LINE FXの評判やキャンペーン、やり方・メリットを徹底解説!

LINE FXに興味があるけど、どんな特徴や評判があるのかわからなくて口座開設するか迷っていませんか?

本記事で紹介するLINE FXの特徴や魅力を知れば、LINE FXを利用してみたくなるはずです。

実際、今も活躍しているトレーダーの多くが、LINE FXの魅力を知って活用しています

本記事ではLINE FXの特徴や評判、海外送金の可否、メリット・デメリットなどについて紹介していきます。
読み終えるころには、LINE FXに詳しくなっているばかりか、活用したときのメリットが想像できるようになっていますよ。
LINE FXとは?
LINE FXとは、スマートフォン向けチャットアプリを中心に、サービス展開するLINEが提供するFX口座サービスです。
LINE FXは、2020年3月にサービスが開始されました。一見、金融とは関係なさそうに見えるLINEですが、FXの他にもLINE証券があり株式や投資信託などの購入ができます。
 LINE FXの口座開設数は、2020年11月に10万口座を突破。2020年3〜9月までの新規口座開設数が業界トップになりました。

(参考:LINEニュースリリース「「LINE FX」、ローンチから約8か月で口座開設数10万口座突破! 2020年3月~9月における新規口座開設数は業界No1*に」)

資産運用としてのFXが注目を集めるなか、LINE FXはきわめて人気が高いFX口座のひとつといえるでしょう。LINE FXの口座開設には、LINEアカウントが必要です。アカウント登録すれば、その情報をもとに簡単に口座開設できます。

ここではLINE FXの最低取引単位やレバレッジ、スプレッド、スワップポイント、取引時間、取引手数料などを紹介します。

LINE FXの最低取引単位

LINE FXの最低取引単位は、1,000通貨からとなります。つまり1ドル=100円のときに米ドルを買うなら、1,000ドル=10万円からの取引となります。ただし後述するソニー銀行のレバレッジを活用すれば、さらに少ない資金で取引できますよ。

ちなみに一般的にも、FX口座の最低通貨単位は1,000〜1万通貨が多いです。

LINE FXのレバレッジ

LINE FXのレバレッジは、最大25倍までです。例えば1ドル=100円のときに、1,000ドル=10万円を買うなら、証拠金(手元資金)として4,000円あれば取引できます。つまりLINE FXでは、数千円から取引を始められることになります。

またLINE FXの証拠金維持率は100%です。
証拠金維持率とは?
証拠金維持率とは、保有している純資産に対する、証拠金(口座に入金されている資金)の割合のことです。
証拠金維持率は、次の計算式で求められます。
証拠金維持率の計算式

純資産÷証拠金×100=証拠金維持率

LINE FXでは証拠金維持率が100%を下回ると、強制的に決済され(ロスカット)損失が確定してしまいます。そのため、次のような対策をして、ロスカットを避けるようにしましょう。

LINE FXの証拠金不足の解消方法
  1. 証拠金が不足している以上の資金をFX口座に入金する
  2. ポジションの全部または一部を決済する
  3. 逆指値注文で、ロスカット前に自動で決済されるようにする

LINE FXのスプレッド・スワップポイント

LINE FXには、合計23の通貨ペアがあります。その通貨ペアの種類と、それぞれのスプレッド、スワップポイントを、次の表にまとめました。

※「銭」とは円での取引単位で「1銭=0.01円」、「pips」とは外貨での取引単位で「1pips=0.01円/0.0001ドル」

LINE FXのスワップポイント・スプレッドまとめ
通貨ペア スワップポイント
(2021年3月24日時点/1万通貨単位)
スプレッド
(原則固定・例外あり)
売り 買い
米ドル/円 -39.0円 21.0円 0.2銭
ユーロ/円 42.0円 -60円 0.5銭
英ポンド/円 -33.0円 24.0円 1.0銭
豪ドル/円 -12.0円 3.0円 0.7銭
NZドル/円 -33.0円 15.0円 1.2銭
カナダドル/円 -12.0円 3.0円 1.5銭
スイスフラン/円 51.0円 -60円 1.6銭
南アフリカランド/円 -51.0円 30円 1.0銭
メキシコペソ/円 -36.0円 15.0円 0.3銭
トルコリラ/円 -264.0円 243.0円 提示休止中
ユーロ/米ドル 0.570ドル -0.660ドル 0.4pips
英ポンド/米ドル 0.030ドル -0.120ドル 1.0pips
豪ドル/米ドル 0.060ドル -0.150ドル 0.9pips
NZドル/米ドル 0.030ドル -0.120ドル 1.4pips
ユーロ/英ポンド 0.420ドル -0.480ドル 0.8pips
ユーロ/豪ドル 0.720ドル -0.840ドル 1.4pips
英ポンド/豪ドル -0.150ドル 0.030ドル 1.4pips
ユーロ/NZドル 0.330ドル -0.450ドル 2.9pips
英ポンド/NZドル 0.030ドル -0.180ドル 3.9pips
豪ドル/NZドル 0.030ドル -0.150ドル 1.9pips
米ドル/スイスフラン -0.660ドル 0.570ドル 1.5pips
ユーロ/スイスフラン -0.180ドル 0.090ドル 1.6pips
英ポンド/スイスフラン -0.90ドル 0.840ドル 2.6pips

(参考:LINE FXHP「スワップポイントカレンダー」「通貨ペアスプレッド一覧」」)

LINE FXでは、AM9:00〜翌日AM3:00まで、原則固定で一定のスプレッドになっています。ただし例外はあります。

LINE FXのスプレッドは、業界最狭水準を誇っています。
公式ページの文言によります。

LINE FXの取引時間

LINE FXの取引日は月〜金曜日まで(1月1日除く)です。そのため、土・日曜日の取引はできません。ただし注文受付時間は24時間365日(金曜日の取引終了後~土曜日12:00を除く)となっています。

LINE FXの具体的な取引時間をまとめると、次のようになります。
LINE FXの取引時間
  1. 米国標準時間→月AM7:00~翌AM6:55 / 火〜金AM7:10〜翌AM6:50
  2. 米国夏時間(3月第2日曜日〜11月第1日曜日)→月AM7:00~翌AM5:50 / 火〜金AM6:10〜翌AM5:50

(参考:LINE HP「LINE FX取引ルール」)

LINE FXでは、土曜日の取引がないため、他のFX口座に比べて取引時間が短くなっています。

LINE FXの取引手数料

LINE FXは、取引手数料は無料です。ただし上記で紹介したスプレッドが、取引コストとして徴収されることにご注意ください。また各種FXに必要な、次のようなサービスも0円となっています。

LINE FXの無料手続
  1. 口座開設手数料
  2. 口座維持管理手数料
  3. 入金手数料
  4. 出金手数料
  5. ロスカット手数料

(参考:LINE FX HP

LINE FXの取引にかかるコスト(実質的な手数料)は基本的にスプレッドだけなので、取引コストの低い使いやすい口座といえます。

LINE FXのキャンペーン

LINE FXのキャンペーン

LINE FXには、次のようなキャンペーンがあります。
キャンペーン情報
  • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設+1取引で5,000円プレゼント
  • 限定タイアップ特典で1,000円プレゼント
  • 上記合計最大6,000円プレゼントキャンペーン実施中!! ※ 口座申込対象期間:2021年3月17日(水) 00:00〜

この機会を見逃すことなく、口座開設してみましょう!

LINE FXの評判・口コミ

ソニー銀行のFXの評判・口コミ

ここまで紹介したLINE FXの特徴をふまえて、実際に利用している人の評判をまとめましたので確認していきましょう。

公平性を保つために、「良い評判」と「イマイチな評判」を掲載します。

LINE FXの【良い】口コミ評判

LINEアカウントをもっていれば簡単に開設できる

LINE FXはLINEと連携しているため、アカウントさえ持っていればいつでも簡単に口座開設できるのが魅力です。
30代・男性

手数料が少ない

LINE FXの取引で必要なのは、スプレッドのみ。無駄なコストを気にしなくていいから取引しやすい環境です。
40代・男性

FXに必要な情報がLINE通知で来る

経済指標の動きや価格変動があると、こまめにLINE通知で知らせてくれるので市場の動きを見逃すことがありません。自分でわざわざ確認しにいく手前も省けるのが魅力です。
30代・女性

LINE FXの【イマイチな】口コミ評判

LINEのサービス同士の連携があればなお良し

LINE FXはまだサービス開始から日が浅いため、LINE PayやLINE証券などとの連携があまりできません。その点、もっと便利になると思うので、今後に期待しています。
30代・男性

デモトレードがない

LINE FXにはデモトレードがないため、試しにトレードをしてみることができません。LINE FXを使うなら、デモトレードは別のツールを使う必要があります。
20代・女性

LINE FXのやり方

ネオモバFXのやり方

LINE FXは、次の手順ではじめられます。

LINE FXの始め方・やり方
  1. LINEアカウントを作成する
  2. LINEにログインする
  3. LINE FX公式サイトから「無料口座開設はこちら」をクリック
  4. 資産状況や職業に関するアンケートに回答
  5. 氏名・住所・性別などの個人情報の入力
  6. 携帯番号の認証
  7. 本人確認書類の提出

以上の手順を踏むことで、最短でその日から取引できるようになります。LINE FXを始めるには、次の必要書類を準備しておきましょう。

LINE FXの口座開設に必要な書類
  1. 「マイナンバーカード(顔写真付き)」または
  2. 「マイナンバー通知カード+運転免許証」または
  3. 「マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証」

 

LINEアカウントの作成には、スマートフォン(携帯)の電話番号があれば問題ありません。そしてLINE証券の口座を持っている人は、改めて個人情報などを入力する必要はありません。

ただし郵送での手続きはできないので、ご注意ください。

LINE FXのメリット

ソニー銀行のFXのメリット

LINE FXを活用するメリットは、主に次の3点です。

LINE FXのメリット
  1. 1,000通貨(5,000円ほど)から取引できる
  2. 経済指標や価格変動をLINE通知
  3. 業界最狭水準のスプレッド

11,000通貨(5,000円ほど)から取引できる

LINE FXは1,000通貨から取引できます。そして最大25倍のレバレッジを活用できます。例えば1ドル=100円のとき、1,000ドル=10万円の米ドルを購入するなら、レバレッジを活用して4,000円から取引できることのなります。
他の多くのFX口座では、1万通からの取引になるので、LINE FXは、少額投資に向いている口座といえます。

少ない資金で手軽にFXを始めたい人には、うってつけですよ。

2済指標や価格変動をLINE通知

LINE FXは、LINEと連携し経済情報や為替レートなどチャットにて通知してくれます。そのためわざわざ自分から情報を取りに行かなくても、自然と重要な情報を手に入れられることになります。

もちろん、情報が入ることで、利益を得られる機会を獲得できたり、損失するリスクを回避することもできるでしょう。

何より普段使っているLINEに通知が来ることで、手軽に情報収集ができる上、重要情報を見逃しにくくなっています。

3業界最狭水準のスプレッド

LINE FXのスプレッドは業界最狭水準を誇っています。さらに取引に必要な手続サービスは、ほぼすべて無料です。そのため、FXを楽しむ上でかかるコストが低めなのが魅力です。

公式ページの文言によります。

LINE FXのデメリット

松井証券のFX(MATSUI FX)のデメリット

一方でLINE FXを利用するには、次のようなデメリットや注意点もあります。

LINE FXのデメリット
  1. デモトレードがない
  2. サービスの連携が整っていない

1デモトレードがない

LINE FXには、現時点ではデモトレードがありません。つまりLINE FXで本格的に取引する前に練習できないばかりか、自分の試したい投資手法を練習することができません。

もしデモトレードを活用したいなら、他のサービスを活用するしかありません。

2サービス間の連携が整っていない

LINEには、LINE FXの他にもLINE PayやLINE証券などの金融サービスがあります。しかしそれらのサービスとの連携があまり整っていません

例えばLINE PayやLINE証券の口座からLINE FXに入金や出金ができず、それぞれバラバラに手続きしなければなりません。このようにまだサービス間での連携が整っていないのは、少し不便に感じるでしょう。

とはいえLINEは、常に新たなサービス展開をしているので、今後の改善に期待感はあります。

まとめ

本記事では、LINE FXの特徴や評判、やり方、メリット・デメリットを紹介してきました。その内容をまとめると、次のようになります。

  • LINE FXとは、スマートフォン向けチャットアプリを中心に、サービス展開するLINEが提供するFX口座サービス
  • LINE FXの最低取引単位は、1,000通貨
  • LINE FXのレバレッジは、最大25倍
  • LINE FXには、合計23の通貨ペア
  • LINE FXは、取引手数料は無料
  • LINE FXのメリットは「1,000通貨(5,000円ほど)から取引できる」「経済指標や価格変動をLINE通知」「業界最狭水準のスプレッド」など
  • LINE FXのデメリットは「デモトレードがない」「サービスの連携が整っていない」など

LINEは、今や日本人のほとんどが活用しているチャットツールといっても過言ではありません。その特徴を活かしたLINE FXは、使いやすさに優れたFX口座といえます。

これからFXを始める人は、必ず開設しておきたFX口座です。

※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事