ソラチカカード
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

陸マイラー最強候補の1枚ともいわれる「ソラチカカード 」。

飛行機をよく利用する方やマイルを貯めている方の中には、ソラチカカードの発行を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ソラチカカードについて徹底解説。ソラチカカードの特徴・ポイント還元率マイル移行レートなどを詳しくまとめています。

さらに、ソラチカカードとソラチカカードゴールドを比較。どちらがお得かも解説しています。

ソラチカカード の発行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

ソラチカカードの特徴

ソラチカカード

総合得点

65
  • 年会費
    10点
  • ポイント還元率
    10点
  • ポイントの使い道
    20点
  • 付帯保険
    20点
  • 発行スピード
    5点

採点基準はこちら

ソラチカカードの採点について

ソラチカカードの採点は、年会費やポイント還元率などを含む5つの項目をもとに行いました。なお、各項目の配点基準は以下の通りです。

クレジットカード配点表

ソラチカカードには以下のような大きな2つの特徴があります。

  1. 年会費が実質無料
  2. PASMOオートチャージ機能が付帯

それぞれ解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

1年会費が実質無料

ソラチカカード は、初年度年会費無料のクレジットカードです。2年目以降は年会費2,200円(税込)がかかります。

ソラチカカードでは、毎年ボーナスマイルが獲得可能です。

  • 通常入会ボーナスマイル:1,000マイル
  • 継続更新ボーナスマイル:1,000マイル

がもれなく受け取れます。マイルを円換算すると、1マイル=4〜5円相当です。

 つまり、ソラチカカードでは年会費2,200円(税込)がかかるものの、2年目以降の時点において少なくとも4,000〜5,000円相当のマイルが受け取れます。

ポイントを考えれば、年会費は実質無料も同然です。むしろ、カードを持っているだけで毎年2,000円以上プラスになるともいえます。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

2PASMOオートチャージ機能が付帯

ソラチカカードには、PASMO機能が付いています。

PASMOオートチャージ機能がついていて、改札機にタッチするだけで自動入金が可能。残高不足が原因で、改札機で止められる心配がありません。

オートチャージもポイント還元の対象です。普段通り電車やバスを利用するだけで、勝手にポイントが貯まってきます。

さらに、ソラチカカードはPASMO定期券を搭載可能。毎日の通勤・通学に便利な1枚です。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

ソラチカカードで貯まる3つのポイント

ソラチカカードでは、メトロポイント・Oki Dokiポイント・ANAマイルの3つのポイントが貯まります。

ソラチカカードで貯まるポイント

ポイントの貯まり方や還元率は、各ポイントによって様々です。ここからは、それぞれのポイントの貯まり方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1メトロポイント

メトロポイントとは
東京メトロで貯まるポイントのことです。

ソラチカカード でメトロポイントが貯まるのは、東京メトロで定期券を購入したりソラチカカードの提携先でカード払いしたりした場合です。

また、メトロポイントPlusに申し込めば、東京メトロの乗車やメトロポイントPlus加盟店でもポイントが貯まります。

メトロポイントの貯まり方の例
  • 東京メトロ定期券等の支払い(1,000円で5ポイント)
  • 電子マネーで対象自動販売機利用(税込100円で1ポイント)
  • 電子マネーで加盟店利用(税込200円で1ポイント)
  • 東京メトロ平日乗車(1乗車ごとに5ポイント)
  • 東京メトロ休日乗車(1乗車ごとに15ポイント)

ソラチカカード は、東京メトロの利用頻度が高いほどお得にポイントが貯まるカードです。

通勤や通学に東京メトロを利用している場合、カードを持っておいて損はありません。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

2Oki Dokiポイント

Oki Dokiポイントとは
JCBが提供するポイントプログラムです。

ソラチカカード では、毎月のカード 利用額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイント1ポイントが貯まります。OkiDokiポイント1ポイント=5円相当です。

たとえば、1ヵ月間にソラチカカードを10万円使った場合、OkiDokiポイント500ポイントが貯まります。

Oki Dokiポイントは、全ての支払いが対象です。PASMOオートチャージや公共料金の支払いでも、Oki Dokiポイントが貯まります。

 また、東京メトロ定期券の購入では「Oki Dokiポイント」と「メトロポイント」の二重取りが可能です。

定期券の支払い1,000円につき「メトロポイント5ポイント」と「Oki Dokiポイント1ポイント」を獲得可能。ポイント還元率は1.00%に上昇します。

貯まったOki Dokiポイントは、景品と交換したりマイルやメトロポイントに移行したりできます。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

3ANAマイル

ソラチカカードでは、ANAマイルも貯まります。

ソラチカカードでは、ボーナスマイルを獲得可能。条件を満たすとANAマイルが還元されます。

ソラチカカードのボーナスマイルの例
  • 通常入会ボーナスマイル(1,000マイル)
  • 継続ボーナスマイル(1,000マイル)
  • 搭乗ごとのボーナスマイル(10%)

さらに、ANA航空券の購入で100円あたり1.5マイル相当を還元。ANAマイルが貯まりやすい一般カードです。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

ソラチカカードのマイル移行レート

ソラチカカードを申し込もうか迷っている方の中には「マイルが貯めたくてソラチカカードを候補に上げている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ソラチカカードで貯まる「Oki Dokiポイント」「メトロポイント」のマイル移行レートを解説していきます。

ソラチカカード のマイル移行レートは以下のとおりです。

Oki Dokiポイント  5マイルコース:1ポイント→5マイル

10マイルコース:1ポイント→10マイル

メトロポイント  100ポイント→90マイル

ソラチカカード のマイル移行レートは、0.5〜1.0%です。

Oki Dokiポイントは、5マイルコースと10マイルコースの2つが選択できます。通常は5マイルコースです。

 10マイルコースの選択では、マイル移行手数料として年間5,500円(税込)がかかります。

年会費はかかりますが、大きくマイルを貯めたい方は10マイルコースがおすすめです。カードの利用額が毎月2万円以上であれば、マイルとして年会費の元が取れます。

ボーナスポイントの場合、マイル移行レートはOki Dokiポイント1ポイント=3マイルです。マイル移行レートが少し下がるので覚えておきましょう。

メトロポイントのマイル移行レートは、100ポイント=90マイルです。

他のクレジットカードで貯まるポイントのマイル還元率は0.50%が相場。メトロポイントは、他のポイントに比べて常に高いレートでマイル移行できます。

メトロポイント・Oki Dokiポイントからマイル移行できるだけでなく、直接ANAマイルも貯まるソラチカカード 。かなりのマイル還元率を誇る1枚です。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

どっちがお得?ソラチカカードvsソラチカゴールドカード

1ソラチカカード

ソラチカカード は「PASMOカード」と「ANAカード」の機能が一体となったクレジットカードです。

 カード利用額1,000円につき、1ポイントが貯まります。1ポイントは5マイルと交換可能。なお年間5,500円を支払うと、1ポイント=10マイルに移行できる「10マイルコース」に変更できます。

ソラチカカードのマイル還元率は0.5〜1.0%。搭乗時や更新時にはボーナスマイルがプレゼントされるため、実際のマイル還元率は更に上昇します。

また、東京メトロの利用や定期券の購入でメトロポイントが貯まります。メトロポイントは100ポイント=90マイルに移行可能です。

最小限の年会費で、マイルを貯めたい方におすすめの1枚です。
年会費 初年度無料(2年目以降税込2,200円)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
旅行保険 国内:ー
海外:最高1,000万円
マイル移行レート 1ポイント=5マイル
入会・継続マイル 1,000 マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ANA航空券購入マイル 100円=1.5マイル相当
締め日・引き落とし日 毎月15日締め・翌月10日払い
審査可能年齢 18歳以上
さらにソラチカカードでは、新規入会キャンペーンを実施しています。
2022年7月1日(金)~10月31日(月)の間に入会すると、19,000マイル相当がゲットできるので、ぜひこのお得な機会に入会してみてくださいね!
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

2ソラチカゴールドカード

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)

ソラチカゴールドカードは、「PASMOカード」「ANAカード」「ゴールドサービス」が一体となったソラチカカードのワンランク上のカードです。

ソラチカカード は1,000円につき10マイルが貯まります。マイル還元率は常に1.00以上。マイル移行手数料も一切かかりません。

東京メトロの利用では1乗車につき

  • 平日20メトロポイント
  • 土・休日40メトロポイント

を獲得可能。定期購入ではOkiDokiポイントとメトロポイントの二重取りができます。

「入会・継続時に2,000マイル」「搭乗ボーナスマイル25%」など、ボーナスマイルも充実の内容です。

そのほか、空港ラウンジが利用できたり最高1億円の海外旅行保険がついていたりと、ゴールドカードとしての充実のサービスが付帯しています。

ソラチカゴールドカードは、きわめて多くのマイルが貯まる陸マイラー最強候補の1枚です。
年会費 15,400円(税込)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.50%
旅行保険 国内:最高5000万円
海外:最高1億円
マイル移行レート 1ポイント=10マイル
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ANA航空券購入マイル 100円=2マイル相当
締め日・引き落とし日 毎月15日締め・翌月10日払い
審査可能年齢 20歳以上
\PASMOオートチャージ機能付き!/

ANAマイルを貯めるなら【ソラチカゴールドカード】がおすすめ

ANAマイルを貯めるなら「ソラチカカード」と「ソラチカゴールド」どっちがお得なのか気になる方も多いでしょう。

本気でANAマイルを貯めるなら、ソラチカゴールドカードを選択しましょう

ソラチカゴールドカードでは、カード利用額1,000円につき10マイルが貯まります。

1ヵ月に3万円カードを利用すれば、1年間で貯まるマイルは360マイル。飛行機代にマイルを使えば1マイル=5円相当なので、マイルとして年会費の元が取れます。

さらに、ソラチカゴールドカードでは

  • 入会時・カード更新時:2,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:25%

などボーナスマイルが大量に貯まります。マイルの貯まりやすさはソラチカカードの常に2倍以上です。

また、メトロポイントの還元率もソラチカカード の約2倍。メトロポイントをマイルに移行すれば、マイルは貯まる一方です。

年会費の元さえ取ることができれば、お得なのはソラチカゴールドカードです。

  • 毎月3万円以上クレジットカードを利用する方
  • 年に複数回ANAの飛行機を利用する方

はソラチカゴールドカードも検討してみてください。

\PASMOオートチャージ機能付き!/

ソラチカカードが改悪されたって本当?

空の旅でも、陸の旅でも便利に利用可能なソラチカカード。ですが、2018年4月にソラチカカードユーザーに激震が走りました。

ソラチカカードが「改悪」され、これまでの利用ができなくなったのです。

陸マイラーの方々にとっては、ソラチカカードに対する大きな失望を生む原因にもなりました。
では、どこが改悪されたのか?原因について、そして改悪後もソラチカカードに向いている人について解説します。

改悪されたと言われる理由

ソラチカカードが改悪されたと言われる理由は、ポイントサイトからメトロポイントへの交換ができなくなったことが挙げられます。

以前のソラチカカードでは、ポイントサイトからANAマイルへ交換するというルートが確立しており、多くのマイラーのポイント稼ぎとして使われていました。

空の旅を頻繁にする方々にとって、必須のカードだったのです。

しかし、ポイント交換のサービスを終了してしまい、このルートは閉ざされてしまいました。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

改悪後も向いている人

しかし、ポイント交換ができないからと言ってソラチカカードは使えなくなったわけではありません。

改悪後もメトロポイントからANAマイルへの交換はまだ可能です。他のレートと比較しても高い還元率が保証されています。

そこで、他のレートと比較してみました。

ポイント名 ANAマイルのレート
メトロポイント
(ソラチカ経由)
100ポイント→90マイル
Tポイント 500ポイント→250マイル
TOKYU POINT 1000ポイント→750マイル
nanacoポイント 500ポイント→250マイル
楽天ポイント 2ポイント→1マイル

この表から見ても、ソラチカ経由のメトロポイントの還元率は非常に高いことが分かります。

日頃から、東京メトロを利用する方は、ソラチナカードがおすすめです。

ソラチカカードと併用がおすすめなクレジットカード3選

ここまでソラチカカードについて詳しく解説してきましたが、他のクレジットカードが気になるという方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、当サイトがおすすめするクレジットカードを3枚ご紹介します。

おすすめクレジットカード3選

数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

総合的におすすめなクレジットカード3選

ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1JCB CARD W

jcb card w

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイントが常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
  • パートナー店でポイント最大11倍
    スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
    楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
  • ETCカード・家族カードの追加無料
※キャンペーン期間:2022年7月1日〜2022年9月30日

JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

 通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大10,000円分)プレゼント!
    期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
  • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
\年会費永年無料/
出典:JCB カード W公式サイト

2三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントを自動で現金に還元
  • 年会費が永年無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • POINT名人.com経由でポイント最大25倍
    楽天、Yahoo!ショッピングなど
  • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く

三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます。

三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
 また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。

カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5%〜
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費無料 (発行手数料:税込1,100円)
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

3三井住友カード(NL)

三井住友NL

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 最短5分で即時発行可能1
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でポイント最大5%還元※3
    セブン‐イレブン・ローソン・マクドナルドなどの対象店舗でVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合
  • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
  • 新規入会と利用で最大8,000円相当のポイントプレゼント※2
  • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

三井住友カード(NL)は、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。※1

 アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

また三井住友カード(NL)の大きな特徴は、Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、セブン-イレブンやローソン・マクドナルドなどです。※3

これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
国際ブランド Visa,MasterCard®
ETCカード 初年度無料
(年1回利用で翌年も無料)

出典:三井住友カード公式サイト

※1:最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

※2:2022年9月30日まで

※3:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

ソラチカカードに関するよくある質問

ソラチカカードは年会費がかかる?
ソラチカカードは初年度年会費無料のクレジットカードです。翌年以降は2,200円がかかりますが、毎年継続でボーナスマイルが受け取れるので、年会費の分は十分ペイできます。
ソラチカカードのメリットは?
ソラチカカードのメリットには、年会費が実質無料であること、PASMOオートチャージ機能が付帯していることなどが挙げられます。また、「メトロポイント」「Oki Dokiポイント」「ANAマイル」3つのポイントが貯まることもソラチカカードのメリットです。
ソラチカゴールドカードの特徴は?
ソラチカゴールドカードは、年会費はかかりますが、その分ソラチカカードよりもマイルが貯まりやすいのが特徴です。空港ラウンジが利用できる、最高1億円までの海外旅行傷害保険がついているといったゴールドカードらしいメリットがあります。
ソラチカカードはどうやったら解約できる?
ソラチカカードを解約したい場合は、「JCBインフォメーションセンター」への電話が必要です。また、PASMO機能も失効してしまうため、PASMO機能の払い戻しも忘れないようにしましょう。

まとめ

ソラチカカードは、カード利用額に応じて「メトロポイント」「Oki Dokiポイント」「ANAマイル」が貯まります。

貯まったポイントをマイルに移行できるのはもちろん、ボーナスマイルが加算されるため、爆発的にマイルを貯められる1枚です。

年会費を安く抑えながらマイルをお得に貯めたい方には、まず検討すべきはソラチカカード といっても過言ではありません。

ぜひこの記事の内容を参考に、ソラチカカードの発行を検討してみてください。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事