りそな銀行カードローン

大手銀行として知られる「りそな銀行」。

りそな銀行カードローンは、りそな銀行が提供する金融商品として、高い人気を集めています。

そこで今回は、りそな銀行カードローンについて徹底解説。金利や審査難易度、返済額など詳しくまとめています。

\審査手続がスムーズ!/

りそな銀行カードローンへの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、りそな銀行カードローンの特徴を確認していきましょう。

りそな銀行カードローンの主な特徴は以下4つです。

  1. 申し込みから契約までWEB完結
  2. オートチャージ機能
  3. キャッシュカードで使える
  4. アプリで確認できる

それぞれ解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

1申し込みから契約までWEB完結

りそな銀行カードローンの特徴1つめは、申し込みから契約までWEB完結できることです。

りそな銀行カードローンは、フォームに入力し、必要書類をWebで送付するだけで申し込めます。

原則来店が不要で、契約手続きまで完結。必要書類もWeb送付できるので24時間365日申し込み可能です。

りそな銀行カードローンの申し込み流れ
  1. 仮審査
    必要事項を申し込みフォームに入力。仮審査結果がメールに届く
  2. 本審査
    メールに記載されている「本申込み専用ページ」から申し込み。審査結果がメールに届く
  3. 契約手続き
    WEBで必要書類を提出して契約手続きが完了

もちろんカードローン作成に、保証人・担保は不要です。契約の限度額が50万円以下の場合の必要書類は本人確認資料のみ。口座がなくても申し込みできます。

\審査手続がスムーズ!/

2オートチャージ機能

りそな銀行カードローンの特徴2つめは、オートチャージ機能です。

オートチャージ機能とは

残高不足でクレジットカードや公共料金の引き落としができない場合、カードローン限度額の範囲内で残高不足分が自動融資される仕組みのこと

りそな銀行カードローンには、オートチャージ機能が附帯しているので、不足額を自動で入金。万一の残高不足も安心です。

例えば、携帯料金の引き落とし15,000円に対して、預金残高が10,000円の場合に5,000円が自動融資されます。

携帯電話料金やクレジットカードの支払いを滞納すると、遅延損害金の発生や信用情報低下につながります。

オートチャージ機能があれば、こうした滞納リスクを防ぐことが可能です。

3キャッシュカードで使える

りそな銀行カードローンの特徴3つめは、キャッシュカードで使えることです。

りそな銀行カードローンは、手持ちのキャッシュカードがそのまま使えます。カードがかさばることなく、スマートな利用が可能です。

りそな銀行の口座を持っていない方は、まず口座開設を行いましょう。

りそな銀行の口座開設は来店不要。スマホアプリで最短翌営業日に口座を開設できます。

\審査手続がスムーズ!/

4アプリで確認できる

りそな銀行カードローンの特徴4つめは、アプリで確認できることです。

りそな銀行カードローンは、借入額や返済額をアプリで確認可能。いつでもどこでもカードローンの情報が管理できます。

「りそなグループアプリ」のダウンロードは無料です。便利な機能が満載ですので、ぜひ有効活用しましょう。

りそな銀行カードローンの借入方法

次に、りそな銀行カードローンの借入方法を確認していきましょう。

借入方法はカードローンの使いやすさを判断する重要な要素です。ぜひ確認してみてください。

ATMで借入

りそな銀行カードローンは、全国のりそなグループATM・提携コンビニATM・提携ATMで借入できます。

りそな銀行カードローンが使えるATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • 関西みらい銀行ATM
  • みなと銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATM(イーネット)

りそな銀行ATMだけでなく、コンビニATMでもお金が引き出せるのがメリットです。

ただし、ATMや時間帯によっては利用手数料がかかります。

りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行・みなと銀行
  • 平日8:45~18:00:無料
  • 平日8:45~18:00以外の時間:110円(税込)
  • 土日・祝日:110円(税込)
その他の提携金融機関
  • 平日8:45~18:00:110円(税込)
  • 平日8:45~18:00以外の時間:220円(税込)
  • 土日・祝日:220円(税込)

りそな銀行カードローンのお金を引き出す際は、手数料に気をつけましょう。
\審査手続がスムーズ!/

3つの借入パターン

りそな銀行カードローンの借入方法には3つのパターンがあります。

  1. 預金残高以上の引き出し(超過分のみ借入れ)
  2. 預金残高を残して引き出し(全額借入れ)
  3. 引き落とし時の不足分をオートチャージ(自動融資)

借入パターン別の借入方法をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1預金残高以上の引き出し(超過分のみ借入れ)

例えば、預金残高30,000円に対して、50,000円を引き出すと20,000円の借入になります。
超過分のみ借入れる方法
  1. ATM画面の「お引出し」ボタンを選択
  2. 引き出し金額を入力
  3. 超過分がカードローンでの借入になる

2預金残高を残して引き出し(全額借入れ)

例えば、預金残高30,000円を減らさずに、50,000円を引き出します(50,000円全額のお借入れ)
全額借り入れる方法
  1. ATM画面の「カードローン」ボタンを選択
  2. ローン借り入れボタンを選択
  3. 借り入れ金額を入力

3引き落とし時の不足分をオートチャージ(自動融資)

例えば、公共料金などの引き落としが32,000円で預金残高が30,000円しかない場合、不足の2,000円がオートチャージされます。

オートチャージを利用するのに、特別な手続きは不要です。限度額の範囲内で残高不足分が自動融資されます。
\審査手続がスムーズ!/

りそな銀行カードローンの返済方法・返済額

りそな銀行カードローンの返済方法は、

  1. 毎月の自動引き落とし
  2. 追加返済(随時返済)

の2パターンです。

返済パターン別の返済方法を紹介しています。返済日や返済額もまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

1毎月の自動引き落とし

りそな銀行カードローンでは、借り入れ残高に応じての自動引き落としが可能です。

毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)に口座から、返済額が自動引落しされます。

りそな銀行カードローンの返済額一覧

借り入れ残高 毎月の返済額
1万円未満 基準貸越残高全額
1万円以上~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円
300万円超~400万円以下 5万円
400万円超~500万円以下 6万円
500万円超~600万円以下 7万円
600万円超~700万円以下 8万円
700万円超~800万円以下 9万円

返済額は借り入れ残高によって異なります。

りそな銀行カードローンを利用する際は、借り入れ残高から毎月の返済額を確認。毎月5日までに口座にお金を入金しておきましょう。

\審査手続がスムーズ!/

2追加返済(随時返済)

りそな銀行カードローンは、毎月の返済とは別に随時返済ができます。

追加で返済する場合は、全国のりそなグループATM・コンビニATMのほか、マイゲート(インターネットバンキング)で手続きします。

提携ATMでの追加返済方法

提携ATMでの追加返済方法
  1. ATM画面の「カードローン」ボタンを選択
  2. 「ローン返済」ボタンを選択
  3. ご返済金額を入力

マイゲートでの追加返済方法

マイゲートでの追加返済方法
  1. マイゲートにログインしメニューの「カードローン」をクリック
  2. 「返済する」をクリック
  3. 返済額を入力し、「次へ」をクリック
  4. 返済額に間違いがなければ「上記の内容で返済します。」にチェックを入れ、「返済する」ボタンをクリック

追加返済するメリットは、追加返済した金額が全て元金に充当されることです。

追加返済すれば、借金の早期完済や利息の削減が可能です。お金に余裕がある月は、積極的に追加返済しましょう。

\審査手続がスムーズ!/

りそな銀行カードローンの金利・利用限度額

りそな銀行の利用限度額は10〜800万円です。

金利は3.5〜13.5%であり、低金利のカードローンといえます。

りそな銀行カードローンの金利一覧

利用限度額 金利
800万円 年3.500%
700万円 年4.000%
600万円 年4.500%
500万円 年4.900%
400万円 年5.500%
300万円 年7.000%
200万円 年10.000%
150万円 年10.000%
100万円 年13.500%
70万円 年13.500%
50万円 年13.500%
30万円 年13.500%
10万円 年13.500%

りそな銀行カードローンでは、13コースの利用限度額に応じて金利が決まります。

希望の利用限度額から、どの金利が適用されるのか確認しておきましょう。

\審査手続がスムーズ!/

金利特典あり

さらに、りそな銀行カードローンでは、住宅ローンや給与振込をご利用中の方限定で金利特典が適用。通常の金利から年0.5%マイナス金利での利用が可能です。

金利特典ありの金利一覧

利用限度額 金利
800万円 年3.000%
700万円 年3.500%
600万円 年4.000%
500万円 年4.400%
400万円 年5.000%
300万円 年6.500%
200万円 年9.500%
150万円 年9.500%
100万円 年13.000%
70万円 年13.000%
50万円 年13.000%
30万円 年13.000%
10万円 年13.000%

既にりそな銀行を利用している方は、よりお得にカードローンが利用できますよ。
\審査手続がスムーズ!/

りそな銀行カードローンの審査は甘い?

りそな銀行カードローンへの申し込みを検討している方の中には「審査難易度が気になる」という方も多いのではないでしょうか。

一般的に、消費者金融系カードローンに比べて、銀行系カードローンは審査が厳しい傾向にあるといわれています。

そのため、りそな銀行カードローンの審査難易度は、ぜひチェックしておきたい項目です。

ここでは、気になる「りそな銀行カードローンの審査難易度」をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

審査難易度

りそな銀行カードローンの審査難易度は「高め」と予測できます。

りそな銀行カードローンの申し込み条件は、満20歳以上満66歳未満の方で継続した収入があることです。雇用形態の指定はなく、パートやアルバイトでも申し込みできます。

しかし、専業主婦や学生の方は申し込みできません。

カードローンの審査難易度を見極める際、重要と考えられるのが保証会社です。

カードローンには保証会社がついており、保証会社の審査基準が適用されます。

りそな銀行カードローンの保証会社はりそなカード株式会社」またはオリックス・クレジット株式会社となっています。

銀行系カードローンの中には、消費者金融が保証会社になっているケースが多くありますが、りそな銀行は消費者金融が保証会社ではありません。

一般的に、保証会社が消費者金融の場合に比べて、審査難易度は厳しくなる傾向にあるといわれています。

 そのため、りそな銀行カードローンの審査難易度は、他の銀行系カードローンと比較しても高めと考えられます。

おすすめカードローン会社

金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

1プロミス

プロミス
プロミスの特徴
  • 利用者数&顧客満足度No.1※1
  • カードレスでWeb完結が可能
  • 最短30分審査・最短30分融資
業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※1出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム
アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM
※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック
バンクイックの特徴
  • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
  • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
  • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
  • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
\銀行金利のカードローン/
 キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※2
融資スピード 最短翌営業日※3
WEB完結 可能
パート・アルバイト 申し込み可能
※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
\銀行金利のカードローン/

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結で面倒な電話連絡不要
  • SMBCグループ
  • カードレスで最短即日融資可能
SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を開設していれば、保険証のみでWeb完結申し込みを済ませることができます
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

まとめ

ここまで、りそな銀行カードローンについてまとめてきました。

りそな銀行カードローンは審査難易度こそ高いと考えられるものの、金利が低い傾向にあったり、キャッシュカードで使えたり、メリットが多いカードローンです。

審査から契約までは来店不要。WEBで完結します。

ぜひこの記事の内容を参考に、りそな銀行カードローンの申し込みを検討してみてください。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事