楽天プレミアムカード

楽天ポイントが貯まるのはもちろん、様々な特典が付帯している「楽天プレミアムカード」。

すでに楽天カードを使っている方の中には、楽天カードからの切り替えを検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、楽天プレミアムカードについて徹底解説。特典やメリットから審査難易度にいたるまで、詳しくまとめています。

楽天プレミアムカードの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天プレミアムカードは、自分から申し込みできる楽天のハイステータスカードです。

楽天プレミアムカードには、国内・海外空港ラウンジの利用特典が付帯。海外トラベルデスクと各種保険で、快適さと安心さをサポートしてくれます。

楽天市場で獲得できるポイントは最大7倍。楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.00〜5.00%
国際ブランド Mastercard/JCB/VISA/AmericanExpress
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
ショッピング保険 国内:300万円
海外:300万円
審査可能年齢 20歳以上

楽天プレミアムカード3つのメリット

まずは、楽天プレミアムカードのメリットを確認していきましょう。

楽天プレミアムカードの主なメリットは以下3つです。

  1. 楽天市場でポイント+4倍
  2. 誕生月にポイント6倍
  3. 旅行保険・ショッピング保険が付帯

それぞれ解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

1楽天市場でポイント4倍

楽天プレミアムカード1つめのメリットは、楽天市場でポイントが最大+4倍になることです。

楽天プレミアムカードは、カード利用額100円ごとに楽天ポイント1ポイントが貯まります。

普段の買い物やネットショップはもちろん、公共料金の支払いでもポイントを貯めることが可能です。

 さらに、楽天プレミアムカードを楽天市場で使うと、ポイント+最大4倍!!

楽天市場で買い物すればするほど、ポイントが貯まります。

楽天市場での買い物が月2万円以上の方は、年会費以上のポイントを獲得可能。楽天ユーザーにとっては、非常にお得な1枚です。

2誕生月にポイント最大6倍

楽天プレミアムカード2つめのメリットは、誕生月にポイントが最大6倍になることです。

楽天プレミアムカードでは、バースデープレゼントとして、ポイントが多く付与される優待サービスが付帯しています。

誕生月ポイントアップの対象となるのは

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス

での買い物です。

楽天プレミアムカードを使って買い物すると、通常ポイント+1倍の楽天ポイントが付与されます。

さらに、楽天プレミアムカードは、いつでも楽天市場でポイント4倍のカードです。そのため、誕生月に楽天市場で買い物すれば、最大6倍のポイントが受け取れます。

例、誕生月に「楽天市場」「楽天ブックス」で楽天プレミアムカードを使った場合

楽天市場のポイント 1倍(100円あたり1ポイント)
楽天プレミアムのポイント 4倍
誕生月のポイント
1倍
合計 6倍

誕生月に楽天プレミアムカードを使って、楽天市場で買い物すると爆発的にポイントが貯まります。

例えば、楽天市場で1万円買い物した場合、600ポイントも貯まります。

急ぎのモノでなければ、楽天市場で誕生月にまとめて購入もおすすめです。

ただし、誕生月ポイントには上限があります。誕生月ポイントの獲得上限は月間10,000ポイントです。

月間100万円以上使わなければ、獲得上限を超えることはありませんが、覚えておきましょう。

3旅行保険・ショッピング保険が付帯

楽天プレミアムカード3つめのメリットは、旅行保険・ショッピング保険が付帯していることです。

楽天カードのデメリットのひとつが保険が手薄なことでした。

楽天カードはポイントが貯まりやすいカードとして人気がありますが、付帯保険は海外旅行保険2,000万円のみ。補償内容の乏しさが目立ちます。

しかし、楽天プレミアムカードには、手厚い保険が付帯。海外・国内旅行保険ともに最高5,000万円が補償されます。

保険内容比較!楽天カード(一般)vs楽天プレミアムカード

 楽天カード(一般) 楽天プレミアムカード
海外旅行保険 最高2,000万円 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
海外ショッピング保険 最高300万円
国内ショッピング保険 最高300万円

楽天カードと楽天プレミアムカードの補償内容を比較すると、その差は一目瞭然です。

楽天プレミアムカードに切り替えれば、手厚い補償内容をバックに、安心してカードを利用できます。

楽天プレミアムカードの特典

次に、楽天プレミアムカードの特典内容を解説していきます。

楽天プレミアムカードの主な特典内容は以下3つです。

  1. プライオリティパス
  2. 国内空港ラウンジサービス
  3. 3つの優待サービスを選択可能

各特典内容を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1プライオリティパス 

楽天プレミアムカードには、プライオリティパス が付帯しています。

プライオリティパスとは

世界148カ国600以上の都市や地域で、1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスのこと

プライオリティパスの年会費は約1万〜4万円程度です。プランによって料金が異なります。

プライオリティパスの年会費

スタンダードプラン 99ドル(約15,000円)
スタンダード・プラス 299ドル(約32,000円)
プレステージ 429ドル (約45,000円)

楽天プレミアムカードを持っていれば、プライオリティ・パスの発行が無料です。

さらに、最も年会費が高いプレステージ会員同等のサービスが受けられます。
 楽天プレミアムカードの年会費は税込11,000円。プライオリティパス が無料利用できるだけで、年会費の元が取れる計算です。

楽天プレミアムカード1枚あれば、海外出張から旅行まで幅広くカバー。プライオリティパスを使って、フライトまでの待ち時間を有意義に過ごせます。

2国内空港ラウンジサービス

楽天プレミアムカードでは、海外空港ラウンジだけでなく、国内空港ラウンジサービスも無料利用できます。

楽天プレミアムカードで利用できる国内空港ラウンジは以下のとおりです。

楽天プレミムカードで利用できる国内空港ラウンジ一覧

北海道
  • 新千歳空港「スーパーラウンジ 」「ノースラウンジ」
  • 函館空港「国内線ビジネスラウンジ」
  • 旭川空港「ラウンジ大雪(TAISETSU)」
東北
  • 青森空港「エアポートラウンジ」
  • 秋田空港「ラウンジロイヤルスカイ」
  • 仙台国際空港「ビジネスラウンジ」 
北陸
  • 新潟空港「エアリウムラウンジ」
  • 富山空港「らいちょう」
  • 小松空港「スカイラウンジ白山」
関東
  • 中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジセントレア」「第2プレミアムラウンジ セントレア」
  • 富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」 
中部
  • 成田空港 第1旅客ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」「ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)」
  • 成田空港 第2旅客ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」「TEIラウンジ」
  • 羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」「POWER LOUNGE NORTH」「POWER LOUNGE CENTRAL」
  • 羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」「エアポートラウンジ(南)」「POWER LOUNGE CENTRAL」
近畿
  • 関西国際空港「比叡(ひえい)」「六甲」「アネックス六甲」「金剛」 
  • 伊丹空港「ラウンジオーサカ」
  • 神戸空港「ラウンジ神戸」 
中国
  • 岡山空港「ラウンジ マスカット」
  • 広島空港「ビジネスラウンジ「もみじ」」
  • 米子鬼太郎空港「ラウンジDAISEN」 
  • 山口宇部空港「ラウンジきらら」
四国
  • 高松空港「ラウンジ讃岐(さぬき)」
  • 松山空港「ビジネスラウンジ」
  • 徳島阿波おどり空港「ヴォルティス」 
九州
  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」「ラウンジTIMEインターナショナル」
  • 北九州空港「ラウンジひまわり」
  • 大分空港「ラウンジくにさき」
  • 長崎空港「ビジネスラウンジ「アザレア」」
  • 阿蘇くまもと空港「ラウンジ「ASO」」
  • 宮崎ブーゲンビリア空港「ブーゲンラウンジひなた」
  • 鹿児島空港「スカイラウンジ菜の花」
  • 那覇空港「ラウンジ華(hana)」

楽天プレミアムカードでは、国内45ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用できます。

空港ラウンジ利用に必要なものは「楽天プレミアムカード」と「当日の搭乗が確認できるもの」2つのみです。

年間の利用回数に上限はありません。対象の空港ラウンジであれば、何度でも無料利用できます。

33つの優待サービスを選択可能

楽天プレミアムカードには、3つの優待サービスが用意されています。

自分のライフスタイルに応じて、3つの優待サービスから1つが選択可能です。

楽天プレミアムカード3つの優待サービス

楽天市場コース 毎週火曜・木曜日に楽天市場で買い物するとポイント1倍加算
トラベルコース 楽天トラベルでオンライン決済するとポイント1倍加算
エンタメコース 楽天ブックス・楽天TV利用でポイント1倍加算

楽天サービスでお得にポイントが貯まる3つの優待サービス。自分でコースを選択できるのがメリットです。

利用頻度が高い楽天サービスを選んで、ザクザク楽天ポイントを貯めましょう。

ただし、獲得できるポイントは月間10,000ポイントが上限です。もし10,000ポイントを超えても、翌月にはリセットされます。

楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替えはお得?

すでに楽天カードを使っている方の中には、楽天プレミアムカードへの切り替えを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで、楽天カードから楽天プレミアムカードへ切り替えるメリットやキャンペーンを解説していきます。

楽天カードを所有している方は、楽天プレミアムカードに切り替えるべきか判断してみてください。

楽天プレミアムカードに切り替えるメリット

楽天カードから楽天プレミアムに切り替えるメリットは以下3つです。

  1. 海外・国内空港ラウンジが利用できる
  2. 保険が手厚くなる
  3. 楽天ポイントが貯まる

楽天プレミアムカードには、プライオリティパスや国内空港ラウンジサービスが無料付帯しています。

海外・国内旅行保険も付帯しているため、飛行機に乗る機会が多い人ほど、切り替えのメリットが大きくなるといえます。

また、楽天ポイントが貯まりやすいことも楽天プレミアムカードの特徴です。

とくに楽天市場での買い物では、通常の4〜6倍の楽天ポイントを貯められます。

楽天市場で頻繁に買い物している方も、楽天プレミアムカードへの切り替えを検討する価値は十分あるでしょう。

楽天プレミアムカードへの切り替えキャンペーン

楽天カードから楽天プレミアムカードに切り替えると、キャンペーン特典として3,000ポイントもらえます。

切り替えキャンペーンは常時開催。カード申し込みの翌々月の20日頃にポイントが付与されます。

一時期、楽天プレミアム切り替えで「年会費3年間無料キャンペーン」が実施されていましたが、現在は終了しています。

楽天プレミアムカードの審査難易度

楽天プレミアムカードの申し込みには、独自の審査があります。

もし楽天カードから切り替える場合も、審査を通過しないことには楽天プレミアムカードを発行できません。

ここでは、楽天プレミアムカードの審査難易度を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

楽天プレミアムカードの審査難易度は「普通(中)」程度と予測できます。

楽天プレミアムカードの申し込み条件は20歳以上で安定した収入があること。毎月一定の収入さえあれば、パートやアルバイトの方でも申し込みできます。

楽天プレミアムカードは、楽天カードの中でステータス上位の1枚ですが、比較的審査難易度はそこまで厳格ではないと考えられます。

 平均年収程度の正社員の方であれば、審査通過することが多く、資産や世帯年収次第では、学生や主婦で審査通過した事例もあります。

もし楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替えを検討している場合、重要になると予想できるのが「楽天カード」の利用履歴です。

  • 「楽天カードの利用額が高額」
  • 「楽天カードの利用歴が長い」

上記に該当する人ほど、楽天プレミアムカードを発行できる可能性は高くなると考えられます。

一方で、過去に支払いを延滞していると、審査は不利になる危険性を考えられます。切り替えを検討している方は、カードの利用履歴に気をつけましょう。

【まとめ】楽天プレミアムカードはこんな人におすすめ

ここまで、楽天プレミアムカードについて解説してきました。

楽天プレミアムカードは、楽天市場で楽天ポイントが多く貯まるクレジットカードです。

プライオリティパス や国内空港ラウンジサービが付帯しており、旅行好きや出張が多い方にも適しています。

年会費は税込11,000円と高額ですが、使い方によっては簡単に元が取れる1枚です。

楽天プレミアムカードはこんな人におすすめ
  • 空港をよく利用する方
  • 楽天市場でよく買い物する方
  • 楽天関連サービスをよく利用する方

ぜひこの記事の内容を参考に、楽天プレミアムカードへの申し込みを検討してみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事