マクドナルドクレジットカード
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

世界でも有名な、大手ハンバーガーチェーン店『マクドナルド(通称:マック)』。マクドナルドは多様な支払い方法に対応しており、クレジットカードも使えます。

 マクドナルドでクレジットカードを使うと、お得にポイントを貯めることができるためおすすめです。

そこで今回は、マクドナルドでお得なクレジットカードランキングを紹介。以下の項目を基準に、おすすめなクレジットカードを比較していきます。

クレジットカードの比較基準
  • 年会費
  • 国際ブランド
  • 還元率(通常)
  • 還元率(マクドナルド)
  • 審査可能年齢

また、通常時のポイント還元率を基準にして、マクドナルドでお得にポイントが貯まるクレジットカードをランキング形式でまとめています。

\還元率が最高4.0%!?/

最初に述べた通り、マクドナルドではクレジットカードが使えます。では、マクドナルドで使えるクレジットカードの種類や、クレジットカード対応店舗はどこなのでしょうか?

マクドナルドではほぼ全店舗でクレジットカードが使える

マクドナルドは2017年より、全国の店舗でクレジットカード決済を導入。2022年現在では、ほぼ全ての店舗でクレジットカード払いが可能です。

ただし”ほぼ全店舗”と言った通り、一部の店舗ではクレジットカードが使えず、対象外の店舗は公式サイトでも公開されていません。

ごくわずかと想像できますが、クレジットカードが使えない可能性があることも頭に入れておきましょう。

マクドナルドでのクレジットカードの使い方

  1. 店員さんにクレジットカード払いをしたい旨を伝える
  2. 専用の端末にクレジットカードを差し込む(ICチップ内蔵の場合)、もしくはスライドさせる
  3. ピーッと音が鳴れば支払い完了

    以上の手順で支払いができます。サインをしたり暗証番号を入力したりする必要もありません。スピーディーに支払いが済むので便利ですね。

    \還元率が最高4.0%!?/

    マクドナルドで使えるクレジットカードの国際ブランドは6つ

    マクドナルドで使えるクレジットカードの国際ブランドは、以下の6つです。

    マクドナルドで使えるクレジットカードの種類
    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • American Express
    • Diners Club
    • DISCOVER

    マクドナルドでは、UnionPay以外の国際ブランド全てが使用できます。つまり、ほぼ全てのクレジットカードが使用可能といえます。

    ただし、購入方法によっても利用可能な国際ブランドが少しずつ異なるので、後に詳しく確認していきましょう!
    \還元率が最高4.0%!?/

    マクドナルドではクレジットカード払いがおすすめ

    マクドナルドの支払いでクレジットカードを選択すると、クレジットカード自体のポイント次の2つのポイントも貯めることができます。

    マックで貯めることができるポイント一覧
    • 楽天ポイント
    • dポイント
     つまりマクドナルドでクレジットカードを使うと、ポイントの二重取りが可能ということ。
    ※楽天ポイントカードとdポイントの併用はできません。

    楽天ポイントもdポイントも、購入金額100円につき1ポイント貯めることができます。また、ポイントを貯めるだけでなく使うことも可能です。

    なのでマクドナルドでは、クレジットカード払いがおすすめなんですね。次に、実際にお得にポイントが貯められるクレジットカードをご紹介します。

    マクドナルドでお得な人気クレジットカード比較

    マクドナルドでの利用でも、なるべく多くのポイント還元を受けたい!と考えている方には、以下3枚のクレジットカードがおすすめです。

    マクドナルドでお得なクレジットカード3選

    マクドナルドでお得なクレジットカード3選

    中でも楽天カードなら、カード払いをするだけで2.0%還元されます。クレジットカードとは別に、ポイントカードを提示するのが面倒と感じる方におすすめです。

    三井住友カード
    楽天カード
    三井住友カード
    デビュープラス
    dカード
    三井住友カード
    三井住友カード デビュープラス
    dカード
    年会費
    オンライン入会で
    初年度無料
    永年無料
    初年度無料
    2年目以降
    年1回以上利用で無料
    通常:1375円税込
    永年無料
    還元率
    0.5〜2.5%
    1.0%〜
    1.0〜2.5%
    1.0%
    発行
    最短
    翌営業日
    申し込み後
    1週間から10日程度
    最短
    翌営業日
    審査後
    最短5日
    国際ブランド
    VISA
    MasterCard
    VISA
    MasterCard
    JCB
    American Express
    VISA
    VISA
    MasterCard
    特典
    キャンペーン
    最大
    6,500円相当
    プレゼント
    最大
    5,000ポイント
    プレゼント
    最大
    6,500円相当
    プレゼント
    最大
    7,000ポイント
    プレゼント
    申込対象
    18歳以上
    高校生不可
    18歳以上
    原則高校生不可
    18歳以上25歳以下
    高校生不可
    満18歳以上
    高校生不可

    1三井住友カード

    三井住友カード

    三井住友カードは、マクドナルドでお得にポイントが貯まる人気クレジットカードです。

     三井住友カードの通常還元率は0.5%ですが、マクドナルドで利用するとポイント還元率が2.5%にアップ!!

    通常の5倍のポイントが貯まります。楽天ポイントやdポイントとの二重取りもできるため、マクドナルドでのポイント還元率は3.5%にすることができます※1※2

    また、三井住友カードならマクドナルド以外にセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンでもポイントが5倍。よくコンビニを利用する方にもお得なクレジットカードといえます。

    三井住友カードのポイント5倍対象店舗
    • マクドナルド
    • セブン-イレブン
    • ローソン
    • ファミリーマート

    そのほか、自分が好きな3つの店舗でポイントいつでも2倍※1・ポイントUPモール利用でポイント最大20倍など、普段使いからお得な三井住友カード。

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    監修者
    18歳以上であれば申込みできます(高校生を除きます)ので、マクドナルドでお得なクレジットカードを探している方はもちろん、メインカードとしてもおすすめです。

     

    年会費 初年度無料(オンライン入会の場合)(2年目以降税込1,375円)
    国際ブランド VISA/Mastercard
    ポイント還元率(通常) 0.5%
    ポイント還元率(マクドナルド) 2.5%~3.5%※3
    審査可能年齢 18歳以上
    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    三井住友カード公式サイト

    ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

    ※3:dカードまたは楽天カードを提示した場合を含みます。

    2楽天カード

    楽天カード

    楽天カードは、年会費無料のクレジットカードです。

    楽天カードのポイント還元率は1.0%。クレジットカードの支払い100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まります。

    マクドナルドは、楽天ポイント加盟店です。会計時に楽天ポイントカードを提示すると、マクドナルドでの購入金額100円(税込)につき、1ポイントが貯まります。

    楽天クレジットカードには、楽天ポイントカードの機能が付帯。そのため、マクドナルドで楽天クレジットカードで支払いを行うと、合計2%が還元されます。

    \年会費永年無料/

    マクドナルドで楽天クレジットカードを使った場合
    クレジットカードのポイント(1%)+加盟店の楽天ポイント(1%)=合計2%

    楽天クレジットカードを使えば、わざわざ楽天ポイントカードを提示せずとも、ポイントの二重取りができます。

    監修者
    貯まった楽天ポイントは、1ポイント=1円相当としてマクドナルドで使用可能。ポイントが使いやすいことも楽天カードのメリットです。

     

    年会費 永年無料
    国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AmericanExpress
    ポイント還元率(通常) 1.00% 
    ポイント還元率(マクドナルド) 2.00%
    審査可能年齢 18歳以上
    \年会費永年無料/

    3三井住友カード デビュープラス

    三井住友カード デビュープラス

    マクドナルドでお得なクレジットカードとして、三井住友カード デビュープラスをまずご紹介します。

    三井住友カード デビュープラス は、18〜25歳まで申し込み可能なクレジットカード。通常の三井住友カードに比べてポイント還元率が2倍になっているのが特徴です。

    三井住友カード デビュープラスのポイント還元率は1.00%。普段の買い物200円(税込)で2ポイントが貯まります。

    三井住友カードデビュープラスには優待店舗があり、優待店舗を利用するとポイント還元率がいつでも5倍です※1※2

     マクドナルドは、優待店舗に入っているため、ポイント還元率が通常カードの5倍の2.5%。さらに、通常の支払いポイント0.5%も加算されるため、還元率は3.0%となります。

    大きなメリットは、マクドナルドの支払いで、いつでも3.0%の還元が受けられることです。

    わざわざ他の電子マネーにチャージしたり、ポイントアッププログラムに申請したりする必要はありません。

    3.0%の還元を受けるには、いつもどおりの支払いを三井住友カードデビュープラスで行うだけです。

    さらに、会計時に楽天ポイントカードやdポイントカードを提示すれば、ポイントの二重取りもできます。

    「三井住友カードデビュープラス+dポイントカード・楽天カード提示」=ポイント還元率4.00%!!

    18〜25歳と申し込みに年齢制限はありますが、マクドナルドでお得に使えるクレジットカードです。
    年会費 初年度無料(2年目以降税込1,375円、年1回以上利用で次年度年会費無料)
    国際ブランド VISA 
    ポイント還元率(通常) 1.0%
    ポイント還元率(マクドナルド) 3.0%~4.0%
    審査可能年齢 18〜25歳まで 

    三井住友カード デビュープラス公式サイト

    ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

    ※3:dカードまたは楽天カードを提示した場合を含みます。

    4dカード

    dカード

    dカードは、マクドナルドで還元率が2.0%になるクレジットカードです。

    全国のマクドナルドでは、dポイントが貯まります。

    dポイントとは

    dポイントはいろいろなところでつかえるオトクなポイントサービスです。つかうときは1ポイント=1円相当として、ためるときは100円(税込)ごとに1ポイントたまります。

    マクドナルドでdポイントを貯めるには、会計時にdポイントカードを提示。マクドナルドでの支払い金額100円(税込)あたり1ポイントが貯まります。

    dカードにはdポイントカードの機能が自動付帯

     そのため、マクドナルドでdカードを使うと、dポイント(還元率1%)にクレジットカードとしてのポイント(還元率1%)が加算されるため還元率は2.0%です。

    マクドナルドの支払いで貯まったdポイントは、3日以内に反映。1ポイント=1円相当として

    • 購入金額全額をポイントで支払う
    • 全ポイント+現金で支払う

    のどちらかで利用できます。

    監修者
    dカードは、ポイントカード機能が一体化しているため、貯めやすく使いやすいのが大きな魅力。年会費永年無料で、気軽に持てるクレジットカードです。    

     

    年会費 永年無料
    国際ブランド VISA/Mastercard
    ポイント還元率(通常) 1.00% 
    ポイント還元率(マクドナルド) 2.00%
    審査可能年齢 18歳以上

    マクドナルドでお得なクレジットカードランキング

    ここまで、4種類のクレジットカードを紹介してきました。マクドナルドでは、様々なクレジットカードが利用できますが、どうせならポイント還元率が高いカードを利用した方がお得ですよね。

    そこで、ここからはマクドナルドでの還元率の下限が高い順にランキング形式で紹介します。

    カード名 ポイント
    還元率
     申し込み
    1位 三井住友カード デビュープラス三井住友カード
    デビュープラス 
    3.0〜4.0%
    当サイトでは取扱なし
    2位 三井住友カード三井住友カード 2.5〜3.5%
    3位 dカードdカード 2.0%
    3位 楽天カード 2.0%

    ※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高いポイント還元率にてポイントが付与される可能性があります。

    マクドナルドでのポイント還元率を比較すると、上記のように三井住友カード デビュープラスが3.0~4.0%で1位となりました。

    マクドナルドで使える支払い方法一覧

    マクドナルドはさまざまな決済方法に対応しています。現金やクレジットカード以外にも、便利なキャッシュレス決済が利用できるようになっているので活用しましょう。

    数多くの電子マネーにも対応していますが、注意したいのがチャージができないという点。マクドナルドで利用しようと思った際に残高不足が判明しても、その場ではチャージしてもらえないので気をつけましょう。

     交通系電子マネーや、楽天Edy、WAONなど、スマホからのチャージが可能な場合もあります。

    QRコード決済には一切対応していないという点も押さえておきましょう。スマホアプリを利用して決済用のQRコードを表示することで簡単に決済ができる「楽天Pay」や「PayPay」「LINEPay」などの利用はできません。

    監修者
    利用できる決済方法を事前に確認しておきましょう。
    電子マネー WAON / nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay
    交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん
    クレジットカード VISA / JCB / MasterCard / AMEX / Diners
    タッチ決済 Visaタッチ決済/ Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless
    QRコード決済
    ポイント決済 楽天ポイント/ dポイント
    その他 現金

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    マクドナルドでのクレジットカード払い・支払いの注意点

    一部ポイント払いをすると現金払いのみ

    財布

    マクドナルドでクレジットカードに貯まったポイントを利用する場合に注意したいのが、一部をポイント払いにすると残りの支払いには現金しか利用できないという点でしょう。

    例えば、会計が800円だった場合に、ポイント残高が500円分しかなかったとします。その場合、500円分の支払いにはポイントを充当することができますが、残りの300円は現金での支払いに限られます。

     クレジットカード払いは利用できません

    最近は、キャッシュレス決済が増え、近場への買い物やお昼ご飯の買い物だけであれば財布を持たず、クレジットカードとスマホだけで外出するという人も多いでしょう。

    ポイント支払いをする場合に、ポイント残高が支払い合計金額に満たないと現金が必要になってしまうので注意が必要です。

    ポイント残高はカード会社ごとにスマホアプリなどから確認できるので事前にチェックするといいでしょう。

    マクドナルドは楽天Pay非対応

    マクドナルドで「楽天ポイント」を利用する際に注意したいのが、楽天Payが利用できないという点です。

    マクドナルは、楽天ポイントの利用や、獲得の対象店舗ですが、楽天Payの利用加盟店ではないので注意しましょう。

    マクドナルドで利用できる楽天決済サービス
    • 楽天カード
    • 楽天Edy
    • 楽天ポイント支払い

    楽天Edyは、楽天Payと同じくキャッシュレス決済の一種ですが前払い式の「電子マネー」として利用することができます。クレジットカードのように利用額を後から支払う仕組みではないので、支払い前にお金を入金しておく必要があります。

    しかし、基本的には楽天Payも楽天Edyもキャッシュレス決済として利用できるという点では大きな差はありません。どちらを利用しても楽天ポイントは貯まるので、マックの利用頻度が高いという人は楽天Edyの利用を検討してもいいでしょう。

    監修者
    楽天Payと楽天Edyは利用できる加盟店に違いがあります。

    楽天カードであれば、いずれの国際ブランドを利用していても決済が可能です。利用店舗ごとに使用できる決済方法が違うというのは覚えておくといいでしょう。

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    モバイルオーダーではポイントの二重取り不可

    スマホを操作する人

    マクドナルドでは、「楽天カード」や「dカード」などのクレジットカードを利用することでポイントの2重取りができることで知られています。楽天ポイントやdポイントはポイント2重取りの対象です。

    ここで気をつけたいのが、モバイルオーダーを利用した場合にはポイントの2重取りができないという点です。ポイントの2重取りをする場合、クレジットカード支払い分のポイントと、店舗で付けてもらえるポイントをそれぞれ獲得します。

     クレジットカード支払い分のポイントはクレジットカード会社から利用額支払い時にまとめて付与されます。

    モバイルオーダーで会計をすると、店舗のレジでポイントを付けてもらうタイミングがなく、アプリ上でもポイントサービスとの紐付けの機能がないため、ポイントを獲得することができません

    レジに並ぶ必要がなく待ち時間もなく利用ができて便利なモバイルオーダーですが、ポイント面ではデメリットがあることも押さえておきましょう。ポイントをしっかり獲得したい人は、店舗での決済がおすすめです。

    マクドナルドでは購入方法によって使えるクレジットカードが異なる?

    ここからは、購入方法ごとに異なる支払い方法と決済方法についてそれぞれ確認していきましょう。マクドナルドでは購入方法が、複数用意されています。

    マクドナルド購入方法
    • レジに並んで購入
    • モバイルオーダー
    • ドライブスルー
    • マックデリバリーなどのデリバリーサービス

    クレジットカードだけでなく、その他のキャッシュレス決済の手段と比較して、自分にあった支払い方法を探してみましょう。

    レジに並んで購入する際の支払い方法一覧

    決済方法 種類
    電子マネー
    • iD
    • QUICPay
    • 楽天EDY
    • nanaco
    • WAON
    交通系電子マネー
    • Kitaca
    • Suica
    • PASMO
    • TOICA
    • manaca
    • ICOCA
    • SUGOCA
    • nimoca
    • はやかけん
    タッチ決済
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • AmericanExpress
    クレジットカード
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • AmericanExpress
    • Diners Club
    • DISCOVER
    マクドナルドでは上に挙げたもの以外にマックカードと呼ばれる金券での購入も可能です。また、電子マネーやクレジットカードで支払いできるマクドナルドですが、レジで購入する際にはスマホアプリ決済には対応していません。
     PayPay・楽天ペイ・LINE Pay・メルペイなどは使えませんので注意しましょう。

    数多くの支払い方法が用意されていますが、マクドナルドでキャッシュレス決済するなら、クレジットカードがおすすめです。

    その理由は?

    クレジットカードであれば、ほとんど全ての場合ポイント還元が受けられるため、お得に支払いできます。

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    モバイルオーダーで購入する際の支払い方法一覧

    モバイルオーダーとはマクドナルドのアプリから事前に注文し店舗で受け取ることができる仕組みのことです。注文も支払いもスマホで完結するのでお店で待たずに商品を受け取ることができます。

    そんなマクドナルドのモバイルオーダーペイではクレジットカードはもちろんのこと一部のQRコード決済も利用可能です。

    決済方法 種類
    クレジットカード
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • Diners Club
    QRコード決済
    • LINE Pay
    • PayPay
     レジで購入する際と異なりAmerican ExpressやDISCOVERは利用不可になっています。

    また、上に挙げたもの以外のQRコード決済や現金での支払いはできないので注意してください。

    モバイルオーダーでもクレジットカードを利用することでポイントを貯めることができます!
    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    ドライブスルーで購入する際の支払い方法一覧

    ドライブスルーとは車から降りずに購入できる方法のことです。ドライブスルーでもクレジットカードの利用ができます。

    車に乗っていてもクレジットカードを出すだけで支払いが完了するのでとても便利ですね。
    また、マクドナルドのドライブスルーでは店舗と同様の支払い方法を利用可能です。
    決済方法 種類
    電子マネー
    • iD
    • QUICPay
    • 楽天EDY
    • nanaco
    • WAON
    交通系電子マネー
    • Kitaca
    • Suica
    • PASMO
    • TOICA
    • manaca
    • ICOCA
    • SUGOCA
    • nimoca
    • はやかけん
    タッチ決済
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • AmericanExpress
    クレジットカード
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • AmericanExpress
    • Diners Club
    • DISCOVER

    ドライブスルーでも店舗同様マックカードが利用可能です。また、QRコード決済は利用できないので注意しましょう。

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    マックデリバリーなどのデリバリーサービスを利用する際の支払い方法一覧

    マクドナルドではデリバリーサービスを利用することで家でも楽しむことができます。対応している主なデリバリーサービスは次のとおりです。

    マクドナルドデリバリーサービス
    • マックデリバリー
    • UberEats
    • 出前館
    • Wolt
     対象店舗は限られているので注意が必要です。
    マックデリバリー UberEats 出前館 Wolt
    • 現金
    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • ダイナースクラブカード
    • マックカード
    • クレジットカード
    • デビットカード
    • LINE Pay 
    • Apple Pay 
    • PayPay
    • 現金
    • クレジットカード
    • PayPay
    • LINE Pay
    • Amazon Pay
    • Apple Pay.
    • キャリア決済
    • ポイント払い
    • 現金払い
    • 請求書払い
    • クレジットカード
    • デビットカード
    • スマホ決済

    それぞれ支払い可能な決済方法は変化が激しいので利用する前にチェックしてみましょう。対応している国際ブランドが異なることもありますが、全てのデリバリーサービスでクレジットカードは利用可能です。

    クレジットカードは1度登録してしまえば2回目以降の登録が不要なためおすすめです!
    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    番外編:マクドナルドでお得なゴールドカード3選

    上記で、マクドナルドで利用するおすすめのクレジットカードについて紹介しましたが、以下のカードもポイントが貯まりやすくなっています。

    こちらで紹介するクレジットカードも様々な特典が付帯しているので、ぜひ検討してみてください。

    三井住友カード ゴールド(NL)

    三井住友カードゴールド(NL)

    三井住友カード ゴールド(NL)は、カードに番号や名前などの個人情報が印字されていないクレジットカードです。そのため、カード情報を他人に盗み見られる心配がなく、安心して使用することができます。

    また三井住友カード ゴールド(NL)は、マクドナルドでポイントがお得に貯まるカードです。

    マクドナルドは優待店となっているため、通常ポイント0.5%に加えてプラス2%が還元、さらにVisaのタッチ決済もしくはMastercard®コンタクトレスを使って支払うことで2.5%が還元されます※1※2

     つまり、合計5%の還元が受けられるのです。

    優待店舗には、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3社も含まれているため、お得にポイントを貯めることができます。普段のお買い物によくコンビニを利用する方はポイントをたっぷり貯められるでしょう。

    また、三井住友カード ゴールド(NL)はお得にポイントを貯められるだけではありません。三井住友カードゴールド(NL)にはゴールドカードならではの特典が多数付帯しています。

    三井住友カード ゴールド(NL)の特典の例
    • 国内主要ラウンジが無料で利用できる
    • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯している
    • 年間300万円までのお買い物安心保険が付帯している

    さらに、年間100万円の利用で翌年以降の年会費が永年無料になるだけでなく、毎年10,000ポイントの還元を受けることができます。

    監修者
    三井住友カード ゴールド(NL)は、使えば使うほどお得感が感じられるカードといえるでしょう。
    年会費 初年度無料(2022年4月30日まで)
    (2年目以降5,500円(税込))
    国際ブランド VISA/Mastercard
    ポイント還元率(通常) 0.5%〜5.0%
    ポイント還元率(マクドナルド) 2.5%~5.0%
    審査可能年齢 20歳以上

    三井住友カード ゴールド(NL)公式サイト

    ※1:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

    ※2:一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます

    ※3:dカードまたは楽天カードを提示した場合を含みます。

    dカード GOLD

    dカード ゴールド

    dカード GOLDも、dカードと同様にマクドナルドでのポイントが貯めやすいクレジットカードです。クレジットカードの提示で1%、クレジットカードでの支払いで1%の合計2%のポイント還元を受けることができます。

     dカード GOLDは特にドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。

    ドコモの携帯とドコモ光を利用していると、毎月のドコモのケータイ、「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元される、ケータイ補償3年間で最大10万円など特典が満載です。

    また、dカード GOLDもゴールドカード特典が付帯しています。

    dカード GOLDの特典の例
    • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料で利用できる
    • 利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上の場合にそれぞれ11,000円相当、22,000円相当の選べる特典がもらえる
    • 年間300万円までまでのお買い物安心保険
    • 最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯している

    さらに、マクドナルドはもちろんのこと、マツモトキヨシやnojioma、タワーレコードなどの特約店でもポイントが貯まりやすいため、普段使いにも便利なカードといえるでしょう。

    年会費 11,000円(税込)
    国際ブランド VISA/Mastercard
    ポイント還元率(通常) 1.0%~4.5%
    ポイント還元率(マクドナルド) 2%
    審査可能年齢 20歳以上

    楽天ゴールドカード

    楽天ゴールドカード

    楽天ゴールドカードは年会費がたったの2,200円(税込)で持てるゴールドカードです。

    通常の楽天カードと同様に、特約店にマクドナルドが入っているため、カードの提示で1%、カードでの支払いで1%の合計2%のポイント還元が受けられます。

    \楽天市場でポイント最大4倍/

    このほか、楽天ゴールドカードには以下のような特典が付帯しています。

    楽天ゴールドカードの特典の例
    • 国内空港ラウンジが年間2回無料で利用できる
    • トラベルデスクが無料で利用できる
    • 最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯している

    また、楽天ゴールドカードの特約店はマクドナルドの他にも、ファミリーマートや幸楽苑、出光、Joshinなど多数あるため、普段のお買い物でポイントがざくざく貯まります。

    楽天市場でのお買い物は常時ポイント4倍になるのもうれしいポイントですね。

    監修者
    ポイントがたっぷり貯められて少し贅沢感も味わえる、コスパと使い勝手の良いゴールドカードです。

    \楽天市場でポイント最大4倍/

    ● 独自アンケート調査ではポイントの貯まりやすさで楽天カードが1位に

    当サイトで独自に実施したアンケート調査によると、ポイントの貯まりやすそうなカードでは楽天カードが52.7%で1位、dカードが12.7%で2位という結果となりました。

    ポイントが貯まりやすそうなクレジットカード

    アンケート回答の内訳
    クレジットカード名 割合
    楽天カード 52.7%
    dカード 12.7%
    イオンカード 6.8%
    JCB CARD W 2.4%
    リクルートカード 2.1%
    三井住友カード 1.4%
    エポスカード 1.4%
    三井住友カード ナンバーレス 1.0%
    三菱UFJカード VIASOカード 1.0%
    ライフカード 0.7%
    特にない 17.8%

    調査概要はこちら

    楽天カードとdカードは、カードを提示してからカードで支払いを行えば、マクドナルドでポイントの2重取りもできます。普段から楽天カードやdカードを使い慣れている方はそちらを使ってもいいですね。

    なお、楽天カードとdカードの併用はできないため、注意してください。

    マクドナルドでのクレジットカードの利用に関するよくある質問

    マクドナルド店舗でクレジットカードは使える?

    できます。マクドナルド店舗で使うことができるクレジットカードの国際ブランドは、次の6つです。

    ・VISA
    ・Mastercard
    ・JCB
    ・American Express
    ・Diners Club
    ・DISCOVER

    UnionPay以外の国際ブランド全てが使用できるため、マクドナルドでクレジット払いをするのに不便はしないでしょう。

    マクドナルドで使うのにおすすめのクレジットカードはどれ?

    「三井住友カード」がおすすめです。三井住友カードならマクドナルドだけでなく、セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンでポイント還元率が最大3.5%。

    自分が選んだ3つの店舗でもいつでもポイントが2倍になります。

    マクドナルドでは電子マネーは使える?

    マクドナルドで電子マネーを使うことはできます。使用できるのは次の電子マネーです。

    iD、QUICPay、楽天EDY、nanaco、WAON、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

    マクドナルドでQRコード決済は使うことができる?

    モバイルオーダーや一部のデリバリーサービスでは、LINE PayやPayPayなどを利用することができます。

    ただし、レジで並んで商品を購入する場合やドライブスルーを利用する場合と、一部のデリバリーサービスでは使うことができません。

    マックデリバリーやモバイルオーダーでもクレジットカードは使える?

    マックデリバリーやモバイルオーダーにおいてもクレジットカードを使うことは可能です。ただし、モバイルオーダーで利用できる国際ブランドは次の4つとなります。

    Visa
    MasterCard
    JCB
    Diners Club

    また、デリバリーサービスにおいてはそれぞれのサービスによって使える国際ブランドが異なることがあるため、注意が必要です。

    マクドナルドでポイントが使えるクレジットカードはある?
    マクドナルドでポイントが使えるクレジットカードもあります。楽天カードとdカードは貯まったポイントを使ってマクドナルドで商品を購入することが可能です。ただし、楽天カードとdカードの併用はできないことに注意してください。

    まとめ

    マクドナルドでは、ほぼ全ての店舗でクレジットカードが使えます。しかし、ドライブスルーなど購入方法によっては使えるキャッシュレス決済の手段が少し異なるので注意をしましょう。

    また、マクドナルドでクレジットカードを使うなら、還元率が最大3.5%になる三井住友カードがおすすめです。マクドナルドだけでなく、コンビニ3社でもポイントが最大5倍つくので、よく利用する方はチェックしてみましょう。

    \オンライン入会なら初年度年会費無料/

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事