東武カードのポイント還元率や年会費は?
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

東武カードは、東武鉄道グループが手掛けるクレジットカードです。スタンダードな「東武カード(一般)」に加え、2011年には「東京スカイツリー東武カードPASMO」を発行。

2種類のカードで幅広い利用者にリーチし、ますます利便性を高めています。

そこで今回は、東武カードについて徹底解説。「東武カード(一般)」「東京スカイツリー東武カードPASMO」の各特徴はもちろん、東武カードならではの特典も紹介しています。

\最新決定版/

東武カードには「東武カード(一般)」「東京スカイツリー東武カードPASMO」2つの種類があります。

東武カードには2種類ある

ここでは、各カードの基本情報をまとめています。ぜひ、2つのカードを比較してみてください。

東武カードの基本情報

東武カード(一般)

東武カードは、年会費永年無料のクレジットカードです。通常のポイント還元率は0.5%ですが、モバイルPASMOから定期券を購入した場合は1.0%ポイントが付与されます。

東武百貨店をお得に利用できることも、東武カードの特徴です。東武百貨店の年間利用額に応じて、東武百貨店での還元率は最大7%と高還元になります。PASMOオートチャージ機能の利用には、別途申し込みが必要です。

年会費 無料 
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイント 東武グループポイント
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard
申し込み条件
  • 高校生を除く18歳以上
  • 電話連絡可能な方
  • 本人または配偶者に安定した継続的な収入がある方
\最新決定版/

東京スカイツリー東武カードPASMO

東京スカイツリー東武カードPASMO

東京スカイツリー東武カードPASMOは、PASMOオートチャージ可能・定期券搭載型のクレジットカードです。

年会費は初年度無料。2年目以降1,100円ですが、年間10万円以上カードを使うと年会費分のポイントがもらえます。

 通常のポイント還元率は0.5%です。東武鉄道の定期券購入にカードを使うとポイントが3倍。ポイント還元率1.5%まで上昇します。

また、特典として「東京スカイツリー場券割引優待」「東京スカイツリータウン駐車場料金2時間無料サービス」が、付帯しています。

年会費 初年度無料(2年目以降:1,100円)
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイント 東武グループポイント
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
申し込み条件
  • 高校生を除く18歳以上
  • 電話連絡可能な方
  • 本人または配偶者に安定した継続的な収入がある方
\最新決定版/

東武カードの特徴

東武カード

東武カードには大きく3つの特徴があります。

  1. 東武鉄道チケットレスサービスの利用でポイントが3%貯まる
  2. PASMOオートチャージサービスが利用できる
  3. 東武グループでさまざまな優待が受けられる

以下、それぞれどんな特徴なのかひとつずつみていきましょう。

1東武鉄道チケットレスサービスの利用でポイントが3%貯まる

東武カードで東武鉄道チケットレスサービスを利用すると、東武グループポイントが3%貯まります。

東武チケットレスサービスとは?
ネットから乗車券を購入できる、東武グループが無料で提供しているサービスです。

東武チケットレスサービスの会員になると、スマホ・PCでの座席券購入や運航情報サービスを利用できるようになります。

東武チケットレスサービスのメリット
  • 東武カードの利用で東武グループポイントが3%貯まる
  • 60日間で5,000円以上利用すると、「ボーナス乗得ポイント」が獲得できる
  • 特急列車の時間帯によって、7%または2%のポイントが貯まる

東武鉄道チケットレスサービスは、入会金・年会費無料の会員サービスです。通常より3%お得に購入できるのは、嬉しいポイントです。

\最新決定版/

2PASMOオートチャージサービスが利用できる

東武カードはPASMOのオートチャージができる

PASMOオートチャージサービスとは
PASMOの残高が一定の金額より少なくなったときに、改札機にタッチすると自動的にチャージするサービスです。

東武カードの場合、事前に申し込みを行うことでPASMOオートチャージサービスが利用できるようになります。PASMOオートチャージの条件や金額はいつでも変更することができます。

 ただし、PASMOオートチャージサービスは1日あたり10,000円、1ヶ月あたり50,000円を超えて利用することはできません。

PASMOオートチャージサービスのポイント還元率は0.50%。券売機やチャージ機を利用する手間が省けるため、便利なサービスです。

3東武グループでさまざまな優待が受けられる

東武カードには、東武グループでポイントバックや割引が受けられる、さまざまな特典が用意されています。

  • ショッピング
  • 旅行
  • 食事
  • レジャー
  • カルチャー

など、幅広いジャンルの特典が特徴です。持っているだけでメリットがあります。

例えば、東武百貨店の買い物で最大7%ポイント付与という特典があります。

東京スカイツリー東武カードPASMOの特徴

東京スカイツリー東武カードPASMOの特徴

東京スカイツリー 東武カードPASMOには、東武カードとは異なる、独自の特徴が3つあります。

  1. オートチャージ機能に加えて定期券も付けられる
  2. 東京ソラマチでの買い物でポイントが貯まりやすい
  3. 東京スカイツリーをお得に楽しめる

以下、それぞれどんな特徴なのか具体的に紹介していきます。ぜひ確認してみてください。

1オートチャージ機能に加えて定期券も付けられる

東京スカイツリー 東武カードPASMOは、PASMO機能が付帯しているクレジットカードです。東武カードの特徴でも取り上げたオートチャージ機能を、事前の申し込みなく利用することができます。

PASMO最大のデメリットは、チャージが面倒くさいこと。これを解消できる便利なカードだと言えるでしょう。

 また、東京スカイツリー 東武カードPASMOは、定期券の搭載も可能なクレジットカードです。

東武鉄道をはじめ、東京メトロ・京急電鉄・東急電鉄・京王電鉄・相模鉄道の駅・定期券売り場で、定期券を搭載することができます。

東京スカイツリー 東武カードPASMOは「クレジット機能」「定期券」「PASMO」3つの機能がひとつになったクレジットカードです。

これ1枚あれば、買い物も通勤もスマートに完結します。

2東京ソラマチでの買い物でポイントが貯まりやすい

ソラマチでの買い物でポイントが貯まりやすい

東京スカイツリー 東武カードPASMOは、東京ソラマチと相性が良いクレジットカードです。

 毎月5のつく日にはポイントが5%にアップするキャンペーンを実施。年に数回ポイントが10%にアップするキャンペーンも行われています。

100円の支払いにつき、クレジット支払いで2ポイント・現金払いでもカードを提示するだけで1ポイント貯まります。

東京スカイツリー 東武カードPASMOは東京ソラマチで有効なカードです。

3東京スカイツリーをお得に楽しめる

東京スカイツリー 東武カードPASMOには、東京スカイツリーを楽しむ2つの特典が用意されています。

  1. 東京スカイツリー当日券割引優待
  2. 東京スカイツリータウン駐車場料金が2時間無料

特典1:東京スカイツリー当日券割引優待

東京スカイツリー 天望デッキ当日券が、平日・大人の場合通常2,100円(税込)のところ1,850円(税込)で購入できます。

さらに、東京スカイツリー 東武カードPASMOによるクレジットの支払いで、東武グループポイントが1%貯まります。

特典2:東京スカイツリータウン駐車場料金が2時間無料

東京スカイツリー 東武カードPASMOを提示するだけで、東京スカイツリータウンの駐車料金が2時間無料になる特典です。

東京ソラマチでお買い物特典と併用すれば、最大4時間無料で駐車場を利用できます。

\最新決定版/

東武カードの特典・貯まるポイント

まずは、東武カードの特典を確認していきましょう。

東武カードの特典・貯まるポイント

東武カードにはさまざまな特典が用意されています。ここでは、とくにメリットが大きい、ポイントや割引に関する6つの特典を紹介します。

東武カード6つの特典
  1. 東武百貨店の買い物で最大7%の東武グループポイント付与
  2. 東武鉄道定期券購入で最大1,5%の東武グループポイント付与
  3. 東武グループ商業施設のお買い物で1%~2%の東武グループポイント付与
  4. 東京スカイツリー当日券が割引優待
  5. 東武ホテルなど提携ホテルでの宿泊料金が最大10%割引
  6. 東武百貨店サンクスフェアで通常商品が10%~15%割引優遇

以下、それぞれどんな特典なのか確認してみてください。

1東武百貨店の買い物で最大7%の東武グループポイント付与

東武カードを東武百貨店で使うとポイントアップ

東武カードは、東武百貨店の年間利用額に応じてポイント還元率がアップします。東武百貨店での買い物金額次第では、ポイント還元率は最大7%です。

東武百貨店の利用額と翌年のポイント還元率
  • 20万円未満→3%
  • 20万円以上50万円未満→5%
  • 50万円以上→7%

初年度の東武百貨店でのポイント還元率は3%ですが次年度以降は年間利用額に応じて変わります。また、現金利用でもポイントが貯まります。

対象となるのは以下の施設です。

  • 東武百貨店池袋店
  • 東武百貨店船橋店
  • 東武宇都宮百貨店
  • 東武宇都宮百貨店大田原店
  • 東武宇都宮百貨店栃木市役所店

東武百貨店の利用頻度が高い人ほど、よりお得に買い物できます。

\最新決定版/

2東武鉄道定期券購入で最大1.5%の東武グループポイント付与

東武鉄道の各駅で定期券を購入すると、東武カードは0.5%・東京スカイツリー PASMOは1.5%ポイントが貯まります。

また、モバイルPASMOで定期券を購入すると、東武カードは1.0%、東京スカイツリー PASMOは0.5%ポイントが貯まります。

定期券の購入がお得なのは、東京スカイツリー東武カードPASMOです。通勤・通学でザクザクポイントを貯められます。

3東武グループ商業施設の買い物で1~2%の東武グループポイント付与

東武グループで東武カードを使うとポイントアップ

東武グループ商業施設で東武カードを利用してショッピングを行うと、1~2%の東武グループポイントが付与されます。対象店舗は以下の通りです。

  • 池袋東武ホープセンター
  • 新越谷ヴァリエ
  • 草加ヴァリエ
  • 西新井トスカ
  • せんげん台トスカ
  • EQUiA志木
  • 浅草EKIMISE(4階・5階・7階)
  • 東武ストア
  • フエンテ

上記店舗をよく利用する方は、支払い方法を東武カードに切り替えるだけで、いつもよりお得に買い物できますよ。

\最新決定版/

4東京スカイツリー当日券が割引優待

東武カードを使うと、東京スカイツリー当日券が割引価格で購入できます。

また、東京スカイタウンでのショッピングは、最大2%ポイント還元。東京スカイツリーの割引優待は非常に珍しい特典です。東武カードならではの特典と言えます。

5東武ホテルなど提携ホテルでの宿泊料金が最大10%割引

東武ホテルをお得に利用できる

東武カードには、東武ホテルなど提携ホテルで宿泊料金が最大10%割引される特典が付帯しています。

さらに、予約に応じて3~5%程度のポイントも付与お得に宿泊できます。提携ホテルは以下の通りです。

提携ホテル一覧
  • コートヤード・マリオット銀座東部ホテル
  • 東武ホテルレバント東京
  • 成田東武ホテルエアポート
  • 宇都宮東武ホテルグランデ
  • 川越東武ホテル
  • ビジネスホテル野田
  • 品川東武ホテル
  • 渋谷東武ホテル
  • 上尾東武ホテル
  • 札幌東武ホテル
  • 日光アストリアホテル
  • 蔵王アストリアホテル
  • 仙台国際ホテル
  • 会津アストリアホテル・ロッジ
  • 会津高原ホテル
  • 金谷ホテル(日光・中禅寺)

宿泊料金最大10%OFFは、ホテル事業を手掛ける東武グループだからこそ実現できる優待です。

東武カードは、旅行や出張とも相性の良いカードと言えます。

6東武百貨店サンクスフェアで通常商品が10~15%割引優遇

サンクスフェアとは
東武百貨店の通常商品が10~15%OFFの会員限定価格で購入できるイベントです。

開催は不定期。フェアの情報は東武百貨店公式サイトで発表されます。かなりお得なイベントですので、定期的にホームページを確認し情報を逃さないようにしましょう。

\最新決定版/

東武カードの審査

東武カードの審査

東武カードの審査基準は公表されていません。ただし、18歳以上であれば申し込みできるため、パートやアルバイトで生計を立てている、フリーターの方でも発行できる可能性があります。

 過去に支払いを滞納していたり・金融事故を起こしていたりすると、審査落ちする可能性が高くなると言われています。

東武カードへ申し込んでみようと思っている方場合は、自分のお金周りをスッキリさせることが大切です。

申し込み条件を見る限り幅広い方を対象としているので、信用情報に問題がない限り発行できる可能性は高いと予測できますよ。

東武カードと比較!人気のおすすめクレジットカード

ここまで年会費や貯まるポイントなど、東武カードの特徴などを深堀りしました。東武カードは年会費が永年無料で、東武グループで利用するとポイント還元率がアップします。

しかし、クレジットカードを申し込むにあたって他のカードと比較して決めたい方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここからは当サイトおすすめのクレジットカードを紹介します。

おすすめクレジットカード3選

数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

総合的におすすめなクレジットカード3選

ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1JCB CARD W

jcb card w

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイントが常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
  • パートナー店でポイント最大11倍
    スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
    楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
  • ETCカード・家族カードの追加無料
※キャンペーン期間:2022年7月1日〜2022年9月30日

JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

 通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大10,000円分)プレゼント!
    期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
  • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
\年会費永年無料/
出典:JCB カード W公式サイト

2三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントを自動で現金に還元
  • 年会費が永年無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • POINT名人.com経由でポイント最大25倍
    楽天、Yahoo!ショッピングなど
  • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く

三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます。

三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
 また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。

カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5%〜
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費無料 (発行手数料:税込1,100円)
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

3三井住友カード(NL)

三井住友NL

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 最短5分で即時発行可能1
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でポイント最大5%還元※3
    セブン‐イレブン・ローソン・マクドナルドなどの対象店舗でVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合
  • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
  • 新規入会と利用で最大8,000円相当のポイントプレゼント※2
  • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

三井住友カード(NL)は、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。※1

 アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

また三井住友カード(NL)の大きな特徴は、Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、セブン-イレブンやローソン・マクドナルドなどです。※3

これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
国際ブランド Visa,MasterCard®
ETCカード 初年度無料
(年1回利用で翌年も無料)

出典:三井住友カード公式サイト

※1:最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

※2:2022年9月30日まで

※3:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

東武カードについてよくある質問

東武カードの特徴とは?

東武カードには一般カードと東京スカイツリー東武カードPASMOの2種類があります。まず一般カードの特徴としては、PASMOのオートチャージや東武グループの優待に加え、チケットレスサービスでポイントアップします。

また、東京スカイツリー東武カードPASMOでは、ソラマチやスカイツリーがお得に楽しめるほか、PASMO定期券をクレジットカードに付帯可能です。

東武カードのポイント還元率は?
東武カードも東京スカイツリー東武カードPASMOも通常還元率は0.5%です。しかし、東武百貨店で利用すればポイント還元率は最大7%にまでアップします。また、東武鉄道の定期券購入でも最大1.5%の還元率が適用されます。
東武カードの年会費は?

東武カードの年会費は永年無料です。そのため、東武グループの店舗や東武鉄道をよく利用する方で、クレジットカードにコストをかけたくない方や初心者におすすめです。

なお、東京スカイツリー東武カードPASMOは初年度の年会費のみ無料で、2年目以降は1,100円(税込)となっています。ただし、年間で10万円以上利用すれば、ポイントで年会費の元を取ることができます。

東武カードの審査は厳しい?
東武カードの審査基準は非公表のため、審査が厳しいか甘いかの判定はできません。ただし、18歳以上であれば申し込みできるため、パートやアルバイトで生計を立てている、フリーターの方でも発行できる可能性があります。

まとめ

今回は、東武カードについて解説してきました。東武カードは、東武グループ利用でお得にポイントが貯められるカードです。

「東武カード(一般)」「東京スカイツリー東武カードPASMO」どちらも、PASMOオートチャージにも対応しており、快適な移動をサポートしてくれます。

ぜひこの記事の内容を参考に、自分にピッタリなクレジットカードを選びましょう。

\年会費永年無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事