収入証明書不要で借入は出来る?おすすめカードローン会社を紹介

カードローンを利用する際にはいくつかの条件をクリアする必要があります。

カードローンの利用を検討している人の中には

  • 収入証明書は絶対に必要?
  • 収入証明書なしで借りる方法はあるのかな

というお考えを持っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、カードローン利用において収入証明書が不要なケースやおすすめのカードローン会社などを紹介していきます。

\収入証明書不要・最短即日融資/

カードローンでは2種類の書類が必要

カードローンを利用する際は「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類の書類が求められます。

この2つのうち、「本人確認書類」はどの金融機関でも提出しなければなりません。

本人確認書類とは、運転免許証やパスポート・健康保険証などです。顔写真の記載されている運転免許証の方が審査がスムーズに進みやすい傾向にあります。

収入証明書は年収を証明する書類の事で、以下のような書類が当てはまります。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 所得証明書(最新)
  • 住民税決定通知書(最新)
  • 確定申告書(最新)

収入証明書から本人の収入状況を見ることによって、返済能力を判断できます。

多くのカードローン会社では収入証明書の提出を必須としていますが、条件によっては提出不要のカードローン会社もあります。

\収入証明書不要・最短即日融資/

収入証明書不要かつ即日融資希望なら消費者金融がおすすめ

カードローン会社は「消費者金融」と「銀行カードローン」の2つに大きく分かれます。

消費者金融は「貸金業法」のルールに従う義務があり、銀行カードローンは「銀行法」のルールに従わなければなりません。

2つの法律によって、収入証明書の提出基準が異なっています。

もし収入証明書の提出が不要かつ最短即日融資を希望しているなら、希望額によっては収入証明書の提出が不要になる可能性がある「消費者金融」の利用の方がおすすめです。
※お申込みの時間帯等によっては、即日融資に対応できない場合がございます。

\収入証明書不要・最短即日融資/

消費者金融は50万円を超えると収入証明書が必要

プロミスやアコムといった消費者金融を申し込む場合、借入希望金額が50万円を超えると収入証明書の提出が求められることが一般的です。

その他、希望額が50万円以下であっても、他社との借入額を合わせた金額が100万円を超える場合も収入証明書の提出が求められます。

以下は各消費者金融ごとの収入証明書の提出が必要な条件です。

カードローン会社 収入証明書類が必要な条件
プロミス
  • 希望額が50万円を超える
  • 希望額+他社が100万円を超える
アコム
  • 希望額が50万円を超える
  • 希望額+他社が100万円を超える
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している
レイクALSA
  • 希望額が50万円を超える
  • 希望額+他社が100万円を超える
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している
アイフル
  • 希望額が50万円を超える
  • 希望額+他社が100万円を超える
  • 就業状況の確認等、審査の過程で必要なとき
SMBCモビット
  • 審査の状況により必要

※他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します。

どの消費者金融業者も、ほぼ同じ基準を設けていることが分かります。

これは消費者金融業をはじめとする貸金業者は「貸金業法」という法律が適用されるからです。

貸金業法に従って収入証明書の確認が義務付けられているので、ほぼすべての消費者金融で収入証明書の提出が必要となる基準が同じなのです。

SMBCモビットは公式サイトで「収入証明書の提出が必要な場合あり」としか記載されておらず、具体的な金額の指定はありません。
\収入証明書不要・最短即日融資/

銀行カードローンは独自ルールで収入証明書が不要になることも

銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、独自ルールで収入証明書の提出が不要になるケースを決めています。

以下は各銀行の収入証明書の提出が不要になる条件を見ていきましょう。

銀行名 収入証明書類が不要な条件
みずほ銀行カードローン 利用限度額が50万円以下
三菱UFJ銀行カードローン 利用限度額が50万円超から必要
auじぶん銀行カードローン
利用限度額が50万円以下
楽天銀行スーパーローン 具体的な記載なし(原則必要だが、不要の場合あり)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 利用限度額が300万円以下
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 具体的な記載なし

みずほ銀行やauじぶん銀行では利用限度額が50万円以下の場合収入証明書の提出が不要となっています。

2017年ほどまでは、借入希望額が100万円を超えていても収入証明書の提出が不要としている銀行が多かったですが、過剰な貸付防止を目的として、貸金業法に倣った融資基準を設ける傾向にあります。

\収入証明書不要・最短即日融資/

収入証明書不要の条件を満たしても提出が必要になるケースがある

消費者金融業者・銀行カードローン共に、収入証明書の提出が不要な条件をクリアしていても、収入証明書の提出が求められることがあります。

ここでは、条件をクリアしていても収入証明書の提出が必要になるケースを詳しく解説していきます。

年収が不自然に高い場合

融資の申し込みでは、年収のほかに名前・住所・職業・雇用形態などの申告も必要です。

そこで、雇用形態や年齢・職業などの情報から予想される年収と申告された年収が大きく異なる場合で、収入証明書の提出が求められることがあります。

例えば、学生や主婦の方でアルバイト・パート勤務なのに年収が800万といったケースです。

絶対にありえない年収とは言えませんが、本当かどうかの確認として収入証明書の提出が必要になることもあります。
\収入証明書不要・最短即日融資/

自営業や個人事業主の場合

会社員など給与を受け取っている雇用形態の人とは異なり、自営業や個人事業主の方は希望額に関係なく収入証明書の提出を求められることがあります。

理由としては、安定した収入を証明することが給与所得者よりも難しいことと、収入の実態がなくても自営業者を名乗ることは可能だからです。

自営業や個人事業主の方が収入証明書として認められるのが主に以下の書類です。

自営業や個人事業主の収入証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税証明書(税務署発行のもの)
  • 所得証明書

中でも「確定申告書」がおすすめです。必ず「受付印」がある書類にしましょう。

 公的な機関が保証した書類であることが重要です。

就業状況が不安定な場合

アルバイトやパートなどでは、シフト状況によって毎月の収入に大きな差が生まれてしまうことも少なくありません。

そのため、収入証明書の提出をもって安定した収入があるかを確認するケースがあります。

\収入証明書不要・最短即日融資/

申告時の年収と実際の年収の差が大きく異なる場合

実際の収入が180万円程度なのに、400万円と申請した場合は「悪質性が高い」とみなし、審査に落ちてしまう可能性が高いと考えられます。

すぐに審査に落ちてしまうかは審査担当者の判断によりますが、事実を確認するために収入証明書の提出が必要になることがあります。

これは、収入証明書に記載されている年収以外の副業の収入も含めた結果、申告した年収が高いというケースもあるからです。

自分の収入状況は正確に申告することが大切です。

実際の年収とどれくらいの差までならOK?

年収を申告する際には、「少しくらいならいいのでは?」と思うかもしれませんが、正確に申告することが何より大切です。

\収入証明書不要・最短即日融資/

契約後でも収入証明書の提出が求められることがある

収入証明書の提出は、申込時だけと思われるかもしれませんが実は契約後でも提出が必要なケースも存在します。

契約後の収入証明書の提出が必要になる可能性のあるケースは主に以下の通りです。

  • 前回の提出から一定の年数が経っている
  • 転職をした

ここでは各項目ごとに詳しく解説していきます。

前回の提出から一定の年数が経っている

新規契約・前回の際に収入証明書を提出した場合は、3年ほどで再度提出が求められることが多いです。

仮に同じ職場に勤めていたとしても、年収が変化している可能性なども考慮して、3年程度の期間を設けています。

\収入証明書不要・最短即日融資/

転職した・起業した場合

転職をした場合や会社員・バイト・アルバイトから起業した方も、そのタイミングで収入証明書の提出が必要となることもあります。

ただし、転職や起業をしてから1年未満だと年収の証明が難しいので「給与証明書(直近2ヶ月分)」や「納税通知書」「事業収入証明書」などの提出を提出しましょう。

おすすめカードローン会社4選

ここでは、借入希望額が50万円以下で収入証明書提出が不要になるおすすめカードローンを挙げていきます。

プロミス

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスが運営しているプロミスは、「2021年オリコン顧客満足度調査」の「ノンバンクカードローン部門」において1位を獲得しました。
※出典:https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/

実際にプロミスを利用した人の評価結果なので、多くのカードローン会社の中でどれにすればいいか迷った場合には、プロミスを検討してみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの種類 消費者金融
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
申し込み条件 ・年齢20~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資 可能
WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります
担保・保証人 不要

 

希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要になるという特徴のほかにも、プロミスの大きなメリットが存在します。

  • Webからの申し込みなら最短30分で融資可能
  • 「30日間の無利息サービス」が用意されている
  • 「瞬フリ」を利用すればさらにスピーディな融資可能

プロミスを含む大手の消費者金融業者は、融資までの手続スピードの速さでも競争しています。

プロミスは申し込みから融資開始まで最短30分を可能としています。

プロミスは、全国に「無人契約機」を設置しているので、お近くの契約機を探して最短即日融資を受けられます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

30日間の無利息サービス」は、他の消費者金融業者でも用意しているサービスですが、多くは「契約日の翌日から」が条件となっています。

プロミスは「借入日の翌日からが無利息サービスの開始日となっているので、契約をしても借り入れなければ無利息サービスは始まらないのが大きなアドバンテージといえます。

好きなタイミングで無利息サービスを受けられるので、利子を抑えて融資を受けたい方に適しています。

瞬フリ」はプロミスが独自に用意しているサービスで、プロミスと提携している200程の銀行口座を持っている人に対して「24時間・受付から10秒ほどで融資」を行っています。

「今すぐにどうしてもお金が必要!」

というときに大変心強いサービスといえますね。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

アコム

アコム

アコムもまた、申し込みから融資までの時間は大変スピーディなのが特徴です。

審査結果も最短30分で出るので、最短即日融資も可能となっています。

\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

以下はアコムの基本情報です。

カードローンの種類 消費者金融
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・年齢20~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
※在籍確認が行われる場合があります。
担保・保証人 不要

※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

2020年7月のアコムマンスリーレポートでは47.8 %の審査通過率となっています。

これは2人に1人くらいは新規で新規契約が出来ているということになり、アコムは1社目のカードローンに選ばれることが多いので、審査通過率が高いようです。

また申込者数の中には、審査に通過しても契約はしなかった人や最初から利用条件にあてはまらない人も含まれているので、実際の審査通過率はもっと高いと考えてもいいでしょう。

審査に通過できるか心配な方は、まずはアコムでの申し込みをおすすめします。
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

アイフル

アイフルのカードローン

アイフルは申し込み後に電話をすると、審査の優先度を上げてくれる相談ができるのが大きなメリットです。

そのため、「より早く融資を受けたい」という人に選ばれています。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

以下はアイフルの基本情報です。

カードローンの種類 消費者金融
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
担保・保証人 不要

アイフルでは公式アプリから利用をすると、24時間・365日いつでも取引が可能という点がメリットです。

ローンカードがなくても、近くの「セブン銀行ATM」を使っての借入・返済ができるので手軽なのも魅力的です。

カードレスなので、家族や職場の人にカードローンを利用しているのがバレにくいのも良いですね。

アイフルでは、WEB申し込みなら融資まで最短25分で完了。さらに申し込みには郵送物が不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結します。また24時間即時振込のサービスもあります。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAでは、複数の無利息サービスを用意しているので、どれかを選べるのが大きな特徴です。

\審査時間最短15秒/

以下はレイクALSAの基本情報です。

カードローンの種類 消費者金融
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
利用限度額 500万円
申し込み条件 ・年齢20~70歳
・安定収入がある
収入証明書類 利用限度額が50万円超える場合は必要
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
担保・保証人 不要

レイクALSAでは、以下の無利息サービスを用意しています。

  • 60日間利息0円(Web申し込み限定)Webで申込いただき、ご契約額が1200万円の方。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
  • 5万円まで180日間利息0円(5万円まで)※契約額1万円~200万円まで

Webからの申し込みであれば、60日も無利息期間が適用されるのは大きいです。

さらに借入額が5万円以下であれば、なんと180日もの無利息期間が選べます。

60日・180日無利息の注意点
・初めてなら初回契約翌日から無利息
・無利息期間経過後は通常金利適用
・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
・ご契約額が200万超の方は30日間無利息のみ

少額融資を希望しているなら、お得に借りられるレイクALSAがおすすめです。
 
\審査時間最短15秒/
レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • 遅延損害金(年率) 20.0%
  • ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • ご返済期間·回数 最長8年、最大96回
  • 必要書類 “運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
  • 担保·保証人 不要
    ※商号:新生フィナンシャル株式会社  ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
 
\審査時間最短15秒/

    まとめ

    収入証明書が不要になるお金の借り方について紹介しました。

    • 多くの金融機関では希望額が50万円以下で収入証明書の提出が不要になることもある
    • 質屋であれば収入証明書の提出は必要ない
    • 条件をクリアしても収入証明書の提出が必要になることもある

    消費者金融業者は「貸金業法」が適用されるので、ほぼすべての業者で50万円を超えると収入証明書の提出が必要になります。

    銀行カードローンでは、貸金業法が適用されないので独自のルールで収入証明書の提出が不要になりますが、2017年くらいからは、貸金業法に合わせた基準にしているところが多いです。

    スムーズに融資を受けたいという場合は、本人確認書類に加えて収入証明書も事前に用意しておくと良いでしょう。

    関連記事

    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

    おすすめの記事