金利で選ぶネット銀行おすすめランキング

ネット銀行を選ぶひとつの基準が「金利」です。当然ですが、金利が少しでも高い銀行にお金を預ければ、そのぶん多くの利息が受け取れます。

とくに円定期預金の利用を検討している方であれば、わずかな金利差にもこだわりたいところです。

そこで今回は、ネット銀行の金利を徹底比較。金利が高いネット銀行を12行ランキング形式で紹介しています。

高金利のネット銀行が見つかる内容です。ぜひランキングも参考にしてみてください。
※こちらの記事では、税引き前の金利を紹介しています。
 普通預金金利(変動金利) 定期預金金利
東京スター銀行 0.001%〜0.1% 0.015〜0.25%
楽天銀行 0.02%〜0.10% 0.02%
イオン銀行 0.001%〜0.10% 0.02%
ソニー銀行 0.001%  0.01〜0.15%
オリックス銀行 0.01% 0.1〜0.3%
SBJ銀行 0.02% 0.03〜0.2%
ローソン銀行 0.001〜0.15% 0.03%
セブン銀行 0.001% 0.015〜0.02%
あおぞら銀行 BANK 年0.2%(税引前) 年0.15〜0.2%(税引前)
GMOあおぞらネット銀行 0.001% 0.02〜0.03%
大和ネクスト銀行 0.005% 0.05%
PayPay銀行 0.001% 0.02〜0.03%
auじぶん銀行 0.001% 0.03〜0.05%
住信SBIネット銀行 0.001 0.02%

金利がお得!ネット銀行おすすめ人気徹底比較!

1あおぞら銀行 BANK

あおぞら銀行

あおぞら銀行BANKは、業界No.1※1と謳われる年0.2%※2の好金利が魅力です。また、ゆうちょ銀行ATMからの入出金の手数料が回数制限なく無料です。
※1 公式ページの文言によります。
※2 税引前、変動金利

他にもVisaデビットカードとして最大1%の高還元率でキャッシュバックされるので、お得に買い物することができます。

 期限までにデビットカードを利用すると最大1,500円プレゼント

業界トップクラスの金利+普段使いとしてもおすすめのネット銀行です。
\Visaデビットカード利用で最大1,500円プレゼント!/
普通預金金利
※2020年12月7日現在
年0.2%(税引前)(変動金利)
定期預金金利
※2021年9月10日現在
  • 6ヶ月:年0.15%(税引前)
  • 1年:年0.2%(税引前)
  • 2年:年0.15%(税引前)
  • 3年:年0.15%(税引前)
  • 5年 :年0.15%(税引前)
ATM手数料
  • 回数制限なく無料 (ゆうちょ銀行)
  • 入金手数料無料(セブン銀行)
振り込み手数料 【本支店宛て】

  • 無料

【その他金融機関宛て】

  • 月3回まで無料(条件あり、詳しくはHPにて)

※普通預金金利・定期預金金利につきましては、変更の可能性があるため最新の金利はあおぞら銀行公式HPをご確認お願いします

出典:https://www.aozorabank.co.jp/bank/

\Visaデビットカード利用で最大1,500円プレゼント!/

2東京スター銀行

東京スター銀行

スターワン円定期預金プラスを利用すると、インターネット限定で最低預入金額50万円からの6ヵ月年利が通常の定期預金の約16倍の年利になり、普通預金では給与振込口座に指定することで通常の100倍で利用することができます。

\給与振込口座なら金利0.1%/

スターワン円定期預金+金利適用条件

ATM手数料は月8回まで実質無料になっていて、コンビニや銀行のATMで手数料が引かれたあと、翌月の第一営業日に自動でキャッシュバックされます。

給与(年金)受取口座に指定すると普通預金金利0.1%となっており、高い金利をキープしています。

東京スター銀行のメリットは、普通預金・定期預金ともに好金利なことです。

 さらに、年金振込口座を東京スター銀行に指定で金利が0.1%に!

給与取得者も、退職後に年金受取を東京スター銀行に指定することで引続き優遇金利を利用可能です。

\給与振込口座なら金利0.1%も/
普通預金金利  0.001%〜0.1%(給与受取口座/年金受取口座)
定期預金金利
  • 6ヵ月:0.015%〜0.25%
  • 1年:0.015%〜0.25%
  • 3年:0.015%〜0.25%
  • 5年:0.015%〜0.25%
ATM手数料
  • 月8回実質無料(セブンATM、ゆうちょATM,ローソンATM,ファミリーマートATM,メガバンク)
振り込み手数料
(税込)
※東京スターダイレクトを利用した場合
【本支店あて】

  • 5万円以上:無料
  • 5万円未満:無料

【他行あて】

  • 5万円以上:330円(月3回まで実質無料)
  • 5万円未満:330円(月3回まで実質無料)
\給与振込口座なら金利0.1%も/

3SBJ銀行

SBJ銀行

SBJ銀行は、韓国の大手銀行である新韓銀行を中核とする「新韓金融グループ」の日本法人です。

SBJ銀行は、魅力的な金利はもちろんのこと、手数料の安さにも定評があります。

SBJ銀行は、全国のコンビニATMやゆうちょ銀行・みずほ銀行ATMでの取引が可能。取引状況にかかわらず、毎月3回〜10回まで入出金手数料が無料です。

SBJ銀行宛ての振り込み手数料は何回でも無料。他行宛ての振り込みも、毎月7回まで無料で利用できます。

気になる定期預金金利は、0.03〜0.20%と、かなりの高金利となっています。

  • 円定期預金 金利アップキャンペーン 
    新規口座、既存口座どちらも最大0.35%の高金利になります。

    期間:2021年9月1日(水)~2022年2月9日(水)早期終了する可能性がございます。

魅力的な金利+普段使いとしてもおすすめのネット銀行です。
\WEB完結でカンタン口座開設!/
普通預金金利 0.02%
定期預金金利
  • 1〜6ヶ月:0.03%
  • 1年:0.12%
  • 2年:0.15%
  • 3年:0.15%
  • 5年 :0.20%

※円定期預金1年/2年/3年ものは特別金利の場合

提携ATM手数料
  • 月10回まで無料(セブン銀行、イオン銀行、イーネット合計)
  • 月3回まで無料(ゆうちょ銀行、みずほ銀行合計)
振り込み手数料
※SBJダイレクト使用時
【SBJ銀行宛て】

  • 無料

【その他金融機関宛て】

  • 月7回まで無料

出典:https://www.sbjbank.co.jp/

\WEB完結でカンタン口座開設!/

4GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行は「あおぞら銀行グループ」と「GMOインターネットグループ」が共同で手掛けるネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行では、GMOインターネットグループのGMOクリック証券と連携する事で高金利を実現。定期預金金利は0.02〜0.03%となっています。

 ATM出金、他行宛ての振り込み回数は月20回まで無料。利用状況によって判定されるカスタマーステージで無料回数やキャッシュバック率がアップします。

GMOあおぞらネット銀行は、セキュリティ対策にも力を入れているため、安心して利用可能です。
普通預金金利 0.001%
定期預金金利
  • 1ヵ月以上3ヵ月未満:0.020%
  • 3ヵ月以上6ヶ月未満0.020%
  • 6ヶ月以上1年未満:0.030%
  • 1年以上2年未満:0.030%
  • 2年以上10年未満:0.020%
提携ATM
利用手数料
(税込)
(個人口座の場合)
  • 入金:無料
  • 出金:カスタマーステージに応じて月2回〜20回まで無料(以降、110円/回)
振込み手数料
(税込)
【GMOあおぞらネット銀行宛て】

  • 無料

【他の金融機関宛て】

  • 月1回〜20回まで無料(以降、157円/回)
出典:https://gmo-aozora.com/

5PayPay銀行

PayPay銀行

PayPay銀行は、申し込みから最短5日でキャッシュカードが届くネット銀行です。

 PayPay銀行は、近くの銀行・コンビニのATMで、24時間365日入出金が可能。毎月1回目の手数料は必ず無料です。

2回目以降も3万円以上の取引であれば、何度でも手数料無料で利用できます。

また、Tポイントを現金に交換できることもPayPay銀行の特徴。Tポイント100ポイント→85円と交換できます。

\スマホで簡単スピード口座開設/

PayPayの支払いにも対応しており、口座からPayPay残高にチャージできます。
普通預金金利 0.001%
定期預金金利
  • 1ヵ月以上10年未満:0.02%
  • 10年以上:0.03%
提携ATM手数料(入金)
(税込)
【3万円以上】

  • 無料

【3万円未満】

  • 165円(セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、Enet、三井住友銀行)
  • 330円(ゆうちょ銀行)

※毎月最初の1回は無料

提携ATM手数料(出金)
(税込)
【3万円以上】

  • 無料

【3万円未満】

  • 165円(セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、Enet、三井住友銀行)
  • 330円(ゆうちょ銀行)

※毎月最初の1回は無料

振り込み手数料
(税込)
※インターネットバンキングでの振込の場合
【PayPay銀行宛て】

  • 無料

【他の金融機関宛て】

  • 3万円未満:176円
  • 3万円以上:275円

出典:https://www.japannetbank.co.jp/

\スマホで簡単スピード口座開設/

6ローソン銀行

ローソン銀行

ローソン銀行は、大手コンビニストア「ローソン」が主導するネット銀行です。

ローソン銀行口座を開設するメリットは、全国のローソン銀行ATMがお得に使えることです。

 24時間365日・7時~19時の間、ローソン銀行でのお預け入れ・お引き出しのATM取扱手数料は無料。土日祝日も平日同様に利用できます。

口座開設はスマートフォンアプリ1台で完結します。

ローソン銀行の特徴は、300万円以上の普通預金金利が高いことです。

300万円以上の普通預金金利は年0.150%。高額な預入れを検討している方におすすめのネット銀行です。

普通預金金利
  • 300万円未満:年0.001%
  • 300万円以上:年0.150%
定期預金金利
※キャンペーン適用時
【2021年6月7日(月)~ 2021年7月30日(金)】
  • 1〜2ヶ月:0.250%
  • 3ヶ月:0.250%
  • 6ヶ月:0.250%
  • 7ヶ月以降:0.030%
ローソンATM手数料 【入金・出金】0円(7:00〜19:00)

※0:00〜7:00・19:00〜24:00は預け入れ・お引き出しともに110円(税込)

振込み手数料
(税込)
【ローソン銀行宛て】

  • 7:00〜19:00:55円
  • 0:00〜7:00・19:00〜24:00:165円

【他行宛て】

  • 7:00〜19:00:220円
  • 0:00〜7:00・19:00〜24:00:330円

出典:https://www.lawsonbank.jp/

7楽天銀行

楽天銀行は、ネット銀行口座数No.1を誇るきわめて人気の高いインターネット銀行です。
公式ページの文言によります。

楽天銀行の特徴は、残高や取引に応じてポイントや手数料が優遇されることです。

 利用状況に応じて「振り込み手数料が最大月3回無料」「ATM手数料が最大月7回無料」になります。

店舗を持たないネット銀行であるため、高金利で利用できます。
普通預金金利 0.02%〜0.10%(マネーブリッジ利用時)
定期預金金利 0.01%〜0.02%
提携ATM手数料
(税込)
会員ステージに応じて最大7回/月無料(通常220円〜275円
振込み手数料
(税込)
【楽天銀行宛て】

  • 無料

【楽天銀行以外の金融機関口座&3万円未満】

  • 168円(会員ステージに応じて最大3回/月無料)

【楽天銀行以外の金融機関口座&3万円以上】

  • 262円(会員ステージに応じて最大3回/月無料)

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/

8オリックス銀行

オリックス銀行

オリックス銀行は、オリックスグループの銀行です。

オリックス銀行の強みは、定期預金の金利が高いことです。

 オリックス銀行の定期預金は店舗や人件費などのコストを抑えることで高水準な金利を提供。最高0.28%の高金利となっています。

預金残高は年々増加しており、2019年7月には預金残高が2兆円を突破しています。

気になるセキュリティ対策にも力を入れています。

2019年12月には、eダイレクト預金口座を持っている方が、簡単に利用できる振り込み認証専用サービスを開始。アプリを使って、簡単・安心な取引が可能です。

普通預金金利 0.01%
定期預金金利
  • 6ヶ月:0.10%
  • 1年:0.12%
  • 2年:0.15%
  • 3年:0.25%
  • 5年 :0.28%
提携ATM手数料 無料
振込み手数料
(カードローン利用の場合・税込)
【eダイレクト預金】

  • オリックス銀行宛:0円
    (オリックス銀行内の資金移動)
  • 他の金融機関宛:0円
    ※同月内の資金移動2回まで無料・3回目からは1回440円

【ダイレクト預金】

  • オリックス銀行宛:0円
    (オリックス銀行内の資金移動)

出典:https://www.orixbank.co.jp/

9大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、大和証券グループのインターネット銀行です。

大和ネクスト銀行の特徴は、口座開設手続きが簡単にできることです。

本人情報の入力や本人確認書類のアップロードはスマートフォンでOK。最短1日で手続きが完了します。

口座への入金は簡単です。「ダイワ・カード」を使って全国各地のATMから利用できます。

 本人名義口座への振り込みなら、いつでも何度でも振込手数料は0円です。

円預金での資産形成なら、定期預金がおすすめ。大和ネクスト銀行では1ヶ月から最長5年まで、預入期間を選択できます。

定期預金金利は0.05%。もちろん、元本保証・預金保険の対象です。
普通預金金利 0.005%
定期預金金利 0.05%
提携ATM手数料
(税込)
  • 入金:無料
  • 出金:110円(セブン銀行、ゆうちょ銀行は時間帯により無料) 
振り込み手数料
(税込)
【大和ネクスト銀行、他金融機関の本人名義口座宛て】

  • 無料

【その他の金融機関宛て】

  • 月3回まで無料(4回目以降は220円

出典:https://www.bank-daiwa.co.jp/

10ソニー銀行

ソニー銀行は、個人向けの金融商品・サービスを提供するインターネット専門銀行です。

ソニー銀行では円普通預金 」「円定期預金 」「 積み立て定期預金」の3種類が用意されており、ライフスタイルや用途に合わせて利用できます。

 また、ソニー銀行の預金保険は、元本1,000万円までとその利息が保護対象となります。

お金の出し入れは、全国のコンビニATM・提携ATMが利用可能。ペーパーレスのネット通帳で、スマートに取引履歴を確認できます。

普通預金金利 0.001% 
定期預金金利
  • 1ヵ月:0.010%
  • 3ヵ月:0.010%
  • 6ヵ月:0.013%
  • 1年:0.013%
  • 2〜7年:0.020%
  • 10年:0.150%
提携ATM手数料
(税込)
  • 入金:無料
  • 出金:月4回まで無料(月5回目以降は110円/回
振り込み手数料
(税込)
※インターネットバンキング・スマートフォン・モバイルバンキングでの振込みの場合
【ソニー銀行宛て】

  • 無料

【その他金融機関宛て】

  • 月1回まで無料(月2回以降は220円/回)

出典:https://moneykit.net/

11auじぶん銀行

auじぶん銀行は、携帯大手「KDDI」とメガバンク「三菱UFJ銀行」が共同出資して設立したインターネット銀行です。

auじぶん銀行の円定期預金は、安心の元本保証。契約した期間が満了すると、預入金額と利息が受け取れます。

もし中途解約した場合も、元本が減ることはありません。

期間は1ヶ月~5年の中から選択可能。1円以上1円単位で円定期預金の預入れができます。

普通預金金利 0.001%
定期預金金利
  • 1ヵ月:0.030%
  • 3ヵ月:0.040%
  • 6ヶ月:0.030%
  • 1年:0.050%
  • 2年:0.030%
  • 3年:0.030%
  • 5年 :0.030%
提携ATM手数料
(税込)
【じぶんプラス1】

  • 110円/回(ゆうちょ銀行は220円/回)

【じぶんプラス2〜5】

  • 入金:何度でも無料(ゆうちょ銀行は月1回まで無料。2回目から220円/回)
  • 出金:月3回〜月11回まで無料(12回目以降、110円/回)
振込み手数料
(税込)
※パソコン・スマートフォン・ケータイからの振込の場合
【auじぶん銀行、三菱UFJ銀行宛て】

  • 無料

【他の金融機関宛て】

  • 3万円未満の振り込み:178円/回
  • 3万円以上の振り込み:283円/回

※じぶんプラスのステージに応じて最大月15回まで無料

出典:https://www.jibunbank.co.jp/

12イオン銀行

イオン銀行は、流通大手「イオングループ」のネット銀行です。

イオン銀行では、普通預金のほか、スーパー定期・積立式定期預金を提供しています。

イオン銀行の円預金サービス
  • 普通預金
    →イオンでの毎日の買物ついでに手軽可能。おさいふ代わりに使えます。
  • スーパー定期
    1万円から預入可能。預入れ期間を1カ月から5年まで自由に選べます。
  • 積立式定期預金
    →目標に向けてコツコツお金を貯めたい方におすすめです。

イオン銀行でおすすめなのは、普通預金です。イオン銀行では、イオン銀行Myステージに応じて、普通預金金利が最大0.1%までアップします。

イオン銀行Myステージとは
対象取引の利用に応じて自動的に「イオン銀行スコア」が貯まり、決定したステージごとの特典を受けられるサービスのことです。

適用条件はありますが、普通預金金利の高さはネット銀行としてかなりのものです。イオン銀行関連サービスを有効利用して、スコアアップを目指しましょう。

普通預金金利 0.001%〜0.10%
定期預金金利 0.01%
提携ATM手数料
(税込)
【イオン銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行】

  • 無料

※平日日中のみ

【上記以外の金融機関】

  • 110円〜220円

※ステージに応じて入出金手数料が最大月5回無料

振り込み手数料
(税込)
※ATM(イオンカードセレクト/キャッシュ+デビット/イオン銀行キャッシュカード)での振込の場合
【イオン銀行宛て】

  • 無料

【その他金融機関宛て】

  • 220円

※ステージに応じて他行手数料が最大月5回無料

出典:https://www.aeonbank.co.jp/

普通預金金利が高いおすすめネット銀行ランキング

ここでは、これまで紹介したおすすめネット銀行を、普通預金の上限金利が高い順にランキング形式で紹介します。

上限金利が同じ場合は下限金利が高い順に記載しておりますので、ネット銀行選びの参考にしてください。

1あおぞら銀行 BANK

あおぞら銀行

あおぞら銀行BANKの普通預金金利は年0.2%※1と、本記事で紹介したおすすめネット銀行の中で1位を誇ります。
※1 税引前、変動金利

例えば、1年間の預入れ100万円が、あおぞら銀行BANKに預けると普通預金金利が年0.2%(税引後年0.159%)であるため、受取利息は約1,590円となります。

預けているだけで1回のランチ代と同じくらいの金利が貰えるのは、かなりお得感がありますね。

普通預金金利
※2020年12月7日現在
年0.2%(税引前)(変動金利)
\Visaデビットカード利用で最大1,500円プレゼント!/

※普通預金金利・定期預金金利につきましては、変更の可能性があるため最新の金利はあおぞら銀行公式HPをご確認お願いします。
出典:https://www.aozorabank.co.jp/bank/

2ローソン銀行

ローソン銀行

ローソン銀行は、大手コンビニストア「ローソン」が主導するネット銀行です。

300万円以上の普通預金金利は年0.150%であるため、高額な預入れを検討している方におすすめのネット銀行です。※税引後 年0.119%

例えば、1年間の預入れ300万円が、ローソン銀行に預けると普通預金年0.15%(税引き後 年0.119%)であるため、受取利息は約3,570円になります。

普通預金金利
  • 300万円未満:年0.001%
  • 300万円以上:年0.150%(※税引後 年0.119%)

※2020年3月30日現在 変動金利。
※定期預金のように預入時の金利が預け入れ期間を通して適用されるものではなく、毎日の金利が適用されるので、預け入れ期間中に見直されることがあります。
※対象は個人(個人事業主含む)です。
出典:https://www.lawsonbank.jp/

3楽天銀行

楽天銀行は、ネット銀行口座数No.1を誇るきわめて人気の高いインターネット銀行です。普通預金金利も0.02%〜0.10%(マネーブリッジ利用時)と、紹介したネット銀行の中でも比較的高い数値です。
公式ページの文言によります。

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行を契約し連携すると適用されます。銀行と証券の口座間の資金移動が簡単になったり、サービスの利用に応じて楽天ポイントがもらえるお得なサービスです。

例えば、1年間の預入れ100万円をマネーブリッジを適用後の楽天銀行に預けると、普通預金金利が年0.1%(税引後年0.079%)であるため、受取利息は約790円となります。

普通預金金利 0.02%〜0.10%(マネーブリッジ利用時)

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/
※金利は税引き前の年利です。利息には復興特別所得税が課され、20.315% (国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります。
※普通預金は、預金保険制度における「決済用預金」ではありません。
※普通預金金利は変動金利です。お預入れ後の金利は、金融情勢等により予告なく変更する場合があります。
※マネーブリッジ適用時の優遇金利は、前月末終了時点でマネーブリッジの設定が完了されている方に、当月1ヶ月間適用する優遇金利です。例)1/10に設定→2/1から優遇金利が適用開始
2/15に設定解除→3/1より通常金利が適用

ネット銀行のおすすめの選び方とは?

ネット銀行

ネット銀行を契約する際に、重視するべきおすすめのポイントを紹介します。お得に安全にネット銀行を利用するために、ぜひ参考にしてみてください。

ネット銀行のおすすめの選び方
  1. 普通預金の金利の高さ
  2. 取引手数料の安さ
  3. セキュリティレベルの高さ

1普通預金の金利の高さ

ネット銀行は基本的に一般の銀行より普通預金の金利が高い傾向にあるので、一般の銀行よりネット銀行に預けるだけで得をすると言えます。金利が高い理由は、web上で運営しているため店舗運営にかかるコストを削減することができるからです。

メガバンクの普通預金金利の多くは0.001%なので、例えば金利比較ランキング1位のネット銀行は、あおぞら銀行 BANKは、なんと200倍も金利が高いことになります。 

\Visaデビットカード利用で最大1,500円プレゼント!/

2取引手数料の安さ

ATMの振り込み手数料や引き出し手数料が安く、無料回数が多く設定されている口座を選ぶのが便利でしょう。また、取引に対応しているATMが多いことも選ぶポイントです。

月に数百円の出費だからと軽く考える人も多いかもしれませんが、積み重なれば大きな出費になるので注意してください。

例えば、手数料の安さに定評があるSBJ銀行は、取引手数料が下記のようになっています。

SBJ銀行の取引手数料
  • 月10回まで無料(セブン銀行、イオン銀行、イーネット合計)
  • 月3回まで無料(ゆうちょ銀行、みずほ銀行合計)

    3セキュリティレベルの高さ

    セキュリティ

    ネット銀行の強みは、web上で簡単に手早く取引できることと言えますが、その分パスワードやログインIDの流出による不正アクセスも多く、金融犯罪の的にされていることも事実です。

    そのため多くのネット銀行は、ワンタイムパスワードの発行やスマートフォンに登録された生体認証機能を利用することで、不正送金を防ぐなどの対策を行っているところもあります。

    金利の高さ、手数料の低さなど普段の使い勝手がいいことも重要ですが、安心して自分の大事な資産を預けられるところを選ぶことも考えましょう。

    \Visaデビットカード利用で最大1,500円プレゼント!/

    ネット銀行に関する質問

    そもそもネット銀行とは?
    ネット銀行とは、実店舗を持たず、ネット上で取引(入出金や利用履歴照会など)ができる銀行のことを指します。普通の銀行と異なる点は、主に下記のとおりです。
    ・店舗がない
    ・24時間365日いつでも利用できる(メンテナンス時間を除く)
    ・手数料が安め など
    ネット銀行の金利比較ランキング1位は?
    金利比較ランキング1位のネット銀行は、あおぞら銀行 BANKです。
    あおぞら銀行 BANKの一番の魅力は、年0.2%と高金利なこと。また、ゆうちょ銀行ATMからの入出金の手数料が回数制限なく無料な点も、利用者には嬉しい利点です。
    手数料がお得なネット銀行を知りたい。
    本記事で紹介しているネット銀行の大半が「月〇回まで手数料無料」といった形で、お得に利用できるようになっています。
    ここでは、紹介しているネット銀行のうち上位3行を紹介します。
    1.あおぞら銀行 BANK
    2.
    ローソン銀行
    3.東京スター銀行
    ネット銀行に危険性はない?
    ネット銀行ではセキュリティ対策もしていますが、不正利用などの危険性は0と言い切れません。
    ネット銀行側だけでなく、利用者側も暗証番号の管理やワンタイムパスワードの使用といった対策をして、リスクを減らすことが重要でしょう。

    まとめ

    ここまで、金利がお得なネット銀行をランキング形式で紹介してきました。

    今回紹介したネット銀行だけでも、普通預金金利・定期預金金利は大きく異なります。

    資産運用としてネット銀行を選ぶのであれば、少しでも高金利の銀行を選ぶのが吉。金利が優れた銀行にお金を預けることで、よりお得に利息を受け取ることが可能です。

    ぜひこの記事の内容やランキングを参考に、気になるネット銀行に申し込んでみてくださいね。

    記事監修者

    弁護士 石原 一樹
    2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

    関連記事

    【2020最新・比較一覧】ネット銀行おすすめ人気ランキング

    監修者の紹介

    監修者の写真

    監修者岡田行史

    人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事