プロミス

高い人気を誇る消費者金融カードローンの「プロミス」。お金を借りたい方の中には、プロミスへの申し込みを検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プロミスについて徹底解説プロミスの特徴や借入・返済方法はもちろん、審査難易度に至るまで詳しくまとめています。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスに申し込む前に必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、プロミスの特徴を確認しましょう。

プロミス

プロミスの主な特徴は以下3つです。

  1. 最短30分のスピード融資
  2. 原則24時間いつでも振り込み可能
  3. アプリローン

それぞれ解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

1最短30分のスピード融資

プロミスの特徴1つめは、最短30分のスピード融資です。

プロミスは、カードローンとして、融資までのスムーズな手続が強みです。

申し込みから融資までの時間は最短30分間。急ぎでお金が必要な方でも、審査さえ通過すれば即座に借入できます。

2原則24時間いつでも振り込み可能

プロミスの特徴2つめは、原則24時間いつでも振り込み可能なことです。

 プロミスでは、会員サービスから24時間365日土日・夜間でも、申し込めます。

申込み完了後、24時間振込可能な金融機関の口座を持っている場合、最短10秒での振り込み可能です。

プロミス振り込み利用手順
  1. 会員サービスにログイン
  2. 振込先口座を登録
  3. 振込キャッシングの申し込み
  4. 振込完了(最短10秒で振込み)

「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」「ゆうちょ銀行」をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

ただし、金融機関によって振り込み実施時間が異なります。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

金融機関別の詳細な振り込み時間は、プロミスのホームページに記載されていますので、ぜひ確認してみてください。

3アプリローン

プロミスの特徴3つめは、アプリローンが利用できることです。

アプリローンとは

スマホで申込みから借入れまで完結するサービスのこと

アプリローンを利用するには、 スマホに無料の専用アプリをダウンロード。「Web完結」で契約すれば、無人契約機へ行く必要がありません。

 借入は、セブン銀行のスマホATMで「24時間いつでも」「必要な時に」「カードレスで」可能です。

自宅への郵送物も一切なく、いつでも簡単・便利に利用できます。
アプリローン新規申し込みから借入までの流れ
  1. アプリで新規申し込み・書類提出
  2. 最短30分で審査・契約完了
  3. カードレス・アプリでセブン銀行ATMから即日借入

さらに、アプリローンにはお得なクーポンが満載です。

アプリ限定のスマホ画面を見せるだけで使えるおトクな割引「アプリdeクーポン!」や、会員向けの優待サービスなど、アプリでさまざまなおトクを利用できます。

プロミスのアプリローンは

店舗に行ったり郵送物が届いたり、複雑なやり取りがしたくない、、、

急な用事ですぐにお金が必要になった、、、

という方におすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの金利・利用限度額

プロミスの金利は4.5〜17.8%。利用限度額は500万円です。

消費者金融の金利・利用限度額一覧

 金利(実質年率) 利用限度額
プロミス 年4.5〜17.8% 500万円
SMBCモビット 年3.0〜18.0% 800万円
アイフル 年3.0〜18.0%  800万円
アコム  年3.0〜18.0% 800万円 
レイクALSA 年4.5〜18.0% 500万円
セントラル 年4.8〜18.0% 300万円
フクホー 年7.3〜20.0% 200万円
アロー 年15.00%~19.94% 200万円
フタバ  年14.959〜17.950% 50万円

プロミスは、かなり上限金利が低いカードローンということができます。

借入限度額も500万円と高額なうえ、低金利で借入できるお得なカードローンです。

カードローン選びでは少しでも金利が低い商品を選ぶことが大切です。金利が低いほど、余計な利息を支払わずにすみます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融カードローンの利用を検討している方は、プロミスへの申し込みを検討してみてください。

プロミスの借入方法

次に、プロミスの借入方法を確認していきましょう。

プロミスの借入方法は以下3つです。

  1. 口座に振り込み
  2. 提携ATMで借り入れ
  3. 店頭窓口

それぞれ解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1口座に振り込み

プロミスでは、インターネットや電話から口座への振り込みが可能です。

口座振り込みするには、まずスマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインします。

簡単な手続きのみで、すぐに指定口座への振り込みが可能です。

振り込み手数料は0円。24時間利用できます。

また、電話からの振り込み依頼も可能。全国どこからでも、24時間通話料無料で利用できます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2提携ATMで借り入れ

プロミスのカードローンは、全国のプロミスATM・全国の提携金融機関ATMから、借入可能です。

プロミス提携ATM
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • コンビニATM(Enet)
  • ゆうちょ銀行
  • 第三銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 熊本銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 親和銀行
  • 横浜銀行
  • 広島銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • プロミスATM

プロミスのATM借入でおすすめなのは「プロミスATM」「三井住友銀行ATM」です。

プロミスATM・三井住友銀行ATMなら、利用手数料が0円。いつでも借入できます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

その他の提携ATMでは、借入ごとに利用手数料がかかるので注意しましょう。

3店頭窓口で借り入れ

プロミスは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)での借入もできます。

店頭窓口の対応時間は平日10:00〜18:00。借入への不安を相談することもできますので、近くに店舗がある方は活用してみてください。

プロミスの返済方法・返済期日・返済額

カードローンを利用する際、ぜひ把握しておきたいのが返済方法です。

返済方法や返済期日によってカードローンの使いやすさは大きく左右されます。

ここでは、プロミスの返済方法や返済期日を解説。返済額も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1返済方法

プロミスでは、利用シーンに合わせた返済方法が選択できます。プロミスの返済方法は以下6つです。

プロミスの返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • プロミスATM
  • 店頭窓口
  • コンビニマルチメディア

プロミスの返済方法を選択する際、注意したいのが手数料です。

 「三井住友銀行ATM」「プロミスATM」を除いた提携ATMで返済する場合、返済手数料がかかります。

提携ATM以外の返済方法を選択すれば、手数料は無料です。手数料を少しでも低く抑えたい方は、提携ATM以外の返済方法を選びましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2返済期日

プロミスでは「5日」「15日」「25日」「末日」の中から都合の良い返済期日が選べます。

返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)にあたる場合は、翌営業日が返済期日となります。

おすすめは、給料日に合わせて返済期日を選ぶことです。給料日に最も近い返済期日を設定し、無理なく計画的な返済を行いましょう。

3返済額

プロミスの返済額は借入金額と返済期間によって異なります。

以下、5年以内に完済する場合の返済額例をまとめています。ぜひ目を通してみてください。

借入金額 返済期間(回数):返済額
10万円 1年以内(11回):10,000円
2年以内(24回):5,000円
3年以内(32回):4,000円
20万円 1年以内(12回):19,000円
2年以内(24回):10,000円
3年以内(32回):8,000円
30万円 1年以内(12回):28,000円
2年以内(24回):15,000円
3年以内(36回):11,000円
40万円 1年以内(12回):37,000円
2年以内(24回):20,000円
3年以内(35回):15,000円
4年以内(47回):12,000円
5年以内(53回):11,000円
50万円 1年以内(11回):46,000円
2年以内(24回):25,000円
3年以内(34回):19,000円
4年以内(47回):15,000円
5年以内(58回):13,000円

毎月の返済額は借入金額だけでなく、返済期間で異なるので事前に確認しておくことが重要です。

返済期間が長引くほど毎月の返済負担を減らせますが、支払う利息は高額になるため注意しましょう。

また、プロミスでは毎月決まった返済額+αで返済できる随時返済も可能です。

 随時返済すれば、返済期間を短くできるのはもちろん、支払う利息が安く済ませられます。

随時返済に特別な手続きや手数料は一切不要ですので、お金に余裕がある月は積極的に活用しましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの申し込み条件と必要なもの

ネットから簡単に申し込みできるプロミス。申し込み手続きは全てWEBで完結します。

プロミスに申し込む前、ぜひ確認しておきたいのが申し込み条件です。

申し込み条件を満たしていなければ、そもそもプロミスのカードローンを作成できません。また、申し込みには必要な書類もあります。

ここでは、プロミスの申し込み条件と必要書類を紹介しています。ぜひ確認してみてください。

申し込み条件

プロミスの申し込み条件は、年齢20~69歳で本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は利用できます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

申し込みに必要なもの

プロミスの申し込みには、本人確認書類が必要です。有効な本人確認書類は以下のとおりです。

プロミスの申し込みに必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

運転免許証を持っている方は、原則として運転免許証を提出する必要があります。

もし運転免許証を持っていない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「住民票」を用意しましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

収入証明書が必要なケース

プロミスでは、申し込みに収入証明書が必要なケースがあります。

プロミスで収入証明書が必要なケースは、以下どちらかに該当する場合です。

プロミスで収入証明書が必要なケース
  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

プロミスでは借入額が50万円以下の場合、収入証明書を提出する必要はありません。本人確認書類のみでカードローンが作成できます。

もし、借入額が50万円を超える方・借入合計額が100万円を超える方は、以下の書類から1点を用意しましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

収入証明書の準備には多少の時間がかかります。50万円以上の借入を行う方は、余裕を持って取り揃えておきましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの審査難易度

プロミスへの申し込みを検討している方の中には「審査に通るか不安」という方も多いのではないでしょうか。

プロミスではカードローンの申し込みに審査が必須です。審査に通過しないことには、お金が借りられません。

そこで、プロミスの審査難易度を解説。審査落ちするパターンや審査通過率を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

プロミスの審査難易度

プロミスの審査難易度は「銀行系カードローンほど厳格ではない」と予測できます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスで審査落ちする原因

プロミスで審査落ちする場合、いくつか決まったパターンがあります。以下、プロミスで審査落ちする方の原因として考えられるものをまとめています。

プロミスで審査落ちする原因の例
  • 他社借入件数が2件以上
  • 借入額が年収の3分の1を超えている
  • ブラックリストに登録されている
  • 短期間に複数のカードローンへ申し込んだ
  • 半年以内にプロミスの審査に落ちた
  • 収入がない
  • 在籍確認ができない
  • 過去にプロミスで借金を踏み倒した事がある

上記ケースに該当する場合、プロミスで審査落ちする可能性があると考えられます。

ただし、最終的な判断はプロミスが下すため、審査に落ちると断言はできません。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

迷っている方は申し込みを検討してみてください。

まとめ

ここまで、プロミスについて解説してきました。

プロミスは最短30分でのスピード融資が特徴。申し込み手続きはWEB完結するため、非常に簡単です。

審査難易度もそこまで厳格ではないと考えられます。

ぜひこの記事の内容を参考に、プロミスに申し込んでみてくださいね。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事