マクドナルド クレジットカード

世界でも有名な、大手ハンバーガーチェーン店『マクドナルド(通称:マック)』。

マクドナルドは多様な支払い方法に対応しており、クレジットカードでの支払いも可能です。

マクドナルドでの支払いは、クレジットカードが断然おすすめ。会計をカード払いにするだけで、お得にポイントを貯めることができます。

そこで今回は、マクドナルドでお得なクレジットカードランキングを紹介。以下の項目を基準に徹底比較します。

比較基準
  • 年会費
  • 国際ブランド
  • 還元率(通常)
  • 還元率(マクドナルド)
  • 審査可能年齢

また、通常時のポイント還元率を基準にして、マクドナルドでお得にポイントが貯まるクレジットカードをランキング形式でまとめています。

\還元率が最高4%!?/

1三井住友カード デビュープラス 

三井住友カード デビュープラス

マクドナルドでお得なクレジットカードとして、三井住友カード デビュープラスをまずご紹介いたします。

三井住友カード デビュープラス は、18〜25歳まで申し込み可能なクレジットカード。通常の三井住友カードに比べてポイント還元率が2倍になっているのが特徴です。

三井住友カード デビュープラスのポイント還元率は1.00%。普段の買い物200円(税込)で2ポイントが貯まります。

三井住友カードデビュープラスには優待店舗があり、優待店舗を利用するとポイント還元率がいつでも5倍です

 マクドナルドは、優待店舗に入っているため、ポイント還元率が通常カードの5倍の2.5%。さらに、通常の支払いポイント0.5%も加算されるため、還元率は3.00%となります。

大きなメリットは、マクドナルドの支払いで、いつでも3.00%の還元が受けられることです。

わざわざ他の電子マネーにチャージしたり、ポイントアッププログラムに申請したりする必要はありません。

3.00%の還元を受けるには、いつもどおりの支払いを三井住友カードデビュープラスで行うだけです。

さらに、会計時に楽天ポイントカードやdポイントカードを提示すれば、ポイントの二重取りもできます。

「三井住友カードデビュープラス+dポイントカード・楽天カード提示」=ポイント還元率4.00%!!

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。

※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

18〜25歳と申し込みに年齢制限はありますが、マクドナルドでお得に使えるクレジットカードです。
年会費 初年度無料(2年目以降税込1,375円 ※年1回以上利用で次年度年会費無料)
国際ブランド VISA 
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(マクドナルド) 3.0%~4.0%※dカードまたは楽天カードを提示した場合を含みます。
審査可能年齢 18〜25歳まで 

2三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードは、マクドナルドでお得にポイントが貯まる人気クレジットカードです。

 三井住友カードの通常還元率は0.5%ですが、マクドナルドで利用するとポイント還元率が2.5%にアップ!!

通常の5倍のポイントが貯まります。楽天ポイントやdポイントとの二重取りもできるため、マクドナルドでのポイント還元率は3.5%にすることができます

また、三井住友カードならマクドナルド以外にセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンでもポイントが5倍(通常ポイントに加え200円(税込)につき2%還元されます)。よくコンビニを利用する方にもお得なクレジットカードといえます。

三井住友カードのポイント5倍対象店舗
  • マクドナルド
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

そのほか、自分が好きな3つの店舗でポイントいつでも2倍・ポイントUPモール利用でポイント最大20倍など、普段使いからお得な三井住友カード。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。

※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

18歳以上であれば申込みできます(高校生を除きます)ので、マクドナルドでお得なクレジットカードを探している方はもちろん、メインカードとしてもおすすめです。
年会費 初年度無料(オンライン入会の場合)(2年目以降税込1,375円)
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント還元率(マクドナルド) 2.50%~3.50%※dカードまたは楽天カードを提示した場合を含みます。
審査可能年齢 18歳以上

3dカード

dカード

dカードは、マクドナルドで還元率が2.00%になるクレジットカードです。

全国のマクドナルドでは、dポイントが貯まります。

dポイントとは

dポイントはいろいろなところでつかえるオトクなポイントサービスです。つかうときは1ポイント=1円相当として、ためるときは100円(税込)ごとに1ポイントたまります。

マクドナルドでdポイントを貯めるには、会計時にdポイントカードを提示。マクドナルドでの支払い金額100円(税込)あたり1ポイントが貯まります。

dカードには、dポイントカードの機能が自動付帯。

 そのため、マクドナルドでdカードを使うと、dポイント(還元率1%)にクレジットカードとしてのポイント(還元率1%)が加算されるため還元率は2.00%です。

マクドナルドの支払いで貯まったdポイントは、3日以内に反映。1ポイント=1円相当として

  • 購入金額全額をポイントで支払う
  • 全ポイント+現金で支払う

のどちらかで利用できます。

\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で /
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

          ※dポイント、期間・用途限定

dカードは、ポイントカード機能が一体化しているため、貯めやすく使いやすいのが大きな魅力。年会費永年無料で、気軽に持てるクレジットカードです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイント還元率(通常) 1.00% 
ポイント還元率(マクドナルド) 2.00%
審査可能年齢 18歳以上
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で /
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

          ※dポイント、期間・用途限定

4楽天カード

楽天カード

楽天カードは、年会費無料のクレジットカードです。

楽天カードのポイント還元率は1.00%。クレジットカードの支払い100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まります。

マクドナルドは、楽天ポイント加盟店です。会計時に楽天ポイントカードを提示すると、マクドナルドでの購入金額100円(税込)につき、1ポイントが貯まります。

楽天クレジットカードには、楽天ポイントカードの機能が付帯。そのため、マクドナルドで楽天クレジットカードで支払いを行うと、合計2%が還元されます。

\年会費永年無料/

マクドナルドで楽天クレジットカードを使った場合
クレジットカードのポイント(1%)+加盟店の楽天ポイント(1%)=合計2%

楽天クレジットカードを使えば、わざわざ楽天ポイントカードを提示せずとも、ポイントの二重取りができます。

貯まった楽天ポイントは、1ポイント=1円相当としてマクドナルドで使用可能。ポイントが使いやすいことも楽天カードのメリットです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AmericanExpress
ポイント還元率(通常) 1.00% 
ポイント還元率(マクドナルド) 2.00%
審査可能年齢 18歳以上
\年会費永年無料/

マクドナルドでお得なクレジットカードランキング

ここまで、4種類のクレジットカードを紹介してきました。マクドナルドでは、様々なクレジットカードが利用できますが、どうせならポイント還元率が高いカードを利用した方がお得ですよね。

そこで、ここからはマクドナルドでの還元率の下限が高い順にランキング形式で紹介します。

クレジットカード名 ポイント
還元率
 申し込み
1位 三井住友カード デビュープラス三井住友カード
デビュープラス 
3-4%
2位 三井住友カード三井住友カード 2.5-3.5%
3位 dカードdカード 2%
3位 楽天カード 2%

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高いポイント還元率にてポイントが付与される可能性があります。

マクドナルドはクレジットカードが使える?使えない?

マクドナルドではクレジットカードの利用ができるのでしょうか。まずは、マクドナルドで使えるクレジットカードの種類や対応店舗を確認していきましょう。

この記事では、マクドナルドでお得にポイントが貯まるクレジットカードも紹介していますので、ぜひ参考にしみてください。

クレジットカードが使える対応店舗

マクドナルドでは、一部の店舗を除き、ほぼ全ての店舗でクレジットカードが使えます。使い方も店員さんに「カードで支払います」と伝えた後他の店で使うのと同じように利用可能です。

マクドナルドは、2017年より全国のマクドナルド店舗でクレジットカード決済を導入。2021年現在では、ほぼ全ての店舗でクレジットカード払いが可能です。

 ただし、一部クレジットカードが利用できない店舗があります。クレジットカードが利用できない店舗の情報は、マクドナルド公式サイトでも公開されていません。

マクドナルドのクレジットカードが使えない店舗はごく少数ですが、使えない可能性があることも頭に入れておきましょう。

使えるクレジットカードの国際ブランド

マクドナルドで使えるクレジットカードの国際ブランドは、

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • DISCOVER

6つです。

マクドナルドでは、UnionPay以外の国際ブランド全てが使用できます。つまり、ほぼ全てのクレジットカード使用可能といえます。

ただし、購入方法によっても利用可能な国際ブランドが少しづつ異なるのでさらに詳しく確認していきましょう!

購入方法によって異なる支払い方法と利用可能なクレジットカードについて

ここからは、マクドナルドで購入方法ごとに異なる支払い方法と決済方法についてそれぞれ確認していきましょう。マクドナルドでは購入する際の方法が複数用意されいてます。

マクドナルド購入方法
  • レジに並んで購入
  • モバイルオーダー
  • ドライブスルー
  • マックデリバリーなどのデリバリーサービス

それぞれの購入方法によって利用できる支払い方法が異なります。クレジットカードだけでなくその他の支払い方法と比較して自分にあった支払い方法を探してみましょう。

レジに並んで購入する際の支払い方法一覧

決済方法 種類
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 楽天EDY
  • nanaco
  • WAON
交通系電子マネー
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
タッチ決済
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
クレジットカード
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners Club
  • DISCOVER

マクドナルドでは上に挙げたもの以外にマックカードと呼ばれる金券での購入も可能です。また、電子マネーやクレジットカードで支払いできるマクドナルドですが、レジで購入する際にはスマホアプリ決済には対応していません。

 PayPay・楽天ペイ・LINE Pay・メルペイなどは使えませんので注意しましょう。

数多くの支払い方法が用意されていますが、マクドナルドでキャッシュレス決済するなら、クレジットカードがおすすめです。

その理由は?

クレジットカードであれば、ほとんど全ての場合ポイント還元が受けられるため、お得に支払いできます。

モバイルオーダーで購入する際の支払い方法一覧

モバイルオーダーとはマクドナルドのアプリから事前に注文し店舗で受け取ることができる仕組みのことです。注文も支払いもスマホで完結するのでお店で待たずに商品を受け取ることができます。

そんなマクドナルドのモバイルオーダーペイではクレジットカードはもちろんのこと一部のQRコード決済も利用可能です。

決済方法 種類
クレジットカード
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
QRコード決済
  • LINE Pay
  • PayPay
 レジで購入する際と異なりAmerican ExpressやDISCOVERは利用不可になっています。

また、上に挙げたもの以外のQRコード決済や現金での支払いはできないので注意してください。

モバイルオーダーでもクレジットカードを利用することでポイントを貯めることができます!

ドライブスルーで購入する際の支払い方法一覧

ドライブスルーとは車から降りずに購入できる方法のことです。ドライブスルーでもクレジットカードの利用ができます。

車に乗っていてもクレジットカードを出すだけで支払いが完了するのでとても便利ですね。
また、マクドナルドのドライブスルーでは店舗と同様の支払い方法を利用可能です。
決済方法 種類
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 楽天EDY
  • nanaco
  • WAON
交通系電子マネー
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
タッチ決済
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
クレジットカード
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners Club
  • DISCOVER

ドライブスルーでも店舗同様マックカードが利用可能です。また、QRコード決済は利用できないので注意しましょう。

マックデリバリーなどのデリバリーサービスを利用する際の支払い方法一覧

マクドナルドではデリバリーサービスを利用することで家でも楽しむことができます。対応している主なデリバリーサービスは次のとおりです。

マクドナルドデリバリーサービス
  • マックデリバリー
  • UberEats
  • 出前館
  • Wolt
 対象店舗は限られているので注意が必要です。
マックデリバリー UberEats 出前館 Wolt
  • 現金
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • ダイナースクラブカード
  • マックカード
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • LINE Pay 
  • Apple Pay 
  • PayPay
  • 現金
  • クレジットカード
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Amazon Pay
  • Apple Pay.
  • キャリア決済
  • ポイント払い
  • 現金払い
  • 請求書払い
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • スマホ決済

それぞれ支払い可能な決済方法は変化が激しいので利用する前にチェックしてみましょう。対応している国際ブランドが異なることもありますが、全てのデリバリーサービスでクレジットカードは利用可能です。

クレジットカードは1度登録してしまえば2回目以降の登録が不要なためおすすめです!

マクドナルドではクレジットカード以外のポイント二重取り可能

ここまで、マクドナルドでお得に利用できるカードを紹介してきました。マクドナルドの支払いでクレジットカードを選択するとカードのポイントも貯まりますが、さらに次の2つのポイントも貯めることができます。

マックで貯めることができるポイント一覧
  • 楽天ポイント
  • dポイント

楽天ポイントもdポイントも購入金額100円につき1ポイント貯めることができます。また、ポイントを貯めるだけでなく使うことも可能です。

クレジットカード決済+ポイントカード提示でポイントの二重取りが可能です!
 ただし、楽天ポイントカードとdポイントの併用はできないので注意してください。

まとめ

ここまで、マクドナルドでお得なクレジットカードを紹介してきました。マクドナルドをお得に利用するなら、マクドナルドでの還元率が4%にすることもできる三井住友カードがおすすめです。

三井住友カードなら、マクドナルドでいつでもポイントが5倍。さらに、楽天ポイントカードやdポイントカードを提示することで、ポイント還元率は少なくとも合計3.50%となります。

 三井住友カードは、現在新規入会キャンペーンを実施中。新規入会+利用最大13,000円相当がプレゼントされます。

今ならお得に入会できますので、ぜひこの機会に申し込んでみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事