三井住友銀行カードローン徹底解説!金利や審査落ちの原因は?

国内3大メガバンクの一角を占める「三井住友銀行」。

三井住友銀行カードローンは、銀行としての手厚いサポートが特徴です。

カードローンを作成する方の中には、大手である三井住友銀行カードローンへの申し込みを検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、三井住友銀行カードローンについて徹底解説。金利や特徴はもちろん「審査落ちの原因」や「返済遅れで起こること」なども詳しくまとめています。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行カードローンにについて調べている方必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、三井住友銀行カードローンの特徴を確認していきましょう。

三井住友カードローン

三井住友銀行カードローンの主な特徴は以下3つです。

  1. 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料0円
  2. 来店不要で申し込み可能
  3. 毎月2,000円から申し込み可能
    ※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されています。

それぞれ解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

1全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料0円

三井住友銀行カードローンの特徴1つめは、全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料0円なことです。

 三井住友銀行カードローンは、全国の提携ATMで利用可能。三井住友銀行ATM、提携コンビニATM利用での手数料は0円です。
三井住友銀行カードローンを利用できるATM
  • 三井住友銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

近くのATMで手数料無料で借入・返済できるのは、三井住友銀カードローンとして大きなメリットです。契約後も使いやすいカードローンといえます。

\銀行金利のカードローン/

2来店不要で申し込み可能

三井住友銀行カードローンの特徴2つめは、来店不要で申し込み可能なことです。

三井住友銀行カードローンは、申し込みに来店不要。担保・保証人不要のカードローンです。

銀行カードローンですが、三井住友銀行の口座なしで申し込みできます。

 さらに、すでに三井住友銀行の普通預金口座・キャシュカードを持っている方は、申し込みから契約までWEB完結!!

スムーズに手続きが完了します。

\銀行金利のカードローン/

3毎月2,000円から返済可能

三井住友銀行カードローンの特徴3つめは、毎月2,000円から返済可能なことです。

三井住友銀行カードローンは、毎月2,000円からの少額返済が可能。初めてカードローンを利用する方でも安心して返済できます。

※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されています。

三井住友銀行カードローンの返済額

借入残高 返済金額
2千円未満の場合 約定返済時の利息金額と借入残高の合計額
ただし、2千円が上限
2千円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円
以後、借入残高が10万円増すごとに2,000円を増加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円、
以後、借入残高が10万円増すごとに1,000円を増加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円、
以後、借入残高が50万円増すごとに5,000円を増加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円、
以後、借入残高が100万円増すごとに5,000円を増加

※出典:https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/pay/
毎月の返済額が、上の表のように低めに設定されているので、生活への負担を少なく利用できるのがメリットです。計画的に無理なく返済できます。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行カードローンの金利・利用限度額

三井住友銀行カードローンの契約限度額は、10万円〜800万円です。

金利は年1.5%~14.5%。利用限度額によって金利は異なります。

三井住友銀行カードローンの金利

利用限度額 金利
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年1.5%~14.5%

三井住友銀行カードローンを利用する際は、利用金額ごとの金利を確認しておきましょう。

金利が1%違えば、支払う利息は大きく異なることがあります。金利を確認する際は、上限金利で考えておくのがおすすめです。

例えば、150万円借入する場合、金利は年12.0%と考えておきましょう。

上限金利で利息を計算しておくと、返済に余裕が持てます。三井住友銀行カードローンでは利息シミュレーションもできますので、ぜひ活用してみてください。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行カードローンの借入方法

三井住友銀行カードローンの借入方法は以下4つです。

  1. ATM借り入れ
  2. カードローンWEBサービスから借り入れ
  3. インターネットテレホンで借り入れ
  4. 自動融資での借り入れ

1ATMで借り入れ

三井住友銀行カードローンは、ATMから借り入れできます。全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATMは利用手数料・時間外手数料無料です。

借り入れ可能なATM

ローン専用カード ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

ただし、提携ATMによって使えるカードの種類が異なります。おすすめは、三井住友銀行ATMと提携コンビニATMです。

三井住友銀行ATMと提携コンビニATMであれば、ローン専用カード・キャッシュカードどちらも利用可能。手数料無料でいつでも借入できます。

2カードローンWEBサービスから借り入れ(振り込み)

三井住友銀行カードローンでは、振り込みでの借入も可能です。

振り込みでの借入は、三井住友銀行普通預金口座を持っていない方でも利用可能。カードローン口座を出金口座として、登録口座へ、お金が振り込まれます。

三井住友銀行および他行あての振込手数料は無料です。

3インターネット・テレホンで借り入れ

インターネットバンキング・テレホンバンキングから、振り込みを依頼できます。

 インターネット・テレホンでの借入ができるのは「SMBCダイレクト」の契約者のみです。

ただし、カードローン口座のみ契約している方は、インターネットバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)を契約できません。

自動融資での借り入れ

自動融資とは

返済用預金口座の残高不足により、公共料金や各種クレジットカード利用代金など引き落としができない場合に、不足金額をカードローン口座から自動融資(バックアップ)するシステムのこと

自動融資に申し込んでおけば、万が一の時も安心。支払い忘れを自動でカバーしてくれます。

自動融資(バックアップ)の申込は、三井住友銀行本支店の窓口、またはローン契約機(ACM)での手続きが必要です。

便利なサービスですので、普通預金口座を返済用預金口座とする場合、ぜひ申し込んでみてください。

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は以下3つです。

  1. ATMでの返済
  2. 振り込みでの返済
  3. 口座振替による返済

1ATMでの返済

三井住友銀行のATMをはじめ、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM等で返済できます。利用手数料はかかりません。

2振り込みでの返済

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座へ振り込みで返済できます。

 ただし、銀行振込の際に振込手数料が発生します。

手数料をかけずに返済したい方は、ATMでの返済や口座振替による返済を選びましょう。

3口座振替による返済

三井住友銀行カードローンでは、口座振替による返済も指定できます。

 口座振替を指定すると、カードローンの返済用預金口座より借入残高に応じた返済金額が自動で引き落としされます。

口座振替を希望する方は、前もって返済額を確認しておきましょう。

\スムーズな手続の優良企業/

三井住友銀行カードローンの返済日、返済に遅れるとどうなる?

三井住友銀行カードローンを契約する前、ぜひ知っておきたいのが「返済日」です。

返済日がいつかによって、自分にとってのカードローンの使いやすさは左右されるでしょう。

ここでは、三井住友銀行カードローンの返済日を解説。さらに返済日が遅れた場合に起こることについてもまとめています。ぜひ確認してみてください。

返済日

三井住友銀行カードローンでは、返済日を以下4つから選択可能です。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

毎月の指定いただいた期日(当日が銀行休業日の場合は翌営業日)までに、決まった額を返済しましょう。

おすすめは、給料日後で最も近い返済日に、口座振替での返済を設定しておくことです。返済用のお金を口座に入金しておけば、返済忘れを防ぎ、確実に毎月返済できます。

返済に遅れると起きること

三井住友銀行カードローンを利用する方の中には「返済に遅れた場合どうなるのか知っておきたい」という方も多いでしょう。

カードローンの返済に遅れると、主に以下3つが起こります。

  1. 遅延損害金の発生
  2. カードローンの利用停止の可能性がある
  3. 信用情報に傷がつく

まず、返済日に遅れると、遅延損害金が発生します。三井住友銀行カードローンの遅延損害金利率は年利19.94%。遅延損害金の計算式は以下の通りです。

遅延損害金の計算方法
遅延損害金=延滞元金×遅延損害金利率÷365日(うるう年の場合は366日)×延滞日数

例えば、100万円の借入で5日間返済が遅れた場合、約2,731円(100万円×0.1994÷365×5)の遅延損害金が発生します。

遅延損害金は日に日に増えていくので、返済遅れに気付いたら、なるべく早く入金しましょう。

 また、返済が遅れた状態を放置しておくと、カードローンが利用停止になったり信用情報に傷がついたりすることがあります。

信用情報機関に事故情報が登録されると、今後ローンやクレジットカードの審査が不利になることが予測されます。

返済が1日でも遅れそうな場合は、自分から三井住友銀行に電話。代わりの返済日を相談して、約束通り入金しましょう。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行カードローンの審査難易度!審査落ちの原因は?

三井住友銀行カードローンへの申し込みを検討している方の中には「審査に通るか心配」という方も多いでしょう。

そこで、三井住友銀行カードローンの審査難易度を解説。審査落ちの原因をまとめています。申し込む前に、ぜひ目を通してみてください。

審査難易度

三井住友銀行カードローンの審査難易度は「厳しめ」と予想されます。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方となっています。

パートやアルバイト、自営業でも申し込み可能ですが、審査落ちするケースは決して少なくありません。

 三井住友銀行カードローンは、審査難易度が高めと予測できます。

三井住友銀行の入念な審査による年14.5%の上限金利が実現されています。
\銀行金利カードローン/
\カードローンの申込条件も併せて確認/

審査落ちの原因

三井住友銀行で審査落ちするのには、いくつか原因があります。審査落ちの主な原因は以下のものが考えられます

  • ブラックリストに入っている
  • 過去にプロミス・smbcモビット・三井住友銀行で金融事故を起こした
  • 借入件数が複数ある(2件以上は要注意)
  • 過去半年以内に申し込んで審査落ちした
  • 他社借入総額が高い(年収の3分の1を超えると要注意)
  • 滞納している借金や携帯電話代がある
  • 収入が低い(200万円以下)
  • 自営業者

審査落ちの原因で特に注意したいのが、過去にプロミス・smbcモビット・三井住友銀行で金融事故を起こしていないかです。

三井住友銀行カードローンの保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス」です。

SMBCコンシューマーファイナンスは、消費者金融プロミスの運営会社。

 そのため、プロミスでの取引履歴に傷があると、三井住友銀行カードローンには通らない可能性が考えられます。

また、同じSMBCグループの消費者金融「smbcモビット」での取引実績も審査に影響すると考えられます。

その他、上記審査落ちの原因に1つでも該当すれば、審査通過は困難を極めるでしょう。

 

おすすめカードローン会社

金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

1プロミス

プロミス
プロミスの特徴
  • 利用者数&顧客満足度No.1※1
  • カードレスでWeb完結が可能
  • 最短30分審査・最短30分融資
業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※1出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム
アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM
※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能
アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック
バンクイックの特徴
  • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
  • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
  • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
  • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
\銀行金利のカードローン/
 キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※2
融資スピード 最短翌営業日※3
WEB完結 可能
パート・アルバイト 申し込み可能
※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
\銀行金利のカードローン/

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結で面倒な電話連絡不要
  • SMBCグループ
  • カードレスで最短即日融資可能
SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を開設していれば、保険証のみでWeb完結申し込みを済ませることができます
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

まとめ

ここまで、三井住友銀行カードローンについてまとめてきました。

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしての金利に加えて、サービスの充実度が魅力です。

多彩な借入方法・返済方法が用意されており、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に利用できます。

審査難易度は厳しめと考えられますが、信用度は高いカードローンです。ぜひこの記事の内容を参考に、三井住友銀行カードローンの申し込みを検討してみてください。

\銀行金利のカードローン/

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事