三井住友ビジネスゴールドカード
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

ビジネスカードの王道とも言える1枚「三井住友ビジネスゴールドカード」。一般ビジネスカードと比較して、特典やサービスの内容が優れており、ビジネス面で大きなメリットがあります。

そこで今回は、三井住友ビジネスゴールドカードを徹底解説。特徴やメリットはもちろんのこと、審査から「三井住友ビジネスゴールドfor Owners」との違いまで紹介しています。

発行を検討している法人代表者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友ビジネスゴールドカードは、法人向けクレジットカードです。年会費は11,000円(税込)利用限度額は300万円までとなっています。

 ワンランク下にあたる、三井住友ビジネスクラシック(一般)カードの年会費は1,375円(税込)。利用額限度額は150万円です。

年会費は約8倍になっていますが、その分利用限度額が倍の300万円に変更されています。

空港ラウンジ無料サービスやベネフィットステーションなど、ビジネスゴールドカードならではの特典が付帯しています。経費削減や出張に重宝する1枚です。

追加カードは、最大20枚まで発行できます。
年会費 11,000円(税込)
利用限度額 20万円〜300万円
貯まるポイント ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.50%
ショッピング保険 国内:300万円
海外:300万円
旅行保険 国内:5,000万円
海外:5,000万円
申し込み条件 法人

三井住友ビジネスゴールドカードの特典

三井住友ビジネスゴールドカードの特典

三井住友ビジネスゴールドカードの発行を検討している方の中には「特典が知りたい」という方も多いでしょう。

三井住友ビジネスゴールドカードには、大きく3つの特典があります。

  1. 無料で空港ラウンジを利用できる
  2. 海外旅行損害保険が付帯している
  3. 福利厚生サービスが充実している

以下、それぞれ具体的な内容をみていきましょう。

1無料で空港ラウンジを利用できる

三井住友ビジネスゴールドカードでは、国内31ヶ所・海外1ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できます。対象の空港ラウンジは以下の通りです。

空港ラウンジを利用できる国内の空港一覧
  • 新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
  • 函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
  • 青森空港 エアポートラウンジ
  • 秋田空港 ロイヤルスカイ
  • 仙台空港 ビジネスラウンジ EAST SIDE
  • 新潟空港 エアリウムラウンジ
  • 富山空港 ラウンジ らいちょう
  • 成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL/POWER LOUNGE NORTH/SOUTH
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南) POWER LOUNGE CENTRAL POWER LOUNGE NORTH
  • 羽田空港 国際旅客ターミナル SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
  • 中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
  • 小松空港 スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港 ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲・金剛・比叡/アネックス六甲
  • 神戸空港 ラウンジ神戸
  • 岡山空港 ラウンジマスカット
  • 広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
  • 米子空港 ラウンジ DAISEN
  • 山口宇部空港 ラウンジきらら
  • 徳島空港 エアポートラウジン ヴォルティス
  • 高松空港 ラウンジ讃岐
  • 松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
  • 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
  • 北九州空港 ラウンジひまわり
  • 長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
  • 大分空港 ラウンジ くにさき
  • 熊本空港 ラウンジ「ASO」
  • 鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港 ラウンジ 華~hana〜

空港ラウンジを利用するには「三井住友ビジネスゴールドカード」と「当日の搭乗券」を入り口で提示するのみです。年に何度でも無料で使えます。

空港ラウンジが使えれば、旅行や出張のスキマ時間をゆったりと過ごせます。ゴールドカード会員ならではの特典です。

三井住友ビジネスゴールドカードには、海外旅行中の病気やケガを補償する保険サービスが付帯しています。

補償内容と補償金額
  • 傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
  • 傷害治療費用 最高300万円
  • 疾病治療費用 最高300万円
  • 賠償責任 最高5,000万円
  • 携行品損害 最高50万円(年間)
  • 救援者費用 最高500万円(年間)

補償内容がこれほど充実しているカードは、珍しいです。三井住友ビジネスゴールドカードは海外出張で安心のカードだと言えます。

3福利厚生サービスが充実している

三井住友ビジネスゴールドカードでは、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を入会金無料かつ、会員価格で利用できます。

ベネフィットステーションとは?

株式会社ベネフィット・ワンが運営している福利厚生アウトソーシングサービスです。レジャーや育児支援などあらゆるジャンルの優待サービスを受けることができます。

ベネフィットステーションには、社員満足度の向上や育児・介護・健康支援、業務の簡素化などさまざまなメリットがあります。

とくに会社の規模や従業員数に関係なく、充実した福利厚生サービスが受けられる点が大きなメリットです。

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット

次に、三井住友ビジネスゴールドカードのメリットを紹介していきます。大きく分けて、5つのメリットがあります。

  1. 全国の空港ラウンジを無料で利用できる
  2. 追加カードを最大20枚まで発行できる
  3. 利用限度額が300万円と高額
  4. Visaビジネスオファー/Visaビジネスグルメオファーを利用できる
  5. 年間300万円のショッピング補償が受けられる

以下、どのようなメリットなのか確認していきましょう。

1全国の空港ラウンジを無料で利用できる

三井住友ビジネスゴールドカードは、全国31空港の提携空港ラウンジが無料で利用可能です。飛行機での出張が多いビジネスマンには、欠かせない特典でしょう。

2追加カードを最大20枚まで発行できる

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット

三井住友ビジネスゴールドカードでは、追加カードが最大20枚まで発行できます。多くの人のビジネスカードを利用する目的は、経費精算業務を簡単にすることです。

 社員にビジネスカードを持たせておけば、立替支払いや仮払いの必要性がなくなり、経費精算業務を簡素化できます。

追加カードが20枚まで発行できる点は、三井住友ビジネスゴールドカードならではの大きなメリットです。

3利用限度額は300万円

三井住友ビジネスゴールドカードの利用限度額は、最高300万円です。

 一般的なクレジットカードの利用限度額は、100万円程度が平均。その3倍にあたる金額を利用できる点は大きなメリットだと言えます。

ビジネスでは設備投資など急な出費が付き物です。その際、300万円まで利用でき支払い猶予があるビジネスカードを持っていることは、大きなアドバンテージになります。

4Visaビジネスオファー/Visaビジネスグルメオファーを利用できる

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット

三井住友ビジネスゴールドカードの国際ブランドを「Visa」に設定することで、利用できる優待サービスです。

Visa優待サービス
  • Visaビジネスオファー
    出張・旅行サービス、消耗品の購入、会議室の利用を割安で利用できる特典
  • Visaビジネスグルメオファー
    接待や懇談会で使える国内の人気レストランを優待価格で利用できる特典

三井住友ビジネスゴールドカードのメリットを最大限活かすには、国際ブランドはVisaがおすすめです。

5年間300万円のショッピング補償が受けられる

三井住友ビジネスゴールドカードには、年間300万円のショッピング補償が付帯しています。

オフィス用品や備品を大量に購入する可能性がある法人にとって、ショッピング補償があるのは、安心できるポイントです。

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違いは?

三井住友カードが発行するビジネスゴールドカードには「三井住友ビジネスゴールドカードfor Owners」もあります。

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersと、三井住友ビジネスゴールドの違いが気になっている方も多いでしょう。

そこで、各カードの違いを、比較しながら解説します。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの基本情報

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違いは?

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersは、個人事業主も申し込みできるビジネスカードです。

カードにはビジネスサポートや空港ラウンジサービスなど、ビジネスゴールドカードならではの多彩な特典が付帯。経費管理や削減に、大きなメリットがあります。

また、三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersでは、支払い方法を自由に選択可能です。事業の状況に応じて柔軟にお金の流れをコントロールできるため、キャシュフローも安定します。

年会費 11,000円(税込)
利用限度額 〜300万円
貯まるポイント Vポイント
ポイント還元率 0.50%
ショッピング保険 国内:300万円
海外:300万円
旅行保険 国内:5,000万円
海外:5,000万円
申し込み条件 満20歳以上の法人代表者もしくは個人事業主

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違い

三井住友ビジネスゴールドカードと、三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersの違いは、主に以下7つです。

  1. 個人事業主でも申し込みができる
  2. キャッシングリボに対応している
  3. 支払い方法が選択できる
  4. 決済口座が選択できる
  5. 電子マネーに幅広く対応している
  6. カード利用枠
  7. 海外キャッシュサービス利用枠

以下、それぞれどのような違いなのか確認していきましょう。

● 違い1:個人事業主でも申し込みができる

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違いは?

三井ビジネスゴールドカードは法人のみを対象としたカードでしたが、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは個人事業主でも申し込むことができます。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは法人でも発行できますが、どちらかと言えば個人事業主向けのカードです。個人事業主が申し込めるか否かが1つ目の違いです。

● 違い2:キャッシングリボに対応している

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、キャッシングリボに対応しています。

キャッシングとは

必要なときにすぐ現金を借りられるサービスです。

急な出費があった場合などに、気軽に利用可能。キャッシュフローに余裕ができるというメリットもあります。

● 違い3:支払い方法が選択できる

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違いは?

三井住友ビジネスゴールドカードの支払い方法は1回払いのみです。しかし、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは支払い方法が、

  • 1回払い
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い

から選べます。

支払い方法が選択できるのは、法人に比べ急な出費に対応しづらい個人事業主のことを考えたサービスです。支払いまで猶予がある点は、個人事業主にとって大きなメリットがあります。

● 違い4:決済口座が選択できる

三井住友ビジネスゴールドカードの決済口座は、法人名義口座に限られています。

 一方、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの場合、法人口座もしくは申込者本人の個人名義口座のどちらかを選択できます。

また、個人事業主の場合には、申込者本人の個人名義口座のほか、個人事業主(屋号)名口座も選択可能です。

● 違い5:電子マネーに幅広く対応している

三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersとの違いは?

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、Apple Pay・iD・PiTaPa・WAONなど各種電子マネーに対応しているのが特徴です。

コンビニやスーパーなどちょっとした買い物なら、電子マネーで支払い可能。三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、普段使いにも適しています。

● 違い6:カード利用枠

三井住友ビジネスゴールドカードのカード利用枠は、20万~300万円です。一方、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのカード利用枠は、~300万円です。

上限利用額は変わりませんが、三井住友ビジネスゴールドカードの方が下限が低く設定されています。

● 違い7:海外キャッシュサービス利用枠

三井住友ビジネスゴールドカードと三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersでは海外キャッシュサービス利用金額が異なります。公式サイトにて詳しい金額を確認することができます。

三井住友ビジネスゴールドカードの審査基準

三井住友ビジネスゴールドカードの審査基準

三井住友ビジネスゴールドカードの審査基準は公表されていませんが、申込条件を見る限りそれほどハードルは高くないと予測できます。

 申し込み条件は「社員20名程度の法人」ということだけです。条件さえクリアしていれば、誰でも申し込みが行えます。

一方で、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、個人事業主を対象に発行されているのが特徴です。個人事業主の方は、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersに申し込みましょう。

信用情報や経営状況に問題がく所定の条件を満たせば、審査通過の可能性はあります。

ここまで三井住友ビジネスゴールドカードについて詳しく解説してきました。三井住友ビジネスゴールドカードはビジネスを加速させるのにぴったりな一枚です。

しかし、個人用にクレジットカードを作りたいという方もいるのではないでしょうか。そこで、以下では個人用におすすめの人気のクレジットカードをご紹介します。

個人用に!おすすめクレジットカード3選

おすすめクレジットカード3選

数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

総合的におすすめなクレジットカード3選

ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1JCB CARD W

jcb card w

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイントが常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
  • パートナー店でポイント最大11倍
    スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
    楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
  • ETCカード・家族カードの追加無料
※キャンペーン期間:2022年7月1日〜2022年9月30日

JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

 通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大10,000円分)プレゼント!
    期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
  • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
\年会費永年無料/
出典:JCB カード W公式サイト

2三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントを自動で現金に還元
  • 年会費が永年無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • POINT名人.com経由でポイント最大25倍
    楽天、Yahoo!ショッピングなど
  • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く

三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます。

三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
 また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。

カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5%〜
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費無料 (発行手数料:税込1,100円)
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

3三井住友カード(NL)

三井住友NL

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 最短5分で即時発行可能1
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でポイント最大5%還元※3
    セブン‐イレブン・ローソン・マクドナルドなどの対象店舗でVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合
  • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
  • 新規入会と利用で最大8,000円相当のポイントプレゼント※2
  • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

三井住友カード(NL)は、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。※1

 アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

また三井住友カード(NL)の大きな特徴は、Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、セブン-イレブンやローソン・マクドナルドなどです。※3

これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
国際ブランド Visa,MasterCard®
ETCカード 初年度無料
(年1回利用で翌年も無料)

出典:三井住友カード公式サイト

※1:最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

※2:2022年9月30日まで

※3:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

まとめ

今回は、三井住友ビジネスゴールドカードについて解説しました。カードの特徴から三井住友ビジネスゴールドカードは、以下のような人におすすめです。

三井住友ビジネスゴールドカードがおすすめな人
  • 社員20名以下の中小企業の代表者
  • ビジネスカードの利用限度額に不満がある人
  • 経費精算業務を簡単にしたい人

一方で個人事業主の方は、三井住友ビジネスゴールドカードfor Ownersの発行を検討してみても良いでしょう。

事業拡大に欠かせないアイテム、ビジネスカード。ぜひこの記事の内容を参考に、三井住友ビジネスゴールドカードの申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事