プロミスの審査にかかる時間は?審査に落ちた人の口コミから基準を解説

プロミスは、キャッシング・カードローンを提供する大手消費者金融です。

テレビコマーシャルでも頻繁に放送されており、知名度も高い消費者金融として国内でも高い人気を誇ります。

そこで今回は、プロミスの基本情報や申し込みの流れをはじめ、審査基準について口コミから調査し解説します。

他社の消費者金融とも金利を比較するなど、利用を検討している人にとって有益な内容となっているため、ぜひ参考にしてみてください。
この記事のポイント
  • 消費者金融プロミスの基本情報
  • 融資をプロミスで受ける流れ
  • プロミスの審査基準
  • 他社とプロミスの金利を比較
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融プロミスとは

プロミス

今では多くの消費者金融があり、テレビコマーシャルでの宣伝も積極的に実施しています。

そのため、昔よりもカードローンという存在が身近になったといっても過言ではありません。まずは、プロミスの基本情報について、下記表にまとめています。

運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス
申し込み
条件
年齢20歳~69歳のご本人に安定した収入のある方(主婦・パート・アルバイトでも可能)
金利
(実質年率)
年4.5〜17.8%
融資限度額 500万円
即日融資 可能(WEB申し込みに限る)

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンで、金利は実質年率4.5%から17.8%です。

 上限金利が他の消費者金融に比べて少し安い!

融資限度額は500万円となりますので、まとまったお金が必要な際にも活用できます。

そして、プロミスは初めて利用する人であれば、メールアドレスを登録しWEB明細を利用することで、30日間無利息サービスが受けられますのでおすすめです。

無利息期間は初回出金の翌日から30日間となります。

無利息サービスがあると嬉しいですね!

金利による利息は返済額に大きく影響するため、初めてカードローンを利用する場合は不安に感じている人は少なくありません。

まず安心して利用できる点は、プロミスを契約するうえで大きなメリットといえます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

レディースキャッシングがある

プロミスには、女性専用のカードローンサービスであるレディースキャッシングがあります。

レディースキャッシングとは

女性利用者専用ダイヤルのこと。オペレーターも全て女性!

プロミスでは、主婦やパート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込みができます。融資限度額は500万円以下で、金利は実質年率4.5%から17.8%です。

資金使途は生計費に限りますので、ご注意ください。(個人事業主の場合は生計費または事業費に限ります。)

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

申し込み〜融資をプロミスで受けるまでの流れ

プロミスの申し込みから融資を受けるまでの流れについて見ていきましょう。プロミスの申し込み方法は以下の4種類用意されています。

プロミス申し込み方法
  • WEB
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

それぞれの申し込み方法ごとに申し込み後の流れについて解説していきます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
WEBでの申し込みの流れ

パソコンやスマートフォンから申し込みができる方法で、24時間365日受け付けています。

WEB申し込みでの流れは下記です。

WEB申し込みの流れ
  1. WEBにて申し込み
  2. 申し込み情報をもとに審査
  3. ご契約
  4. 借入可能

審査に通過後の契約手続きは、WEBもしくは来店の2通りとなりそこでカードの有無を選択します。カードなしの場合、申し込みはWEB完結です。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
電話での申し込みの流れ

電話での申し込みの流れは下記になります。

電話での申し込みの流れ
  1. 電話申込
  2. 審査
  3. ご契約
  4. 借入可能

電話での申し込みの場合は、9:00〜21:00の時間帯で受け付けており、平日だけでなく土日祝日でも申し込みができます。

電話での申し込みの際に、審査で必要となる氏名や生年月日等を伝えると申込情報をもとに審査へ入り、最短30分で回答という流れです。

審査に通過した場合は、来店もしくは郵送にて契約手続きを行い、その後借り入れが可能となります。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
郵送での申し込みの流れ

郵送による申し込みの流れは下記です。

郵送での申し込みの流れ
  1. 必要書類と申込書を郵送する
  2. 指定の連絡先に審査結果が連絡される
  3. 契約書類とカードを郵送で受け取る
  4. 借入可能

郵送で申し込みをする場合、申込書はインターネットもしくはお電話で取り寄せできます。

また、店頭窓口にも設置されています。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
来店での申し込みの流れ

来店による申し込みの流れは下記です。

来店での申し込みの流れ
  1. 必要書類を持参して自動契約機・店頭窓口で手続き開始
  2. 審査
  3. 契約可能であれば説明に入る
  4. 借入可能

店頭の場合は、その場ですべての手続きが済ませられるため、WEBや電話よりもスタッフに任せられるため安心です。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査の流れは、申込情報をもとに実施されます。

審査で注目されるポイントは以下の通りです。

プロミスの審査で見られるポイント
  • 本人確認書類は正しく提出されているか
  • 他社からの借り入れ情報はどうなのか
  • 過去に金融事故は起こしていないか
  • 収入状況はどうなのか

審査に要する時間については、混雑状況にもよりますが、最短30分で済むため比較的早いです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
プロミスの審査結果はメール?電話?
プロミスの審査結果はどのように伝えられますか?
プロミスの審査結果は申し込み方法によって伝達方法が異なります。
申し込み方法による審査結果の伝達方法は以下の通りです。
WEB
申し込み
電話orメール
(自分で選択可能)
電話
申し込み
電話
郵送
申し込み
電話
来店
申し込み
店頭
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

審査基準の公表はプロミスで行われていない

カードローンやクレジットカードなど、お金に関わるサービスを利用するには審査に通過しなければいけません。

そして、各サービスで審査の通過基準は異なるため、一概に甘い・厳しいは言い表せられません。

プロミスの審査基準についても一般的に公表されていませんが、申し込み条件には年齢20歳~69歳のご本人に安定した収入のある方(主婦・パート・アルバイトでも可能)」とあります。

プロミスはパートやアルバイトでも申し込みが可能なことから審査基準はそこまで厳しくないと言えそうです。

審査が厳しくないと言っても誰でも通過できるわけではありません!
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの審査は甘い?厳しい?

プロミスの審査では、返済能力が求められるという情報が多いです。

お金を貸す側となるプロミスからすると、当然ですが返済期日にしっかると支払ってくれる人と契約します。

 安定した収入を確保できているかは、審査において最重要!

以下の項目に当てはまる方は注意が必要です。

  • 過去に金融事故を起こしている
  • まだ返済が完了していない借入れがある
  • 個人信用情報機関に名前が掲載されている

仮に、債務整理など金融事故を起こし個人信用情報機関に名前が掲載されていると、審査通過は難しいでしょう。

しかし、申し込み条件として幅広い雇用形態を受け入れている点から、決してプロミスの審査は厳しくはないという印象を受けます。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

審査時間を短縮しプロミスで即日融資を受ける方法

プロミスで審査時間を短縮し即日融資を受けるには、WEBで申し込みをして契約を進めてください。

 プロミスはWEBサイトで24時間365日申し込みが可能で、自宅からでも簡単に申し込める!

申し込みが完了したら審査に入り、早ければ最短30分で結果が出ます。

無事審査に通過した場合、カードの発行を希望しなければ契約手続きが完了となり、時間が短縮できてWEB上で融資の取引が可能です。

即日融資を受けるためには審査実施時間内(9:00〜21:00)に申し込みを完了させましょう!

審査の混雑状況にもよるため、確実に即日融資が可能とは言い切れませんが、早めの時間帯に申し込みをしておくことで即日融資が受けられる可能性は高くなります。

プロミスの審査は平日だけでなく土日でも実施されていますので、平日は忙しく時間が設けられない人にもおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

口コミからわかるプロミスの評判

あらゆるサービスの評判をチェックするうえで、ネット上に寄せられている口コミは非常に活用できます。

ここからは、プロミスの審査に対する評判を口コミから見ていきましょう。

プロミスの審査に通った人の口コミからわかること

プロミスの審査に通った人の口コミを調査すると以下のような口コミが目立ちました。

プロミスの審査に通った人の口コミ
  • 他社からの借入がある場合でも融資を受けることができた
  • アルバイトでも審査に通過した
  • スタッフの対応が親切で安心して利用できた

やはり、プロミスの申し込み条件にもある通り、パート・アルバイトでも可能なことから雇用形態が正社員でなくとも安定した収入があると判断されれば融資が受けられるようです。

スタッフの対応も好評で、初めての方でも安心して利用できますね!
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスの審査に落ちた人の口コミからわかること

次は、プロミスの審査に落ちてしまった人の口コミもみてみましょう!

プロミスの審査に落ちた人の口コミ
  • 過去に債務整理をしていたためか審査に通らなかった
  • 複数の消費者金融からお金を借りていたらプロミスの審査に落ちてしまった

プロミスの審査に落ちた人の口コミには、やはり過去に金融事故を起こしている人が挙げられます。

上記に当てはまってしまうため審査に受かるか心配という方は以下の記事で自分にあっているカードローン会社を見つけてみましょう!

プロミスの増額方法

カードローンを利用する場合、やはり融資可能な限度額は多めに設定したいと考えてる人は少なくありません。

プロミスの増額方法は、会員サービス内にある「限度額変更のお手続き」から申し込みをして、審査に通過すれば増額することができます。

または、プロミスコールに連絡をして増額申請を行ってください。

 増額審査での希望する金額が50万円を超える場合と、他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要

増額申請は希望金額を入力して収入証明書を提出すると、最短30分で結果が出ます。来店することなくWEBで申請できますので、手軽さも嬉しいポイントです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

他社とプロミスの金利を比較

カードローンを利用するにあたり、金利については返済額に大きく関係するため事前に確認が必要です。

大手消費者金融と金利を比較した表が下記になります。

プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

他社の大手消費者金融と金利を比較すると、プロミスは下限が若干高めですが上限は低いです。

 カードローンを利用する際は、上限金利を比較するようにしてください。

低い金利で借りられるのは、上限金額が限度額いっぱいに近い人となります。

通常は上限金利をベースに融資を実施することがほとんどなので、出来るだけ上限金利が低い消費者金融を選んでください。

その点から、プロミスは大手の中でも利用しやすいおすすめの消費者金融カードローンといえます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

まとめ

この記事では、プロミスについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 消費者金融プロミスの概要
  • 申し込みからプロミスで融資を受けるまでの流れ
  • プロミスの審査基準は比較的厳しくはないと想定される
  • 他社よりもプロミスの金利が低い

プロミスは大手消費者金融のなかでも、パート・アルバイトの人でも収入が安定していれば融資が受けられることから、審査基準は比較的厳しくないことがわかります。

申し込みについても24時間365日受け付けているWEB申し込みはあり、カードを受け取らなければWEB完結できるため非常に便利です。

大手の消費者金融と比較しても上限金利が低めなので、利用しやすい点もおすすめの理由です!

初めて申し込みをした人は30日間無利息サービスが受けられるため、カードローンの利用を検討している場合は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事