PASMOのチャージはクレジットカードがお得!おすすめカードや選び方をご紹介
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

電車やバスなどの交通機関での利用に加え、コンビニやカフェでの支払いにも便利な「PASMO」。

そんなPASMOへのチャージは、残高を自動的にチャージしてくれるオートチャージ機能が利用できるほか、チャージするごとにポイントが貯まるクレジットカードの利用がおすすめです。

この記事では、PASMOにチャージできるクレジットカードの種類や選び方PASMOにチャージできるおすすめのクレジットカードを紹介します。

チャージできるクレジットカードの種類や選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PASMOとは?

クレジットカード

PASMOは、電車やバスの運賃の支払いに利用できる交通系ICカードの一種です。プリペイド式のカードとなっており、事前にチャージしておくことで支払いが可能となります。

また、運賃の支払いのほかにも対象のコンビニやスーパー、駅ビル内の店舗など全国の加盟店での支払いに利用でき、ワンタッチで決済が完了。

 チャージにクレジットカードを使用すれば、チャージ額に応じてポイントが貯まるためお得に利用可能です。

プリペイド式のため使いすぎる心配がなく、ワンタッチで手軽に決済が完了する便利さが魅力と言えるでしょう。

PASMOの種類

PASMOには、大きく分けてカード式とモバイル式の2種類があります。

交通系ICカードとして多くの人が想像するカード式は、駅の券売機やコンビニやなどチャージすることで利用可能です。

一方、モバイルPASMOはスマホアプリから登録可能で、残高のチャージもスマホアプリ上で完結します。

監修者
駅やコンビニでチャージする手間がなく、スマホ決済やクレジットカード決済を利用していつでも簡単にチャージができるので便利です。

PASMOにチャージできるクレジットカードの種類と特徴

PASMOへのチャージが可能なクレジットカードには、「一体型」と「分離型」の2種類があります。ここでは、それぞれのタイプのクレジットカードの特徴やメリットを解説していきます。

PASMO一体型クレジットカード

クレジットカード

PASMO一体型クレジットカードは、クレジットカードにPASMOの機能が搭載されたタイプのカードです。

 クレジットカードとPASMOの機能だけでなく、対象のカードであればそのまま定期券としても利用可能。

普段からクレジットカードを利用している人や、カードを何枚も持ち歩きたくないという人にはピッタリでしょう。

通常のPASMOのカードのように手動でチャージすることもできますが、クレジットカードからオートチャージされるように設定しておくとさらに便利です。

PASMOチャージ対応の分離型クレジットカード

PASMO一体型クレジットカードの他に、クレジットカードとPASMOカードを別々で持ち歩く必要がある分離型カードがあります。

このタイプのクレジットカードの場合、PASMOへのチャージには対応していますが、クレジットカードにはPASMOの機能は搭載されていません

クレジットカードを普段持ち歩かない人や、電車やバスに乗るたびにクレジットカードを出すことに抵抗があるという人にはおすすめです。

分離型クレジットカードからチャージを行って、乗車時には通常のPASMOのカードを利用するのが良いでしょう。

PASMO一体型のおすすめクレジットカード

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

おすすめポイント
  • メトロポイントとANAマイルも貯まる
  • 入会・搭乗・継続でボーナスマイルが貯まる
  • 初年度年会費無料なので使いやすい

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、ANAカードとTo Me CARD PASMOの機能が1つになったクレジットカードです。

 東京メトロでソラチカカードを利用して定期券を購入するとメトロポイントとOkiDokiポイントの両方が貯まるほか、搭乗やカードの利用継続などでANAマイルを獲得可能。

貯まったポイントはマイルへの交換ができるほか、メトロポイントはPASMOへのチャージにも活用できます。

初年度は年会費無料で利用できるほか、翌年以降も2,200円(税込)と所持コストが低いのもうれしいポイントです。

監修者
普段東京メトロやANAの航空機を利用する人におすすめのクレジットカードです。

● ANA To Me CARD PASMO JCBの基本情報

年会費 2,200円(税込) 初年度年会費無料
国際ブランド JCB
PASMOオートチャージ機能 あり
PASMO定期券 搭載可能
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内航空傷害保険
・ショッピング補償
・カード盗難保険
ポイント還元率 0.50%~1.50%

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

※メトロポイントをためるには、メトロポイントPlusへの事前登録が必要です。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

おすすめポイント
  • 電車も飛行機も買い物もこのカード1枚でお得に
  • 空港ラウンジへのアクセスが可能
  • 一般カードよりも効率よくマイルが貯まる

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)は、効率よくポイントやANAマイルを貯めたい人や、ワンランク上の優待特典を利用したいという人におすすめのクレジットカードです。

 東京メトロを利用すると貰える「乗車ポイント」は、平日は一般カードの4倍、土日は2.6倍貯まります。

店舗や自動販売機でのICカードの利用でも獲得ポイントが通常カードの2倍になるため、お得にポイントを貯めていくことが可能です。

また、飛行機を利用することが多い人は、空港ラウンジへのアクセスが可能な点も魅力的でしょう。

国内外の主要空港やホノルル空港のラウンジが無料で利用できるので、リラックスした空の旅が満喫できます。

● ANA To Me CARD PASMO JCB GOLDの基本情報

年会費 15,400円(税込) 初年度年会費無料
国際ブランド JCB
PASMOオートチャージ機能 あり
PASMO定期券 搭載可能
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・携行品損害
・国内航空傷害保険
・ショッピング補償
・カード盗難保険
ポイント還元率 1.00%~3.00%

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

※ メトロポイントをためるには、メトロポイントPlusへの事前登録が必要です。

\PASMOオートチャージ機能付き!/

PASMOにチャージ可能なおすすめクレジットカード

JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ

おすすめポイント
  • JAL航空機利用で搭乗ボーナスマイルが貰える
  • 東急系列店での利用でTOKYU POINTも貯まる
  • 国内外旅行保険が自動付帯

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALの航空機や東急線を利用することが多い人におすすめのクレジットカードです。

 飛行機や電車だけでなく、東急ハンズや東急ストア、東急百貨店で利用すると、ショッピングマイルと併せてTOKYU POINTが貯まります。

貯まったマイルは特典航空券と交換したり、東急ポイントに移行したりすることもできるので活用しやすいのが嬉しいポイント。

付帯している国内外の旅行保険では最高1,000万円までの補償が受けられるので、もしもの時も安心です。

監修者
保険は自動付帯となっているため、カードを使って航空券を購入していない場合も補償を受けることができます。

● JALカード TOKYU POINT ClubQの基本情報

年会費 2,200円(税込) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA/MasterCard
PASMOオートチャージ機能 あり
PASMO定期券
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
ポイント還元率 0.50%~1.00%

\東急系ユーザーに!/

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

おすすめポイント
  • 東急グループの店舗で最大10%還元
  • 搭乗や提携サービスの利用でマイルも貯まる
  • 東急線で下車するごとに「のるる」が貯まる

TOKYU CARD ClubQ JMBは、JMB機能が付帯している東急カードです。

 定期券の購入やオートチャージでの利用で最大1%ポイント還元が受けられるほか、東急グループの店舗なら提示のみでカードを使って支払いをしない場合でも最大10%ポイントが加算。

JMB機能が付帯しているため、JALグループの航空会社や提携航空会社での搭乗、提携サービスの利用でJALマイルも貯めることができます。

TOKYU POINTとJALマイルは相互交換ができ、貯まったポイントやマイルを幅広く利用することが可能です。

東急線で下車するごとに「のるる」も貯めることができ、商品との交換やプレゼントへの応募ができます。

● TOKYU POINT ClubQの基本情報

年会費 1,100円(税込) 初年度年会費無料
国際ブランド VISA/MasterCard
PASMOオートチャージ機能 あり
PASMO定期券
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(利用付帯)
・国内旅行傷害保険(利用付帯)
ポイント還元率 0.50%~1.00%

TOKYU CARD ClubQ JMB

※ のるるは、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録いただいた翌日から加算されます。

※ 1日に2回以上下車した場合には、最も多いのるるを1日1回のみ貯まります。

PASMO一体型クレジットカードの選び方

クレジットカード

PASMO一体型クレジットカードは種類が多く、何を基準に選んだら良いのかわからないという人も多いでしょう。ここでは、PASMOにチャージするためのクレジットカードの選び方を詳しく紹介します。

クレジットカードの選び方
  • 利用する交通機関によって選ぶ
  • ポイント還元率で選ぶ
  • 普段貯めているポイントが貯まるカードを選ぶ
  • 年会費や特典で選ぶ

利用する交通機関によって選ぶ

PASMOチャージが可能なカードは、東急線への乗車や東急グループの店舗でのお買い物でポイント還元が受けられるもの、東京メトロを利用すると乗車ポイントがもらえるものなど様々あります。

 普段よく利用している交通機関でお得になるクレジットカードを選ぶことで、よりお得にポイントを貯めていくことが可能です。

また、飛行機を使った移動が多い方は、同時によく利用する航空会社のマイルを貯めることができるカードを選ぶとさらにお得に。

普段のライフスタイルからどのカードを利用すればよりお得になるか、どのようなポイントを貯めたいかということを加味して、利用するクレジットカードを選びましょう。

\PASMOの利用でポイントが貯まる/

ポイント還元率で選ぶ

クレジットカード

PASMO一体型クレジットカードを、PASMOへのチャージだけでなく普段のお買い物や支払いなどでも利用する場合、注目しておきたいのがポイント還元率です。

決済額に応じてポイントが獲得できるのはクレジットカードを利用するメリットのひとつですが、ポイントの還元率によって獲得できるポイントは大きく異なります

 一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5〜3%程度なので、なるべく還元率が高いカードを選ぶようにすると効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

特定の店舗での決済や特定のサービスの利用でポイント還元率がアップするカードも多いので、よく利用するサービスと相性の良いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

普段貯めているポイントが貯まるカードを選ぶ

他のクレジットカードを既に所持しているという場合、特定のポイントを貯めているという人も多いはずです。

既に貯めているポイントがあるのであれば、同じポイントが貯まるクレジットカードや、ポイントを移行できるクレジットカードを選ぶのがおすすめ。

貯めているポイントが多いとその分獲得ポイントが分散してしまい、結果的に使い切れないまま期限切れになってしまったり、まとまったポイントを貯めることができなかったりすることも考えられます。

監修者
貯めるポイントをできるだけ絞っておくことで、よりポイントを活用しやすくなるでしょう。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

年会費や特典で選ぶ

年会費がどのくらい発生するのかは各カードによって異なります。年会費が高いほど所持コストがかかってしまうため、コストパフォーマンスを重視したい場合は一般カードの利用がおすすめ

特典の充実度を重視したい場合は、ゴールドカード、プラチナカードなど一般カードよりもグレードの高いクレジットカードの利用がおすすめです。

国内外の旅行保険や空港ラウンジの無料利用など、付帯している特典の内容もそれぞれ異なるため、どのような特典が受けられるかどうかということも加味してクレジットカードを選びましょう。

年会費が発生するカードであっても、条件を満たすことで実質年会費無料で利用できるものもあります。

まとめ

この記事では、PASMOの種類や特徴、PASMOへのチャージにおすすめのクレジットカードや選び方について詳しく解説しました。

通勤や通学で利用するPASMOへのチャージがクレジットカードで完結できるようになると、手間がかからないだけでなく、ポイント還元も受けることができます。

PASMOにチャージできるクレジットカードにはPASMOと一体となっている一体型、PASMO機能が付帯していない分離型があるため、自分にあったものを選びましょう。

監修者
普段利用している交通機関やサービスと相性のいいものを選ぶと、よりお得に利用できます。
\PASMOの利用でポイントが貯まる/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事