【2022最新・徹底比較】投資信託がおすすめの証券会社
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

投資初心者に人気の「投資信託」。少額でスタートできるうえ、運用はプロに任せることが可能です。

そこで今回は、投資信託がおすすめの証券会社を厳選。取扱本数や手数料など数ある重要項目を比較し、紹介しています。

投資信託の証券会社選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

投資信託がおすすめの証券会社

ネット証券おすすめベスト3

まず、投資信託を行えるネット証券をご紹介します。中でもおすすめなのは以下の3社です。

投資信託がおすすめの証券会社3選
LINE証券
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
岡三証券
松井証券
GMOクリック証券
sbi証券
auカブコム証券
smbc日興証券
岡三オンライン証券
gmoクリック
手数料
(約定ごと5万円)
55円税込
55円税込
55円税込
55円税込
99円税込
137円税込
108円税込
0円※
50円税込
手数料
(約定ごと10万円)
99円税込
99円税込
99円税込
99円税込
99円税込
137円税込
108円税込
0円※
90円税込
NISA
IPO
投資信託
キャンペーン
口座開設
&クイズ正解で
4,000円プレゼント
信用デビューで
取引手数料30%
キャッシュバック
10万円以上の
投信入庫&取引で
最大10万ポイント
プレゼント
外国株取引口座に
初回入金から
20日間の
米国株取引手数料
最大3万円分まで
キャッシュバック
信用取引口座開設で
200Pontaポイント
プレゼント
新規口座開設で
ANAマイル
200プレゼント
新規口座開設で
最大3カ月手数料
全額キャッシュバック
松井証券ポイント開設で
200ポイントプレゼント
【特典】はじめての
FX口座開設と取引で
最大300,000円
キャッシュバック

1LINE証券

LINE証券

LINE証券では、投資信託30銘柄が最低金額1000円から購入可能。投資信託の購入手数料が無料のため、初心者でも気軽に投資をスタートできます。

全銘柄の購入手数料が無料。毎月1,000円から自動でつみたて投資できます。

引用元:投資信託 | LINE証券

毎月の引落としは

  • LINE Pay」残高か
  • 「LINE Pay」に連携している銀行口座

のどちらかを選択できます。

投資信託購入手数料0円/

また、貯めたLINEポイント1ポイント=1円として「つみたて投資」に利用することが可能です。
投資信託本数
1500本 
ノーロード(手数料無料)本数 購入手数料が無料
ポイント投資 可能(LINEポイント) 
最低投資額 1,000円
キャンペーン
  • 新規口座開設+クイズ正解でキャッシュバック

口座開設してクイズに正解すると購入代金4,000円プレゼント さらに翌月末までに1万円以上のいちかぶ購入で最大5,000円もらえる!
※終了時期未定

    投資信託購入手数料0円/

    2楽天証券

    次に紹介するのは投資信託取り扱い本数2669本の、楽天証券です。楽天証券は、2019年新規口座開設数No.1のネット証券です。

     投資信託の取扱本数は2,669本!!

    楽天証券のメリットは、楽天ポイントを使った投資ができることです。

    投資信託の買付代金の一部または全てに楽天ポイント、楽天証券ポイントがご利用になれます。
    投資信託の積立でもポイントをご利用いただけます。

    引用元:ポイント投資(投資信託) | ポイント投資 | ポイントプログラム | サービス案内 | 楽天証券

    さらに、毎月50,000円分まで楽天カード決済で投信積立を設定できます。

    楽天証券ポイント投資デビューまでの流れ
    1. 口座申し込み
    2. 口座開設
    3. 初期設定
    4. コース選択(投資信託:約2,600コース)
    5. ポイントで投資
    \最大1,200ポイント+1,000円獲得/

    投資信託もポイント付与の対象です。100円につき1ポイントが貯まり、貯まったポイントを使って積み立てることもできますよ。
    投資信託本数 2,669本
    ノーロード(手数料無料)本数 全ての投資信託の購入時手数料が無料

    ※2022年56日現在

    ポイント投資 可能(楽天ポイント)
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • 信用取引口座開設で200ポイントプレゼント
      楽天証券で期間中に信用取引口座を開設した方に、楽天ポイントをプレゼント!
    \最大1,200ポイント+1,000円獲得/

    楽天証券公式サイト

    ※:エントリー期間は2022年5月2日9:00〜2022年5月27日16:00。信用取引口座開設対象期間は2022年5月2日〜2022年5月27日の開設分

    3SBI証券

    SBI証券キャプチャ

    続いて紹介するのは、SBI証券です。SBI証券は、国内株式個人取引シェアNo.1のネット証券です。
    2022年3月期 第1四半期 (2021年4月~6月)の委託個人売買代金シェア

    取り扱っている投資信託の本数は2632本(2022年2月現在)。また、ノーロードファンドも多く、1,349本が買付手数料無料で購入できます。

    積立投信は100円からスタート可能。少額から始められるため、投資初心者の方にもおすすめです。

    口座開設でTポイントなど100ポイントがもらえるため、お得に投資信託デビューが可能です。

    \投資信託取扱数2698本!

    SBI証券の口座開設は、もちろん無料。最短翌営業日から取引開始できます。
    投資信託本数 2,698本
    ノーロード(手数料無料)本数 1,349本
    ポイント投資 可能(Tポイントなど)
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • 買付手数料全額キャッシュバック
      期間中に米国株式デビューした方に買付手数料を全額キャッシュバック!
    \投資信託取扱数2698本!

    SBI証券公式サイト

    ※:キャンペーン期間は2022年4月29日〜2022年5月31日

    4マネックス証券

    マネックス証券の手数料や評判・アプリ・メリットを徹底開設!

    次にご紹介するのは、マネックス証券です。

    マネックス証券の投資信託本数は1,130本(2020年8月現在)。取扱銘柄数はネット証券としてかなり多いといえます。

    マネックス証券を利用するなら、投信つみたてもおすすめです。

     マネックス証券の投信つみたては、すべての投資信託の購入時申込手数料が無料(ノーロード)。100円からスタートできるので、資産形成デビューにも適しているといえます。

    マネックス証券なら、すべての投資信託の購入時申込手数料が無料(ノーロード)です。

    毎日100円から積立可能。無理のない金額でスタートできます。

    引用元:マネックス証券のメリット | 投信つみたて | 投資信託 | マネックス証券

    積立頻度は「毎日」「月1回」から選択可能です。

    最短翌営業日で開設完了!
    投資信託本数 1,130本
    ノーロード(手数料無料)本数 600本以上
    ポイント投資 不可
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • クイズに挑戦+新規口座開設などで最大2,000円プレゼント
      期間:2022年4月7日(木)〜2022年5月31日(火)
    最短翌営業日で開設完了!

    5auカブコム証券

    auカブコム証券

    次にご紹介するのは、auカブコム証券です。

     auカブコム証券では、1400本を超える豊富な投資信託銘柄を用意。全ての取扱ファンドが購入時手数料無料の「ノーロード」となっています。

    投資信託の本数は1,400本以上(2021/7/12時点)あります。豊富なラインナップからお客さまのニーズにあったファンドをお選びいただけます。

    引用元:投資信託|auカブコム証券

    積立額は毎月100円以上1円単位で設定可能です。少額でも幅広い積み立てプランを立てて、安心のポートフォリオを構築できます。

    買付代金は、

    • 銀行預貯金口座からの自動引落(口座振替)
    • 当社証券口座からの引落

    で決済できます。

    さらに、投信残高に応じポイントを獲得可能

    投信お問合せ専用フリーコール「投信あんしんダイヤル」が設置されており、サポート体制もいうことありません。
    \Pontaポイントでも投資できる!/
    投資信託本数 1,400本
    ノーロード(手数料無料)本数 全ての投資信託の購入手数料が無料
    ポイント投資 可能(ポンタポイント)
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • ご家族・ご友人 紹介プログラム
      条件を満たした方に最大5,000円の手数料キャッシュバック・紹介された方・条件を満たした方に2,000円プレゼント

    \Pontaポイントでも投資できる!/

    6SMBC日興証券

    SMBC日興証券

    次に紹介する証券会社は、SMBC日興証券です。

    SMBC日興証券は、国内5大証券会社の一角を占めるといわれる大手証券会社です。

     投資信託本数は1,000本以上と十分。「投信つみたてプラン」なら、毎月1,000円から投資をスタートできます。

    smbc日興証券では、投信つみたてプランの取引に応じて、dポイントがもらえますよ
    \取引しやすいおトクな手数料!/
    投資信託本数 1000本
    ノーロード(手数料無料)本数 600本
    ポイント投資 不可
    最低投資額 1,000円 
    キャンペーン(例)
    • ANAのマイルが貯まる特典

      ダイレクトコースで新規口座開設されたお客さまを対象として、200マイル進呈!

    \取引しやすいおトクな手数料!/

    7岡三オンライン証券

    岡三証券

    次に紹介する証券会社は、岡三オンライン証券です。

    岡三オンライン証券では、投資信託の購入時にかかる手数料が0円〜。ブル・ベア型投資信託も含めて、すべてノーロードファンドです。(2021121日現在)

     さらに、他社から投資信託の移管時にかかる移管手数料相当額も全額キャッシュバックされます。

    岡三オンライン証券は、投資信託保有者に嬉しい特典を用意。投資信託の保有残高に応じて、信用取引手数料が0円になったりIPOの当選確率がアップしたりします。

    \業界屈指の格安手数料
    ※公式ページの文言より。

    また、充実したランキング情報や自分にピッタリの銘柄を提案する「投信ロボ」があるので、迷わずに銘柄を選ぶことができます。
    投資信託本数 552本
    ノーロード(手数料無料)本数 投資信託の購入時手数料が無料
    ポイント投資 不可
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • 投信つみたて応援キャンペーンで最大1万円プレゼント!
      期間中に、投資信託を積立で合計70,000円以上かつ2回以上買付、キャンペーン終了時点で投資信託の残高が60,000円以上の方を対象に、抽選で200名に最大10,000円をプレゼント
    • 信用取引デビュー応援プログラム

      新たに信用取引口座を開設されたお客さま(法人除く)を対象に、信用取引口座開設月を含め最大3カ月間、国内株式の信用取引(制度・一般)の新規建・決済にかかる取引手数料(税込)を全額キャッシュバック

    \業界屈指の格安手数料
    ※公式ページの文言より。

    岡三オンライン証券公式サイト

    ※:キャンペーン期間は2022年3月1日〜2022年9月30日

    8松井証券

    松井証券

    次に紹介するのは投資信託本数が1500本の、松井証券です。

    松井証券は投資信託が100円から1円単位で購入可能まずは試しに少額で始めて、手応えを感じたら増額していくという選択ができます。

     さらに、投資信託の購入時手数料は無料です。

    サポート体制が整っていることも、松井証券ならではの強みです。

    3つのロボアドバイザーが投資信託を用いた資産形成をサポート。徹底的にバックアップしてくれます。

    松井証券3つのロボアドバイザー
    • 投信工房
      将来に向けた資産形成を考えている方をサポート
    • 投信提案ロボ
      新たに投資信託の購入を考えている方をサポート
    • 投信見直しロボ
      今持っている投資信託で良いのか不安を感じた方をサポート

    また、松井証券のヘルプデスクは問い合わせ窓口格付け(証券窓口)において10年連続最高評価の三つ星を獲得。万全のサポートがあるので、投資信託初心者の方にも適しているといえるネット証券です。

    \1日の約定代金合計50万まで手数料無料/

    投資信託本数 1,500本
    ノーロード(手数料無料)本数 全ての投資信託の購入時手数料が無料
    ポイント投資 可能(松井証券ポイント)
    最低投資額 100円
    キャンペーン(例)
    • つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン
      口座を開設して期間中に合計10,000円以上 投資信託をつみたてすると、最大10万名様に現金1,000円または松井証券ポイント1,500pプレゼント!
      ※〜2022年12月30日
    \1日の約定代金合計50万まで手数料無料/

    9GMOクリック証券

    GMOクリック証券(株)

    次に紹介する投資信託の取り扱いのある証券会社は、GMOクリック証券です。

    GMOクリック証券の投資信託本数は116本。数こそ多くありませんが、質の高さが特徴です。

     GMOクリック証券では、国内6,000ある投資信託銘柄から、優良なものを厳選。投資信託初心者にとっては、銘柄を選ぶ手間が省けます。

    また、100円からの少額投資が可能な点も嬉しいポイントです。

    \最大304,000円キャッシュバック中/

    取扱投信はノーロード(手数料無料)も用意されています。手数料を気にせず、購入しやすいのもメリットです。
    投資信託本数 116本
    ノーロード(手数料無料)本数 投資信託の購入手数料が0円〜
    ポイント投資 不可
    最低投資額 100円
    キャンペーン
    • 条件達成で最大30万円キャッシュバック+4,000円プレゼント!
      新規口座開設+取引条件クリアで最大30万円キャッシュバック。さらに取引数量に応じて最大4,000円プレゼント
    \最大304,000円キャッシュバック中/

    10フィデリティ証券

    次に紹介する証券会社は、フィデリティ証券です。

    口座開設後最初の3ヵ月間は、電話でもネットでもすべての投資信託の購入時手数料が0%(無料)で取引できます。

     4ヵ月目以降も「オンライン0%宣言」をするだけで「ずっと」ファンド購入時手数料が0%(無料)になります。

    フィデリティ証券では数あるファンドの中から厳選した、計600本以上のファンドを取扱い。充実したファンド検索機能で自分にピッタリの投資先が見つかります。

    投資信託本数 689本
    ポイント投資 不可
    最低投資額 1,000円 

    投資信託のおすすめポイント・メリット

    投資信託のおすすめポイント・メリット

    プロに運用を任せられる

    投資信託の実際の運用は証券会社のプロの運用者が行います。投資家が自身で行う必要があるのは、長期運用を始める際や終了する際の購入や売却など最低限の取引に限られます。

    投資信託では、価格変動によりファンドのバランスが崩れた際などのリバランスもプロの投資家が担当します。

    投資家自身は、日々の細かな値動きに対して取引を行う必要がないので初心者でも安心して投資できるでしょう。

    少額から投資が始められる

    投資信託は、少額からでも投資を始めることができるのが魅力的です。

     一般的には最低1万円程度から、証券会社によっては100円から投資できるサービスなども増えています。

    積み立てを行う場合は、積み立ての頻度も自分で選ぶことができるでしょう。例えば、毎日100円の積み立てや、毎月15,000円の積み立てなど、自分の懐事情に合わせて積立頻度や金額を自由に設定できるのも魅力です。

    投資信託購入手数料0円/

    投資初心者でも始めやすい

    投資信託は、資産運用の中でも初心者が始めやすいことで知られています。日々の運用のほとんどをプロの投資家に任せることができる点や、少額からでも投資を始められる点が初心者からも人気があります。

    株式投資やFXなど、投資家自身が日々の価格変動をチェックして、売買のタイミングを判断する形の投資だと、ある程度の投資知識が必要になります。

    投資信託は、細かな運用をする必要がないので高度な投資知識がなくても比較的運用しやすいと言えます。

    投資家自身は、日々の細かな値動きに対して取引を行う必要がないので初心者でも安心して投資できるでしょう。

    リスクを分散できる

    投資信託は、リスクを分散して運用できるのもメリットです。投資信託のファンドは、指定された指数に連動して利益が出るように、複数の投資先に対して投資を行います

     投資先を複数に分散させることで価格変動に対して安定的な運用を行うことができるでしょう。

    積立投資などの制度を利用して投資時期を分散させれば、さらにリスク回避することもできます。基本的に少額の資金で投資を行う場合、投資先を分散することは難しいでしょう。

    投資信託なら、証券会社のプロの運用者が投資家から集めた資金をまとめて運用するため少額でもバランスの取れた投資が可能です。
    投資信託購入手数料0円/

    投資信託初心者におすすめの選び方

    投資信託初心者におすすめの選び方

    運用リスクで選ぶ

    投資信託は、運用する銘柄によってリスクが異なります。投資信託は銘柄ごとに、どの金融商品を中心に投資を行うか、どの程度のリターンを狙うかというのが指定されています。

    株式に投資を行う投資信託であれば、比較的安定的な推移が予想される先進国株式を集めたファンドへの投資、または大幅な成長も期待できる一方で大きく落ち込む可能性がある新興国株式を集めたファンドなどを選ぶことができるでしょう。

    監修者
    どの程度のリスクを取れるか、自身で判断した上で投資する銘柄を決めるといいです。

    情報収集のしやすさで選ぶ

    投資初心者にとっては、情報収集のしやすさというのも押さえておきたいポイントでしょう。投資信託の投資先は種類が豊富で、聞いたことのない金融商品や、株式であれば知らない企業なども多いはずです。

     馴染みのない金融商品に投資をすると、なかなか運用に関する情報が見つからなかったり、この先の価格の変動の予想がつかないなど不安が多いでしょう。

    国内株式や、米国のS&P500などを含んだファンドなどは、初心者にも人気です。

    投資信託購入手数料0円/

    投資対象で選ぶ

    投資信託は銘柄によって主要の投資先が異なります。株式を中心に投資する銘柄もあれば、債券や、不動産に投資するものもあるでしょう。さらに、金、銀やプラチナなどに投資をする銘柄もあります。

    それぞれの投資先によって、期待できるリターンや、推測できる価格の変動は異なるでしょう。自身の投資スタイルや、運用目標に合った投資対象によって、投資する銘柄を選ぶのも一つの方法です。

    監修者
    投資対象の特徴については、投資を始める前に確認しておきましょう。

    手数料で選ぶ

    投資信託の運用をする際に重要になるのが手数料(運用コスト)でしょう。投資信託の運用でかかる主な手数料は以下の通りです。

    投資信託でかかる主な手数料一覧
    • 購入時手数料(購入時)
    • 信託報酬(運用中)
    • 信託財産留保額(売却時)

      それぞれの手数料としてかかる金額は、投資する投資信託銘柄によって異なります。特に信託報酬は、運用している期間は常に支払わなければならない手数料なので、長期運用をする場合にはとても重要です。

      投資信託で得られる運用益は、実際の利益から運用コストを引いた金額のため、手数料はなるべく安く押さえたほうが効率よく運用することができるでしょう。

      投資信託に関するよくある質問

      投資信託(ファンド)がおすすめの証券会社を教えて。
      投資信託がおすすめの証券会社は「SBI証券」です。理由は次の3つ。
      国内株式個人取引シェアNo.1※1で人気!
      ②豊富なキャンペーンが揃っている
      ③最短で翌営業日から取引開始できる
      ※1 2022年3月期 第1四半期 (2021年4月~6月)の委託個人売買代金シェア
      SBI証券なら100円から投資可能なため、初心者にもおすすめできる証券会社といえます。

      投資信託(ファンド)とは?

      投資信託(ファンド)とは、投資家から集めた資金で投資のプロ(ファンドマネージャー)が資産運用する仕組みの1つです。知識がない人でも手軽に分散投資できます。

      おすすめの銘柄を教えて。

      SBI証券では、大手企業などを中心に、業種を問わず様々な企業の銘柄が人気です。

      どの銘柄にすればいいか迷う方には銘柄診断ツールがおすすめです。SBI証券の公式サイトでは、自分にあった銘柄を知るために、「良い銘柄 診断クイズ」が用意されています。気になる会社の公式サイトを一度覗いてみることをおすすめします。

      スポット購入するのにおすすめのタイミングは?
      株価暴落時がスポット購入におすすめのタイミングです。スポット購入の際は以下を意識すると良いでしょう。
      ・資産が含み損になってから購入する。
      ・リスクを抑えるために分割購入をする。
      投資信託(ファンド)ってどう選べばいい?
      投資信託を選ぶ際は以下を比較しましょう。
      ・取り扱っている銘柄
      ・取引手数料
      ・投資情報の充実度
      ・取引ツールの充実度、使いやすさ など
      投資信託(ファンド)をおすすめしないと言われる理由は?

      投資信託をおすすめしないと言われる理由としては、以下のようなものが挙げられます。

      ・手数料、運用コストが高い
      ・投資先がわかりづらい

      投資信託の運用は細かな部分をプロに任せる分、手数料が割高になる傾向にあります。
      また、投資信託の銘柄名は内容がわかりづらいことが多く、初心者が投資先を選ぼうとするとどれに投資をしたらいいのか迷ってしまう人も多いのが事実です。

      手数料については、安く設定している証券会社も増えているほか、運用も人間の代わりにAIが行う「インデックスファンド」などを利用すれば比較的コストを抑えた運用をすることができます。

      まとめ

      ここまで、投資信託がおすすすめの証券会社を紹介してきました。

      投資信託は少額からスタートできたり、運用をプロに任せられたりと、初心者におすすめの投資です。

      投資信託を始めるなら、まずは証券口座の開設が必須。今回紹介したランキングを参考に、口座開設の申し込みを行いましょう。

      ぜひこの記事の内容を参考に、投資信託を購入してみてくださいね。

      投資信託購入手数料0円/
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事