ポンタポイント クレジットカード

ローソンや、auのサービスで貯まるPontaポイント

1ポイント=1円で使えるお得なポイントなので「もっと効率よく貯める方法を知りたい!」という方も多いでしょう。

結論から言うと、ポイントの2重取りができる「クレジット決済」がおすすめです。

そこで今回は、Pontaポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードを紹介します。Pontaポイントの、お得な使い道も紹介していきます。

この記事を参考にすれば、おすすめのクレジットカートだけでなく、Pontaポイントを効率よく貯める方法がわかりますよ。
\Pontaポイントに交換できる/

Pontaポイントが貯まるクレジットカード5選

1リクルートカード 

リクルートカード

リクルートカードは、株式会社RECRUITが発行するクレジットカードです。Pontaの提携店でなくても、還元率は1.2%と比較的高い部類に入ります。

貯まるポイントは、リクルートポイントです。

 1ポイント=1Pontaポイントと交換できるので、実質Pontaポイント還元率1.2%のカードと言えます。

また、じゃらんやホットペッパーなど、リクルートのサービスで使えば還元率がアップしてお得です。ザクザクポイントを貯めて、Pontaの提携サービス・お店で使用するのも良いでしょう。

年会費は永年無料で、家族カードやETCカードも無料で発行可能です。旅行保険やショッピング保険も付帯しているため、初めてカードを作る方でも安心です。

年会費 永年無料
ポイント還元率 通常1.2%(最大21.2%)
貯まるポイントの種類 RECRUITポイント
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
審査可能年齢 18歳以上
交換できるポイント Ponntaポイント・dポイント
締め日・引き落とし日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピング保険
\1.2%の高還元率カード/

2Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plusは、一般コースとリボ専用コースから選べるクレジットカードです。

Potaポイントカードにクレジット機能が付帯されているカードなので、1枚で両方の役割を担うところがメリットでしょう。クレジット決済の還元率は1~2%です。

ただし、一般カードは年会費がかかるところがデメリットです。リボ専用カードの場合は年会費無料ですが、人によってはリボ払いが苦手な方もいるでしょう。

一般コース リボ専用コース
年会費 無料
※次年度以降2,200円(税込)
無料
ポイント還元率 100円
=1ポイント
100円
=2ポイント
貯まるポイントの種類 Pontaポイント
国際ブランド JCB
審査可能年齢 18歳以上(高校生を除く)
カード有効期限 5年間
締め日・引き落とし日 末日締め・翌月27日払い
付帯保険 国内・海外傷害保険/盗難保険

3シェル-Pontaカード

シェル-Pontaカード

シェル-Pontaクレジットカードは、シェルSSや出光SS・apollostationでの決済で、給油2Lにつき4ポイント貯まります。

さらに、シェルSSや出光SS、apollostation以外のPonta提携社各社でクレジット決済すると。クレジットポイントが上乗せで加算されます。

Ponta提携店でポイント二重取りが可能なため、最大4%の還元です。

初年度は年会費無料。次年度の年会費1,375円(税込)も、Ponta加盟のシェルSSや出光SS、apollostationを年1回以上利用で無料になります。

※ガソリン・軽油合計150L/月まで適用

年会費 1,375円(税込)
※初年度無料・2年目以降条件付き無料
ポイント還元率 通常1.0%
貯まるポイントの種類 Pontaポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
審査可能年齢 18歳以上
交換できるポイント JALマイル
締め日・引き落とし日 5日締め・当月27日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピング保険

4JQ SUGOCA

JQ SUGOCA

JQ SUGOCAは、電子マネーのSUGOCA機能を搭載したカードです。JQ CARDをJR博多シティ、アミュプラザ博多、博多デイトスで使うと、請求時に5%OFFになります。

JQ SUGOCAで貯まるJRキューポは、Pontaポイントと等価交換可能です。交通系の支払いはもちろん、買い物でもJRキューポハは貯まるので、SUGOCA圏内に在住の方におすすめです。

年会費 1,375円(税込)
※初年度無料・2年目以降条件付き無料
ポイント還元率 通常0.5%
貯まるポイントの種類 JRキューポ
国際ブランド VISA・Mastercard
審査可能年齢 18歳以上
交換できるポイント Pontaポイント・Tポイント・JALマイルなど
締め日・引き落とし日 10日締め・翌月2日払い
付帯保険 ショッピング保険

5ジャックスカード プラチナ

ジャックスカード プラチナ

ジャックスカード プラチナは、豊富な特典が特徴のカードです。24時間365日のコンシェルジュサービスをはじめ、約200店舗のレストラン優待や、空港ラウンジ無料サービスが付帯しています。

またジャックスカード プラチナは、プラチナカードだからこそ実現できるポイント還元率も魅力です。合計200円ごとに3ポイントが貯まり、Pontaポイントに交換できます。

年会費 22,000円(税込)
ポイント還元率 通常1.50%
貯まるポイントの種類 ラブリィポイント
国際ブランド Mastercard
審査可能年齢 23歳以上
交換できるポイント Pontaポイント・ベルメゾンポイント・Gポイントなど
締め日・引き落とし日 月末締め・翌月27日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピング保険

Pontaポイントとは?

出典:https://point.recruit.co.jp/pontaweb/about/ponta/

Pontaポイントとは、LAWSON(ローソン)やauのサービスなどを利用する際に「貯まる・使える」共通のポイントです。

Ponta提携サービス・お店でポイントカード、または公式アプリを提示すれば、利用金額に応じてポイントを貯められます。

 「100円または200円につき1ポイント」の付与率で還元されます。

また、Pontaポイントは「1ポイント=1円」として使用可能。提携サービス・店舗の数が多く、日常生活で活用できる場面が多いでしょう。

じゃらんやポンパレモールなどの、提携サービスを利用した場合も貯まりますよ。
\Pontaポイントが貯まりやすい/

【Pontaポイントが貯まる・使える】お店・サービス一覧

出典:https://point.recruit.co.jp/point/?tab=pointUseService

いくつかのPontaポイントが貯まる・使えるお店とサービスは、以下の通りです。実店舗だけでなく、インターネット上のサービスも対象です。

【Pontaポイントが貯まる・使える】お店・サービス一例
  • 高島屋
  • ライフ
  • SEGA(セガ)
  • COCO’S(ココス)
  • すき家
  • はま寿司
  • Joshin(ジョーシン)

上記以外にも、たくさんのお店・サービスと提携していますよ。
\Pontaポイントに交換できる/

Pontaポイントは各種ポイントと交換できる

Pontaポイントは、他のポイントやマイルと交換できます。

 交換レートが「1ポイント=1ポイント」の場合がほとんどなので、減らずに済みます。

もし「身の回りで使い道がみつからない…」という方であれば、交換すると良いでしょう。

Pontaポイントと同じく、使い道の多いdポイントにも交換できますよ。
\Pontaポイントに交換できる/

au Payと連携すれば効率よくポイントが貯められる

au PayとPontaカードは、連帯可能です。au PayからデジタルPontaードが提示できるので、スマホ1台でポイントカードの提示とお会計が完結します。

 すでにau Payを利用していた方は、貯まっているau WALLETもPontaポイントにまとめられます。

面倒な手続きはなく、au Payから連帯するだけで完了します。

出典:https://www.au.com/payment/point/

さらに、au Payと連帯すれば「ポイントの2重取り」が可能に。Ponta提携店舗でカードを提示した後に、au Pay(コード支払い/ネット支払い)で支払うだけです。

 支払い前に、必ずPontaカードを提示しましょう。

2重取りできるところは、au Payと連帯させるメリットだと言えます。詳しい仕組みについては、以下をご参照ください。

  • Pontaカードの提示で100円or200円につき1P
  • au Payで支払うことで200円(税込み)ごとに1P
  • 1回のお会計で2倍のポイントが獲得できる!

au Payと連帯させるだけのお手軽さなので、ぜひ活用してみてください。

Pontaポイントがもらえる3つの方法

出典:https://www.lawsonbank.jp/creditcard/point/

Pontaポイントがもらえる3つの方法
  1. Pontaカードを提示する
  2. RECRUIT(リクルート)のサービスを利用する
  3. クレジットカード決済をする

ここでは、Potntaポイントのもらい方の中で、おすすめの方法を3つご紹介します。

Potntaカードの提示以外にも獲得方法はあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1Pontaカードを提示する

一番代表的な方法は、提携店でPontaカードを見せる方法です。

 Pontaカードの入会金・年会費は無料です。公式サイトから申し込めば、2週間程度で発行できます。

実物のカードだけでなく、デジタルPontaカードでも代用できます。提携会社によって、さまざまなデザインがありますよ。

出典:https://point.recruit.co.jp/pontaweb/about/ponta/card/

またPontaカードには、ポイントカード+αの機能を持つカードもあります。

プリペイド機能付きクレジット機能付きなど、自分に最適な機能を付帯しているカードを発行するのも良いでしょう。

\Pontaポイントに交換できる/

2RECRUIT(リクルート)のサービスを利用する

出典:https://point.recruit.co.jp/recruitid/doc/recruitid.html

株式会社RECRUITが展開するサービスを利用するのも一つの手です。

リクルートは、旅行予約サイトの「じゃらん」や、美容院やエステの予約ができるホットペッパービューティーなど、1度は耳にしたことがある便利なサービスを展開しています。

 大手企業が展開するサービスなので、日常的に利用しやすい方も多いでしょう。

また、じゃらんやホットペッパーでPontaポイントをもらう方法は、サイト経由で予約するだけ。特に何かを購入する訳ではなく、予約して来店すれば付与されます。

RECRUITのサービスでPontaポイントをもらうなら「リクルートID」の発行が必須ですよ。

3クレジットカード決済をする

Pontaポイントをさらに効率よく獲得するためには、クレジットカード決済がおすすめです。

「Pontaカード×クレジットカード」で、ポイントの2重取りができます。

 Pontaカードの還元率×クレジットカードの還元率で、2重取りができるということです。

ただし、使用するクレジットカードは、Pontaポイントの提携ポイントがもらえるカードでなければ意味がありません。別の種類のポイントをもらったところで、使い道がバラバラになっていしまいます。

出典:https://www.ponta.jp/c/creditcard/?vos=pppjpappppDL20180723002

公式サイトでおすすめしているクレジットカードは「Ponta Premium Plus」「リクルートカード」です。どちらも還元率を3%以上に上げられる、優秀なクレジットカードだと言えます。

 ただし「Ponta Premium Plus」の一般カードは2年目以降、年会費2,200円(税込)がかかります。

年会費無料のカードでもらうなら「リクルートカード」が良いでしょう。
\年会費無料の高還元率カード/

Pontaポイントを貯めるならクレジットカード払いがお得

Pontaポイントをもっとも効率よく獲得する方法は、クレジットカード払いです。Pontaカードの還元率0.5~1.0%に加えて、カード会社毎の還元もあります。

 仮にリクルートカードなら「1.0%+1.2%」なので、常時2.2%の還元率が適用されます。

また、2重取りという点では「au Payでもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。ですが、au Payはオンライン決済に対応している店舗でしか利用できません。

以上のことから、どんなお店でもPonta、または交換可能なポイントが貯まるクレジット決済が、もっとも効率の良い方法だと言えます。

使えるお店の制限がない、クレジットカード決済が一番おすすめですよ。
\Pontaポイントが貯まりやすい/

Pontaポイントを貯めるならリクルートカードがおすすめ

Pontaポイントを貯めるならリクルートカードがおすすめです。なぜ、Pontaポイントを貯めるのにリクルートカードがおすすめなのか、その理由を解説します。

リクルートカードは提携店舗・サービス利用で還元率UP

出典:https://recruit-card.jp/

リクルートカードは、スーパーやコンビニはもちろん、通販で利用しても1.2%の高還元です。

貯まるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントと「1ポイント=1円」のレートで交換できるので、実質Pontaポイントを貯めているようなものです。

 提携サービスによっては、最大21.2%まで還元率がアップします。

貯めたポイントは、RECRUITの提携サービスで使用可能。Potntaポイントやdポイントと交換すれば、使い道はさらに広がります。

RECRUITの提携サービスと還元率をご紹介します。
ポンパレモール 4.2~21.2%
ホットペッパーグルメ 1.2%+利用人数×50P
ホットペッパービューティー 3.2%
じゃらん 3.2~11.2%
\Pontaポイントに交換できる/

リクルートIDとポンタIDを連携させよう

出典:https://www.ponta.jp/c/creditcard/?vos=pppjpappppDL20180723002

リクルートIDとPontaIDは、連帯可能です。2つのIDを連帯させるだけで、簡単にPontaポイントに交換できます。

 Pontaの公式サイトに、リクルートIDでログインしましょう。

またリクルートIDは、じゃらんやホットペッパーなどのサービスでも利用可能。「獲得ポイントの種類を、Pontaポイントdポイントの2から選べる」といったメリットがあります。

ホットペッパーやじゃらんから予約するだけでも増やせますよ。
\Pontaポイントに交換できる/

まとめ

ここまで、Pontaポイントが貯まるクレジットカードについて紹介しました。

「どんどんポイントを貯めたい!」という方には、クレジットカード決済がおすすめです。カードを選ぶ基準は、Pontaポイント、またはPontaポイントと交換可能なポイントが貯まるカードを選びましょう。

Pontaポイントを貯めるカード選びで迷ったら、リクルートカードがおすすめです。通常時還元率1.2%でポイントが貯まるうえ、1ポイント=1Pontaポイントと交換できます。

ぜひ今回の内容を参考に、気になるクレジットカードを手に入れましょう。

\Pontaポイントが貯まりやすい/
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事