ペット保険はいらない?必要ない人と入るべき人を徹底解説!

皆さんのご家庭には、犬や猫といったペットはいますか?

今は動物病院にかかることは考えていなくても、加齢が進行すれば病院のお世話になる可能性は高まります。

犬や猫には人間のような公的な健康保険はありませんから、全額が飼い主の自己負担です。

読者
ペットのために検討したいペット保険について調べると、条件が良くないから加入する必要はないといった口コミや意見もよく見つかります。

読者
本当に、ペット保険に加入する必要はないのでしょうか。

マガジン編集部
今回はペット保険の必要性と、犬・猫の病気で必要になる治療費について解説します。

この記事の要点

  • 1.ペット保険は「免責金額」の存在から、治療費の全額をカバーすることはできません。しかし、高額になる治療費の一部をカバーできれば新しい治療を試せるなど選択肢が広がります。
  • 2.高齢になれば犬なら1年で15万円前後、猫でも8万円近い治療費がかかることも珍しくありません。
  • 3.飼い主の責任で最良の治療ができるためにも、ペットが若いうちからペット保険への加入を検討しましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

ほけんの全部無料保険相談

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

ペット保険とは

ペット保険とは

ペット保険は、ペットが病気やケガで動物病院にかかったときの治療費の一部を補てんする保険です。

ペットは人間のような健康保険の制度がなく、基本的に診療費の全額を飼い主が自己負担します

マガジン編集部
ペット保険に加入して診察・治療等にかかった費用は保険会社が契約に従って負担してくれるため、飼い主の金銭的な負担は軽減されます。

ペット保険には貯蓄性がない

人間の医療保険には保険料が返ってこない「掛け捨て」のほかにも、解約した際に積み立てた保険料の一部が解約返戻金として返ってくる「貯蓄型」などの種類があります。

一方、ペット保険に貯蓄機能はありません。掛け捨て型の保険のみ取り扱われています。

注意点

    ペット保険なら保険会社から治療費の一部を補てんしてもらえますが、治療にかかった費用の全額を保険でカバーできるわけではありません。

     

    ペット保険で補償される内容

    ペット保険で補償される主な内容は以下のとおりです。

    ポイント

    • 入院代
    • 手術代
    • 通院費用

    さらに、人間の医療保険のように保険会社ごとに用意された特約を付けることも可能です。

    マガジン編集部
    特約の内容によっては、万が一のことがあった場合の葬儀費用なども備えられます。

    ペット保険の対象にならないもの

    人間の医療保険などと同じく、病気やケガによる治療ではないものは動物病院にかかったとしても費用は補填されません。

    たとえば、以下のような費用です。

    ペット保険の補償対象外の項目

    • 去勢・避妊手術費用
    • 健康診断
    • ワクチン接種 など
     

    ペット保険はいらない?必要ない人はどんな人?

    ペット保険はいらない?必要ない人はどんな人?

    ペット保険は治療費の一部をカバーできる点が魅力ですが、ペットを飼う人全員が必要というわけでもありません

    ここでは、「ペット保険が不要な人」はどんな人かを解説します。

    全額補償されない点に魅力を感じない人

    動物病院の治療費全てが補償されるわけではない

    ペット保険の補償対象には数多くの種類がありますが、補償対象にならない治療もあります。

    補償対象外の治療

    • 避妊・去勢
    • 予防接種
    • 健康診断
    • 歯の治療費 など

    また、加入前に罹患していた病気・ケガに関しては原則補償の対象外です。

     

    マガジン編集部
    これは人間の医療保険と変わりません。

    歯に関しては人間だけでなく犬猫でも治療を行う機会は多いのですが、原則補償されません。

    読者
    人によっては「保険料を支払うだけのメリットが小さい」と感じることもありそうですね。
     

    免責金額も設定される

    ペット保険はプラン内容によって、治療額の〇%をカバーできるかが決まります。

    さらに、プランによるパーセンテージではなく「免責金額」が設定されるのも特徴です。

    免責金額とは?
    免責金額とは、飼い主が負担するべき金額のことです。
    たとえば…
    たとえばトータルの治療費が3万円かかった場合で考えてみましょう。

    免責金額が3,000円、補償割合50%の保険であった場合、受け取れる保険金額は以下のとおりになります。

    (3万円-3,000円)×0.5%=13,500円

    このように、「治療費の半分を受け取る契約と思っていたら、免責金額の分だけ受け取り額が目減りする」ということになります。

    また、このケースでは治療費は3,000円以下の場合は全額が自己負担になってしまうということでもあります。

    マガジン編集部
    人間の保険と比較すると割高感が出るため、魅力を感じない人もいるかもしれません。

    高額な治療費を貯金でまかなえる人

    貯金が十分にあり、ペットが病気になったりケガをしたりして高額な治療費の請求がきたとしても、まとまったお金を支払うことができる人や、それによって生活レベルの低下などの問題がない人であれば、ペット保険に加入する必要性は低いと言えるでしょう。

    注意点

      ただし、ペットの治療費は非常に高額となる場合があります。

      マガジン編集部
      詳しくは後述しますが、高齢の犬で年間15万円以上、猫でも10万円前後の費用がかかる可能性があります。

      このような高額な費用をポンと出せるかどうかが、ペット保険加入の境目になるでしょう。

      また、単に治療費を出すことができたとしても、他人にケガをさせた賠償が高額になると支払えない可能性もあります

      ポイント

        もしペットが他人を傷つけた場合や他人のものを壊してしまった場合でも、ペット保険に加入していれば「ペット賠償責任特約」を付帯させることで万が一の際に補償が受けられます。

         

        ペット保険に入るべき人はこんな人!

        ペット保険に入るべき人はこんな人!

        いざというときの支払いに不安がある人

        いざというときに絶対に治療費を捻出できる、という確信があるならペット保険に加入する必要性は低いでしょう。

        逆にいえば、絶対に治療費を出せる確信がないのであれば、ペット保険に加入する必要性は高いといえます。

        ポイント

        • どれだけ飼い主が気を付けていても病気になることはありますし、防ぎようのないケガもあります。
        • もし治療費が払えないためにペットの命を諦めることがあったら、耐えられるでしょうか。

        マガジン編集部
        後悔する前に、ペット保険への加入の検討だけはしておきたいものです。

        高度医療などの選択肢を増やしたい人

        ペットの治療技術の発達によって、最近では高度な医療も選択できるようになりました。

        以前は薬でしか対処できなかった病気でも、手術による処置が可能になった、といった具合です。

        手術を受けるとなれば手術代のほかに入院代も必要で、費用も高額になります。

        金銭の問題で効果が見込める治療を諦めざるを得ない可能性もあるかもしれません。

        読者
        ペット保険で費用の一部をカバーできれば治療の選択肢が広がり、飼い主の納得する治療が可能になりますね。
         

        ペットにかかる費用を徹底解説!

        ペットにかかる費用を徹底解説!

        ペットを飼うにはさまざまな費用がかかります。

        ペット保険を選ぶ際には「治療費」がどれだけ必要かを知っておくことが大切です。

        ここではペットにかかる治療費を紹介します。

        1回の治療では平均でいくらかかる?

        アニコムの家庭動物白書2019に記載された「地域別の診療単価」によると、犬・猫の地域別診療単価の平均は以下のとおりです。

        犬の地域別診療単価
        都道府県 平均年齢 契約頭数 診療単価平均
        東京都 6.3 71,208 11,820円
        神奈川県 6.0 53,748 11,008円
        大阪府 5.3 50,323 9,797円
        猫の地域別診療単価
        都道府県 平均年齢 契約頭数 診療単価平均
        東京都 5.1 16,927 10,245円
        神奈川県 4.8 10,269 8,886円
        大阪府 4.0 9,091 7,789円

        出典:アニコム|家庭動物白書2019から抜粋

        地域によって診療単価には大きな違いがあります。

        読者
        とはいえ犬の場合は1回の診療単価が約1万円、猫の場合は地域差が大きいですが8,000~1万円程度の治療費がかかることが分かりますね。
         

        年間の治療費はいくらかかる?

        ペット保険が不要かどうか判断するなら、犬・猫の治療費にいくらかかるのかを知ってからでも遅くはありません。

        1回の診療費に加えて年間の治療費も把握しておきましょう。

        マガジン編集部
        アニコムが発行している家庭動物白書より、犬猫それぞれの「年間の診療費用」「年齢別の診療費用」を比較してみましょう。

        犬の場合

        1頭あたりの年間診療費は年齢に比例するように高くなります。

        年齢 平均値(円) 中央値(円)
        0 29,087 5,400
        1 22,530 2,399
        2 23,429 2,160
        3 29,142 3,456
        4 36,427 5,548
        5 44,554 8,100
        6 52,930 11,550
        7 62,070 15,422
        8 76,479 21,762
        9 93,635 33,294
        10 109,922 42,884
        11 126,371 58,076
        12 149,757 76,338

        出典:アニコム|家庭動物白書2019

        別の資料でも治療費を見てみましょう。東京都における犬及び猫の飼育実態調査(平成29年度)によると、犬の医療費の内訳は以下のような分布になっています。

        犬の年間治療費 構成比
        1万円未満 1.5%
        1~3万円未満 21.9%
        3~6万円未満 31.7%
        6~10万円未満 6.9%
        10~15万円未満 12.0%
        15~20万円未満 3.0%
        20~50万円未満 7.8%
        50万円超 2.4%
        無回答 12.9%

        出典:東京都福祉保健局|東京都における犬及び猫の飼育実態調査(平成29年度)

        「1万円未満」「1~3万円未満」「3~6万円未満」で全体の50%以上を占めているのが特徴です。年間治療費として、6万円前後はかかるものとして意識しておく必要があるでしょう。

         

        猫の場合

        猫の場合、年齢ごとに必要になる治療費の平均値と中央値は以下のとおりです。

        年齢 平均値 中央値
        0 19,024 2,527
        1 13,744 0
        2 13,645 0
        3 17,880 0
        4 22,014 0
        5 25,485 0
        6 28,766 0
        7 31,736 0
        8 36,102 0
        9 49,734 540
        10 61,671 3,348
        11 63,116 6,664
        12 78,268 13,700

        出典:アニコム|家庭動物白書2019

        猫の場合、1~8歳の中央値が0円になっているのが特徴です。

        読者
        犬に比べて治療にお金がかからない傾向にあるんですね。

        別の調査結果も見ておきましょう。東京都における犬及び猫の飼育実態調査(平成29年度)によると、猫の年間医療費は以下のような分布になっています。

        猫の年間治療費 構成比
        1万円未満 3.3%
        1~3万円未満 32.7%
        3~6万円未満 17.5%
        6~10万円未満 3.3%
        10~15万円未満 4.7%
        15~20万円未満 0.5%
        20~50万円未満 2.4%
        50万円超 0.9%
        無回答 34.6%

        出典:東京都福祉保健局|東京都における犬及び猫の飼育実態調査(平成29年度)

        犬で年間治療費10万円以上の比率が12%のところ、猫の場合は4%程度です。やはり、犬よりも高額な治療費がかかりにくいことが分かります。

         

        年齢・疾患ごとに必要な治療費

        犬の場合

        犬の年齢別の疾患に対する治療費の中央値と、平均値は以下のとおりです。

        アニコムの家庭動物白書から、代表的な疾患を抜粋して紹介します。

        疾患(大分類) 0歳 1~4歳 5~8歳 9~12歳
        循環器疾患 中央値 18,463 26,460 50,162 75,286
        平均値 46,753 50,149 87,096 118,894
        呼吸器疾患 中央値 8,624 8,813 13,068 21,189
        平均値 16,491 21,223 36,395 60,315
        筋骨格疾患 中央値 10,800 9,908 11,051 14,256
        平均値 79,665 47,956 40,396 47,174
        皮膚疾患 中央値 8,100 11,902 16,524 19,645
        平均値 16,402 30,279 42,766 51,254
        全身性の疾患 中央値 7,340 8,316 10,800 14,256
        平均値 15,457 17,865 25,021 37,512

        出典:アニコム|家庭動物白書2019から抜粋

         

        猫の場合

        猫の場合、疾病ごとにかかる年齢別の治療費(中央値・平均値)は以下のとおりです。

        疾患(大分類) 0歳 1~4歳 5~8歳 9~12歳
        循環器疾患 中央値 23,818 39,818 45,684 56,121
        平均値 49,725 67,132 78,814 91,470
        呼吸器疾患 中央値 7,727 7,992 11,920 18,981
        平均値 16,746 20,148 37,616 51,193
        筋骨格疾患 中央値 8,910 9,331 10,881 11,123
        平均値 38,026 27,778 30,257 30,267
        皮膚疾患 中央値 6,739 6,264 8,130 9,437
        平均値 12,465 13,136 17,772 28,601
        全身性の疾患 中央値 8,424 9,158 11,772 15,059
        平均値 17,211 18,829 24,986 37,759

        出典:アニコム|家庭動物白書2019から抜粋

         

        まとめ

        今回はペット保険の必要性と、犬・猫の病気で必要になる治療費について解説しました。

        ペット保険は「免責金額」の存在から、治療費の全額をカバーすることはできません。しかし、高額になる治療費の一部をカバーできれば新しい治療を試せるなど選択肢が広がります。

        高齢になれば犬なら1年で15万円前後、猫でも8万円近い治療費がかかることも珍しくありません。飼い主の責任で最良の治療をしてもらうためにも、ペットが若いうちからペット保険への加入を検討しましょう。

        監修者の紹介

        監修者の写真

        監修者岡田行史

        人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

        本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
        本コンテンツは商品の概要を説明しています。
        詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
        弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
        本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
        また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
        おすすめの記事