sbiネオトレード証券

「SBIネオトレード証券が気になるけど、特徴やメリットが分からず口座を作るべきかわからない」と悩んでませんか?

証券会社はたくさんあるので、どの会社の口座を作るべきか悩むのは当然だと思います。

そこで今回は、SBIネオトレード証券のユーザーの特徴・口コミ・メリットやデメリットを徹底的に解説します。

この記事を読めば、SBIネオトレードがどんな証券会社かよくわかりますよ。

SBIネオトレード証券の特徴

sbiネオトレード証券

SBIネオトレード証券は、SBIグループの証券会社です。もともとはライブスター証券として運営されてましたが、2021年1月1日にSBIネオトレード証券に改名し、現在のSBIネオトレード証券が誕生しました。

2020年10月にSBIホールディングに買収され、改名された流れです。

SBIネオトレード証券のプランごとの手数料などは、具体的には以下のようになっています。

【定額プラン】1日の約定代金合計額に応じて手数料が変わるプラン

50万円以下 0円
50万円超~100万円以下 0円
100万円超~150万円以下 880円
150万円超~200万円以下 1,100円
200万円超~300万円以下 1,540円
以降100万円増加ごとに 295円ずつ増加

※価格はすべて税込表示です。

【一律プラン】1注文毎の約定代金に応じて手数料がかかるプラン

5万円以下 50円
5万円超~10万円以下 88円
10万円超~20万円以下 100円
20万円超~50万円以下 198円
50万円超~100万円以下 374円
100万円超~150万円以下 440円
150万円超~300万円以下 660円
300万円超 880円

※価格はすべて税込表示です。

表を見ていただければわかる通り、定額プランでは100万円以下の取引において手数料が完全無料です。

また、300万円超の取引においても手数料は880円しか発生せず、お得な料金設定になっています。

ちなみにSBIネオトレード証券では、信用取引の取引手数料は完全無料です。

 

SBIネオトレード証券とSBI証券の違い

SBIグループには「SBIネオトレード証券」と「SBI証券」があります。名前が似ているので一見同じように見えますが、実際は別々の会社です。

SBI証券の特徴 SBIネオトレード証券の特徴
現物取引手数料 55円~1,070円 55円~880円
信用取引の手数料 99円~385円 0円
投資信託 2680本 2本
購入できる商品 国内・国外株式取引、FX、国内外債券など、様々な 国内株式取引

※出典:https://www.sbineotrade.jp/sbigroup/?top-banner
※価格はすべて税込表示です。

ライブスター証券の名前が改名したのがSBIネオトレード証券なので、もともと完全に別会社なんですね。

SBIネオトレード証券の特徴

一方SBIネオトレード証券は、取引手数料が比較的安いところが一番のメリットなので、コストを抑えて取引したい方に最もおすすめできます。

SBIネオトレード証券
  1. 現物取引手数料が安く、信用取引手数料が無料
  2. IPOに事前での入金が一切不要
  3. 高機能な取引ツールが無料で利用可能

手数料のお得さが、SBIネオトレード証券のメリットです。

SBI証券の特徴

SBI証券は、海外株や投資信託・NISAの取扱いがあるなど、様々な金融商品を取り扱っているところが特徴的です。

SBI証券
  1. 海外株式、債券、FXなどいろいろな金融商品を、1口座で取引可能。
  2. IPO、海外株式取引手数料が豊富
  3. Tポイントをためて取引に使える

取扱い銘柄や、投資の種類の豊富さではSBI証券に軍配が上がります。

SBIネオトレード証券の口コミ・評判

次に、SBIネオトレード証券の口コミ・評判を見ていきましょう。良い口コミだけでなく「ここがイマイチ…」といったSBIネオトレード証券のデメリットもご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

SBIネオトレード証券の良い口コミ

SBIネオトレード証券の口コミ・評判

ここで実際にSBIネオトレード証券を利用していて感じる良い口コミ・評判をみてみましょう。

SBIネオトレード証券の良い口コミ
  • とにかく手数料が安い。月100万円まで手数料完全無料なのがありがたい。
  • 取引ツールが使い勝手が非常によく好み。
  • メールやWEBでのサポートが丁寧
  • IPOの取り扱いもスタートしており、色々な資産運用方法を選べる。
  • 口座開設の手続きが非常に簡単で、時間もあまりかからなかった。
  • OCO、IFD、IFDO注文が可能で、多彩な取引方法が利用できる。

    取引手数料が安い、サポートが丁寧、取引ツールが使いやすい、口座開設がしやすかったなどの口コミがありました。

    特に手数料が安いという口コミは非常に多く、コストの安さを実感できるユーザーが多いようですね。

    取引コストはできるだけ安いほうがいいに決まっているので、手数料が安いのは大きなメリットですよね。

    SBIネオトレード証券のイマイチな口コミ

    SBIネオトレード証券の口コミ・評判

    続いてはSBIネオトレード証券に対する、イマイチな口コミ・評判をみてみましょう。

    SBIネオトレード証券のイマイチな口コミ
    • 海外株式や海外ETFの取り扱いが無い。
    • 取り扱い銘柄の少なさが気になる。IPOや未上場株の取り扱い数がもっと欲しい。
    • 緊急トラブルの際に電話しましたが、全くつながらなかった。

      海外株式・海外ETFの購入ができない、取り扱い銘柄の数が少ない、情報が得にくいという口コミがありました。

      他には、電話サポートがつながらないという意見も少数ながら存在しました。

      いまいちな口コミは数こそ少ないもの存在し、取り扱い商品が少ないというものが多かったです。

      SBIネオトレード証券のメリット

      ここからは、SBIネオトレード証券の3つのメリットをご紹介します。

      SBIネオトレード証券のメリット
      • 取引手数料が割安
      • 多様な取引ツールが魅力
      • 事前入金不要でIPOに参加できる

      メリット①取引手数料が割安

      SBIネオトレード証券のメリット

      SBIネオトレード証券の取引手数料は、比較的お得に設定されています。

      現物取引手数料が比較的安いだけではなく、信用取引手数料は完全無料です。

      口コミを見ても、割引手数料の安さをポジティブに評価するユーザーは多く、公式サイトで業界最安水準とうたっているだけのことはあります。※公式サイト参照

       手数料の安さには、SBIネオトレード証券側も自信を持っているのが分かります。
      300万円超の取引の場合、SBIネオトレード証券では手数料880円(税込)ですが、ほかの証券会社では3,000円を超えることも多いです。※公式サイト参照

      その点、SBIネオトレード証券では、取引金額が大きくなった場合でも、ユーザーに優しい価格設定になっています。

      メリット②多様な取引ツールが魅力

      SBIネオトレード証券の取引ツール
      • NEOTRADE R…ダウンロード版のPC用取引ツール。高機能で様々な機能を利用可能。
      • NEOTRADE W…WEBブラウザ版のPC用取引ツール。初心者でも直感的に取引できるのが魅力的。
      • NEOTRADE S…スマホで取引が可能なアプリ。メイン画面を自由にカスタマイズできます。

      ● 取引ツール①NEOTRADE R

      SBIネオトレード証券のメリット

      NEOTRADE Rは、ダウンロード版のPC用取引ツールです。

      • 豊富なインジケーター
      • チャート足のタイプ切り替え
      • 板情報からの発注

      など様々な機能を利用することができます。

      OCO注文、逆指値注文などの特殊注文も利用可能です。

      速度・機能性重視の発注板が特徴的で、カラーリングなどのカスタマイズも自由自在です。スマホアプリとお気に入り銘柄を最大2000銘柄まで共有可能なため、銘柄を管理しやすい点も使い勝手がいいです。

      ● 取引ツール②NEOTRADE W

      SBIネオトレード証券のメリット

      NEOTRADE Wは、Webブラウザ版の取引ツールです。ツールをPCにインストールする必要が無く、ブラウザからアクセスするだけで取引開始できます。

      PCの操作に不慣れな初心者の方でも、直感的な操作で取引することが可能です。

      PC1台あれば、ツールをダウンロードしなくてもどこでも取引可能です。
      取引自体に不慣れな方にも、特に使い勝手のいいツールと言えるでしょう。

      ● 取引ツール③NEOTRADE S

      SBIネオトレード証券のメリット

      スマホ専用のトレードツールです。アンドロイド・iPhoneの両方に対応しており、場所を選ばずに取引することが出来ます。

       ホーム画面に保有銘柄を表示することで、タイムラグ無く売買することが可能です。

      スマホツールながらテクニカル分析用のインジケーターが充実しており、トレンド系が3種類、オシレーター系が4種類利用可能になっています。

      これだけで本格的なテクニカル分析を行い、効果的なトレードを行うことが出来ます。PC用取引ツールの「NEOTRADE R」と連動可能で所有銘柄の管理がしやすいのも、ポイントです。

      ランキング機能も搭載されており、有望な株を探すこともできます。

      メリット③事前入金不要でIPOの抽選に参加可能

      SBIネオトレード証券のメリット

      SBIネオトレード証券では、事前の入金不要でIPOに参加できる点も魅力です。

      所有資金に関係なくIPO抽選に申し込めるので、「資金は無いけど勝率の高いIPOに参加したい」という場合には重宝するでしょう。※事前に口座開設は必要です。

      IPOの抽選参加には事前入金が必要な証券会社が多いので、資金不要は魅力的ですね。

      SBIネオトレード証券では、IPO購入時の手数料も完全無料になっており、手数料がかかるのは売却時のみです。このように投資にかかる手数料が非常に安いのも、うれしいポイントですね。

      SBIネオトレード証券のデメリット

      SBIネオトレード証券のデメリット
      • 海外株式・海外ETFの取扱いが無い
      • 投資信託で選べる銘柄が少ない
      • IPOの取扱い銘柄が少ない

      デメリット①海外株式・海外ETFの取扱いが無い

      SBIネオトレード証券のデメリット

      海外株式・海外ETFの取扱いが無い点が最初のデメリットとして挙げられます。海外の株式・ETFを購入したい場合は、別の証券会社を選択しましょう。

       SBIネオトレード証券では、現在国内の株式のみ取り扱っています。

      また国内の株式に関しても、東証以外の地方単独上場銘柄・保管振替機構非取扱銘柄については、取り扱いが一切ありません。※公式サイト参照

      とはいえ、国内株式を購入する際には、特に不便は感じないでしょう。

      デメリット②投資信託で選べる銘柄が少ない

      2021年8月現在でSBIネオトレード証券で取引できる投資信託は、ひふみプラスひふみワールド+の2銘柄のみです。

       この2つの投資信託は、多くの投資家から選ばれており信頼度が高いですが、ほかを選べないのはデメリットと言えるかもしれません。

      投資信託の種類の豊富さを求めるなら、ほかの証券会社を使う必要があるでしょう

      投資信託の取扱い数も徐々に増えると思われるため、今後に期待したいところです。

      デメリット③IPOの取扱い銘柄が少ない

      SBIネオトレード証券のデメリット

      IPOの取り扱い銘柄はまだまだ数が少なく、選択肢が少ないのもデメリットでしょう。2021年8月現在、取り扱い銘柄は3つのみです。※公式サイト参照

      2017年にIPOの取扱いスタートしたばかりで、まだまだ銘柄は少ないのが現実です。

       もちろんこれから取り扱い数は増えてくると思われますが、現状が比較的少なめなのはデメリットと言えるかもしれません。

      SBIネオトレード証券がおすすめな人

      SBIネオトレード証券がおすすめな人
      • コストを抑えて取引したい方
      • 少額資金でIPOに参加したい人
      • 様々な注文方法を利用したい方

      コストを抑えて取引したい方

      SBIネオトレード証券がおすすめな人

      SBIネオトレード証券は、信用取引手数料が常に無料で現物取引手数料の業界最安水準です※公式サイトに記載あり

      定額プランの場合は、1日当たりの約定金額100万円以下の取引なら手数料無料で売買可能です。

      ネット上の口コミを見ても、手数料が安いという声が多いです。

      さらに現在、入金額·入庫額によって信用取引の買方金利を優遇するキャンペーンを実施中です。制度信用買方金利が通常2.30%のところ1.19%までダウンします。

      ※キャンペーン期間は2021年7月1日〜2021年9月30日まで

      少額資金でIPOに参加したい人

      「資金は少ないけどIPOに投資したい」という方にもおすすめです。一般的に勝率の高さで人気のIPOに、事前入金一切不要で申し込みできます。

       多くの証券会社では、事前に口座に入金しないとIPOの抽選に参加することが出来ません。

      抽選に当たってから入金すれば購入可能なので「今すぐ資金は無いけどIPOに参加したい」という場合に利用できます。ただし、事前に口座開設は必要なので注意です。

      様々な注文方法を利用したい方

      SBIネオトレード証券がおすすめな人

      多様な注文方法を活用したい場合にも、SBIネオトレード証券はおすすめできます。新規注文とロスカットを同時に設定するIFD注文など、高機能な注文方法が利用できます。

      逆指値、OCD注文も利用できますよ。
      こういった注文方法を活用すると、予約注文や損切の設定ができ、取引手法の幅を広げることができます。忙しく、チャートを常に確認していられない場合や、リスク管理を徹底したい場合には重宝します。

      よくある質問

      SBIネオトレード証券で口座開設をするメリットは?

      SBIネオトレードの一番のメリットは業界最安水準な手数料の安さです。※公式サイトの文言によります

      現物取引の定額プランでは、100万円までの取引で手数料完全無料で売買することができます。IPOにも事前資金不要で参加できます。

      口座開設前に知っておきたいSBIネオトレード証券のデメリットは?
      海外株式、海外ETFの取扱いが無いのがデメリットです。アメリカやアジアなど、海外株に投資したい場合はおすすめできないので注意しましょう。
      SBIネオトレード証券とSBI証券どちらがおすすめ?

      手数料を抑え、豊富なサポートのもとで取引したい場合はSBIネオトレード証券がおすすめです。

      海外株や海外ETFなど、豊富な投資商品から投資先を選択したい場合はSBI証券の方がいいでしょう。

      SBIネオトレード証券のポジティブは口コミは?

      「手数料がお得」「ツールが使いやすい」「IPO参加に入金不要なのが良い」という口コミが目立ちました。「電話、メールいずれの場合も丁寧にサポートしてくれた」という声もあります。

      SBIネオトレード証券のいまいちな口コミは?

      「海外株式、海外ETFの取扱いが無い」「IPOや未上場株の取扱いが少ない」という口コミがありました。国内の株式を購入したい方であればこの点を不満には感じないでしょう。

      SBIネオトレード証券にキャンペーンはある?
      SBIネオトレードでは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。2021年8月現在、入金・入庫金額に応じて2つの金利が安くなるというキャンペーンを開催中です。
      ※キャンペーン期間は2021年7月1日〜2021年9月30日まで

      まとめ

      今回の記事ではSBIネオトレード証券について、口コミやメリット・デメリットを紹介しました。結論として、SBIネオトレード証券はこんな方におすすめと言えます。

      【SBIネオトレード証券がおすすめの方】

      • 投資経験の少ない初心者の方
      • 手数料をできるだけ抑えて株式の売買をしたい方
      • 海外株式・海外ETFでの取引予定が無い方

      住信SBIネオトレードでは、取引手数料が1日100万円まで無料です。※公式サイト参照

      海外株式・海外ETFには対応していないため、国内株式投資目的の方には非常におすすめできます。

      コストを抑えながら国内株式の取引をしたい方におすすめなので、この機会に口座開設してはどうでしょうか?
      監修者の紹介

      監修者の写真

      監修者岡田行史

      人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事