SBI FXトレード

「SBI FXトレードに興味があるけど、どんなFX口座なのかよくわからないし、評判も気になる」と悩んでいませんか?

本記事で紹介するSBI FXトレードの特徴や魅力を知れば、SBI FXトレードでFXを楽しめるはずです。

実際、今も活躍しているトレーダーの多くが、SBI FXトレードの魅力を知って活用しています

\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

本記事ではSBI FXトレードの特徴やおすすめアプリ、魅力、評判について紹介していきます。
読み終えるころには、SBI FXトレードに詳しくなっているばかりか、活用したときのメリットが想像できるようになっていますよ。
SBI FXトレードとは?
SBI FXトレードとは、証券や銀行、生命保険など、インターネットを活用して金融事業を広く展開するSBIホールディングスが運営するFXサービスのことです。

SBI FXトレードは、SBI証券にFX口座を開設することで、取引をはじめられます。
 SBI証券は口座開設数が550万件を突破しております。また国内株式の取引シェアは約40.3%を誇っており、日本で高い人気のあるネット証券といえます。

(参考:SBI証券HP)※2020年9月時点

FXの人気が増しているなか、SBI FXトレードへの注目も集まっています。

以降から、SBI FXトレードの特徴としてスワップポイントやスプレッド、キャンペーンなどを紹介してきます。

SBI FXトレードのスワップポイント・スプレッド

SBI FXトレードでは、34通貨ペアの取引があります。それぞれの通貨のスワップポイントとスプレッドをまとめたのが、次の表です。

※「銭」とは円での取引単位で「1銭=0.01円」、「pips」とは外貨での取引単位で「1pips=0.01円/0.0001ドル」

SBI FXトレードのスワップポイント・スプレッド一覧
通貨ペア スワップポイント
(2021/3/13適用分・1取引単位あたり)
スプレッド
(1,000通貨、原則固定・例外あり)
売り(円) 買い(円)
米ドル/円 -14 10 0.09銭
ユーロ/円 12 -17 0.30銭
ポンド/円 -12 7 0.69銭
豪ドル/円 -7 2 0.40銭
NZドル/円 -8 3 0.90銭
南アフリカランド/円 -90 60 0.80銭
トルコリラ/円 -50 40 1.40銭
カナダドル/円 -7 2 1.40銭
スイスフラン/円 16 -21 1.40銭
メキシコペソ/円 0 0 0.28銭
人民元/円 -100 60 1.40銭
ブラジルレアル/円 -45 5 19.90銭
ロシアルーブル/円 -50 10 1.49銭
シンガポールドル/円 -8 0 2.79銭
韓国ウォン/円 -100 50 3.30銭
香港ドル/円 -10 0 1.50銭
ポーランドズロチ/円 0 -10 2.79銭
スウェーデンクローネ/円 -4 0 1.89銭
ノルウェークローネ/円 -4 0 1.89銭
ユーロ/米ドル 22 -27 0.19pips
ポンド/米ドル 1 -6 0.69pips
豪ドル/米ドル 0 -5 0.59pips
NZドル/米ドル -4 0 1.10pips
米ドル/カナダドル 0 -5 1.10pips
米ドル/スイスフラン -28 23 1.10pips
米ドル/人民元 3.20pips
ユーロ/ポンド 18 -21 0.79pips
ユーロ/豪ドル 17 -20 1.10pips
ユーロ/NZドル 2.89pips
ユーロ/スイスフラン 1.30pips
ポンド/豪ドル -3 0 1.20pips
ポンド/スイスフラン 1.89pips
豪ドル/NZドル 1.89pips
豪ドル/スイスフラン 2.40pips

(参考:SBI証券HP「スワップ金利表」・SBI FXトレードHP「スプレッド実績」)

ここで、スワップポイントとスプレッドの意味について確認していきましょう。

「スワップポイント」とは?
スワップポイントとは、2ヶ国間の通貨の金利差によって得られる利益のことで、「インカムゲイン」ともいわれています。

日本語では金利差調整分」と呼ばれています。

例えば日本円の金利が1%、米ドルの金利を10%とし、米ドルを購入したケースを見てみましょう。その場合、投資家は金利「10%-1%=9%」分に相当する金額を、米ドルを保有している限り受け取れるのです。

「スプレッド」とは?
「スプレッド」とは、「FXの1回の取引にかかるコストのこと」です。
※サービスによっては、スプレッドのほか手数料等のコストがかかる場合がございます。

具体的には、取引通貨の「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差がFXの取引コストとなります。例えば米ドルを買うときに、その買値が日本円で買値「100.250」、売値「100.253」とするとスプレッドは0.3銭となり、これが取引コストとして差し引かれます。

取引回数が多ければ多いほど、支払うスプレッドも多くなることに注意してください。
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードのキャンペーン

SBI FXトレードでは現在、主に次のようなキャンペーンをしています。

キャンペーン情報
SBI FXトレードキャンペーン

  • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万通貨以上の取引で5,000円キャッシュバック!

SBI FXトレードの取引時間

SBI FXトレードの取引時間は原則、24時間です。それは世界中にある取引所の開所時間に合わせて、取引できるようにしているためです。ただ、夏時間と冬時間によって、次のように取引可能時間が異なることに注意してください。

SBI FXトレードの取引時間
  1. 夏時間(3〜10月):月曜日AM7:00〜土曜日AM5:30
  2. 冬時間(11〜2月):月曜日AM7:00〜土曜日AM6:30

原則、日曜日はメンテナンス期間となり、レート配信を中止しているため注文の約定はできません。
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードレバレッジ

SBI FXトレードのレバレッジは、次の5つのコースから選択できます。

SBI FXトレードのレバレッジコース
  1. ローレバレッジ1倍コース
  2. ローレバレッジ3倍コース
  3. ローレバレッジ5倍コース
  4. スタンダードコース(10倍コース)
  5. ハイレバレッジ25コース

(参考:SBI証券HP「各レバレッジコースについて教えてください。」)

レバレッジとは?
レバレッジとは手元にある資金以上の金額で取引をする方法のことで、もともと「てこの原理」を意味します。
証拠金とは?
「証拠金」とは、「レバレッジをかける元となる資金のこと」です。
例えばSBI FXトレードのハイレバレッジ25倍コースなら、証拠金(手元資金)4万円で100万円分の取引ができることになりますね。
 FXのレバレッジは、日本の法律によって最大25倍まで決められています。SBI FXトレードでは、その最大限までレバレッジを利用できることがわかりましたね。

SBI FXトレードの取引手数料

SBI FXトレードでは、取引に必要な各種手数料がすべて0円です。具体的には、次にまとめているので、ご確認ください。

SBI FXトレードの取引手数料0円のサービス
  1. 口座開設費
  2. 口座維持費
  3. 取引手数料
  4. クイック入金手数料
  5. 出勤手数料
  6. ロストカット手数料

取引コストの低さは、SBI FXトレードの魅力です!
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードのおすすめアプリ

SBI FXトレードのおすすめアプリ

SBI FXトレードでは、わかりやすくて使いやすいスマートフォンアプリで取引ができます。SBI FXトレードのスマートフォンアプリの魅力をまとめると、次のようになります。

SBI FXトレードのスマートフォンアプリの魅力
  1. 画面を4分割できる高機能なチャート分析機能
  2. ひとつの画面でチャートを確認しながら、注文できる
  3. アプリひとつで為替相場を確認しながら、ニュースを確認できる

 

 魅力的なのはスマートフォンの小さな画面でも2WAY仕様であるため、ニュースや為替相場、チャートなどを確認しながら取引できることです。

スマートフォンから簡単に取引できるようになるので、必ずダウンロードしましょう!
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードのメリット

SBI FXトレードのメリット・魅力

SBI FXトレードを活用するメリットは、主に次の3点です。

SBI FXトレードのメリット
  1. 1通貨から取引できる
  2. 積立FXで外貨積立ができる
  3. スプレッド・スワップポイントに優れている

11通貨から取引できる

SBI FXトレードは、1通貨から取引できます。そのため、SBI FXトレードでは数円から、FXを楽しめるのです。

 例えば1ドル=125円のときに、米ドルを買いたいとすると、SBI FXトレードでは125円支払えば取引できます。さらにレバレッジ25倍を活用すれば、5円から米ドルを買えるのです。

他のFX口座で1通貨から取引できるところは、そうありません。一般的には、1万通貨からの取引となります。そのため例えば1ドル=100円なら、1万ドル=100万円が必要になります。仮にレバレッジ25倍を活用したとしても、4万円が必要です。

「まずは少額からはじめたい」人には、SBI FXトレードがおすすめです!

2積立FXで外貨積立ができる

SBI FXトレードの「積立FX」とは?
SBI FXのトレードの「積立FX」とは、あらかじめ定めた期間で、定期的に外貨を自動購入してくれるサービスです。

例えば1週間に1回、米ドル1万円分を買いたいなら、そのように設定することで毎週1万円分の米ドルを買えます。

 そのため「いちいち買うのが手間」「為替相場を分析して買うのが苦手」と感じている人には、自動的に相場と関係なく購入してくれる便利なサービスです。

また「積立FX」の特長をまとめると、次のようになります。

SBI FXのトレードの「積立FX」の特長
  • 24時間の買い付けができる
  • レバレッジを活用できる
  • 通貨単位を少なくすれば、少ないスプレッドで取引できる
  • 投資タイミングが分散されて平均購入単価が下がり、相場変動に影響されにくくなる

単純に購入の手間が省けるだけでも便利なサービスなので、ぜひ活用してみてください!

3スプレッド・スワップポイントに優れている

SBI FXトレードは、スプレッドが業界最低水準並みに狭く、一方でスワップポイントが広くなっています。先ほど「SBI FXトレードのスワップポイント・スプレッド」でまとめた表を、もう一度確認してみてください。
※:公式ページ (https://www.sbifxt.co.jp/advantage/point1.html) の文言によります。

例えば米ドル/円のスプレッドは0.09銭(原則固定、例外あり)という狭さを誇っています。
スプレッドが低いということは、取引コストが低いということです。またスワップポイントも最良水準です。
※公式ページ (https://www.sbifxt.co.jp/advantage/point2.html) の文言によります。
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードのデメリット・注意点

SBI FXトレードのリスク・注意点

一方でSBI FXトレードを利用するには、次のようなデメリットや注意点もあります。

SBI FXトレードのデメリット
  1. 取引量が増えるとスプレッドも広がる
  2. 自動売買やデモトレードがない
  3. 証拠金不足のアラートメールがない

1取引量が増えるとスプレッドも広がる

SBI FXトレードのスプレッドは「「原則固定」ですが、それは1,000通貨以下に限られます。つまり取引通貨量が増えれば、スプレッドも増えていくのです。

 例えば、米ドル/円のスプレッドは1,000通貨までは0.09銭です。しかし取引量が100万通貨以上になると、7.80まで上がります。

あらかじめ、各取引通貨量ごとに、どれほどスプレッドが上がっていくのかを確認することをお勧めします。

2自動売買やデモトレードがない

残念ながらSBI FXトレードには、現時点では自動売買やデモトレードがありません。

「自動売買」とは?
自動売買とは、FXの取引をシステムによって自動的に行うことです
そのため、取引に手間がかかりません。
「デモトレード」とは?
デモトレードとは、現金を使わずに、実際のFXをデモンストレーションとして行えるツールのことです。
デモトレードを活用することで、リスクなしに自分が行う取引を練習できます。

SBI FXトレードには以上のツールがないため、それらを使うには他社の口座やツールを活用する必要があります。

3証拠金不足のアラートメールがない

FX口座内の証拠金が不足すると、ロストカットで強制的に損失を確定させられてしまいかねないので、一般的なFX口座ではメールなどでそのことを通達してくれます。しかしSBI FXトレードには、それがありません

証拠金不足を防ぐには、次のような対策を取るのがおすすめです。
SBI FXトレードの証拠金不足対策
  1. こまめに口座を確認する
  2. あらかじめゆとりのある証拠金を入金しておく
  3. こまめ為替相場を確認し、相場予測をしておく

かなり原始的にはなりますが、以上の工夫をすることであなたのスキルや知識も磨かれていくはずです。

\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

SBI FXトレードの評判まとめ

SBI FXトレードの評判まとめ

以上のSBI FXトレードの特徴やメリット・デメリットなどを踏まえて、実際に利用している人の評判を確認しましょう。

公平性を保つために、「良い評判」と「イマイチな評判」を掲載します。

SBI FXトレードの【良い】口コミ評判

1通貨から取引できるので気軽に始められた!

他のFX口座にはない1通貨からの取引ができるので、大きな資金を準備したりそれが少なくなることを気にしたりする必要なく、気軽に始められました。
20代・女性

外貨で資産が貯まっていく

SBI FXトレードの「積立FX」を活用してから、資産がコツコツと増えていきました。為替で相乗的に、資産が増えていっています。
20代・男性

アプリがとにかく使いやすい!

スマートフォンから簡単に取引できる上に、FXで必要な情報もすべて得られるので、アプリひとつで取引しています。
30代・男性

SBI FXトレードの【イマイチな】口コミ評判

スプレッドが広がるのが気になります。

SBI FXトレードでは取引通貨量が少なければスプレッドが狭いですが、いざ取引量を増やすとスプレッドも増えて、最初は戸惑いました。
40代・男性

キャンペーンのハードルが高い。

SBI FXトレードで少額からはじめようと考えていたので、キャンペーンのキャッシュバックを受け取るのに必要な取引通貨量をクリアできずに、キャンペーンを受け取れませんでした。
30代・女性
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

まとめ

本記事では、SBI FXトレードの特徴や評判を紹介してきました。その内容をまとめると、次のようになります。

  • SBI FXトレードとは、証券や銀行、生命保険など、インターネットを活用して金融事業を広く展開するSBIホールディングスが運営するFXサービスのこと
  • SBI FXトレードの魅力は「1通貨から取引できる」「積立FXで外貨積立ができる」「スプレッド・スワップポイントに優れている」など
  • SBI FXトレードの注意点は「取引量が増えるとスプレッドも広がる」「自動売買やデモトレードがない」「証拠金不足のアラートメールがない」など
  • SBI FXトレードの良い口コミは「1通貨から気軽に取引できる」「外貨が貯まっていく」など
  • SBI FXトレードのイマイチな口コミは「スプレッドの広がりが気になる」「キャンペーンのハードルが高い」など

SBI FXトレードには、他にはない1通貨単位の取引や「外貨積立」などの魅力的なサービスが目白押しです。
ぜひFXトレーダーのデビューは、信頼と実績のあるSBI FXトレードで飾ってください!
\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。