楽天カードのキャッシングの利用方法は?金利や手数料、審査時間も解説
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

キャッシング機能が付帯しているクレジットカードは数多くあります。新たなサービスへの登録は不要で、いつでも現金の引き出しができとても気軽に活用できるのが嬉しいポイントです。

楽天カードもキャッシングサービスが利用できるカードの1つですが、使い方や詳細がわからずなかなか利用できない方もいるかと思います。

そこでこの記事では、楽天カードのキャッシングサービスについて詳しく解説していきます。金利や手数料などの基本情報から、返済方法や使い方、審査まで解説するのでぜひ参考にしてみてください。

既に楽天カードを利用中の人も、これから利用を検討している人も参考になる内容になっています。
\年会費永年無料/

ATMを利用する人

楽天カードのキャッシングは、楽天カード利用者を対象に提供されているサービスです。基本的な利用方法は、銀行や消費者金融が提供しているカードローンサービスと大きな違いはありません。

ATMやネットバンキングを利用して、いつでも気軽に現金の借入ができるのが特徴です。国内外で利用ができるため、旅行先で現金が足りなくなってしまったというような不測な事態でも安心でしょう。

楽天カードキャッシングの主な利用例
  • コンビニなどの提携ATMから現金を引き出して利用
  • 海外の提携ATMから現金を引き出して利用
  • ネットバンキングを利用して指定口座に現金を振り込んでもらい利用

しかし、キャッシングはクレジットカードのキャッシングの利用額の範囲内でしか借入ができません。

キャッシングを利用しすぎてしまうと、返済するまでショッピングの利用限度額が制限されてしまいます。

 カードの利用限度額は、利用者ごとで異なるのが一般的です。申請をすれば、申し込み後に利用枠の増額をすることもできます。

カードローンと比較すると、新たなサービスへの利用登録や審査をすることなく利用を開始できる点は、カードのキャッシング機能の魅力です。少額を気軽に借り入れたいという人にはぴったりのサービスでしょう。

楽天カードキャッシングの金利・手数料

お金を抱える人

楽天カードのキャッシングを利用する前に押さえておきたいのが金利や手数料など、サービスの利用にかかるコストです。

まずは、金利について解説します。

金利

実質年利(一律) 18.0%
遅延損害金利 20.0%

通常は実質年利18.0%の金利で借入をすることができます。金利は一律になっており利用額によって金利が変動することはありません。

遅延が起こった場合は、楽天カードの通常の請求額に加えて20.0%の遅延損害金を支払う必要があるため注意が必要です。

手数料

次に、楽天カードのキャッシングにかかる手数料について紹介します。楽天カードのキャッシングをATMで利用した際にかかる手数料は以下の通りです。

1万円以下のキャッシング 110円
1万円以上のキャッシング 220円

キャッシングの利用額によってATMの利用手数料は異なります。手数料を安く抑えたいという場合は、ネットキャッシングがおすすめです。

ネットキャッシングを利用する場合は、振り込み手数料などが一切かかりません。24時間いつでもインターネットからキャッシングの利用申し込みが可能で、平日9:00~14:49であれば即時振り込みの利用が可能です。

監修者
手数料や金利をなるべく抑えるとお得に利用できるでしょう。
\年会費永年無料/

楽天カードキャッシングの使い方・やり方

ATMを操作する人

楽天カードのキャッシングサービスはATMとネットキャッシングでの2通りの利用方法があります。それぞれの利用方法について解説していきます。

ATMを利用してのキャッシング方法

ATMを利用してのキャッシングの手順
  1. キャッシングサービスの利用申し込みをする
  2. コンビニや銀行の提携ATMにカードを挿入する
  3. 「出金」を選択
  4. 暗証番号の入力
  5. 借入金額の選択
  6. 返済方法を指定(一括/リボルビング払い)
  7. カード・明細・現金を受け取る

楽天カードに付帯しているキャッシングサービスを利用するためには別途申し込みが必要です。カード申し込み時に、キャッシング利用枠の設定をしている場合には不要ですが、未設定の場合はキャッシング利用前に手続きを行いましょう。

楽天カードのキャッシングサービスは、全国コンビニの提携ATMや、銀行のATMを利用することができます。提携ATMの主な設置先は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

    その他のコンビニや、信用金庫や信用組合のATMも利用できるので、全国どこでも利用できるのが魅力です。

    さらにキャッシングは、海外のATMでも利用することが可能。旅行先の街中や空港に設置されている提携ATMから現地の外貨を引き出すことができるので海外旅行がとても手軽になります。

    手数料は110円〜220円と、日本でキャッシングを利用するときと変わりません。

    場合によっては、両替手数料よりもお得になる可能性があるのも魅力的でしょう。

    \年会費永年無料/

    ネットを利用してのキャッシング方法

    ネットキャッシングを利用する人

    ネットキャッシングの利用手順
    1. 「楽天e-NAVI」または「楽天カードアプリ」にログイン
    2. ネットキャッシングの申し込みページを開く
    3. 振り込みの種類を選択(通常キャッシング/指定日キャッシング)
    4. 振り込み希望金額を選択
    5. 支払い方法を指定
    6. 暗証番号を入力
    7. 指定口座に現金が振り込まれる

    楽天カードのキャッシングサービスは、ネットからの申し込みでも利用することができます。24時間いつでも会員専用サービスの「楽天e-NAVI」または「楽天カードアプリ」から申し込むことができるので便利でしょう。

    平日9:00~14:49であれば「即時振り込み」にも対応しているので、申し込み後すぐに指定口座にて借入金の受け取りをすることができます。手数料も無料で利用することができるので、手軽に活用しやすいでしょう。

     指定日のキャッシングの利用予約をしたい場合には「指定日予約振り込み」の利用が便利です。

    ネットキャッシングなら、ATMに出向くことなく借入金の受け取りができるので、仕事や家事で時間がないという人でも簡単に利用できるのようになっています。

    楽天カードキャッシングの返済方法

    財布にお金を入れる手

    楽天カードのキャッシングの返済には、「一括返済」と「リボ払い返済」の2つの方法があります。

    返済は、ショッピング枠の支払いに利用しているものと同じ口座から、返済日に引き落としで支払いが可能です。どちらの方法を利用しても、支払い日は毎月27日に指定されています。

    一括払い

    一括払いの場合は、キャッシング利用をした翌月に、ショッピング利用額の支払いとともに返済を行います。

     返済の際は、利用額に利息を加えた金額を用意しておく必要があります。

    支払日に口座残高が不十分な場合、引き落としがされず遅延扱いになる恐れがあるので注意しましょう。返済方法の設定は、借入時に選択することができます。一括返済を選択していた場合、後からリボ払い返済に切り替えることが可能です。

    監修者
    一度変更した支払い方法を元に戻すことはできないので注意しましょう。

    リボ払い

    リボ払い返済を利用する場合には、毎月一定の返済額を分割で返済していきます。返済金額に利息をプラスした一定の金額を毎月支払う形になるので、返済計画が立てやすいのが魅力でしょう。

    リボ払いでは最長で5年以内に返済を完了する必要があります。毎月の返済額は借入残高によって異なり、最低3,000円(+利息)から返済可能なので、毎月の返済負担を軽減することができるでしょう。

    借入残高 最低の返済額
    ~10万円以下 3,000円+利息
    20万円超~50万円以下 10,000円+利息
    50万円超~100万円以下 20,000円+利息
    100万円超 40,000円+利息

    リボ払いを利用する場合、毎月の返済額に利息が追加されるため、返済期間が長くなれば長くなるほど、総返済額が大きくなってしまうと点は押さえておきたいポイントでしょう。

    自分に合った返済方法を見極め、無理のない返済計画を立てた上で返済を進めるようにすると安心です。

    \年会費永年無料/

    楽天カードキャッシングの審査・審査時間は?

    ATMを操作する手

    楽天カードのキャッシングを利用するためには、カードの利用とは別途キャッシング利用の審査を受ける必要があります。カードの申込時にキャッシングの利用を申し込む場合は、両方の審査を同時に行うことができるようになっています。

    審査にかかる期間は比較的短く、最短で1日、長くても1週間程度で審査結果を受け取ることができるでしょう。

     審査では、基本的な個人情報や、年収、勤務先での継続勤務年数、住宅ローンの有無などカード申し込みと類似した内容を見られます。

    審査で収入や住宅ローンについて申告する理由として、総量規制の適応があります。クレジットカードのキャッシング利用額は、総量規制という法律により制限されています。

    総量規制とは、貸金業者の貸付額を制限する法律です。この貸金業者の対象となるカード会社は、利用者の年収の3分の1を超える融資の貸付を行うことはできません。

    他社でローンの借り入れがある場合には、他社での借入も合わせた総額が年収の3分の1以内である必要があります。

    楽天カードキャッシングのメリット

    楽天カードキャッシングのメリット
    • 新たなサービスへの登録不要で気軽に利用できる
    • 海外でも現地通貨のキャッシングが可能
    • ネットキャッシングを利用すれば手数料が無料
    • キャッシング枠希望で最大2,000ポイントもらえる

    新たなサービスへの登録不要で気軽に利用できる

    既に楽天カードを利用している人にとっては、新規サービスへの登録などが不要でいつでも気軽に利用開始できるという点はメリットといえるでしょう。

    クレジットカード申し込み時にキャッシング枠の設定をしておけば、キャッシングサービス利用時に改めて審査を受ける必要がありません。必要になった時にすぐに利用できるのは魅力的でしょう。

     カード申し込み時にキャッシング枠の申し込みをしていない場合は、別途キャッシング利用の申し込みをする必要があります。

    カードローンの契約をするほどではないけれど、ちょっとした時に現金を借り入れたい場合などにはぴったりなサービスです。

    \年会費永年無料/

    海外でも現地通貨のキャッシングが可能

    楽天カードのキャッシングサービスを利用すれば、海外でも現地の通貨を簡単にキャッシングすることができます。海外旅行や出張が多いという人には魅力的なサービスでしょう。

    ATMを利用してキャッシングを利用するためには利用手数料がかかりますが、その手数料は国内利用時と海外利用時で同じになっています。そのため、海外通貨の両替手数料よりもキャッシング手数料の方が安いという場合も少なくありません。

     海外通貨の両替手数料は、利用する両替所によって異なります。一般的に、銀行や空港などで両替を行うと手数料が割高になるでしょう。

    「海外旅行中に大金を持ち歩きたくないけれど、もしもの時が不安…」という人は、楽天カードを旅行先に持って行っていればいつでも必要に応じキャッシングを利用できるので安心でしょう。

    ネットキャッシングを利用すれば手数料が無料

    パソコンを操作する人

    楽天カードのネットキャッシングを利用すれば、手数料無料で融資の借入をすることができます。ATMからのキャッシングには110円〜220円の利用手数料が発生するので、通常よりもお得に利用可能です。

    ネットキャッシングでは、会員サイトからのキャッシング申し込みが可能で平日の日中の時間であれば即時振り込みにも対応しています。

    また、借入金は指定の口座に直接振り込まれるので、ATMに出向くことなくインターネット上でやりとりを完結させることが可能です。

     ネットキャッシングの申し込みは、24時間いつでも受け付けています。

    少額の借入を何度もする人は、数百円程度の手数料でも、積もり積もってかなりの額になってしまうということは少なくありません。

    監修者
    手数料無料のネットキャッシングであれば、何回でも気軽に利用できるでしょう。

    \年会費永年無料/

    キャッシング枠希望で最大2,000ポイントもらえる

    楽天カードでは、新規申し込み時にキャッシング枠を希望すると、抽選で最大2,000楽天ポイントがもらえるキャンペーンを常時開催しています。

    付与される楽天ポイントは、希望額に応じて以下のように変動します。

    希望額 ポイント
    30万円以上 抽選で500名に2,000ポイント
    30万円未満 抽選で500名に500ポイント

    もし以上の抽選に外れてしまった場合も10ポイントは全員に付与されるので、通常よりもお得に楽天カードを発行することが可能です。

    楽天カードキャッシングのデメリットや注意点

    楽天カードキャッシングのデメリット
    • クレジットカードのキャッシングは金利が高め
    • ショッピング枠の利用が制限されてしまう

    クレジットカードのキャッシングは金利が高め

    楽天カードのキャッシングに限らず、クレジットカードのキャッシング全般に言えることですが、銀行などが提供するカードローンと比較すると金利が割高であることが多いでしょう。

    銀行などが提供するカードローンの平均的な金利は14〜16%程度ですが、楽天カードの金利は18%に設定されています。さらに、この金利は一律に設定されており、借入額がいくらでも変動することはありません。

     銀行カードローンでは、借入残高に応じて金利が異なることが多いでしょう。一般的に借入残高が多いと金利が安くなります。

    少額を借り入れてすぐに返済をするという場合には、気軽に利用できる楽天カードのキャッシングサービスは魅力的です。

    しかし、まとまった金額を借り入れる場合や今後何度も借入をする予定があるという場合カードローンを利用した方がお得な場合もあるでしょう。

    ショッピング枠の利用が制限されてしまう

    カードが入ったお財布

    クレジットカードのキャッシング枠を利用する際の注意点として挙げられるのが、ショッピング枠の利用枠が制限されてしまうという点でしょう。

    クレジットカードの利用可能枠は、キャッシング枠とショッピング枠それぞれの利用額の合計になっています。

     利用額を超えてしまうと、キャッシングの返済やショッピング枠利用の支払いが済むまでは、新たな利用はできなくなってしまいます。

    普段からショッピング枠の利用額が限度額ギリギリというような人は、注意が必要です。キャッシング枠を利用してしまうと、その分、普段の買い物でカード支払いが利用できなくなってしまうというようなことがあるでしょう。

    金利を抑えたい方やショッピング枠の利用制限が気になる方は、併せて次に紹介するカードローンの利用も検討してみてください。

    厳選!おすすめカードローン会社

    ここからは、各カードローンの金利や融資スピード・実際の利用者の口コミを比較した結果、当サイトが特におすすめするカードローンを紹介します。中でもおすすめなのは、次の4社です。

    おすすめカードローン会社4選

    総合的におすすめなカードローン3選

    いずれも融資スピードが比較的早く、金利の低さや無利息サービスなどおすすめできる特徴があります。ぜひ自分に合ったカードローン選びの参考にしてみてくださいね。

    1プロミス

    プロミス

    プロミスの特徴
    • カードレスでWeb完結が可能
    • 最短30分審査・最短30分融資

    業界最大手のプロミスではプロミスをはじめてご利用の方に対して最大30日間無利息※1で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。

    プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。

    また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。

    金利(実質年率) 4.5%~17.8%
    限度額 500万円
    審査期間 最短30分※1
    融資スピード 最短30分
    WEB完結 可能
    学生の利用 可能
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    プロミス 公式サイト

    ※1※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    2アコム

    アコム

    アコムの特徴
    • 最短30分の審査&最短即日振り込み
    • 最大30日間金利0円サービス
    • 全国5万台以上※1の自社・提携ATM

    三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。

    CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照

    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
    アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!

    審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん※2からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。

    また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。

    金利(実質年率) 3.0~18.0%
    限度額 1万円〜800万円
    審査期間 最短30分
    融資スピード 最短即日可能
    WEB完結 可能
    ※3
    学生の利用 可能※4
    返済方式 定率リボルビング方式
    返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
    担保・保証人 不要
    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

    アコム 公式サイト

    ※1) 2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

    ※2) 2020年3月時点

    ※3) 在籍確認が行われる場合があります。

    ※4) 20歳以上で本人に安定した収入がある方

    3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    バンクイック

    バンクイックの特徴
    • 電話・インターネットの申込に対応
    • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
    • 毎月1000円からの返済が可能※1
    • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要

    三菱UFJ銀行の銀行系カードローンが「バンクイック」です。

    銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単に申し込みまでのWeb完結が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネットでのお申し込みができます。

    \銀行金利のカードローン/
     キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
    銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
    金利(実質年率) 1.8~14.6%
    限度額 10~500万円
    審査期間 最短翌営業日※2
    融資スピード 最短翌営業日※3
    WEB完結 お申し込みまでは可能
    パート・アルバイト 申し込み可能
    \銀行金利のカードローン/

    三菱UFJ銀行 公式サイト

    ※1 お借入利率(金利)によって返済額が異なります。

    ※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。

    ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。

    ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。

    4SMBCモビット

    SMBCモビットの特徴
    • Web完結で面倒な電話連絡不要
    • SMBCグループ
    • カードレスで最短即日融資可能

    SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    上記いずれかの口座を開設していれば、保険証、本人確認書類と収入証明書類の提出※1でWeb完結申し込みを済ませることができます。

    \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
    SMBCモビット申込み
    Webで完結可能
    このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!

    ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。

    金利(実質年率) 3.0~18.0%
    限度額 800万円
    審査期間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日可能※2
    WEB完結 可能
    学生の利用 可能
    \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
    SMBCモビット申込み
    Webで完結可能

    SMBCモビット 公式サイト

    ※1 SMBCモビット「モビットカードのお申込」

    ※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

    まとめ

    この記事では、楽天カードカードに付帯しているキャッシングサービスの基本情報や、金利、手数料や返済方法について詳しく紹介しました。

    楽天カードを持っていれば利用することのできる便利な機能なので、利用方法について知っておくと、もしもの時にも活用しやすいでしょう。

    一方で、金利が比較的高めであることやショッピング枠の利用が制限されることがデメリットとして挙げられます。

    楽天のキャッシングサービスのメリット・デメリットを加味しつつ、ご紹介したカードローンと併せて比較して検討してみてくださいね。

    \年会費永年無料/

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事