三井住友カード

安心と信頼の1枚として、幅広い世代から定評がある「三井住友カード」。

人気と顧客満足度、どちらもを兼ね備えているクレジットカードです。

そこで今回は、三井住友カードについて徹底解説。特徴やポイント還元率はもちろん、気になる審査難易度についてもまとめています。

おすすめの三井住友カードやキャンペーン情報も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、三井住友カードの特徴について確認していきましょう。

三井住友カードの基本的な情報や機能をまとめていますので、ぜひ目を通してみてください。

1年会費がお得

三井住友カードの特徴1つめは、年会費がお得なことです。

三井住友カードは、年会費初年度無料(インターネットからのお申込みを条件としているカードもございます)。

2年目以降も利用額や使い方に応じた、年会費割引特典が用意されています。

三井住友カードの年会費割引特典(翌年以降)
  • WEB明細の利用で翌年度年会費最大1,100円(税込)割引
  • マイ・ペイすリボを申し込み+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで年会費無料・半額
  • 前年度のカード利用金額に応じて翌年度年会費無料・半額

三井住友カードは、通常1,375円(税込)の年会費がかかりますが、割引特典が適用され半額〜無料で利用できるケースも少なくありません。

たとえば、年間100万円以上カードを利用するだけでも翌年度の年会費が半額になります。

年会費有料のハイスペックカードが割安・無料で利用できるお得さは、三井住友カードの大きなメリットです。

2豊富な決済手段

三井住友カードの特徴2つめは、さまざまな決済手段に対応していることです。

 三井住友カードは、「iD」をはじめとする各種電子マネー、サインや暗証番号が不要なタッチ決済(非接触決済)に対応しています。

さらに、スマートフォンやスマートウォッチでの電子マネー決済など、さまざまな決済手段の中から自分のライフスタイルに合わせて最適なものを選ぶことが可能です。

三井住友カードの電子マネーの例
  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • PitaPa
  • WAON

三井住友カード1枚あれば、多くのシーンでスマートな支払いが可能。キャッシュレス生活の心強い味方となってくれます。

3安心のセキュリティ体制

三井住友カードの特徴3つめは、安心のセキュリティ体制です。

三井住友カードでは、業界最高水準の不正利用検知システムを導入。

公式ページの文言によります。

24時間365日体制で不審カード利用チェックを行っています。

万が一の紛失や盗難の際もオペレーターが24時間・年中無休で対応。安心・安全に利用できます。

三井住友カードのセキュリティ対策の例
  • カード不正使用検知システム
  • ICカードによる偽装防止
  • ICカードによる高度な暗号技術
  • 写真入りカードの発行可能
  • ワンタイムパスワードサービス
  • ネットショッピング認証サービス
  • セキュリティコード など

また、三井住友カードでは不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日の60日前からの損害を補償しています。

強固なセキュリティがあるうえ補償もあるので、クレジットカードとしての安心面はかなり高いといえるでしょう。

クレジットカードは、安心して使えることが何より重要。万全のセキュリティと補償があるだけで、十分三井住友カードを選ぶ理由となりえます。

三井住友カードのポイント還元率を徹底解説

三井住友カードを利用する前に確認しておきたいのが、ポイント還元率です。

三井住友カードの通常ポイント還元率は0.50%。200円で1ポイントが貯まります。

しかし、三井住友カードはポイントプログラムが充実しており、実際にはクレジットカードとしてかなりの高還元カードです。

ここでは、三井住友カードのポイント還元率を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

1選んだお店でポイント2倍

三井住友カードは、選んだお店でポイントが2倍になります。

三井住友カードでは、対象店(セブン-イレブン・マクドナルド・スーパー・カフェなど約50店舗)から3つを選択可能。

選んだ3つのお店で三井住友カードを使うと、ポイントが2倍貯まります。

三井住友カード対象店(一部)
  • スターバックス
  • モスバーガー
  • ドトール
  • すき家
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン
  • ライフ
  • イズミヤ
  • 西友
  • デイリーヤマザキ 

カード払いはもちろんのこと、タッチ決済・iD利用・Apple Pay、GooglePay利用でもポイントが2倍貯まります。

自分がよく行くお店でお得にポイントを貯められるのは大きなメリットです。

2コンビニ・マクドナルドでポイント5倍

三井住友カードは、コンビニ3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドで、いつでもポイントが5倍貯まります。

ポイント5倍対象店舗
  • マクドナルド
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
 上記店舗で三井住友カードで支払えば、ポイント還元率は驚異の2.50%。利用金額200円につき5ポイントが貯まります。

一般的なクレジットカードでは、キャンペーンを活用してもなかなか目にしないほどの高還元率といえます。

三井住友カードなら、いつもの利用で毎日5倍のポイントを取得可能。

コンビニ(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)やマクドナルドをよく利用する方は、三井住友カード一択と言っても過言ではありません。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

3ポイントupモールでポイント最大20倍

三井住友カードには、ポイント還元率を上げる技があります。そのひとつが、ポイントupモールの活用です。

ポイントUPモールとは

三井住友がカードが運営するショッピングモールのこと
 ポイントUPモールを経由して三井住友カードで買い物すると、いつものネットショッピングでポイントが最大20倍貯まります。

ポイントUPモールには人気のショップが勢揃い。欲しい商品はまず手に入るといっても過言ではないほど、豊富な品揃えです。

ポイントUPモール人気ランキング
  1. Amazon(ポイント2倍)
  2. 楽天市場(ポイント2倍)
  3. Yahooショッピング(ポイント2倍)
  4. ふるさと納税(ポイント4倍)
  5. じゃらん(ポイント3倍)

たとえば、三井住友カードで10,000円の買い物をすると、通常50ポイントですがポイントUPモールを使うと最大1,000ポイントが貯まります。

ポイントUPモールの使い方は簡単。ショップを経由し三井住友カードでいつも通りに買い物を楽しむだけです。

ポイントUPモールの手順3ステップ
  1. ポイントUPモールから好きなショップにアクセス
  2. 三井住友カードで購入
  3. ポイント最大20倍GET

三井住友カードを使うなら、知らないともったいないポイントUPモール。いつもの買い物で、ざくざくポイントが貯まることが期待できます。

4ココイコでポイント最大20倍

ココイコは、ポイントやキャシュバックがもらえる三井住友カードのサービスです。

ココイコの利用方法はシンプル。お店に向かう前に、行きたいお店に「エントリー」するだけです。

クレジットカードでいつもどおり買い物すると、ポイントまたはキャッシュバックがもらえます。

ココイコの利用方法
  1. 行きたいお店にエントリー
  2. 特典を選択(キャシュバック or ポイント)
  3. エントリーしたカードで支払い
  4. 特典GET

ココイコの特典を受け取るのに、ポイントやクーポンの提示は必要ありません。

ココイコには有名百貨店からアウトレットモールまで、多数店舗が参加。気軽に利用できます。
ココイコ対象店舗(一例)
  • 小田急百貨店(ポイント3倍)
  • 洋服の青山(ポイント4倍)
  • びっくりドンキー(ポイント2倍)
  • ビックカメラ(ポイント2倍)
  • タカシマヤ(ポイント3倍)
  • 東急百貨店(ポイント3倍)
  • 近鉄百貨店(ポイント3倍)
  • かっぱ寿司(ポイント2倍)
  • 大丸・松坂屋(ポイント3倍)
  • 紀伊國屋書店(ポイント2倍) 

さらに、ココイコには「初回利用ボーナス(5ポイント)」と「スペシャルオファー(ポイント最大20倍)」があるため、タイミング次第で一層お得にポイントが貯められます。

「買い物に行こう」と思ったら、まずココイコにエントリーしましょう。

三井住友カードの締め日・引き落とし日

三井住友カードの締め日は月末。基本的な引き落とし日は翌月26日です。

例えば、5月1日〜5月31日まで三井住友カードで20万円買い物した場合、6月26日に口座から20万円が引き落とされます。

もし26日が土・日・祝日の場合、引き落とし日は翌営業日となっています。

三井住友カードの審査難易度

三井住友カードの審査難易度は、やや厳しめと予測できます。

三井住友カードは、銀行系のクレジットカード。銀行系クレジットカードは、他の系統のクレジットカードに比べて審査が厳しい傾向にあるといわれております。

ただし、審査がやや厳しいと考えられるとはいえ、パートやアルバイトでも申し込み可能です。継続した収入があれば、カードを発行できる可能性はあります。

三井住友カードは

  • 社会的信用度の高さ
  • ポイントプログラムの充実度
  • セキュリティ対策・カスタマー対応
  • カードの支払い機能
  • 提携店舗の多さ

どれをとってもかなりのもの。ぜひチャレンジしたい1枚です。

三井住友カードのキャンペーン情報

三井住友カードへ入会するなら、キャンペーン利用がお得です。以下、現在実施中の三井住友カードキャンペーン情報をまとめています。

三井住友カードキャンペーン情報
  • 入会&利用で最大5,000円相当プレゼント(キャッシュレスプラン)

※カード利用金額の20%還元(最大5千円相当のVポイント)
※プラチナプリファード券種については、上記キャンペーン対象外となっております。

人気おすすめの三井住友カード3選

1三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードデビュープラス は、25歳まで限定の三井住友カードです。

ポイントはいつでも2倍。常に還元率1.00%以上の高還元カードです。

 三井住友カードのポイントアッププログラムも全て対象。コンビニ(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)やマックで5倍・ポイントUPモールで最大20倍など多くのポイントを貯められます。

若者をターゲットにしたカードのため、審査に通過しやすいと考えられ、発行もしやすいと想定できるのも特徴。

25歳以下の方におすすめのクレジットカードです。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

年会費 初年度無料(2年目以降:税込1,375円)
年1回以上利用で翌年度無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
国際ブランド VISA
申込対象年齢 18〜25歳まで

2三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードは、18歳以上が申し込めるクレジットカードです。

リアル店舗からネットショッピングまで、普段の買い物でお得にポイントが貯まるのはもちろん、セキュリティ対策も万全。

100万円のショッピング保険も付帯しており、安心して使えます。

ネットから入会すれば年会費は初年度無料。2年目以降も「マイペイスリボへの登録+年1回利用」の条件を満たせば、年会費が無料になります。

年会費 初年度無料(2年目以降:税込1,375円)
マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用、リボ手数料の支払で年会費翌年無料。
ポイント還元率 0.50%~2.50%
国際ブランド VISA/Mastercard
申込対象年齢 18歳以上

3三井住友カード ゴールド

三井住友ゴールドカード

三井住友カードゴールドは、30歳以上が申し込めるステータスカードです。

 国内主要空港ラウンジが無料で利用可能。24時間年中無休で相談できる「ドクターコール24」やホテル・旅館の「宿泊優待」など、ゴールドカードならではのサービスが付帯しています。

カードはネット申し込みで最短翌営業日発行。普段使いから、出張・旅行まで幅広く活躍してくれるゴールドカードです。

年会費 初年度無料(2年目以降:税込11,000円)
ポイント還元率 0.50%~2.50%
国際ブランド VISA/Mastercard
申込対象年齢 30歳以上

三井住友カードの注意点

三井住友カードのデメリット・注意点

ここまでお伝えしたように、三井住友カードは魅力に溢れる優れたクレジットカードです。ただし一方で次のような注意点もあります。

三井住友カードの注意点
  1. 年会費がかかる
  2. 通常のポイント還元率が平凡

1年会費がかかる

多くのクレジットカードで年会費が無料のものが増えているなか、三井住友カードでは年会費がかかります。初年度は無料であるものの、2年目以降の年会費は通常1,375円(税込)です。

ただし本記事で紹介したように、次のような三井住友カードでは年会費の割引サービスが充実しています。

三井住友カードの年会費割引特典(翌年以降)
  • WEB明細の利用で翌年度年会費最大1,100円(税込)割引
  • マイ・ペイすリボを申し込み+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで年会費無料・半額
  • 前年度のカード利用金額に応じて翌年度年会費無料・半額

三井住友カードは年会費がかかってしまうのが残念ですが、豊富な決済手段やセキュリティ体制などの魅力があります。

うまく割引サービスを活用して、年会費を少なくおさえましょう!

2通常のポイント還元率が平凡

三井住友カードの通常時のポイント還元率は0.5%で、他のクレジットカードと比べても決して高くありません。そのため、ポイントに非効率さを感じるかもしれません。

とはいえ、三井住友カードには次のようなポイント還元率を上げるサービスがあります。

三井住友カードのポイント還元率を上げるサービス
  1. 選んだお店で積極的にカードを利用してポイント還元率を2倍にする
  2. コンビニやマクドナルドでカードを利用してポイント還元率を5倍にする
  3. ポイントupモールでショッピングしてポイント還元率を上げる
  4. ココイコにエントリーしてポイント還元率を上げる

特にココイコは、お店での買い物前に事前エントリーする必要があるので、忘れず利用しましょう!

まとめ

ここまで、三井住友カードについてまとめてきました。

三井住友カードは、セキュリティ対策が万全。ショッピング保険も付帯しており、安心・安全に利用できます。

ポイントプログラムが非常に充実しており、還元率はかなり高いものといえます。

「優待店」や「ココイコ」「ポイントUPモール」を活用すれば、いつもの買い物で2〜20倍のポイントが貯まります。

現在、新規入会キャンペーンを実施している三井住友カード。ぜひこの機会に、お得に入手してみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事