松井証券

松井証券は、100年を超える実績のある証券会社です。手厚いサポートと安定したシステムが特徴で、投資初心者でも投資を始めやすいことがメリットです。

しかし口座を開設する前に、口コミや評判を確かめておきたいですよね。

そこで今回は、松井証券を実際に使っているユーザーの口コミ・評判を紹介します。特徴や手数料、メリット・デメリットも徹底解説します。

松井証券の注目サービスやキャンペーン情報もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

松井証券の特徴・手数料

まずは、ほかの証券会社と比較した松井証券の特徴について紹介します。

松井証券の特徴
  1. 50万円の取引なら手数料0円
  2. ネット証券会社のなかでも長い歴史を持つ
  3. 一日信用取引が可能

11日50万円までの取引なら手数料0円

松井証券の特徴・手数料

松井証券では1日の約定金額50万円(税込)までなら、売買回数の制限なしで手数料は0円です。現物取引と信用取引に適用されます。

1日の
約定金額合計
26歳以上の
手数料
25歳以下の
手数料
50万円まで 無料 無料
100万円まで 1,100円
200万円まで 2,200円

※金額は税込表示です。
出典:https://www.matsui.co.jp/fee/?mnu=hd

また、25歳以下なら、いくら取引をしても手数料は無料。取引回数を気にせず、お得に松井証券を利用できます。

2ネット証券会社のなかでも長い歴史を持つ

松井証券の特徴・手数料

松井証券は創業から100年以上の歴史を持ち、インターネット取引の導入をいち早く始めた証券会社です。

多くの実績を持ち、ユーザーに評価されるサービスを提供してきました。実績の多さは、安心して口座開設ができる理由のひとつになるでしょう。

後述しますが、実際に松井証券は信頼の高さからユーザーに選ばれている証券会社です。

3一日信用取引が可能

一日信用取引は、返済期日が当日の、デイトレード専用の信用取引です。

松井証券の特徴・手数料

一日信用取引は業界初、松井証券がスタートしたサービスです。松井証券の一日信用取引は、業界最安水準の取引コストを誇ります。

 デイトレードした場合、手数料が0円、金利・貸株料が0〜1.8%と低コストなので、小さな利幅で何回取引してもコスト負けせず利益を出せます。

豊富な取扱銘柄も魅力のひとつです。買建・売建ともに可能で、「売建」取扱銘柄は900銘柄以上あります。

松井証券の口コミ・評判

松井証券の口コミ・評判

証券会社を選ぶ際は、口コミや評判も確認しておきましょう。実際に使っている方の本音を知ることで、自分に合った証券会社選びに役立ちます。

そこでここからは、松井証券の口コミと評判について紹介していきます。

松井証券の良い口コミ

良い口コミ
  • 実績のある証券会社なので安心して利用できる
  • 注文方法のバリエーションが豊富で取引しやすい
  • 手数料が安くてお得に利用できている

松井証券は、実績がある証券会社のため安心して利用できる」との口コミが多くみられました。

 松井証券は大正7年に創業し、100年以上の歴史を持つ証券会社です。長い歴史を持ち、サービスを支持されてきた松井証券の実績には、歴史の浅い証券会社にはない安心感があります。

また注文方法のバリエーションが豊富だったり、手数料が安かったりと、ユーザー満足度を大切にしていることもポイントです。利用しやすさとお得感が、ユーザーに支持される理由と考えられます。

安心して利用したいなら、松井証券を選ぶのがおすすめですね。

松井証券のイマイチな口コミ

イマイチな口コミ
  • 取扱商品は少なくないが多いとも言えない
  • 会員画面がやや見にくいかも

一方、松井証券のイマイチな口コミで多かったのは、取扱商品に関する評価です。多くのネット証券では、外国株や海外ETFなど海外商品も取引できますが、松井証券では取り扱いがありません。

しかし、厳選した国内銘柄を提供しているという意味では、老舗らしい堅実さの現れとも言えます。

 外国株や海外ETFの取り扱いはありませんが、投資信託には人気の「eMAXIS Slim全世界株式」や「eMAXIS Slim S&P500」など、海外株式や債券に投資するファンドが揃っています。投資信託で海外株式に投資したいユーザーにはおすすめの証券会社です。

松井証券は老舗証券会社でもあり、会員画面がデザイン性に欠けている点も口コミでは見られました。一方で問題ないとの口コミもあり、人によって評価が分かれています。

また、取引ツールは他社と比較して大きな違いはなく「よくも悪くも評価できない」との口コミもありました。

松井証券の4つのメリット

口コミや評判から、松井証券には次のメリットがあります。ここでは、松井証券で口座開設するメリットを詳しく解説していきます。

松井証券のメリット
  1. 初心者でも始めやすい仕組みがある
  2. 手数料が安い
  3. IPOの申込は残高なしでもOK
  4. 投資信託の毎月現金還元サービスがお得

1初心者でも始めやすい仕組みがある

松井証券は、初心者でも投資を始めやすいことがメリットです。サポートへの電話がつながりやすく、丁寧に対応してもらえます。

松井証券4つのメリット

手続きに不安がある初心者でも、安心して取引できることが松井証券の魅力です。

電話やメールなど一般的な方法だけでなく、松井証券のサポートには「リモートサポート」も用意されています。

 リモートサポートとは、オペレーターとユーザーが画面を共有し、操作手順を説明するシステムです。画面の見方や手続きの手順がわからない場合でも、その場で操作方法を教えてもらえます。

また口コミ・評判をみると、アプリ画面のデザインが好評でした。スマホ専用アプリには、

  • 株アプリ
  • 株touch
  • 投信アプリ

の3種類があります。それぞれスマホ用に開発されたアプリで、チャート分析やマーケット情報の収集、スピード注文などの機能が揃っています。

利用状況に合わせて取引に使うデバイスを選択できるのも、松井証券のメリットです。

2手数料が安い

松井証券4つのメリット

手数料が安いことも、松井証券で取引するメリットです。

松井証券の口コミでは、手数料の安さに好感を持っている声が多くみられました。

 1日50万円までの現物取引・信用取引は手数料が0円。さらに25歳以下のユーザーなら、手数料0円の金額上限はありません。

1日の取引金額が50万円を超えない人や、25歳以下で1日何回も取引をする予定の人に向いている仕組みです。取引手数料以外の手数料も基本無料で、お得に利用できます。

口座開設費用 無料
「ネットリンク入金」での入金 無料
翌営業日以降の出金 無料
移管手数料(機構館振替入庫) 無料

出典:https://www.matsui.co.jp/fee/other/

また、松井証券では、他社の証券口座から株式・投資信託を移管するときの移管手数料を負担しています。他社から松井証券へ変更したいときも、手数料を気にする必要はありません

3IPOの申込時に残高がなくてもOK

松井証券では、IPOの申込時に購入代金が不要なことがメリットです。

松井証券4つのメリット

そもそもIPOとは、新規公開株を指します。新規上場する株式を買う権利を得るためには、各証券会社で手続きを行ったうえ抽選で権利を入手します。

 一般的にIPOの申込時には、購入代金分の口座残高の確保が条件です。しかし松井証券では、申込時に購入代金は必要ありません。

抽選結果を待ってから代金を用意すればよいため、資金がホールドされずに取引の機会を逃しにくくなります。

4投資信託の毎月現金還元サービスがお得

松井証券4つのメリット

松井証券で投資信託をすると、保有金額に応じた現金またはポイントが毎月付与されます。

 販社信託報酬率から0.3%引いた金額を保有金額に乗じ、1か月分に換算した金額を受け取れます。

つまり、信託報酬率の高い投資信託ほど、キャッシュバックが大きくなる仕組みです。

松井証券はポイントもお得

投資信託でもらったポイントを使って、投資信託の積立を行えば複利効果を生み出せます。

複利効果とは、投資運用で得た利益を元本に加えて投資することで、利益を大きくする投資方法です。利益を元本に加えない場合と比べて、利益の増え方に差が生じます。

松井証券のポイントは、Amazonギフト券や3,000種類以上の商品と交換できるほか、投資信託の積立にも使えます。

松井証券の3つのデメリット

どんな証券会社もメリットだけでなく、デメリットも存在します。松井証券には、次のようなデメリットがあります。

松井証券のデメリット
  1. 海外銘柄を取引したい人には不向き
  2. 画面の見方は慣れが必要
  3. FXのデモ口座

ここでは松井証券の評判を参考に、それぞれのデメリットについて解説します。

1海外銘柄を取引したい人には不向き

松井証券3つのデメリット

松井証券で取り扱っているのは、日本株式の個別銘柄やETF、NISA、iDeCoなどです。

 海外の個別銘柄や海外ETFは取り扱いがありません。そのため海外株に投資したいユーザーには、松井証券は不向きと言えます。

ただし、投資信託には人気の「eMAXIS Slim 全世界株式」や「eMAXIS Slim S&P500」など、海外株式や債券に投資するファンドが揃っています。

投資信託で海外株式に投資したいユーザーにはおすすめの証券会社です。

2画面の見方は慣れが必要な場合も

松井証券の口コミでは、会員画面が独特との声がありました。

松井証券3つのデメリット

ユーザーによっては、画面が見づらいと感じる可能性もないとは言えません。見方や使い方には、慣れが必要な場合もあることを理解しておきましょう。

 しかし、松井証券に限らずどの証券会社でも使いづらさを感じるユーザーは一定数存在すると考えられるので、あまり気になる必要はないでしょう。

公式サイトのツール紹介ページでは、各種のツールについて詳細が記されているため、画面の確認をしてみるとよいでしょう。

3FXのデモ口座がない

松井証券には、FX用のデモ口座がありません。

松井証券3つのデメリット

デモ口座とは、仮想の通貨でFX取引ができるツールのこと。実際の資金を使わないので、ゲーム感覚でツールの使用感や取引方法を確認できます。

FX取引のできる証券会社のなかには、デモ口座を用意しているケースも見られますが、松井証券にはないため実際のツールをお試しすることはできません。

FX取引をする予定のないユーザーは、デモ口座がなくても問題ないでしょう。

松井証券の注目サービス「投信工房」とは?

証券口座を開設する際、注目したいのが各社独自のサービスです。ここでしか受けられないサービスがあれば、口座開設の理由となりえます。

松井証券の注目サービス

松井証券の注目サービスは投信工房です。

投信工房とは低コストで資産運用できる、アドバイス型ロボアドバイザーです。ここでは、投信工房の3つのメリットを解説します。

投信工房のメリット
  1. 低コスト運用
  2. 信託報酬を還元
  3. 専門知識が無くても安心

1低コスト運用

投信工房は、少額からの資産運用に適しています。主な手数料が無料のため初心者でも安心です。

  • ロボアドバイザー手数料0円
  • 投資信託の購入時手数料0円
  • 積立投信が100円からスタートできる

またロボアドバイザーは信託報酬の低い投資信託を提案してくれます。そのため、全コストが年率最大0.34%(税込0.37%)※1,2しかかかりません。

ロボアドバイザーサービスを利用すれば、積立投信が100円からスタートできるのも魅力ですね。
※1投信工房で提案するポートフォリオを取引した場合
※2信託報酬とは、投資信託の保有に通常かかる費用のこと

2信託報酬を還元

松井証券では、信託報酬の毎月現金還元サービスを行っています。

信託報酬とは、投資信託の運用や管理にかかる費用です。一般的に、投資信託からは信託報酬の費用が天引きされています。

 しかし、松井証券では受け取る信託報酬の年率0.33%(税込)を超える分がユーザーに還元されます。

つまり、同じ投資信託を購入するにしても、松井証券なら信託報酬が還元されるぶんお得に運用可能です。

3専門知識が無くても安心

松井証券の注目サービス「投信工房」とは?

投信工房は、お金の知識がない方にもおすすめです。診断画面で簡単な8つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーがマッチした資産配分を提案してくれます。

 さらに、買付後に自動リバランス機能を利用・設定すればほったらかしの資産運用も可能です。

初心者の場合、自分で投資信託の組み合わせを選ぶのはなかなか難しいものです。投信工房を利用すれば、選定から運用まで未経験でも簡単に取り組めます。

ちなみに投資開始後にカスタマイズすることもできるので、投資経験者の方も満足できるでしょう。

松井証券の口座開設キャンペーン情報

つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン

  • 内容:キャンペーン期間中に合計6,000円以上投資信託を積立すると、もれなく現金1,000円プレゼント
  • 対象者:期間中に松井証券口座を開設した方
  • 期間:2021年1月15日(金)~2021年12月30日(木)

よくある質問

松井証券のおすすめポイントは?
100年以上の歴史を誇り、信頼と実績を持ち合わせた証券会社です。
安定したシステムを用意し、パフォーマンスを追求することでユーザー満足度を高める努力をしています。松井証券の格付けは、安定のBBB+です。
格付けとは、国や企業が発行する債券の安全性と信頼性をアルファベットで表したもの。第三者機関である格付投資情報センターによって判定されています。Aに近づくほど格付けが高く、信用リスクが高いと判断される仕組みです。
口コミで評価されている松井証券のよいところは?
松井証券の評判では、「安心して利用できる」「初心者でも始めやすい」とのよい口コミが見られました。サポート体制が手厚く、初心者が最初に開設するのにおすすめされています。
とくに「リモートサポート」サービスは、操作に慣れていない初心者に役立つサポートです。ユーザーの開いている画面を一緒に確認しながら、オペレーターに説明してもらえるため、その場で疑問が解決します。
松井証券の口コミでイマイチと言われている部分は?
口コミでは、「取扱商品が多くない」「表示画面がデザイン性に欠ける」などの声もありました。米国の個別銘柄や海外ETFを取り扱っていないため、取扱商品が少なく感じるユーザーもいるかもしれません。
ただ、国内銘柄や投資信託、NISAなどで利用する場合は、取扱商品が少ないと感じる場面はほとんどないでしょう。
松井証券で口座開設をするメリットは?
松井証券を選ぶメリットは、手数料の安さです。現物取引と信用取引の1日約定金額合計50万円までは、手数料無料で取引できます。
さらに、25歳以下なら1日の約定金額合計の上限なく、手数料無料です。1日の取引金額が大きくない場合や25歳以下のユーザーにとって、コストダウンにつながります。
口座開設前に知っておきたい松井証券のデメリットは?
海外の個別銘柄や海外ETFを取り扱っていないことが、松井証券のデメリットです。
ネット証券で米国株や、海外ETFを取引したいと考えている人には向いていないので、注意しましょう。国内の個別株・ETFや、投資信託などの取り扱いは松井証券にもあります。
松井証券はどんな人に向いている?
松井証券での取引が向いているのは、投資信託をメインに取引する人です。
「ポイントプログラム」では、投資信託の保有金額に応じた現金・ポイントが毎月付与されます。投資信託を運用しているだけでキャッシュバックがもらえるため、投資信託への投資を考えている人に松井証券はおすすめです。
松井証券に口座開設キャンペーンはある?
現在、松井証券では「つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン」を開催しています。2021年12月30日までに松井証券で口座開設をして、投資信託を6,000円を積み立てた人に、もれなく現金1,000円がプレゼントされます。
ネット証券で投資信託を始めるなら、松井証券で口座開設して1,000円もらうとお得です。※現金プレゼントは総額1億円に達した時点で終了します。

まとめ

ここまで松井証券の口コミ・評判を中心に、口座開設のメリットとデメリットなど解説しました。

今回の内容から、松井証券での取引に向いている人の特徴は次のとおりです。

  • 投資に慣れてない初心者
  • 投資信託に挑戦したい方
  • 海外の個別株・海外ETFの取引予定がない方

松井証券は、現物取引・信用取引の手数料が1日の取引金額50万円(税込)まで無料です。少額からスタートしたい初心者の方でも、気軽に投資デビューできます。

また、投資信託は100円から・購入時手数料無料で始められます。投信工房を利用すれば、知識がなくても自動運用も可能。投資信託での資産運用を検討している方にもおすすめです。

今ならキャンペーンも実施しているので、ぜひこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事