ショッピングローンとは?審査基準や仕組みを分かりやすく解説

商品を購入する際、支払い方法のひとつに「ショッピングローン」があります。

ショッピングローンという言葉は聞いたことがあるものの、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ショッピングローンの仕組みやメリット・デメリットを解説。気になる審査基準についてもまとめています。

これを読めば、ショッピングローンが自分に適したサービスかわかる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

そもそもショッピングローンとは何かよく分からないという方も多いでしょう。

そこで、まずショッピングローンの仕組みや特徴について解説していきます。ショッピングローンとは何か分かりやすく紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

1ショッピングローンの仕組み

ショッピングローンとは、買い物代金の立て替えサービスのことです。

ショッピングローンを利用できるのは、商品を購入するタイミング。買い物代金の支払い方法で「ショッピングローン」を選択すると、ショッピングローンの審査が行われます。

ショッピングローンの審査に通過すれば、ショッピングローン会社が買い物代金を立て替え。自分は店舗へ買い物代金を支払うことなく、商品を購入できます。

 立て替えてもらった買い物代金は、その後ショッピングローン会社に基本的には分割で返済します。

例えば、10万円の商品を購入しても、ショッピングローンを利用すれば毎月5,000円程度での分割払いが可能です。

一度にまとまったお金を用意する必要がないため、高額な商品を購入する際に便利なサービスです。

また、ショッピングローンはクレジットカードを持っていなくても、分割払いが可能。カードを持っていない方でも、審査に通過すれば利用できます。

2ショッピングローンの支払い方法

ショッピングローンの支払い方法は、分割払いが基本です。ショッピングローンの申し込み時に、支払い回数を1回〜最長60回まで自由に選べます。

ショッピングローンの利用に頭金は一切必要ありません。

代金の支払いは、

  • 銀行
  • 郵便局
  • 各種金融機関

契約者本人名義の口座を登録し、毎月ショッピングローン会社から引き落としとなります。

口座の登録が完了していない場合や引き落としできなかった場合は、振り込みやコンビニ支払いになるのが一般的です。

3ショッピングローンの金利手数料

ショッピングローンには支払い回数ごとに金利が設定されており、必ず利息が発生します。

利息とは

商品の代金とは別に支払うお金の種類の一つ

ショッピングローンの金利は、実質年率8〜15%程度が平均です。金利が高いほど、ショッピングローン会社に支払う利息も高額になります。

金利別!ショッピングローンで支払う利息(手数料)を比較

例、10万円の商品を購入して毎月5,000円ずつ返済する場合(22〜24回払い)
金利 利息(手数料)
8% 7675円
10% 9834円
12% 12124円
15% 15782円

ショッピングローンの金利は、支払い回数が長くなるほど高くなるのが一般的です。そのため、支払いが長期化すれば、より多くの利息(手数料)が発生するのが通常です。

ショッピングローンを利用する際は、前もってどのくらい金利(利息)がかかるのか把握しておくと安心です。

手数料を少しでも抑えたい方は、できるだけ支払い回数を少なくしましょう。

4ショッピングローンが使える店舗

ショッピングローンが使える店舗は、ショッピングローン会社と提携している加盟店です。

ショッピングローンの加盟店であれば、支払い方法のひとつとして「ショッピングローン」が選択できます。

 ただしクレジットカード加盟店に比べて、ショッピングローン加盟店は多くはないと考えられます。

そのため、ショッピングローンを利用したい場合は、買い物する店舗がショッピングローンに対応しているのか前もって調べておくのがおすすめです。

ショッピングローンのメリット・デメリット

次に、ショッピングローンのメリット・デメリットを確認していきましょう。

ショッピングローンのメリット・デメリット両方を知ることで、自分にとって有益なサービスかを見極めることが可能です。

ここでは、ショッピングローンの主なメリット・デメリットを各3つずつまとめています。ぜひ目を通してみてください。

ショッピングローンのメリット

  1. お金を使い過ぎる心配がない
  2. 審査速度が早い
  3. 計画的に商品を購入できる

1お金を使い過ぎる心配がない

ショッピングローンのメリット1つめは、お金を使い過ぎる心配がないことです。

 ショッピングローンで借りられるお金(=立て替えられるお金)は、あくまで商品代金(+利息等)のみです。

カードローンのように自由にお金を引き出したり、クレジットカードのように利用枠の範囲内で自由にショッピングしたりできません。

そのため、商品代金(+利息等)以上にお金を使い過ぎるリスクはゼロ。立て替えてもらった商品代金(+利息等)を返済するだけなので、無駄な浪費によって生活が圧迫されることはないといっていいでしょう。

2審査速度が早い

ショッピングローンのメリット2つめは、審査の手続がスピーディーことです。

ショッピングローンの審査は、最短3分〜1日程度で完了します。審査手続の早さは、一般的な金融商品と比較しても早い部類に入るといっていいでしょう。

すぐ審査が終了することが期待できるため、時間が無駄にならないことはもちろん、欲しい商品を購入したいタイミングで入手できるでしょう。

3計画的に商品を購入できる

ショッピングローンのメリット3つめは、計画的に商品を購入できることです。

ショッピングローンの返済方法や分割回数は自分で選択できます。そのため、自分の家計を考慮し、無理のない商品購入が可能です。

ショッピングローンのデメリット

  1. 商品を購入する度に審査がある
  2. 分割返済が基本
  3. 購入できる商品が限定されている

1商品を購入する度に審査がある

ショッピングローンのデメリット1つめは、商品を購入する度に審査があることです。

 ショッピングローンを利用するには、商品を購入するごとに支払い方法でショッピングローンを選択。審査を受ける必要があります。

審査手続自体はスピーディーといえるものの、クレジットカードや現金に比べると、商品購入まで手間がかかってしまうことがあります。決済のスムーズさでは、クレジットカードに分があります。

2分割返済が基本

ショッピングローンのデメリット2つめは、分割返済が基本となっていることです。

 ショッピングローンの支払いは、分割返済が基本。分割払いは返済が長期化するうえ、利息や手数料がかかるのが通常です。

一方で、クレジットカードの一括払いでは、手数料がかかりません。

また、ショッピングローンは、繰上げ返済できないことがほとんどです。

繰上げ返済とは
毎月支払う額とは別に+αでお金を返済すること

繰上げ返済ができないと、返済を早めることができないのはもちろんのこと、繰上げ返済によって手数料等の負担を減らすこともできません。

3購入できる商品が限定されている

ショッピングローンのデメリット3つめは、購入できる商品が限定されていることです。

ショッピングローンが利用できる商品は、現金やクレジットカードに比べて限られています。

例えば、オリコショッピングローンは、購入総額30,000円以上のモノにしか利用できません。

そもそもショッピングローンが利用できる加盟店も限られています。もし自分が欲しい商品があっても、ショッピングローンを利用できない可能性があることは大きなデメリットでしょう。

ショッピングローンの審査は厳しい?

ショッピングローンを利用するには、必ず審査があります。「審査基準や審査難易度が気になる」という方も多いでしょう。

そこで、ショッピングローンの審査について解説してます。審査基準や審査難易度・審査スピードなど、気になる情報を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1ショッピングローンの申し込み条件

ショッピングローンの申し込み条件は、高校生を除く18歳以上の方です。

大学生以上であれば、商品購入時にショッピングローンへ申し込めます。ただし、ショッピングローンには審査があります。

ショッピングローン会社の審査を通過しないと、ショッピングローンは利用できません。申し込み条件と審査基準は全くの別です。

2ショッピングローンの審査基準

ショッピングローンの審査では、商品代金を返済できるだけの収入があるかどうかが基準であると考えられます。

ショッピングローンの審査で特に重視されると予測できるのが3つの項目です。

  1. 収入の額
  2. 収入の安定性・継続性
  3. 信用情報

ショッピングローンでは、ショッピングローン会社が商品代金を立て替え。ショッピングローン会社に商品代金+手数料等を支払います。

ショッピングローン会社としては、毎月きちんと決まった額返済してもらえれば、手数料等分の利益が出る仕組みです。

一方、ショッピングローン会社が恐れていることは、貸し倒れです。

貸し倒れとは?
貸したお金が返ってこずに損失が出てしまうこと

貸し倒れリスクを防ぐために、

  • 継続して返済を続ける安定した収入があるか
  • 商品代金を支払える一定の収入があるか

2つが審査されると考えられます。

さらに、ショッピングローンの審査では、個人信用情報機関に登録されている信用情報がチェックされるといわれています。

信用情報とは?
個人のお金に関した取引履歴のことです。

信用情報をチェックすることで、

  • どのくらい借金があるのか
  • 過去に延滞を繰り返していないか
  • 債務整理をしていないか

などが、確認できます。

 過去に借金を踏み倒していたり、現在滞納している借金があったり、信用情報に問題があると審査の通過は難しいと考えられるでしょう。

ショッピングローンの審査難易度は、一般的なクレジットカードと同程度と予測されます。

アルバイトやパートでも継続した収入があり、購入する商品の金額がよほど高額でなければ、審査は通過すると考えられます。

3ショッピングローンの審査速度

ショッピングローンの審査スピードは、一般的に3分〜2日程度です。

ショッピングローンの審査は、自動受付・自動審査が基本。そのため、審査手続のスピードが非常に早いのが通常であり、最短3分程度で審査結果が分かることもあります。

【比較】おすすめ人気ショッピングローン

1オリコ ショッピングクレジット

Oricoショッピングクレジットの『ショッピングローン』は、購入代金をクレジットカードを使わずに、オリコが販売店へ立替払いするシステムです。

Oricoショッピングクレジットの頭金は0円。月々の支払い金額も3,000円からと気軽に利用できます。

審査スピードが早いことも特徴で、ショッピングクレジット会社オリコによる審査はなんと最短3分で完了します。土日も審査可能です。

分割払いは最長60回まで選択できるため、マイペースに返済できます。
支払い方法
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス二回払い
  • スキップ払い
金利 0.00〜18.00%
審査スピード 最短3分

2ジャックス ショッピングクレジット

ジャックスショッピングクレジットは、

  • 支払い期間を最長6ヶ月先まで延期する「スキップ払い」
  • ボーナス月だけの支払いができる「ボーナスオンリー払い」

など、多彩な支払い方法が可能なショッピングローンです。分割クレジットがオンラインで利用可能。ネットから24時間365日申し込みできます。

審査完了までは最短1日。他の支払い方法と変わらないスピードで商品が手元に届くことが期待できます。
支払い方法
  • 分割払い
  • ボーナスオンリー払い
  • スキップ払い
金利 0.00〜15.00%
審査スピード 最短1日

自由にお金を使いたい人にはカードローンがおすすめ

ショッピングローンは、カードがなくても分割で商品を購入できる便利なサービスです。

しかし、

  • 購入のたびに審査が必要
  • 限られた商品の購入にしか利用できない
  • 返済方法を変更しづらい(繰上げ返済できない)

など、自由度は決して高くない側面もあります。

自由にショッピングしたい方は、カードローンがおすすめです。

カードローンとは

無担保・無保証人で借入・返済ができる個人向け融資のこと

カードローンの使い道は自由。利用限度額以内であれば何度でも借り入れ、返済ができます。

カードローンは繰上げ返済も可能。手元にお金が入ったタイミングで一気に返済できますよ。

また、カードローンもショッピングローンと同じくらい審査時間が短いことが多いのが特徴です。

審査完了にかかる時間は、最短30秒〜30分程度。カードローン会社によっては、最短即日融資も可能です。

ショッピングローンとカードローンそれぞれの特徴を理解した上で、自分に適した方を選んでみてください。

まとめ

ここまで、ショッピングローンについて解説してきました。

ショッピングローンは、利用できるシーンが限られているものの、使い方次第ではメリットが大きいサービスといえます。

ただし、当然ながらショッピングローンで購入した商品代金は返済が必要です。余裕ある返済計画を立てた上で、上手に活用してみてくださいね。

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事