PayPayカードの特徴|特典や審査、ポイント還元率など徹底解説!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

2021年12月1日に新しく誕生したPayPayカード。キャシュレス化が促進されるいま、PayPay残高へチャージできるクレジットカードとして人気が加速しています。

普段からPayPayを利用している方は特に、PayPayカードはどんなカードなのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、PayPayカードついて徹底解説。PayPayカードの申込方法から特典、ポイント還元率、審査難易度、特典情報までをまとめています。

前身であるヤフーカードを今まで使っていた人はどうなるのかについても触れているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\PayPayポイントが貯まる/

PayPayカードとは?いつから利用できる?

PayPayカード 券面画像

PayPayカードとは、PayPayカード株式会社が2021年12月1日に新たに発行を開始したクレジットカードです。

国際ブランドは、VISA・JCB・Mastercardの3つから選択可能。年会費は永年無料で、還元率は1.0%です。

    年会費 永年無料
    国際ブランド MasterCard/VISA/JCB
    PayPayポイント
    還元率
    1.0〜3.0%
    貯まるポイント PayPayポイント
    旅行保険 海外:ー
    国内:ー
    審査可能年齢 18歳以上 
    \PayPayポイントが貯まる/

    ※2022年2月1日~3月31日まで

    PayPayカードで還元されるのは「PayPayポイント」

    通常のクレジットカードではそれぞれ独自のポイントが貯まりますが、PayPayカードではPayPayポイントが還元されます。

    PayPayポイントとは?
    「PayPay残高」の一種。利用期限はありません。

    PayPayカードで貯めたPayPayポイントの主な使い道は、以下の2通りです。

    貯めたPayPayポイントの使い道
    1. ショッピングの支払いに使う
    2. 運用する

    ● ショッピングの支払いに使う

    1つ目は、PayPayポイントをPayPayでの支払い時に使う方法です。

    こちらはPayPayポイントの使い方の初期設定になっており、PayPayで支払いをすると、優先的にPayPayポイントが使用されます。つまり、現金代わりに使う方法だといえるでしょう。

    もしPayPay利用時にPayPayポイントを使いたくない場合や、別の使い方をしたい場合は、利用方法を変更する必要があります。

    \PayPayポイントが貯まる/

    ● 運用する

    paypayボーナスを運用する

    PayPayポイントは運用することもできます。証券口座の開設や有価証券の購入はせずに、簡単に運用することが可能です。

    【特典】最大7,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

    PayPayカードでは現在、クレジットカードの新規入会と3回の利用で、最大7,000円相当のPayPayポイントがもらえる特典があります。

    • 新規入会でPayPayポイント2,000円相当を付与
    • 3回利用カード利用で5,000円相当を付与

    いずれの特典も実施期間は2022年2月1日~2022年3月31日まで。普段より特典価格が上乗せされているお得なこの機会を、ぜひ逃さないようにしてくださいね。

    \PayPayポイントが貯まる/

    ※申込月を含む2カ月目の末日までに、3回ご利用された方が対象

    PayPayカードの申し込み方法は?

    PayPayカードの申し込みには、スマートフォンとYahoo IDが必要です。PayPayカードの申し込みは、以下の流れで完了します。

    PayPayカードの申し込みの流れ
    1. Yahoo IDを登録し(持っている人は不要)、スマートフォンで申し込みをスタートする
    2. 名前・住所・勤務先などの個人情報を入力し、引き落とし口座を登録する
    3. 審査
    4. カードの受け取り

    以下のボタンからPayPayカード公式サイトに飛べば、申し込みを開始することができますよ。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードとヤフーカードの2つの違い

    Yahoo! JAPANカード

    そもそもPayPayカードは、ヤフーカードが廃止されて新しく誕生したクレジットカードです。現在のヤフーカードは、2022年4月以降、順次新しい「PayPayカード」への切り替えを予定しています。

    そうなると、気になるのはPayPayカードとヤフーカードの違いですよね。両者にはいったいどんな違いがあるのでしょうか?

    1. 貯まるポイントが異なる

    PayPayカードとヤフーカードでは、貯まるポイントが異なることが大きな違いといえるでしょう。

    ヤフーカードで貯まるポイントはTポイントでしたが、PayPayカードではTポイントは貯まりません。その代わりにPayPayポイントが還元されます。

    2. PayPayカードはカード番号レスになった

    ヤフーカードでは、カード番号や名前がエンボス加工で表記されていました。しかしPayPayカードでは、カード番号や名前が印字されていません

    監修者
    個人情報を盗み見られる心配がないため、より安心して使えるクレジットカードになったといえるでしょう。
    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードの審査について

    PayPayカードの審査は厳しい?

    PayPayカード審査難易度は、そこまで厳格ではないと予想されます。

     PayPayカードは高校生を除く18歳以上であれば、基本的に誰でも申し込み可能。主婦や学生の申し込みも受け付けており、非正規雇用の方でも発行の可能性があるカードです。

    また、PayPayカード流通系のクレジットカードに分類されます。流通系のクレジットカードは、他のクレジットカードと比較して審査がそこまで厳格ではないと言われています。

    PayPayカードの審査に必ず通る保証はありませんが、迷っている方でも一度申し込んでみる価値はあるでしょう。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードの審査は最短2分!発行スピードは?

    PayPayカードの審査スピードは、最短2分とかなりスピーディーです。ただし、審査が終わってから手元にカードが届くまでは、約1週間程度かかります

    監修者
    今すぐクレジットカードを作りたい方にもおすすめです。
    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードを利用するメリット

    ヤフーカードのメリットまとめ

    PayPayカードには、魅力的なメリットが数多くあります。ここでは6つのメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    PayPayポイントの還元率は1.0%と高い

    他のクレジットカードのポイントと同様に使える、PayPayカードのPayPayポイントの還元率は1.0%です。

    クレジットカードのポイント還元率は、1.0%以上で高還元率といわれています。そのため、PayPayポイントの還元率は十分に高いといえるでしょう。

    クレジットカードで唯一PayPayへの直接チャージができる

    PayPayカードではPayPayへの直接チャージが可能です。2022年1月現在、PayPayへ直接チャージできるクレジットカードは他にありません。

    したがって、PayPayカードはPayPayを日常的に使っている人に特におすすめです。

    Yahoo!ショッピング・LOHACOでの支払いで還元率3.0%

    Yahoo!ショッピングとLOHACOでの買い物でPayPayカードを使用すると、PayPayポイントの還元率はなんと3.0%になります。

    詳細は後述しますが、普段の買い物にYahoo!ショッピングとLOHACOをよく使っている方にとっては、メリットが非常に大きいと言えるでしょう。

    ネットショッピングをよくする方におすすめ

    当サイトが独自に行ったアンケート調査によると、クレジットカードを最もよく利用する場面は「ネットショッピング(58.9%)」という方が最多な結果となりました。

    クレジットカードを最もよく利用する場所・機械は?

    アンケート回答の内訳
    利用場所・機会 割合
    利用場所・機会ネットショッピング 58.9%
    スーパー・コンビニエンスストア・ドラッグストア 20.2%
    公共料金の支払い 5.1%
    ショッピングモール・デパート 5.1%
    飲食店 3.4%
    旅行・宿泊・レジャー施設 2.7%
    専門店・小売店(飲食店以外) 1.7%
    通信料金の支払い 1.4%
    その他 1.4%

    調査概要はこちら

    PayPayカードは、ネットショッピングで効率よくPayPayポイントが還元されるクレジットカードです。また公共料金の支払いでも、PayPayポイントは還元されます。

    \PayPayポイントが貯まる/

    番号レスで安全性が高い

    PayPayカードは、券面にカード番号や名前といった個人情報が印字されていない「番号レス」となっています。会計の際などに他人に個人情報を盗み見られることがないため、安全性が高いといえるでしょう。

    タッチ決済に対応している

    PayPayカードはタッチ決済に対応しています。暗証番号やサインをする必要がないため、スマートに会計をすることが可能です。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードのデメリット

    このようにたくさんの魅力があるPayPayカードですが、もちろんまったくデメリットがないわけではありません。主なデメリットには、次のような点があります。

    旅行保険が付帯されていない

    旅行

    PayPayカードには、残念ながら海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険ともに付帯していません。普段出張や旅行が多いという方にとってはデメリットであると考えられます。

    旅行が出張が多く、不安な方は別の旅行保険付帯のクレジットカードも併せて所持するか、別途旅行保険に加入しておく必要があるでしょう。

    Tポイントカードとしては使えなくなった

    PayPayカードの前身であるヤフーカードはTポイントカードとしての役割も果たしていました。しかし、PayPayカードはTポイントカードとして使うことはできません。

    Tポイントカードを普段からよく使っていた方やTポイントを貯めていた方にとっては不便だと思われます。

    元々のヤフーカード会員は特典の対象外

    PayPayカードでは2022年1月現在、新規入会限定の特典があります。しかし、元々ヤフーカードを持っている方や、以前ヤフーカード会員だった方には適用されません。

    家族カードとETCカードはまだ発行できない

    ETCカード

    2022年1月現在、PayPayカードでは家族カードとETCカードは発行されていません。2022年4月を目途に発行が予定されているとのことなので、それまで待つ必要があるでしょう。

    PayPay残高へのクレジットチャージをしてもPayPayポイントは還元されない

    PayPayカードは、PayPayに直接チャージができる唯一のクレジットカードです。しかし、PayPayカードでPayPay残高へクレジットチャージしたとしても、その分はPayPayポイントの還元対象にはなりません。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードのポイント還元率とお得な貯め方

    PayPayカードで貯められる、PayPayポイントの通常還元率は1.0%です。100円あたり1PayPayポイントが還元されます。

    ここでは、PayPayポイントをさらにお得に貯める方法を解説。主な還元率が上がる方法を2つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    1Yahooショッピング&LOHACOで3.0%貯まる

    PayPayカードの還元率を上げるには、Yahooショッピング・LOHACOでの買い物がおすすめです。

    Yahoo!ショッピングとLOHACOでは、PayPayカードで決済すると3.0%PayPayポイントが還元されます。貯まるのは、100円あたり3PayPayポイントです。

    PayPayカード×Yahooショッピング・LOHACOで貯まるPayPayポイント

    クレジットポイント 1.0%
    Yahooショッピング・LOHACO利用特典 1.0% 
    ストアポイント 1.0% 
    合計 3.0%

     

    監修者
    たとえば、PayPayカードを使いYahooショッピングで1万円分買い物すると、300PayPayポイントが貯まります。

    さらに、Yahooショッピングの特典やLOHACOのストアポイントと合わせると、還元率は3.0%以上になります。

    PayPayカードは、YahooショッピングやLOHACOでよく買い物する方にとって、非常にお得といえるカードです。

    \PayPayポイントが貯まる/

    2公共料金&税金の支払いで貯める

    PayPayカードは、公共料金の支払いに使えます。毎月かかる固定費の支払いにPayPayカードを使えば、100円につき1PayPayポイントが還元されます。

    公共料金をPayPayカードに変えたら!1年間でどのくらいPayPayポイントが還元される?

    例:1ヵ月あたりの固定費支払い
    内訳 獲得PayPayポイント
    電気代8,000円 80PayPayポイント
    ガス料金5,000円 50PayPayポイント
    水道料金5,000円 50PayPayポイント
    新聞購読料3,000円 30PayPayポイント
    携帯電話代11,000円 110PayPayポイント
    プロバイダー料金4,000円 40PayPayポイント
    放送料金4,000円 40PayPayポイント
    1ヵ月合計 400PayPayポイント

     

    監修者
    上記例の場合、1ヵ月で400ポイント・1年間で6,000PayPayポイントが還元されます。

    利用明細を見れば毎月の支払い金額が簡単に分かるので、家計の管理にも便利です。

    \PayPayポイントが貯まる/

    得技!税金の支払いにPayPayカードがおすすめ

    また、PayPayカードは税金の支払いにも使えます。PayPayカードで税金を支払うおすすめの方法は「Yahoo!公金支払い」の利用です。

    Yahoo!公金支払いとは?
    地方公共団体の税金や各種料金をインターネット上で支払えるサービスのこと

    Yahoo!公金支払いでは、自動車税・軽自動車税・固定資産税・住民税などの税金がクレジットカードで支払えます。

    PayPayカードで税金を支払えば、100円あたり1PayPayポイントが還元されます。

    Yahoo!公金支払いは、24時間いつでも利用可能。PayPayカードと相性の良い便利なサービスなので、ぜひ活用しましょう。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードの利用明細確認方法は?ログインが必要?

    PayPayカード会員メニューにある「利用明細」から確認

    スマホで明細確認

    PayPayカードの利用明細は、WEBで確認することができます。ログインし、PayPayカード会員メニューにある「利用明細」から確認することが可能です。

    また、紙の利用明細を発行してもらうこともできます。ただし、郵送で明細書を発行してもらう場合は、165円(税込)の発行手数料がかかることを覚えておきましょう。

    \PayPayポイントが貯まる/

    PayPayカードに関するよくある質問

    PayPayカードのメリットはどんなところ?

    PayPayカードのメリットはたくさんあります。例えば、次のようなものです。

    ・PayPayポイントの還元率は1.0%と高還元率
    ・PayPayへの直接チャージができる唯一のクレジットカードであること
    ・Yahoo!ショッピング・LOHACOでの支払いに利用すると還元率が3.0%になる
    ・番号レスで安全性が高い
    ・タッチ決済に対応している

    また、新規入会と3回利用で最大7,000円分が付与されたり、PayPayでのPayPayカード決済で3.0%戻ってくる特典もあります。

    PayPayカードのデメリットはどんなところ?

    PayPayカードのデメリットには、次のような点が挙げられます。

    ・旅行保険が付帯していない
    ・Tポイントカードとしては使えなくなった
    ・家族カードとETCカードはまだ発行できない
    ・PayPay残高へのクレジットチャージをしてもPayPayポイントは還元されない

    また、現在行われている新規入会特典の対象には、元々のヤフーカード会員は含まれません。

    PayPayカードはどのくらいで手元に届く?
    PayPayカードは審査が最短2分で終了。カードが手元に届くのは約1週間後となります。
    これまでヤフーカードを使っていた人はどうなる?
    ヤフーカード会員は、2022年4月から順次PayPayカードへの切り替えとなる予定とのことです。なお、ヤフーカード会員が新しくPayPayカードへ申し込むことはできません。
    ヤフーカード会員がこれまで貯めていたTポイントはどうなる?
    PayPayカード誕生に伴い、特典はTポイントからPayPayポイントにかわります。ヤフーカードで貯めたTポイントを利用するためには、モバイルTカードに登録する、ほかのTカードにポイントを移行する、もしくはクレジット機能付きTカードに申し込む必要があります。
    PayPayカードの締め日と支払日はいつ?
    PayPayカードの締め日は月末、支払い日は翌月27日です。
    PayPayカードはどんな人におすすめ?

    PayPayカードはPayPayに唯一直接チャージができるため、PayPayユーザーにおすすめのクレジットカードです。

    また、YahooショッピングとLOHACOでも3%の還元が受けられるため、ネットショッピングが多いという方にもぴったりのクレジットカードだといえるでしょう。

    まとめ

    ここまで、PayPayカードについてまとめてきました。今回の内容からPayPayカードは以下のような人におすすめです。

    • PayPayを使っている方
    • Yahooショッピング・LOHACOでよく買い物する方
    • 公共料金をクレジットカードで支払いたい方

    PayPayカードは年会費無料で発行可能。利用シーンや用途によってお得に還元が受けられる1枚です。しかも、最短7分でバーチャルカードが発行されるため、今すぐネットショッピングがしたいときにも助かりますね。

    審査難易度もそこまで厳しくないと考えられるので、審査が不安な方も申し込んでみる価値があるでしょう。お得な特典があるのもPayPay利用者には嬉しいメリットです。

    ぜひこの記事の内容を参考に、PayPayカードを発行するか考えてみてくださいね。

    \PayPayポイントが貯まる/

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事