リップル 今後

ビットコインに並び仮想通貨界隈を盛り上げているアルトコイン。その中で仮想通貨にまだ触れたこと無い人でもリップル(XRP,ripple)は聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

現在リップル(XRP,ripple)を保有している方も、これから仮想通貨取引してみようとお考えの方も今後の予想や将来性など気になるところでしょう。

本記事では、最新のニュースをもとにリップル(XRP,ripple)の今後の予想や将来性について解説します。また、これから始めたい方におすすめの仮想通貨取引所も紹介しています。

リップルを既に取引している方、これから仮想通貨を始める予定の方はぜひ目を通してみてください。
\リップル(XRP,ripple)購入可能/

リップル(XRP,ripple)の価格

リップル(XRP,ripple)は2013年に開始され、もとは国際的な通貨送金を早くするために開発された仮想通貨・アルトコインです。最近の価格状況はどうなのでしょうか。

 2021年の価格推移は20円〜200円です。9月現在では140円付近での値動きを示しています。

2021年に入ってからその価値を上げ4月には200円近くの数字を出していましたが、5月頃から大きく下落して100円を切ることもありました。

以上のことから、2021年のリップル(XRP,ripple)は安定しているとは言えません。長期・短期問わず、今後取引をする上では慎重に見ていく必要があるでしょう。

仮想通貨の価格状況は過去の動きもチェックすることが大切ですね。
\リップル(XRP,ripple)購入可能/

リップル(XRP,ripple)の最新ニュース・今後の見通し

リップル(XRP,ripple)の最新ニュース

仮想通貨取引においてその価値を知る事は大切です。株などでも同様に日々のニュースを見ることで、これからの価値にある程度の予想をつける人が多いでしょう。

今回参照するリップル(XRP,ripple)のニュース
  • SEC(米国証券取引委員会)との裁判
  • アジアの企業「Tranglo」との提携
  • エジプト国立銀行が「RippleNet」利用
  • フィリピンの「Coins.ph」と提携
  • 韓国の送金業者が「RippleNet」参画

まずはリップル(XRP,ripple)に関する上記のニュースについて、2020年末から時系列順で見ていきましょう。

①:SEC(米国証券取引委員会)との裁判

2020年12月頃、米国証券取引委員会のSECが「仮想通貨リップルは未登録証券でありその販売は違法である」という理由でリップル社を提訴したということがありました。

 この裁判のポイントは、「リップルが証券に該当するのか」というところです。

証券性があるというSECの意見vs証券性のない暗号資産であるというリップル社の意見という構図です。

2021年9月現在ではまだ解決はしていません。この裁判の結果次第では暗号資産を取り扱う組織が限られてしまうケースも考えられており、仮想通貨界隈でも注視しているニュースです。

今後もSECとリップル社の動向を追うことが大切になるでしょう。
\リップル(XRP,ripple)購入可能/

②:アジアの企業「Tranglo」との提携

リップル(XRP,ripple)の最新ニュース

2021年3月末頃、リップル社はアジアの企業「Tranglo」の株式を40%取得すると公表をしました。それぞれが独自の送金システムを導入しているアジア域内でのサービス拡大を狙うのでしょう。

 「Tranglo」はフィリピンを中心としたアジアの国際送金サービスを手掛ける企業です。問題視されていたアジアでの送金コスト問題を解決する見込みでしょう。

この取引完了は2021年内だとされています。アジア内で送金インフラ基盤としての事業拡大が十分期待できるとして、仮想通貨界隈でも話題の内容です。

事業拡大でその価値が高まれば、仮想通貨相場も盛り上がりを見せるかもしれませんね。

③:エジプト国立銀行が「RippleNet」利用

2021年5月中旬頃、エジプト銀行はアラブ首長国連邦が拠点の金融企業「LuLu International Exchange」との提携を公表しました。この2国間での国際送金にリップル社のサービス「RippleNet」が利用されるとのことです。

 「RippleNet」とはリップル社の国際送金サービスです。このサービスを経由することで低コストの国際送金を実現するとされています。

世界銀行グループのデータによれば、エジプトの送金受取額は2020年時点で年間約3兆円にものぼるそうです。このことから送金利用者が多く、エジプトでのRippleNet需要は今後も伸びると予測できます。

リップル社のサービス需要が高まれば、リップル(XRP,ripple)の価格にも影響するとされています。

出典:世界銀行グループ「Migration and Development Brief 33」

\リップル(XRP,ripple)購入可能/

④:フィリピンの「Coins.ph」と提携

リップル(XRP,ripple)の最新ニュース

2021年7月末にリップル社はフィリピンのモバイルウォレットアプリ「Coins.ph」などと提携し、日本とフィリピン間での国際送金を担うと発表しました。

フィリピン中央銀行のデータによると2020年のフィリピンから日本の送金は約16億ドルとのことです。2021年上半期の送金額も7億近くあり、大規模な送金市場に参入することでリップルの需要や価値に期待が出来ます。

出典:フィリピン中央銀行「Overseas Filipinos’ Remittances」

⑤:韓国の送金業者が「RippleNet」参画

2021年8月中旬頃、韓国の送金プロバイダーであるグローバル・マネー・エクスプレス(GME)が、今後の送金スピード向上のために「RippleNet」を利用すると発表しました。

韓国には多くのタイ国民が住んでおり、「RippleNet」は韓国・タイ間の送金に大きく役立てるのではないかと期待されています。このように送金問題のある国をターゲットにリップル社はサービスを拡大している印象です。

今後のニュースでも「国際送金」がカギになってくるかもしれませんね。
\リップル(XRP,ripple)購入可能/

リップル(XRP,ripple)の将来性・今後を予想

リップル(XRP,ripple)の将来性を予想

ここまでリップル(XRP,ripple)に関する最新ニュースを確認してきましたが、それらを踏まえて今後の見通し・将来性はどうなのでしょうか。

 結論から言うと、リップル(XRP,ripple)の価値には今後も期待出来ると予想しています。

冒頭で述べたニュースの内容以外でも、リップル(XRP,ripple)の今後に期待できると推測する理由がいくつかありますので紹介します。

\リップル(XRP,ripple)購入可能/

①:国際送金の需要

ここまでリップル(XRP,ripple)に関するニュースを紹介してきましたが、「国際送金」に関する内容のものが目立ちました。キャッシュレス決済の浸透などから見ても、国際送金の需要は今後も高まると予想できます。

 しかし従来の国際送金にはコストの問題があります。リップル社のサービスはこの問題を解決がするとして期待されています。

リップル社は2020年末にドバイで新拠点を構えるなど、国際送金の活発な地域向けにどんどん事業拡大していく見込みでしょう。

送金市場のインフラ基盤になるようなサービスになる可能性もありますね。

②:「RippleNet」の可能性

リップルは国際送金向けに「RippleNet」というネットワークサービスを展開しています。このサービスは国内でも以下のような大きな金融機関も導入しておりその信頼度も高いと言えるでしょう。

導入している金融機関例
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • りそな銀行
  • SBIホールディングス
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • Bank of America
  • Royal Bank of Scotland など…

また、公式によれば40以上の通貨で70以上の国にリアルタイムかつ確実な送金を実行することができるとのことです。今後はもっと多くの通貨・国で利用されるかもしれません。

出典:https://ripple.com/sbi-ripple-asia/

    \リップル(XRP,ripple)購入可能/

    ③:発行の上限がある

    仮想通貨には発行上限を設けているものもあり上限以降は基本的に新規発行がされません。コインチェック公式によれば、これは仮想通貨の希少性や価値を下げないようにと設けられている仕組みだそうです。

    そして発行上限は通貨ごとに異なりますが、リップルは発行上限の1,000億枚が既に発行されています。そのため、使用されるたび枚数は減っていきます。

     今後リップルが世界中で利用されるようになれば枚数は目減りしていき、その希少性も上がっていくと予想できます。

    国際送金の需要なども期待されているリップルです。これからインフラの基盤などになれば、利用数に応じてその枚数は減っていく一方で、価値は上がっていくかもしれません。

    流通が減れば保有者が売りたがらない可能性もあることから、価格は上がると予想されることが多いです。

    おすすめの仮想通貨取引所3選

    コインチェック(Coincheck)

    コインチェック

    取引通貨数 17通貨※1
    レバレッジ なし※2
    入金手数料 銀行振込:無料※3
    コンビニ入金:770円(税込)〜
    クイック入金:770円(税込)〜
    出金手数料 407円(税込)
    売買手数料 販売所:無料
    取引所:無料
    仮想通貨入金手数料 無料
    仮想通貨送金手数料 通貨による
    ※一部変動性あり
    ※コインチェックユーザー間無料
    アプリ Coincheck(コインチェック)ウィジェット
    会社名 コインチェック株式会社

    \最短5分で申し込み完了!/

    ※1 2021年8月現在
    ※2 2020年3月13日にレバレッジ取引は終了しました。
    ※3 銀行手数料の負担あり

    出典:https://coincheck.com/ja/

    コインチェック(Coincheck)の特徴

    • 17銘柄の豊富な取引通貨数
    • 最短当日から取引可能
    • スマートフォンアプリから取引可能
    • セキュリティ面も安心
    • 貸仮想通貨サービスもある
    • 売買手数料が無料
    117銘柄の豊富な取引通貨数

    おすすめの仮想通貨取引所3選

    コインチェック(Coincheck)はビットコイン(BTC)以外にも複数のアルトコインを取り扱っています。アルトコインはそれぞれが今後価値をもっと上げてくると予想されます。

     アルトコイン(オルトコイン)とは「Alternative Coin:代替コイン」の略称であり、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

    仮想通貨と言えばよく耳にするイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも取引でき、2021年7月29日に取引開始したPalette Token(PLT)で17通貨になりました。

    コインチェック(Coincheck)の取引通貨
    • Bitcoin:BTC
    • Ethereum:ETH
    • Ethereum Classic:ETC
    • Lisk:LSK
    • Factom:FCT
    • Ripple:XRP
    • NEM:XEM
    • Litecoin:LTC
    • Bitcoin Cash:BCH
    • Monacoin:MONA
    • Stellar Lumens:XLM
    • Qtum:QTUM
    • Basic Attention Token:BAT
    • IOST:IOST
    • Enjin Coin:ENJ
    • OMG:OMG
    • Palette Token:PLT

    アセットアロケーションを考慮して、複数の通貨を保持しておくような分散投資をお考えの方でも、取り扱い通貨の多いコインチェック(Coincheck)はおすすめ出来ると言えます。

    アセットアロケーションとは、運用する資産をどのように分配するかを考える投資戦略のことです。
    \最短5分で申し込み完了!/

    ※ 2020年9月より、販売所における「購入・売却・受取」は一時停止しています。

    2最短当日から取引可能

    おすすめの仮想通貨取引所3選

    仮想通貨取引所への登録と聞くと時間がかかるようなイメージがありますが、コインチェック(Coincheck)は「かんたん本人確認」を採用しているので最短1日で取引開始出来ます

     専用アプリより、本人確認書類や自身の顔をスマートフォンで撮影して送ります。

    コインチェック(Coincheck)の専用アプリより、分かりやすい手順を表示してくれるのでそれに沿ってアカウント登録・口座開設をしていきます。

    スピーディーかつ2段階認証も採用しているのでセキュアな利用を提供してくれます。
    3スマートフォンアプリから取引可能

    コインチェック(Coincheck)はWebサイトもしくはスマートフォンアプリから、仮想通貨の取引をすることが可能です。購入からチャートの確認まで出先でも出来るのが特徴です。

    さらに、仮想通貨取引やチャートという言葉から情報量の多い画面をイメージすると思いますが、アプリ画面はスッキリしていて初心者の方でも操作に困らないデザインも特徴です。

    \最短5分で申し込み完了!/

    4セキュリティ面も安心

    おすすめの仮想通貨取引所3選

    仮想通貨は電子データの資産なのでセキュリティ面も気になります。コインチェック(Coincheck)はセキュリティ対策として、コールドウォレットと2段階認証を採用しています。

    セキュリティ対策
    • コールドウォレット
      インターネットから切り離された
      オフラインの環境で管理する方法
      不正アクセスなどを防ぐ目的。
    • 2段階認証
      ID・パスワードのだけではなく、
      スマートフォンへの認証コードなど
      ログインに複数要素が必要な仕組み。

    第三者からのログインやハッキングなど現代で危惧されている攻撃から資産を守るべくこうしたセキュリティ対策が採用されていますが、自身での管理も慎重にしておきましょう。

    例えばハードウェアでの管理の場合、開けるためのキーなどを忘れてしまうと仮想通貨が取り出せなくなる可能性もあるので注意が必要です。
    5貸仮想通貨サービスもある

    コインチェック(Coincheck)では「貸仮想通貨サービス / 仮想通貨レンディング」といったサービスがあり、一日中チャートを見れないという方や初心者に親しまれています。

     仮想通貨取引所がユーザーから通貨を一定期間預かります。期間満了後に手数料を上乗せして払い戻すというサービスです。

    仮想通貨を預けておくことでチャートに張り付く必要もなく、期間満了になれば手数料分上乗せで通貨が払い戻されます。ですが通貨自体の価値が下がる可能性はあるので注意です。

    預けている仮想通貨は、貸出期間中に売却出来ないので覚えておきましょう。長期投資として塩漬けでよく利用されています。

    また、コインチェック(Coincheck)では全通貨利用可能で、期間も14日間・30日間・90日間・1年間から選ぶことが出来ます。それぞれの期間での年率は下記の通りです。

    貸出期間 年率
    14日間 1%
    30日間 2%
    90日間 3%
    365日間 5%

    預けている仮想通貨は基本的に動かすことが出来ないので、価格変動にも対応することは出来ません。長期的な投資として「貸仮想通貨サービス/仮想通貨レンディング」はおすすめします。

    \最短5分で申し込み完了!/

    6売買手数料が無料

    おすすめの仮想通貨取引所3選

    仮想通貨の売買についてコインチェック(Coincheck)では「販売所での売買」と「取引所での売買」2種類のがあります。

    2種類の売買
    • 販売所での売買
      仮想通貨取引所と直接

      ユーザーが取引を行うこと。
      コインチェックとの取引です。
    • 取引所での売買
      ユーザー同士が取引を行うこと。
      保有している人から買ったり、
      欲しい人へ売ったりします。

    どちらも取引自体に手数料はかかりません。ですが買値と売値の差額である「スプレッド」が存在し価格変動の状況によって変わってくるので、その差額には注意が必要です。

    \最短5分で申し込み完了!/

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

    取引通貨数 12通貨※1
    レバレッジ 2倍
    入金手数料 銀行振込:無料※2
    クイック入金:無料
    出金手数料 無料
    売買手数料 販売所:無料
    取引所:無料※3
    仮想通貨入金手数料 無料
    仮想通貨送金手数料 無料
    アプリ スマホ版取引システムアプリ
    会社名 株式会社DMM Bitcoin

    \もれなく2,000円キャッシュバック中/

    ※1 2021年8月現在
    ※2 銀行手数料の負担あり
    ※3 BitMatch取引手数料は2円〜
    出典:https://bitcoin.dmm.com/

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴

    • 12種類の取引通貨
    • 取引ツールが使いやすい
    • 注文方式が豊富
    • セキュリティ対策も注力
    112種類の取引通貨

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は仮想通貨の代表格的ポジションのビットコイン(BTC)を始め、その他アルトコインを含めると12種類の通貨を取引することが出来ます。

    DMM Bitcoinの取引通貨
    • Bitcoin:BTC
    • Ethereum:ETH
    • Ethereum Classic:ETC
    • Ripple:XRP
    • NEM:XEM
    • Litecoin:LTC
    • Bitcoin Cash:BCH
    • Monacoin:MONA
    • Stellar Lumens:XLM
    • Qtum:QTUM
    • Basic Attention Token:BAT
    • OMG:OMG

     

    今やビットコインは1ビットコイン数百万円以上にもなるなど、仮想通貨には価格が高いものもあります。12通貨あるので、有名なモノ以外でも調べてみたりする価値はありそうです。

    2取引ツールが使いやすい

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取引ツールは初心者の方でも使いやすいような仕様です。いつでも、どこでもアプリから直感的かつスピーディーに取引できます。

    チャートの見やすさにもこだわっているDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。気になるところを見やすい大きさにできるうえ、ローソク足など期間変更も自由自在です。

    さまざまなテクニカル表示で本格的な分析もできますよ。
    \もれなく2,000円キャッシュバック中/
    3注文方式が豊富

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、暗号資産(仮想通貨)の取引に多彩な注文方法を取り揃えています。

     現物取引ならストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文の4種類が用意されています。

    さらに、レバレッジ取引の新規注文なら6種類。レバレッジ取引の決済注文なら4種類を使用できます。

    4セキュリティ対策も注力

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、万が一のリスクに備えて複数のセキュリティ対策を施しています。

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の主なセキュリティ対策
    • 資産の分散管理
    • 万が一会社が破綻した場合であっても預けた資産を保全
    • コールドウォレット運用
    • 出庫申請されたアドレスが不正利用等に使用されていないか確認
    • 24時間365日体制で通信監視

    仮想通貨取引を安心して行ううえで、セキュリティ対策は最も重要と言っても過言ではありません。

    企業としての知名度はもちろんのこと、セキュリティ対策に関して具体的な取り組みを行っているので、不安なく取引できるでしょう。

    \もれなく2,000円キャッシュバック中/

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットフライヤー

    取引通貨数 13通貨
    レバレッジ 最大2倍※bitFlyer Lightningで可能
    入金手数料 銀行振込:無料※銀行手数料の負担あり
    クイック入金:無料※住信SBIネット銀行から入金
    クイック入金:330円(税込)※住信SBIネット銀行以外から入金
    出金手数料 220円~770円(税込)
    売買手数料 販売所:無料
    取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
    仮想通貨入金手数料
    仮想通貨送金手数料 BTC:0.0004BTC
    ETH:0.005ETH
    XRP:無料
    アプリ 仮想通貨取引ウォレット
    会社名 株式会社bitFlyer

    \ビットコイン取引量国内No.1/
    ※公式サイト参照

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    • 様々な手数料が無料
    • 100円からスタートできる
    • 簡単・操作でいつでもラクラク取引
    1様々な手数料が無料

    bitFlyer(ビットフライヤー)の強みは、主な手数料無料でサービスを提供していることです。

    bitFlyer(ビットフライヤー)の主な手数料
    • アカウント作成手数料無料
    • 販売所全通貨売買手数料
    • ビットコインFX取引手数料

    上記以外にも住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料も無料です。少しでも手元に利益を残すためには、手数料は低ければ低いほど良いでしょう。

    bitFlyer(ビットフライヤー)は取引コストを抑えたい方にもおすすめです。
    \ビットコイン取引量国内No.1/
    ※公式サイト参照
    2100円から始められる

    bitFlyer(ビットフライヤー)では、人気の仮想通貨13種類が少額から売買できます。

     ビットコインやリップル(XRP)、モナコイン、イーサリアムなどが約100円の少額から購入可能です。

    少額でスタートできるので「仮想通貨に興味がある」という方も、気軽にチャレンジできるでしょう。

    3簡単・操作でいつでもラクラク取引

    bitFlyer(ビットフライヤー)は、24時間いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから取引できます。シンプルな操作画面で初心者の方も安心です。

    \ビットコイン取引量国内No.1/
    ※公式サイト参照

    まとめ

    ここまで、今後の動向も要チェックなアルトコインのリップル(XRP,ripple)を詳しく解説してきました。最新ニュースから、リップル(XRP,ripple)の価値は今後も期待出来ると予想できます。

    これから仮想通貨(暗号通貨)の取引を始めようとお考えの方は、まずは仮想通貨取引所での口座開設から始めてみましょう。

    ぜひ今回の内容を参考に今後に期待できるリップル(XRP,ripple)の取引を検討してみてくださいね。
    仮想通貨(暗号資産)を利用する際の注意点
    • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
    • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
    • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。
    • 暗号資産の手数料は予告なく変更になる場合があります。

     

    監修者の紹介

    監修者の写真

    監修者岡田行史

    人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事