査時間を短縮し即日融資を受けるには、WEB申し込みをした後に電話で連絡を入れてください。

 アイフルのWEB申し込みは24時間365日受け付けていますので、空き時間を利用して手続きを進めましょう。

申し込みを完了したらアイフルから受付完了メールが届きますので、そこに記載しているフリーダイヤルに連絡してください。

フリーダイヤルは9時から21時まで受け付けており、連絡をして急ぎであることを伝えると優先して審査を開始してくれます。

即日融資を受けるためのポイント
  • WEBにて申し込みをする(アプリでも可)
  • 申し込み完了後にフリーダイヤルへ連絡

審査の込み具合によりますが、早ければ30分程度でメールもしくは電話で審査結果の連絡が入ります。

アイフルでは土日に融資を受けれる?

アイフルでは、平日だけでなく土日でも融資を受けることが可能です。カードを利用することで、アイフルATMや提携ATMにて融資が受けられます。

アイフルのスマホアプリを使えば、カードが無くてもセブン銀行ATMにて原則24時間365日取り引きできる点も嬉しいポイントですね!

アイフルでは、最短30分で審査完了。即日融資が可能です。申し込みには郵送物が一切不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結します。また24時間即時振込のサービスもあります。

口コミからわかるアイフルの評判

サービスの評価を知るうえで、参考となるのがネット上に寄せられている口コミです。

ここからは、アイフルの評判を口コミから調査し、審査に通過できた人と通過できなかった人の特徴などを紹介していきます。

アイフルの審査に通った人の口コミからわかること

アイフルの審査に通過できた人の特徴を、口コミから調査していきましょう。

審査通過のポイント
  • 収入が安定している
  • 長期間同職場に勤務している
  • 過去に金融事故を起こしていない

上記のポイントがアイフルの審査を通過するために大事であることがわかりました。

上記を満たせていないと貸す側からすると貸し倒れのリスクがあることから、審査落ちとなり得るため注意が必要です。

アイフルの審査に落ちた人の口コミからわかること

アイフルの審査に通過できなかった人の特徴は下記になります。

審査落ちの理由
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 収入が安定していない
  • 他社からの借入が多い
  • 申込内容に不備がある
審査落ちの原因として考えられるのは主に上記の内容です。
金融事故とは自己破産などの債務整理を意味しており、個人信用情報機関に名前が掲載されている、いわゆる「ブラックリスト」入りしていると契約はしてくれないでしょう。
貸す側としても貸し倒れのリスクがありますので、社会的信用がない人には融資をしません。

実際に、アイフルの審査に落ちた方の口コミでも複数の消費者金融から融資を受けていることが原因の可能性があるとされているため注意が必要です。

アイフルの増額方法

利用する中で、増額を希望する人は少なくありません。

アイフルで利用限度額を増額するには、WEBもしくは電話での申し込みとなります。

増額の申し込みをする際の流れは下記です。

アイフル増額の流れ
  1. 増額申し込みフォームから手続き開始
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 増額の手続き

増額審査の申し込みは、WEBであれば土日祝日を含む24時間、電話の場合は平日の9時から18時まで受け付けています。

増額申し込みの審査には、下記の書類を提出することが必要です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書・納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書・年金通知書
上記のいずれかコピー1部を用意しておいてください。審査に通過すると、増額手続きを進めて完了したら借り入れが可能になります。

他社の金利をアイフルと比較

アイフルの金利を、他の大手消費者金融と比較してみましょう。

アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%

アイフルの金利は実質年率3.0%から18.0%となり、他社大手消費者金融と比較しても平均的で決して高くはありません。

利用する際は、申込者の収入や融資限度額など状況により異なりますが、基本的には上限金利が適用される可能性が高いため、実質年率18.0%を想定しておきましょう。

まとめ

この記事では、アイフルについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 即日融資に対応している消費者金融はアイフル
  • アイフルの審査基準は決して高くはない
  • 実質年率3.0%~18.0%でアイフルの金利は標準的

アイフルは国内でも最大手のひとつとなる大手消費者金融です。

WEBやアプリからの申し込みは、24時間365日受け付けていますので、平日は忙しく時間が設けられない人でも利用しやすいです。

金利も実質年率3.0%から18.0%ということから、決して他社と比較して高くはありませんし、申し込み条件からも審査基準は厳しくないといえます。

カードローンは、使い方次第で生活を豊かにしてくれるサービスなので、しっかりとした返済計画立てて利用しましょう。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事