【2022最新・比較】おすすめのプラチナカード人気ランキング
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

豊富な優待特典とサービスが魅力の「プラチナカード」。ステータスカードとして誰もが憧れる1枚です。

今回は、プラチナカード人気おすすめランキングを発表します。ランキングでは、プラチナカード選びで重要な下記9項目を徹底比較。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • ポイントの使いやすさ
  • 国際ブランド
  • 旅行保険
  • ショッピング保険
  • 空港ラウンジサービス
  • カード付帯サービス・優待の充実度
  • 交換可能マイル

本当に価値がある、おすすめのプラチナカードが分かる内容です。また、基本のポイント還元率が高い順におすすめランキングを作成しました。

プラチナカード選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。
\お得なキャンペーン実施中/

人気のおすすめプラチナカード10枚を徹底比較!

この記事では人気のプラチナカードを10枚紹介していますが、その中でも迷ってしまうという方に特におすすめなのが以下の3枚です。

プラチナカードおすすめランキング

プラチナカードおすすめ3選

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardとアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはどちらも金属製なので、よりステータスの高さを感じられるでしょう。

JCBプラチナは、そのコストパフォーマンスの高さが大きなメリットです。この他にも魅力的なプラチナカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card(チタンカード)は、世界で最も多くの場所で使えるマスターカードブランドのプラチナカードです。プラチナカードでありながら、Web入会で最短10分で申し込み・最短5営業日で発行できます。

また以下のようなユニークな優待特典が多数用意されており、持っているだけで様々な特典を利用できます。

  • 事前入金サービス…事前に振込すれば利用枠以上の買い物ができる
  • おうち時間優待…厳選した食材を優待価格で用意
  • コンシェルジュサポート…24時間365日対応可能

さらにラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、キャッシュバックやギフト券でも高い還元率を誇ります。毎月50万円の支払いで、年間60,000円のキャッシュバックを受けられます。※1

ちなみにカード利用で貯めたポイントは、様々なマイルとも交換可能※2です。交換できるマイルは以下の通りです。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardで交換可能なマイル

ほかにも、旅行時に便利なプライオリティ・パスや手荷物宅配サービスもあります!
年会費 55,000円(税込)
通常ポイント還元率 1.0%〜2.2%
ポイント名
国際ブランド Mastercard
旅行傷害保険
  • 海外:最高1億2,000万円
  • 国内:最高1億円
ショッピングガード保険
  • 海外:最高300万円
  • 国内:最高300万円
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、ハワイアン航空、ユナイテッド航空
空港ラウンジ 世界の空港ラウンジが利用可能(プライオリティ・パス)
主なサービス
  • コンシェルジュサービス(24時間365日利用可能)
  • おうち時間優待
  • 事前入金サービス
  • レストランで1名様分が無料
  • ホテルのルームアップグレード
  • 全国映画館優待
申込対象 20歳以上(学生不可)

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card公式サイト

※1:還元率1.0%、最大還元率2.2%

※2:マイル交換の還元率は0.6%

2JCBプラチナ

JCBプラチナ

JCBプラチナは、日本発国際ブランド“JCB”が発行するプラチナカードです。

 24時間365日利用可能な『プラチナ・コンシェルジュデスク』や、海外空港ラウンジを無料で利用できる『プライオリティ・パス』など、プラチナカードとしての手厚いサービスが用意されています。

保険内容も充実しており

  • 旅行傷害保険(国内・海外)
  • ショッピングガード保険
  • 国内・海外航空機遅延保険

が付帯しています。

ハイステータスながら、コスパのかなり良好なプラチナカードです。

\優待店でいつでもポイント2〜10倍!/

プラチナカード選びで迷ったら、まずJCBプラチナを持っておけば間違いありません。
年会費 27,500円(税込)
通常ポイント還元率 0.5%~5%
※1,000円(税込)につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
ポイント名 Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
旅行傷害保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高1億円
ショッピングガード保険
  • 海外:最高500万円
  • 国内:最高500万円
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
空港ラウンジ 世界の空港ラウンジが利用可能(プライオリティ・パス)
主なサービス
  • プラチナ・コンシェルジュデスク(24時間365日利用可能)
  • レストランで1名様分が無料
  • 人気の高いホテル・旅館をお得に宿泊可能
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • JCBゴールドグルメ優待サービス
  • ゴルフサービス
申込対象 25歳以上で安定継続収入のある方(学生不可)
\優待店でいつでもポイント2〜10倍!/

3アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、一流ホテルで優待サービスが受けられるプラチナカードです。

 元々は、招待制だったアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード。2019年4月より申し込みできるようになりました。

ステータスの高さはプラチナカードの中でも相当なもの。最高1億円まで補償される充実した保険や、世界各国での優待サービスが魅力の1枚です。

期間限定でお得なキャンペーンも実施中です。
年会費 143,000円(税込)
通常ポイント還元率 0.5%~1.0%
※100円につき1ポイント付与、一部例外がございます。
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード
国際ブランド American Express
旅行保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高1億円
ショッピング保険
  • 海外:最高500万円
  • 国内:最高500万円
交換可能マイル ANAマイル、スカイマイル 
空港ラウンジ 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能
主なサービス
  • ラグジュアリーホテルやリゾート施設で優待特典
  • ホテル・メンバーシップ
  • プラチナコンシェルジュデスク
  • 個人賠償責任保険
  • ホームウェアプロテクション
  • 世界中どこからでも日本語で相談可能
審査可能年齢
\アメックスの誇るステータスカード/

4セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、バラエティに富んだサービスが魅力のプラチナカードです。

海外旅行からグルメ、ショッピングはもちろんスポーツジムや家事などの日常使いできるものまでさまざまなジャンルの優待・特典サービスをご用意しております。

引用元:【公式】セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード|SAISON PLATINUM AMEX

空港ラウンジサービスはもちろん、ジムの優待など、日常から非日常までを幅広くサポートしてくれます。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで貯まる永久不滅ポイントは有効期限がないため、好きなタイミングで豪華アイテムと交換可能。マイルへの移行もできます。

年会費 22,000円(税込)
通常ポイント還元率 0.75%~1%
※国内使用の場合1,000円(税込)につき1.5ポイント付与。1ポイント=5円相当として何円分のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
ポイント名 永久不滅ポイント
国際ブランド American Express
旅行保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
ショッピング安心保険
  • 海外:最高300万円
  • 国内:最高300万円
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル
空港ラウンジ 148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能(プライオリティ・パス)
主なサービス
  • ライフスタイル優待サービス
  • カーライフ優待サービス
  • ショッピング優待サービス
  • 弁護士紹介サービス
  • ヘルス&ビューティー優待サービス
  • 宿泊優待
  • 旅行サービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • ハイヤー送迎サービス
申込条件 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)

5三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコス株式会社が発行するプラチナカードです。

特徴は、アメックスの優待プログラムやサービスが付帯していることです。

プライオリティ・パスが付帯しているのはもちろんのこと、プラチナ・コンシェルジュサービスも受けられます。

また、世界中の厳選したお店での優待が受けられたり、ゴルフ場の予約代行サービスが受けられたりします。

年会費 22,000円(税込)
通常ポイント還元率 0.5〜5.5%
※1,000円につき1ポイント付与
ポイント名 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード グローバルポイント
国際ブランド American Express、UnionPay
旅行保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
ショッピング保険
  • 海外:最高300万円
  • 国内:最高300万円
交換可能マイル JALマイル、マイレージプラス
空港ラウンジ 世界140ヵ国・1,200ヵ所以上のラウンジをご用意しているプライオリティ・パスが無料
サービス
  • 24時間健康・介護相談サービス
  • プラチナ・コンシェルジュサービス
  • 手荷物空港宅配サービス
  • プラチナ・グルメセレクション
  • 名門ゴルフ場予約代行サービス
  • 一流ホテル優待
  • ハーツGoldプラス・リワーズ
審査可能年齢 20歳以上

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

※グローバルポイントの金額相当額表記は、1ポイントあたり5円相当の商品に交換した場合です。交換商品により、換算額が異なります。

6エポスプラチナ

エポスプラチナカード

エポスプラチナは、有効期限なしの永久ポイントが貯まるプラチナカードです。

 エポスプラチナカードは、年間の利用金額に応じて最大10万円分のボーナスポイントを取得可能。さらに、貯まったポイントで年会費を支払うこともできます。

海外旅行保険は自動付帯プライオリティパスも付帯しており、カード1枚で安心して海外に旅行できます。

\まずは通常カードから/

年会費 30,000円(税込)
通常ポイント還元率 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
ポイント名 エポスポイント
国際ブランド VISA
旅行保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高1億円
ショッピング保険
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル
空港ラウンジ 世界130ヵ国500以上の都市で1,000か所以上の空港ラウンジが無料
主なサービス
  • プラチナトラベル
  • 紛失受付センター24時間
  • 緊急カード発行発行無料
  • Visaゴールド国際線クローク
  • Visaプラチナ海外Wi-Fi
  • Visaプラチナ空港宅配
審査可能年齢 20歳以上

\まずは通常カードから/

7TRUST CLUBプラチナマスターカード 

TRUST CLUBプラチナマスターカード 

TRUST CLUBプラチナマスターカードは、手軽に発行できるプラチナカードです。

 年会費は3,300円(税込)。22歳以上・年収200万円以上を入会の目安として申し込みできます。

手頃なプラチナカードですが、サービス内容は十分。高級旅館、国内レストラン、海外・国内ホテルでの優待などが受けられます。最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険も付帯しており、安心して旅を楽しめるでしょう。

ポイントには有効期限がなく、還元率も高いのが嬉しいですね。

\プラチナマスターカード/

年会費 3,300円(税込)
通常ポイント還元率 0.825%
※100円につき2ポイント付与
ポイント名 TRUST CLUB リワードポイント
国際ブランド Mastercard
旅行保険
  • 海外:最高3,000万円
  • 国内:最高3,000万円
ショッピング保険
  • 海外:最高50万円
  • 国内:最高50万円
交換可能マイル
空港ラウンジ
主なサービス
  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
  • 国際線手荷物宅配優待サービス
  • ダイニングby招待日和
入会の目安 22歳以上、年収200万円以上

8三井住友 プラチナ

三井住友プラチナカード

三井住友 プラチナは、三井住友が発行するハイクラスのクレジットカードです。

三井住友 プラチナカードでは、買い物から食事の手配、旅行先での対応まで、国境を越えたワンランク上のサービスを提供。至高のホスピタリティが溢れています。

専用のコンシェルジュによるサポートも万全です。

必要な情報のご提供やご旅行のサポートなどをお届けするコンシェルジュサービスをご用意しております。個人的な嗜好や要求に合う旅行を選ぶお手伝いや航空券・ホテル・レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応いたします。

引用元:旅行|三井住友カード プラチナ

※公式ページの記載によります。

カードの発行は30歳からですが「保険内容」「カードスペック」「サービスの充実度」どれもきわめて高いため、ぜひ手に入れたいプラチナカードです。
\ワンランク上のサービスが充実/
年会費 55,000円(税込)
通常ポイント還元率 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
ポイント名 Vポイント
国際ブランド Visa/Mastercard®
旅行傷害保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高1億円
ショッピング保険
  • 海外:最高500万円
  • 国内:最高500万円
交換可能マイル ANAマイル
空港ラウンジ 世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能(プライオリティ・パス)
主なサービス
  • レジャーイベント優待サービス
  • グルメ優待サービス
  • トラベル優待サービス
  • コンシェルジュサービス
審査可能年齢 原則30歳以上

\ワンランク上のサービスが充実/

9楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスを無料発行できる楽天のハイステータスカードです。

国内・海外空港ラウンジの利用に加え、海外トラベルデスクと各種保険でさらなる快適さと安心をサポート。楽天市場では最大5倍のポイントが貯まります。

楽天カードユーザーであれば、ぜひ狙いたい1枚です。

楽天を利用する頻度が高い人ほど、大きなメリットがあります。
年会費 11,000円(税込)
通常ポイント還元率 1.0%
※100円につき1ポイント付与
ポイント名 楽天ポイント 
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express
旅行保険
  • 海外:最高5000万円
  • 国内:最高5000万円
ショッピング保険
  • 海外:最高300万円
  • 国内:最高300万円
マイル交換可能 ANAマイル
空港ラウンジ 世界1,300か所以上の空港ラウンジが利用可能(プライオリティ・パス)
主なサービス
  • トラベルデスク
  • ETCカード永年無料
審査可能年齢 20歳以上

10UCプラチナカード

UCプラチナカード

UCプラチナカードは、質の高いサービスを利用したい方におすすめのプラチナカードです。ポイント還元率が国内海外ともに1.0%と高めなのも嬉しいポイント。

また、UCプラチナカードでは、以下の条件を達成するとボーナスポイントがもらえます。

【UCプラチナカード ボーナスポイント獲得条件】

① 当年10月〜翌年9月までに、ポイントを付与された月が10回以上→100ポイント獲得

② 上記を満たしたうえで、UCポイントの合計が1,000ポイント以上→さらに150ポイント獲得

プラチナカードらしい充実の優待サービスが豊富なのも大きな特徴です。24時間どこでも利用可能なプラチナコンシェルジュ・センターや、厳選されたレストランなどの割引などが用意されています。

\条件達成でボーナスポイントもらえる/

スマホなど通信端末の保険も自動付帯。持っているだけで多彩なサービスを利用できます。
年会費 16,500円(税込)
通常ポイント還元率 1.0%
※1,000円(税込)につき2ポイント付与
ポイント名 UCポイント
国際ブランド VISA
旅行傷害保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
ショッピング保険
(お買物安心保険)
  • 国内:年間で最高300万円
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル
空港ラウンジ 国内主要空港・ダニエル・K・イノウエ(ハワイ)空港・仁川国際空港のラウンジが無料で利用可能
主なサービス
  • Visaプラチナコンシェルジュ・サービス
  • 厳選ホテル優待サービス
  • 厳選レストラン優待サービス
  • 海外Wi-Fi
  • 空港手荷物宅配サービス
  • 空港送迎ハイヤーサービス
  • レンタカーサービス
  • ゴルフ優待サービス
  • 優待企業による割引・特別サービス
  • グルメクーポン
審査可能年齢 学生・未成年は不可
安定した収入と社会的信用をお持ちで連絡が可能な方
\条件達成でボーナスポイントもらえる/

プラチナカード還元率ランキング

ここまで10種類の人気プラチナカードを紹介してきました。クレジットカードを使うなら、少しでもポイントを効率よく稼ぎたいですよね。

そこで、先に紹介した人気プラチナカードを通常ポイント還元率が高い順にランキング形式にまとめました。

※公式サイトを基に最低ポイント還元率で比較しています。

還元率が高いプラチナカードでポイントを貯めましょう!
クレジットカード名 通常ポイント
還元率
 申し込み
1位 TRUST CLUBプラチナマスターカード

TRUST CLUBプラチナマスターカード

2.0%
2位 ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

1.0%
2位 アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・
プラチナ・カード

1.0%
2位 楽天プレミアムカード楽天プレミアムカード 1.0%
2位 UCプラチナカードUCプラチナカード
1.0%

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高い還元率でポイントが付与される場合がございます。

【年会費が安い】おすすめプラチナカード 

プラチナカードは付帯特典や保険が充実している点がメリットですが、他のカードに比べて年会費が高く設定されていることが多くなっています。

そのため、「プラチナカードには手が出ないな…」とお考えの方も多いかと思いでしょう。しかし、実は近年年会費が安いプラチナカードも登場してきているのです。

そこで、今回紹介したおすすめのプラチナカードを徹底比較し年会費が最安値のカードをご紹介。コストパフォーマンスの良いプラチナカードをお探しの方は必見です!

なんと、年会費が税込3,300円の格安のプラチナカードをご紹介します。

コストパがよくお得な「TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUBプラチナマスターカード 

TRUST CLUB プラチナ マスターカードは3,300円(税込)の年会費で利用できるプラチナカード です。

年会費が安いにもかかわらず特典が満載のため、お得感が高いプラチナカードになっています。銀行が発行しているクレジットカードのため顧客サポートも充実しており安心です。

1名分のコース料理無料券空港のラウンジサービスなど他のプラチナカードにも負けない特典が付帯しています。
さらに、Mastercard Taste of Premiumの対象カードにもなっているため他にもさまざまなサービスを受けることが可能です。
Mastercard Taste of Premiumのサービス一例
  • 国際線手荷物無料宅配

  • 国際線手荷物宅配優待サービス

  • 海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待サービス

  • 空港クローク優待サービス

  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス

  • 国内空港送迎優待サービス(自宅~国際線空港)

他にもゴルフの予約サービスや海外ホテルの優待まで、年会費が3,300円(税込)とは思えないほどの充実ぶりです。コスパの良いプラチナカードを作りたい方は是非検討してみてください。
年会費 3,300円(税込)
通常ポイント還元率 0.825%
※100円につき2ポイント付与
入会の目安 22歳以上、年収200万円以上
関連記事 TRUST CLUB プラチナマスターカードの審査やラウンジ利用など解説

\プラチナマスターカード/

【マイルが貯まる】おすすめプラチナカード

マイルが貯まるプラチナカード

プラチナカードを作成したい方の中には、飛行機に乗る機会が多くマイレージプログラムに参加している方も多いでしょう。

プラチナカードは年会費が高い分、マイルが貯まりやすいカードも多くあります。ただ、高額な年会費を払う価値があるのかをきちんと見極めないと損をしてしまう可能性もあるのです。

カードによってはゴールドカードとプラチナカードのマイル還元率がほとんど変わらないこともあります。
そこで、ここからはANAマイルとJALマイルに分けておすすめのプラチナカードをご紹介。是非参考にしてみてください。

ポイントをマイルに交換できるおすすめプラチナカード一覧

今回紹介したプラチナカードの中で貯めたポイントをANAマイルやJALマイルに交換できるカードは以下の通りです。

ANAマイル JALマイル

ポイントをマイルに交換できるプラチナカードは多くありますが、年会費やボーナスマイルの有無などが異なるためどのプラチナカードが1番お得と言い切ることはできません。

プラチナカードはサービスや特典がお得なカードですが、それぞれ強みが異なるため自分にあったものを選ぶ必要があるでしょう。

例えば、ラグジュアリーカードにはJALやANAマイルの他にユナイテッド航空やハワイアン航空のマイルに交換することが可能というメリットがあります。
それぞれのプラチナカードのメリット・デメリットを確認し、自分の生活スタイルにあったものを選ぶようにしましょう。

【ホテル宿泊優待特典あり】おすすめプラチナカード

ホテル

プラチナカードは年会費が高い分サービスや特典が豪華な点が特徴です。旅行好きな方にとっては、プラチナカードのホテル優待は気になるところでしょう。

そこで、今回はおすすめプラチナカードの中から宿泊優待サービスを提供しているプラチナカード をご紹介。

プラチナカードの優待を使って、豪華なホテルにお得に宿泊しましょう!

国内外3,000以上のホテル優待を利用可能な「ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは世界中にある3,000以上のホテルで優待を受けることが可能なプラチナカードです。

優待特典はホテルによって異なりますが、1滞在につき平均総額55,000円ほどのサービスを受けることができます。

 会員限定価格で宿泊でき、朝食が無料になるなど嬉しい特典が盛り沢山です。

そんな、お得な優待を受けることができるホテル一例は以下の通り。

国内にも展開中のホテルが多いため、コロナ禍でも安心です。さらに、「The Ryokan Collection」という日本の旅館での優待を受けることができる点もラグジュアリーカードのポイント。

ラグジュアリーカードは24時間365日のいつでもコンシェルジュサービスを利用可能なため、旅行計画に困ってしまう心配もありません。

もちろん、ラグジュアリーカードらしく1,300ヵ所以上の空港でVIPラウンジを利用可能なため、空港でも優雅な時間をお過ごしいただけます。

高級ホテルでの宿泊がお好きな方は是非検討してみてください。

年会費 55,000円(税込)
通常ポイント還元率 1.0%〜2.2%
申込対象 20歳以上(学生不可)

プラチナカードのメリット

プラチナカードのメリット

プラチナカードとは?

プラチナカードとは、クレジットカードにあるランクカードのひとつで、通常は一般カードとゴールドカードの上のランクにあたるクレジットカードです。

ランクが上であるため、入会も一般カードやゴールドカードの比べて厳しくなると考えられますが、次のようなメリットがあります。
※必ずしも全てのプラチナカードに次のサービスが付帯しているとは限りません。

プラチナカードのメリット
  1. 24時間対応のコンシェルジュサービスを利用できる(電話一本でレストランの予約や海外旅行時のホテルの手配、おすすめのショッピングモールなどをしてくれる)
  2. 世界中の空港ラウンジを活用できる
  3. ホテル・レストランの優待を受けられる
  4. 手厚い海外旅行保険が付帯されている
  5. スポーツジムや映画館、国立美術館などの施設利用における優待を受けられる
  6. 社会的ステータスを示せる

プラチナカードの種類によって利用できるサービスに違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう!
上記の他にも、お得な特典が目白押しなのがプラチナカードです。ちなみにプラチナカードの作り方には、次の2種類があります。

<プラチナカードの2つの作り方>

  1. インビテーション:クレジットカード会社からプラチナカード作成の案内・招待が来る
  2. 新規申込:一般カードやゴールドカードのように、自分で申し込む

以前はインビテーションによる作成が主流でしたが、現在は新規申込できるプラチナカードも増えてきています。審査は厳しくなると予想できるものの、多くのメリットが受けられるので気軽に申し込んでみましょう!

プラチナカードの保有率

スマホを操作する人

プラチナカードの高いステータス性は、保有率を見れば明らかです。楽天インサイトが2010年に行った「クレジットカードに関する調査」から、クレジットカードのランク別保有率を見てみましょう。

一般カード 86.70%
ゴールドカード 12.30%
プラチナ・ブラックなど最上位カード 0.40%
その他 0.60%

プラチナカードを含めた最上位ランクのクレジットカードの保有者は、全体の0.40%のみでした。プラチナカードを持つだけでも、高いステータスを持つ証明と言えるでしょう。

独自アンケートではプラチナカードの保有率は3.8%

また、当サイトの独自アンケート調査においてもプラチナカードの保有率は3.8%と低い数字でした。
メインカードにしているカード
アンケート回答の内訳
メインカード
のランク
割合
一般カード 74.0%
ゴールドカード 20.2%
プラチナカード 3.8%
ブラックカード 0.7%
わからない 1.0%

調査概要はこちら

この結果からも、プラチナカードは希少性が高く、プレミアムなカードだといえるでしょう。

プラチナカードを選んだきっかけは?

前述の、2010年に楽天インサイトが行った「クレジットカードに関する調査」によると、プラチナカードを含む上位ランクのカードを実際に保有する方にアンケートを取ったところ、保有する利点を感じる場面は以下の通りでした。

ポイントが貯めやすい 41.7%
国内外での空港ラウンジ利用 29.9%
海外旅行時の保険 29.9%
ショッピング特典 19.7%
商品の破損や盗難に関する保障 17.3%

「ポイントが貯めやすい」と回答した方が1位という結果になりました。プラチナカードは、ステータスよりも実用性があるカードを選んでいる方が多いようです。

続いて「国内外での空港ラウンジ利用」と「海外旅行時の保険」が同率2位でした。海外に出張や旅行で行く機会が多い方に利点が多いのがプラチナカードの特徴です。

日常生活でも有効に活用できるカードを選びたいですね。

プラチナカードの主な特典内容

プラチナカードには、一般カードにはない豪華な特典が付いています。本欄では、ぜひ活用したいプラチナカードの特典について詳しく解説します。

プラチナカードの主な特典
  • コンシェルジュサービス
  • ホテルやレストランでの優待プラン
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 国内外での安心を支える旅行傷害保険
  • 購入品の破損や盗難への保険

コンシェルジュサービス

スマホとPCを操作する人

プラチナカード会員専用のコンシェルジュサービスは、様々な場面で活用できる代表的な特典のひとつです。コンシェルジュが対応する主なサービスをご紹介します。

コンシェルジュサービスの内容
  • レストランの検索・予約
  • ホテルの検索・予約
  • 航空券や新幹線チケットの用意
  • 海外での道案内 等

コンシェルジュの代表的なサービスは、レストランやホテルの予約代行です。仕事が忙しい方でも、コンシェルジュを利用すれば、取引先との食事会や、プライベートのプランをスマートに組むことが可能です。

さらに海外旅行中などに道に迷った際に案内をしてくれるサービスを提供している場合があります。国内外問わず、出張が多いビジネスマンのサポートも手厚いことがプラチナカードの魅力です。

ホテルやレストランでの優待プラン

プラチナカードができることは、レストランやホテルの予約だけではありません。会員限定の割引や特別なサービスも受けられます。

 食事や、お部屋を通常価格でアップグレードすることができるのがプラチナカードの魅力です。

各プラチナカードが提供する優待プランをいくつかご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 2 for 1ダイニング by 招待日和
所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料金が無料
フリー・ステイ・ギフト
1年に1度、国内の対象ホテルで使える一泊無料ペア宿泊券をプレゼント
JCBプラチナ グルメ・ベネフィット
所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料JCBプレミアムステイプラン
お客様満足度の高い宿に予算をおさえて宿泊できるプラン
三井住友 プラチナ プラチナグルメクーポン
約100店舗の一流レストランで2名以上のコース料理を利用の際、会員1名分が無料プラチナホテルズ
国内約50のホテルと旅館の優待料金と併せて、お部屋もしくは料理などのアップグレード

空港ラウンジが利用できる

ビジネスで世界中を飛び回る方には、空港ラウンジの利用がおすすめです。プラチナカードの会員は、通常利用料金がかかる空港ラウンジが無料で利用可能です。
 出発前と到着後において、ラウンジ内で快適に過ごすことができます。
空港ラウンジでは、ドリンクや軽食の無料サービスやシャワールームなど長時間のフライトの疲れを癒す各種サービスが受けられます。

国内外での安心を支える旅行傷害保険

クレジットカードには、万が一、旅行中に事件や事故に遭った際に保障が受けられる「旅行障害保険」が無料付帯している場合があります。

プラチナカードのクラスになると、付帯保険の保障も一般カードより遥かに手厚くなっています。

以下にプラチナカードに付帯する旅行傷害保険の詳細をまとめました。一般カードでは、2000万円程度の保障が、プラチナカードでは、最高1億円が保障金額の相場となっています。

● 旅行障害保険の最大保障額

クレジットカード 海外 国内
ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card 最高1億2,000万円 最高1億円
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 最高1億円 最高1億円
JCBプラチナ 最高1億円 最高1億円
三井住友 プラチナ 最高1億円 最高1億円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 最高1億円 最高5,000万円
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 最高1億円 最高5,000万円

購入品の破損や盗難への保険

電卓とお金

プラチナカードの付帯保険は、「旅行傷害保険」だけではありません。高価な品を購入する機会の多い方にとって嬉しい、購入品の破損や盗難を保障する「ショッピング保険」も受けられます。

各カードが提供するショッピング保険の保障額をまとめました。

● ショッピング保険の最大保障額

クレジットカード 海外ショッピング 国内ショッピング
ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card 最高300万円 最高300万円
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 最高500万円 最高500万円
JCBプラチナ 最高500万円 最高500万円
三井住友 プラチナ 最高500万円 最高500万円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 最高300万円 最高300万円
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 最高300万円 最高300万円

プラチナカードが持てる年収と条件

クレジットカード保有者の1000人に4人しか持っていないプラチナカードを含む上位カードは、審査も厳しいと考えられます。

プラチナカードの審査基準は一般的に公表されていませんが、各社が設定する申し込み条件等からある程度推測することが可能です。そこで、プラチナカードの会員になるために必要な年収や条件を解説します。

安定した収入が必要

電卓とノート

「プラチナカードを作るためには、高い年収が必要」と思っている方も多いでしょう。

実は、年収は金額よりも「どの程度安定しているか」を重視しているカード会社が多いようです。

 いくら年収が高くても、過去の利用履歴が悪かったりすると審査に通過できない可能性があります。

収入の安定性は、雇用形態や勤続年数で判されると言っていいでしょう。プラチナカードを持つためには、ある程度の社会人としてのキャリアが求められるようです。

プラチナカードは年齢制限がある

プラチナカードの申し込み条件には年齢が含まれていることがあります。年齢制限を設けることで、顧客の信用度を担保していると考えられます。

最低でも20歳以上であることが条件であることがほとんどで、未成年が持てるカードはありません。カードによっては、30歳以上に設定されているプラチナカードもあります。

ここで、いくつかのプラチナカードの申し込み可能年齢をまとめました。

● 申し込み対象年齢一覧

JCBプラチナ 25歳以上
エポスプラチナ 20歳以上
TRUST CLUBプラチナマスターカード 22歳以上
三井住友 プラチナ 30歳以上
ANA VISA プラチナプレミアム 30歳以上

プラチナカード5つの選び方

一言にプラチナカードといっても、様々な種類があり「どれを選んでいいのかわからない…」という方も少なくないでしょう。

自分に本当に合ったカードを作るために、プラチナカードの選び方を5つご紹介します。

プラチナカード5つの選び方

1.年会費で選ぶ

2.還元率で選ぶ

3.ステータスで選ぶ

4.デザインのかっこ良さで選ぶ

5.家族カードで選ぶ

1年会費で選ぶ

クレジットカード 2枚

プラチナカードは、一般的に年会費が高額に設定されています。せっかくプラチナカードを作るなら、優待やサービスが年会費に見合っているものを作りましょう。

近年、年会費を抑えて作りやすいプラチナカードも増えています。コスパを重視する方は、年会費の安さで選んでもいいかもしれません。

● 年会費一覧(税込)

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 143,000円
三井住友 プラチナ 55,000円
JCBプラチナ 27,500円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円
TRUST CLUBプラチナマスターカード 3,300円

2還元率で選ぶ

クレジットカードを選ぶ際の基準をポイント還元率に設定する方も多いでしょう。プラチナカードは年会費がかかる代わりに、還元率も高めに設定されている場合があります。

 ポイント還元を重視する際は、必ずポイントの使い道を確認しましょう。

自分にとって一番使い勝手が良いポイントを貯められるカードを選ぶと、お得にプラチナカードを利用できます。

いくつかのプラチナカードのポイント還元率をまとめます。

● 基本還元率一覧

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 1.0%
JCBプラチナ 0.5%
三井住友 プラチナ 0.5%
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 0.75%
TRUST CLUBプラチナマスターカード 0.825%

3ステータスで選ぶ

クレジットカード

プラチナカードのような上位カードは、ステータスを重視する方も少なくありません。ステータスの高いクレジットカードは、年会費が高い代わりに豪華な優待や特典が付いていることが多い印象です。

 ステータスが高いクレジットカードをお探しの方は、「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」がおすすめです

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、重厚感のあるメタル製カードが発行可能など、デザイン面でもステータスの高さが伺える特別なカードです。

スタイリッシュなメタル素材を採用したこの一枚は、魅力あふれる特典やサービスで、あなたらしい輝きに満ちた毎日をサポートします。また、基本会員様専用の、プラスチック製のセカンド・プラチナ・カードを無料でご用意します。用途に応じて使い分けていただけます。

4見た目のかっこよさで選ぶ

プラチナカードを発行するならかっこいいデザインのものが欲しいと考えている方も多いでしょう。プラチナカードはステータスも高く持っているだけでかっこいいクレジットカードの1つですが、デザインはカード会社によって様々です。

プラチナカードの中には金属製のデザインのものまで用意されています。
最近では、プラチナカードのナンバーレスカードも増えているためスタイリッシュな券面のカードも多く、デザインを重視している方にもおすすめです。
例えば、「ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card」はナンバーレスカードのため券面がすっきりしているだけでなく、金属製のデザインのためかっこいいカードを手に入れたい方にもぴったり。
支払い時など周囲の目に触れる機会が多いからこそ、見た目を重視してプラチナカードを選んでみましょう。

5家族カードで選ぶ

家族カード

クレジットカードの中には「家族カード」を発行できるものもあります。

家族カードとは
家族カードとは、クレジットカード本会員の家族が申し込むことのできるクレジットカードのこと。

家族カードのメリットとして、格段に安い年会費で本会員と同じ種類のカードを発行できる点が挙げられます。

例えば、ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは税込55,000円の年会費がかかりますが、家族カードなら16,500円の年会費で本会員同様のサービスを受けることが可能です。

 さらに、家族カードは本会員の利用分と一緒に引き落とされるため家計の管理が楽になるというメリットも存在します。

家族カードに適用されるルールはカード会社ごとに異なるため、気になる方は調べてみましょう。

プラチナカードの審査に通過するためのコツは?

プラチナカード 審査

プラチナカードを発行するためには審査に通過する必要があります。プラチナカードはブラックカードに次ぐステータスの高いカードとされているため、審査も厳しめに行われると推測できるでしょう。

それでは、そんなプラチナカードの審査ではどのような点が重視されるのでしょうか。審査基準は公表されていないものの、個人情報や信用情報など以下の項目を総合的にチェックされると考えられます。

審査でチェックされると推測できるポイント
  • 勤務先や勤続年数
  • 住居や世帯人数
  • 年収
  • 信用情報にキズがないか

プラチナカードの審査では上記の項目に少しでも悪い評価が付いていると発行が難しくなってしまう可能性があるでしょう。

 ただし、1度悪い評価が付いてしまったからといって絶対に発行できないというわけではありません。

それでは、プラチナカードを発行するためには何を気をつける必要があるのでしょうか。ここからは、プラチナカードを発行するために気をつけたいポイントを紹介します。

クレジットヒストリーを育てる

一般的にプラチナカードなどの審査に通るためにはクレジットヒストリーが大切と言われてます。

クレジットカードヒストリーとは
これまでのクレジットカードの取引履歴や利用履歴のこと。

クレジットカードの審査では個人信用情報機関に登録されているクレジットヒストリーをカード会社が確認するため、少しでも悪い評価があるとプラチナカードの発行が難しくなると考えられます。

逆に、クレジットヒストリーに良い評価が付いているとプラチナカードなどの高ステータスカードの審査でも有利に働くことがあるかもしれません。

 良いクレジットカードヒストリーを育てるためにも定期的にクレジットカードを利用し、返済遅れや未払いなどを起こさないようにしましょう!

同じカード会社のクレジットカードを使い続ける

プラチナカードの審査に通るコツとして、「手に入れたいプラチナカードと同じ発行会社のクレジットカードを使い続ける」という方法が存在します。

理由として、同じカードを長い間使っているとカード会社に優良顧客として認識され審査に有利になると推測できるからです。

 クレジットカードによっては、インビテーションが発行されることもあります!

そのため、例えば「JCBプラチナ」を発行したい場合には一般カードである「JCB CARD W」や「JCB一般カード」などでクレジットヒストリーを育ててから申し込んでみても良いでしょう。

一般カードゴールドカードでクレジットヒストリーを育てることもプラチナカード発行への近道の1つです。

プラチナカードのインビテーションとは?

プラチナカードの作り方には、新規申し込みの他にインビテーションから入会する方法があります。インビテーションはゴールドカード利用者に届きますが、全ての会員に届くものではありません

 カード会社は利用実績や属性を見て、インビテーションを送付しています。

近年では、インビテーションが不要なプラチナカードも増えてきており、今回紹介したプラチナカードも全て新規申し込みが可能です。

ただ、インビテーション経由での申し込みの方が新規申し込み者に比べて審査通過の可能性は高いと推測できます。それではここからは、インビテーションが届く条件についてみていきましょう。

インビテーションが届くための条件の目安

実は、インビテーションが発行されるための条件は公表されていないため、正確に把握することは不可能です。ただ、発行される条件の目安は以下の通りになっています。

インビテーションが届く条件の目安
  • 発行したいプラチナカードと同じカード会社のゴールドカードを所持する
  • 優待特典を積極的に利用する
  • 利用実績を積む
  • 日常的にカードを使う
  • 滞納や延滞をしない

インビテーションをもらうためには、利用実績をしっかりと積むことが重要です。また、優待特典などを積極的に利用することもインビテーションへの近道になるでしょう。

しかし、インビテーション発行の条件はカード会社によっても異なるため上記の全条件をクリアしたからと言って届くものではありません。
すぐに、プラチナカードを手に入れたい方は新規申込みが可能なプラチナカードを申し込みましょう。

プラチナカードとブラックカードの違いは?

ラグジュアリーカード Mastercard black Card

同じくステータスが高いプラチナカードとの違いが気になるという方もいるのではないでしょうか。ここでは、プラチナカードとブラックカードの違いについて解説します。

ステータスはブラックカードのほうが上とされる

一般的に、プラチナカードよりもブラックカードのほうがステータスが高いとされています。その違いは年会費にも現れており、ブラックカードのほうが年会費は高額です。

また、入会金が必要なブラックカードも存在します。

ブラックカードはほとんどのカードでインビテーションが必須

プラチナカードにおいては、審査は厳しい傾向にあるものの自分で申し込めるクレジットカードが多くあります。対して、ブラックカードはごく一部を除いてインビテーションを受けないと発行されません。

プラチナカードに関するよくある質問

プラチナカードの作り方は?

プラチナカードの作成方法はカードごとに異なりますが、「インビテーション」が必要かどうかで分けることができます。インビテーションが必須のプラチナカードは、一般カードやゴールドカードを利用し続けてインビテーションが届くのを待つしかありません。

ただ、こちらの記事で紹介しているようなラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardをはじめとするカードは、通常のカードと同じように申し込むことで作成可能になっています。


プラチナカード作成のメリットは?

プラチナカードはステータスの高いカードのため作成すると多くのメリットがありますが、

  • 様々な優待を受けることができる
  • ラウンジを利用できる
  • 社会的ステータスを示せる

などが主なメリットとして挙げられます。優待は、具体的に24時間のコンシェルジュサービスやホテル、レストラン、スポーツジムなど幅広くカード発行会社によっても異なるため事前にチェックしましょう。

特典・サービスが充実しているプラチナカードはこちら
プラチナカードのメリット詳細はこちら

おすすめのプラチナカードは?

おすすめのプラチナカードは「ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card」です。ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのおすすめポイントは、以下の通り。

  • 最短10分申し込み・最短5営業日発行ができる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パスの付帯や手荷物宅配無料など旅行時のサービスが豊富

また通常のプラチナカード同様、ホテルやレストランでの優待も充実しています。

おすすめプラチナカードはこちら
さらにランクの高いブラックカードとは?

まとめ

ここまで、おすすめのプラチナカード人気ランキングを紹介してきました。

自分で申し込めるハイステータスカード「プラチナカード」。たったカード1枚でプライオリティ・パスや高級ホテル、レストランでの優待など、高品質のサービスが受けられることが望めます。

一般カードやゴールドカードに比べて、審査難易度は高めと予測できますが、それでも手に入れたい1枚です。

ぜひ今回の内容を参考に、特別な体験を提供してくれる、プラチナカードを作ってみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事